自分のお店を開く時の心構えとは? >>

ヘルニア手術法 PELD と PED の違いについて、

ヘルニアの手術は 近年たいへん進歩しているようです。


私はこの手術を受けるために 調べることにしました。

PELD と PED 同じような記載もあれば、一方の表記だけもあります。

医師に尋ねると 詳しくは教えてもらえず 違うものだと 言われました。

ネット上では 同じように記載もあれば、違う記載もあります。


手術法の 何がちがい、またそれぞれメリットとデメリットにについて

教えてください。 よろしくお願い申し上げます。

A 回答 (1件)

経皮的内視鏡下腰椎椎間板摘出術(PED / PELD)



Percutaneous Endoscopic Lumbar Discectomy

Percutaneous =経皮的
Endoscopic =内視鏡下
Lumbar=腰部(この場合は、Discectomyという言葉が続くので、
腰椎を示す)
Discectomy=椎間板切除術

つまり、「L」が入るか、入らないかの違いは、
腰部、つまり、腰椎という言葉を入れるか、入れないか
という違いです。

つまり、術式的には、同じ。

腰椎以外の部分、例えば、胸椎でこの術式をしたら、
PELDとは、言えないが、PEDとは言える。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。なるほど、、、よくわかりました。

お礼日時:2014/09/05 07:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q椎間板ヘルニアの手術後の症状の事で

椎間板ヘルニアの手術後に足の痺れ、感覚麻痺、腰痛が
残ったのですが、ヘルニアの手術の後は、この様な後遺症が残るものなのでしょうか?。ちなみに手術前の僕の腰の状態は、ヘルニアが神経に癒着していたそうです。ヘルニアの手術をした方、もしくは詳しい方がいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ヘルニアの術後は、一般的に下肢の痛みはすぐ取れることが多いですが、しびれはとりにくいことがあります。術前より、痛み、しびれが明らかに強くなっている場合は、術中が、原因の事とももちろんあります。長期間、ヘルニアが神経を圧迫し癒着が高度になると神経を完全に解放することが難しいです。その癒着した神経を無理に剥がすと神経にダメージ(今回は、これに当たると思います)を与えてしまう可能性があります。この場合は、術後一過性に痛みしびれが強くなることがありますが、どのくらい神経にダメージを与えたかで、治り方が違います。また、これは手術ミスというよりは、手術の合併症と考えた方がいいと思われます(つまりどの病院で手術を行っても、神経の癒着を剥離する場合に起こりえること)。あまりにも、神経の癒着がひどい場合は、神経の癒着を剥がすとき神経に高度にダメージを与える可能性があり、その癒着を剥がさずにそのままにし、周りの神経の周囲の除圧だけで手術を終えることもあるくらいです。
 術後他の病院に見てもらうことは、今の時代は、当然できます。ただし、いきなり別の病院に来てもらっても、術前の状態(レントゲン、ミエロ、MRI)、術中の状態もわからないので、主治医はとても困りまりますし、あんまり真剣に見てもらえない可能性があります。可能であれば、今の病院の主治医に紹介状(可能であれば術前のMRI等借りて)を書いてもらって行くのがベストです。長期間腰痛、下肢痛に悩まされていて、とてもつらいことだと思います。一度、紹介状を書いてもらい他の病院でセカンドオピニオンを聞くのも手かもしれません。そして、納得ができれば、今の病院が、今までの経過をよく知っているので、基本的にそこで治療するのがよいと思います。他に、針灸、AKA療法を一度試してみてはいかがでしょうか。AKA療法は、感覚麻痺については何ともいえないですが、しびれ、腰痛は軽くなる場合もあるみたいです。
 

ヘルニアの術後は、一般的に下肢の痛みはすぐ取れることが多いですが、しびれはとりにくいことがあります。術前より、痛み、しびれが明らかに強くなっている場合は、術中が、原因の事とももちろんあります。長期間、ヘルニアが神経を圧迫し癒着が高度になると神経を完全に解放することが難しいです。その癒着した神経を無理に剥がすと神経にダメージ(今回は、これに当たると思います)を与えてしまう可能性があります。この場合は、術後一過性に痛みしびれが強くなることがありますが、どのくらい神経にダメージ...続きを読む

Q椎間板ヘルニアの手術費用と入院期間

近々椎間板ヘルニアの手術を受けようと思っていますが、費用と期間が皆目検討つきません。いくらぐらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、退院後に業者から保険事務所に提出する書類を貰っておけば申請して7割が返金されます。 又、社会保険の場合は、1ヶ月単位で72300円(前後だったと思います)超えた治療費は申請すれば返金されました。(私の場合は合計15万円程が返金されました)他の保険事務所等は基準が分かりませんが・・・

