ニューラルネットと使って研究を行いたいと思っています.階層型にくらべると相互結合型の方がすべての要素に影響しているという点で大変優れていると思うのですが,逆に階層型のほうが優れている点というのは簡単であるという観点以外ではどのような点がありますか.教えてください.

A 回答 (1件)

道具としてneural netを利用して研究をするのなら、どんな研究にどういう効果を期待して利用するのかよく考えなくちゃね。



 階層型の一番有難い所はバックプロパゲーションという学習アルゴリズムがあること。(近頃じゃもっと効率の良い方法も使われます。)アウトプットと教師信号とのずれをもとに、networkを逆向きに遡りながら各シナプス係数に修正を入れていきます。(neural netの学習を、シナプスの係数を変数とする多変数関数の極値問題であるとみなしたときに、最急降下法による最小解の探索をやっているのとほぼ等価です。)これを繰り返すとだんだん「おりこう」になる。こういう「自己組織化」の原理がすっきりしているのが良いところです。またループがないからぐるぐる回りの発振が生じることがありません。
 大脳皮質の構造を顕微鏡的に調べると、6~7層の階層型neural networkで良く近似されます。
 ただし層を飛び越えたり、逆走する結合も少しはある。neural netブームの遙か以前から独自の研究をなさってた福島先生はこの事を考慮してneo-cognitronというモデルを作ってました。

 ちゃっかり者が楽できるとは限らないようで。がんばって。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QO型はA型、B型、AB型に輸血できる

A、B抗原の両方の突起を持たないO型はA型、B型、AB型に輸血できる可能性があるとききました。
しかし、O型でも抗A抗体、 抗B抗体はもっているはずです。A型に輸血した場合、O型の抗A抗体とA型にあるA抗原が反応することはないのでしょうか?

Aベストアンサー

反応しますが、少量(1単位200ml位)であれば輸血血漿中の抗体による反応はそれほど重篤になりません。
それに、O型の輸血による不適合輸血は他の血液型のそれに比べてなぜかリスクが低いそうです。

輸血されるホストの赤血球はいくらか破壊されますが、新たに供給されるO型赤血球はホスト側抗体によって破壊されないので、「新鮮な赤血球を供給する」という点で意味があります。

しかし、現在は全血液型の輸血が容易になり、そのようなリスクを冒さなければならない事態もほとんどないので、新生児溶血性疾患などの例外を除けば基本的に不適合血液型の輸血はしないそうです。

Q例えばA型の血液型の人はAA型の人とAO型の人が

例えばA型の血液型の人は遺伝子型AA型の人とAO型の人がいますが、
AA型の人とAO型の人では血液型をA型たらしめている赤血球の糖鎖の量に差があるのでしょうか?
 やっぱり AA>AOでしょうか? それてとも遺伝子型には糖鎖の量は関係ないのでしょうか?
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

AAとAOでA型糖鎖の量が違うのか、違うとしたらどれくらい差があるのか、という点に関しては直接的なデータを知りません。しかし、以下のことは言えると思います。

ABO血液型の遺伝子がコードしているのは、酵素(糖転移酵素)であって、糖鎖のタイプを直接コードしているわけではありません。この糖転移酵素は、赤血球表面のある糖鎖の先端に糖を付加する作用があります。AとBではアミノ酸置換があるために、異なるタイプの糖を付加します。Oは酵素活性を失っていますので、どちらのタイプの糖も付加できません。

当然ながら、AAとAOでは、A型の遺伝子量が倍違いますので、当然、「A型酵素の発現量」はAAの方が2倍です。この「発現量」の違いが、反応産物であるA型「糖鎖の量」にどれだけ影響があるのかは、私はしりません。産物量に差が現れるのか、最終的に産物量は変わらないけれど反応速度が違うのか、いずれにせよ、AAとAOではA型酵素の発現量、そして活性量が倍違うというのは確かでしょう。

