カーペンターズのTop of the Worldを聞いてて気になる箇所がありました。
1つめはand the reason is clearの部分。
reasonとisの部分でズの音が濁ると思いますが、歌では濁らずリーサナスクリーのように聞こえます。
2つめはtouch of the breathの部分。
touchのtが歌ではチャーッチとch音のように聞こえます。
英語の基本的な発音は心得ているつもりですが、これらのような音の変化は聞いたことがありません。これらは良く行われる音変化なのでしょうか。それとも単なる聞き間違いでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。


私は、英語は勉強中なのですがグラマの質問では無く、発音のご質問なので参考程度に回答します。

Top of the world 歌詞つき
↓↓(YouTube)


>1つめはand the reason is clearの部分。

YouTubeの50秒あたりですね!

reason は /rí:zn/ と/z/で私には聴こえますが正直、微妙です。
/s/と/z/は少し発音が難しい所があるように思います。
来日してらっしゃる英語のネイティブの先生などは比較的しっかりされていますが洋画等を観て聴いてとやっていると時々/z/と/s/の発音は混乱します。
newsという言葉がありますが本来であれば/n(j)ú:z|njú:z/で/z/ですがこの発音は映画とかで色んな人の発音で聴いていると日本人には明確に/z/と聴こえるケースは少ないように思います。
勿論、前後の関係で聴きとりづらい場合とそうでない場合はあるかと思います。
bad newsとか映画やドラマで比較的良く聴くフレーズですが明らかに言える事は日本人の感覚で「ズ」と明確に聴こえない発音をされている方もネイティブには多いように思います。
日本人に聞けない、もしくは聴きづらいだけなのかもしれません。

is は私にも/ɪs/と聴こえます。
この場合は後ろに続く"clear"と言う無声音の単語が続くので【逆行同化してisが/ɪs/になっている】ように思われます。

音の同化
↓↓(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=n9NkgW184Nw

上記リンクの40秒あたりです。
"clear"の発音の方が重要なので前のisが/ɪz/ではなく/ɪs/に変化して"clear"を発音しやすくしているように思います。
この歌のこの部分はこれが当てはまると思います。

is は必ず濁る、あるいは必ず有声音/z/でなければならないと言う考えは捨てた方がいいと思います。

英語の辞書:is
↓↓
http://ejje.weblio.jp/content/is

このリンクにあるisの発音の説明を見てください。
分かりますか?少し難しいですが噛み砕くと…
弱形発音は"is"の"i"の発音が抜けて/z/や/s/だけの発音になる事が分かります。
/z/になるか/s/になるかは前の発音に依ります。有声音の後に続けば/z/で無声音であれば/s/だけの発音に成ります。
"is"の発音は"i"が抜ける場合、/z/か/s/どっちの発音かは、複数形や三単現の作り方と変わりません。

この歌の場合は/n/に続く発音なのでこれは当てはまりません。

弱形発音は結構必要な知識なので理解されておいた方が良いかと思います。

弱形発音
11-かぶせ音素(5/10)
(例だけなら16分45秒あたりからご覧ください)
↓↓YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=ju9jfCI6UnA

>2つめはtouch of the breathの部分。

YouTubeの曲リンクで1分42秒あたりでしょうか?

カレンさんの英語の歌の発音はすごくきれいなので好きですが本の少し本人の癖があるように思います。
その一つが/ʌ/が/æ/になる時があるように思います。
回答1の回答にもある音を伸ばすと言う事もあってその様になるのかもしれません。
この場合、touch の発音/t'ʌtʃ/が/t'ætʃ/になっているように私には聴こえます。

カレンさんの癖だと思います。
似た個所はこの歌の最初の指摘の箇所に続く、"because"の発音や別の歌ですがカーペンターズのスーパースターの"Come back to me again"の"come"がキャム位に聴こえます。

Superstar - Lyrics - Carpenters
↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=NctEnrxGVHE

上記の2分37秒あたりです。

以上、参考程度です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

逆行同化という現象であると知れたことに加え、その例が身近な単語にも多いことに驚きました。
ビデオも分かりやすかったです。
ありがとうございます。

お礼日時:2014/09/03 00:59

>これらは良く行われる音変化なのでしょうか。



はい
といっても、"無意識に"そうなるので意識的にマネしないように
英語らしく発音できていれば、誰でもそういう発音になると考えていいです
もし、そうならないのであれば、何かが欠けていて、ネイティヴのような音にはなっていないからです

is clean のつながりはもう回答されていますが、isのあとに/k/という無声音が来るのでその準備を体が"無意識に"始めているわけです
もし、isの/z/を有声音で発音することもできますが、たぶん/z/の音にややストレスがついてしまい、少し間を置いたようになります(つまり、音がつながらず、切れる)
そして、母音が挿入されたような音、[ ɪ z ə]のような音になります
日本人学習者の発音のほとんどはこのパターンかも

「クリー」としたところいいポイントです
ただ「(クリ)アー」の部分はきちんと発音しています
And the reason is clear, it's because you are here
のit'sの直前に/r/が出てきます
そして次の/ ɪ /と一緒になって、[rɪts bɪ kɑːz]のように流れています
たぶんここは"意識的に"やっています
/r/を手前で出してしまうと、そこに一つテンポが入るからです

余談ですが、Karenの持ち味は流れるような歌い方です
ちょっとどの曲かは忘れてしまいましたが、通常だと2,3の息つぎが当たり前の部分を息つぎせず、何小節かを一気に歌っている曲があります(4小節だったかなー)
普通だったらプロでも難しい長さです
それを、流れを途切れさせないように一息で歌うようなことを意識的にやっていたようです
この曲にもそういう箇所はいくつかあるはずです
さがしてみてください

次にtouchのtですが、これはtを発音する際のaspiration(帯気音)でそのように聞こえるわけですが、特別な発音ではなく、通常の英語のtの音です
top of the world~のtopのtも全く同じように発音しているわけですが、少し違って聞こえるのは
topは口をやや広めに開いて、touchはそれよりも少し閉じ気味の中舌音だからかと思います
ただし、私が聞いた限り、どちらも同じ/t/の音です
aspirationの強い/t/は、日本人には「チャ、チュ、チョ」に聞こえるようです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なご意見ありがとうございます。
「(クリ)アー」の発音がされていることには気付きませんでした。

お礼日時:2014/09/03 01:09

>1つめはand the reason is clearの部分。


reasonとisの部分でズの音が濁ると思いますが、歌では濁らずリーサナスクリーのように聞こえます。

そのように聞こえるのが自然な発音です。
然しながら、爽やかな曲のイメージに沿うように、濁音を敢えて強調しない、意図的な配慮は当然為されていると考えても、何ら不思議ではありません。

>2つめはtouch of the breathの部分。
touchのtが歌ではチャーッチとch音のように聞こえます。

この質問は大変にポピュラーで、太古の昔にも下記のような喧しい質疑応答がありました。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6178966.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

イメージに合わせて発音を変えることもありうるんですね。
過去のQAも参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2014/09/03 00:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMine eyes have seen the glory of the coming of the lord.

表題の歌詞で始まる古歌(Battle Hymn of the Republic)ですが、歌詞を読んでも意味がよく分かりません。特に、出だしのMine eyes とは、My eyes でなくてもよいのでしょうか。「リパブリック賛歌」(ごんべさんの赤ちゃん)で知られるこの歌の由来や歌詞の意味をお教え願えたら幸いです。
それと、これは独立戦争(?)当時の歌ではなかったかと思うのですが、間違っていたらお教え下さい。
以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以前,似た質問があった時に答えた者です。よろしかったらそちらもご覧ください。
質問:「テロのニュースの中で ごんべさんのあかちゃんがかぜひいた~」
初めて公表されたときの写真(雑誌の表紙に掲載された)もそちらからたどれます。

また,ここのmineはmyの古形(主として母音やhの前であらわれる)です。ちょうど,不定冠詞のaが発音しやすいようにanとなるようなものと考えればよいでしょう。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=139067

QThe long term forcast for the company is that of steady growth~

The long term forcast for the company is that of steady growth unless the base customer changes drastically.

この文の that of の文法的な役割・意味を教えてもらえますか?

文としては
「その会社の長期的予測では、顧客基盤が劇的に変化しない限り、安定した成長が見込まれる」
というような意味だと思います。

問題集に載っていた1文なので文脈は分かりません。
ちなみに問題はunlessの部分が( )になっている穴埋め問題でした。

Aベストアンサー

この場合の that は、「長期予測」を意味するもので、それが主語で文頭に出ていますから、重複を避けるためで、that of steady growth の部分のみ訳すなら、「安定した成長が見込まれる長期的予想」になります。

QBridget Jones: The Edge of Reasonのこの表現

こんにちは
ちょっとAmazon.comでこの本を読んでいてわからないところがあったので、よろしくお願いします。
(下のリンクから何ページかページを進んでいただかないといけないので、お手数をおかけします)

http://www.amazon.com/gp/reader/0140298479/ref=sib_dp_pt/102-7819267-9973702#reader-page

1)最初(3ページ)の"total fat groove"というのは、どういう意味でしょうか?
”グルーヴ”というのは日本語にもなっていますが、
最も理解できない単語のひとつなのです(笑)

2)7:15 a.m.のところで"Posh Spice"というのが出てきます。これはその下にもBeckhamが出てきますが、
ヴィクトリアのことですよね???
翻訳ではイムラン・カーンと結婚したジェマイア・ゴールドスミスがどうのこうのと、全然違う話になっているのですが、どういうわけなんでしょうか???
日本での知名度から言ってもベッカム&ヴィクトリアそのままでいいはずなんですが・・・

3)7:35 a.m.(4ページ)の2行目"V."というのがでてきます。(8:45の3行目にも)これはどういう意味でしょうか?