私の場合、2ヶ月を跨いでの入院でしたので、高額医療だった1か月分のみ返金対象となり、72300円に満たなかった2ヶ月目は対象にはなりませんでした。

入院費用だけではなく、通院費用も高額医療の対象になりますので、出来れば1月間で入院、手術、退院後の経過観察通院を済ませられれば、72300円以上の費用は返金されますよ。 たとえば、4月1日入院して4月末日で観察通院を済ませられれば・・・とかです。提出に必要な病院から頂く領収書は取って置きましょう。 ご参考までに・・・

術後3ヶ月ですが、つらい激痛と痺れがうその様に無くなりつつあります。jirowata2001さん、頑張って下さいね♪

椎間板ヘルニア手術の経験者です。手術方法や入院日数によって費用の前後するとおもうのですが、私の場合は主人の社会保険の家族での使用ですので保険適用3割でした。

手術方法は一般的な「ラブ法」で経過がとてもよかったので入院日数は17日間(4人部屋の為室料なし)術後14日目で退院でした。手術までの数日間は造影やCT等の検査がありました。退院時に支払った費用は28万円弱、この他に採寸して製作依頼をした術後に必要なコルセットは業者に実費で2万4千円。このコルセットは保険適用なので、...続きを読む

Qヘルニアによる神経、歩行障害は治りますか?長文です。

三十代半ばの腰椎間板ヘルニア持ちで現在も今年の6月に第4~5間に神経を圧迫しているヘルニアがあります。MRIでの診断では、大きさ的に手術を含めて診察して頂きましたが幸い痛みが無いので少しこのまま様子を見ようという結果で現在に至ります。右足のすねの外側の感覚がなく、足の裏(特の親指と人差し指)に痺れがあります。一番困っているのが足首がしっかり持ち上がらない状態です。びっこを引いての歩行しかできません。実をいいますと過去に二度ほどヘルニアの手術をしています、一回目は5年前にラブ法で第5~仙骨の手術(A総合病院)二度目は翌年同じ箇所の再発でセカンドオピニオンにより(B整形外科・ヘルニアではでは有名らしいです)B整形ではラブ法+再発しない為にお尻の骨を背骨(多分?)に移植する手術法でした。過去二回は激しい痛みがあり手術しか選択のよちがありませんでしたが今回は前記のとおり我慢できないような痛みはありませんので出来ることならこのまま痛みもなくなおかつこの歩行障害?神経障害?のような状態からの改善を期待しています。セカンドオピニオンでB整形という良い主治医に出会いましたが現在はコレという治療法もないようで具体的に治療はしていません。リハビリの先生は低周波が効果あるらしいとか結構あいまいなアドバイスしかいただいてません、毎晩負担にならないくらいの軽いストレッチはしています。そこで同じような経験をされている方、あるいは専門家の方がいらっしゃれば相談にのってやってください。具体的に何かやったほうが良いのか、それともこのまま自然治癒に任せて治っていくものなのか一生びっこの生活が続くのかわからないので非常に不安です。出来ることならもう手術はしたくありません。痺れは最初の手術からありますのであまりきにはなりませんが足首の神経障害は何とかしたいのでアドバイス願います。

三十代半ばの腰椎間板ヘルニア持ちで現在も今年の6月に第4~5間に神経を圧迫しているヘルニアがあります。MRIでの診断では、大きさ的に手術を含めて診察して頂きましたが幸い痛みが無いので少しこのまま様子を見ようという結果で現在に至ります。右足のすねの外側の感覚がなく、足の裏(特の親指と人差し指)に痺れがあります。一番困っているのが足首がしっかり持ち上がらない状態です。びっこを引いての歩行しかできません。実をいいますと過去に二度ほどヘルニアの手術をしています、一回目は5年前にラブ法...続きを読む

Aベストアンサー

看護師です。医師ではないのですが、自分もヘルニアの経験があり、(L5/S1間)手術もして(MED法)再発した経験もあり、その症状・不安・疑問などがよくわかります。

結論からいいます。手術はするべきではありません。
時間はかかりますが、ほぼ完全に痛み(坐骨神経痛)や足関節筋力低下、しびれ感は消失します。

神経の圧迫によるヘルニアは自然に凹んでくる可能性があります。椎間板の8割は水分だからです。これが蒸発していけば、自然に凹みます。
また、ヘルニアを異物とみなし白血球の一部が吸収する可能性もあります。
さらに、ヘルニアが消失しなくても神経根との間に可動性があれば、ヘルニアがあったままでも問題ありません。
ついでに、L5、S1などの神経は末梢神経なので回復の見込みがあります。
年齢や健康状態にもよりますが、自然治癒力に期待することをお勧めします。(時間はかかります。ちなみに、私は完全回復まで3年ほどかかりました。寝返りも打てない状態から、痛いけど我慢できるレベル、そして完全回復と経過しました。途中、一生治らないと感じ悲観していた時期もありました。)

まず、何より大切なことは「安静」です。
椎間板に圧力負担をかけないことです。
横になっている状態を1とすると、立位で2、イスに座った状態で3、あぐらで4の圧力負担がかかると考えていいでしょう。
コルセットを巻いておくのも有効ですね。

次に、痛みをなるべく感じないようにすることです。
急性期の激痛なら、整形外科にて「神経根ブロック」や「硬膜外ブロック」のブロック注射をすることです。これはかなりの確率で効果があります。
また、消炎鎮痛剤の内服です。痛みを抑えましょう。ビタミンB12は神経の回復に効果を期待できます。

足首の筋力低下も治ります。質問者さまは、L5とS1の神経症状により、足首の力が両方(背屈も底屈も)に入りにくいから歩行困難かと思いますが、これも痛みがやわらいできたころには、歩くことなどによって筋力は回復されるし、神経症状自体も回復します。

低周波に関しては、神経を刺激しますし、気持ちいい思いをするのでいいのではないでしょうか。これ自体が治療というより、気持ちいい思いをする程度に考えていていいでしょう。

結論:心配しなくても時間が経つと治る。(個人差もあるからどのくらいかかるかはわかりません。)

※仕事の都合などで、早く社会復帰をすることを優先するがために(ある意味QOLを考慮した)手術療法があるくらいに考えておいていいでしょう。

それではおだいじに。

看護師です。医師ではないのですが、自分もヘルニアの経験があり、(L5/S1間)手術もして(MED法)再発した経験もあり、その症状・不安・疑問などがよくわかります。

結論からいいます。手術はするべきではありません。
時間はかかりますが、ほぼ完全に痛み(坐骨神経痛)や足関節筋力低下、しびれ感は消失します。

神経の圧迫によるヘルニアは自然に凹んでくる可能性があります。椎間板の8割は水分だからです。これが蒸発していけば、自然に凹みます。
また、ヘルニアを異物とみなし白血球の一部が吸収...続きを読む

Q椎間板ヘルニアの手術を受けた方、復帰までの過程を教えていただけないでしょうか。

私は 今年2月に脚が痛いのが我慢できずに病院に行ったところ
坐骨神経痛と診断されました。

痛み止めの投薬や湿布の治療でしたが 棚段と悪化していき
当病院が信頼できなくなり、痛みのクリニックでブロック注射もしました。
ですが 1週間しか効かずに最初の病院に話たら やっと違う病院で
MRI撮影を依頼→結果(ヘルニア)→背骨専門の国立病院へ診察→1ヵ月後に検査入院
→2週間後に手術待ちのために一時退院→1ヵ月後再入院→手術後3週間後に退院→

再診察(術後)まで3ヶ月間、入浴以外は オーダーしたコルセットを常時着用と言われました。

東北一の病院でしたが 先生と患者とのコミュニケーションが少なくて 退院前に
リハビリをして早くよくなりたいのですがと聞いたのですが 絶対安静みたいな風に言われたので
心配で仕事や運動もするのが怖いです。

自身は 30代後半の力持ちやったので 同症状で手術、入院してる人(年齢がかなり上)よりは
回復力があると思っています。

今は 術後、5~6週間です。

ここ2,3日ですが 慣れてたコルセット着用が苦痛になってきました。

痛みは 坐骨神経痛の痛みは 術前が100とすれば 術後45で今は10~30です。
腰は そんなに痛くなかったのですが術前30、術後60、今は20~30です。

治った方や、私より快方に近い人の経過、意見をお願いします。

私は 今年2月に脚が痛いのが我慢できずに病院に行ったところ
坐骨神経痛と診断されました。

痛み止めの投薬や湿布の治療でしたが 棚段と悪化していき
当病院が信頼できなくなり、痛みのクリニックでブロック注射もしました。
ですが 1週間しか効かずに最初の病院に話たら やっと違う病院で
MRI撮影を依頼→結果(ヘルニア)→背骨専門の国立病院へ診察→1ヵ月後に検査入院
→2週間後に手術待ちのために一時退院→1ヵ月後再入院→手術後3週間後に退院→

