賃貸アパートの水漏れ事故による被害補償はどこまでしてもらえるのでしょうか?

先日、借りているアパートで水漏れ事故が発生、過失は100%上階の人。
私が使っていた家具や家電はほぼ使い物にならなくなってしまい、
もちろん損害賠償を請求しますが、知り合い曰く、保険会社は家具家電の
使用年数によって査定額が低くなるので、100%の保障は受けられないと聞きました。

仮に100万円分の家具家電や衣類が使えなくなったのに、
その数十パーセントしか保険会社が支払わないのは保険会社勝手です。
しかし私はまた家具を揃えるのに100万円が必要になってきますよね?

水漏れなどの事故の際には"原状回復"が加害者の義務だとも聞きましたが、
100万円の損害に対して60万円しか支払われなかった場合は
とても"原状回復"などできないと思うのですが…

こういった場合、上階の人は保険会社が支払った保障額と
被害額の差額を支払う義務が生じるかと思いますが、
法律的にはどうなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>私自身は火災保険に加入しています。


なんで加入しとるのに「連絡」しないんでっか?
現状復帰するのに「差額が出る」分をあんさんの保険が補償するはずでっけど???
高い銭払って保険掛けとるんやから、使わんと損でっせ!
    • good
    • 13
この回答へのお礼

先程確認をしたところ、自身が加入している保険で差額分を支払ってくれるとの返答を頂きました。
まさかそんな使い方が出来るとは知らなかったので驚きました。
本当に有難うございます。

お礼日時:2014/08/21 01:32

自動車保険でも5年目の車がぶつけられても新車を買う保険金は貰えません。

火災保険では全焼すると新築費用相当の保険金が貰えます。水漏れ事故では被害相当額が貰えます。一度、着用した服や使っている家具類の価値は低いのです。お店への漏水被害だと仕入れ値が補償されます。このような事例は過去の裁判で確定しているので、法律的には決着が付いているのです。
    • good
    • 6

 不動産賃貸業を営んでおります。



 おっしゃる通りです。私個人は質問者さんのお考えに100%大賛成です。

 襖を破ったり、網戸を破ったり壁に穴をあけたりされると、質問者さんと同じ理屈を、私はいつも賃借人さんに言うのです。

 しかし、「使用に伴って減価償却して価値が減っているんだから、新品価格で賠償する必要はない!ガイドラインにそう書いてある!」と主張されます。

 例えば洗濯機の排水ホースを固定する鉄製の器具なんて、それだけでは売ってくれず、洗濯機を置く本体のパンごとでないと手に入らないのですが、「なくしたのは固定器具だけ」とか、「その器具ももう十何年も使って価値はない」とかね、こちらに言わせると、言いたい放題です。

 このサイトでの回答を見ていても、「そうだ。二束三文だ」と言う意見ばかりです。

 で、たぶん上の階の人も同じように、官僚が鉛筆嘗めなめ作ったようなガイドラインなるものに則って、差額の支払いを拒否するんじゃないでしょうか。

 何百万もするような「紬」でも、いざ売ろうとすると二束三文ですからね。100万円の物を使えなくされても、仮に60万円ももらえたなら儲けものなんじゃないでしょうか、ガイドラインを作った官僚様の感覚では。

 ガイドラインなどを作る官僚たるものの感覚は、かくもいい加減なのですが、さすがは官僚。合法です。もちろん、ガイドラインはガイドライン。指針に過ぎず、法律ではないので、契約などで排除できますが。

 私なら闘いますが、おそらく面倒なことをしたくない質問者さんとしては、あきらめるしかないものと思います。

 闘う気なら、まずは調停がよろしいかと思います。その気になったら別途お尋ねください。
  
    • good
    • 1

法律上では、原状回復が不可能な場合は、時価を賠償すれば良い事になっています。


又、原状回復費用が時価を上回る場合は、時価を賠償する事になっています。
その為、加害者は差額を賠償する義務はありません。

保険会社が提示した金額で同等品(中古等)を購入できない場合は、その根拠や資料を提示して交渉します。
それでも保険会社が認めない時は、裁判で決着を付けるしかありません。
    • good
    • 2

入居時保険に加入していませんかオーナーとよく打合せを。

この回答への補足

私自身は火災保険に加入しています。
しかし今回は上階の人の過失による損害でしたので
特に私側の保険会社には連絡をしていません。

それとも保険の重複適用って可能なんでしょうか?
そうだとすれば早急に私側の保険会社に連絡を取りますが…

補足日時:2014/08/18 19:59
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重要事項説明の場で口答で地盤改良費は掛かっても100万円という回答、100万以上掛かった場合、保証、補填は出来ますか?

今月の5月29日(金)に土地の引き渡しをする予定ですが、重要事項説明の席で、「地盤改良費は売り主の負担」と明記されていたため、売り主の仲介業者にいくらくらい掛かるか尋ねたところ、「この近辺なら30-50万円、ズボズボな地盤でも掛かっても100万円まで」と回答を頂きました。
しかし、残念な事に、ハウスメーカー様や工務店に伺うと、この近辺の地盤は、川に近いので、地盤改良は100万は超えると回答を大体頂き、土地引き渡し前に、5月25日(月)にSSを行い、5月26日(火)には地盤改良費がいくら掛かるか見積もりを頂く予定です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4888344.html
を拝読する限り、最初は民法上は「口約束でも有効」と主張致しましたが、不動産売買契約においては民法より宅建業法が優先される事を知りました。
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa2908436.html
しかし、上記の物を拝読すると、宅建業法第35条に関しては、「口頭説明及び文書の交付が義務、第47条は口頭説明だけでよく、文書化までは義務となっていません。」とあり、地盤改良費は、第35条に該当せず、第47条と当方は解釈しました。

又、仲介業者の不動産は、先方は上記の発言を認めるも、「これは目途の話をしただけでこの金額で収まる事を保証したものではない」と所長から回答を頂きました。更に、重要事項説明の席の担当者は、現在の会社にに入る前に約10年ハウスメーカーにおり、何度も地盤調査をされた経験があるようです。今の会社に入ってからは同じ区内のエリアで何度も取引をしておりますので、その経験上100万円を超すケースはほとんど無かったようです。ただ適当に答えた訳ではなく、今までの経験上で今回も目安として100万円と答えたと、回答を頂きました。
重説という席で、口答で、経験豊富な担当者が発言されたのでしたら、逆にその言葉には重みが増し、SSの結果、地盤改良費が100万円を超える場合、保証、補填を求めたいと考えいておりますが、どのようにすれば宜しいでしょうか?
宅建業法第47条は、「口頭説明だけでよく、文書化までは義務となっていません。」という所をつけば宜しいでしょうか。
更に、あまり時間はありませんので、東京都の宅建協会無料相談所、国民生活センターなど、どちらに相談するのが最適でしょうか?
http://www.tokyo-takken.or.jp/what/sodan/sodan01.html

http://www.kokusen.go.jp/

因みに、仲介業者は、「口頭でも100万円で「引き受けます」や「契約します」とは言っておりませんので、顧問弁護士と相談した際、民法でも契約には値しないと判断したため、100万円を超えてもお支払はできません。」との回答を頂いております。

お手数ですが、宜しくお願い致します。

今月の5月29日(金)に土地の引き渡しをする予定ですが、重要事項説明の席で、「地盤改良費は売り主の負担」と明記されていたため、売り主の仲介業者にいくらくらい掛かるか尋ねたところ、「この近辺なら30-50万円、ズボズボな地盤でも掛かっても100万円まで」と回答を頂きました。
しかし、残念な事に、ハウスメーカー様や工務店に伺うと、この近辺の地盤は、川に近いので、地盤改良は100万は超えると回答を大体頂き、土地引き渡し前に、5月25日(月)にSSを行い、5月26日(火)には地盤改良費がいくら掛かるか見積も...続きを読む

Aベストアンサー

47条違反かどうかの問題は、業者の言う「この近辺なら30-50万円、ズボズボな地盤でも掛かっても100万円まで」が、不実のことかどうかでしょうね。
そして、その判断は、事実的に100万をいくら超えるかで決まると思います。この業者は、この地域の地盤改良についての実状に詳しい事、担当者は経験豊富な事斟酌すれば、100万が大きく事実と食い違っていると、それは不実のことと言え、47条第1項のニに違反するとして、補償の請求をすべきだと思います。

ただしこの場合、質問者さんは、100万をいくらオーバーすれば、契約をしなかったと判断するつもりであったのでしょうか。相手の判断尾の誤差を認める限度はいくらでしょうか?
たとえ1円でもダメというのでは、社会通念として認められないでしょう。

文書や口頭がどうとか、難しい理屈を振り回しても仕方ないでしょう。勝負は専門家の見積もりを取って、果たしていくら掛かるか判明してからでしょうね。

Q業者が半年ほど前に2350万円で落札した競売物件に100万円程度のリフ

業者が半年ほど前に2350万円で落札した競売物件に100万円程度のリフォームをして、2800万円で売りに出しています。
業者の利益などを考えると、この値段設定は妥当でしょうか?

