リュウマチの父親が小細胞肺がんと診断され、余命3ヶ月と先生より言われました。二つの肺と首筋のリンパと心臓の周りにもがんが出来ており、手術は無理とのことです。そこで、放射線と、抗がん剤治療という形になるのですが、それ以外に家族で出来るものというものはないのでしょうか。何か良い知恵がありましたら教えてください。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ご家族の心中お察しします。



「肺がん」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「肺がん」
このページで「小細胞癌」を参照してください。
ここで「限局型」あるいは「進展型」なのでしょうか?
恐らく「進展型」ではないかと推測します。

一般には「小細胞癌」は肺がんの中でも「化学療法剤」が効果を示します。

肺がんに関しては、全国に専門病院がありますので、例えば国立がんセンター関連施設は
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/index/0sj/h …
(関連医療機関一覧)
を参照してください。

さらに
http://www.ktx.or.jp/~kenkou/link/linkcan.html
(『がん克服』総合リンク集)
リンク先がいろいろありますので、ご参照ください。

ご参考まで。 

お大事に。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/l …

この回答への補足

一般的に小細胞がんと非小細胞がんとではどっちが、たちの悪い方なのでしょうか?教えてください。お願い致します。

補足日時:2001/06/08 21:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、情報を教えていただきありがとうございます。家族力会わせて盛り立てていきたいと思います。大変ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 21:54

MiJunです。


>アガリクスなどの(他たくさんありますが)機能性食品の効果と言うのはどのくらい期待の出来るものなのでしょうか。
「アガリスク」に関しては、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
この中で#7に紹介した医師等も参考にしてください。
さらにTOPページで「アガリスク」と入れて検索するといくつかHitしますので参考にしてください。

blackeon先生の回答のように「アガリスク」に関する(しっかりした)「臨床データ」はないと思います。もちろん、巷の本では症例報告(一例報告?)で「効果」がありとの宣伝(?)はあるでしょうが・・・・?さらに、当然動物実験での効果に関するデータはあるでしょう?

ですから、副作用は少ない(?)と予想されますが、効果に関しては期待されなければ・・・・???

>機能性食品を使用するかしないか迷っています。
「機能性食品」ではなく、「補助食品(サプリメント)」等で体力をつけるのは問題ないかと思います。

いずれにしても、担当主治医と良く相談されることをお勧めします。

blackleon先生の回答のように「適切な抗癌剤の投与」が前提だと思います。

ご家族の心中は良く分かりますが・・・。

ご参考まで。 

お大事に。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=24982
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。腎臓の検査をしたのに、抗がん剤治療、放射線治療になります。リウマチの状態がどこまで
進行しているのかもわからないので、体の状態がどうなるのか心配ですががんばってもらいたいです。ご親切にありがとうございます。

お礼日時:2001/06/10 21:12

進行した小細胞肺癌の予後を最も改善させる方法は、適切な抗癌剤の投与だと思います。


アガリスクの、小細胞肺癌への効果について信頼できるデータがあるのかどうか私にはわかりませんので、効果についてもお答えできませんが、ご希望があれば、使用されること自体は問題ないのではないでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。リウマチの状態と、明日から腎臓の検査をしたのちに金曜日から抗がん剤と放射線治療に入ります。体の状況しだいの治療になっていきますが。これからもいろいろアドバイスの程お願い致します。

お礼日時:2001/06/10 21:09

肺癌は小細胞肺癌と、非小細胞肺癌に大きく分けますが、これは何故かというと悪性度、進展の仕方、治療に対する反応など多くの点で違いがあるためです。

非小細胞肺癌は、主として扁平上皮癌と腺癌ですが、この二つは治療方針にそれほど違いはありません。残念ながら小細胞肺癌は非小細胞肺癌に比較して、一般的に悪性度が高く、進行のスピードもはやく、再発率も高いのが特徴です。しかし、悪性度の高い癌は、抗癌剤や放射線に対する反応もよいので、治療を行うことで、(無治療に比較して)明らかに予後を改善することが出来ます。
治療の選択も、画像的に限局している時期から目に見えない転移が生じていることが多く、手術単独の治療になることはまれです。

ご質問の内容から考えて、
二つの肺に癌ができている→対側肺に転移がある。
心臓の周囲に癌ができている→癌性心膜炎をおこしている。
首筋のリンパに癌ができている→頸部リンパ節転移がある。

ということであれば、当然肺門や縦隔といった場所のリンパ節にも転移があるでしょうから、進行癌に間違いはありませんが、予後は脳転移などの遠隔臓器への転移の有無によってもかなり異なりますから、全身的な検索が重要です。
治療については、まず抗癌剤が選択されるでしょう。根治的な放射線治療を行うには、範囲がやや広いようです。
予後についてですが、三ヶ月というのは無治療だった場合、もしくは治療に対して全く反応が認められなかった場合を想定してのお話だと思います。抗癌剤に対して、十分な効果が認められれば、当然もっと予後は延びます。
癌性心膜炎の治療については、もし全身的な抗癌剤であまり反応が認められなかった場合でも、局所療法でコントロールする方法があります。
小細胞肺癌は、抗癌剤に対する感受性が高いですから、治療で完全に癌が消失することもまれではありません。
ただし、その場合でも早期に再発したり、脳転移や腹腔内臓器への転移などが生じて、そちらが致命的になることも多い癌です。ただ脳転移については、早期に見つければガンマナイフでの治療が可能です。
リウマチをお持ちとのことですので、それに伴う臓器機能が低下していると、抗癌剤が十分量使用できるかどうか、それも心配な点ではあります。
治療については、御本人の体力的な問題がなく、他の禁忌事項がない限りお受けになり、ご家族は御本人を十分支えてあげて下さい。
不明な点があれば、補足していただければわかる範囲内でお答えします。

この回答への補足

アガリクスなどの(他たくさんありますが)機能性食品の効果と言うのはどのくらい期待の出来るものなのでしょうか。少しでも効果が見られるものをご存知ならば教えて頂けないでょうか。今、機能性食品を使用するかしないか迷っています。

補足日時:2001/06/09 21:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しく教えていただき大変ありがたく思います。親の体の状態と相談しながら治療していきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/09 21:27

>一般的に小細胞がんと非小細胞がんとではどっちが、たちの悪い方なのでしょうか?


前の回答と同様に「国立がんセンター」のHPから「医療従事者向け」のページです(専門的ですが、理解出来る範囲で)。

「治療法」「予後および予後因子」等を参照してください。

小細胞肺癌(SCLC)と非小細胞肺癌(NSCLC)との生存率の比較は前の回答で紹介した中で
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/l …
(生存率・予後)
を参照ください。

さらに
http://www.tanno-holistic-medicine-japan.com/bas …
(丹野クリニック:基礎知識)
http://www.tanno-holistic-medicine-japan.com/htm …
(ガン疾患別生存率:肺癌)
このページで「奏効率(治療効果)」を参照してください。

http://www.chest-disease.com/wjtog/chemo2000/scl …
(小細胞癌(SCLC))
このサイトは相当詳細に記載されており、専門家のサイトのようです。

これより詳細な情報は癌関連の臨床論文等にあたればありますが・・・?

ご家族の心中を察すると、「民間療法」と言う選択も考慮されているかもしれませんが・・・?

