縦隔原発大細胞性B細胞リンパ腫(びまん性)で、EPOCH-R療法の治療を受けている37才の女性です。

最初の先生の話では、21日毎に6から8クールおこなうということでした。

1クール目は7月11日からはじめました。
2クール目は8月11日からでした。
今度3クール目は、9月8日からの予定です。

7月11日からの1クール目は、グランを5回したら、白血球が2万近くまであがったので、グランを打ち過ぎたようなことを言ってあり、急に退院をして2クール目が8月11日からになりました。

8月11日からの2クール目は、3回グランをしたけれど、白血球が2700だったからか、1日置いて4回目のグランをして一度退院ということになっています。
そして、3クール目が9月8日からです。

なるべくきちんと予定通り3週間毎に抗がん剤治療ができるように、グランを打つのではないかとおもっていたのですが。4週間毎になっています。

こんなに間隔をあけて、がんに元気を与えているのではないかと心配です。
はじめ1クールをする前はLDHが295でした。そして1クールが終わり2クールをはじめる前はLDHが267でした。

2クール終わってCTをとった画像を見ながら、先生は最初より縦隔の癌は小さくなってきてるし、首のところにあったのはなくなっているとは、言ってありました。

このまま、4週間毎でも心配ないのでしょうか。先生に聞くとこのくらいの期間あけて癌が
元気になるなら、この薬は効かないということだから、薬を変えないといけない、だから、間をあけてもよいというようなことを言われます。

いろいろな方のブログなどをみても3週間毎にこの療法は行われているようですので、どなたかご存知の方がおられましたら、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

EPOCH-R療法は、評価が確定している標準治療ではなく、


これから評価が固まっていく比較的新しい治療方法です。

患者の状態を見ながら、抗がん剤の使用量を変えるという
新しい発想も取り入れられています。
なので、使用量を変えるという意味のdose-adjusted(DA)
という言葉を付けて、
DA-EPOCH-R療法ということもあります。

また、抗がん剤には標準療法があって、
マニュアル化されていますが、何が何でもマニュアル通りにしなければ
ならないということはありません。

抗がん剤には、副作用がつきものですが、
副作用を軽減するために、投与期間を空ける、量を減らすなど
色々な工夫を行うこともあります。
副作用で、投与継続ができなくなったのでは、元も子ありません。

なので、医師と相談しながら、治療を勧めてください。
特に、最近は、ネットで色々な情報が入るので、
その情報と治療が異なっていると、不安になることもあります。
なので、医師に疑問に思っていることを、訊いて、
不安を取り除いてください。

そして、ネットの情報は、ごく一部の情報でしかないということを
十分に注意してください。

例えば、ネットで、ご自分が住んでいる市区町村の情報を
検索してください。
そこに、質問者様が知っているすべての情報が入っているでしょうか?
外部の人が、その情報にアクセスしたとき、
質問者様がお住まいの地区の情報をすべて、
正しく理解してもらえると思いますか?

また、投与間隔は、癌の勢いを止めるという理由で
設定しているのではなく、実際には、副作用の発現を押さえる
という意味で設定されているのです。

なので、1週間、間が空いたから、癌が勢いを増すということは
心配しなくても良いと思ってください。
この点も、先生にお尋ねください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rokutaro36さん、早速の回答、有難うございました。

EPOCH-R療法は、評価が確定している標準治療ではないこと、副作用で投与継続ができなくなっては元も子もないこと、ネットの情報は一部の情報ということ、投与間隔は、癌の勢いを止めるために設定しているのではないということ等、分かりやすく教えていただいて有難うございました。

この3日主治医の先生にはお会いできずに退院になりましたので、胸の中でこんなに悠長に治療をして大丈夫なのだろうかという不安でいっぱいでしたが、この回答のおかげでだいぶ心痛が軽減できました。
次回入院したときに、主治医の先生にお話が聞けたら聞いてみます。

お礼日時:2014/08/29 01:20

たいていのプロトコルは3週間だったり、4週間だったりします。


なぜそうなのかというと、正常細胞の回復が3~4週間で行われるのに対し、抗がん剤を使われたがん細胞の回復は遅れるので、その周期で行います。よって、3週間という数値は21日という意味ではなく、かなり幅がありますので、一週間ほどのずれはあまり気にしなくていいかと思います。

DA-EPOCH-Rは、きちんとしたstudyでいい結果がでている
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/sp …
ので、標準的でないとっても、化学療法学会とか行けば、ころころ標準的?治療が変わって、関係する医師にはどこが標準やという人もいるくらいですから、あまり気にする必要はないと思います。

この回答への補足

すみません。USB99さん、お名前をまちがえてしまいました。申し訳ありません。

補足日時:2014/08/30 14:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

USB36さん、分かりやすい回答有難うございました。

抗がん剤を使われたがん細胞の回復は、正常細胞の回復の3から4週間よりもっと時間がかかるということで、今28日毎に抗がん剤を投与しているけど心配しなくてよいということですね。

1クール目にグランを5回投与して白血球が上がり過ぎて、次が予定の21日後にできなくなったので、がんが勢いを増したらと心配しておりました。治療前にほぼ21日毎にと言われていたのですが、幅があるということがわかりほっとしています。

元気にしていてそんなに副作用も感じていないので、今度は、21日後ぐらいからではと思っていたのですが、私のわからない血液の数値かなにかの副作用でまた3クール目も28日後にということになったのでしょう。

とにかく1週間ほどのずれはあまり気にしなくてよいという話に救われています。

相談する人や話を聞ける人が近くにいないので、USB36さんはじめみなさまに回答いただいたことに本当に感謝しています。

お礼日時:2014/08/30 14:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qpython : unix epoch への変換に関する不明な挙動

フォーマットが異なる二つの日時、 "Tue Aug 4 11:10:14 PDT 2015” と "Tue, 04 Aug 2015 11:10:14 -0700” を Unix Epoch に変換する必要があります。以下のテストプログラムではどちらの時刻フォーマットからも同じ Epoch を得ることができました。

# cat time.py
# -*- coding: utf-8 -*-
import time
import datetime
import dateutil.parser
d = "Tue Aug 4 11:10:14 PDT 2015"
d = dateutil.parser.parse(d)
print int(time.mktime(d.timetuple()))
e = "Tue, 04 Aug 2015 11:10:14 -0700"
e = dateutil.parser.parse(e)
print int(time.mktime(d.timetuple()))

# python time.py
1438683014
1438683014

同テストプログラムをメインのプログラムに組み込んで、後者のフォーマットの時刻を Epoch に変換すると、異なる Epoch が返ってきます。

def datetime_to_epoch(self, d):
d = dateutil.parser.parse(d)
return int(time.mktime(d.timetuple()))

ihTime = xmlRoot.find(".//g_date").text
logger.debug("g_date:'%s'", ihTime)
# Convert this format "Tue, 04 Aug 2015 11:10:14 -0700" to Unix epoch
ihTime = self.datetime_to_epoch(ihTime)
self.qDate.append(ihTime)
logger.debug("Appending generated time: %s", ihTime)

実行結果
# python test.py
...
generation_date:'Tue, 04 Aug 2015 11:10:14 -0700'
Appending generated time: 1438686614

xml から取得している文字列が想定と異なっているのかと疑い、下記のように
ihTime に直接後者の時刻を入れてみたのですが結果は変わりませんでした。
ihTime に想定外の値が入っているという事では無いようです。

ihTime = xmlRoot.find(".//g_date").text
logger.debug("g_date:'%s'", ihTime)
# Convert this format "Tue, 04 Aug 2015 11:10:14 -0700" to Unix epoch
ihTime = "Tue, 04 Aug 2015 11:10:14 -0700”
ihTime = self.datetime_to_epoch(ihTime)
self.qDate.append(ihTime)
logger.debug("Appending generated time: %s", ihTime)

得られた Epoch
1438686614

同様の方法で前者のフォーマットデータを直接 ihTime に入れて実行すると、
最初の time.py と同じ結果が得られます。

ihTime = xmlRoot.find(".//g_date").text
logger.debug("g_date:'%s'", ihTime)
# Convert this format "Tue, 04 Aug 2015 11:10:14 -0700" to Unix epoch
ihTime = "Tue Aug 4 11:10:14 PDT 2015”
ihTime = self.datetime_to_epoch(ihTime)
self.qDate.append(ihTime)
logger.debug("Appending generated time: %s", ihTime)

得られた Epoch
1438683014


二つの Epoch を再変換してみると、後者のメインプログラム&フォーマットで得られる Epoch は1時間時刻が進んでいるようです。

~# date --date "@1438683014"
Tue Aug 4 11:10:14 BST 2015
~# date --date "@1438686614"
Tue Aug 4 12:10:14 BST 2015


メインプログラムで後者のフォーマットの時刻を与えた場合のみ結果が異なる点について、
確認すべきことがありましたらご指摘いただけないでしょうか。
もし dateutil の使い方自体が間違っている様でしたら適切な Epoch への変換方法を教えていただけると嬉しいです。

宜しくお願いします。

フォーマットが異なる二つの日時、 "Tue Aug 4 11:10:14 PDT 2015” と "Tue, 04 Aug 2015 11:10:14 -0700” を Unix Epoch に変換する必要があります。以下のテストプログラムではどちらの時刻フォーマットからも同じ Epoch を得ることができました。

# cat time.py
# -*- coding: utf-8 -*-
import time
import datetime
import dateutil.parser
d = "Tue Aug 4 11:10:14 PDT 2015"
d = dateutil.parser.parse(d)
print int(time.mktime(d.timetuple()))
e = "Tue, 04 Aug 2015 11:10:14 -0700"
e =...続きを読む

Aベストアンサー

e = "Tue, 04 Aug 2015 11:10:14 -0700"
e = dateutil.parser.parse(e)
print int(time.mktime(d.timetuple()))

本当にこの通りなら、2つ目は e のepochにはなっていません。

Q悪性リンパ腫びまん性大細胞B型再発です。

悪性リンパ腫びまん性大細胞B型再発です。chop療法で寛解しましたが一年ほどで再発、年齢全身状態から見て抗がん剤は使えません。現在無治療でホスピス、在宅医療両方を探していますが
無治療の場合、あとどのくらい生きられるのでしょうか?お医者さんがはっきり言ってくれません。

Aベストアンサー

状況が分かりました。
一年程度での再発は進化して悪性が強くなる事が
多いそうです。
私の場合はギリギリ65才未満で体力があるので
自家移植も視野に入れた治療法になります。
これも辛そうですが、見ているしかないのも
家族としては辛いですね。
お察し致します。

QPHP MySQL epoch fromについて

PHP5.1.6 MySQL5.5
PostgreSQLからMySQLへの移行作業を行っているのですが、以下のSQLをMySQL用に変換したいと思っています
SELECT
(case when
(volume + floor(extract(epoch from (current_timestamp - check_time)) / 900))
<
volume2 then (volume + floor(extract(epoch from (current_timestamp - check_time)) / 900))
else volume2 end) as volume
FROM table

MySQLにPostgreSQLのepoch fromに当たる関数はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

MySQLユーザーは必ずしもPostgreSQLのローカル関数に詳しいとは言えないので
テーブルとその簡単なサンプルデータを提示し、
どういった結果を得たいか例示ししていただいた方が
明確な回答がつきやすいかと思います

Q悪性リンパ腫の治療でR-chop療法を実施する場合 なぜ脳には薬の効果

悪性リンパ腫の治療でR-chop療法を実施する場合 なぜ脳には薬の効果が行き届かないことを説明しないのですか?

