『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

タイトルそのままです。vemosって一体なんですか? vamosの間違いでしょうか? それにしても意味不明です。教えてくださーい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「見る・会う」: “ver”の再帰動詞“verse”だと思いますが?

    • good
    • 2
この回答へのお礼

わかりました! まだ初心者なもので・・。ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/29 01:11

nos vemosですね。


「またね」「また会いましょう」という意味だと思います。

この回答への補足

vemosってなんですか? 不定詞はなんなのでしょうか?お時間があったら教えてください!

補足日時:2004/05/28 14:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

問題解決しました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/29 01:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語 "tu"と "usted" の違いは何ですか?まったく分かりません

スペイン語の初学者です。

tu(君)、usted(あなた) という使い分けのようですが
君とあなたと、一体どう使い分ければいいんでしょうか?
さっぱり分かりません。

どうかよろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

国によって使い分けが若干違うようなのですが、
基本的にはtuは親しい間柄、ustedはよく知らない人や一般的な言い方、と考えておけば、大きな間違いはないと思います。
若者同士だとtuが多いかもしれません。

スペイン語以外にも、「あなた・私」言葉と「僕・君」言葉を持つ言語はありますが、やはり親しさ度合いで違います。
(フランス小説やロシア小説の邦訳を読んでいたらこういうのが出てきました。でもフランス映画の和訳字幕でこれを無視して訳してあったのもあった。距離感違うんじゃないのかなあ)
英語だと全部youなんですけどね。

こちらのトピックが参考になるのではないでしょうか。って今たまたま見つけただけなんですけど(^^;
ustedで覚えておけば無難とのこと。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa459366.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3347265.html

国や人によって違うという話。
http://www.h6.dion.ne.jp/~kiuchi/lec206.htm
http://d.hatena.ne.jp/latinokashiwajp/searchdiary?word=*%5B%A5%B9%A5%DA%A5%A4%A5%F3%B8%EC%5D
ドイツ人のように「これからあなたを君扱いする」と言うことはない、と書いてありますが、絶対に言わないわけではなくて、言う場合もあるのではないかと思います。
テレビスペイン語会話でインタビュアーが日本に住む中南米人(国は失念)にインタビューしに行って"usted"で話しかけたら"tu"で話しましょうよ、と言われていたし、昔カセットテープ教材(スペイン語コーヒーブレイク)を聞いたときも「tuで話しましょう」という会話例がありました。まあ、会話学習番組や教材の中の話なので実際の使用率は分かりませんけれど、ありえないほどではないんでしょう。
(学習途中の者から言うのは難しいと思うので言われたらでいいと思いますが)

ちなみにtuの二人称単数vosotrosは、スペインでは使いますが、中南米では使いません。「君たち」も「あなた方」もustedesです。
(違う国があるのかわかりませんが、傾向としてはそうです)
使う活用形が少ないといえば少ないです。

在住や仕事で使ってないのでごく少ない経験ですが。
20歳前後の頃、スペイン語教室で南米出身の大学生の先生達に教わっていたときはtuで喋っていました。
誰も注意しなかったからあれはあれで良かったのかな(笑)
警官が一般人に話しかけるときはustedだと言われたことはあります。

後年、年輩者も混じってメキシコ人の年輩の先生に習ったときはustedでした。
スペイン旅行中は、若者~若い世代の大人からはtuで話かけられましたが、年輩の人からはustedで話しかけられました。

国によって使い分けが若干違うようなのですが、
基本的にはtuは親しい間柄、ustedはよく知らない人や一般的な言い方、と考えておけば、大きな間違いはないと思います。
若者同士だとtuが多いかもしれません。

スペイン語以外にも、「あなた・私」言葉と「僕・君」言葉を持つ言語はありますが、やはり親しさ度合いで違います。
(フランス小説やロシア小説の邦訳を読んでいたらこういうのが出てきました。でもフランス映画の和訳字幕でこれを無視して訳してあったのもあった。距離感違うんじゃないのかなあ)...続きを読む

Qスペイン語のdeとdel

スペイン語で英語のofにあたる語にdeですが、
文章によっては、delと書いてあります。
deとdelの使い分けを教えてください。
スペイン語文法の知識がないものです(>_<)

Aベストアンサー

本当はどんな表現の中での使い分けなのか、教えていただけると詳しく分かるのですが…

一般的に言えば、deの後に定冠詞elが来る場合、一つのdelという単語になるという現象です。del は英語で言えば、of the が一つになった単語です。

Qスペイン語「lo que」「el que」の違い

Que es lo que mas le gusta?
何が一番好きですか?
Cual es el que mas se vende?
どれが一番売れていますか?

ですが、
「lo que」「el que」の違いが分かりません。

QueかCualで変わるのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>QueかCualで変わるのでしょうか?

