夜勤のシフトは、断れますか?

私の業務が、今度、24H365Dのシフト勤務部隊と統合されます。

そうなると、必然的に夜勤シフトが要請されると思います。

私は、持病(アトピー)があるので夜勤をやることで、生活リズムが狂って悪化させたくないです。

夜勤を断って日勤だけのシフトをお願いしても平気なのでしょうか?

医師の所見なしでも、問題ないでしょうか?

法律的に、会社からの要請を断っても?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

断れますよ。



ただ会社の業務命令違反になりますので

勤務評定が下がっても文句言えません。

医者の所見があれば違うでしょうが。
    • good
    • 0

断れまへん。

業務命令になるさかい。
但し医師の所見で「会社が考慮する」は可能ですわ!
その考慮に「クビ!」も含まれまっせ!
せやけど・・・
>私は、持病(アトピー)があるので夜勤をやることで、生活リズムが狂って悪化させたくないです。
これ逆に「365日夜勤をする」で生活リズム狂わんと思うんでっけど・・・
    • good
    • 0

>夜勤を断って日勤だけのシフトをお願いしても平気なのでしょうか?医師の所見なしでも、問題ないでしょうか?



会社の就業規則によります。規則に無い場合は労働組合との協定があるかどうかです。日勤だけに固執した場合、良心的な会社でも今後は質問者さんを最低評価をしてくると思います。

>法律的に、会社からの要請を断っても?

会社が法令遵守(夜勤割増賃金など)しているなら、質問者さんの立場が不利になります。
    • good
    • 0

断れますが、結局のところ話し合いです。


例え病気だとしても、あなた『だけ』特別視はできません。
診断書があればまだ話し合いがしやすいとは思います。

これは直接あなたの職業には関係しないでしょうが、
看護師などの夜勤をして当然の職業だと、病院によっては
夜勤ができない看護師は、常勤ではなくパートもしくは契約社員になるんだそうです。

あなたの会社がこのような雇用体系を持ち出さない事を祈ります。
    • good
    • 1

世の中そんなに甘くはありません。



最悪戦力外通告を受ける可能性あります。

入社の時の条件はどうなっていますか?

アトピーのことは話をしたのですか?

おそらくアトピーのことを入社の時に話をしていたら、御縁が無かったものとなったでしょう。

それで不満なら「労働基準監督署」へ行って相談したらいかがでしょう。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夜勤明けにそのまま日勤を改善してもらうには

24時間365日体制の仕事です。(医療の仕事ではありません。)日勤をして夜勤に入りそのまま日勤で働き、帰宅。というような労働は違法ではないのでしょうか?夜勤手当は支給されています。改善してもらうには、労働基準監督署に行けばいいのでしょうか?ただ違法の場合、自分が改善してほしい事を、会社に言ってしまうと、即解雇になると思われるので、どうしたらいいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

労働基準法
(昭和二十二年四月七日法律第四十九号)
第四章 労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇


(労働時間)
第三十二条  使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。
○2  使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。
第三十二条の二  使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、又は就業規則その他これに準ずるものにより、一箇月以内の一定の期間を平均し一週間当たりの労働時間が前条第一項の労働時間を超えない定めをしたときは、同条の規定にかかわらず、その定めにより、特定された週において同項の労働時間又は特定された日において同条第二項の労働時間を超えて、労働させることができる。
○2  使用者は、厚生労働省令で定めるところにより、前項の協定を行政官庁に届け出なければならない。

第三十二条の三  使用者は、就業規則その他これに準ずるものにより、その労働者に係る始業及び終業の時刻をその労働者の決定にゆだねることとした労働者については、当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、次に掲げる事項を定めたときは、その協定で第二号の清算期間として定められた期間を平均し一週間当たりの労働時間が第三十二条第一項の労働時間を超えない範囲内において、同条の規定にかかわらず、一週間において同項の労働時間又は一日において同条第二項の労働時間を超えて、労働させることができる。
一  この条の規定による労働時間により労働させることができることとされる労働者の範囲
二  清算期間(その期間を平均し一週間当たりの労働時間が第三十二条第一項の労働時間を超えない範囲内において労働させる期間をいい、一箇月以内の期間に限るものとする。次号において同じ。)
三  清算期間における総労働時間
四  その他厚生労働省令で定める事項

小生が勤務していた会社は日勤、夜勤(宿直)の次じゃ勤務免除(代替休日)の制度を設けていました、質問者の会社は絶対数の社員数が少なく社員にしわ寄せしているように思えます、労働組合(此の質問が生じるのは労組は不存在でしょうね)が有る会社では労組と会社の団体交渉で是正交渉をする事。
労基法の連続勤務時間に抵触しているのでは、地元の労基監督署又はユニオンに相談して見ては如何ですか。

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%eb&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

労働基準法
(昭和二十二年四月七日法律第四十九号)
第四章 労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇


(労働時間)
第三十二条  使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。
○2  使用者は、一週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き一日について八時間を超えて、労働させてはならない。
第三十二条の二  使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組...続きを読む

Q月6回の夜勤+日勤は違法ですか?

民間の物件管理会社で働いています。
組合はありません。

契約物件が多数あり、物件の24h管理を行う業種ですが、当然夜勤があります。
夜勤はおもに緊急対応や夜間業務(夜にしかできない工事など)ですが、
契約件数が多い為、緊急対応や夜間業務も、それなりにあります。

表題では6回と書きましたが、夜勤回数が月に7回あり、7回のうち6回は夜勤を明けた後も通常の日勤があります。(1回は夜勤後帰宅できる)
仕事が片付かなければ更に残業もありえます。
24h勤務+翌日の日勤(33h拘束)が6回必ずある事は、違法性が無いのでしょうか?