患者側が勉強してR-CHOP療法が脳へは効かないことを知っていた場合、医師のR-CHOP療法を実施したいという説明の際、異議申し立てし、脳への浸潤リスクを担保できる薬を治療レシピに加えてくれと申し出た場合 それでも医師はR-CHOP療法を実施するのですか?

どなたかどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「脳への浸潤リスクを担保できる薬を治療レシピに
加えてくれと申し出た場合」
たとえば、どんな薬ですか?

R‐CHOPが脳に効かないのは、なぜなのですか?
その理由を確かめれば、答えは自ずと明らかになると思います。

ご参考に……
http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?BBB

QEpoch time

UNIXで主に使用されているEpoch timeを通常の日付や時間に直すソフトをご存知の方はいませんか?

Aベストアンサー

UNIXであれば、localtime や、asctime, strftime 等の、基本的な
時刻変換ライブラリ関数が用意されていますので、これらを呼ぶ非
常に簡単なCプログラムを作成するだけで、目的のプログラムを作
成することができます。perl は、内部でこれらの関数を使ってお
り、それを呼ぶスクリプトを書けばいいだけというわけです。

sh にしろ、csh にしろ、たいていのシェルは直接それらの関数を
呼ぶような機能をもっていませんから、外部のコマンドを起動する
しかありません。しかし今のところ、そういう適当な標準コマンド
はなさそうです。しいていえば、sh や csh から perl を呼べばい
いというわけです。

最近の FreeBSD の date コマンドはかしこくなってきており、現
在時刻とは無関係に、strptime で適当なフォーマットの時刻を与
えて、時刻を調整して、strftime で変換して出力するということ
が可能です。ただし、今の strptime では epoch time を入力でき
ないようで、ご質問の目的には残念ながら使えないようです。
バージョンが変われば、これも変わってくる可能性が高いでしょう。
linux 等、別の UNIX では、また状況が異なると思います。

UNIXであれば、localtime や、asctime, strftime 等の、基本的な
時刻変換ライブラリ関数が用意されていますので、これらを呼ぶ非
常に簡単なCプログラムを作成するだけで、目的のプログラムを作
成することができます。perl は、内部でこれらの関数を使ってお
り、それを呼ぶスクリプトを書けばいいだけというわけです。

sh にしろ、csh にしろ、たいていのシェルは直接それらの関数を
呼ぶような機能をもっていませんから、外部のコマンドを起動する
しかありません。しかし今のところ、そういう適当な...続きを読む

Q「非ホジキンT細胞性悪性リンパ腫」について教えてください.

「非ホジキンT細胞性悪性リンパ腫」について教えてください、 知人が現在化学療法で治療しており、少しでも何か力になれればと思い、色々と調べているのですが情報がとても少なく困っています、仮に情報があったとしても治療後の予後が良くないとか、治療法が確立してないなど、詳細な情報がほとんどなくてなかなか希望を持たせてあげられる様な記述がないのが現状です、どなたか少しの事でもいいのでご存知の方いましたら教えてください、
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1の者です。
もしATLLでしたら…、発症してしまうと平均余命6ヶ月くらいと言われているようです。化学療法がほとんど効きません。
ATLLでないT細胞性悪性リンパ腫であればCHOP療法・サルベージ療法等で寛解に持っていける可能性が高いのですが…。

Qリップスライムの「EPOCH」のジャケット

リップスライムのアルバム「EPOCH」のジャケットを描いているのは誰なのか、わかる方教えてください。

Aベストアンサー

磯野宏夫さんという方だと思いますよ。
聖剣伝説というゲームのイメージイラストなども手がけていらっしゃる方みたいです。

Q父(87歳)がマントル細胞リンパ腫で、勧められた治療法は化学療法ですが、どうしたものか?

