旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

独身72歳の男子 姪の子供に教育資金贈与はできるか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

年間110万円までは非課税です。



ただし、最初から500万円を贈与するつもりで、
それを5年間に分割した場合、
それは、連年贈与とみなされて、500万円を一括贈与したとして
贈与税がかかる場合があります。
    • good
    • 0

>姪の子供に教育資金贈与はできるか…



かまいませんが、もらった子に贈与税の申告と納付義務が発生します。

教育資金が非課税になるのは、直系尊属に限られます。
直系尊属とは、親-祖父母-曾祖父母-高祖父母・・・をいうのであり、「伯祖父・叔祖父」=「親の伯父・叔父」からの贈与には適用されません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4510.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

贈与自体は誰を対象にも出来ますが、“直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の非課税”に当たらないため受贈者に贈与税が掛かる可能性があります(金額次第)。


この場合の直系尊属とは、受贈者から見て父母、祖父母、曽祖父母が対象ですので。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4510.htm
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm
https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。 こっそり預金通帳をつくって振り込んでおきます。通帳も印鑑も私が持っていて 介護施設で必要になれば 引き出して使います。
子供が居ないので 今の、親族は姪とその子供しか居ないのですが・・法律で決まってるのはわかりました

お礼日時:2014/09/05 21:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q甥っ子への教育費の提供

甥っ子が大学に進学する事になりました。経済的に恵まれない家庭のため、私が教育費を援助する事になりました。
私は自営業を営んでいますが、このような場合、甥っ子へ提供した教育費は非課税になりませんでしょうか?もしならなければ、今回のようなケースで何か上手な節税対策はありませんでしょうか?
宜しくご教授お願い致します。

Aベストアンサー

お聞きになりたい点が実はぼけてます。
1、自営業をしてるので、甥に支払う教育費を経費に(つまり非課税)にできないか?
2、甥の教育費の負担額が一定額を超えてしまうと、贈与税がかかってしまう。
 これを非課税にできないか。

上記のどちらをお聞きになりたいのかが、曖昧なので、回答も訳がわからないものがつくのだと思います。
まず「1」はダメです。甥の教育費を負担した額は、事業経費にはなりません(こちらをお聞きになりたいのではないと存じます)。
「2」について。

年間110万円を超えた額については、贈与税が課税されます。
この納税義務者は「甥」ですので、いっそ贈与する側が甥名で贈与税申告をして納税する方法があります。
仮に年間210万円の贈与をしたとして、贈与税額は10万円です。

贈与税がかかるというと、天地がひっくり返るかのように「なんとかしないとあかん」となります。私も10万円払えと言われたら「なんとかならんか」と思いますが、これが嫌でしたら、学費の面倒を見るという発想そのものを考え直したらどうかという意見も出そうです。

どうしても贈与税をびた一文支払たくないというならば「甥と養子縁組を組む」と、子の教育費の負担ですから、贈与税は非課税です。

なお、金銭消費貸借契約にする考えもあります。「貸した」「借りた」というわけです。
実際に甥が返済を開始するのはいつなのでしょうか。それが不履行になった場合の担保は?
利息は?
大前提として、甥がそれを返済する意思があるかないか。
いろいろ考えると「それって贈与だよね」と税務調査官から言われたときにグーの音も出ません。

「いや、俺は税務調査官などは、言いくるめてしまう」というならば金銭消費貸借契約でも良いと思います。

お聞きになりたい点が実はぼけてます。
1、自営業をしてるので、甥に支払う教育費を経費に(つまり非課税)にできないか?
2、甥の教育費の負担額が一定額を超えてしまうと、贈与税がかかってしまう。
 これを非課税にできないか。

上記のどちらをお聞きになりたいのかが、曖昧なので、回答も訳がわからないものがつくのだと思います。
まず「1」はダメです。甥の教育費を負担した額は、事業経費にはなりません(こちらをお聞きになりたいのではないと存じます)。
「2」について。

年間110万円を超えた...続きを読む

Q贈与はなぜわかるのですか?

知識が乏しく単純な質問で恐縮ですが、

親から子への贈与は一体いつだれが調査するのでしょうか?
銀行が税務署に逐一報告しているとは思えませんし・・。
例えば親の口座からお金を引き出し、子供の口座に入金するような場合です。あるいは手渡しなども考えられます。

よく子供用にお金を貯めておき、必要な時(子供の住宅購入資金や結婚資金など)で親から子へお金を渡す事は当然ある事ですが、こういう時はどうなるのでしょう?
口座を経由せず手渡しならわからないのしょうか?
あるいは最初から子供名義の口座にして貯めておけばいいのでしょうか?
課税調査のシステムがよくわかりません。

あわせて夫から妻に対するお金の出し入れも贈与になるのでしょうか?
すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修正申告書を出して、追徴本税を払い、過少申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担します。

不動産を持った場合に判明するのが一般的でしょう。
不動産の所有権変更などがあった場合は、法務局から税務署にデータが報告されます。
税務署では「売った人間」「買った人間」両者にお尋ねという質問文を発送し、回答を得ます。

不動産をいくらで買ったのか、その資金はどこから得たのかという質問に答えます。
答えたくなければ答えなければ良い話ですが、調査官が「おこんにちは」と家に来られるより良いので、多くの方が答えます。
それで「不動産購入資金としてもらった」のが分かるというわけです。

家を新しく建てたという場合には、ローン控除が受けられますので、これを受けるために「いつ、どんな家を購入して、その資金はどうしたか。」などを不動産登記簿や住民票など必要書類を添付した申告書を提出します。
この資料に「誰からいくら現金を貰った」と記載するので、分かります。
書かなければバレナいだろうとは、思うのですが、銀行からのローン残高とか手持ちの資金からいくら出したのかなどを記入していくうちに「ごまかして書いてもバレそうだ。正直に記載しよう」となるのです。

これ以外にも「ばれる」のは、近所の人がする「タレこみ」です。
また、贈与行為を隠していて税務署につかまって追徴されたという人が、積極的に「おれはバレタ。残念だ」と新聞に発表するわけではないので、「ばれないんんじゃないの。聞いたことないし」というレベルになってると考えられます。
恥ずかしいので口にしない人のほうが多いでしょう。
実際には、贈与税の無申告で追徴されたという方は結構いるようです。
公になってないので「現金だとばれない」という都市伝説ができてるのでは?が私の意見です。


夫から妻に対して現金を渡す行為は「相互扶助義務」の範囲でしたら贈与税はかかりません。
つまり生活費として渡してるなら、その金額が「それは、いくらなんでも多いだろ」という額でない限り贈与税は非課税です。
また所得税も非課税です。

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修...続きを読む

Q姪への教育資金贈与

姪の学費を援助する為,贈与したいのですが,教育資金の一括贈与の制度は叔父→姪では使えません。
この場合暦年贈与になるのでしょうか?他の節税方法はありませんか?

Aベストアンサー

姪御さんだけに贈与するのではなく、親御さんにも贈与すれば、それぞれ非課税枠が110万ずつになりますよ。
親が子の教育資金を払うのは贈与でもなんでもないですし。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報