業務用の清掃用品を探してます。
ホテルの清掃をしているのですが、今まで消耗品は
カタログにてある企業より購入していたのですが、
他にも良い仕入先が無いか探しております。
品川に納品をしてもらうのでその周辺もしくは納品可能な
業者さんがいたら教えていただきたいのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

業務用清掃資器材の専門取扱いの会社は各地にあるはずです。


そちらのエリアの電話帳(タウンページ)に清掃用機械器具・用品卸業の項目があると思います。東京でしたらかなりの件数が載っていると思います。
これらのお店は主力商品が床ワックスやはくり剤などになりますので、ペンギン、リンレイ、ジョンソンなどのケミカルメーカーの代理店である事が多いです。御愛用のメーカーがありましたら、そのメーカーに販売店を紹介してもらうのもよい方法だと思います。
また、ほとんどのお店で現場への納品に対応してくれるはずです。というよりは店頭販売の割合はとても低いと思います。
機械類もケミカルメーカーと密接な繋がりがあります。修理なども請け負ってますので、こちらを考慮して決めてもよいと思います。
東京の事情に不案内で、具体的な回答が出来なくてで申しわけないですが、御参考までに回答させて頂きました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデーターでの納品て・・・?

教えてください。
イラストの仕事をしたいなと思い、いろいろ調べていたのですが、「データー納品」を希望している会社が多いです。
何回かイラストの仕事をしましたが、そのときはすべて手描きのものを送りました。ラフなんかは、メールで送ったりしましたが・・・
編集をしている友人にデーターでの納品について聞いてみたら、実際に手で描いたものはデーターでは納品できない(全てパソコン上で描いたものしかだめ)と言われました。
イラストで仕事をしている方で、手描きでやっている方はどうしているのでしょうか?
私はイラストレーターなどのソフトも持っていません。まして、パソコン上でイラストを描いたことがありません。食わず嫌いかもしれませんが、手描きが好きです。手描きでイラストの納品を受けてくれる会社は少ないでしょうか?
経験が少ないので、皆様アドバイスお願いします。
イラストやるなら、データーでの納品ができないと(パソコン上での作成)きついでしょうか・・?

Aベストアンサー

ご友人がおっしゃったことも、間違いではありません。
要は、「最終的な使用用途に合わせた解像度や色指定が必要」ということなので、こうすれば大丈夫、というような絶対的な決まりはあってないようなもの…だと思います。
用途がWeb上のみなのか印刷物なのか、それだけで全く仕様は変わってきます。
結果ありきで勉強するよりも、質問者様の画風にとってどういう方法が最も適しているのかが大切です。
Illustratorでトレスした線が合う画風もあれば、アナログのパステルでないと合わない画風もあります。
下絵をスキャンして、それをもとにパソコンで彩色する描き方もありますし、Painterとタブレットを使うと、アナログ絵と変わりないような絵を描くこともできます。
ソフトもパソコンも、あくまでも「絵」を仕上げるための道具なので、道具に使われてしまうことのないように。
方法は本当に多用なので、自分に合ったものを見つけるには勉強も必要ですが、デジタルであってもアナログであっても道具は道具。
描くのは、質問者様であることに変わりはありません。
質問者様の画風がアナログならではの味を活かしたものならば、アナログでいいと思います。
アナログのままでは納品不可能と言われたら、クライアント様にデジタル化の仕様を確認してからスキャンするなど対応すれば良いことで、今は質問者様の絵を、売り物になり得るだけのクオリティに高めることが第一では?
ご友人の編集現場ではアナログは不可かも知れなくても、他の現場では、素人がヘタにスキャンしてくるよりもアナログのまま納品してくれた方がいい、というところもあります。

参考にURLをあげておきます。参考になるトピがたくさんあります。

参考URL:http://www.johokyoku.com/

ご友人がおっしゃったことも、間違いではありません。
要は、「最終的な使用用途に合わせた解像度や色指定が必要」ということなので、こうすれば大丈夫、というような絶対的な決まりはあってないようなもの…だと思います。
用途がWeb上のみなのか印刷物なのか、それだけで全く仕様は変わってきます。
結果ありきで勉強するよりも、質問者様の画風にとってどういう方法が最も適しているのかが大切です。
Illustratorでトレスした線が合う画風もあれば、アナログのパステルでないと合わない画風もあります。
下...続きを読む

Q名刺や封筒イラレデータの納品方法

お世話になっております。
名刺や封筒のデザインをDTPデザイナーさんにお願いし、納品されたイラストレーターのファイルを見ましたところ、テキストがアウトライン化されてしまっているファイルのようです。イラストレーターの本を調べてみたところ、アウトライン化する前のファイルを別に保管しておくのが一般的なのですよね。それをデザイナーさんに納品して頂くのは一般的な商習慣ではないのでしょうか。ちなみに名刺・封筒デザインとも、1.5万円ほどでした。
最近イラストレーターのソフトウェアを購入し、些細な校正は自分で行なおうと思っているのですが、すでにアウトライン化されているとそのテキスト部分は1から作り直しとなってしまいますよね・・。これではデザインをお願いした意味が半減してしまうと思うのです。だってフォントの種類すら分からないのですから。。(イラストレーター初心者で誤った認識でしたらすみません。)

お手数おかけ致しますが、アドバイスの程よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

まず、アウトライン化する理由の、恐らく大きな理由の一つが、納品先環境によるところだと思います。
オフセット印刷するにもプリンターで出力するにも、その出力環境に、そのファイルで使用されているフォントがなければ正常に出力することができないからです。

もうひとつ考え得るのが、著作権の保護じゃないでしょうか。
日本の法律では、「デザイン」は意匠法または著作権法で保護されています。
質問者さんは、些細な校正はご自身で行うとおっしゃいますが、デザーナーさんの了承を得ずに手を加える事は法律に触れる事になります。
再版時の修正なども、代金を請求できる立派な仕事なのですから。
http://www.iwate21.net/ifile/cyosaku.html
http://www.jagda.org/index.html

質問者さんとデザイナーさんとの間で信頼関係が築かれているのなら最初の理由、仕事をご依頼されたのが初めてか、それに近い関係なら二つ目の理由と考えれると思います。

因みに私はデザイナーさんに依頼する立場で、3人のデザイナーさんとお付き合いがありますが、基本的にアウトライン化済のデータで入稿してもらっています。勿論デザイナーさんの方ではアウトライン化前のデータも保存していますので、修正ある場合は修正の依頼をし、再入校してもらいます。
また、納期が厳しい仕事ではアウトライン化せずに入稿してもらい、こちらで修正し、最終データをまたデザイナーさんに戻すということもあります。

いずれにしても、一度デザイナーさんにご相談されてはいかかですか?
※法律に関しては専門家ではないので一度ご自身でお調べください。

まず、アウトライン化する理由の、恐らく大きな理由の一つが、納品先環境によるところだと思います。
オフセット印刷するにもプリンターで出力するにも、その出力環境に、そのファイルで使用されているフォントがなければ正常に出力することができないからです。

もうひとつ考え得るのが、著作権の保護じゃないでしょうか。
日本の法律では、「デザイン」は意匠法または著作権法で保護されています。
質問者さんは、些細な校正はご自身で行うとおっしゃいますが、デザーナーさんの了承を得ずに手を加える事...続きを読む

Qillustratorで納品するときに

駆け出しのイラストレーターです。illustratorで制作したイラストを客先に納品しないといけないのですが、グラーデーションメッシュ、アートブラシ、エンベロープ、シンボル、以上の機能を使っていまして、客先に納品するとき、それらを分割統合や、ラスタライズしないといけないでしょうか・・・。細かく言うと、アートブラシは、オープンパスなのでアウトライン化。グラデーションメッシュは、ラスタライズ。シンボル、エンベロープは透明部分を分割統合といった感じにです。少し面倒くさいですが、互換性の問題や、シンボルやブラシを流用される懸念などを考えれば、それを行うべきか。ただ修正の容易さがillustratorを使うメリットなので、先のことを考えて、このような変換をしないでそのまま客先に投げてしまうか。少し悩んでいます。ご意見を頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

まず、先方が持ってるイラレのバージョンの確認をします。
先方がver8なら透明やボカシがないので
先方がデータを開いた時に自動的にラスタライズされるか、変な見た目になります。
pdfで送ると見た目は変になりませんし、バージョンは置いといて
先方でイラレで開いて編集も可能です。

先方は編集する気なのか、何に使うのか、見るだけなのか、
どのような形式でデータが欲しいのか確認した方が早いです。

Q納品後のクレーム(謝罪金要求)

映像制作の仕事をしています。
とあるクライアントからCM制作の依頼があり、
数回打ち合わせを重ねた後、試作品を制作しました。
しかしその試作品に当方の明らかなミスがあり、
クライアントに謝罪、ただちに修正を行いました。
修正後の再試作品ではOKをいただき、OAには間に合いました。
ちなみに撮影時の天候があまり良くなかったこともあり、
ミスのあった箇所とは別の部分で撮り直しも行いました。
そこでクライアントも一旦は納得してくれたのですが、
OAが始まってから
「試作品にミスがあったことで不愉快な思いをした。
 謝罪金を支払え(つまり値引きをせよ)」と云ってきたのです。
確かにミスがあったことは事実ですが、お詫びと修正、
撮り直しをした時点で「ミスの件は水に流す」とまで
云われていたこともあって、どうしても納得できません。

さらに後から「本当はここをこうしてほしかったのに」などと
内容に関してもクレームが出てきてしまいました。
例えばこのカットはもう少しゆっくりズームしてほしい、などです。
つまり先方の言い分は、試作時のミスで不愉快な思いをした上に、
本当はもっと要望があったのに期日が迫っているため妥協したのだ、
だから謝罪金を払え、ということのようです。
打ち合わせの段階では先方から具体的な要望はでておらず
こちらに任せていただいていました。
試作品を見て初めて具体的にイメージできるようになり
細かな要望が芽生えてきたということだと思っています。

こうした場合、謝罪金を支払う必要はあるのでしょうか。
私としては支払いたくありません。
支払わなくてよい場合、クライアントを納得させるための
法令のようなものを教えていただけると助かります。

映像制作の仕事をしています。
とあるクライアントからCM制作の依頼があり、
数回打ち合わせを重ねた後、試作品を制作しました。
しかしその試作品に当方の明らかなミスがあり、
クライアントに謝罪、ただちに修正を行いました。
修正後の再試作品ではOKをいただき、OAには間に合いました。
ちなみに撮影時の天候があまり良くなかったこともあり、
ミスのあった箇所とは別の部分で撮り直しも行いました。
そこでクライアントも一旦は納得してくれたのですが、
OAが始まってから
「試作品にミスがあった...続きを読む

Aベストアンサー

広告代理店に勤務していますが、法務の者ではありませんので
専門的な知識はありません。
それでも多少は参考になるかなとの思いで回答させて頂きます。

> 法令のようなものを教えていただけると助かります。
適用の可能性があるとすれば公正取引委員会の下請法ですが
http://www.jftc.go.jp/sitauke/index.html
本件が該当するかが分かりません。
(特にお互いの会社規模が気になります。)
> http://www.jftc.go.jp/sitauke/gaiyo.html

以上、私に出来るアドバイスで、以下は私の個人的な感想です。

広告業界慣習的に考えれば
本件はクライアント側が非常識だと思います。
(そもそも我々が制作会社にこのようなことをすると公取に引っかかる。)
> 撮り直しをした時点で「ミスの件は水に流す」とまで
> 云われていたこともあって
これは恐らく口約束でしかないですよね。
契約ではないので前言撤回しちゃいけないということはないですし
先方からそのように言われても再度きちんと話し合うべきケースであるように思います。
一方
> 本当はもっと要望があったのに期日が迫っているため妥協した
これは「ありえない」というか
妥協しようがしまいが受領した時点で終了であり
後からあれこれ言える筋のものではないと思います。
(追加価格による修正対応が普通です。)
とはいうものの、慣習といってもあくまで広告業界的なもので
他業界の慣習など無視するクライアントもいれば
そもそも他業界の慣習など知らないクライアントも沢山います。
彼ら(本件のクライアント)は自分たちが正しいと思っているかも知れません。

ポイントは、もう制作費は頂いたのか?だと思います。

以下、制作費はまだ支払われていない、という仮定で話します。
謝罪金という言葉使いが非常に悪質ですが
要は「値引き要求」ですよね。
この場合、先方が水に流すと言ったとしても
試作時のミス分は値引くべきだと思います。
(このとき、クライアントが次回も今後もこの制作業者と付き合いたい
と考えているなら、値引き分を次回制作費に回すのが普通だよね。)
一方、内容に関する不満感分の値引きは本来は筋ではありませんが
どの分をどれだけ値引くか?といった細かい話は恐らく無意味です。
大切なのは代金不払いを阻止し、1円でも多く代金を頂くことで
「ご満足頂けなかったので一式これだけ値引きます」という建前で再度金額交渉し
法を盾に取るよりも、交渉で丸く治めた方がイイんじゃないかなと思います。

ただし。
私はもうこのクライアントからの発注はないと思いますし
万が一あったとしても、もうこのクライントとは付き合うべきではないと思います。
ご質問者さまは出来る限り原価回収に努めるべきでしょう。

気になるのは、このクライアントのローカルパワーですよね。
このクライアントを怒らせると、その地域の仕事がとれなくなる
なんてことがなければイイのですが・・・
ここで圧力をかけてくるようなら公取に相談した方がイイと思います。

広告代理店に勤務していますが、法務の者ではありませんので
専門的な知識はありません。
それでも多少は参考になるかなとの思いで回答させて頂きます。

> 法令のようなものを教えていただけると助かります。
適用の可能性があるとすれば公正取引委員会の下請法ですが
http://www.jftc.go.jp/sitauke/index.html
本件が該当するかが分かりません。
(特にお互いの会社規模が気になります。)
> http://www.jftc.go.jp/sitauke/gaiyo.html

以上、私に出来るアドバイスで、以下は私の個人的な感想です。
...続きを読む

Q納品済みデータの再利用依頼について

デザイン(グラフィックデザイン・DTPデザイン・WEBデザイン全般)のお仕事をされている方にお聞きしたいのですが、

現在フリーで印刷物のデザインをしています。

数年前、メニューのお仕事をいただき、先方が指定されたネット印刷へ直接納品を済ませたデータについての質問です。

お客様によっては納品データをお渡しして納品完了というケースも多いのですが、ネット印刷に出したということでお客様へはデータをお渡ししていませんでしたが、他の方に看板を作成していただく話があるので2点程作成に使われた写真画像(素材辞典)を送って欲しいというお話でした。

こちらで加工もしてあり、素材もこちらで購入してあるものなのでデザインのご依頼であれば承りますとお伝えしました。

すると先方は「前回の納品用のデータをくれればいい」と言ってきました。

あるいは営業の方が「どうすればその写真画像をいただけるか」と聞いてきました。

この場合どう対処すれば良いでしょうか。
普通にお渡しした方が良いでしょうか。

ちなみにその画像はカラー2点で5MB弱です。

Aベストアンサー

DTPオペレーターです。

最初の契約内容にもよりますが、メニューの制作で契約したのなら、
『メニューとして完成したデータ』は渡して良いとおもいます。

ただしそれは、印刷所へ納品する用の素材や画像などをすべて統合した
『変更出来ない&そのまま印刷できる』データです。

変更可能な作成用のデータを渡しますと、
例えば今後メニュー内容に変更があった場合も再度発注されず、
よそでデータを変更して作られる可能性もあるからです。

素材辞典の写真のみ、となると素材辞典で設定している条件などもからんできますが
作成用のデータ(素材含む)として買い取っていただいてはどうでしょうか。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報