再診察(術後)まで3ヶ月間、入浴以外は オーダーし...続きを読む

Aベストアンサー

『腰痛は<怒り>である』の後半では、TMS理論による治療が紹介されています。治療プログラム、セラピーが、手術後の後療法として適用可能かどうかはわかりません。以下、抜粋します。

腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン(コメント付き)
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_460.htm

腰椎椎間板ヘルニア | Minds 医療情報サービス | 第5章 予 後
5 手術後の後療法の内容により予後が変わるか
要 約
【Grade A】
腰椎椎間板ヘルニアの初回手術後に活動性を低下させる必要性はないものの、手術直後からの積極的なリハビリテーションプログラムの必要性も認められない。
【Grade A】
術後1ヵ月経過した頃から開始されるリハビリテーションプログラムは、数ヵ月間は機能状態を改善させ、再就労を早くするという強い証拠があるが、1年経過時においては全般改善度において軽い運動と比較し差は認められない。
【Grade B】
職場での医療アドバイザーによる介入は就職率の向上に有効である。
http://minds.jcqhc.or.jp/G0000045_0049.html

腰痛 | Minds 医療情報サービス | 第9章 職業性腰痛
III.職場復帰について
3.職場復帰を遷延させる因子
(1)腰痛の要因
腰痛のタイプが性や年齢に比べて職場復帰に影響を持つことを示した。非特異性の腰痛の予後は、器質性ものより職場復帰が早い22)。
背部痛の質に関連する23)。
(2)心理的要因
仕事に対する満足は慢性疼痛や身体障害が遺残が少なく、逆に仕事に対する不満は慢性腰痛の危険度を高める可能性が指摘される24)。
もとの仕事への認識と治療開始後の職場復帰間での期間に関連が存在する25)。
補償(特に請求総額)、心理学的障害、欠勤日数、年齢が職場復帰における重要な因子である26)。
(3)社会的要因
腰痛補償は好況の期間に増加し、不況の期間に減少する結果を示しており、不況の期間に増加するという傾向は認められない27)。
既婚患者が独身の患者(P < 0.01)より早期に職場復帰した18)。
慢性疼痛は無視できないので,心理社会的な動機が職場復帰を不可能にすることに確実に役割を果たしている28)。
(4)総合的要因
職場復帰を遷延させる要因としては、放散痛の有無、機能性身体障害の程度、早い作業テンポと作業量、同僚との人間関係などが指摘されている29)。
職場復帰には身体障害の遷延、認識、痛みの性質や精神的重圧などの要因が関与している30)。
更正計画カウンセリングの参加者の分析では職場復帰の期待値が低いものは、高度な身体障害、疼痛の強いもの、若く、失業期間が長いものなどがあげられる31)。
休業している腰痛患者を職場復帰させるための有効な治療や衛生手段はない19)
http://minds.jcqhc.or.jp/G0000052_0061.html

『腰痛は<怒り>である』の後半では、TMS理論による治療が紹介されています。治療プログラム、セラピーが、手術後の後療法として適用可能かどうかはわかりません。以下、抜粋します。

腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン(コメント付き)
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_460.htm

腰椎椎間板ヘルニア | Minds 医療情報サービス | 第5章 予 後
5 手術後の後療法の内容により予後が変わるか
要 約
【Grade A】
腰椎椎間板ヘルニアの初回手術後に活動性を低下させる必要性はないものの、手...続きを読む

Q椎間板ヘルニアで現在休職中2ヶ月近く休んでるのは休みすぎ?

15年程前に椎間板ヘルニアと診断され常に右足が痺れた状態でしたが仕事には支障が無く働いていました。今年の5月に腰が左右に折れ曲がって背筋を伸ばす事も出来なくなり病院に行ったところヘルニアがひどくなり坐骨神経症になったと言われMRIの検査も受けましたが、かなりひどいとの事でした。手術をした方が良いかもとも言われたのですが局所麻酔的な?注射とコルセットと自宅療養でかなり軽くなってきて先生からもMRIの結果がひどいわりに症状が出てないので手術はとりあえずしなくっても良いし徐々に仕事に復帰しても良いでしょうとの事でしたが仕事復帰の為、自宅で座ってる時間を長くしたり家の事をやったりしていると直ぐにまたひどく痛みだし、その度に腰が左右に折れ曲がってしまいます。こんなので仕事の復帰は出来るのだろうか?と自分では自信が無いのですが家族の者からはいつまで仕事を休んでるんだ!さっさと治って仕事に行けないなら違う病院に変われと嫌味を言われるし主人からも休んで家に居るなら、せめて家の事くらいやれよと言う感じなので治ってきたかな?と思っても腰が曲がってしまうの繰り返しで、もう2ヶ月近く休んでる事になり給料は病院代で無くなってきて、これ以上違う病院でまた初診料から払うお金もありません。自分の甘えすぎなのか腰が折れ曲がった状態でも無理に仕事に行くべきなのか今の病院の先生に満足していますが他の病院に移るべきなのか?自分でもどうすれば良いのか分かりません自分が情けなくって毎日悩んで夜も眠れなくなってきています。どうすれば良いでしょうか?教えて下さい。

15年程前に椎間板ヘルニアと診断され常に右足が痺れた状態でしたが仕事には支障が無く働いていました。今年の5月に腰が左右に折れ曲がって背筋を伸ばす事も出来なくなり病院に行ったところヘルニアがひどくなり坐骨神経症になったと言われMRIの検査も受けましたが、かなりひどいとの事でした。手術をした方が良いかもとも言われたのですが局所麻酔的な?注射とコルセットと自宅療養でかなり軽くなってきて先生からもMRIの結果がひどいわりに症状が出てないので手術はとりあえずしなくっても良いし徐々に仕事に...続きを読む

Aベストアンサー

3年前に椎間板ヘルニアの手術を受けました。10数年来の持病でしたがとうとう足にしびれがきてしまい痛みは寝てるのも起きてるのもツライ状態にになり受診したところ入院治療で少し様子見をすることになりました。(MRIでも確認済)硬膜外、神経根ブロックなどの注射やリハビリ治療もしましたが一時的に改善されるだけで痛みは戻って来てしまう状態でした。先生からは「あと何十年と働かないといけないし今後のことも考えるとなるべく早いうちに手術がいいのでは?」とアドバイスされて決めました。一度出てしまった椎間板は戻らないのとその状態が長い年月の人は一日でも早い方がいいのでは?手術自体は全身麻酔ですし術後もそんなに痛みはなかったですよ。当然、入院費や手術代などで50万そこそこはかかったような気がしますが保険でかなりカバー出来ました。100%完治は期待出来ないとは思いますがかなりよくなりました。又、ぶっちゃけた話しですが職場でも腰痛で自宅療養ではなかなかいい顔されませんでしたが手術になると「そんなにひどかったのか!」って具合で理解されたようにも思います。

Q腰椎椎間板ヘルニア手術後の経過について

腰痛椎間板ヘルニアの手術をlove法で約2ヶ月前にしました。
症状も良くなった感じです。

ただ、退院直後は順調だったのですが、時々、腰痛が出たり、歩き始めに足が痺れたり痛くなったりすることがあります。
歩き続けると治ったりします。痛みは、ヘルニアの坐骨神経痛の痛さとも違い筋肉痛に近い感じです。
ヘルニアは手術後って、このように波があるものなのでしょうか?

また、(人にもよるでしょうが)どれくらいの期間で症状が安定するのでしょうか?

経験者の方からのご回答を希望します。

Aベストアンサー

もしかして術前は神経圧迫状態を長期間そのままにしてしまってましたか?
よくあるパターンですが、長期にわたりヘルニアが神経を圧迫している時間が長ければ長いほど術後痛みが取れにくくなります。また中には神経を傷付けてしまって術後変わらず痛みが継続する人もいます。

安定するかどうかはその人その人で全く違います。
術後から全く痛みを感じない人もいれば一生痛みを引きずる人もいますし
このような場合は最終的に固定術による術方にて手術をするようにもなります。

それと術後半年間は必ず病院で作製したコルセットは着用ですがきちんとしてますか?
半年するかしないかで再発率も全く違ってきます。

ラブ法は固定術より遙かに再発が高いので必ず半年間のコルセット着用は守ってくださいね。

Q整形外科の出沢明先生

出沢先生の出張している病院を知りたいのですが、調べ方がわかりません。 特に北海道の病院へ出張していないか、ご存知の方がいらしたら教えてください。
神奈川の病院で外来など担当されていますが、病院へ電話して教えてもらえるものでしょうか。

Aベストアンサー

QNo.3334477を見て下さい。帝京大学附医学部属溝口病院整形外科外来にお電話してみてはいかがでしょうか?もし、出沢明先生に診ていただくなら紹介状があると有利なのではないでしょうか? 私は別の帝京の病院(千葉県市原市姉崎)で脊椎の手術していただきました。今までかかっていた病院の女医さんに内緒で行こうかと思いましたが、おもいっきって相談して良かったと思います。女医さんから紹介状とMRIのコピーとレントゲンを借用し、紹介状にも治療の経過など、無駄になりませんでした。また、この女医さんと紹介先の帝京病院の先生が先輩、後輩の間柄でした。この経過あったおかげで、新規に検査する前に初診の段階で手術の予約を入れることができました。それでも3ヶ月先まで予約がいっぱいでした。入院、手術も予定どおり行うことができたので、女医さんに感謝の気持ちでいっぱいです。地元の先生によくお願いしてみてはいかがでしょうか?早く治るといいですね。

Qヘルニアで足の親指が痺れます。

最近ヘルニアといわれ、今まで腰が痛かったのですが、
最近足の親指が痺れてきて困ってます。
整形外科にいくと痺れ用の薬(ビタミンB22?)をくれました。
それを飲んでも完璧には痺れがとれません。
そうこうしているうちにもう10日ほど経過したのですが、
しびれがすごく気になるようになりました。
このまま永久に痺れがとれなかったら・・・。
そう考えると非情に不安になります。
薬以外でしびれをとる方法というのはあるのでしょうか?
ちなみに先生は手術はまだ早いということで薬でごまかすだけだと
言われています。

腰痛体操をがんばってやれば痺れはとれるのでしょうか?
ちなみに私はまだ36歳です。
どなたかよい情報をお持ちの方是非教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は腰ではなく首(頚椎)に変形性頚椎症という症状を持つものです。ヘルニアとは仕組みが違うのですが、神経根を圧迫しているので実際に感じる症状はヘルニアとよく似ています。明らかに違うのは、ヘルニアは(腰のヘルニアで知った情報です→)安静にして腰に負担をかけない生活を心がけておくと、神経を圧迫している飛び出した軟骨成分が徐々になくなり、ヘルニア状態が数ヶ月で解決されることが多いのが研究により最近分かってきているんだそうです。質問者様の主治医はその状態になるのをもしかしたら経過観察しているのかもしれません。

ただ痺れが出てきているとの事…ここからは私の経験談ではありますが(頚椎)、私は2000年のある日突然首に衝撃が走るのと同時に、左側腕から指先(親指・人差し指、小指)にかけて激しい痛みと同時にビリビリとした痺れが出ました。急性期を過ぎても痺れはしつこく残り、7年経った今でも左親指にはジリジリ感のある痺れは残ったままです。2年前に別の病院で再検査をしてみたところ、ヘルニアではなく骨に原因不明のとげが出来て、それが神経を圧迫させている「変形性頚椎症」だということが判明しました。

痺れについては、神経のダメージから来るものだそうなので、治るのには基本的に時間がかかることを知っておいてください(痺れは取れないケースもある)と、始めにかかった医者や看護士から言われました。通常のヘルニアの場合、痺れが出てきても段々とよくなって結果なくなるケースが私の周りでは多かったので、自分だけどうして…という思いが強くて悩みました。

質問者様の場合、ヘルニアが原因で痺れが併発してきている可能性もあるのではないかと推測いたします。ただひとえに痺れといっても「麻痺を伴うもの」や「感覚異常」のようにタイプの違うものがあります。麻痺を伴うようでしたらちょっと要注意だと思われます。ヘルニアでも下肢に麻痺(主に歩行困難、排尿困難)が出てくると手術するケースが多くなると聞くからです。一時的な皮膚感覚の異常なら、神経によく効くといわれるビタミン剤をしばらく飲みながら、(急性期を過ぎましたら)患部(腰)を温めて血行をよくさせると痛みや痺れが軽くなることがあります。鍼灸治療も神経の治療には優れており大変お勧めですが、主治医と相談の上治療の仕方をお決めください。

痛みがない状態であれば腰痛体操も腰まわりの筋肉を鍛えるので、ヘルニア防止に役立つと思いますが、今はまだあせらないことが肝心ではないかと思います。痺れの状態に変化が出てきたら(特に痺れの範囲が広くなっていると感じたら)必ず主治医に相談すると良いと思います。あせるあまり、悪いところを余計刺激して自分で悪くしてしまう可能性も否定できないと思います。私は急性期にマッサージ・整体を受けてしまい症状をひどくしてしまったのを今でも後悔することがあります…。ですから腰痛体操は始める時期を慎重に見極める必要があります。

腰も首も、脊椎で繋がっているので質問者様の不安が他人事とは思えず、私の知りうる情報を中心に書かせていただきましたが、痺れは確かに心を不安にさせます。私は今現在でも神経根が圧迫状態なので痺れとは当分縁が切れそうにありませんが、ヘルニアなら痺れがいずれなくなる可能性が大きいのではないかと強く思うのです。繰り返しになりますが痺れの変化に注意し、まずは痛めている腰の痛みをとることを先に優先させたほうが良いと、私は思います。腰の状態が良くなれば、神経の状態も必ず良くなります。どうか無理せず、お大事になさってください。

私は腰ではなく首(頚椎)に変形性頚椎症という症状を持つものです。ヘルニアとは仕組みが違うのですが、神経根を圧迫しているので実際に感じる症状はヘルニアとよく似ています。明らかに違うのは、ヘルニアは(腰のヘルニアで知った情報です→)安静にして腰に負担をかけない生活を心がけておくと、神経を圧迫している飛び出した軟骨成分が徐々になくなり、ヘルニア状態が数ヶ月で解決されることが多いのが研究により最近分かってきているんだそうです。質問者様の主治医はその状態になるのをもしかしたら経過観察して...続きを読む

Q名医に手術をしてもらい失敗しました。

親が、よくテレビや本であげられる名医に腰の手術をしてもらったのですが大失敗しました。
今、5分と立つことができません。親が大変なショックを受けて鬱状態です。
転院を勧めているのですが、「手術してもらった先生は名医だから」と言って聞きません。
失敗しているのに「名医だから」と言っているのです。それでいて、痛い痛いとうめいています。

名医に手術をしてもらっても、手術失敗された方はいますか?

その場合はどうしましたか?

切実な悩みです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

NO.10です。少しばかり補足です。

現時点で、まだセカンドオピニオン外来受診をされていないご様子ですので、誤解のないように書かせていただきます。

例えですが、私がA病院を受診した結果、「胃がんであるが、手術はもう無理」と言われたとします。「手術は無理って納得いかない」と考えた時、
1)B病院を受診していろいろ検査をしてもらい、その結果をもとに改めてそこの先生に診断してもらう
2)A病院の検査結果を持っていって、その結果をもとにB病院では検査を受けずに治療方針の相談をする
ことができます。セカンドオピニオンとは、2)の場合のみを意味します。

つまり、主治医の了解なしのセカンドオピニオンは本来存在しない訳です。上記1)の場合、A病院からの紹介状があってもなくても、B病院への受診は可能です。日本の医療機関はフリーアクセスですから。しかし、1)のような受診はセカンドオピニオンとは言わないのです。このあたり、誤解されていることが多いです。


>>主治医が了解していない場合
>こういう場合もあるんですね。怖いです。

患者側のセカンドオピニオン外来受診の希望を、医師側が断ることはありません。転医やセカンドオピニオンの希望があれば、正当な理由がなければ医師はこれを断れないからです。セカンドオピニオンを受ける側の病院がいろいろな判断するためには、現在かかっている病院の資料提供が必要ですよね。ですから、いわゆる「仁義」を通して来てくださいと言うことなのです。

次の治療の提案がないと言うことも、「経過を見ること」が最善の場合もあるので、受診の際よく聞いてみるのがよいでしょう。それで納得いかないときにこそ、セカンドオピニオンの意味があると思います。


私は質問者様を責めるつもりはありません。

ただ、医療(に限りませんが)は、人間と人間の関係が大事になります。手術の結果が思わしくなくても、その関係がうまく行っていれば受け入れられることもあるでしょう。

ここまでのご質問や回答を読めば、名医側が誠実でないとも思えます。関係も思わしくなくなっているのでしょう。ですが、名医側としても、「ちゃんと説明したはずだ」、「起こりうる合併症を失敗と考えられて心外だ」と思っているかもしれません。(実際、合併症と失敗とは全く違うことなので。)

セカンドオピニオンを求めるのは患者側の当然の権利であり、医師側に拒む権利はありません(むしろ答える義務があります)。もちろん転院を断られるなどのご心配もいらないと思います。しかしながら、権利の主張などが表に出てしまうと、関係がさらに崩壊してしまうでしょう。

決して上からものを言うつもりではありませんが、そのあたりをご勘案されて、冷静に対応されることをお勧めいたます。

NO.10です。少しばかり補足です。

現時点で、まだセカンドオピニオン外来受診をされていないご様子ですので、誤解のないように書かせていただきます。

例えですが、私がA病院を受診した結果、「胃がんであるが、手術はもう無理」と言われたとします。「手術は無理って納得いかない」と考えた時、
1)B病院を受診していろいろ検査をしてもらい、その結果をもとに改めてそこの先生に診断してもらう
2)A病院の検査結果を持っていって、その結果をもとにB病院では検査を受けずに治療方針の相談をする
ことができ...続きを読む

Q椎間板ヘルニア。足まで痺れがあり、明日ブロック注射を…

去年の秋に整形外科で椎間板ヘルニアと診断されました。
手術をする程でもないと言われ、その後ボルタレンを含む痛み止めや炎症止めを飲みながらシップを張り続けています。
整形外科では薬を出してもらうことしか出来ません。
手術で何とかなりませんかと聞いても手術をするほどではないの繰り返し…。

今年に入り体調を崩し入院したことがきっかけで複背筋が弱ってしまったようで、最近また痛みが酷くなってきました。
神経に障るような痛みが走ると同時に、足首の方までビリッとした痺れというか痛みが走り、ここ数日は地獄のような毎日です…。
丁度薬が切れてしまったので、昨日通院している整形外科へ行き先生と話し、レントゲンで見ながら神経に直接うつブロック注射をしようと言う事になりました。

前置きが長くなりましたが、ここからが質問です。
・ブロック注射は一度うてば良くなるものなのでしょうか。それとも継続してうたなければいけないものなのでしょうか。
・なぜ手術をしてもらえないのでしょうか。
・カイロプラクティック(針治療あり)に通い続けた方が効果があるのでしょうか。

痛くて痛くてどうしようもありません。
どなたか何かよいアドバイスなどが在りましたら宜しくお願い致します。

去年の秋に整形外科で椎間板ヘルニアと診断されました。
手術をする程でもないと言われ、その後ボルタレンを含む痛み止めや炎症止めを飲みながらシップを張り続けています。
整形外科では薬を出してもらうことしか出来ません。
手術で何とかなりませんかと聞いても手術をするほどではないの繰り返し…。

今年に入り体調を崩し入院したことがきっかけで複背筋が弱ってしまったようで、最近また痛みが酷くなってきました。
神経に障るような痛みが走ると同時に、足首の方までビリッとした痺れというか痛みが走...続きを読む

Aベストアンサー

ヘルニア手術経験者です。

お仕事をされておられる中での、あの激痛はさぞかし苦痛でしょう。
痺れが出てきたのでしたら、手術を視野に入れた方が、良いかも知れませんね。

私もブロック注射を1度打ちましたが、
麻酔が取れたと同時に痛みは戻っていました。
そして、翌週、神経根ブロックも打ちましたが、こちらも同じで効果なし。
(神経根ブロックは普通のブロックより痛いし高いです(--;
1ヶ月間、自宅安静…お風呂も4日に1回、ずっとベットの上。
動くのはおトイレのみ。
そんな生活でも座薬すら効かなくなり、
「この痛みと痺れが取れるなら手術してください!」と、
切実に担当医に訴えました(笑
そして、3日後にラブ法にて2箇所のヘルニアを摘出しました。

術後は、麻酔が取れた時には、痺れが消えて、寝ていても激痛だったのに、
「耐えれる痛み」まで軽減されていて、それはそれは天国でした。

術後2年ちょっとですが、痺れは全くありませんが、
傷ついた神経は、なかなか良くならない様で、
日常生活に支障はありませんが、寒い日や、
姿勢の加減で痛みがシバシバ走る事があります。

お医者さんによって治療方法は違うと思いますが、
日常生活に支障が出てくる様でしたら、手術を、私はお勧めします。
術後2週間もすれば、普通に過ごせますし、
何よりも、あの激痛とオサラバできますね。
痛みは本人しか分かりませんからね・・・

入院はふた月にまたがない様にご入院下さい。
1ヶ月以内で退院された方が、お金の負担も少しで済みますよ。

ヘルニア手術経験者です。

お仕事をされておられる中での、あの激痛はさぞかし苦痛でしょう。
痺れが出てきたのでしたら、手術を視野に入れた方が、良いかも知れませんね。

私もブロック注射を1度打ちましたが、
麻酔が取れたと同時に痛みは戻っていました。
そして、翌週、神経根ブロックも打ちましたが、こちらも同じで効果なし。
(神経根ブロックは普通のブロックより痛いし高いです(--;
1ヶ月間、自宅安静…お風呂も4日に1回、ずっとベットの上。
動くのはおトイレのみ。
そんな生活でも...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報