縦隔原発大細胞性B細胞リンパ腫(びまん性)で、EPOCH-R療法の治療を受けている37才の女性です。

最初の先生の話では、21日毎に6から8クールおこなうということでした。

1クール目は7月11日からはじめました。
2クール目は8月11日からでした。
今度3クール目は、9月8日からの予定です。

7月11日からの1クール目は、グランを5回したら、白血球が2万近くまであがったので、グランを打ち過ぎたようなことを言ってあり、急に退院をして2クール目が8月11日からになりました。

8月11日からの2クール目は、3回グランをしたけれど、白血球が2700だったからか、1日置いて4回目のグランをして一度退院ということになっています。
そして、3クール目が9月8日からです。

なるべくきちんと予定通り3週間毎に抗がん剤治療ができるように、グランを打つのではないかとおもっていたのですが。4週間毎になっています。

こんなに間隔をあけて、がんに元気を与えているのではないかと心配です。
はじめ1クールをする前はLDHが295でした。そして1クールが終わり2クールをはじめる前はLDHが267でした。

2クール終わってCTをとった画像を見ながら、先生は最初より縦隔の癌は小さくなってきてるし、首のところにあったのはなくなっているとは、言ってありました。

このまま、4週間毎でも心配ないのでしょうか。先生に聞くとこのくらいの期間あけて癌が
元気になるなら、この薬は効かないということだから、薬を変えないといけない、だから、間をあけてもよいというようなことを言われます。

いろいろな方のブログなどをみても3週間毎にこの療法は行われているようですので、どなたかご存知の方がおられましたら、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

EPOCH-R療法は、評価が確定している標準治療ではなく、


これから評価が固まっていく比較的新しい治療方法です。

患者の状態を見ながら、抗がん剤の使用量を変えるという
新しい発想も取り入れられています。
なので、使用量を変えるという意味のdose-adjusted(DA)
という言葉を付けて、
DA-EPOCH-R療法ということもあります。

また、抗がん剤には標準療法があって、
マニュアル化されていますが、何が何でもマニュアル通りにしなければ
ならないということはありません。

抗がん剤には、副作用がつきものですが、
副作用を軽減するために、投与期間を空ける、量を減らすなど
色々な工夫を行うこともあります。
副作用で、投与継続ができなくなったのでは、元も子ありません。

なので、医師と相談しながら、治療を勧めてください。
特に、最近は、ネットで色々な情報が入るので、
その情報と治療が異なっていると、不安になることもあります。
なので、医師に疑問に思っていることを、訊いて、
不安を取り除いてください。

そして、ネットの情報は、ごく一部の情報でしかないということを
十分に注意してください。

例えば、ネットで、ご自分が住んでいる市区町村の情報を
検索してください。
そこに、質問者様が知っているすべての情報が入っているでしょうか?
外部の人が、その情報にアクセスしたとき、
質問者様がお住まいの地区の情報をすべて、
正しく理解してもらえると思いますか?

また、投与間隔は、癌の勢いを止めるという理由で
設定しているのではなく、実際には、副作用の発現を押さえる
という意味で設定されているのです。

なので、1週間、間が空いたから、癌が勢いを増すということは
心配しなくても良いと思ってください。
この点も、先生にお尋ねください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rokutaro36さん、早速の回答、有難うございました。

EPOCH-R療法は、評価が確定している標準治療ではないこと、副作用で投与継続ができなくなっては元も子もないこと、ネットの情報は一部の情報ということ、投与間隔は、癌の勢いを止めるために設定しているのではないということ等、分かりやすく教えていただいて有難うございました。

この3日主治医の先生にはお会いできずに退院になりましたので、胸の中でこんなに悠長に治療をして大丈夫なのだろうかという不安でいっぱいでしたが、この回答のおかげでだいぶ心痛が軽減できました。
次回入院したときに、主治医の先生にお話が聞けたら聞いてみます。

お礼日時:2014/08/29 01:20

たいていのプロトコルは3週間だったり、4週間だったりします。


なぜそうなのかというと、正常細胞の回復が3~4週間で行われるのに対し、抗がん剤を使われたがん細胞の回復は遅れるので、その周期で行います。よって、3週間という数値は21日という意味ではなく、かなり幅がありますので、一週間ほどのずれはあまり気にしなくていいかと思います。

DA-EPOCH-Rは、きちんとしたstudyでいい結果がでている
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/sp …
ので、標準的でないとっても、化学療法学会とか行けば、ころころ標準的?治療が変わって、関係する医師にはどこが標準やという人もいるくらいですから、あまり気にする必要はないと思います。

この回答への補足

すみません。USB99さん、お名前をまちがえてしまいました。申し訳ありません。

補足日時:2014/08/30 14:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

USB36さん、分かりやすい回答有難うございました。

抗がん剤を使われたがん細胞の回復は、正常細胞の回復の3から4週間よりもっと時間がかかるということで、今28日毎に抗がん剤を投与しているけど心配しなくてよいということですね。

1クール目にグランを5回投与して白血球が上がり過ぎて、次が予定の21日後にできなくなったので、がんが勢いを増したらと心配しておりました。治療前にほぼ21日毎にと言われていたのですが、幅があるということがわかりほっとしています。

元気にしていてそんなに副作用も感じていないので、今度は、21日後ぐらいからではと思っていたのですが、私のわからない血液の数値かなにかの副作用でまた3クール目も28日後にということになったのでしょう。

とにかく1週間ほどのずれはあまり気にしなくてよいという話に救われています。

相談する人や話を聞ける人が近くにいないので、USB36さんはじめみなさまに回答いただいたことに本当に感謝しています。

お礼日時:2014/08/30 14:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 縦隔腫瘍<呼吸器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    縦隔腫瘍とはどんな病気か  縦隔内に発生した腫瘍をいいます。縦隔腫瘍には好発部位があり、その発生する場所から、腫瘍の種類が推定できます。  すなわち、上縦隔には甲状腺腫(こうじょうせんしゅ)が、前縦隔には胸腺腫(きょうせんしゅ)と奇形腫(きけいしゅ)が、中縦隔にはリンパ性腫瘍、気管支嚢腫(きかんしのうしゅ)、心膜嚢腫(しんまくのうしゅ)が、後縦隔には神経性腫瘍がよくできます(図48)。  発生頻度は胸腺腫が最...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悪性リンパ腫の治療(抗がん剤+リツキサン)

母が悪性リンパ腫です。
非ホジキン・濾胞性・ステージ2です。

進行が遅いタイプのリンパ腫で、現在は何も自覚症状もなく見た目には元気そのものです。

現段階で抗がん剤治療をするべきかどうか、悩むところだと医師に言われました。
というのは、濾胞性の悪性リンパ腫は進行が遅いので注意深く観察していくという手段もあるとのこと。

しかし、セカンドオピニオン、サードオピニオンなど、他の医師の話も聞いたうえで治療を開始することを本人は選択しました。

治療法は抗がん剤とリツキサンを使用するそうで、近々入院予定です。

しかし、一つ気になっているのが副作用なのです。
実は20年前に親戚が悪性リンパ腫で抗がん剤治療を行ったのですが、その際、恐ろしいほどの副作用に苦しんだようなのです。
口の中はただれ、髪の毛は抜け落ち、トイレに行くこともできないほどの倦怠感、体重も20キロ落ちたと聞きました。

本人もやはり、そのようになることが怖いようなのです。
しかし、医師は「20年前と今とは薬も違います。髪の毛は抜けますが、多くの患者さんは抗がん剤治療を通院で出来るようになっています。最初は入院してもらいますが、様子を見て、すぐに退院になります」と言われました。

しかし、本人としては副作用のことがとても気がかりなようで、入院の日にちが迫って来ている今、食欲もなく、不安で眠れないようなのです。

また、家族である自分としても副作用のことはとても心配なのです。

悪性リンパ腫の抗がん剤治療や、副作用など、詳しい方がいらっしゃいましたらアドバイスを下さい。
お願い致します。

母が悪性リンパ腫です。
非ホジキン・濾胞性・ステージ2です。

進行が遅いタイプのリンパ腫で、現在は何も自覚症状もなく見た目には元気そのものです。

現段階で抗がん剤治療をするべきかどうか、悩むところだと医師に言われました。
というのは、濾胞性の悪性リンパ腫は進行が遅いので注意深く観察していくという手段もあるとのこと。

しかし、セカンドオピニオン、サードオピニオンなど、他の医師の話も聞いたうえで治療を開始することを本人は選択しました。

治療法は抗がん剤とリツキサンを使...続きを読む

Aベストアンサー

 はじめまして大分県の47歳の男性です。実は私も非ホジキン・低悪性・濾胞性リンパ腫で背骨にまで入っていますのでステージ4です。確かに1年単位でしか進行しませんが、早めに治療されたほうがいいかと思われます。2001年にリツキサンというとても聴く抗がん剤が開発されていまして、前から行っていたCHOP療法と併合してR-CHOP療法という方法が確立されて、悪性リンパ腫に大きな効果をあげています。たまに抗がん剤がきかない場合も2~4段階の治療法があるみたいです、最後はさいたいけつ移植か骨髄移植になるみたいですが、低悪性の濾胞性リンパ腫ではそこまでいく例はまれなことだそうです。
 ただし100パーセントではないので、もし移植になれば出来るだけ年齢が若い方が有利ですので、その面からも早期の治療をお勧めします。私の場合患部が多いためまずCHOP療法を先に投与しましたが、その段階で患部の大きさが3割程度に小さくなりました、それから2週間後にR-CHOPを投与して、今自宅療法を行っているところです。副作用ですが、リツキサンに関してはごくまれですがアナフラキシー的な症状が現れる方がいるみたいですが、その場合は投与した最初にしょうじょう出るのですぐに点滴をやめるそうです。また点滴のまえにアレルギーを抑える薬を投与しますが、30人に1人くらいは血圧の変化、発熱などのアレルギー症状が出るらしいです。ただしその場合は点滴のスピードを遅くして対処が出来るそうです。投与した方の8割は脱毛が2週間目から4週間目に起きるみたいですのでこればかりは抑えようがないようです。投与後1週間程度から血液内の白血球、血小板等がさがりはじめますので投与後はマスク、手洗い、うがいを朝晩2回、食事の前後あわせて最低で8回は必要になります。血液の下がり具合も個人差がありますので一概には言えませんが、あまり激しい吐き気や嘔吐までされる方は、私の周りにはいませんでした。白血球が200までくらいさがり発熱とヘルペスが出た方が一番激しいくらいでしたので、そんなに副作用に対しては気にするほどではないと思われます。それにステージ2なので10年生存率もかなりの確立で高いはずですのであまり気にしないで、笑いながら治療をすることが免疫力のためにもナチュラルキラー細胞のためにも大変いいことだと思います。今自宅で2クールの投与を待っている状態ですが、感染予防を除けば普通に生活しています。お母さんには笑うことを進めてあげて、一日も早い回復を祈っています、私もがんばります。また何かお役に立てることがあればわかる範囲でお答えしますので気軽にご質問ください。

参考URL:http://www.gsic.jp/medicine/mc_01/rituxan_1/

 はじめまして大分県の47歳の男性です。実は私も非ホジキン・低悪性・濾胞性リンパ腫で背骨にまで入っていますのでステージ4です。確かに1年単位でしか進行しませんが、早めに治療されたほうがいいかと思われます。2001年にリツキサンというとても聴く抗がん剤が開発されていまして、前から行っていたCHOP療法と併合してR-CHOP療法という方法が確立されて、悪性リンパ腫に大きな効果をあげています。たまに抗がん剤がきかない場合も2~4段階の治療法があるみたいです、最後はさいたいけつ移植か骨髄移植になるみ...続きを読む

Q悪性リンパ腫びまん性大細胞B型再発です。

悪性リンパ腫びまん性大細胞B型再発です。chop療法で寛解しましたが一年ほどで再発、年齢全身状態から見て抗がん剤は使えません。現在無治療でホスピス、在宅医療両方を探していますが
無治療の場合、あとどのくらい生きられるのでしょうか?お医者さんがはっきり言ってくれません。

Aベストアンサー

状況が分かりました。
一年程度での再発は進化して悪性が強くなる事が
多いそうです。
私の場合はギリギリ65才未満で体力があるので
自家移植も視野に入れた治療法になります。
これも辛そうですが、見ているしかないのも
家族としては辛いですね。
お察し致します。

Q「悪性リンパ腫」について

私の担任は去年の夏から入院しました。
急な出来事で、その時は病名など何も知らされていませんでした。
でも、抗がん剤の治療を受けていて、とても穏やかな状態ではないことだけは知らされていました。

今年の新学期から、先生は無事復帰なされました。
その時、初めて先生の口から「悪性リンパ腫」という病名を聞かされました。

見た目は、凄く元気になっており、とても安心しました。
しかし、会話の所々に、
・残された命
・余命
・短命でも、やりたいことをして死ねれば本望だ
なんて単語が入り、実は完治していないのではないかと感じました。

私の母親は看護師です。
彼女いわく、「悪性リンパ腫」だったら、だいたい3年くらいしか生きないと言っていました。

先生の病態が気になります。
まさか、本人につっけんどんに聞くわけにもいきません。
その辺の知識に詳しい方、何か意見してくださると助かります。

・悪性リンパ腫は完治するものでしょうか?
・完治しないとしたら、だいたい余命どれくらいのものでしょうか?
・再発する可能性は高いのでしょうか?

私の担任は去年の夏から入院しました。
急な出来事で、その時は病名など何も知らされていませんでした。
でも、抗がん剤の治療を受けていて、とても穏やかな状態ではないことだけは知らされていました。

今年の新学期から、先生は無事復帰なされました。
その時、初めて先生の口から「悪性リンパ腫」という病名を聞かされました。

見た目は、凄く元気になっており、とても安心しました。
しかし、会話の所々に、
・残された命
・余命
・短命でも、やりたいことをして死ねれば本望だ
なんて単語が入...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。。

 近しい人物に患者が出た者です。

 悪性リンパ腫や白血病のような血液・リンパ系の病気は「完治」という言葉を使わないようです。「寛解」といって、実質上健常者と変わらない状態を維持できる状態までもっていくことを治療の目的としているようです。

 余命と再発についてですが、寛解状態が維持できているかどうか定期的に検査されるはずです。悪性リンパ腫といっても、その悪性度や病態はさまざまですので、ご質問文面の情報からでは、なんとも言えないですね。
 しかしながら再発は「常に警戒しなければならない」といった感じになると思います。

 他のご回答の方も触れられていますが、「転移」も考慮すべき重要な要素にはなります。リンパ腫の場合、最初の治療時に転移がなかった場合、たとえどれだけ状態が悪くても予後(=治療後の経過)は良い感じがします。(あくまで個人的な心証ですが・・・)
 ひとくちにリンパ腫といってもいろいろで、大きな腫瘍を作るものの転移のないものもありますし、各所の腫瘍は小さくても早い段階で全身に散るものもあります。

 余命を云々するのは、まだまだ早いと思いますがね。

 リンパ腫の場合、状態にもよりますが、自家移植と呼ばれる自分の正常な造血幹細胞を培養して移植する治療を行なうことができます。
 白血病のような他者の骨髄を移植する治療とは異なり(治療プロセスはほとんど同じですが)、拒絶反応の心配のない移植治療が選択肢としてあります。
 うまくいけば、定期的に検査をすることを除けば、実質上健常者と変わらない生活を送ることも可能です。(再発の懸念はついてまわりますが・・・)

 身体のどの部分のリンパ腫であったか、どのような治療を施され、現状がどういう状態なのかがご質問文からははっきりしないので、なんともいえない部分はありますが・・・回復されることを祈るばかりですね・・・では。

↓国立がんセンターのホームページより。(一般に悪性リンパ腫には、「ホジキンリンパ腫(ホジキン病)」と「非ホジキンリンパ腫」の二種類に大別されます。)
http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010212.html

http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010245.html
 

こんばんは。。

 近しい人物に患者が出た者です。

 悪性リンパ腫や白血病のような血液・リンパ系の病気は「完治」という言葉を使わないようです。「寛解」といって、実質上健常者と変わらない状態を維持できる状態までもっていくことを治療の目的としているようです。

 余命と再発についてですが、寛解状態が維持できているかどうか定期的に検査されるはずです。悪性リンパ腫といっても、その悪性度や病態はさまざまですので、ご質問文面の情報からでは、なんとも言えないですね。
 しかしながら再...続きを読む

Q悪性リンパ腫治療、寛解後の定期診察はいつまで?

65歳男性です。
3年前に悪性リンパ腫発症して治療後半年で再発。
2度目の化学療法治療後に自家移植をして再発の防止対策をしました。
今は寛解状態から2ヶ月毎の経過観察の診察が継続中で2年間経ちました。
今後、経過観察はどのように進んで行くのでしょうか?

