最新閲覧日:

こんにちは。
ブルーライトメガネとサングラス選びから、まずは物理学的な知識が必要かと思い、あえてこのカテゴリーで、質問させて頂くことにしました。。

1.根本的なことなのですが、私たちが太陽光下で、赤い車を見たときに、赤く見えるのは車の塗料が太陽光の一部の波長を吸収?し、吸収されなかったものが私たちの目に届き、脳内で「赤色」と認識し、タイヤが黒く見えるのは、光線の反射(吸収?)がないので黒くみえる(物体に吸収された光波は熱となる)との考え方で良かったでしょうか?

2.ここで、質問1の考え方が前提となりますが、「サングラス」は、外見上黒い均質のレンズのように見えますが、レンズを拡大すると網の目状態で、光源がそのまま網の目を通過する構造なのでしょうか?
それとも何かの粒子?を透過する構造なのでしょうか?

3.太陽光?をプリズムに通過させると、波長による屈折率の違いで虹色に分解されるという実験があったかと思いますが、この時、青く見える所が、「有害なブルーライト」と説明する書き込みがあったりもしますが、LED球は、太陽光と比較して、青の波長を多く含んでいるので有害なのでしょうか? それとも、輝度の高い光を直接見続けてはいけないとのことでしょうか? 極論では、青い光は見てはいけないのでしょうか

4.総まとめ的な質問なのですが、スポットライトの前に青いフィルムをかざすと、それ以降の光が青くみえる現象は、どのような光学現象なのでしょうか? 補足しますと、 青色のコンタクトレンズや、サングラスは有害かな? との発想からの質問です。

欲張りな質問ですが、どうか、宜しくお願いします。 m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

パソコン用サングラスについて。



もしモニターがそんなに青が突出して多いのでは色が偏って使い物にならない。
それに眼が悪くなるほど明るい必要もない。(輝度を落とせばよい)
液晶モニターからは紫外線は出ていない。

悪宣伝です。

サングラスなんかしても疲労は変わらない(どころかかえって疲れる)で色がおかしく見えるだけだから、疲れたらしばらく目を休めるのがいちばんです、というか休めるしかない。
儲けるために原価をけちっている商品ではむしろ眼を悪くするでしょう。
    • good
    • 0

専門家ではないので間違いがありましたらご容赦願いますが。


1.おおむねそういう理解で良いと思います。
2.黒っぽい色とは限りません(アンバー系の物もあります)
  偏光レンズの場合は格子状の構造がある。
  染料や顔料を塗ったり混ぜ込んだりフィルムを挟んだりしている物が多いようです。
  染料の場合は分子として樹脂に溶け込んでいて顔料のような粒子の状態ではないです。
 つまり遮光と吸収と併用の状態です。(一部反射のサングラスもある)

4.青の波長の光が他の波長より多く透過するためです。
青のコンタクトレンズやサングラスは青の吸収が他の波長より比較的少ないだけで、青も吸収してますから心配は要りません。“青を増幅しているわけではない”のです。

3.これは4の理由で心配は要らない。
光のエネルギーとしては波長が短い方が強い。ですので褪色とか変色は波長の短い特に紫外線で顕著に起こりますが、青とかもっと長波長の光でも起こらないわけではない。
輝度が強すぎればもちろん網膜や水晶体やらを痛める原因にはなるでしょう。
しかし青い光だけを見ないなどという事は不可能ですし意味が無いですね。極端に色の偏った眼鏡を掛けると色の識別がしにくくなって、視覚情報が減るから良くない。モニターを使っての色判定も難しくなる。
しかし紫外線は直接見えないので注意が必要です。ですから紫外線が強すぎると予想されれば事前にサングラス(当然紫外線をカットする物)をするべきです。
サングラスは明るすぎるから光量を落とすという目的と紫外線を減らすという目的とあると思います。