ステージ4だそうです。R-CHOPを水で薄めたやり方で高齢者にダメージが少なくて済むように進めていくやり方を薦められました。副作用を聞くと、腫瘍崩壊症候群(まず、水で薄めて行うことで様子を見ながら)、アレルギー(抗アレルギー剤を投薬することで対処していく)などの話がありました。CHOP療法にステロイドを加えたやり方を勧めてきました。年齢を考えると、どう考えても身体に負担になって、しかも完全寛解は無理そうなやり方は本人に薦めることなど出来ないのですが、何もしない方法の様子見もこれからどのような経緯をたどるのかわからないので、今は天秤にかけている状態です。
本人は、年齢的に難しい話は理解できない様子なので、私としては、化学療法は薦めたくありませんが、今は何の症状もない状態なので穏やな時間を過ごして欲しいのですが、様子見でどの程度どんな経過をたどるのか(クォリティの高い状態のまま、いつまで過ごせるのか)わかりません。
その判断に困っています。現段階では治療法の希望をまだ医師に伝えていません。
質問は何が有効か、知りたいです。

Aベストアンサー

ステージ4とは
臓器・部位のそれぞれで2つ以上に病変が見られる場合。
・臓器、部位に病変があり播種性に進展が確認されるもの、
またそれぞれの臓器などに限局しているが所属以外のリンパ節に病変がみられるもの

どこに転移しているか、お聞きになってませんか?
マントル細胞リンパ腫は骨髄、肺に転移しやすいのが一般的です
肺からは喉に転移しやすくなります

一般的には通院で抗癌剤治療を行います

様子見でどんな経過をたどるのか
ある日突然、息苦しい、背中が痛い、食事が喉を通らなくなった
等症状が出ます

質問は何が有効か
したがって一般的には症状が出たら入院します
退院を繰り返すがやがて緩和ケアになります
初期症状が出てから緩和ケアに入る機関はマントル細胞リンパ腫が確定していますので
一般的には一年以内と思われます
特に肺に転移している場合はびっくりするほど急に悪化します

Qa≡b(mod m),c≡d(mod m)⇒ac≡bd(mod m)の逆は成立つ?

こんにちは。

参考書に合同式3x+5≡7(mod11)の解き方が載ってまして

3x≡2(mod11)
12x≡8(mod11)
x≡8(mod11)

とすんなり解かれていたのですが
最後の部分は命題
a≡b(mod m),c≡d(mod m)⇒ac≡bd(mod m)
(12≡1(mod11),x≡8(mod11)⇒12・x≡1・8(mod11))
の逆を使ったのかと推測しましたが一般に逆は成立つのですか?

それとも別の命題を使われてるのでしょうか?

Aベストアンサー

逆は成り立ちません。
そもそも、
>ac≡bd(mod m)
の左辺も右辺も分解は一意ではないですし。(例えば、a*cとも,1*(ac)とも表せる)

該当する部分で使っているのは、
・12x-x=11xが11の倍数である事、すなわち、12x≡x (mod 11)が成り立つ事
・推移律(a≡b,b≡c⇒a≡c)
の2つです。

Q悪性リンパ腫再発、、「自家造血幹細胞移植」

悪性リンパ腫の再発(1年未満)治療中63才男です。
次に再発した場合の為に、「自家造血幹細胞」の採取入院を
来年1月に3~4週間します。
採取した、「自家造血幹細胞」は凍結保存して次回再発
した時に「移植治療」、現治療はR-B治療法で寛解は3月予定です

3月に寛解して再発が直ぐなら問題ですし、数年後再発なら
この、「自家造血幹細胞移植」は年齢的に無理かも?とも考えてしまいます。

経験者の方等が居られましたら教えて頂けません?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

自家造血幹細胞移植など、癌の研究は日進月歩です。
なので、悲観的にならずに、治療を受けることをお勧めします。
今日は見込みがなくても、
来年には、治療が始まる……
ということも夢ではありません。

例えば、現在は65歳までが安全と言われているとしても、
二年後には、70歳までは大丈夫ということになる
可能性もあるのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング