『音楽記号には絶対値を指定するものはない』といわれますが、そうは言っても

アレグロ=速く とか レント=遅く

『速く』ってどれくらいですか? 120~150くらいまでの事?

速度記号をBPMで表したHP等あれば教えて下さい。

A 回答 (3件)

参考URLの下半分を見てください。


一応メトロノームにも書いてありますけどね。

参考URL:http://www.beeplus.or.jp/Piano/self/9.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、助かりました。

お礼日時:2001/06/08 19:46

Allegroはイタリア語で「陽気な、快活な、いきいきとした、ほろ酔いの」といった意味があり、もともと表情記号だったそうです。


100年前の陽気さと、20年前の陽気さ、そして現在の陽気な気分というのは、おそらく違うと思います。また、国や年齢によっても違いがありますよね。
速度記号も、その音楽が作られた時代での速度ですから、例えばハイドンのアレグロと、ジョン・ウイリアムスのアレグロでは違いがあるはずです。
教科書に載っている数字ではなく、その作品の時代背景や、作曲者の性格などを思いながら「速く」を表現してみる、これが音楽の面白いところではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そう言えば指揮者によっても相当テンポ感は違いますよね。
プレストなどと書いてあってもおなじテンポで2小節とて進みませんねクラシックは。
先にも書きましたが、そう言ったポップスの人から見るとファジーな捕らえ方が非常に面白く思います。
ありがとうございました、参考になりました。

お礼日時:2001/06/09 00:40

速さというのは、時代によって変わってきています。


現代ではそういうメトロノームのテンポで示さないとわからないかもしれませんが、アンダンテが「歩くくらいの速さ」という意味あいなので、昔の人と今の人では歩く速さが変わっていることもあり、時代によってこのアンダンテは速まっています。
そういうことがあるので、アレグロがいくら速いといってもメトロノームで示せるものではないのです。

しかし、基本として、人間の心拍を基準として速い遅いがあるようです。

また、オーケストラのアレグロとピアノ独奏曲のアレグロとでは、速さが全く違います。このへんのところも理解した上で、ファジーなテンポ設定を楽しむのが「音楽」ではないでしょうか。
僕はそう思うんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさにおっしゃってる通りですね。以前は「f」等、『強く』ってどれくらいだろう?などと思ったものです(笑)。

アカデミックな(クラシックな)音楽とポップス界ではずいぶんと考え方が違うように思います。
ポップスでは「120と122では全然違う」。基本的にインテンポが当たり前とされており、決めた一定のテンポの中でどうグルーブを出していくか?が重要なのに対し、クラシックでは歌うためにはテンポを揺らすのが普通のように思います。

歩く速さや、独奏などのお話、大変参考になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/09 00:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q回線速度測定について

いまNTTのフレッツ光を使ってます。

ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。
しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線速度測定で測定したら、
【あなたの回線速度は94.034M】

どっちが正しいですか?
その理由も教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他のかたの回答の通り、どれも正しいし、条件が違えば速度もいろいろです。


> ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。

この測定サイトは、プロバイダの混み具合と、プロバイダへの接続回線等々の「混み具合もを含んだ」測定サイトです。
何処かに、時間によって混んだ所や、回線が細い所(ボトルネックと言う)があると、パケットデータの流れが遅延して、これが回線が遅いと見えるわけです。



>  しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線速度測定で測定したら、【あなたの回線速度は94.034M】

NTTの顧客情報サービスサイドとは、正しい名称は、NTT東(西)の「サービス情報サイト」で、旧「フレッツスクウェア」のことですね。(名称が変更になったと、画面に出ています)
こちらの測定サイトは、プロバイダの混み具合も、プロバイダへの接続回線等々も、「含んでいない」測定サイトです。
この測定サイトはNTT東(西)のフレッツ網内での測定サイト、プロバイダや回線等の混み具合に影響されません。

なお、この、NTT東(西)の「サービス情報サイト」(旧フレッツスクウェア)は、NTT東(西)のフレッツ契約のインタネット回線だけに無料で接続できるサイトです。
フレッツ契約以外のインタネット回線は、接続出来ません。
フレッツ契約なのに、NTT東(西)の「サービス情報サイト」へ接続出来ないかたは、接続用の設定が出来ていないと思われます。

フレッツ契約かどうかを確認するには、NTT東(西)からの請求書・契約書等のインタネット回線にフレッツと付いているなら、フレッツ契約です。
または、プロバイダとの請求書・契約書等の料金プラン名に、やはり、「フレッツ」、または、「FOR フレッツ」と付いているなら、フレッツ対応のインタネット回線です。

他のかたの回答の通り、どれも正しいし、条件が違えば速度もいろいろです。


> ネットにある測定サイドで回線速度を測定したら、【あなたの回線速度は5.987M】かなり遅いです。

この測定サイトは、プロバイダの混み具合と、プロバイダへの接続回線等々の「混み具合もを含んだ」測定サイトです。
何処かに、時間によって混んだ所や、回線が細い所(ボトルネックと言う)があると、パケットデータの流れが遅延して、これが回線が遅いと見えるわけです。



>  しがし、NTTの顧客情報サービスサイドにある回線...続きを読む

Qト音記号 ・へ音記号・ ハ音記号

ト音記号は右手のための楽譜、

へ音記号は左手のための楽譜、

というように分けられるそうですが、

ハ音記号はどのような場合に使うのでしょうか。

Aベストアンサー

長音階、短音階の性格の違いに関するご質問にお答えしたものです。ベストアンサーにお選びいただきありがとうございました。コメントを拝見して、追加が必要と思いましたが、締め切られていました。

先にこちらの御質問に回答させていただきます。

五線で音楽を記譜すると、うんと高い音、うんと低い音を書くときに五本の線だけでは足りなくなるので、加線といって、短い線を書き足していかなければなりません。これが増えていくと読みづらいものになるので、それぞれの楽器の音域に適した音部記号を使います。右手、左手、という区別はピアノの場合で、ほかの楽器でも、高い音の出る楽器はト音記号で、低い音の出る楽器はヘ音記号で記譜します。ハ音記号は、ト音記号で記譜しやすい音域と、ヘ音記号で記譜しやすい音域の中間の音域を記譜するのに適しています。古い時代では、声楽音楽の記譜に使われました。その際は、このハ音記号を、それぞれの声の音域に合わせて五線の上で一段ずつ移動して、ソプラノ記号、メゾ・ソプラノ記号、アルト記号、テノール記号、バリトン記号として、使いました。現在ではそういう用い方はされておらず、主に、ヴィオラの楽譜でアルト記号(ハ音記号が五線にぴったりおさまっている形)、チェロの楽譜でテノール記号(ハ音記号が五線より1段上にとび出ている形)として使用するのが一般的です。

先日の御質問のほうですが、大学の講義でお聞きになっていたことを知りませんでしたので、ああいう回答になりました。長音階、短音階の性格の違いのおもな原因は前回お話しした通りですが、実際の音楽の性格は、メロディーの流れやリズムの性格、テンポの違いにも左右されますので、長音階の曲でも物悲しい曲があったり、短音階でも勇壮なものがあったりするのは事実です。

以上、御参考になれば幸いです。

長音階、短音階の性格の違いに関するご質問にお答えしたものです。ベストアンサーにお選びいただきありがとうございました。コメントを拝見して、追加が必要と思いましたが、締め切られていました。

先にこちらの御質問に回答させていただきます。

五線で音楽を記譜すると、うんと高い音、うんと低い音を書くときに五本の線だけでは足りなくなるので、加線といって、短い線を書き足していかなければなりません。これが増えていくと読みづらいものになるので、それぞれの楽器の音域に適した音部記号を使います。...続きを読む

Qネットワーク(家庭内LAN)内の通信速度測定について

ネットワーク(家庭内LAN)内の通信速度測定について

jperfを使ってPC間の通信速度を測定することはできるのですが、ルータとPCの通信速度を測定する方法を教えてもらえますか。また、jperfではルータとPC間の通信速度は測定できないのでしょうか。

Aベストアンサー

jperfはTCPコネクション、あるいはUDPパケットの通信速度を測るもののようですね。

PC⇔ルータ間は、レイヤ3(IPレベル)の通信ですので、
jperfで測定する対象にはならないかと思います。

Qト音記号の臨時記号はヘ音記号にも適用されますか?

ピアノの楽譜で少し分からない点がありご質問です。
調号に♯が2つ付いてる楽譜で、添付画像のような箇所がありました。
ト音記号のソに♯が付いているのに対して、ヘ音記号のソにナチュラルが付いております。
これはト音記号の臨時記号がヘ音記号にもかかっているという認識でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ヘ音記号のナチュラルは、間違わないように付いているだけで、ト音記号についた臨時記号は、ト音記号の、その小節にのみ適用されます。

Q複数の速度測定で結果バラバラ

光回線の開通により速度測定をしてみたのですが
サイトによってえらく差があるのですが・・・。

使用回線:NTT西 フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
------------------------------------------------------------
測定条件 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線 速度:86.34Mbps (10.79MByte/sec) 測定品質:99.5
上り回線 速度:36.18Mbps (4.523MByte/sec) 測定品質:98.9
測定サーバー:東京-WebARENA
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/


■速度.jp スピードテスト 高機能版 回線速度測定結果
http://zx.sokudo.jp/ v3.0.0

回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Windows XP/
サービス/ISP:光プレミアム ファミリータイプ/その他
サーバ1[N] 16.1Mbps
サーバ2[S] 17.1Mbps
下り受信速度: 17Mbps(17.1Mbps,2.13MByte/s)
上り送信速度: 32Mbps(32.1Mbps,4.0MByte/s)
診断コメント: 光プレミアム ファミリータイプの下り平均速度は
31Mbpsなので、あなたの速度は少し遅い方ですが、
もし無線LANを使用している場合は問題ありません。(下位から30%tile)

PCはバイオノート ペンティアム4 2.4G メモリ1Gです。
この測定ってどのように判断すればいいのですか?
下の測定が正しいならちょっと遅いような気がしますが・・・。
何か設定があるのでしょうか??

光回線の開通により速度測定をしてみたのですが
サイトによってえらく差があるのですが・・・。

使用回線:NTT西 フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
------------------------------------------------------------
測定条件 精度:高 データタイプ:圧縮効率低
下り回線 速度:86.34Mbps (10.79MByte/sec) 測定品質:99.5
上り回線 速度:36.18Mbps (4.523MByte/sec) 測定品質:98.9
測定サーバー:東京-WebARENA
測定サイト http://netspeed.studio-radish.com/


■速度.jp スピードテスト 高機能版...続きを読む

Aベストアンサー

速度測定サイトの中で正確なところであれば、そのサイトのある環境とユーザーの環境の間の速度を測ります。
ですから、速度測定サイトが違う場所にあれば、結果は当然変わってきます。
ある意味どの測定結果も本当です。

ただ、2つほどよくある原因で正確ではない結果が出ることがあり、1つは速度測定サイトの負担が高すぎて回線に余裕があるのに速度が低めに出る場合、もう1つは速度を測るユーザーのPCの性能など、環境が悪く速度が遅めに出る場合です。

しかし、速度測定をするのはたいていの場合、最大速度を知るためであるため、遠く離れた海外のサイトで速度を測って、遅いなぁという結果が出てもあまり意味はありません。
ですから、自分の回線からより近く、太い線でつながっている信頼できる速度測定サイトの結果を信用するのがよいと思います。

フレッツの場合、フレッツスクエアに速度を測る場所があり、ここで計るとインターネットのバックボーンの影響を受けずに正確な数値が得られます。
http://flets.com/customer/tec/square/speed/speed1.html など
フレッツ以外でも例えばeoなどのプロバイダは、自己のネットワーク内に独自の速度測定サイトを持っているのでそう言ったところを利用するのも方法です。

それらが無い場合は、インターネット上のサイトを利用するしかありませんが http://netspeed.studio-radish.com/ などが正確な結果を出しているように思います。
ある程度混雑の影響を受けるため、正確な結果を得たいのなら、最も空いている平日の午前4時頃に利用すると良いかと思います。

注意しなければならないのは、これらの方法で計った言わば最高速度はネット上では出ない場合がほとんどという事です。
ネット上では相手までの回線全てが影響しますから、最適な環境で測った速度はほとんどアテになりません。
最高速度を測るのは、問題のない環境で接続できているかの確認、他の人と比べて早いかどうかといった事に使われることが大抵です。

お使いになっている環境を見る限りPCの性能は不足していないと思いますよ。
上りがやや遅いですが、これはAFDの設定で改善できるかもしれません。
Nettuneを使用すれば簡単に設定できます。
あるいは、無線LANを使っているならそれくらいで妥当だと思います。

速度測定サイトの中で正確なところであれば、そのサイトのある環境とユーザーの環境の間の速度を測ります。
ですから、速度測定サイトが違う場所にあれば、結果は当然変わってきます。
ある意味どの測定結果も本当です。

ただ、2つほどよくある原因で正確ではない結果が出ることがあり、1つは速度測定サイトの負担が高すぎて回線に余裕があるのに速度が低めに出る場合、もう1つは速度を測るユーザーのPCの性能など、環境が悪く速度が遅めに出る場合です。

しかし、速度測定をするのはたいていの場合、最大...続きを読む

Q「レントよりおそく」とジャズ

こんばんは
今、ドビュッシーの「レントよりおそく」を練習しています。
弾いていて思ったんですが、これってジャズピアノみたいですよね...。例えば、最初のサビ(クラシックでもサビって言うんでしょうか?)の部分のあとの、左右1オクターブ離れて平行して降りてゆくメロディーとか、エンディング近くの和音の進行とか。

ドビュッシーが、世紀末のパリ万博で聞いたガムラン音楽に傾倒した、というのは有名な話ですが、ジャズにも影響されたんでしょうか?(「レントよりおそく」が作られたのが1910年だそうですが、そもそもその時代に今聞くようなジャズってあったんでしょうか?) はたまた、ジャズの方がドビュッシーに影響されたんでしょうか? 