LEDは特殊な物を除いて紫外線は出ていませんし、照明用のは蛍光を利用してスペクトルが偏らないように工夫されていますから心配は要りません。そもそも太陽光に較べると全体の光量がずっと低い。
http://www.otsuka-shokai.co.jp/products/led/know …
http://www.jeea.or.jp/course/contents/09404/
http://lamp1.com/product/125893.html

透明に見えて紫外線はほぼ吸収するフィルターもあります。(いまのところ無着色で100%は無理ですが98%ぐらいは可能、あわく着色していいならほぼカットできるはず)

サングラスが無い時代にはスリットを入れた板(遮光器)を目の前において光量を制限したようですが。波長より光量の問題が本質ではないでしょうか。
有害な紫外線でも人間の自己修復力・回復力を上回らなければ良いわけでしょう。
有害とはどういう意味なのか良く考えるべきではないですか。

目を塞ぐのも良くない。成長期に眼帯などをすると視力が低下・失われる事があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
全問ご丁寧・新設なご回答に感謝申し上げます。

お礼日時:2014/09/04 15:35

ブルーライトが悪いなどというのは、まったくのウソっぱちです。

気にする必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
ブルーライトって、
本当に意見が分かれますね。
大変参考になりました。

お礼日時:2014/08/29 23:38

#2です。



少し誤解を生みそうだったので補足します。
ブルーライトは体調への影響はあるが、目に対しての影響はないというようなかき方になっていましたが、全く無害という意味ではありません。外に出れば当然長時間見ることになる青空よりも低いレベルの影響を躍起になって防ごうとする必要があるのかという意味です。
影響を誇張して防がないと目が危ないというような宣伝、そのあたりにメーカーの作為性を感じますね。


PCメガネがどの程度の性能なのかわかりませんが、サングラスでも光量を減らすという意味では一定の効果が見込めると思いますよ。
またPCであれば設定で画面の色温度を下げるという対応方法もあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な追記を有難うございます。
美容業界の「セルライト」(^_^;)はじめ、
サプリメントや野菜・カルシウム摂取量などなど、
その見極めが大切ですね。
親切心ある方から回答を頂けて幸いです。

お礼日時:2014/08/29 16:12

1.そのとおり。



2.サングラスは光の透過率をコントロールしたものです。

3.LED球は、太陽光と比較して、ブルーライト(青色でも紫外線に近い部分の光)が多いのです。
LEDは電球や蛍光管と違って、ブルーライトを生成するものと理解して良いです。
このブルーライトは眼精疲労を引き起こす要因となりますので、有害といえます。
http://bizmakoto.jp/style/articles/1206/01/news0 …

4.青いフィルムは青い光を透過させるものです。
青色のサングラスを通した自然光とLEDの光とではそのブルーライトのエネルギー量が違います。
言い換えれば、自然光で青いサングラスをかけようがかけまいが、そのブルーライトのエネルギー量は変わりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答有難うございます。
なるほど、LED球の特性なのですね。
最近ディスプレイ以外にも多用されていて、
昔の黄色っぽいフィラメント球よりも、
外装にもよるのでしょうが、
青白くキラキラしていますよね。
大変参考になりました。

お礼日時:2014/08/29 15:54

1、おおむねその解釈でいいと思います。



2、サングラスは単純に半透明の物質を透過させることで目に入ってくる光の量を減らすというものです。
注:レンズではありません。

3、ブルーライトというのはマイナスイオンなどと同列の所謂エセ科学の一種かと思われます。
単に青色光の強さであれば画面を見るより青空を見上げたほうが強いです。
もともブルーライトが有害とされたのは、夜に青空と同じ色調の光を見続けることで免疫作用や体調不良、不眠などの影響があるというものだったと思います。それが今日なぜか目に悪いという風に言われる風潮があります。PCやスマホが目に悪いとされるのは主に点滅現象です。

4、光が青色に着色されたと考えるのはどうでしょう。
青色光以外の一部は反射され、他の部分は変調されて青色の波長の光になってこちら側に届くのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答有難うございます。
パソコン用メガネを勧められたのですが、
以前に買った、そんなに色の濃くない
透過率の高いサングラスがありましたので、
それを代用すれば良いのかな?と思っての質問でした。
マイナスイオンの件は、
以前は、あり得ない理由も理解していたつもりですが、
突っ込まれると、グラつきそうです。(^_^;)
大変参考になりました。

お礼日時:2014/08/29 15:24

1.正しい理解だと思います



2.ガラスまたはプラスチックに混ぜた物質が光を遮っていたり、光の一部を吸収して透過する光が減っています。

3.巷に出ている資料だと、LEDは他の光源より青色の波長の光量が多いと言う事のようですね。
青色だから悪いのではなく、極端に強いのが悪いという解釈のようです。

4.青いフィルムは青以外の光を吸収・反射してしまい、青だけ透過するから青く見えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答の速さに驚きです!
そして、ご回答有難うございます。
夏休み中の子供のちょっとした質問から、
コノサイトを利用したのですが、
ちょっとした身の回りの現象を物理学的視点
(風化しかかった遠い記憶を寄せ集めて)で
考えてしまうようになりました。(^_^;)
聞きかじった程度の知識なので、
誰かに肯定、是正してもらわないと不安です(^_^;)
大変参考になりました。

お礼日時:2014/08/29 14:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光のドップラー効果と光の波長について

音のドップラー効果の場合、音源が動くと音源前方では波長が短くなり
音源後方では波長は長くなり、その波長は音の振動数が一定なら音波が
進んでも変わりません。

しかし星からの光の赤方偏移は、空間の膨張によって起こっているわけですので、
動く音源から音波が広がるような波面の動きとは全く異なると思います。

地球から距離が遠いほど空間の膨張スピードが大きいと考えられているので、
私の予想では、星から出たばかりの光の波長は長く(つまり赤方偏移の度合いが大きく)、
地球に近づくほど短くなると思うのですが、あっていますでしょうか?

そう考えると、ちょっと疑問が出てきてしまいます。
光の速さをc、地球から星が遠ざかる速さをv、D線の振動数をf0、赤方偏移した
D線の振動数をfとすると、ドップラー効果の公式によって次の関係が得られる
かと思います。

f={c/c+v}f0

※高校のある問題集でこの式を求めさせるものがありました。
※ウィキペディアでは違う式になっています。

しかし星から出た光の波長や振動数が地球に近づくにつれて徐々に変化すると
仮定すると、この式のfはいったいどの位置での振動数になるのかと思ってしまいます。
地球に届いたときの振動数なのか、星を出発した直後の振動数なのか…

そもそも星から光が出てから地球に光が到達するまで、空間の膨張は刻々と変化
しているわけで、本当にこの式が正しいのかと疑問に思ってしまいます。

また、式は地球から遠ざかる速さを用いていますが、これも納得いきません。
刻々と変わる空間の膨張スピードを用いるのならわかりますけど。

どうかご回答よろしくお願いいたします。

音のドップラー効果の場合、音源が動くと音源前方では波長が短くなり
音源後方では波長は長くなり、その波長は音の振動数が一定なら音波が
進んでも変わりません。

しかし星からの光の赤方偏移は、空間の膨張によって起こっているわけですので、
動く音源から音波が広がるような波面の動きとは全く異なると思います。

地球から距離が遠いほど空間の膨張スピードが大きいと考えられているので、
私の予想では、星から出たばかりの光の波長は長く(つまり赤方偏移の度合いが大きく)、
地球に近づくほど短くなると...続きを読む

Aベストアンサー

波長というのは光源と観測者との関係によってきまります。

ひとつ思考実験をしてください。

ここに光源がある、それに対して貴方が光速の1/2のスピードで遠ざかったと
したらどうなるでしょう? 光速は一定です。これは光源や観測者の運動には関
係ありません。ですので当然に波長が長く観測されますよね。

では、その光源から貴方までの間に波長が変わりましたか? そうじゃないです
よね。波長が可変になるのではなく、観測する貴方が運動したから波長が長く観
測されたのです。

宇宙の膨張もそうですよ。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報