精神異常者?による恐ろしい事件が起きてしまいました。これ程悲惨な犯罪でも、犯人が精神異常の場合、罪に問われない可能性が指摘されています。私は、健常者も精神異常者も本来、等しく罪の前では平等に裁かれるべきだと思います。人権問題や社会復帰の可能性も尊重されるべきかもしれませんが、果たしてそれで良いのでしょうか?

殺人を犯した場合、いかなる状況においても、死刑か無期懲役が妥当だと思います。さもなければ亡くなられた方や家族が浮かばれません。

もし、精神異常者の罪が問われないなら、社会復帰へのハードルはもっと高くせざるを得ないでしょう。法律はいったい誰のために、何のためにあるというのか。

法律は万能でもなければ、普遍でもないはずです。不合理があれば、法の改正も国民として訴えるべきではないだろうか?
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

 今朝の読売新聞の「解説と提言」に対して送信した意見です。

参考になれば幸いです。

 私は精神科の医師ではありませんので、専門的な知識には不足しております。しかし、精神医療・人権侵害・弱者保護ということには強い関心を持っていますので、私が所属する医師会メーリングリスト・OKweb(インターネットのサイト)などの手段を通じて私が感じた疑問点を調べてみました。
 先ずは今回の容疑者の病気ですが、報道によれば精神分裂病となっています。ある精神科の医師が運営しているHP(http://www3.ocn.ne.jp/~sakura/seisinrikai.html)での記載によれば、本症は1000人に8人位の発症率で、その長期予後は、ほぼ回復する人(自立)が25%、なんとか社会生活が可能な人(半自立)が25%、家庭内で生活可能な人(家庭内自立)が25%、再発し入院を繰り返す人が25%だそうです。再発に関しての記載では、「薬を止めると1年以内に80%の人が再発する」と書かれています。
 精神障害者家族会は、「病歴報道によって読者に“精神疾患”が原因、動機であると読まれてしまい、その結果“精神障害者はみな危険”という画一的な偏見を助長してしまう」ことを懸念しておりますが、そのような懸念を払拭するためにも、危険性の有無を明確にする必要があると思います。
 私は今回の容疑者は、担当精神科医のコメント(「退院時は、犯行を引き起こすような精神状態にはなかった」)を考慮すれば、病気が犯行の引き金にはなっていないと判断されます。
 惜しむらくは、「薬を止めると1年以内に80%の人が再発する」ことが分かっており、実際に通院が途切れがちであったにも関わらず、それに対する対応が不十分であったことです。
 私が調べたところでは、“精神鑑定”は法律用語で、“犯行当時の刑事責任能力の判定”と、民事の“行為能力の”判定が主なものだそうです。したがって精神鑑定は、再発、再犯のおそれを判定するものではないそうです。
 精神鑑定をしても再犯の恐れを判断できないとなると、市民はいったい何を「安全」の目安として考えればいいのでしょうか?
 95年にできた精神保健福祉法は、精神障害者が地域で暮らせるように流れを変えたそうですが、その流れを今回の事件で後退させないためにも、安全性の基準となる新しい指標の確立と、危険性の高いケースの場合には読売新聞9日の紙面にもあったような「監督退院」あるいは「監督登録制度」などの導入に関して論議が早急に必要だと思います。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~sakura/seisinrikai.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠に有難うございます。今回の問題は、何か一つ解決すればそれで良しと言う単純な問題ではなく、様々な問題を含んでいます。被害者や精神障害者の人権、刑事責任の判定基準、健常者と障害者の共生。社会安全性や健全性の確保。精神障害の治療のあり方。保健福祉法のあり方。マスコミ報道のあり方。再発、再犯防止策。国民の道徳性等。あげればきりがありません。あれもこれもは出来ませんが、せめて、ご意見の通り、一過性の悲劇と捉えず、根本的なところの議論を早急に、精力的に展開し、新しい基準の構築と社会のつくりかえに向けた国民一人一人の責任と自覚を確認し合いたいと思います。今から、自ら出来る事は何か・・・。問うて行きたいと思います。

お礼日時:2001/06/12 12:56

殺人を犯しても罪に問われないかもしれないような人間を、なんで大手を振って一人で歩かせるのか、変な世の中ですね。


世の中、保証人がなければお金も家も貸してもらえないのですから、彼らも保証人なしで出歩くことはやめて欲しいです。

人間を殺してはいけない、ということがわからない猛獣は放し飼いにしてはいけないし、もしペットが人を殺したらペットはもちろん殺されるだろうし飼い主もただではすまないはずなのに、なんで彼らは誰も管理しないのでしょう。

「そんなことしたら軽症の人まで管理しなくてはならなくなるから」と言うのでしょうが、だったら精神病の医者って、よくそんな見分けもつかずに商売してますね。
警察や病院が、実際に事件が起こるまで何もしないのなら、法が改正されるまで自警団でも設立するしかないでしょうね。やみくもに学校を見張るだけでは、学校以外で殺されることだってあるのですからなんにもなりません。そういう人間を事前にチェックして見張りをつけることも必要になってくるだろうと予想します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠に有難うございます。連日マスコミの報道により事件の解明が進められておりますが、この際、法改正を含めて社会秩序の回復に向けて様々な取り組みがあることを望んでやみません。また、個人として崩壊寸前の現代社会に於ける責任をどう果たし得るかを真剣に考えて、今後の行動に結び付けていきたいと考えております。多くの国民の皆様の想いがより良い社会建設の力強いパワーになりますように・・・。

お礼日時:2001/06/10 08:36

今回は無罪は無いだろうと思ってます。


入院歴があろうが薬を飲んでいようが、「捕まって死刑になる」、つまり、それが重大な犯罪であるとしっかり認識した上での犯行であった以上、「心神喪失状態」では済まされないでしょう。
ただ、死刑にしたところで本人にとっては‘安楽死’でしかないのかもしれませんけど。
死刑になりたくてやったんだから、少なくともここではどんな法律も罰則も抑止力として機能していない。
障害者の人権尊重も結構ですが、周りの不特定多数の人の生命、財産を危険に晒してまでそれを守る意味が果たしてあるのでしょうか?
事後の精神鑑定なんてホント無意味、どっかの誰かの責任逃れにしか思えませんが。

死刑より重い罰ってないものかと思います。
取り押さえたその場でなぶり殺しにしてもよかったんじゃないかとさえ思います。
思い上がりでしょうが、もし自分があの場にいたらあるいは・・・そんなことも考えます。
基地外が刃物を手にしてしまえる現状、少なくとも自分の身は守れるぐらいのスキルも身につけておきたいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠に有難うございます。今回の問題は異常な行為ではありますが、特殊なケースではないかも知れません。
残念なことですが、全国どこでもあり得ることです。それ程現在の日本は病んでいます。何故このような社会になってしまったのでしょうか?先に「日本の道徳」という書籍が出されましたが、大いに感銘しました。今、日本人の生き様が真に問われている時代だと思います。政治、経済、文化、家庭、様々な分野で作り替えをしなければ大きく崩れた体制を立て直し、新しい日本社会に明るい未来は決して開けないのではないでしょうか?

お礼日時:2001/06/09 14:58

こんにちは、この事件で被害者になられた方には大変悔やまれてなりません。



しかし、原因追求は、きちっとするべきで、即死刑判決を下すのは問題があると思います。警察の捜査も被害者なければ、何もなしという対応、公開されることなく
次の犯罪が起こるといった現象が多く見られます。警察の対応、司法の対応には、一般市民から見て異常さが感じられています。

犯罪者ばかりでなく、これからは、社会責任ならびに政治責任を問うべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。何事も即断、即決が良いわけではないと思います。犯罪者と言えども人の命や一生に関わることですから慎重な対応が望まれます。しかし、被害者のご遺族や関係者の心情を考える時、裁判の厳正さ難しさがあるのしても、判決が出るまでの歳月の長さは何とかならないものでしょうか。事件を風化させない為にも、一日も早い事件の真相解明と一定のけじめをつけて頂きたいものです。

お礼日時:2001/06/09 14:42

皆さんのご意見と同様に私も極刑をもっても生ぬるいと思います。


社会的弱者を守るための法律ならば、このT容疑者は弱者なのでしょうか?
彼のとった行動は、精神障害と闘っている方の人権をも損ないかねない最悪、卑劣なものである。
この場ですから、極論になってしまうんですが彼が精神薄弱の理由で現行の法律に守られたとして、その場合懲役でもないし労働もなく彼が生きていくための治療費や食料費などを我々の税金で賄われるということになるでしょう。そんなことが許されるんでしょうか?
「神戸の事件」の模倣犯が出たように彼がこれだけマスコミの注目を浴びてしまえば、そんな愚弄なことにでも憧れを持つ若者がまたでてくる。第2、第3の「池田事件」を防ぐためにどういう展開で彼を追い込んでいけるかというのも重要なことだと思います。
あくまで私見なんですが、江戸時代のような処刑方法というのは復活できないでしょうか。彼にはとてつもない憤りを感じざるを得ません。
yukotanさんのようにこういう難しい問題を提議される方がどんどんでることで警鐘を鳴らし続けることは必要だと思います。がんばって下さい。
本当に日本はどうなってしまったんでしょうか?
安心して授業を受けられるような、安心して電車に乗れるようなそんな国家に戻れるように我々国民が考慮しなければならないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠に有難うございます。安全であるべき学校でこのような信じられない事件が起こってしまったことを、私たちはどう捉えるべきなのでしょうか?実はokweb上でこのような質問をすることは、主催者の本来の趣旨とは違うことかもしれませんし、多少のためらいがありましたが、むしろ、インターネットの新しい使い方や活かし方という観点から、もっと、ヘビーな問題にも多くの意見のやり取りが自然にあることが、新しい時代に即応したメデイアを使う意義の一端もあるように思います。皆様のご意見本当に力強く思います。このような想いを社会の再建に活かしていこうではありませんか。

お礼日時:2001/06/09 11:07

私もあなたの意見に賛成です。


いかなる障害や事情があっても、人を殺すに至る行為を行ったモノを人権擁護する必要などもうとうなく、そればかりか、ちゃんと裁かれなければなりません。
この犯人の場合、勤めていた小学校で自分の服用していた安定剤を混ぜたお茶を職員に配り、飲ませたという前歴があるそうです。その際にも、死に至るモノがなかったことや、その男の精神的な異常を理由に無罪となったそうです。
それこそ、障害があるとか疾患があるから何をしても良いと言われているのではなく、裁くに値しない人間以下だと公言されているようなモノです。

そして今回、私がもっとも悲しく思ったのは、突然のこの事件に対し、マスコミの報道は敏速に動き、詳細に伝えました。でも、死者を出したこの事件で、同じ病院に運ばれた軽傷の児童がベッドでTVを見ながら笑っていたという旨の近況を詳細に伝えたり、事件に遭わなかった児童に対し、唐突にもマイクを向け、インタビューを重ねるなど、過剰な報道ではなかったかと思います。自分の子どもを失ったばかりの親には、同じ病院に運ばれた別の児童の元気な様子を聞かされること自体、辛すぎることだと思うし、そして事件の残忍さとコメントをすることの重大さをまだ理解し得ないが、マスコミのTVにうつることの関心が強い子どもへの配慮のなさ、あまりにも酷すぎやしないかと思いませんか。もうすこし、被害にあった子どもたちや親御さんの気持ちにたった報道を心がけねばならないと思うのですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。人道主義について、もう一度議論することが必要かもしれません。事件の中身、犯罪の質、犯罪者の精神的背景など、法律制定時とかなり違いがあるのではないでしょうか。マスコミの報道のあり方も現状のままで良いのでしょうか?報道の自由や真実を報道するという使命のもと、あまりに無神経で、身勝手なマスコミ報道には警告を発したいと思います。マスコミは人を評価することは得意でも自分自身を律することが不得意なようです。

お礼日時:2001/06/09 09:46

1)精神異常者を監禁したり隔離しない方がよい。


2)死刑は絶対に人道上の観点から止めるべきである。

この2点を強力に推し進めた進歩的な弁護士、教育者、ジャーナリスト達の意見を
押しつぶし法律を改正しない限り、根本的な解決は望めないでしょう。

報道によれば、オームに一家を殺害された[坂本弁護士]のグループもそのような
考えと聞いていますが、いかにもインテリらしい自己陶酔的な胡散臭さを感じるだけです。

・・・進歩的文化人からは猛反発を喰うでしょうが、戦後教育の日教組的悪影響を受けた、
最近の憐れな日本の世相についての私の感想です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。皆様のご意見ごもっともだと思います。しかし、そうした国民の率直な意見と法の執行や識者の意見の間にギャップあるような気がします。現状に様々な問題点、疑問点がある場合、その改善を求める庶民の力をもっと持つべきではないでしょうか。

お礼日時:2001/06/09 09:34

度々思うんですよ。

皆さんが仰る通り…

こんな犯罪、許せます?冗談じゃないって思います。
私だって、子供を持つ身、正直、親御さんの気持ちを思うと、全く残念に
思います。

精神を病んでいるからって、自分が死ぬに死にきれなかったからって?
そんな事、あんたに関係ないじゃないか、って。
こんな事、不謹慎かも知れないけど、精神安定剤じゃなくて、睡眠薬を何度か
貰ってきて、全部のめばよかったのにって。

<この容疑者の親のしつけが悪いから
<こういう人間になったのであって
<親の責任でもあります。
No.6のdoroteasuさんが仰る通りです。
親のしつけがなっていなかったのでしょう。
或る情報では、親から勘当されたばかり、とも聞きます。

しかしながら、いい大人(37歳)にもなって、このようなことが、どれだけ
反響(反感)を呼ぶか、という事を何故考えなかったのでしょう?

精神異常者、事件に遭われた子供、今回なくなられたお子様の親御さん
これからの、法的・国的処置を、子を持つ親としても何とかして
もらいたいと思わずにはいられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。この種の事件が起きる度、現行法に疑問を持ってしまいます。法に携る方々はそれに従うだけではなく、真のあり方を自ずから問うて頂きたいものです。

お礼日時:2001/06/09 07:44

精神異常者で片付けるのはどうかと思います。


この容疑者の親のしつけが悪いから
こういう人間になったのであって
親の責任でもあります。

また、真に精神異常なら
世間の目に触れるところを
のこのこ歩いてもらっては困る!

最近、電車でもそういう人が単独で
乗ってきたり、そういうときに限って
他人を突然ぶったり、大声をあげたり、
周りはビクビクしてますよね。
だって、何かされても
保証金も何も出ないんだもん。
やられ損ですよ。

平等平等って叫んでますけど
一体どこが平等になるんでしょうか?
人に迷惑を掛けないでまじめに働いている30歳のサラリーマンと
茶髪でピアスで厚底靴の20歳の女の子と
同じ選挙権を持っているのも
ちゃんちゃらおかしいですね。
もう、この国はおかしくなっている。
メディアも原因の1つですね。

話をもとに戻しますが
このニュースを見て
同じ事をするバカが
絶対近いうちに、出てきますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠にありがとうございます。法の前に国民が平等というのは、いったいどういうものなのでしょうか?とても疑問になります。

お礼日時:2001/06/09 07:51

このようなことは2チャンネルがもっと活発な会話をしています。


 まず精神障害とう心神喪失で罪に問えない、、ということがありますが私は、まず通常の裁判を経てしかるべき判決がでた後、ゆっくりと事件当時心神喪失であったかどうか問えばよい。と思います。
 次に、犯罪者の人権ですが、犯罪者も一般人と同じように人権があると考えるから無理がある。犯罪者には犯罪者並の人権でよいのです。確かに人権は大事だけども、犯罪を犯すと言うことは、相手の人権を無視することです。特に殺人は相手の人権を完全に無視したもの。何故殺人者にも一般人と同じように人権を言う権利があるのか。人権絶対主義にはうんざりしています。
 死刑制度。日本は無期懲役のうえが死刑です。それも絞首刑。間ができたとして終身刑。ご存じのように死刑反対の理由に「死刑は仰止力にならない」というのがありますが、人の知らないところでこっそり執行しているのではいみがないでしょう。人前で堂堂と法の執行を見せれば本来は効果のあるものです。(今は人権とか残虐行為とかでだめですが)近世まではそれは世の東西で行われていました。昔の人の知恵は生活や環境だけではないと思います。
 弁護士と司法。弁護士は依頼人を弁護するためにうそをつきます。ほんとです。大切なのは事実を解明すること。しかし、弁護士は事実を解明するよりも依頼人を大事にしますから、結果として事実はゆがんだものになってしまう。できれば医師立ち会いのもと法廷で容疑者に自白剤を投与して事実を引き出したいですね。
さかきばらにしてもオウムにしても、遅々として進まないのは実に腹が立ちます。

参考URL:http://www.2ch.net/2ch.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠に有難うございます。おっしゃる通り、人権絶対主義にはいつも憤りを感じます。そういう事を声高に言う方は、無残に失われた人権はどう捉えて折るのでしょう。

お礼日時:2001/06/09 07:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報