経験者の方等居られましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は、7年前に悪性リンパ腫で、約4ケ月入院して治療し、5年以上経過観察で通院しました。
5年間は、再発の確率が高い為に他の癌を、含めて5年間通院する様ですよ。
なので、今の質問者さんの状況だと、後3年間は通う事になると思います。

詳しい事は担当医師に聞いてみましょう。
それが一番です。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q最終的には(先日)悪性リンパ腫告げられました

去年からの経過からお話します。

妻が原発巣不明癌の疑いがあるということで急遽入院しました。
きっかけは、重い荷物を持っていてぎっくり腰並みに背骨を圧迫骨折したのが始まりでした。
当然骨折だと思っているので、整形外科に入院して固定器具を作り入院していました。

やっと骨がくっついたということで、MRI画像などを撮り確認して退院したのですが
いつまでたっても、痛みが引きません。
少し高いけど、有名な整骨院に通い針やお灸を続けたのですがそれもいっこうに治りません。
不思議になって別の整形外科で調べ、レントゲンを撮ったところ、背骨の幾つかが溶けているとの診断でした。

先生もびっくりして、これは整形外科の範囲ではありませんねということで腫瘍内科に入院して徹底的に調べていこうという現時点です。
遅くなりましたがその前内科病院で、骨に転移しているので原因の親玉がんがあるはずだということで
大腸内視鏡検査、胃の内視鏡検査、子宮、乳がん検査、血液検査、さらに再度MRI検査など考えられるだけ検査をしましたが、異常ありませんでした。

そして先程の専門病院、腫瘍内科に入院しています。
その時に撮ったレントゲンで、骨盤、胸、頭、首の骨が部分的に溶けているそうです。

本人は、結構元気で実感が無いと言っていますが、現在強い薬で抑えているのでだと思います。
入院前は、激痛で歩けないほどでした。

現在骨が溶けているだけなのですが、原発巣不明癌の疑いが濃厚らしいです。
これからの入院計画として、本日ペット+CTを行い病巣を見つけるそうです。

それとともに、同時進行で放射線を当てていくそうです(取り敢えず骨が溶けているところに)
2日前に骨盤の溶けているところから組織を取り出し分析にまわしていますが、2週間かかるそうです。

サイトで見ると目を塞ぐような例ばかり出てきます。
専門家の先生方このような症状で何が見えてくるのでしょうか?
また、完治は可能なのでしょうか?
宜しくお願い致します!!
明日、PET-CTの結果報告の予定です。
本日、PET-CTで見つかったのか喉に白い光が集まっているということで、本日歯科と耳鼻咽喉を調べ喉の組織を採取しました。
1週間後に詳しい結果が出るそうですが、本日のところはそこも異常はないらしいのです。

以前採取した溶けていた骨盤の結果は、あと1週間後ぐらいに出るそうです(当時採取の時に2週間後と言われていたので)

まだ抗癌剤は無しで、放射線だけです。
正体を見つけて本格的に治療をするのでしょうか?

最悪の結果は、すべて検査が終わってどこが原発なのかがわからなかった時だとサイトでよく見かけます。

3月4日、骨が溶けていた幹部から採取した分析結果が2週間ぶりに出まして、
原発不明がんではなくて悪性リンパ節と告げられました。
当然腫瘍内科から血液内科に病室が変わるようです。

私も調べてみたのですが、骨が溶けるのが当てはまるのは多発性骨髄腫のほうが似ている気がしています。(今までの経緯を見ていると)
悪性リンパ腫はリンパ節が腫れるとか・・其のようなことが書かれています。

悪性リンパ腫でも骨が溶けるのでしょうか?
そして現在の症状はステージ何番目なのでしょうか?
痛み止め(麻薬のようなもの)を施されて、本人はいたって元気です。
車いすでの移動ですが病院内を散歩しています。

原発不明がんでなくてよかったような気がしますが(病名がわかって)。
専門家の方、経験者の方どうか教えて下さい。お願いします。
一時は、泣きはらして涙も出なくなりました。
今は医療技術も相当進んでいるとのことですが、完治できるのでしょうか?

来週から、抗癌剤投与が始まります。
現在は、放射線だけです。

宜しくお願いします。
長文失礼いたしました。

去年からの経過からお話します。

妻が原発巣不明癌の疑いがあるということで急遽入院しました。
きっかけは、重い荷物を持っていてぎっくり腰並みに背骨を圧迫骨折したのが始まりでした。
当然骨折だと思っているので、整形外科に入院して固定器具を作り入院していました。

やっと骨がくっついたということで、MRI画像などを撮り確認して退院したのですが
いつまでたっても、痛みが引きません。
少し高いけど、有名な整骨院に通い針やお灸を続けたのですがそれもいっこうに治りません。
不思議になって...続きを読む

Aベストアンサー

うーん、病理診断の結果って出てないんですか?リンパ腫と言ってもどのカテゴリーのリンパ腫なのかわからないとなんとも言えません。
一般的な事を書きますが、リンパ腫とは色々な原因があってその総称です。
ステージは遠隔転移がありますので4なります、悪性度が高ければ高いほど抗がん剤が効きやすい腫瘍ですが、悪性度低ければ抗がん剤の効果はあまり出ません
治療によって寛解はしますが、完治はしませんので定期的な検査が必要になります。

Q前縦隔に10cm大の腫瘍が見つかったのですがこの部位腫瘍の成長って早いですか?

先日胸部のCTを撮ったら診察結果に10cmの前縦隔腫瘍と
言われて早急に治療をしないといけない。
と言われたのですが質問があります。

4か月ほど前の定期健康診断でレントゲンを撮っても発見されなくて
最近レントゲンを撮ったら素人の私からみても
正常なものと比べたらはっきりと異常がわかるレベルで写っていたのですがたった数か月でレントゲンに写らないレベルからここまで
大きくなるのでしょうか・・?

ネットで調べるとこの部位の腫瘍は自覚症状が少ないとありましたが
私の場合は1か月ほど前から咳がとまらず、最近になり胸が痛くなることがあり悪性かなぁ・・・・と絶望しているのですが・・
悪性なら急成長をするとも書かれていたので・・・・

Aベストアンサー

詳しくは主治医にお尋ねいただければと思いますが、一般には健康診断とか人間ドックでは半年から1年ごとに検査を受けることを推奨しているようです。
検査はその検査の時までに病変がないことを見せてくれるだけで、将来病気にかからないことを保障するわけではないです。
1年前検査で問題なしでも、その直後に運悪く腫瘍が出来て1年で手遅れと言うこともあり得ます。
むしろ4ヶ月で見つかったと言うことは、良性にせよ悪性にせよ相当早期発見なので完治しやすいのではないでしょうか。

Q抗がん剤(R=CHOP)で太ることってありますか?

ガンになったり抗がん剤を打つと体重が落ちるようなことを効いたのですが私の場合逆に太ってしまいました。

詳細を書きますと
年は20代前半で高校のときから身長173センチ体重55キロとガリガリでした。
去年の夏ごろにガンが発見され
治療のため抗がん剤(R-CHOP)を8クールやりました。
開始時の体重は55キロだったんですが治療開始1ヵ月後には
病院食で低カロリー&腫瘍は半分以下になったにも関わらず58キロ。
その後は退院し通院治療で治療開始から3ヵ月後には65キロとどんどん太っていきました。
半年たった今は65キロと安定してますがお腹をみてみると贅肉がついてスクワットすると膝が悲鳴を上げる状態です。

食生活は治療前と後でほとんど同じような生活を送っているんですが
急激な体重増加は抗がん剤の影響で体質が変わってしまったということでしょうか?

ご存知の方おられましたら回答お願いします。

Aベストアンサー

抗がん剤をダイレクトには居れずにブドウ糖に溶かしたりしてますよね
それと副作用止めのステロイド=副作用が肥満です

水分もたっぷり入れるし ブドウ糖もはいりますから
その分のカロリーも計算しましたか?