クラシックにもジャズにも全然詳しくない素人のたわごとですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
コメントありがとうございます。

ドピュッシーにジャズを感じるか、という意味でしたら、たしかに感じます。

しかし、あとさき、という問題でいえば、きっとドビュッシーが先でしょう。

ちなみに、1910年代にラジオはなかったようです。

Q覆面パトカーの速度測定機?について

覆面パトカーなどが、スピード違反車を取り締まる時、
速度を測定に何秒間くらいかかるのでしょうか?
また、一定時間測定し、その時間内に一番速かった速度?
が違反速度として出てしまうのでしょうか?
それともその測定時間内の速度の平均速度が違反速度としてでてしまうのでしょうか?
詳しいかたご教授お願いいたします.

Aベストアンサー

一定時間ではなく一定車間で一定距離を追尾した後に
赤切符手前の速度でメーターを止めるようですね。
悪質だとこの限りではないようですが…
ちなみに速度を計っている最中は前面にある
赤いライトを点滅させているはずなので
もしその状況になったらエンブレで速度を落としましょう。
そうしないとメータを止められてしまいます。

Q失敗=イライラ=さらに失敗=さらにイライラの悪循環

先日、アコースティックピアノ購入について相談させていただいたものです。
5歳(早生まれ)の娘がヤマハの幼児科2年目に通っています。
やたらとノーミスにこだわるようになり、音をはずしたかどうかだけでなく、指番号や強弱がうまくいかなかっただけでも、怒ります。
ミスをした後もとりあえず曲の最後まで弾いたほうがいいよ、と言ってあるので最後まで引きはするのですが、イライラした感情があらわになってしまいます。
イライラしているから余計ミスが出るし、それがまたイライラを増加させ、引き終わった後は大泣きです。
「うまく弾けてたよ!」とか「最後まで通せたね」といっても逆に怒らせてしまいます。
悪循環ですし、疲れ果ててしまうようです。
疲れていればやっぱりうまく弾けないし、休ませようと楽器から引き離すとまたさらに泣きます。
基本的にはおっとりした穏やかな気質の子でピアノ大好きと言っていますが、練習中はとても楽しそうには見えません。
親としては、うまくなくてもいいから楽しく長く続けてほしいのですが、こんなことが長続きするのでしょうか?
共働きで、下の子もおり、あまり練習にぴったりつきあってあげられないこともあるのかもしれません。
それでも最後まで弾いたのが聞こえたら沢山ほめてますし、かわいいシールを買ってきて間違えてもいいから通して弾けたら好きなのを貼っていいからね、など工夫をしているつもりなのですが…。
せめて、失敗=イライラ=さらに失敗=さらにイライラの悪循環にならないために、良い方法は無いでしょうか?

先日、アコースティックピアノ購入について相談させていただいたものです。
5歳(早生まれ)の娘がヤマハの幼児科2年目に通っています。
やたらとノーミスにこだわるようになり、音をはずしたかどうかだけでなく、指番号や強弱がうまくいかなかっただけでも、怒ります。
ミスをした後もとりあえず曲の最後まで弾いたほうがいいよ、と言ってあるので最後まで引きはするのですが、イライラした感情があらわになってしまいます。
イライラしているから余計ミスが出るし、それがまたイライラを増加させ、引き終...続きを読む

Aベストアンサー

 ああ、こういうタイプのお子さん、確かにいますね~。ウチ(教室)でも、初見だから間違えて当然なのに、間違えると泣き出してしまうコ、います~。

 「うまくなくてもいいから」なんておっしゃらないでください~。こういうコは上手くなる可能性がありますよ~~。普通間違えても知らん顔~なコが多いですからw ノーミスにこだわる。いい事ですよ~。なにより本人がきちんと楽譜通りではない事に気が付いているのですから、とても素晴らしい事です。

 あとは失敗→イライラ~の連鎖が止められればですね。これが難しいですねw

 NO1の方のおっしゃる通り、部分練習が一番です。が、やっぱり皆さんこれが苦手ですね。

 こういう手はいかがでしょう?