また違法性がなかった場合、この様な勤務体系だとすると、残業や夜勤手当など、どのような給与加算割合があるのが正当なのでしょうか?


自分でも調べてみましたが、宿日直や宿直、当直、夜勤など、言葉との区分に悩んだため、
質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

変形労働は、対象期間、通常は1ヶ月か1年ですが、この間を通じて平均して週40時間であれば、日々の所定労働時間をスケジュールによって変化できる制度です。
例えば、第1週の労働時間を44時間にして2週は36時間に設定すれば、平均すれば40時間ですからその時間内であれば割増不要という制度です。
業務に繁忙がある職種などは、その期間だけ長めの所定労働時間に設定する事によって、割増対象の時間を減らす事が可能です。
ただ、制限もあって無限に変形できるわけではありませんし、事前に明確な規定や個別の労働時間も決めていなければなりません。具体的には設定期間にもよりますので、就業規則等に規定があれば、その規定が合法かどうか調べた方が簡単です。

Q普遍性の要請と一体性の要請と解釈宣言

普遍性の要請、一体性の要請、解釈宣言の意味が分からないので教えてください。

Aベストアンサー

 国際法のことを言っているのかな。おそらくは、条約成立に際しての留保とか、解釈宣言とか。それと、条約の普遍性確保のことかな。

 私は専門外なので詳しく説明できません。ただ、国際法なら基本的な内容だったと記憶しているので、図書館なんかで簡単に調べられますよ。

Q夜勤明けの賃金カット前日 8時半から17時半まで通常勤務し夜間20時から翌日4時まで夜勤して

夜勤明けの賃金カット

前日 8時半から17時半まで通常勤務し

夜間20時から翌日4時まで夜勤して

その日の15時に出勤して、17時半まで働きますが

通常は8時間労働である為、この夜勤明けの出勤は2時間半しか労働していないので

先月から5時間半の賃金カットになりました。

これまでの賃金払いについて改善したそうです。

総務からは労基法で定めている通りの賃金払いと回答が有りました。

正解?間違い?

Aベストアンサー

確認ですが、
「前日 8時半から17時半まで通常勤務」し、その日の「夜間20時から翌日4時まで夜勤」して、
「 その日の15時に出勤して、17時半まで働きます」
ですか?
この勤務形態そのものが労基法違反ですが・・・。

Q断っても断ってもかかってくる電話

実家に毎日のように、変な電話がかかってくるらしいんですが、対処法はありますでしょうか?ナンバーディスプレイをつけていないので無視ができない状況なので困っています。
内容はネットの懸賞係から電話がかかってきて、私の住所確認をしたいといってくるらしいんです。母は私(娘)は家にいないのでって言ったらしいんですが、でも懸賞の住所はそこになってるんですが…。というふうに話してくるらしいんです。
私も懸賞はネットから幾つもだした覚えはありますが、こんなに毎日電話がかかってくるのって普通ではないですよね?こういう人たちは何が目的なんでしょうか?実家には母と父しかいないので(父は仕事に行っているため電話がかかってきた時にはとれないんです。)、そういうのを狙っているんでしょうか?
どういう風にお断りすれば、電話がかかってこなくなりますか?

Aベストアンサー

特にネットで応募した懸賞などに多いのですがハズレても「ダブルチャンスであたる!」というものの場合、エステ・ADSL優待・U-SEN優待・リゾートホテル会員権優待などの高額なものが「格安で」というものが多いんです。で、懸賞の応募は「当選は賞品の発送をもって・・・」というのがほとんどなので当然、自宅の情報をすべて書いてしまいますよね。

質問者さんの場合もそのパターンでしょうね。私のカミさんが「毎日抽選」とかの懸賞に応募しちゃったので大変でした。日替わりで「ダブルチャンス当選です」とか連絡がきました。

こればかりはすでに情報を出してしまっていますからかかってこなくなるのは業者次第です。ダブルチャンスの当選を承諾しているとすれば(だいたい読まない規約に書かれていて承諾しちゃってます)スポンサーサイトに情報を提供するのは違反でもなんでもありませんし、業者としても正当な行為で営業の電話をしてきてます。
ウチでは1ヶ月くらい続きました・・・。日替わりで業者が違うので断ってもキリがなかったです。(実際留守だったのですが)

携帯電話の懸賞や無料サイトでメールを登録するとメルアドが流出するのと同じで「タダより高いものはない」ではないですがお金を払わずおいしい思いをしようと思ってもダメだなぁ・・・とつくづく感じました。それ以来懸賞サイトは利用させていません。

現時点では業者があきらめるまで待つ。
ナンバーディスプレーで知らない番号は無音にする。(これだと宅配業者などが電話してくるとアウトなんでねすが)

これくらいしか思いつかないです。

特にネットで応募した懸賞などに多いのですがハズレても「ダブルチャンスであたる!」というものの場合、エステ・ADSL優待・U-SEN優待・リゾートホテル会員権優待などの高額なものが「格安で」というものが多いんです。で、懸賞の応募は「当選は賞品の発送をもって・・・」というのがほとんどなので当然、自宅の情報をすべて書いてしまいますよね。

質問者さんの場合もそのパターンでしょうね。私のカミさんが「毎日抽選」とかの懸賞に応募しちゃったので大変でした。日替わりで「ダブルチャンス当選...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報