最近charaとかノンカロリーの甘い飲み物出てますよね。それでアラビノースとかスクラロースとか入っています。どんな影響があるかわかりませんが心配です。大丈夫でしょうか?

A 回答 (3件)

スクラロースの原料は砂糖です。


ですので、甘味は比較的砂糖に近く、嫌味がないんですよね。(^_^)
(←それでも、癖はありますが・・・)
甘味度は精製度によって砂糖の200倍から600倍ですので、実際に商品に添加されている量はごくわずかです。
具体的に言いますと、紅茶1杯を甘くするのに耳掻き半分以下しか添加しません。
ですから、体内に入っている量は本当にわずかなんですよっ!!

それから、最近あちこちで聞くエリスリトールやキシリトール等の糖アルコール。
これでお腹を下してしまう人がいるのは・・・ひとえに飲みすぎです。(^_^;)
これら糖アルコールは難消化性といって、胃腸でほとんど消化吸収されません。
つまり、食べたものがそのままの形で腸を通過していくのです。
ですので、大量に摂取した場合は腸内の浸透圧が変わり、体の中から腸管内へ水分がじゃばじゃばと注がれてしまいます。
(←薄めようという作用です)
この結果、お腹をこわしてしまうんです。(^_^;)
特に恐いことではありませんが、出先では困りますよね~(笑)。
でも、最近はメーカーの方も使用量をセーブしていますので、何リットルも飲まなければOKです。(^_-)

人口甘味料は新しいものですので、確かに「絶対に何十年たっても安全」!とは宣言できませんが、浴びるように摂取しなければ問題ないと思いますよ。
よく、批判的な人達が「実験の結果、マウスに異常が出た」などという報告をしていたりしますが、そういう実験でマウスに投与される量は尋常じゃない場合が多いです。
人間でいうならば、毎日5~6kgずつ食べさせられるようなものです。(^_^;)
それだけやれば、何を食べたって異常が出るような気がします・・・。

あまり気にせず、美味しく頂きましょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございましたー!安心して飲めます!
あたし陸上をやっているので体に悪いものはだめだと思ってたんですよ。特に長距離なのでノンカロリーであまいものには目がなくて!!炭酸、ファーストフードも陸上はじめてからとってないんですよね。とにかくよかったです!

お礼日時:2001/06/25 16:48

少なくともテストレベルでは問題ないので、食品に使用されていると思います。


しかし、長期間人体に摂取した場合に、予測もつかない問題を引き起こす可能性がゼロと断言はできないのではないでしょうか。

私はアスパルテームやエリスリトールなどを不味いと感じるので、ほとんど飲まないようにしてます。野生の本能を信じるということで(笑)。

もっとも、それを言うなら清涼飲料水を飲まないほうが体に良さそうですけど…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。そんな影響なくてよかったです。あたしcharaすごい好きなんでほっとしました!

お礼日時:2001/06/09 17:39

基本的には大丈夫ですよ。


体質によってはあの手の甘味料を大量に取るとおなかがゆるくなる
場合もありますが、たいしたことではないと思います。
たまにヒステリックな人たちが「アスパルテームを加熱すると発ガン
性のある物質に変わる!!」とか言って騒いでいますが、あの位の事
を気にしている方が体に悪いと思いますね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学実験を趣味にする

自分は化学実験(薬品を使って化学反応などを見る)が好きで、学校の授業で実験があると嬉しくてたまらないのですが、学力の問題で大学の理学部には行けません(^^;)

そこで、いっそ化学実験を趣味にしたいなと考えています。

それは可能でしょうか?
また化学実験に使う薬品を買うのに必要な資格はあるでしょうか?

家でやるには限度があると思いますが、教科書に載っている実験を主にやりたいです。

アドバイスお願いします!

Aベストアンサー

化学実験、楽しいですよね。
私も好きで、科学の道に進みました。

昔、学研出版から「科学」という学習雑誌が発行されていて、簡単な実験キットが付録として付いてきました。
毎月楽しみにしていたことを思い出しました。

化学薬品はよほど特殊なものでない限り、特別な資格はいりません。
住所・氏名・捺印などが必要な物もありますが、実験に使う程度の少量ならば、簡単に買うことが出来ます。
実験を行うには薬品だけでなく、器具もそれなりに必要です。

学校で実験の基本操作等、きちんと習って、安全に行って下さい。

Qノンカロリー製品について

ノンカロリー・ノンシュガー製品を摂りすぎていると、食物繊維と同じ作用でお腹が緩くなるとあります。ノンカロリーをとりすぎる事によって何故お腹が緩くなるのでしょうか?
あと、ノンシュガー製品を食べ過ぎると味覚がおかしくなるとありますが何故でしょうか?
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

ノンカロリー製品に使われている甘味料は、ほとんど消化吸収されず大腸へとどきます。
大腸の役割は、消化された残りかすから水分をしぼり取り便を作ります。
大量に消化吸収されなかった人工甘味料が大腸にいくと、水分吸収が阻害されて下痢になります。

あと味覚がおかしくなるというのは、自然な砂糖の甘みと人工甘味料の甘みは違うので、人工甘味料の甘みに慣れてしまうと自然の甘みがわからなくなるという意味ではないですか?

