gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

大和民族っていうけど、その前は薩摩隼人でしょ?
ということは、ヤマトタケルの東征の経緯からして、熊襲と蝦夷の混血が日本民族の核ですよね?

中には百済や新羅の移住者との混血とかいう人もいるけど、そんなのは物の数のうちに入らないと思います。

神話の話まで伸ばせば、元は筑紫だから、博多っ子が大和民族っていう話で良いですか?

A 回答 (5件)

日本民族のルーツは何か?  これまでいろいろな特集番組が組まれて来ました。

  どの番組を見てもすっきりとした回答はなかったように思います。 

短絡したものとしては狩猟民族だった『縄文人』のところへ稲作を生業とする『弥生人』がいくつかのルートを通ってやって来た。  朝鮮半島、九州経由がその主な流れである。 

しかし最近の研究ではもっと複雑なようである。 実に多くの民族の血が流れ込み、長年混血を繰り返して現在に至っています。 日本列島はおびただしい数の島々によって構成されています。 漂流した南アジアの人々もあれば朝鮮半島経由でアジア一円から流入した民族もあり。 それが長年混血を繰り返し、優れた性質が淘汰されて残っている。 それが我々日本人なのです。 

数年前事情があって、六週間沖縄の那覇で暮らしました。 その時那覇市おもろ町にある県立博物館に十数回通い、沖縄の歴史を学びました。 この民族は東アジア一円を交易する民族でした。 東は日本朝鮮、南はルソン、ジャワ、インド、スリランカまで。 さらにポリネシア一円、ハワイ諸島まで販路を拡げてています。 

交易することで婚姻も重ね、血も交わっています。 琉球王国の民族にしてこの広い血のつながりです。 日本列島全体ならどれくらい広範なものになるのかとても想像が出来ません。 それが証拠に周りに住んでいる友人や知人家族を見ても顔かたち、ものの考え方。 実に多岐に亘っています。 それが日本人の柔軟な考え方の土台にもなっているのです。 日本人の優秀さはこの広範な民族の血が混じり合って出来たものだと思うのです。 

とても回答になっていないと思います。 ご容赦下さい。 
    • good
    • 6
この回答へのお礼

縄文人はBC5000年に、薩摩硫黄島が噴火した際に、噴煙での冷夏被害で、本州から避難して南アメリカまで移り住んでいますt

ですので、何等不思議ではありません。
当然、ポリネシアやオセアニアの民族とも混血し、仲には戻ってきた人もいるでしょう。

でも朝鮮半島の稲作と日本の稲作はまったく違うので、朝鮮半島から伝播したという話は、現在では否定されていますよ。

遠く、朝鮮人が大規模に移住してくるのは4世紀以降の話です。
その前から稲作してましたからね。

個人的には、夏か殷の時代に、呉辺りから戦火を逃れてきた人がやりだしたのでは?
と思います。

回答ど~も

お礼日時:2014/08/22 11:54

縄文時代以前は西日本は阿蘇山の大噴火で不毛地帯となり、東日本は富士山や浅間山の大噴火で不毛地帯であった。

したがって日本列島は人が大勢生活できるような場所ではなかったのです。

縄文時代は縄文海侵と言われるように海面上昇するほど暖かく、東日本には北方から蝦夷が侵入し、西日本には熊襲が侵入した。南方の島々から隼人が薩摩に侵入していた。時代が数千年経過して、モンゴルにいた匈奴が中国の漢に攻められて追い散らされた結果、満州にいた鮮卑が匈奴に押されて朝鮮半島に南下侵入した。この時代に多くの人が朝鮮半島から日本に侵入してきた。弥生時代の始まりです。その時代の縄文人は顔にも刺青をしていたのです。

古くから住んでいる縄文人と弥生人による抗争が始まるのです。まずは日本海側の北九州、出雲、若狭、能登、新潟に侵入してくるのです。朝鮮半島から船に乗ると自然に漂着するのです。また瀬戸内海にも侵入しています。かれらは弥生式土器を作り、縄文式土器とは大きく異なるものでした。侵入してくる弥生人とそれを防ごうとする縄文人と抗争は倭国の大乱と呼ばれていました。

縄文人は弥生人の侵入で大打撃を受けるのです。それは結核病でした。縄文人はその抵抗力が弱く、病気をうつされて大量に死ぬのです。縄文遺跡には結核の末期症状である脊椎カリエスで骨の曲がった遺骨が大量に出てくるのです。戦争で死ぬよりも病気で死んでいったのです。アメリカ大陸のインディアンたちが白人の病気をうつされて死んでいったのと同じです。

朝鮮半島に侵入して支配者になった鮮卑族は先祖と同じく地上に墓を作るのです。いわゆる古墳です。地上に墓を作るのは鮮卑が遊牧民である名残なのです。遊牧して戻ったときに親の墓が分らなくなったら困るからです。その朝鮮半島の支配者の一族が日本に侵入して古墳時代をつくるのです。その一族の中に天皇の先祖も含まれているのです。

人のミトコンドリアを調べると民族の由来がわかるのです。南アメリカ大陸の最南端にいるインディアンとアイヌが近い民族であることがわかったのもその検査からです。現代の日本人の7割程度が大陸から侵入した弥生人の末裔なだそうです。そんなに多く侵入していなくても縄文人が結核で死んだり、大和朝廷による蝦夷征伐で弥生人の比率が増えていったのです。もちろん日本人は混血児ですが、弥生と縄文の比率では弥生人比率が圧倒的なのです。

大和朝廷が成立するまでは日本は朝鮮半島の国々の植民地であったのです。アメリカ大陸がヨーロッパの国々の植民地であったのと同じです。百済や高句麗や新羅や伽耶が中国の唐により滅ばされることで独立することができたのです。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

いやいや、噴火そのものは事実ですけど、噴火前から熊襲も蝦夷もいましたよ?

進入って、どこから来たといいたいのでしょうか?

海面上昇が起こる以前のナウマン象やマンモスがいた頃から日本人はいましたよ。

回答ど~も

お礼日時:2014/08/22 20:46

人類はみなアフリカ人です



そもそもヤマトタケルが実在したのかってのも怪しいはなし
所詮は神話の世界ですからね 笑

元々日本は大陸と地続きだったんだから混血じゃないほうがおかしいと思うけど
ちなみに半島からの移住者と縄文人の混血が弥生人そして日本人になりました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ど~も

お礼日時:2014/08/22 18:27

中国人と同じ考え方ですね。

自分中心に回っていると思ってますね。

ミトンドリアDNAの遷移から人類のルーツをたどる調査で最初中国人はアフリカ起源ではなく独自である主張してました。
例えば北京原人とからで独自という意味です。

しかし、調査解析の結果中国人の科学者もアフリカ起源と認めました。

ところでヤマトタケルは史実の人物なんですか?

相当暇でこんな質問を考えるのかな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ど~も

お礼日時:2014/08/22 18:25

神話まで話を伸ばして良いのであれば天皇の祖先はワニだし、もっと遡れば日本人はアフリカのあたりで発祥したのが祖先ですよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

はて?
そのワニってサメのことじゃないですか?(笑)

回答ど~も

お礼日時:2014/08/22 11:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング