【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

アイスクリームとか冷えたジュースとかは現代の庶民の圧勝としても、自然系食品の豪華さはどんなもんでしょうか。
農業・畜産は技術の積み重ねで現代の霜降り肉のようなのがあるというような内容も見たことがありますが、そうなると魚とか自然で勝手にできるものを採集する以外の食品は現代庶民のほうがいいもの食ってる可能性大ですか。
昔だと刺身は海に近い場所でないと食えないからその場所では肉の入手が困難なのかどうなのか。逆にいい肉や野菜を取ろうと内陸部に行くと今度は魚が食えない?
中国の皇帝は金に糸目をつけず絶えず馬を走らせてそういう矛盾をなくして両立を実現できてたのか、どうなんでしょうか。
日本の昔の将軍様の再現写真を見ても現代人感覚だとなんか微妙なのが多いですが外国の王様や貴族の食事の再現図みたいなのはどこかにないのでしょうか?
昔の日本の大金持ちの食事がしょぼいのは日本自体が貧しい国だからであって中国やヨーロッパは違うのか、それともどこでも大差ないのか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

現代の庶民のほうが、100年前の王様よりも、断然豪華な食事をしているといえます。



まず、豪華と言う意味をどのように取るか、ですが
・食べたいものが食べたいときに食べられること。
・品数が豊富なこと
・旨味など「うまさ」を感じるための工夫が豊富なこと
・調理方法が多岐にわたること
とします。

この内容をひとつひとつ検討します。
・食べたいものが食べたいときに食べられること。

もう圧巻で現代人の勝ちです。なぜなら、100年前ぐらいまで冷蔵庫も冷凍庫もまともにありませんでしたし、ビニールハウスなどもありませんでしたから、どれほど巨大な富や権力を持っていても、旬の食べ物、しか食べることが出来ませんでした。夏以外にきゅうりやトマトを食べることはできず、逆に夏でも氷は荘簡単に手に入るものではありませんでした。

電力が普及した今では、世界中で食べたいものが食べたいときに食べられます。

・品数が豊富なこと
これもいうまでもありません。たとえばゴーヤーだって最近はどこのスーパーにも売っていますが、100年前なら沖縄の人しか知らないでしょうし、持ってくるのも大変です。そもそも「知っている」ということが、食べ物の興味につながりますから、どれほどの権力を持っていても「沖縄のゴーヤー」とか「タイのカオマンガイ」などの情報を取得することは困難です。

インターネットで「ふーんこんな料理もあるんだ。おいしそうだな」と情報を取得し、レシピを確認すれば大体作れます。また世界各国の大都市なら、全世界の料理が食べられると言ってもいいぐらいでしょう。

・旨味など「うまさ」を感じるための工夫が豊富なこと
そもそも「旨味」は1908年に日本人の科学者が昆布の中から発見したグルタミン酸などがその正体です。もちろん、それ以前から日本人なら昆布だしや鰹節など、外国ならフォン・ド・ボーなど「旨味」を出すための工夫はされていましたが、現代においてはより手軽に「旨味」や「塩味」を得られますし、甘味についても非常に簡単に得ることができます。

100年前ぐらいまでの料理はまだまだ「伝統的な文化の料理」が主流でしたので、上記の情報と合わせて「もっとおいしくする方法がある」というところになかなか行き着きませんでした。

現代では「旨い」ということが科学的にも分かっていますので、貪欲に旨さが追求されています。

・調理方法が多岐にわたること
100年くらい前は、日本で言えば竈・炭火・蒸すぐらいしかありませんでしたし、ヨーロッパならオーブンと炭火ぐらいであったでしょう。中華料理は日常的に蒸すことができましたが、中華料理の基本である「炒」はコークスを使う中国独特の方法でしたので、他国の文化では不可能といっていいぐらいでした(もちろん情報が少ないので、そんな方法すら知らない)
特にアジア以外の文化圏には「蒸す」という方法はほとんどないはずです。

しかし、現代のように電気・ガスによる調理器、電子レンジ・さらには凍らせてから粉砕するなど料理法は多岐にわたります。

100年前のヨーロッパの王様は、蒸し料理など食べたことがなかったでしょうし、日本や中国ではオーブンでとろとろになるまで焼いたローストビーフを食べることが出来なかったといえます。

現代では、どのような国であってもガスと電気さえ調達できれば、調理器具をそろえることは難しくありません。
また、シュールストレミングスのように缶詰が発明されたから、食べることが出来るようになった食品もあります。

以上のような観点から、100年前からそれ以上前の権力者よりも現代の庶民のほうが間違いなく贅沢な食事をしているといえます。

そのうえで、カップラーメンばかり食べるのか、オーガニック食品ばかり選ぶのかはある程度の資金差はあっても、べらぼうに違うということはありません。たとえば国の上位10%以内の金持ちしか、食べることができない「料理」なんていうものは存在しないといっていいぐらいです。

生産技術・輸送能力・保存技術・情報そしてそれらを支える電力や航空機などのインフラを総合すれば、100年前では絶対に不可能な食べ物も食べることができるのが、現代の食生活であるといえます。

何よりも、現代は「世界の総人口よりも、食料供給量が常に上回っている」状態であり、世界人口が100億になっても食料供給は間に合うと言われていますので「飢える事が無い」というのが一番の贅沢でしょう。
どの時代の為政者も「民を飢えさせないこと」に一番神経を使ったわけですから、民が飢えなければ自分の食事もさぞおいしいでしょう。

ただ、残念ながら難民や独裁政権など民衆が飢える国や経済状態の地域が、21世紀の現代でもあることが残念です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/09/06 21:11

100年前だと、王様や権力者のほうが圧倒的に豪華です。


1000年前だと、中国は豪華だったでしょうが、それ以外の国はだめでしょう。ヨーロッパなどは酷いものだったと思います。日本などは中国の影響でまだましなほうだったでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/09/06 21:11

>魚とか自然で勝手にできるものを採集する以外の食品は現代庶民のほうがいいもの食ってる可能性大ですか。


現代は種類は豊富ですけれども、同じ食材を比べていいかわるいかは全く別問題でしょう。
ただ農産物は品種改良が進んでいませんのでしたので、果物のようなものは現代のほうが美味しいでしょう。

日本人は縄文の昔から自然と調和して生きてきました。
結果としてその土地ならではの山菜や水産物が豊富にあります。
近年はコスト優先で調理済み加工食品や半調理品が大量に輸入されています。
季節感などゼロです。
昔ながらの伝統的なものを食べようとしたら庶民には縁遠い値段になっています。
これをどのように考えるかです。
中国産の水煮のタケノコを食べるか掘り立ての乙訓の筍を食べるかのような違いがあります。
ノルウェー産の鯖の干物を食べるか関サバを食べるかの違いがあります。

>昔だと刺身は海に近い場所でないと食えないからその場所では肉の入手が困難なのかどうなのか
何の肉を食べるかでしょう。
ヨーロッパでは牛や羊のような家畜の肉であれば海岸からの距離はあまり問題にはならないでしょう。
江戸の町でも薬食いといって猪はよく食べていました。
女性陣からは嫌われていました。
沢山川柳があります。
猪を食ったが知れてやかましい
薬ぐい女房きせるをひったくり
くじら鍋たわしをひとつすてる也(やまくじら=猪)
厳寒に酒あたためて紅葉鍋(もみじ=鹿肉)
けだもの屋藪医者ほどに口をきき(けだもの屋=獣肉を扱う店)
毒になるやつと並んで薬食い(毒になる=酌婦)
etc

>いい肉や野菜を取ろうと内陸部に行くと今度は魚が食えない?
生は無理でも干物は食べられました。
蝦夷(北海道)産の身欠きにしんは今でも京料理のメニューです。
身近なものとしてはにしんそばがあります。
棒鱈は関西のおせち料理には欠かせません。

>中国の皇帝は金に糸目をつけず絶えず馬を走らせてそういう矛盾をなくして両立を実現できてたのか、どうなんでしょうか
中国大陸は清涼な水に恵まれなかったことから、食材は全て加熱調理します。
同時に魚を生で食べる習慣が育ちませんでした。(命にかかわります)
全て乾物です
ふかひれ、干しなまこ 干しあわび、くらげ、現在でも高級料理です。
現在の海鮮中華というのは日本で生まれたものです。

>日本の昔の将軍様の再現写真を見ても現代人感覚だとなんか微妙なのが多いですが
ステーキやハンバーグがないと微妙と感じるのは現代人の感覚です。
家康は鯛の天麩羅の喰い過ぎでなくなりました。
天麩羅やにぎり寿司は江戸っ子が屋台で喰うファーストフードでした。

>昔の日本の大金持ちの食事がしょぼいのは日本自体が貧しい国だからであって中国やヨーロッパは違うのか、それともどこでも大差ないのか、教えてください。
肉を有難がるのは大二次世界大戦後の貧困の中でアメリカにあこがれていた世代の置き土産です。
パンに肉や野菜を挟んだだけの弁当と色とりどりのおかずが付いた米の飯の弁当を見て、肉が入っているからサンドイッチやハンバーガーの方が豪華だと思うのは個人の価値観でしょう

フランスでフォークが使われるようになったのは1600年代以降です。
それまでは小型の包丁すなわちナイフを使って手で摘まんで食っていました。
焼いた肉の塊をナイフで削りながら喰うのが豪華かどうかです。
今でもフルコースの洋食に指を洗うフィンガーボールなるものが付いているのはこの名残りです。
ドイツの主食はジャガイモとソーセージです。これを貧しいくないと見るかどうかは個人の価値観でしょう。

肉の臭みを誤魔化すために、大量のスパイスを使いました。
このスパイス欲しさに命がけで大洋へ乗りだしていきました。
胡椒が世界史を変えたというのはこのことを指しています。

中華料理で銀の箸や食器をつかったり大皿に盛りつけて主客が分けてたべるのは毒殺を予防するために考えられたものです。
ヒ素が含まれていれば銀は直ちに変色します。
加熱して大皿に盛るのが豪華と思うかどうかは個人の価値観です

紀伊国屋文左衛門は鯛のほほ肉だけをつかった蒲鉾を作らせて食っていました。
これを蒲鉾だからしょぼいと思うかどうかは個人の価値観です。
冷蔵庫も宅急便も無い時代に鮎を生きたまま運ばせて塩焼きで喰うのがしょぼいかどうかです。

見てくれだけで判断するのか、調理の手間まで考慮にいれるかで話が違ってはきませんでしょうか。
塩と油と酢と砂糖だけで味付けするのと、手間暇かけて出汁をとって使うのを比べてどちらをしょぼいと思うかです。
大豆や米を手間暇かけて発酵させて、醤油や味噌や酢を作ってから使うのと、野菜くずや獣骨をひたすらに煮詰めてソースなるものを作るのとを比べてどちらをしょぼいとするかどうかです。
常日頃ジャンクフードだけ食っているようでは判断が難しいでしょう。
舌や目がジャンクフードに馴染んでしまっています。

食習慣というのは、個人差が大きく嗜好も価値観も違いますので、どれが正しいどれが間違っているなどという議論は本来無意味です。
まして気候風土やそれに伴う食材が根本的に違う国と比較しても何の意味もありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/09/06 21:11

 何をもって豪華とするかだと思います。


 例えば食料品の多さからすれば断然に現代庶民のほうが豪華でしょうけど
もしかすれば昔の人はわれわれの食を家畜の餌のようだと思うかもしれない。

 その食品を作るのに費やした手間を考えれば昔の王族・貴族ははるかに豪華。
 古代の貴族や江戸の将軍。
彼等にかき氷を献上するために氷室をつくり冬に膨大な雪や氷を貯蔵。でも
夏には少しの氷だけしか残らない。それを使者が命がけで大急ぎで運ぶ。
それを口にできるのはその年、日本国中でほんの一握りの権力者。

 現代でもグルメな人が口にする高級食材は実に大勢の人々が手間暇かけて用意
するので高い。まさにご馳走の語源にふさわしい。現代は金の力で、昔は権力で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/09/06 21:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? それとか、今のように肉食はそんなにしなかったはず。 せいぜい鳥や兎の肉くらいでしょうか? あと、お酒もそうですね。 現代人に飲めますか?

匂い。 どうでしょうか? 当時の家の中や、町全体、一体どんな匂いがしていたでしょうか? そして1ヶ月間、現代人に耐えられるでしょうか?

風呂。 現代人が躊躇なく当時の銭湯に入れますか? 当時は毎日入っていたんでしょうか?

トイレ。 現代人に当時のトイレで大・小できるでしょうか? 特に女性の場合。

人によって感じ方が違うと思いますが、上に挙げた以外で 「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? ...続きを読む

Aベストアンサー

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。
(4)カマドに火を着けます。火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。
(5)雨戸を開けます。障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。
(6)家族そろって朝食。
(7)食器などを洗います。油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。
(8)井戸端で盥で洗濯します。これも大変です。

・・・女性は大変でしょう。田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。

>「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?
・・・夏場の暑いときに一ヶ月滞在すれば、参るでしょう。
・網戸がないので蚊に食われる。
・ハエがブンブン飛び回る。食卓の食べ物にハエがたかる。
・冷房や扇風機がないので暑い。雨の日は雨戸を閉めるのでこれも暑い。
・便所が臭く、人の体も臭い。
 夏場でいいことは、行水などで女性の裸を見る機会が多いことくらいかな。

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキ...続きを読む

Q専業主婦、子持ち、貯金なしで離婚された方、教えてください

 結婚して、4年めの専業主婦です。
 夫とは、見合い結婚です。結婚適齢期も過ぎ、それまでの恋愛にも疲れていて、「結婚」がしたかったのです。結婚が決まった時から、式のこと、金銭感覚の違いで、喧嘩が多くなり、泣いてばかりいました。でも、馬鹿な私は、今度は世間体を気にして、婚約破棄をするのが怖くて、結婚してしまいました。
 新居に移るときは、不安で泣きながら引っ越しました。大きな原因は、「彼と上手くやっていけるのか?」と、彼がEDなことでした。子どもが欲しく、性生活も嫌いでなかった私は、将来のことが不安で不安で、うつになり、互いの暴力も始まりました。
 何とかしたいと思い、精神科に通って一年経った頃、本当に偶然に、子どもを授かりました。でも、妊娠中も産後も、彼は変わらず、喧嘩ばかりで、現在に至ります。
 子どもは可愛く、彼も子どもには優しいです。だから、夫婦仲をどうにかしたくて、今は半年ほど、別の精神科のカウンセリングに通っています。でも、いつもお互いのちょっとした言葉で喧嘩になり、正月休みの間中、喧嘩して、ほとほと疲れてしまいました。
 まだ、離婚に向かって前向きに動くほど、エネルギーはありませんが、「毎日泣いて暮らすより、離婚したほうがいいかも」という気になりました。
 夫は、「離婚したくない」と言っています。私は専業主婦で、貯金もほとんどありません。子どもはまだ小さいです。私と同じような状態から、離婚を成立させ、「今は幸せ」という方、どういう過程を歩まれたか、教えていただけませんか?
 もう、十分に落ち込んでいるので、批判の文章はご遠慮ください。よろしくお願いします。

 結婚して、4年めの専業主婦です。
 夫とは、見合い結婚です。結婚適齢期も過ぎ、それまでの恋愛にも疲れていて、「結婚」がしたかったのです。結婚が決まった時から、式のこと、金銭感覚の違いで、喧嘩が多くなり、泣いてばかりいました。でも、馬鹿な私は、今度は世間体を気にして、婚約破棄をするのが怖くて、結婚してしまいました。
 新居に移るときは、不安で泣きながら引っ越しました。大きな原因は、「彼と上手くやっていけるのか?」と、彼がEDなことでした。子どもが欲しく、性生活も嫌いでなか...続きを読む

Aベストアンサー

>私も、そこがすごく気にかかります。夫との暮らしでは、送り迎えや家事の手伝いなどのサポートは、もちろん全く期待できません。両親は、他県に住んでいます。

そうですね。実家でお世話になれる環境があるのなら、お子さんの為にもそちらを選ばれるほうが良いかも知れません。
私は実家に戻りました。始めの仕事は月給12万(涙)。でも、就労したことが無い私にはその金額もありがたく感じました。
実家でお世話になっている2年間で、専門学校にも通い、コンピュータ(CG&WEB)の技術を身につけました。
専門とは芸術関係でしたので。
実家の近くのマンションで暮らすようになり、数年後には在宅での仕事となり、学校の送迎や家事が可能な環境も整いました。

nami5539さんの仰るとおり、離婚を悩まれているのでしたら、少しでもキャリアをつける為にパートから始められても良いのではないでしょうか?
気分転換にもなると思います。

>大学で専門知識が多くあったのも簡単に就職できた理由でもあると
すごいですね!良かったら、どんな資格か教えてください。私も大学を出ましたが、ただ卒業したという感じで、実践力になる資格も経験もありません。それなのに、プライドだけ高くて、仕事を選り好みしそうです。でも、子どもを食べさせていくのは私だけですものね。強くならなきゃ

私は銀行での振込みも出来ない世間知らずでした(笑)
ゆっくり、でも目的を持って進まれると、自信も付いて来ると思います。
色々な出会いも増え、楽しいと思いますよ。
離婚後になって「世間はこんなに広いんだ」という事を知りました。お友達も増え、苦しいときに力になってくれた友人は宝物です。

>「子供と一緒にいれれば幸せ」と思えたら大丈夫ですよ
今、私が夫のことで、感情の浮き沈みが激しく、時には家事をする気力さえなくなり、ぼんやりしたり、泣いてたり、子どもを怒鳴ったりすることがあります。 夫は、子どもには明るく接し、遊んであげるので、子どもは夫と居る方が楽しそうに見えます。 「離婚しても、私より夫と暮らす方が、この子は幸せなのかも?」と自信がなくなります。
marine55さんも、良かったら、必要だと思われる月収、そして家賃や母子家庭手当てなど、現実的な金銭面を教えてください

どちらと一緒が幸せだったのかは、結局私にもわからないですね。しかし、私は娘と一緒だから頑張れました。
それは絶対だと思います。娘とは喧嘩しながらも、良い関係が出来ました。

月収に関しては住む地域、市営県営住宅の有無等の情報がありませんのでなんともいえないですね。
市町村によって手当の額も多少変わってきていると思います。
ただ、市役所(区役所)に相談したら、かなり親身になって相談に乗ってくれましたよ。
金銭的な部分は、ある程度の収入と補助(保育料)でやりくりは出来ると思います。
母子家庭の友人が多数おりますが、みなさん習い事や旅行も行ったりとそれなりに過ごしています。

時期的にも落ち込む季節ですよね。
夫婦で具体的に話し合って、円満に解決できれば良いのですが。夫婦って一緒にいるとどうしても相手に敵対心だけを向けてしまいがちです。
喧嘩のきっかけである『些細な事』の影に、何か本心である不満が隠れていると思います。
しかし、それって実は自分自身の問題であったり、相手への過剰な期待だったりする事も多いと思います。

boochanyoさん、精神科に通院中だそうですが、あまり思いつめ過ぎないで、少し距離を持って夫婦関係を見つめ直してみても良いかもしれませんね。
ご自愛下さい。

>私も、そこがすごく気にかかります。夫との暮らしでは、送り迎えや家事の手伝いなどのサポートは、もちろん全く期待できません。両親は、他県に住んでいます。

そうですね。実家でお世話になれる環境があるのなら、お子さんの為にもそちらを選ばれるほうが良いかも知れません。
私は実家に戻りました。始めの仕事は月給12万(涙)。でも、就労したことが無い私にはその金額もありがたく感じました。
実家でお世話になっている2年間で、専門学校にも通い、コンピュータ(CG&WEB)の技術を身につけました。
専...続きを読む

Q『金貨』『銀貨』ってどのくらいの価値?

よくゲームや漫画などで「金貨」や「銀貨」が出てきますが、どのくらいの価値があるものだかわかりません。
もちろん世界観、現実世界でも時代や地域によって価値は違うのでしょうが、「金貨一枚あればこのくらいのことができる」というのを教えてもらえないでしょうか?

剣一本でこのくらい、とか。
平均的な市民の○○日分の賃金に相当する、とか。

想像力の乏しい自分には、金色のコイン→500円玉という安直なイメージしか生まれません(笑)
「ホレ、報酬の金貨10枚だ」なんてセリフがあったとしても「たった5000円?」みたいにしか思えないのです。

Aベストアンサー

ファンタジー系は中世の西洋を参考にしていると思いますので…。
16世紀あたりのイギリス通貨だと、
銅貨4枚=銀貨1枚
銀貨12枚=金貨1枚
くらいだったと思います。
銀貨や金貨は実際には○○銀貨や○○金貨とあり、それによってレートも変わったりするので絶対これが正しいとは言えませんが・・・。

労働者の賃金は銀貨15~18枚(1日)くらい、パンの価格は銀貨8枚(3日分)くらいだったと思います。
日給が金貨1枚ちょっとということで1万円くらいだと考えると、金貨10枚で10万円。大金ですね。
こんな感じのイメージでいいのではないでしょうか。

Qブロッコリー上のツブツブの所が黄色いのですが食べられますか?

野菜をもらったんですけど、
上のつぶつぶ?の所が黄色くなっています
食べられますでしょうか?

Aベストアンサー

>ブロッコリー上のツブツブの所が黄色いのですが食べられますか?


          ↓

我が家の家庭菜園でも良く取り遅れますと色づきます。
また、ご近所の農家でも種を採るためだと思いますが数本の菜の花状態のブロッコリーを見かけます。

でも、ご心配はいりません→アブラナ科(菜の花)の仲間ですから、成長に伴う自然な形態です。

ただし、人間の都合から言いますと、見た目の悪さ以外にも食感と栄養価が落ちますので、食べれますが、新鮮な歯ごたえ(黄色く花が咲きかけると粒粒の部分はしんなりとしてしまい、軸は固く筋が入る)・栄養素(ビタミンC他)の面では今後は早めに使用(食材として利用)されますことをお勧めいたします。

ご参考URL
http://present.nissen.co.jp/lifestyle/recipe03/index.php


人気Q&Aランキング