 通して弾いた時、間違えたところに付箋をはる。2回目も同じ所で間違えたら色の違う付箋を貼る。

 この、2枚貼られた所だけ1~2小節、10回弾いて、間違えなくなったら付箋を1枚剥がす。さらに5回弾いて間違えなかったら付箋を剥がす。1枚だけの所は10回でた~ぶ~ん~大丈夫でしょう、同じように剥がしていく。
 1日で全部剥がさなくていいので、例えば今日は2枚貼った所だけ、次の日は1枚の所だけ、と分けてもいいでしょう。
 直った、と思っても次の日には戻っている事が多々あります。が、同じように貼っていけばすぐに直るはず。一人で貼れなければ、summerlandさんがはってあげて下さい。

 で、通し練習で2日間違えなかったら、かわいいシールをはっちゃう!(1日では貼らないで下さい。念のため~とか言えば納得してくれます。)

 子供って覚えちゃうと楽譜を見なくなります。いくら先生が書き込んでも見てくれなければ意味がない~と思い付いたのがこの付箋作戦ww 片方しか止まらずにヒラヒラしているので、イヤでも目が行くようで、全部は直らなくてもいくつかでも弾けるようになります。また、見た目にも減っていくのも嬉しいようで、少しは部分練習とか、そこに来たら注意して弾く効果があるようです。

 この案が合うかどうかは、お子さんによってなので一概には言えませんが、一つの手段としてお試し下さい~。

 ああ、こういうタイプのお子さん、確かにいますね~。ウチ(教室)でも、初見だから間違えて当然なのに、間違えると泣き出してしまうコ、います~。

 「うまくなくてもいいから」なんておっしゃらないでください~。こういうコは上手くなる可能性がありますよ~~。普通間違えても知らん顔~なコが多いですからw ノーミスにこだわる。いい事ですよ~。なにより本人がきちんと楽譜通りではない事に気が付いているのですから、とても素晴らしい事です。

 あとは失敗→イライラ~の連鎖が止められればです...続きを読む

Qリンク速度の測定方法は

windows2000
NTT 西日本
フレッツADSL

リンク速度(可能な最高速度で通常80%迄行きます)とは何のスピードですか。

ブロードバンドスピード測定サイトで測定したスループットとは違いますよね。

また、リンク速度はどのようにして測定するのですか?

Aベストアンサー

リンク速度とはモデムとNTT局とのあいだでどれだけの速度でつながっているかを表しています。

わかり易くご説明いたしますと、ADSLモデムは、各周波数ごとにモデムが並列につながって一つの
モデムになっていると考えてよいかと思います。接続するときに各周波数ごとに使えるモデムと
ノイズ等により使えないモデムをチェックします。使えるモデムだけを集めると通信できる総帯域が
でるかと思いますがそれがリンク速度となります。

水道で言ったら最後の蛇口に相当するでしょうか。
ですので、インターネット内でどれだけ速くても最終的に、スループットはリンク速度以下になります。

リンク速度の調べ方はモデムによっても違いますが最近のモデムでは設定画面や保守画面で見ることが
できると思います。下記参考URLにも調べ方が載っていますが具体的な機種名を補足していただくと
知っている方が教えてくれるかもしれません

参考URL:http://baseband.ne.jp/free/bff188-20030630.html

Qト音記号とヘ音記号

ピアノの楽譜でト音記号で書くかヘ音記号で書くかの基準はだいたいまんなかのドよりも高い右側のはしまではト音記号で、真ん中のドよりも低いおとはピアノの左端までヘ音記号を使って書くことが多いですか?

もちろん曲の途中で記号をかえるよりはそのまま書いたほうがわかりやすい場合はそのまま線をたしてかくこともあるのですよね?
だから絶対というきまりはないけれどまんなかのドを境にト音とヘ音をかきわけることが多い。と理解しておいたらいいですか?

Aベストアンサー

楽譜製作側の立場から。

まず、作曲者の方がどのような楽譜を持ってきても、まともな出版会社から出版されているものであれば、「演奏しやすいように」書きかえます。

ピアノ譜の場合、

>はだいたいまんなかのドよりも高い右側のはしまではト音記号で、真ん中のドよりも低いおとはピアノの左端までヘ音記号を使って書くことが多い

はい、その通りです。
ピアノ弾きにとっては、加線3本くらいまででしたら、ぱっと読めます。それ以上になると非常に読みづらい。読みやすさを基準に、音部記号をかえるか、またはオクターブ上げの記号などを用いるかを決めます。しかし絶対という決まりはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報