こんにちは
ちょっとAmazon.comでこの本を読んでいてわからないところがあったので、よろしくお願いします。
(下のリンクから何ページかページを進んでいただかないといけないので、お手数をおかけします)

http://www.amazon.com/gp/reader/0140298479/ref=sib_dp_pt/102-7819267-9973702#reader-page

1)最初(3ページ)の"total fat groove"というのは、どういう意味でしょうか?
”グルーヴ”というのは日本語にもなっていますが、
最も理解できない単語のひとつなのです(笑)

2)7:15 a.m.の...続きを読む

Aベストアンサー

1)129 lb (total fat groove)
日記の書き出しで、ブリジッドではおなじみの体重&コメントなんですが、ほんとのところ意味がよくわかりません。129lb=9st3lbなのでまだまだ太いレベルですね。(確か一番痩せたときで8st11lbくらいだったので)そこで、まだまだ脂肪が・・・という意味でtotal fatとfat groove(コテコテのグルーブ(ユーロビート系の音楽))を掛けてtotal fat grooveとしたのでは?と思います。脂肪が弾んでいる感じも出るし、動詞でgrooveは楽しむ、うまくやるという意味にもなるので、何となくニュアンスはわかる気がします。

2)Posh Spiceは間違いなくヴィクトリア・ベッカムのことです(参照URL)が、or similar radiant newlywed(似たようなど派手なごく最近の結婚式)のことがジェマイア・ゴールドスミスのことを指すのでしょう。作者にしかわからないことなので翻訳者が補足したのでしょう。

3)v.はveryの省略です。v.g.(very good)やv.v.g(very very good)などの省略は作内で多用されています。日記の形式をとっていますから、適当な省略が可能なんでしょう。

参考URL:http://www.geocities.jp/victoria_beckhamjp/spprofile.htm

1)129 lb (total fat groove)
日記の書き出しで、ブリジッドではおなじみの体重&コメントなんですが、ほんとのところ意味がよくわかりません。129lb=9st3lbなのでまだまだ太いレベルですね。(確か一番痩せたときで8st11lbくらいだったので)そこで、まだまだ脂肪が・・・という意味でtotal fatとfat groove(コテコテのグルーブ(ユーロビート系の音楽))を掛けてtotal fat grooveとしたのでは?と思います。脂肪が弾んでいる感じも出るし、動詞でgrooveは楽しむ、うまくやるという意味にもなるので、何とな...続きを読む

Qyou are my reason to Die. you are the reason I Di

you are my reason to Die.

you are the reason I Die.

この2つの意味の違いを教えてください!!

Aベストアンサー

お前が死ぬ理由

私が死ぬ理由

Qthe best season in the year or the best season of the year

最上級を使った文についての質問です。「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。生徒にof→複数名詞、in→範囲(例:of the three3人の中で。in his classクラスの中で。)と教えていたので、返答に困りました。また、この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。特定の年ではないと思うのですが。辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

Aベストアンサー

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad seasonなどで構成されていて、そのうちのbest season)
(2)the tallest of the three(そのグループがその3人で構成されていて、そのうちで最も背が高い人)
(3)the people of Japan(日本がpeopleで構成されていて、そのpeople)
(3)は、「日本を構成している人々」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本で生まれて日本で大きくなった人々」というような意味です。


このような用い方のA in Bは、「Bが最外縁の境界線でありその中にある」という意味です。「AがBを構成している」という意味は表しません。例えば、次のようです。
(4)the tallest in his class(his classが最外縁であり、その中で最も背が高い人)
(4)では、his classを何人が構成するか、それが誰であるかなどには全く注意が向けられていません。ただ単に、his classという最外縁を示しているだけです。
(5)the Americans in Japan(日本にいる米国人)
(5)は、「日本に住んでいるあるいは来ているだけで日本を構成していない米国人」という意味です。日本国籍を有するかどうかというような厳密なところまでは言い表しませんが、感じとして「日本の中にその瞬間にはいる米国人」というような意味です。

したがって、いけない理由は、御質問の英文が「1年はseasonsで構成されていてそのうちのbest season」という意味だからです。御質問の英文でofの代わりにinを用いると意味になりません。

>この例文のyearにはなぜtheがつくのでしょうか。

構成要素に注目した場合のyearは特定のものだからです。例えば、best season、two good seasons、worst seasonで構成された「1年」は世界に1つしかないからです。例えば、次のようです。
(6)the second month of the year(1年のうちの2番目の月)
(7)the last quarter of the year(1年の最後の1/4)
(6)、(7)のofをinで置きかえると意味になりません。

>特定の年ではないと思うのですが。

特定の年ではありません。構成が特定である年です。

>辞書にはJune is always a good time of year for a vacation.というtheのつかない例文もありました。

御質問の英文のような内容の場面ではyearは可算名詞なので、冠詞を付けなければなりません(しかも、この場合は上に述べたような理由から、冠詞はtheでなければなりません)。
何も冠詞を付けないと意味になりません。

#1のtaked4700さんの御回答のとおりであり、これをなぞるだけにしかならないので申し訳ないのですが、蛇足を申し述べます。

>「夏が一番好きな季節だ。」は辞書にはSummer is the best season of the year.とありました。ここのofはinではいけないのでしょうか。

いけません。いけない理由は次のようです。

このような用い方のA of Bは「AがBの構成要素であること」「BはAなどで構成されていること」を表します。例えば、次のようです。
(1)the best season of the year(1年がbest season、bad season...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報