異常な事件が、続いてます。
今度の包丁男も心身耗弱状態とかで、精神鑑定して、無罪の方向で裁判するんでしょうか?

なんか、いいかげん考え直してもよいと思いますが・・・

特に人権擁護の考えをお持ちの方、法曹関係の方に質問したいです。そのうち、ご自身の身内の人も犠牲になるかもしれませんよ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

質問に対する答えではありませんが



精神鑑定というものは全く必要ないものです
心身耗弱状態だったから無罪というのも間違っていますが、それ以前に
8人もの人間を殺した精神異常者の精神を鑑定するということが一番おかしなことです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ、間違いをご指摘いただきありがとうございました。
で、どうなんでしょうねぇ

お礼日時:2001/06/08 18:30

何ともいえないとてもショッキングな事件でした・・・



一般人です。
現在の刑法の文章からすると精神耗弱な状態だったら刑事責任は問えない、っとなっているらしいですね。法治国家である以上、「犯行時に精神耗弱な状態」だと認められれば腹立たしいですがこの法律に従わざるを得ません。何とかならないものかと歯痒い思いです。

必ずしも「精神耗弱→精神病患者」でもないし、必ずしも「精神病患者→精神耗弱」というわけでもありません。世の中のコンセンサスが「精神病患者→精神耗弱→刑事責任無し」というような構図に流れていっているような気がしてなりません。懸念してます。

そもそも精神耗弱なら条件なしに誰でも刑が無いという今の刑法が理解できません。一般人的には罪は罪だと思います。無期懲役とかも言葉を曖昧にしないで、アメリカみたいに懲役200年とかに書き換えた方が重みがあるような気がします。報道によると加害者(現行犯なので)のはじめの取調べでの発言は死を望んでいるという発言だったようですが、仮に「極刑」になっても加害者は望みを達成してしまうわけで実に矛盾した感が残ります。

この事件に限らず、重大犯罪を起こした加害者が釈放の後にもとの人権をとれるようなあり方にも納得できません。少なくとも基本的人権のうち食の自由以外は一定期間(10年程度)剥離されるべきじゃないでしょうか?

現行法を早く改正して安全な世の中になって欲しいです…
ほんと異常ですよ……

今回の元凶は、自分の病気を認識し建設的に病気を治そうとする努力をろくにせずに、本人とは何の関係も無い人々に犯行に及んでしまった加害者本人だと個人的には思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、すみません。
質問・ご回答の時期とは、公開されている情報が違ってきています。
事件当初の、「法改正のような措置が必要ではないか」という声が、消えてしまわない様に祈る今日このごろです。
この場で、皆さんのご回答を読んで考えたことなど、自分自身の中で風化させない様にしたいと思います。

ありがとうございました

お礼日時:2001/06/20 08:57

 「法律」コーナーで既に議論されていることは知らず、「医療」コーナーで同様の質問をしてしまいました。



 「医療」コーナー(参考URL)の「お礼」で書きましたが、今朝の読売新聞が英国での新しい取り組みを紹介しております。
 「監督退院」&「監督登録制度」などは是非導入して頂きたいと思います。

 参考URLで私の質問事項もお読み下さい。
 私は精神科医ではありませんが、「脳」関係の内科医です。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=87602
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報をありがとうございます。

>「監督退院」&「監督登録制度」
 早速Y新聞を買いにいきます。うちAなんで

皆さんのご回答を見て、義憤にかられた心身耗弱状態を脱しました。
「あきらめ」vs「死刑」の両極ではない、何かを考えていかなきゃならない、何かしなきゃという気持ちになってきました。(あ、立候補~とかじゃなく、自分の分の範囲でですけど・・)

お礼日時:2001/06/09 12:21

また無罪かと言われれば、たぶん無罪でしょうね!...不愉快な話です。



1)精神異常者を監禁したり隔離しない方がよい。
2)死刑は絶対に人道上の観点から止めるべきである。

この2点を強力に推し進めた進歩的な弁護士、教育者、ジャーナリスト達の意見を
押しつぶし法律を改正しない限り、根本的な解決は望めないでしょう。

報道によれば、オームに一家を殺害された[坂本弁護士]のグループもそのような
考えと聞いていますが、いかにもインテリらしい自己陶酔的な胡散臭さを感じるだけです。

・・・進歩的文化人からは猛反発を喰うでしょうが、戦後教育の日教組的悪影響を受けた、
最近の憐れな日本の世相についての私の感想です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当の問題が解決してないので、お礼は略させていただきます。スミマセン。

>・・戦後教育の日○組的悪影響・・
 激しく同意します。
 進歩的な弁護士、教育者、ジャーナリスト達が子供だったころに洗脳したという罪は、許し難い感があります。

>法律を改正しない限り、根本的な解決は望めないでしょう。
 この点も問題の原点のように思ってます。
 あらゆるケースをまとめて議論しなくてはならない->法律改正
 個別のケースで柔軟に処置して行く->???
  ???=王様、皇帝、国民投票・・・・
 てのは、ないんでしょうか?

お礼日時:2001/06/09 12:12

j_euroさん、こんにちは。



今回の事件は罪に問われるべきだと考えます。

しかし、こんな時だからこそ冷静に判断を下す必要があるでしょう。
一時の感情的な判断で、精神耗弱状態にある人間が引き起こした事件を、すべて精神鑑定無しで罪を問う事はできませんよね。
やはり個々の事件一つひとつを検証していくべきです。
私には「純粋に精神耗弱状態の成人」と「乳幼児」の行動の違いが解りません。
そして、「乳幼児」が核ボタンを連打した場合、「乳幼児」本人の責任より、管理責任(核ボタン・乳幼児の保護者、双方の管理責任)が問われるように、この場合は病院の管理責任を明確にする必要があると考えます。
なぜなら、この犯人が「精神耗弱状態に成り得る」と推測できたのは、診察したことのある病院だけなのですから…
今回の事件や17歳のバスジャック事件のときもそうなんですが、病院の不用意な行動が目立ちます。病院の「なるべく関わりたくない」という意志が見えみえです。
個人に責任が問えない可能性があるのなら、関係者の管理責任を強化すべきです。
犯人の家族は、ある意味、管理責任を問われて法的な制裁と社会的な制裁を充分受けるでしょうが、それに比べれば病院が受ける制裁は些細なものでしょう。
(父親が重罪を犯せば、その娘は犯人の娘として社会から爪弾きにされます。例えその娘が何の罪もない小学生であってもです!)
そして、私達の息子・娘・親が病気により「精神耗弱状態に成り得る可能性」があるということも考えておくべきでしょう。
身内に精神薄弱等の障害者を持たないと、実感できないかもしれませんが…

自分の身内が犠牲者になる可能性もあれば、犯人になる可能性もまたあります。

難しい問題ですね…

この回答への補足

本当の問題が解決してないので、お礼は略させていただきます。スミマセン。

>病院の管理責任
 おおもとは、ここなのかなと思いました。

>自分の身内が犠牲者になる可能性もあれば、犯人になる可能性もまたあります。
 確かに・・
 質問時点では、少々「心身耗弱」だったかも・・・

>難しい問題ですね…
 同感。

補足日時:2001/06/09 11:59
    • good
    • 0

 わが国の刑法学者は戦前戦中の人権侵害に鑑みて、処罰しない方にしない方に考えを持っていく傾向が強いといいます。


 しかしながら、人権思想の起源をたどっていけば、刑罰という制度は我々私人間の同害復讐の権利を、治安の維持と引き換えに公権力に委任した社会契約の一種として理解されてくるのではないでしょうか。
 とすれば、一部学者らの行き過ぎた机上の空論が、現実として娑婆に出しておくべきではない者を野放しにし、真に保護されるべき者が保護されない世の中にしているようにすら思われてきます。特に我々が生まれたときには既に私的報復の機会は完全にお預けになっていたわけで、お上がキッチリ処罰をやってくれないのなら、契約は解除だ!権利を返せ!といいたくなるところですよね。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当の問題が解決してないので、お礼は略させていただきます。スミマセン。

panzerkampfwagen さんのように、ちゃんとした言葉で説明できる方が、そういうしくみ(法)を変えていこうとして下されば、心強いんですが・・

>同害復讐の権利
 イスラムでは、認められているのでしょうか?

お礼日時:2001/06/09 11:59

OK WEBで同じような回答をしたのでURLを載せておきます。

なんか昼にニュース見てから、今日一日はかなり鬱でした。
これで、加害者擁護の方向に行ったりした時に政府が動かなかったらホントクズですね。

もし自衛隊のお偉いさんが心身耗弱状態になって国会議事堂周辺をミサイルなどで攻撃しても無実なんでしょうね。
そしてもし日本の法律が全世界に適用されるなら、どっかの国の大統領が心身耗弱状態に陥って核ミサイルのボタン乱打しても無実なんでしょうね。60億の人間+ありとあらゆる生き物破壊しておいても無罪放免なんでしょうね。

あー、鬱だ。

気にしないでください。ただの独り言です。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=81568

この回答への補足

本当の問題が解決してないので、お礼は略させていただきます。スミマセン。

私も、かなり鬱、続いてます。

同じような考えの方が多いはずなのに、変らない・・・
あるいは、変っていってるが、私が知らないだけなのか・・

補足日時:2001/06/09 11:49
    • good
    • 0

私は法曹関係に携わる仕事でもなんでもないただの一般人ですが、


子供をもつ親として意見をいわせてもらうなら、
もし自分の子供が朝普段と同じように元気に学校へ行ったのにお昼にはもう目を開けてくれない状態になっていたら・・・しかも死に目に会えなかったら・・・
そして犯人が罪をつぐなわずにまたいつもと同じ生活をしているなら・・・
とてつもなく憤りを感じますね、多分今度は私が発狂するでしょう。
ただ発狂する前に自分の意識があるうちに犯人を殺してしまうかもしれません。
例え誰になんて言われようとも。

責任能力がなくても、責任はとるべきだと思うし
服役も当然のことだと私は思います。
ただそうすると刑務所は病院のようになるからそのへんの理由で釈放なのかなと考えたこともあります。一体どうなんでしょうか??

精神衰弱状態になってしまったのには、その人の責任ではないのかもしれませんが、でもしてしまったことに責任はとるべきではないでしょうか?
本人が「今、自分は罪をつぐなっている」とか「大変なことをしてしまった」と感じなければ服役する意味がないのかもしれませんが、被害者の人権などを1番に考えるならどういう状態であろうとも服役してほしいです。
刑務所は罪をつぐなう場所といわれてますが、そうじゃなくて罪をおかした罰として社会から隔離され場所だと考える私は心がせまい人間なのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当の問題が解決してないので、お礼は略させていただきます。スミマセン。

>・・・例え誰になんて言われようとも。
 法律やら何やらおいといて、人間として自然だと思います。

>罪をおかした罰として社会から隔離
 これは、名案(名解釈)かもしれないです。
 「罪を認識するために」でもいいかと・・

お礼日時:2001/06/09 11:48

きっと無罪なんでしょうねえ・・・。



凶悪犯罪なんだけど、犯人が行っちゃってるやつなので、逮捕しても無罪になるだろうと思ったら、捕まえないで殺しちゃってほしいです。
捕まえるなら、警防で頭をボカボカ殴って、二度と乱暴が出来ない体にしてほしいです。

犯罪者の人権よりも被害者・被害者の家族・これから被害者になるかもしれない人たちの人権を大事にしてほしいと思います。

無罪にするなら、一般社会とは完全に隔離してほしいと思います。
じゃないと安心して生活できません。

omikou0000さんの回答でエイズの例がありますけど、今回の事件のような無差別傷害事件と比較されても全然納得できないです。(もちろん理論はわかりますけど)
エイズだったら自分さえ気をつけていれば予防は可能ですけど、いきなり刃物で暴れられたら、防ぎ様がないですもん。

ついでに、無期懲役ってのもやめてほしいものだと思います。
無期懲役なんていうとうっかりすると終身刑と思っちゃったりするけど、実際には数年で出てきちゃったりしますよね。
外国みたいに終身刑とか懲役150年とか言うような、犯した犯罪にふさわしい刑罰を与えてほしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当の問題は、解決したわけじゃないんで、お礼は略します。スミマセン。

>懲役150年
 も、普通の精神状態じゃないと何でもないですね。

 考えなきゃいけないことの要点をうまく書いていただきました。

お礼日時:2001/06/09 11:39

考え方として、


1.心身耗弱状態の人が起こす事件は、
  心身耗弱状態という「状態」が起こしているのであって、
  本人が起こしているわけではない。
2.心身耗弱状態に本人がなりたくてなったのではない。

回避することを考えてみてください。
「心身耗弱状態」にならなければその人はその事件を起こさないんですよね。
しかも心身耗弱状態は望んでなったわけではない。
そういう意味で、その人に罪はないんです。

例えるなら、
「薬害エイズ」のようなものです。
医療ミスによってエイズウィルスに感染させられてしまった人(Aさん)が、
知らずに別の人(Bさん)にエイズをうつしてしまった場合です。
この場合の
Aさんが心身耗弱状態の人にあたります。
医療ミスを犯した医師に原因があるわけですから、Aさんには罪はないんです。
でも確かに、BさんはAさんに対して怒りを覚えたりします。
ただ、そういわれたAさんも被害者なんですよ。
医療ミスという原因がハッキリしていればいいですが、
心身耗弱状態の原因はハッキリしませんので、表面上「本人の無罪」で終わってしまうのです。
心身耗弱状態に誰かがしたのであれば、その人が犯人です。

あくまでも法律上の考え方です。
個人的には「人権擁護」とは別の次元の話だと思いますが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすくご説明いただき、ありがとうございます。

法律上の考え方と人権擁護とが別の次元とは、知りませんでした。
ただ、例えにだされたお話で、
薬害エイズ被害者と、尋常な精神状態を失って殺人を犯した者は、全然違うと思います。
医療ミスの医師と、退院させた精神科医師も全然違うと思います。
法律上それらが、同じことになっているなら、直さないといけませんねぇ。
すいません、議論フッカケじゃないので・・・よろしく。

お礼日時:2001/06/09 11:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【株】2017年(平成29年)は株が下がると言われている理由を教えてください。 2016年(平成28

【株】2017年(平成29年)は株が下がると言われている理由を教えてください。

2016年(平成28年)の年末に株が上がって年越ししたので29年の年始めには株が下がるだろうという意味での29年は株が下がると言っているのでしょうか?

6月くらいに仕込んでまた年末に上がるのを待つ買い方が29年度の理想の買い方ですかね?

それともずっと29年はジリ貧ってことでしょうか?

けど、2020年の東京五輪までは下がる要素はないって言ってましたよね?

上昇傾向なのは確実ですよね?

2020年に株を売り切って一旦株の世界から離れて、東京オリンピック後に株価が暴落してまた始めようと計画してます。

今年の計画と株の世界では今年なぜ下がると言われているのか理由を教えてください。

Aベストアンサー

上がると言って儲かる人に対抗する為です。

Q責任能力喪失や心身喪失だったから「無罪」というのは、論理的におかしいと思いますが。

裁判員制度がまもなくスタートします。少し気になることがあります。それは犯罪事実がはっきりしていて、その被告に罪を償って貰わないとならない時、被告の犯罪行為時の状態が「責任能力のない状態」であったとか、病気などにより「心身喪失の状態」であったため、これを無罪とするなど、という判決例を耳にしますが、これって少し変だと思います。責任能力が欠如していようが、病的に本人の精神状態が正常でなかったのであろうが、被告本人が手を下した犯罪行為が事実であれば「無罪」である筈がありません。確かにそういう状態ならば、罰することはできませんが、たとえば「懲役何年相当の有罪」と判決した上で執行猶予に相当する医療観察や保護観察措置をとって被告人の再犯防止を図るべきです。「無罪」だと手を下す人によって犯罪行為自体が「犯罪」ではないものとなってしまい、不合理であり、犯罪被害者やその家族・遺族の納得は永遠に得られないと思います。皆様のご意見、ご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

上の理論からすると殺意の有無は判決になんら関係ないですね
故意と偶然も関係ありませんね、事実のみが判決に関係するのでしょうか?
例えば、業務上過失致死と危険運転致死罪の垣根はどこにあるのでしょう?

Q平成元年生まれの人は、今年は平成29年なので29歳とはならないんですか?出来るだけ分かりやすくお願い

平成元年生まれの人は、今年は平成29年なので29歳とはならないんですか?出来るだけ分かりやすくお願いします。

Aベストアンサー

平成元年=平成0年ではなく、
平成1年です。
(平成1年という言い方は
実際にはないのですが分かりやすく言うと。。)

なので、、
平成2年→1歳
平成3年→2歳
平成4年→3歳...

平成29年→28歳になります。

Q罪を犯した者の精神状態の判断からの無罪、有罪。正当性のある復讐による犯罪の無罪、有罪。

殺人など重罪を犯す人をはじめ、罪を犯す人のほとんどが精神的に不安定であるからこその犯罪だと思うのですが・・・

時々、精神鑑定により「無罪」なんていうのを聞くのですが、どういった判断基準で無罪になるのですか?


(1)レイプされそうになる→その場に落ちていた金属バットでレイプ魔を殺害→自己防衛で無罪、又は軽罪?

(2)レイプされる→発狂→次の日にレイプ魔を殺害→精神判定で無罪、又は軽罪?

(3)レイプされる→10年に及ぶ精神疾患→務所から出てきて、幸せな生活を送っているレイプ魔への計画的な復習殺害→計画的殺人で重罪?

(3)は長い年月苦しんだ末の、唯一、自分が幸福になるための犯行なのに、(1)、(2)よりも重い罪になるのですか?

Aベストアンサー

(1)は正当防衛なら無罪。過剰防衛なら殺人だけど減免あり。
反撃行為に違法性があるかどうかってこと。
だから、反撃の程度や情況しだいでは過剰防衛になることもある。
(正当防衛)
第36条
1項 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。
2項 防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

(2)は殺害時に心神喪失なら無罪、心神耗弱なら減軽される。
これは、犯人に責任を問えるかどうかってこと。
問題は、犯行後、精神鑑定をやった時点で心神耗弱でも、
犯行時にそういう状態にあったとは限らないということなんだよ。
だから、ふつうは精神鑑定と犯行前後の行動を考慮して裁判官が総合的に判断する。
明らかに証拠を隠滅しようとしたなんて場合は心神喪失にはならないだろう。
(心神喪失及び心神耗弱)
第39条
1項 心神喪失者の行為は、罰しない。
2項 心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

(3)は情状酌量の余地があるというなら減軽されることもある。
(酌量減軽)
第66条 犯罪の情状に酌量すべきものがあるときは、その刑を減軽することができる。

「唯一、自分が幸福になるための犯行」であれば相手を殺してもオッケー!とはならないからね。

(1)は正当防衛なら無罪。過剰防衛なら殺人だけど減免あり。
反撃行為に違法性があるかどうかってこと。
だから、反撃の程度や情況しだいでは過剰防衛になることもある。
(正当防衛)
第36条
1項 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。
2項 防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

(2)は殺害時に心神喪失なら無罪、心神耗弱なら減軽される。
これは、犯人に責任を問えるかどうかってこと。
問...続きを読む

Qカレンダーに「平成29年」の文字が印刷されていないものが多い

時節柄、カレンダーを交換しています。
カレンダーを替えていて、ふと気が付いたのですが、「平成29年」の文字が印刷されていないものが多いなと、思いました。
中には印刷のある物もありましたが、無い物が3/4は超えていました。
「2017年」の文字は、ほとんどのカレンダーに表示がありました。
何故、元号年の表示がされてないカレンダーが、こんなに多いのでしょうか。
(仕方ないので、上部余白に「平成29年・2017年」と書き入れました)

Aベストアンサー

平成もいつまで続くか分かりませんしね~
カレンダーって半年前くらいから印刷するって言いますし
元号が変わってしまって全部ゴミになるリスクはなかなか取り辛いのでしょう。

生前退位の話も具体的になってきて
元号が変わる=天皇の死
ではなくなったのでそのリスクを議論する心理的抵抗も減ったのではないでしょうか。

Q弁護士は 有罪だと思っていても 無罪を主張するのですか

弁護士は 有罪だと思っていても 無罪を主張するのですか
弁護士は、刑事裁判や民事裁判において 依頼人が嘘をついているとわかっている 刑事事件ならば99.99%有罪だと思っているのに 民事においては証拠から99.99%負けると分かっているのに それでも依頼人の主張を無条件に信じて(自分の意見を言うことなく)、弁護をするのでしょうか。(執行猶予を付けてもらう場合を除く)
やはり 正義の実現という立場ではなく 報酬を貰う立場を最優先するのでしょうか。そして、それで心痛まないのでしょうか。多額の金を積まれれば どんな依頼でも断らないのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは~

むつかしい質問ですね~
弁護士じゃないからわからないけど、弁護士が代理した訴訟事件は手伝いで経験したことがありますので~
その印象で良ければ

弁護士さんは、無罪はむずかしいと思っていても本人さんが望めば無罪を主張してますね~
でも、
>依頼人が嘘をついているとわかっている
この場合は、弁護をお断りする人が多いと思います~ 職業倫理の問題なのか個人の考え方なんだろうと思います
本人さんの思い込みや、たってのお願いだったら見込みが無いのをあらかじめ伝えつつ、無罪を主張すると思います

>自分の意見を言うことなく
本人さんとの打ち合わせでは言ってると思いますよ~ でも裁判では言わないでしょうね 職業名の通り依頼人を弁護する人なんですから~

>正義の実現という立場ではなく 
弁護士さんは依頼者のために活動するのが立場ですから、質問自体が少しずれていると思います~

>報酬を貰う立場を最優先するのでしょうか。 
>多額の金を積まれれば どんな依頼でも断らないのでしょうか
受けるとしても一部の人ですね~ 
報酬と言っても成功報酬であることが多いはずですので、勝てる見込みが無いのに依頼を受ける酔狂な人は少ないはずです~
依頼を受ければ無条件での報酬なら、受ける人もいるかな~ 人間だもの^^;

こんばんは~

むつかしい質問ですね~
弁護士じゃないからわからないけど、弁護士が代理した訴訟事件は手伝いで経験したことがありますので~
その印象で良ければ

弁護士さんは、無罪はむずかしいと思っていても本人さんが望めば無罪を主張してますね~
でも、
>依頼人が嘘をついているとわかっている
この場合は、弁護をお断りする人が多いと思います~ 職業倫理の問題なのか個人の考え方なんだろうと思います
本人さんの思い込みや、たってのお願いだったら見込みが無いのをあらかじめ伝えつつ、無罪を主張...続きを読む

Q平成29年3月のカレンダーの六曜について

はじめまして。

私は、カードサイズのカレンダーを作成していて、現在2020年の東京オリンピックまで作成しています。
http://cgi-c.s49.xrea.com/calhan/

六曜の大安・仏滅まで対応したいと考えインターネットで公開されていますカレンダーを参考にして作っています。
調べていきましたが、2017年(平成29年)3月1日が、大安と仏滅の2通りが存在します。
この1ヶ月あまりだけ違っています。


2017年(平成29年3月1日)が大安のページ
http://www.ajnet.ne.jp/dairy/?yy=2017&mm=03&history=-32
http://koyomi.vis.ne.jp/

2017年(平成29年3月1日)が仏滅のページ
https://calendar.yahoo.co.jp/month?date=20170313
↑六曜表示するには画面右上の[設定]→[オプション]で設定必要
http://www.himekuricalendar.com/month2017_03

六曜の知識もないので、どちらが正しいのでしょうか?
大変申し訳ございませんが、調べていただければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

はじめまして。

私は、カードサイズのカレンダーを作成していて、現在2020年の東京オリンピックまで作成しています。
http://cgi-c.s49.xrea.com/calhan/

六曜の大安・仏滅まで対応したいと考えインターネットで公開されていますカレンダーを参考にして作っています。
調べていきましたが、2017年(平成29年)3月1日が、大安と仏滅の2通りが存在します。
この1ヶ月あまりだけ違っています。


2017年(平成29年3月1日)が大安のページ
http://www.ajnet.ne.jp/dairy/?yy=2017&mm=03&history=-32
http://koyomi.vis....続きを読む

Aベストアンサー

>>◇大安と仏滅の2通りが存在します
   どちらが正しいのでしょうか?

「大安」が正しいです。

■理由
 「六曜」では、旧暦の毎月1日は、以下のように固定されています。
◇1月 7月 →先勝
◇2月 8月 →友引
◇3月 9月 →先負
◇4月 10月→仏滅
◇5月 11月→大安
◇6月 12月 →赤口

この「法則」からしますと、2017年(平成29年)3月1日は「旧暦」の2月4日で、「旧暦」の2月1日は「新暦」の2月26日になり、、この日が「友引」に当たります。
で、「2月26日=友引」「2月27日=先負」「2月28日=仏滅」「3月1日=大安」となる訳です。
また、「旧暦」の月と日の合計の値が6の倍数ならその日は「大安」ですので、これに当て嵌めても、3月1日(旧暦2月4日→2+4=6)、3月7日(旧暦2月10日→2+10=12)、3月13日(旧暦2月16日→2+16=18)、3月19日(旧暦2月22日→2+22=24)、3月25日(旧暦2月28日→2+28=30)、3月30日(旧暦3月3日→3+3=6)は、全て、「六曜」の法則に当て嵌まります。
上述の理由で、2017年(平成29年)3月1日(水曜日)の「六曜」は、「大安」が正しいです。

>>◇大安と仏滅の2通りが存在します
   どちらが正しいのでしょうか?

「大安」が正しいです。

■理由
 「六曜」では、旧暦の毎月1日は、以下のように固定されています。
◇1月 7月 →先勝
◇2月 8月 →友引
◇3月 9月 →先負
◇4月 10月→仏滅
◇5月 11月→大安
◇6月 12月 →赤口

この「法則」からしますと、2017年(平成29年)3月1日は「旧暦」の2月4日で、「旧暦」の2月1日は「新暦」の2月26日になり、、この日が「友引」に当たります。
で、「2月26日=友引」「2月27日=先負」「...続きを読む

Q心神喪失(あるいは耗弱)

最近のニュースでいつも疑問に思うので質問します。

飲酒運転は禁止されていて、それは飲酒により判断力が鈍り危険が増すからですよね。そして飲酒運転で人身事故を起こした場合、しらふで起こした同程度の事故よりも重い罪が課せられます。
それなのに、なぜ覚せい剤などの禁止薬物を使用して殺人を犯しても「心神喪失」状態だったから、という理由で罪が軽くなるのでしょう?
病気による心神喪耗弱で起こした事件は別として(こちらについても言いたいことはありますが)そもそも、禁止薬物を使用して判断の出来ない状態になり、人を傷つけたという事実だけで交通事故と同じようにより重い罪を課しても良いと思うのですが。
法律で許されている飲酒で心神耗弱になって起こした事故は重く、禁止薬物により心神耗弱になって起こした罪は軽くなるのはなぜですか?

Aベストアンサー

そもそも、心神喪失の状態で犯罪を犯せば、その犯罪は罰せられません。
心神耗弱の場合では、刑が減刑されることになっています。
これら心神喪失や心神耗弱の状態は犯罪を行った時に問題にされます。

そうすると、飲酒運転をしていた時(犯罪を行った時)心神喪失や心神耗弱の状態だったら、
その飲酒運転は処罰されないことになります。
これが原則です。

では、果たしてそれを許していいのでしょうか?
それではダメだろうということで、裁判所や学者がいろいろと考えているわけです。

飲酒時にこれから運転することを分かりながらも、飲酒し、心神喪失あるは耗弱状態で
運転した場合には罪に問えるとする考え方があります。(他にもありますが割愛)

例えば、人を殺そうと思ったが勇気が湧かないので、酒を大量に飲んで勢いをつけて、
心神喪失あるいは耗弱の状態で人を殺した場合、罪に問えることになります。

しかし、人を殺そうとするつもりもなく、覚せい剤を使用して、幻覚に襲われて
結果人を殺してしまった場合には、この場合には該当しません。
大量飲酒すると暴力的になるとか、覚せい剤を使用すると人を殺したくなることを分かっていて、
不注意で飲酒や薬物使用をして、心神喪失あるいは耗弱状態でそれらの行為をしたならば過失は認められるでしょうけど。

飲酒運転の場合は、飲酒の時点で車に乗ることは分かっていると思うので、飲酒運転が罰せられるという認定になると思います。
しかし、薬物使用の場合は必ずしもそうとはいえない場合があるのです。

その違いが、あなたの疑問を生んでいるのだと思います。

そもそも、心神喪失の状態で犯罪を犯せば、その犯罪は罰せられません。
心神耗弱の場合では、刑が減刑されることになっています。
これら心神喪失や心神耗弱の状態は犯罪を行った時に問題にされます。

そうすると、飲酒運転をしていた時(犯罪を行った時)心神喪失や心神耗弱の状態だったら、
その飲酒運転は処罰されないことになります。
これが原則です。

では、果たしてそれを許していいのでしょうか?
それではダメだろうということで、裁判所や学者がいろいろと考えているわけです。

飲酒時に...続きを読む

Q東京都立高校の平成29年入学式の日程をご存じの方はいらっしゃいますか?

東京都立高校の平成29年入学式の日程をご存じの方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

まだ東京都の教育委員会から発表されていないと思います。
発表されれば以下に出ます。
少なくとも以下の同委員会ホームページの下の方にある「事業内容で探す」の中の「学校案内」の先のページで。

http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/

ちなみに昨年は4月7日(木)でした。

参考まで。

Q無罪を主張し続けると死刑になっても執行されない?

和歌山カレー事件のことについて調べていたら以下のようなことを書いているサイトがありました。

最高裁で死刑が確定したあとでも「無罪」や「冤罪」を主張し続けたら、死刑は執行されない。

・・・としたら単なる終身刑なわけですがこれは本当ですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

一言で言えば執行に際して考慮されません。
つまり再審請求によって刑の執行を停止することができないと定められているからです(刑事訴訟法第442条)。つまり再審請求中に死刑が執行されることも現実にある訳です。

また再審請求は、原判決を覆せる新たな証拠が提供できた時に初めて起こす事が出来るものですのでかなり限定的です。判断基準は以下(死刑に該当するもののみ抜粋)。

一  原判決の証拠となつた証拠書類又は証拠物が確定判決により偽造又は変造であつたことが証明されたとき。
二  原判決の証拠となつた証言、鑑定、通訳又は翻訳が確定判決により虚偽であつたことが証明されたとき。
三  有罪の言渡を受けた者を誣告した罪が確定判決により証明されたとき。但し、誣告により有罪の言渡を受けたときに限る。
四  原判決の証拠となつた裁判が確定裁判により変更されたとき。
五  原判決に関与した裁判官、原判決の証拠となつた証拠書類の作成に関与した裁判官又は原判決の証拠となつた書面を作成し若しくは供述をした検察官、検察事務官若しくは司法警察職員が被告事件について職務に関する罪を犯したことが確定判決により証明されたとき。但し、原判決をする前に裁判官、検察官、検察事務官又は司法警察職員に対して公訴の提起があつた場合には、原判決をした裁判所がその事実を知らなかつたときに限る。

現実的に再審への道のりはかなり厳しいと考えられます。

こんにちは。

一言で言えば執行に際して考慮されません。
つまり再審請求によって刑の執行を停止することができないと定められているからです(刑事訴訟法第442条)。つまり再審請求中に死刑が執行されることも現実にある訳です。

また再審請求は、原判決を覆せる新たな証拠が提供できた時に初めて起こす事が出来るものですのでかなり限定的です。判断基準は以下(死刑に該当するもののみ抜粋)。

一  原判決の証拠となつた証拠書類又は証拠物が確定判決により偽造又は変造であつたことが証明されたと...続きを読む


人気Q&Aランキング