Qおすすめの化学実験

中学校で、何かの化学実験をしようと思っています。
そこで、おもしろくてインパクトの強い化学実験を探しています。
皆様のおすすめの化学実験があればお教え下さい。
また、よろしければ、その実験の方法などが紹介されているサイトを紹介していただければ助かります。
暇なときでよろしいので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

・指示薬を使ってアンモニアの噴水
・洗濯ノリでスライム作り
・ガラスとグリセリンで強化ガラス作り
・アルギン酸ナトリウムと塩化カルシウムで偽イクラ作り
・石鹸作り
・葉脈標本作り
・砂糖で粉じん爆発


なんてどうでしょう?
定番過ぎますかね・・・。

Qノンカロリーの食品って「うそ」では・・・

有機物の食品がノンカロリーって宣伝しているのがありますが、基本的に有機物がカロリーゼロってありえないのではないでしょうか?

何らかのたんぱく質や炭水化物が少しでも含まれているならカロリーは含まれていると思います。

専門家の方々、どう思われます?

Aベストアンサー

そのとおり、カロリーは含まれています。しかしノンカロリー食品のノンカロリーは、人間が分解してエネルギーにすることができないという意味です。
例えば、こんにゃくの主成分はマンノースという物質(有機物)ですが人間はこれを分解する酵素を持っていません。寒天のガラクトース、野菜の繊維などのセルロースなどに関しても同じです。いずれも燃やすことができますが、人が体内でエネルギーに変換することはできません。
そのようなものを食物繊維といいます。
エネルギーにならないといっても、腸をきれいにしたり体調を整えたりする食物ですから毎日食べるようにしたいですね。

Q化学科の実験について… 大学での化学科の実験で使う薬品は身体に何らかの影響がありますか? (腎臓とか

化学科の実験について…
大学での化学科の実験で使う薬品は身体に何らかの影響がありますか?
(腎臓とか肝臓)
また何らかの影響が出た方はいますか?

Aベストアンサー

非常にありますね!
SDSというものが、化学製品、薬品には添付されています。
急性毒性、眼刺激性、皮膚刺激性、生殖毒性、生殖細胞変異原性、発癌性などが記載されています。
これらを読んで、ゴーグル、不浸透性手袋、マスク、白衣や作業着を着て、法定吸引風速以上のドラフト内で作業して下さい。
また、実験室は作業環境測定を行い、ジクロロメタンなどの特定化学物質は記録を30年間保管しなくてはいけません。
大学は企業に比べて安全衛生管理がルーズです。自分の体は自分で守って下さいね。有機化学系は特によくないです。

Q甘い物をまったく食べなくても大丈夫?

私は最近、チョコレートやケーキ等の甘いもの、いわゆるデザートを全く食べない生活を続けているのですが、これはずっと続けても問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

まったく問題ありません。
甘いのは糖分ですが、これはエネルギー源となるもので栄養素ではありませんから。
エネルギー源は他からいくらでも取れます。
たとえばご飯。
ご飯はでんぷんですが、体の中で糖分に分解されます。
だから、甘いものをまったく取らなくても栄養が偏ることはありませんよ。

Q大学、または企業で化学系の実験をなさったことのある方、お願いいたします。

 こんにちは。私は化学系の実験をしている大学理系のものです。そして、今度就職する企業も化学系の仕事をする予定です。
 質問の内容は、皆さんの所属していらっしゃる研究室、ないしは企業では化学実験で自分の使用した器具を自分で洗うのですか?と言うことです。
 私の今通っている大学(地方国立)では。化学の実験をした後、実験の使用器具を自分で洗います。私の大学では、大半がそうなのですが、例外があります。それは、寒冷バイオの研究室で、そこは国の機関みたいなものであるため、使用した実験器具を洗う人をパートで雇っているそうです。また、今の担当教官は、某大企業に勤めていた際も、使用した実験器具の洗浄はパートの人を雇っているそうです。そこで、このような疑問が浮かびました。

 長々とした文章ですが、お答えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

私の所では自分の使用したものは自分で洗浄し乾燥していました。

企業の規模とトップの考え方で決まると思います。
そんな雑用をするくらいなら本来の業務に時間を使えという考えもありうるとおもいます。

私が見学した某大企業の実験室ではガラス細工の専門家がいて、設計図を渡せば望む装置を自在に作って提供していました。 うらやましかったです。

自分の使用する器具は自分が責任を持てという考え方もあるでしょう。
それに器具の使用目的により特殊な洗浄法を必要としたり一定の基準にあう必要がある場合などさまざまです。

最近のパートに任せるという話は考えたこともありません。 
化学実験は厳密さが必要なものです。 最新の注意を払うのが普通と思います。

Q体の中をキレイにする食べ物・飲み物ってどんなのがありますか?

体の中をキレイにする食べ物・飲み物ってどんなのがありますか?

Aベストアンサー

デトックスという観点から言えば、野菜、果物、ハーブ類は殆どがデトックス効果があります。体の中をきれいにしたかったら、動物性たんぱく質は一日の栄養に必要な最低限に抑えて、野菜(特に緑黄色野菜)、果物を十分に摂ることです。又、香菜もとてもデトックスに良いと言われています。コマーシャルなどでは野菜ジュースが良いと言われていますが、市販の野菜ジュースや果汁にした時点で野菜を取る時のメリットの一つである繊維質が殆ど破壊されています。野菜ジュースや果汁は炭酸のジュースを飲んだりするよりは良い、位に考えて、決して野菜や果物の変わりに摂取することの無いように注意してください。ジュースを飲みたいならご自分で作られたら良いと思います。

Q一般人・学生向けに化学実験の技術講習会を行っているところはあるのでしょうか?

このたび、大学院で化学系の実験研究を行うことになりました。試薬の調整、機器分析など、実験する技術・ノウハウが求められています。
しかし、学部時代に化学系の実験を行っていないため、具体的な技術やノウハウが全くわかりません。
きちんとした研究を行いたいので、実験の基本的な技術を身に付けたいのですが、今までに基本的な定量実験、例えば中和滴定などもしたことがありません。

ノウハウを身に付けるために、公共施設や学校などで一般向けに実験技術の講習会をしてくれるところはあるのでしょうか?

講義といった座学ではなく、実習形式の講習会を希望しています。僕が調べたところでは、学会が行う講習会、大学の公開講座、独立行政法人雇用・能力開発機構(学生が受講できるか分かりませんが)などのセミナーがありますが、いずれも不定期であったり、化学系の講座がなかったりします。化学実験の講習会は少ないようです。かろうじて、日本分析化学学会が開催しているセミナーが僕の求めているものと一番一致するのですが、頻度が数ヶ月に一度なので、短期間で技術を見につけるには足りません。

僕自身、機会があればどんどん講習会や実習に出向いて技術を向上させたいと思っているので、そのような場をご存知の方がいましたら、是非教えていただけば幸いです。

このたび、大学院で化学系の実験研究を行うことになりました。試薬の調整、機器分析など、実験する技術・ノウハウが求められています。
しかし、学部時代に化学系の実験を行っていないため、具体的な技術やノウハウが全くわかりません。
きちんとした研究を行いたいので、実験の基本的な技術を身に付けたいのですが、今までに基本的な定量実験、例えば中和滴定などもしたことがありません。

ノウハウを身に付けるために、公共施設や学校などで一般向けに実験技術の講習会をしてくれるところはあるのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

分析などの実験をされるようですが、まずは「実験器具の洗い方」から入ります。

試験管などの洗い方です。
料理のお皿を洗うのとは次元が違いますので、上手く洗えてない実験器具は実験失敗の元に繋がります。

これを練習してマスターするのに軽く数時間はかかります。
これが出来ないと実験まで進めません。

まずは先輩などに教わることは出来ないのでしょうか?

Q熱い飲み物、冷たい飲み物

熱い飲み物を飲むと食道に炎症ができる事もあるらしいですが、逆に、冷たい飲み物だとどうなりますか?
体に悪影響はあるんでしょうか?
教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

冷たい飲み物は、量が過ぎると胃腸を冷やして働きを悪くし、その結果下痢、胃炎等の悪影響が考えられます。この季節ですから注意が必要です。適量を守りましょう。(適量とはどの位か?はご自身の体質次第ですので、よくご自身の体と相談なさるように。)


人気Q&Aランキング