Aベストアンサー

値段設定が妥当かどうかはその物件の価値(地域・立地・広さ・設備・年数・管理状態・グレード…等)によって違うので、回答が難しいですね。
価格設定の妥当性と、業者の落札価格、利益は全く関係ありません。
その物件を周りの物件と比べて妥当な価格なのかで考えてください。

その業者が落札した金額が妥当かどうかで言えば、競売物件は市場での流通価格の半額から2/3程度の価格で落とす事が多いように思うので、私から見ると、むしろ高く落札した感がありますが…。
うちなら2800万円で売る物件は頑張っても2000万以上では落札しません。

違うと思いますが、もし業者が350万円も利益を乗せている事が不満であると言う事なら、競売物件であるという大きなリスクを背負ってでも、ご自身で落札するしかありません。

Q通常破損の原状回復費について

国土交通省のガイドラインは読みました。

仕事の都合で賃貸マンションを半年で退去しました。
敷金は家賃2ヶ月支払いました。
先日預り金9万、現状回復費9万、違約金4.5万(一年未満の解約なので、これは承知の上)
請求額4.5万を○○に振り込んでくださいと郵便がきました。

私は借りていた部屋を大きな破損などすることなく綺麗につかっていました。
(ここでいくら言っても現状をお見せできないので、通常生活した範囲内での汚れだと信じてきいてください)

なので、現状回復費に丸々敷金が使われるなんて思っていませんでした。
ですので現状回復費の内訳を請求して納得してから支払おうと思っていたのですが、賃貸借契約書を見直してみると
『乙は畳、襖、障子、カーペット、床、天井、室内設備及び付属品などの通常程度の損傷に対する現状回復費及びに退去時の室内清掃、消毒費用は敷金2ヶ月分とする』
ということが書かれており、私も印を押していました。

きちんと入居時に確認をしていなかった私が悪いのです。
ですがガイドライン通りだと通常程度の損傷は貸し主負担ですよね。
特約で書かれて同意の印まであるので、これは仕方ないことなのでしょうか。

特約通りなら内訳を請求しても無意味なのでどうしようか悩んでいます。

国土交通省のガイドラインは読みました。

仕事の都合で賃貸マンションを半年で退去しました。
敷金は家賃2ヶ月支払いました。
先日預り金9万、現状回復費9万、違約金4.5万(一年未満の解約なので、これは承知の上)
請求額4.5万を○○に振り込んでくださいと郵便がきました。

私は借りていた部屋を大きな破損などすることなく綺麗につかっていました。
(ここでいくら言っても現状をお見せできないので、通常生活した範囲内での汚れだと信じてきいてください)

なので、現状回復費に丸々敷金が使われるなんて思っ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、不動産賃貸業6年目(女性)です。

国交省のガイドラインでは、たしかに普通に生活していてついてしまう電気ヤケ(自然損耗)や建物が古くなって修繕が必要になった箇所(経年劣化)は貸主の負担です。
だから、今回のように半年で退去の場合は短期解約違約金がついていたのであれば違約金+室内クリーニング費(1,000円程度/m2)しかかからない場合も多いと思います。
(実際あたしも入居から3ヶ月程で退去する事になった時はクリーニング費用のみの支払いでした。)

ただ、今回のようにしっかり契約書に明記されていたとなればこれは違法にはなりません。
【償却】って言葉に見覚えはありませんか?
敷金2ヶ月、礼金0ヶ月、償却2ヶ月と書かれているのが今回のケースに当てはまります。
これは必ず書かれているわけではありませんが、店頭でもらえる間取り図の契約条件欄に書いてあることが多いです。

いずれにしても、礼金2ヶ月払っているのと同じ契約です。

Q敷金と原状回復に関して

多少長文となります、ご容赦下さい。

昨年、私の父が亡くなり、その父が一人で暮らしていたアパートの退去手続きを息子である私が行いました。

ちなみに家賃は25,000円で3か月分の敷金を支払っていました。そのうち2.5か月分は敷引き特約となっています。

先日、不動産会社から修繕費等の見積書が送られてきて、費用は約20万円でした。
敷金を差し引いて、125,000円を追加で支払えとのことでした。

もちろん納得いかず、消費者生活センターや宅建協会へ相談して明細内容が妥当かどうかを確認したところ、やはり敷引き特約が事前にされていたのならば、契約書に別途特約の記載がない限り、敷引きの範囲内で済ますことが通例で、よほど故意、または過失があって傷汚れなどを付けていない限り追加請求することはおかしいと言われました。

不動産会社へは支払う意思がない旨を伝えるつもりですが、残り0.5か月分を回収したいと考えています。

当初はたった12,500円を取り戻すのは面倒だと考えていましたが、なにか不動産会社側がこの0.5ヶ月を最初から支払う意思がなく、支払わないためにこのような見積書を送ってきたのではないかと考えると少し腹が立ちます。また私が無知なら全額支払っていたかもしれません。

そこで本題ですが、不動産会社へは修繕費、清掃費の追加請求を支払う意思がない旨と残りの敷金を支払う旨を伝えて、あとは支払督促状などが届くまで無視し続けるのが良いのか?それとも赤字にはなりますが、内容証明を送ってきちんと回収してもよいのか?

皆さまでしたらどのようにこれから不動産会社に対応されますか?

ご意見をお聞かせください。

多少長文となります、ご容赦下さい。

昨年、私の父が亡くなり、その父が一人で暮らしていたアパートの退去手続きを息子である私が行いました。

ちなみに家賃は25,000円で3か月分の敷金を支払っていました。そのうち2.5か月分は敷引き特約となっています。

先日、不動産会社から修繕費等の見積書が送られてきて、費用は約20万円でした。
敷金を差し引いて、125,000円を追加で支払えとのことでした。

もちろん納得いかず、消費者生活センターや宅建協会へ相談して明細内容が妥当かどうかを確認したとこ...続きを読む

Aベストアンサー

無視し続けます。

回収しようとすれば泥沼に足を突っ込むようなものですから。

気持をお父様の冥福を祈ることに向けた方が良いです。

Qテナントの退去に伴う原状回復について

オフィスの退去を8月にすることになりました。
造作などはないので、机やイスなどを撤去すればカラになるので
問題はないのですが疑問が。

1 テナントの退去の立ちあいって調べてみたら賃貸とは違い
  入居中なんですよね。仮に入居中に立ち会ったとして、その後
  例えば、床やクロスが汚れてた。(変えなければいけないと判断されて)
  場合はその工事が終わるまでに家賃を支払わないといけないのでしょうか?
  賃貸なら退去後なのでその理屈は通用しないと思いますがいかがでしょうか。

2 今回は移転のため他の物件をいろいろと見ておりますが、中には原状回復が
  必要なところがあります。例えば床が割れているとか・・・。
  こういう物件は前入ってた方が原状回復をしてなかったということでしょうか?
  トンズラしたということですか?


ご回答をお願いします。

Aベストアンサー

1. 立会い時に確定した引渡しまでの条件は
  最終引渡しとともに全ての契約を完了したことになりますので
  まずありえません。 一般的に解約通知をした後に実際に満了日から
  1ヶ月~2ヶ月前に大家(管理会社)立会いの下、原状回復の打合せをします。
  その際に確定した引き渡す状態を相互確認し必要に応じ工事を行います。
  完了後に双方確認し、鍵を返却した所で全てが完了となります。
  大事なのは、打合せ内容の書面化と引渡し完了書を用意し、確認後サインを
  貰い、コピーを渡すことで後々揉めることのないようにすることです。
  口約束が一番揉めますので必ず書面に起こすことです。

2. たとえどの状態でも、それが現状と言うことですので、これからその物件を
  お考えの際は、内覧時に必ず写真を撮っておくことと、上記と同じ書面化し
  てサインをもらっておくこと。中には、契約前に直してほしい旨の相談して
  承諾して貰える場合もあります。 大事なのは、その物件を解約する際に
  借りる前の状態を必ず記録しておくことです。それらは、契約書と一緒に大切に
  保管をしておくことです。記憶ではなく記録が大事なのです。
  そうすることで無用なトラブルを防ぎます。お互いのためにもきっちりしておくことです。

 原状回復の工事をしていますが、大概上記のトラブルがクライアントにケースです。
 最初が肝心と言う事だと思います。

1. 立会い時に確定した引渡しまでの条件は
  最終引渡しとともに全ての契約を完了したことになりますので
  まずありえません。 一般的に解約通知をした後に実際に満了日から
  1ヶ月~2ヶ月前に大家(管理会社)立会いの下、原状回復の打合せをします。
  その際に確定した引き渡す状態を相互確認し必要に応じ工事を行います。
  完了後に双方確認し、鍵を返却した所で全てが完了となります。
  大事なのは、打合せ内容の書面化と引渡し完了書を用意し、確認後サインを
  貰い、コピーを渡すことで...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報