過去の投稿にも沢山ありますので、TOPページで「肺癌」と入れて検索してみて下さい。

ただ、個人的にはあまりお勧めしません!
どうしてもと言うのであれば、癌専門医と良く相談の上、ご判断ください。

ご参考まで。 

お大事に。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/l …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。すごく詳しく良くご存知で大変役に立ちます。親切にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/09 21:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 縦隔炎<呼吸器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    縦隔炎とはどんな病気か  縦隔とは、上方は胸郭(きょうかく)入口部、下方は横隔膜(おうかくまく)、前方は胸骨、後方は脊柱(せきちゅう)によって囲まれた腔です。簡単には、左肺と右肺の間の領域と考えればよいでしょう。この縦隔に感染を起こした病気を、縦隔炎と呼びます。 原因は何か  内視鏡検査や異物誤嚥(ごえん)による食道の穿孔(せんこう)(孔(あな)があく)、破裂に続いて起こることがほとんどです。食道がんや食道憩...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肺小細胞癌について教えてください

父の肺小細胞癌が再発しました。(前治療より約5年経過)
この癌は転移、増殖しやすく予後が悪いといいますが、抗ガン剤は効きやすいといいます。父は現在III期ですが、抗ガン剤治療を始めて抗ガン剤の効き目が現れたら、完治することはあるのでしょうか?その後も再発の危険性は高いと思いますが、仮に脳や骨に転移した場合はもう抗ガン剤は効かないものなのでしょうか?
あと2週間後くらいから治療を始める予定なのですが、どうなっていくのか不安で仕方ありません。
どなたか小細胞癌の事を詳しくご存じの方がいらっしゃいましたら、ご返答をお願いします。

Aベストアンサー

昨年の夏に、叔父を同じ病気で亡くしました。

独り身でホームに入っていた事と、幼い頃に脳膜炎にかかったことがあり、少し知能遅れだったため「ガン」ということは伏せ、さらに延命治療なども一切しなかったのです。
幸い叔父は、痛みも少ないままに亡くなったので、苦しむ姿は見ていないに等しかったです。

同じ病名であっても人それぞれ進行も違いますし、症状も違うので、質問者様のお父様が今後どうなるかは、おそらくお医者様も何もいえないところかもしれませんね。

完治するかどうかははっきり言えません。ただ、脳と骨には転移して欲しくない、と私は叔父の時に心の底から祈っていました。
知り合いにいたんです。別なガンではありましたが、脳に転移した人と骨に転移した人が。

脳に転移した人は、痴呆症のような感じになっていました。ベッドの上で戦時中に亡くした家族の事をひっきりなしに探したり、昼夜が逆転してしまったのです。脳に転移すると痛みは感じないと聞きました。
また、骨に転移した人は50代の女性でしたが、ものすごい激痛と最後まで戦う事になるそうです。亡くなられた時の顔は安らかではなかったそうです(私は実際見ておりませんが)。ご主人が介護なさっていたのですが、何度も影で泣いているところを見た人がいたみたいですね。

どちらにしても、患者本人はもちろん、家族にも負担がぐっと掛かってくると思います。
私は叔父の恵まれなかった人生を振り返ったときに、「ガンにはなってしまったけれど、せめて脳にも骨にも転移して欲しくない」と祈り続けました。
最後は呼吸は苦しかったようですけれど、苦しむ事なく旅立ちました。

担当の医師には何か言われましたか?やはり患者数を見ているだけ、医師の方が色々と分っている事もあります。私は本屋で医学書をあさりましたけれど、最終的に医師が言ったとおりにほぼなっていました。進行度や、どのくらい生きられるかなど。。。

質問者様のお父様が、少しでも苦しくないように治療ができることをお祈りします。長くなってしまい、申し訳ありませんでした。

昨年の夏に、叔父を同じ病気で亡くしました。

独り身でホームに入っていた事と、幼い頃に脳膜炎にかかったことがあり、少し知能遅れだったため「ガン」ということは伏せ、さらに延命治療なども一切しなかったのです。
幸い叔父は、痛みも少ないままに亡くなったので、苦しむ姿は見ていないに等しかったです。

同じ病名であっても人それぞれ進行も違いますし、症状も違うので、質問者様のお父様が今後どうなるかは、おそらくお医者様も何もいえないところかもしれませんね。

完治するかどうかははっきり...続きを読む


人気Q&Aランキング