「何」と「どれ」の違いも影響すると思います。

lo que も el que も代名詞に関係代名詞が付いたもので「~するもの」ですが、lo は中性です。「何が好きか」と尋ねるときはどういう答えが返ってくるか分からず、ということはその「好きなもの」の名詞の性別もまだ決定していません。こういうような名詞の性別が決定できないとかまだ決定を下さないときは中性になります。

No comprendo lo que ocurre.
何が起きているのか分からない
(それこそ「何」なのか分かっていません)

Mi padre me prestó su coche, lo que es totalmente increíble.
父が車を貸してくれたが、それは全く信じられないことだ(lo que が一つの関係代名詞のように使われる。英語の which)
(「それ」は前文の内容で、特定の名詞を指さないので性別が決定できない)

el は男性ですから、「どれ」と選択する範囲が決まっていて話者の頭の中には具体的な名詞があり、それが男性を前提としていると考えられます。

Tengo dos perros. El que está sentado con mi mujer en la foto se llama Sumi y el otro Daichi.
私は犬を2匹飼っています。写真で妻と一緒に座っているのがスミ、もう1匹が大地です。
(perro が男性。http://espanyol2.blogspot.jp/2010/02/leccion-48.html より引用)


「どれが一番売れていますか」の前に具体的な品名とか「製品」「商品」という言葉など前提となる文がありませんか。

>QueかCualで変わるのでしょうか?

「何」と「どれ」の違いも影響すると思います。

lo que も el que も代名詞に関係代名詞が付いたもので「~するもの」ですが、lo は中性です。「何が好きか」と尋ねるときはどういう答えが返ってくるか分からず、ということはその「好きなもの」の名詞の性別もまだ決定していません。こういうような名詞の性別が決定できないとかまだ決定を下さないときは中性になります。

No comprendo lo que ocurre.
何が起きているのか分からない
(それこそ「何」なのか分かっていません...続きを読む

Qbeberとtomarの使い分け(スペイン語)

すみませんまた初歩的な質問です(^^;)

cervezaやaguaは、当然beberで良いですよね?
でもcafe'やsopaになると、tomarの方が適切だとあります。

「飲む」より、「とる」の方が自然という感じなんでしょうが、
これって温度に関係するのでしょうか?
El cafe' frioだと、beberでもOKなんですか?

Aベストアンサー

beberは液体や流動食などを飲み込む(飲み下す)基本動作をさします。
もっとも使われるのがaguaに対してです。 その他の食べ物や飲み物にはtomarが使われます。 コーヒはbeberでも間違いではありませんが習慣的にtomarが使われます。 対象物の温度は関係ありません。スペイン人は朝、コーヒと熱いミルクを半々で飲むのが好きです。Tomar cafe con leche.

beberの類語:ingerir, trincar, libar
日本語でも酒を飲む、酒を味わう、酒をたしなむ、ビールで乾杯する、一杯いこうか、などと使い分けますね。 スペイン語ではもっとも使用頻度の高いのがtomarです。

Qスペイン語)hayとestarの使い分け方を教えてください!

serとestarの違いはなんとなく分かるのですが、
hayとesta'の違いがよくわかりません。

例えば
Alli' hay edificios modernos

Alli' esta' el famoso calle
という二つの文章の中でそれぞれhayとesta'を
使う理由はなんでしょうか?
またそれぞれの文章のhayとesta'を逆にしたら
文法的におかしくなりますか?
それともニュアンスが変わるだけでしょうか?

スペイン語の文章でhaberとestarを使う時に
最も注意にしないといけない点などを教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

*hay(haber の三人称現在)は人間、事物、現象の存在を表します。
Hay tempestad, hay sol, habi'a mucha gente

*estar は人間、事物、現象の状態を表します。
Ahi' esta' Juan, Juan esta' alto, Juan esta' enfermo, Juan esta' con su hermana.

日常会話では初出の事物、一般的な存在はhay, 既知の事物はestarを使うと覚えるのがいいでしょう。

?Hay aqui' tele'fonos pu'blicos? (電話が始めて話題になったのでhay)
Si', ahi' esta' uno.(話題となった電話のことなのでestar)

Aqui' hay muchas casas grandes. (一般的な存在)
?Do'nde esta' su casa? (具体的な存在)

*一般的にhayとestarを入れ替えることは出来ません。 出来る場合も
ありますがニュアンスが異なります。 

*hay(haber の三人称現在)は人間、事物、現象の存在を表します。
Hay tempestad, hay sol, habi'a mucha gente

*estar は人間、事物、現象の状態を表します。
Ahi' esta' Juan, Juan esta' alto, Juan esta' enfermo, Juan esta' con su hermana.

