外国為替について勉強しています。
いろんな初心者向けサイトでは、「政策金利が上がれば、相場は上昇する」とか
「貿易収支が黒字になれば、相場は上昇する」というのですが、
相場が上昇するとは、「価値が上昇する」という意味でよろしいのですか?

価値が上昇する=円高やドル高になる ということなので
その国の通貨の数字は下がってくという認識でよろしいのでしょうか。

相場が上がる=買い時 という判断なのでしょうか。

回答よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「政策金利が上がる」


とある国があるとしましょう。この国の政策金利があがると、その国の中の銀行は、頑張って
貸出先を見つけなくても中央銀行にあずけとけばいいじゃん、となります。
外国の人から見ると、あの国の金利があがるならば、そこに預けとけばいいじゃん、となります。
というわけで、その国の通貨が人気がでて相場があがるということになります。
(円の相場があがるというのを「円高」といって他の通貨に比べて交換レートの数字が小さくなる
ことをいいます。)

「貿易収支が黒字になる」
貿易収支が黒字になるとは、ある国にとって支払よりも収入のほうが多くなることを意味します。
これはその国の通貨が世界中から戻ってくるということになりますので、その国の通貨の量が
世界的に少なくなる、すなわち希少になるということになります。
そうなると入手しにくくなり、結果として相場があがるのです。

「相場があがる=買い時」
一般的にはそうなります。為替も株と同じで「皆があがる」と思って買いに走れば上がってしまう
のです。でも「皆が本当にそうか?」と思った瞬間に売られて下がります。
わかりやすいのが「ビットコイン」でしょう。皆が将来上がると思っていたときは一気にあがり、
疑問を持ち始めると一気に下がってしまいました。
まぁ株と異なり為替は多くの要素が入り乱れますのでなんとも言えないのですが。。。
    • good
    • 0

>相場が上昇するとは、「価値が上昇する」という意味でよろしいのですか?



為替相場は複数の通貨が価値を決めるのです。たとえば日本円の価値をきめるのに、USDからは1.3倍になっても EURからは1.1倍しかならないという具合です。
    • good
    • 0

ドル/円の通貨ペアで説明すると、「上昇」とは「ドルが買われる」、「下落」=「ドルが売られる」という意味です。


ドルを中心に言うのが普通かと思われます。でないと、4つの言い方がありややこしいからです。
1.ドルが買われる
2.ドルが売られる
3.円が買われる
4.円が売られる
1と4、2と3は同じ事。

価値とおっしゃっていますがちょっと意味がわかりません。

「買い時」「売り時」の判断方法は人によって異なりますので、相場がどう動いたかで一概には言えないと思います。

また、世間一般に、ニュース・ネット・書籍・セミナーなどで「~の理由によってドルがどうした」「円が売られたのは~によるもの」と相場の動きに理由づけをしているのが当たり前(主流)のように見受けられますが、それさえも本当にそういう理由で相場がその方向に動いたのかどうかは定かではないと私は考えます。なぜなら、全てが「相場が動いた後から」放たれた発言であり、「相場より先に」予測されたコメントがはずれた場合には、それについての説明は一切ないからです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「豪ドル/円が上昇する」とは円高進行なのか円安進

為替相場の解説をきくとよく「豪ドル/円が上昇する」とか「豪ドル/円が低下する」とか聞きますがこれは円高になるということなのか、円安になるということなのか無知な小生には判別できません。どなたかご教授ください。「豪ドル/円が上昇する」とは円高になるのでしょうか。それとも円安になるのでしょうか。

Aベストアンサー

難しく考えることはないと思います。
通貨ペア(通貨の組み合わせ)における並び順は分数と同じです。
日本国内では大抵の通貨に対して日本円は右側、つまり分母ですので、
その通貨ペアが上がれば円安、下がれば円高と覚えれば十分です。

ですので、「豪ドル/円が上昇する」というのを分数で考えれば、
豪ドルが上がるか、円が下がるかの話ですから豪ドル高円安です。
ユーロ/豪ドルという通貨ペアが下がれば、ユーロ安豪ドル高です。

ここからは余談になりますが、
このとき、その原因が豪ドルにあれば豪ドル/日本円相場は上がります。

ちなみに、この右側の通貨のことを決済通貨といいますが、
文字通り右側の通貨で左側の通貨を売買しているという意味です。
日本国内で大抵の場合日本円が右側に来ているのは、
日本円で決済する便宜を考えれば当然ですね。

Q相場が安定した通貨の組み合わせ

為替の仕組みに興味がありFXについて勉強中です。
もっとも相場が安定した通貨の組み合わせは何でしょうか?
安定した通貨の組み合わせを選択すれば確実に利益が出ると思ったのですが
そんな簡単なものではないのでしょうか?

Aベストアンサー

EUR/GBP
NZD/AUD
などが安定しています。
このペアはFXよりオプション取引がいいかと。


ドル
基軸通貨だがEURに押されている。戦争、テロでいつ暴落するか不明。
また借金だらけ、大赤字の国


低金利なので投機筋に遊ばれている。
特にGBP/JPYなどはスワップも魅力でショートされキャリートレードされる。
ちなみにらGBPは既に3代通貨になっている。円は外れてしまった。
北朝鮮やアジアの情勢、および国内の借金、増税、M&Aのしにくさ。
からして円高になる要素が無くなってきている。
確かにトヨタ利益2兆円とかいわれても、1日220兆円動く世界では少額。

ユーロ
それほど経済力はなく、イタリアなどは政府が破綻指定のと同じなのに
戦争やテロの心配が無く安心。
アメリカの資産家が自国の通貨は危険だ、不安だ。という理由でユーロに移す。
旅行などにはいいけど・・・高いねー。
失業率も高いです。

ポンド
過去にイングランド銀行が投機筋に負けて大暴落した通貨。
高すぎます。いつ暴落してもおかしくありません。
ユーロに吸収されるとかされないとか。

NZD,AUD
高金利通貨の代表。
ただし流通量、取引量は少ないのでなにか起きたら大暴落。


中国元
将来上がるのはほぼ確実だが・・・
手数料が高い。

スイス
安定通貨、そして犯罪の資金洗浄窓口。
スイスの銀行は犯罪者でも身元を教えない・・・は嘘ですよ。



安定通貨の組み合わせ?
例えばUSD/JPYなら105以下で買い、120以上で売りです。
どちらも国の事情でこの範囲を超えさせると大変なのでさせません。
安定、ローリスク望めば利益は出にくいです。
GBP/JPYショートなんかマイナススワップがつらくてやりにくいでしょ?

金利が高く(高すぎはダメ[7%~])、経済成長の見込める国が安定しています。
大赤字の国(日本、アメリカ)はダメ。

ちなみに世界の金利が皆同じで戦争などの地形学的リスクもなければ
USD/JPY = 80,EUR/JPY = 70,NZD/JPY = 45ぐらいとか。

EUR/GBP
NZD/AUD
などが安定しています。
このペアはFXよりオプション取引がいいかと。


ドル
基軸通貨だがEURに押されている。戦争、テロでいつ暴落するか不明。
また借金だらけ、大赤字の国


低金利なので投機筋に遊ばれている。
特にGBP/JPYなどはスワップも魅力でショートされキャリートレードされる。
ちなみにらGBPは既に3代通貨になっている。円は外れてしまった。
北朝鮮やアジアの情勢、および国内の借金、増税、M&Aのしにくさ。
からして円高になる要素が無くなってきている。
...続きを読む

Q景気と通貨価値との関係

景気が悪くなると言って各国の株も通貨も大きく下落しています。
しかし日本だけ株は大きく下落してるのに円高とは何故ですか?
単に避難通貨だからという理由では理解できません。

Aベストアンサー

>>株は大きく下落してるのに円高とは何故ですか?

逆でしょう
円高が株価を下げています
未だに市場では、円高=日本企業に不利益=株売り
と考えてる馬鹿な人が多いからです

円高に関しては、通貨競争力として当然の
レートになってきたというだけでしょう

他の回答にも書きましたが
ロンドンの地下鉄最低料金は3ポンドです
250円の時は、日本人がイギリスの地下鉄に
一駅乗ると、750円です
ありえないですよね
発展途上国ではなく、世界第二位の経済大国
の通貨として過小評価しすぎです

地下鉄の一駅料金が210円とすれば
210円÷3で1ポンド=70円程度が
常識的なレートでしょう

他の通貨も同じことです
ドルで100円
ユーロで80円~90円
が良い線でしょう

そういう意味でいうと、円高になったのでなく
円が本来の価値に修正されてきたと
考えるべきです

QG7通貨価値調整について教えて下さい

よくG7前になると「今、円安が問題になっているから、こんかいのG7で円安調整が議題になるかもしれない」といったことが噂されますが、過去を振り返ってみてG7で特定の国の通貨の高低が問題視され
その国の通貨の為替価値を操作することになったということは実際にあるのでしょうか?過去の議事録を見ていても、そういう文面が見当たらなかったので、あえてお聞きしてみました。

Aベストアンサー

G5はG7ではないですが、プラザ合意は為替操作の合意です。また、昨年4月のG7では「通貨の不均衡是正」という表現で、急激な円高になりましたが、いつの間にか忘れられました。

Qドル円相場の上昇とは円安のことですか?

ど初心者な質問ですいません。

最近FXの口座を開いたのですが、
為替のブログやニュースでの「上昇、反落、戻り売り」等の用語の使われ方が、よく解かりません。{株の記事中はわかります。}

ドル円相場上昇=円安
(戻り)売り=円買い

との理解で良いのでしょうか?
私の読解力が無い為か、下記の2つの記事では、反対の使われ方をしているように思えるのですが・・。

日経(円安=相場下落?)
http://markets.nikkei.co.jp/kawase/summary.aspx?id=ASM7IAA05%2030092009

サーチナニュース(円安=相場上昇)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0929&f=business_0929_068.shtml

日経の記事は、NY市場だからでしょうか?

おバカな質問ですが、どなたかご教示ください。

また、気のせいかもしれませんが、昔の為替のニュースでは、上昇、下降等の用語は使わなかった記憶が有るような、無いような・・。そのあたりもご存知の方教えてください。

ど初心者な質問ですいません。

最近FXの口座を開いたのですが、
為替のブログやニュースでの「上昇、反落、戻り売り」等の用語の使われ方が、よく解かりません。{株の記事中はわかります。}

ドル円相場上昇=円安
(戻り)売り=円買い

との理解で良いのでしょうか?
私の読解力が無い為か、下記の2つの記事では、反対の使われ方をしているように思えるのですが・・。

日経(円安=相場下落?)
http://markets.nikkei.co.jp/kawase/summary.aspx?id=ASM7IAA05%2030092009

サーチナニュース(円...続きを読む

Aベストアンサー

確かにちょっと読んだだけでは両者が矛盾した用語を使っているように感じますね。
しかし、よくよく読んでみると、日経の方は「29日のニューヨーク外国為替市場で円相場は・・・」という書き出しで、文章はあくまでも円相場(円の価格)を主体に書いています。それで円安=円の下落となります。
一方、サーチナニュースは「東京午前のドル・円相場は・・・」であり、これは、あくまでも(円に対する)「ドル相場」という立場です。ですので円安=ドル高=相場上昇。と書いています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報