癌の種類にもよりますが胃腸の癌以外は(末期にならないと) 痩せません
(副作用でゲーゲー吐きまくったら痩せます)

私乳がんですが 痩せません
同じ病院の 乳がんや肝臓がん(初期)の人なんかは
全員がもともと太っている(傾向もある)し
抗がん剤で痩せる人は居ないですね…

胃がん・大腸がんなどのかたはどんどん痩せていますけどね…

病人なので 食べないわけにいかない(絶食ダイエットはありえない)し
ある意味末期なので運動もできず
末期なのにデブで…困っています (笑)

Q可溶性IL-2で高値結果が出てしまう

私の妻ですが、今年の7月に血管炎と診断され約1ヶ月入院治療し、その退院の際、血液検査を受けました。
数日後、経過観察のため外来診療を受け「可溶性IL-2が正常値は上限で550で高値3000」なっていると主治医から話を聞きました。そこで、リンパ腫の疑いがあると言われ「ガリウムシンチ検査」と「CT検査」を受け画像診断・触診検査においても「異常がない」と言われただ今、経過観察中です。しかし、IL-2の検査を毎月(8.9.10.11)実施していますが、8月5600、9月5300、10月4800と序所には数値は下がっているものの、未だに高値を示しています。病院では経過観察の支持で月に1度通院していますが、何方かご教授ください。お願いします。

Aベストアンサー

可溶性IL-2受容体という検査は、一般に「特異度が低い」といわれる検査で、リンパ腫の時に高くなることがありますが、高いからリンパ腫であるとは言えません。実際ほかにも結核や癌のように慢性の炎症を示す疾患で上昇します。というか血管炎でも上がるんじゃないかな。ただし3000というのは単独高値というか、まあ高いほうです。でも血管炎ならありえるような。

それよりリンパ腫自体が血管内で起こることがあって血管炎様になることがあり、2008年現在ではこれらの鑑別というのはきわめて困難で、そこらへんを見極める努力をされているのかなあという印象を受けます。通院継続ください。月一回経過観察は正しい方針だと思います。

Q「悪性胸水」について教えて下さい

「悪性胸水」について解りやすく教えて下さい。
この症状になった場合、どのような症状が考えられるのでしょうか?
最悪のケースになることも考えられるのでしょうか?

Aベストアンサー

癌細胞の胸膜への播種や胸膜直下のリンパ管へ癌細胞の浸潤などにより胸水が貯留した状態が悪性胸水です。診断は、胸水中から癌細胞を証明すること、もしくは胸膜から癌の組織を証明することです。

原因となる癌では肺癌が最も多いですが、他からの転移によって悪性胸水が貯留してくることもあります。急性の細菌性やウイルス性の胸膜炎などでは、胸痛を伴うことが多いのですが、癌性の胸膜炎の場合、痛みを伴うことは少なく、初期にはめだった症状は出ません。したがって大量の胸水貯留(少なくとも数リットル以上)に伴う呼吸困難が生じてから初めて病院を受診して発見されるということが珍しくありません。

悪性胸水の治療ですが、臓器の圧迫症状が出ているときは排液(胸水を抜く)しなければなりません。ただ抜いてもまたすぐに貯留することが多く、抜くだけでは根本的な治療にはなりません。太いチューブを留置して完全に排液(ドレナージ)した後、胸膜を刺激する薬剤を注入して、肺とその周りの胸膜を癒着させるといった治療が必要になります。
一般的に、悪性胸水が貯留していることが確認されればそれは進行癌といってよく、悪性胸水の存在は、残念ながら予後を不良にする重大な要因の一つといってよいと思います。

最後にNo1の方の回答を一部訂正させていただきたいのですが、肺癌の場合、悪性胸水が貯留した状態はStage3bです。遠隔転移が生じて、はじめてStage4になります。
またStage分類というのは癌の進行度をあらわすものですが、Stage4だからといって必ずしも末期とはいえません。遠隔転移、原発巣とも十分コントロールされQOLも保たれた状態で長期に生存される方もいます。

癌細胞の胸膜への播種や胸膜直下のリンパ管へ癌細胞の浸潤などにより胸水が貯留した状態が悪性胸水です。診断は、胸水中から癌細胞を証明すること、もしくは胸膜から癌の組織を証明することです。

原因となる癌では肺癌が最も多いですが、他からの転移によって悪性胸水が貯留してくることもあります。急性の細菌性やウイルス性の胸膜炎などでは、胸痛を伴うことが多いのですが、癌性の胸膜炎の場合、痛みを伴うことは少なく、初期にはめだった症状は出ません。したがって大量の胸水貯留(少なくとも数リットル...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報