それと、もうひとつ。

ABO血液型の表現型は、抗体の反応性によって判断されます。抗原抗体反応が陽性か陰性か、イエスかノーかという判断なので量的な違いは考慮されません。
抗原抗体反応の常で、量にかかわらず(閾値はあるとしても)抗原が存在すれば陽性です。ですから、たとえA型糖鎖の量が正常の10分の1しかない場合でも、A型になるでしょう。

AAとAOでA型糖鎖の量が違うのか、違うとしたらどれくらい差があるのか、という点に関しては直接的なデータを知りません。しかし、以下のことは言えると思います。

ABO血液型の遺伝子がコードしているのは、酵素(糖転移酵素)であって、糖鎖のタイプを直接コードしているわけではありません。この糖転移酵素は、赤血球表面のある糖鎖の先端に糖を付加する作用があります。AとBではアミノ酸置換があるために、異なるタイプの糖を付加します。Oは酵素活性を失っていますので、どちらのタイプの糖も付加できません...続きを読む

Q私も妻も血液型はA型。子供の血液型[遺伝子型]は?

・ 私の父:AB型  私の母:O型
・ 妻の父:AB型  妻の母:AB型

私も妻もA型ですが、以上のように両親の血液型から推測すると、
同じA型でも遺伝子型は、私は「OA」、妻は「AA」という事が分かります。

よって、私の娘の血液型は「OA」「AA」が考えられるため、O型の可能性は無く、
A型が確定します。
では、娘の血液型が「OA」なのか「AA」なのか判別する事は可能でしょうか?

判別しなきゃいけない事情は特に無いんですけど、なんとなく知って
おきたかったんで…
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんな検索をかけてみました
「血液型 DNA ウラ」
トップにでたページを紹介します

ラボ・データ研究所/Q&A
http://www.synapse.ne.jp/~labo/Q&A/014.html

DNA分析方法はかかれていないけれど
そこそこ詳しくかいてあります

参考URL:http://www.synapse.ne.jp/~labo/Q&A/014.html

QA型B型AB型O型それぞれの人がもっているH抗原についてなんですけど・・・

A型B型AB型O型それぞれの人がもっているH抗原についてなんですけど、何故「H抗原」と呼ぶんでしょうか?A型赤血球ならA抗原が付いていると言いますし、B型赤血球ならB抗原が付いていると言うのは分かるんですけど、O型だけ何故「H抗原を持つ」というのでしょうか?A抗原もB抗原も持たないからすべての血液型が持っているH抗原の名前を使って呼んでいるだけですか?又H抗原の「H」って何かの略語ですか?知識をお持ちのかたよろしくお願いします!

Aベストアンサー

O型は正しくは0(ゼロ)型というべきだったのだそうです。
つまり、AもBも持っていないという意味で、0(ゼロ)だったのですが、誰かが0(ゼロ)をOと間違えて定着したと言う事なので、O型抗原というものがないので、H抗原になっているのだと思います。

QA型の両親またはA型とO型の両親からB型の子供が産まれる確率はどれ位ですか?

前にO型の父親とB型の母親からA型の子供が産まれる話を法医学などのサイトで拝見したのですが、A型の両親またはA型とO型の両親からB型の子供が産まれる確率はどれ位ですか?
また、もしそうなった場合次から産まれる子供もB型になりやすくなったりするのですか?
とても困っているのでどうか回答をお願いします。

Aベストアンサー

興味深いので、ちょっと検索してみたところ、

>O型の父親とB型の母親からA型の子供が産まれる話を法医学などのサイトで拝見したのですが
は、これに近いのではないでしょうか?
http://health.log.thebbs.jp/1098434061.html
ここの[6]の方が詳しく書いてくれていて、「大阪医大が発見」とあります。
ですが、この中にさらに貼ってあるサイトは見ることができませんでした…。

ちなみに、うちは主人はA型で私はO型、子供は2人ともA型です。
赤ちゃんの血液検査のことで話しているとき、B型はほぼゼロに等しいと病院の先生に言われたよ~な記憶が。
だけど、この説からいくとゼロではないという可能性も十分ありますよね?
本当に興味深いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報