あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%B5%E6%8A%97% … (wikipedia 抵抗権)

「圧政に対する一方的服従や、その逆の場当たり的な反乱・混乱を避けるために、そうした行為を正当化・理論化し、指針・基準を設ける必要性から、瑣末な差異こそあれ、こうした概念・理論は、様々な地域で各々に形成・醸成されてきた。」(wikipedia 抵抗権)

とあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E3%81%86% … (wikipedia 戦う民主主義)

ドイツではいろいろ規則があるようです。


日本はやはり東アジアの影響(「禅譲」と「放伐」)と現在の憲法という感じなのでしょうか。

それとも現状不十分でドイツのようにもっと定義すべきなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 こんにちは。




 日本のばあいは
 もともと《くにゆづり》というかたちで
 上下の階層――天つ神と国つ神――が出来
 国家が成ったと考えられるので 

  《ゆづり返し》としての大政奉還

 が 歴史の必然であると見られます。
    • good
    • 0

不思議なのは、指導者は「支配者」で民衆は「被支配者」なのですよね。



現状、予算と執行権がまとめて預託されているので、確かに支配・被支配の関係になってしまうのは事実です。

が、本来は一つの国として行動するべきであって、一組織内で反目しあうのは望ましくは無いです。

家族間で争いがある家は、幸せではないですよね?

ルールは必要ですが、もっと必要なのは「教育」と「思いやり」だと私は感じます。

定義もいいですが、仮に「産まれる時に逆子で産まれてはいけない」とされても、困ってしまいます。

「望ましい」を「護らなければ成らない」にすると、息苦しいです。

すいません、質問の答えにはなっていません。

お邪魔しました。
    • good
    • 0

民主主義の為政者は、支配者ではない。


主権者たる国民によって、合法的に排除されるメカニズムが
あるはずである。
民主主義の内においても、少数派が「戦って」いるケースは、
形式的には為政者と戦っていても、本質的には多数派の
国民と戦っているのだ。

確かに脱原発運動は盛り上がったが、選挙をすると自民が
大勝し、舛添氏が当選するのだ。
それは為政者が強制した訳ではなく、政治に無関心な国民
が投票に行かず、あるいは仕事がらみの候補に投票する
といった、参政意識の乏しさが原因であって、圧政によるも
のではない。
    • good
    • 0

「大政奉還」か!


(笑)
    • good
    • 0

pkuobe99様、今日は。




東アジア?ドイツ??

この回答への補足

ピューリタン革命を調べていたら、傲慢な民衆が倒しても政府を倒しても意味ないような話しをみまして。フランス革命も過激ですよね?

補足日時:2014/08/21 18:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較