日常会話では初出の事物、一般的な存在はhay, 既知の事物はestarを使うと覚えるのがいいでしょう。

?Hay aqui' tele'fonos pu'blicos? (電話が始めて話題になったのでhay)
Si', ahi' esta' uno.(話題となった電話のことなのでestar)

Aqui' hay m...続きを読む

Q"adios"と"hasta luego"の違い(長い別れか短い別れ)

"adios"と"hasta luego"の違いはありますか?フランス語の辞書を今見ているのですが、それによると"adieu"は「長い別れ」に対し"au revoir"は「短い別れ」と区別するそうです。スペイン語で"adios"はどうですか?

Aベストアンサー

日本ではある言葉を語源的に教える先生と生きた使い方
(現場主義)を教える先生がいますので、常に混乱が
起こります。

adiosは 旅立つ人に向かって旅の安全を祈り、道中、神と共にあらんことをという意味でa Diosと言ったのが語源です。従ってすぐ会うような相手には使わなかったのですが、日本語と同じで『さようなら』の語源を考えながら使いわけをする人はいません。今日では個人の好み、地域の習慣でadiosは単にさようならの意味で使われます。語源を強く意識する人は他の表現を好むでしょう(Chao, hasta la vista, hasta luego、hasta pronto,hasta lueguito、que le vaya bien, vaya con diosなど)

長い別れの人でも気持ちはすぐにでも会いたいという
本信、儀礼の意味で、adios以外の表現が好まれると
いえます。

Qスペイン語でなんといいますか?

「今日はお天気がいいですね。
一緒にランチに行きませんか?
楽しみにしています」

ってスペイン語でなんといいますか?
カタカナでも教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

スペイン語圏の方とデートでしょうか?
(うらやまちぃ...)
「通じるのが一番」という事に重点をおいて発音しやすいものを考えてみました。
以下の様なのではいかがでしょうか?



今日はお天気がいいですね
(!)Hoy hace bien tienpo!
(オイ アセ ビエン ティエンポ)

ちょい元気めに言って下さいね
「なんていい天気なんでしょう!」の気分で。



一緒にランチにいきませんか?
(?)Vamos juntos comemos a almuerzo?
(バモス フントス コメモス ア アルムエルソ?)

バモス=英語のレッツゴーにあたります。バモスを連発するとVamos!Vamos!=行こう!行こう!になります。
Almuerzo=昼食です。juntos=一緒に。comemos=(私達)食べる。です。
ここで強調すべきはバモスとアルムエルソです。
「レッゴーランチ」ですね。
「行きませんか?」と誘うので疑問文になるので必ず文末を上にあげて(アルムエルソ)発音してください。


一緒に楽しい時間を過ごせるのを期待しています
Espero gozo de tiempo paso juntos
(エスペロ ゴソ デ ティエンポ パソ フントス)
Espero=(私が)期待する。gozo=楽しみ。tienmo=時間
paso=(私が)過ごす。juntos=一緒に
です。
(!)と(?)は記号がさかさまになのですが。
PCで出し方がわからなかったのでこの様にしておきます。

楽しいランチが実現できるといいですね^^

スペイン語圏の方とデートでしょうか?
(うらやまちぃ...)
「通じるのが一番」という事に重点をおいて発音しやすいものを考えてみました。
以下の様なのではいかがでしょうか?



今日はお天気がいいですね
(!)Hoy hace bien tienpo!
(オイ アセ ビエン ティエンポ)

ちょい元気めに言って下さいね
「なんていい天気なんでしょう!」の気分で。



一緒にランチにいきませんか?
(?)Vamos juntos comemos a almuerzo?
(バモス フントス コメモス ア アルムエルソ?)

バモ...続きを読む

Qスペイン語 「lo」教えてください。

スペイン語 「lo」 がよく理解できません。
教えてください。

Tu padre es muy simpa'tico.Y su padre lo es tambie'n.

君の父上はとても親しみやすい(優しい)よ。彼の父上もそうだよね。

こんな意味と思いますが、su padre lo の
* lo は 中性代名詞という事ですが、
英語の「it」と同じという事で良いですか?

*madre なら

Tu padre es muy simpa'tico.Y su madre la es tambie'n.
になりますか?

だとするとなぜ中性代名詞と呼ぶのでしょうか。

*madre は sua madre ですか?

Aベストアンサー

やさしい例文を通じてLoの使い方を覚えるのがいいでしょう。

1)Loは形は同じですが中性定冠詞でもあります。
Lo+形容詞で名詞を作ります。

Lo bueno=good things
Lo dulce=sweet things
Lo dificil=difficult things

Me gusta lo dulce 私は甘いもの(はなんでも)が好きです。

2)中性人称代名詞
*主語として働く ello,eso
Eso no vale それは役にたたない
*間接補語としての le (あまり使われない)
Que le vamos a hacer? そのことについてはどうしようか?
*直接補語としての  lo
これがご質問の件です。
よく使われます。

ーSabia esto? このこと知ってた?
ーNo,no lo sabia いや、知らなかった
ーNo, no lo creo いや、僕はそう思わない
ーElla es japonesa? 彼女は日本人?
ーNo, no lo es. いいえ、そうでは(日本人では)
ありません。
ーElla esta muy triste, pero lo oculta.
彼女はとても悲しんでいます。でもそれを隠しています。

Loはこのように前に述べたことを受けて、抽象的(人称、性別に関係なく)に繰り返すときに使われます。従って中性人称代名詞と呼ばれます。会話ではLoて受けず具体的に述べる(返事をする)場合があります。

Ella es japonesa? 彼女は日本人?
No, es francesa. イヤ、フランス人だよ

この基準でいけば
Es usted japonesa?に対する正しい返事は
Si, lo soy となりますが、Si, soy japonesと答えてもでもなんら問題ありません。

やさしい例文を通じてLoの使い方を覚えるのがいいでしょう。

1)Loは形は同じですが中性定冠詞でもあります。
Lo+形容詞で名詞を作ります。

Lo bueno=good things
Lo dulce=sweet things
Lo dificil=difficult things

Me gusta lo dulce 私は甘いもの(はなんでも)が好きです。

2)中性人称代名詞
*主語として働く ello,eso
Eso no vale それは役にたたない
*間接補語としての le (あまり使われない)
Que le vamos a hacer? そのことについてはどうしようか?
*直接補語としての ...続きを読む

Q紛らわしいスペイン語(algoとalgunaの違いなど・・・)

こんばんは。
どうしてもわからないことがあるので
質問させてください。

例えばalgoとalgunaの場合ですが、
(文頭の逆さ「?」は割愛させていただきます)

1.Tiene algo pregunta?
2.Tiene alguna pregunta?
の違いは何ですか?
私にはどちらも
「何か質問はありませんか?」と言う風にしか
訳せないのですが・・・

同様に
1.No tenemos nada pregunta.
2.No tenemos ninguna pregunta.
の違いも教えていただけるとありがたいです。

文法書を読んでもいまいちよくわからないので・・・
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

文法書に混乱を起こさせるような説明がありましたか?

これは比較、違いの問題ではなくいずれも1番は間違っています。algoもnadaも代名詞であり形容詞ではないのでpregunta(名詞。質問)を形容することは出来ません。

algoはTiene algo de preguntar?
nadaはNo tengo nada de preguntar
として使われます。

Qスペイン語の「el la un una」の使い分け

こんにちは。私は今ほとんど独学でスペイン語を覚えようと頑張っているのですが、文によく出てくる定冠詞と不定冠詞(って言うんでしたっけ?)「el la un una」の使い分けがよく分かりません。男性形、女性形というのはだいたい区別できるようになりましたが、問題は「el la」がつくのか「un una」がつくのか、あるいはどちらもつけなくてもよいのかと言ったことです。
最初、友達に聞いたときは「話し相手と共通のものを認識できているときは「el la」が付いて、そうでない時に「un una」が付く場合が多いかなぁ」って教わったんですがそれってなーんか微妙な回答じゃないですか?別の友達には「とりあえず全部にel laを付けとけ」というような訳の分からない回答をもらいました。
数をこなしていくと、なんとなく分かるようになるという意見も出たのですが、私の性格上それは納得がいかないというか、「そんなの無理だろ!!」って思ってしまいます。なにか規則のようなものがあるんでしょうか?絶対的な規則のようなものが無いから、みんなの答えが微妙なのでしょうか?どなたか分かる方おりましたら教えてください。

こんにちは。私は今ほとんど独学でスペイン語を覚えようと頑張っているのですが、文によく出てくる定冠詞と不定冠詞(って言うんでしたっけ?)「el la un una」の使い分けがよく分かりません。男性形、女性形というのはだいたい区別できるようになりましたが、問題は「el la」がつくのか「un una」がつくのか、あるいはどちらもつけなくてもよいのかと言ったことです。
最初、友達に聞いたときは「話し相手と共通のものを認識できているときは「el la」が付いて、そうでない時に「un una」が付く場合が多いかな...続きを読む

Aベストアンサー

私には、その友人の方の言われたとおりだと思えます。
要するに、普通の名詞にいきなり定冠詞をつけて登場させることは、まぁないだろうということ。
英語の a, an, the の区別にちょっと似ていると思います。
ただし、地名などの固有名詞に定冠詞がつくこともあるので注意(El Salvador など)。
また、本来は女性名詞なのに男性名詞につく冠詞がつくこともあるそうです(例:El agua limpia - La agua とすると a agua のように a が重なるのを嫌って El を用いる)。
以上は下記のページを見てにわか勉強いたしました。
→ http://www.spaingo.jp/bkn011.html
→ http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4968811.html
→ http://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/europe/espana.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング