出産前後の痔にはご注意!

ブックを開くコマンド
× Workbooks("filename.xls").open
○ Workbooks.open filename:="filename.xls"
何故下なのですか?ワークブックコレクションの中から特定のブックを指定し開くなら、上の構文にした方がワークシートコレクション等と構文表現を統一出来ます。

現にブックを閉じるコマンドは
Workbooks("filename.xls").close
です。何故ブックを開くコマンドだけ別表現なのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



> ブックを開くコマンド
> × Workbooks("filename.xls").open
> ○ Workbooks.open filename:="filename.xls"
> 何故下なのですか?
> ワークブックコレクションの中から特定のブックを指定し開くなら、
> 上の構文にした方がワークシートコレクション等と構文表現を統一出来ます。
> 現にブックを閉じるコマンドは
> Workbooks("filename.xls").close
> です。何故ブックを開くコマンドだけ別表現なのですか?
<以上、改行は筆者。>
まず、ヘルプの引用ですが、
その前に、Parentを省略せずに書くと、
Excel.Application.Workbooks.Open Filename:="filename.xls"
だという点を確認しておいてください。
|Application.Workbooks プロパティ
|開かれているすべてのブックを表す Workbooks コレクションを返します。値の取得のみ可能です。
<以上、VBAのヘルプより。>
一般論として、コレクションというのは、実体を持ったオブジェクトの集合体です。
"filename.xls"はWorkbookの設計図を収めたファイルとしてのみ存在している訳ですから、
開いてこそ実体を持ったWorkbook オブジェクトとなり得ます。
つまりブックとして開くまではWorkbooks コレクションに加えることは出来ません。
また、
開いていないブック=Workbooks コレクションに存在しないブック
を、Workbooks("filename.xls"). ...のように参照しようとしても当然実行時エラーになります。
Worksheets("sheetname"). ...のように存在しないワークシートを参照しようとしても同様です。
> 上の構文にした方がワークシートコレクション等と構文表現を統一出来ます。< 再掲
違いは、ブックを開いた時に連動して配下のシートは実体を持つ、ということです。
Worksheets には.Open メソッドはあり得ませんし、.Close メソッドもないですよね。

解り難い説明になってしまっていたらすみません。
結構な長文を用意したのですが、クドクなったので要約を上げました。
以上です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
まだ開いて無いファイルだからコレクションには入ってないという事ですね。
だからこそworksheetにはないopenやcloseメソッドがあると。

お礼日時:2014/09/07 09:32

#1、cjです。

お礼欄拝見しました。

> まだ開いて無いファイルだからコレクションには入ってないという事ですね。
はい、その認識で合っています。
一般的なコレクション(コレクションオブジェクト)の扱いとしては、
一段階めで、新しいオブジェクトのインスタンス(実体)を生成してから
次の段階で
collection.Add Key:="name", Item:=newobject
のような書式でコレクションに追加します。
Workbooks.Open Filename:="filename.xls"
の場合は、オブジェクトの実体を生成すると同時に、
コレクションへの追加をしています。

> だからこそworksheetにはないopenやcloseメソッドがあると。
誤解のないように補足しておきますが、
Workbooks.Open Filename:="filename.xls"
これは、Workbooks コレクションのOpen メソッドです。
Workbooks("filename.xls").Close
これは、Workbook オブジェクトのClose メソッドです。
(Workbooks コレクションには、すべてのブックを閉じるClose メソッドがありますが、
 これは、現在ではほぼ使われることのないもの、いわばレガシーです。)

Workbooks("filename.xls")
は、
Workbooks.Item("filename.xls")
の省略形ですが、
例外なくWorkbook オブジェクトを参照します。
「Workbooks」だけならWorkbooks コレクション、
「Workbooks()」と括弧が付いた部分を含めて、それは
(Workbooks コレクションのItemとしての)Workbook オブジェクトであって、
必然的に、Workbooks コレクションのメソッドは使用できません。
Open メソッド、と、Close メソッドとでは、処理対象(Parent)が別物なのです。

以上、補足として追記しておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再回答ありがとうございます。
括弧ツキとなしではオブジェクトかコレクションかの違いがあるのですね。実は頭の中で不鮮明な理解だった部分です。スッキリしました。

お礼日時:2014/09/07 15:28

> × Workbooks("filename.xls").open


Workbooksコレクションオブジェクトは「現在このExcelアプリケーションの中で開かれているブックたち」が入っている。
で、filename.xlsはまだ開かれていない。今から開くんだから。
だから、Workbooks("filename.xls")ではアクセスできない。
なので、
> ○ Workbooks.open filename:="filename.xls"
で開く。そこではじめてWorkbooksコレクションに追加されるわけだ。

開かれたので
> Workbooks("filename.xls").close
でアクセスでき、閉じる事もできる。開かれているからだ。

シートではWorksheets("newsheet1").Addみたいなのが使えるの?
Set sht = Worksheets.Add
sht.Name = "newsheet1"
みたいにするのしか知らない・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
最後の部分、まだ作成されてないシートなのでコレクションに入ってない為、この表現は使えない、でいいですよね。

お礼日時:2014/09/07 15:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

EXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

C:\経理\予算.xls

D:\2005年度\予算.xls

EXCEL97ファイルがあります。

VBAで
  カレントフォルダ名
(C:\経理\,D:\2005年度\)
を取得する事は可能でしょうか?

CURDIRでは上手い方法が見つかりませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは。
Excel97 でも、同じですね。以下で試してみてください。

Sub test()
'このブックのパス
a = ThisWorkbook.Path
'アクティブブックのパス
b = ActiveWorkbook.Path
'Excelで設定されたデフォルトパス
c = Application.DefaultFilePath
'カレントディレクトリ
d = CurDir
MsgBox "このブックのパス   : " & a & Chr(13) & _
   "アクティブブックのパス: " & b & Chr(13) & _
   "デフォルトパス    : " & c & Chr(13) & _
   "カレントディレクトリ : " & d & Chr(13)
End Sub

Qエクセルファイルが開けない

こんにちわ。
今回、困難にぶち当たったのでご質問させて頂きます。

VB(正確にはACCESSのVBAですが)から、複数のエクセルファイルを順番に開き、中のセルをクリアする処理をしています。
ソースを下記に記載させて頂きます。

Private Sub Excel_Delete(sXlsFile As String)
Dim sXls As Workbook

Set sXls = excel.Workbooks.Open(sXlsFile, 0)
sXls.Sheets(1).Range("I7:AM3005").ClearContents
sXls.Saved = True
sXls.Save
sXls.Close
Set sxlx = Nothing
End Sub

今まで問題なく動作していたのですが、ある日、
Set sXls = excel.Workbooks.Open(sXlsFile, 0)
の部分でエラーが出ました。
↓エラー内容は下記の通りです。
実行時エラー-2147417851(80010105)
openメソッドは失敗しました ’Workbooks’オブジェクト

開くエクセルファイルは、フォルダから列挙して取得していますので、
ちゃんと存在しています。
しかも、エラーが起きるファイルは同じファイルではなく、エラーが起きない時もあります。
列挙するエクセルファイルは、日に日に増えていっていて、現在では500個
近くになっています。
数が増えてきたのが原因でしょうか?
それとも、何か根本的な間違いがあるのでしょうか。
何かわかる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

こんにちわ。
今回、困難にぶち当たったのでご質問させて頂きます。

VB(正確にはACCESSのVBAですが)から、複数のエクセルファイルを順番に開き、中のセルをクリアする処理をしています。
ソースを下記に記載させて頂きます。

Private Sub Excel_Delete(sXlsFile As String)
Dim sXls As Workbook

Set sXls = excel.Workbooks.Open(sXlsFile, 0)
sXls.Sheets(1).Range("I7:AM3005").ClearContents
sXls.Saved = True
sXls.Save
sXls.Close
Set sxlx = N...続きを読む

Aベストアンサー

Excel のブックを開く前に、Excel のアプリケーションを起動させなきゃダメです。

Dim xlApp As Excel.Application
' Excel を起動
xlApp = New Excel.Application
' Excel を表示(表示させない場合はいらない行です)
xlApp.Visible = True

Dim xlBook As Excel.Workbook
Set xlBook = xlApp.Workbooks.Open(パス)
最後に・・・
xlApp.Quit

です。
だから質問文にあるようなプロシージャでプロシージャ内で Excel アプリケーションを開いたり閉じたりする処理を書いちゃうと、1つのブックを処理するたびに Excel を起動して終了してってなっちゃいますから、その上位で Excel アプリケーションを管理したほうが忙しくないです。

QEXCEL VBAマクロ作成で、他のEXCELからデータを取り込みたい

メインプログラム(EXCEL VBA)より、
他のフォルダーにあるEXCELの項目の内容を取り込みたいです。
たとえば他のフォルダーのEXCELのRange("A2:A3").ValueをメインプログラムのRange("C2:C3").Valueにセットしたい時です。

・コマンドボタン押したら、どこのEXCELから取り込むかのポップアップ(?)は、表示はできてます。
・作業者が選んだパスとブックもMsgBoxで表示できてるので、もらう相手の場所も取得できてます。

・となると次はOPEN,INPUTですか?
テキストデータの取り込みですと、Inputでそのバッファを定義してるのですが、なんか違うような。。。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私がやる方法です。

Dim writeSheet As Worksheet ' 自分自身の書き出し先シート
Set writeSheet = ThisWorkbook.Worksheets(1) ' Sheet1 を参照

Dim readBook As Workbook ' 相手ブック
Set readBook = Workbooks.Open(filename) ' 相手ブックを開いて参照
Dim readSheet As WorkSheet ' 相手シート
Set readSheet = readBook.Worksheets("sheetName") ' 相手シートを参照
' または Set readSheet = readBook.Worksheets(sheetIndex)

' 例えば
writeSheet.Cells(1, 1).Value = readSheet.Cells(2, 2).Value ' 相手シートの B2 の値を自分自身の A1 に書き込む

readBook.Close False ' 相手ブックを閉じる
Set readSheet = Nothing
Set readBook = Nothing

私がやる方法です。

Dim writeSheet As Worksheet ' 自分自身の書き出し先シート
Set writeSheet = ThisWorkbook.Worksheets(1) ' Sheet1 を参照

Dim readBook As Workbook ' 相手ブック
Set readBook = Workbooks.Open(filename) ' 相手ブックを開いて参照
Dim readSheet As WorkSheet ' 相手シート
Set readSheet = readBook.Worksheets("sheetName") ' 相手シートを参照
' または Set readSheet = readBook.Worksheets(sheetIndex)

' 例えば
writeSheet.Cells(1, 1).Value = readSheet.Ce...続きを読む

Qエクセル マクロで指定フォルダを開く

エクセルにて
指定フォルダを開く、マクロがあれば教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

こういうものですか?
開くフォルダを変えたいときは targ に与えるパスを変更します。

Sub OpenFolders()
Dim targ As String
targ = "C:\"
Shell "C:\Windows\Explorer.exe " & targ, vbNormalFocus
End Sub

Q異なるブック間でのセル範囲のコピー/VBA

異なるブック間でクリップボードを経由せず直接コピーしたいため
下記のマクロを記述していますが、実行エラーが発生します。
どうしてでしょうか。

ThisWorkbook.Worksheets(3).Range(Cells(3, 1), Cells(3 + a, 1)).Value = Workbooks("excel.xls").Worksheets(1).Range(Cells(11, 3), Cells(11 + a, 3)).Value

(補足)
(1)VBA実行中のThisWorkbook、excel.xlsは別のブック
ですが、同じフォルダにあります。
(2)aは数値が入る変数です。

Aベストアンサー

Cells(3, 1)や他のCellsが参照エラーになるためです。
ブックとワークシートを特定できないためエラーになってしまいます。
正しくは
ThisWorkbook.Worksheets(3).Range(ThisWorkbook.Worksheets(3).Cells(3, 1), _
ThisWorkbook.Worksheets(3).Cells(3 + a, 1)).Value _
= Workbooks("excel.xls").Worksheets(1).Range(Workbooks("excel.xls").Worksheets(1).Cells(11, 3), _
Workbooks("excel.xls").Worksheets(1).Cells(11 + a, 3)).Value

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QExel VBA 別ブックから該当データを検索し、必要なデータを取得する方法について

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数ではなく、マクロで処理を希望します。

自分では、部品表の商品番号をコピーして、コード一覧表で検索し、検索結果の右隣のセル(B列のコード)の値を部品表のC列に貼り付ければよいかと思い、書いてみたんですが…

Sub 別ブックから貼り付ける()
  Dim 検索する As Long
Windows("部品表.xls").Activate
検索する = cells(i,2).Value
Windows("コード一覧表.xls").Activate
ActiveWindow.SmallScroll Down:=-3
Selection.AutoFilter Field:=3, Criteria1:="=検索する", Operator:= xlAnd

と、してみたものの、検索しても、その検索結果の隣のセルのコードをどうやって取得すればいいのかが、わかりませんでした。

基本事項は本で学びましたが、呪文のようなコードはよく理解できません。懸命にネットで検索して、訳して理解する努力をしてはいますが。

どうぞよろしくお願いします。

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks.Open("C:\★★\コード一覧表.xls") '★要変更★
 I = 2
 Do While Range("A" & I).Value <> ""
  ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("C" & I).Value = Application.VLookup(ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("B" & I).Value, xlBook.Worksheets("Sheet1").Range("A2:B65535"), 2, 0)
  I = I + 1
 Loop
 xlBook.Close
 Application.ScreenUpdating = True
 MsgBox ("完了")
End Sub

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks....続きを読む

QVBAでワークブックの名前を変数にして開かせる?

最近VBAを勉強し始めたばかりです。 面白いですね…。

さて、恐らく基礎なんでしょうけれど、行き詰まっているので是非アドバイスをお願いします。
とりあえず、テキスト見ながら作ったマクロですがダメでした。
目的は対話型?で入力した名前のワークブックの名前を開かせるというものです。
Sub Macro1()
Dim mywbname As String
Dim mymsg As String, mytitle As String

myMgs = "開いて欲しいファイル名を入力してください"
mytitle = "ファイルを選択"
mywbname = Application.InputBox(Prompt:=myMgs, Title:=mytitle)

If mywbname <> "False" Then

Workbooks.Open Filename:="C:\Documents and Settings\○○○\デスクトップ\mywbname.xls"

End If

End Sub
なんてなものを作ったのですが、mywbnameを変数として受け取ってくれません。なのでそんなファイルはない…なんてことになっています。

構文自体の見直しも含めてアドバイスお願いします。
蛇足かもしれませんが、○○○のところは個人名が入ります。
C:\Documents and Settings\○○○\デスクトップ\mywbname.xls"
の箇所のmywbnameを既存のファイル名にしてみるとMgsBoXに適当な文字さえ入れれば、そのファイルは開いたので問題なのはmywbnameを入力した名前に置き換えてくれない部分だと思うのですが、よろしくおねがいします。

最近VBAを勉強し始めたばかりです。 面白いですね…。

さて、恐らく基礎なんでしょうけれど、行き詰まっているので是非アドバイスをお願いします。
とりあえず、テキスト見ながら作ったマクロですがダメでした。
目的は対話型?で入力した名前のワークブックの名前を開かせるというものです。
Sub Macro1()
Dim mywbname As String
Dim mymsg As String, mytitle As String

myMgs = "開いて欲しいファイル名を入力してください"
mytitle = "ファイルを選択"
mywbname = Applicatio...続きを読む

Aベストアンサー

>問題なのはmywbnameを入力した名前に置き換えてくれない部分だと思うのですが
その通りです、変数と文字列の連結方法が間違っています
>Workbooks.Open Filename:="C:\Documents and Settings\○○○\デスクトップ\mywbname.xls"
Workbooks.Open Filename:="C:\Documents and Settings\○○○\デスクトップ\" & mywbname & ".xls"
とします
したのマクロを実行してみてください

Sub test()
Dim 変数 As String
変数 = "変数を""""でくくっていない"
MsgBox "こちらは変数を""""でくくった例です"
MsgBox "こちらは" & 変数 & "例です"
End Sub

違い分かりますか


修正したものを載せておきます

Sub Macro1()
Dim mywbname As String
Dim mymsg As String, mytitle As String

mymgs = "開いて欲しいファイル名を入力してください"
mytitle = "ファイルを選択"
mywbname = Application.InputBox(Prompt:=mymgs, Title:=mytitle)

If mywbname <> "" Then

Workbooks.Open Filename:="C:\Documents and Settings\○○○\デスクトップ\" & mywbname & ".xls"

End If

あと、InputBoxの未入力の戻り値は "False" では無く "" です
>If mywbname <> "False" Then
If mywbname <> "" Then

こんな所でしょうか

>問題なのはmywbnameを入力した名前に置き換えてくれない部分だと思うのですが
その通りです、変数と文字列の連結方法が間違っています
>Workbooks.Open Filename:="C:\Documents and Settings\○○○\デスクトップ\mywbname.xls"
Workbooks.Open Filename:="C:\Documents and Settings\○○○\デスクトップ\" & mywbname & ".xls"
とします
したのマクロを実行してみてください

Sub test()
Dim 変数 As String
変数 = "変数を""""でくくっていない"
MsgBox "こちらは変数を""""でくくった例です"
Msg...続きを読む

QエクセルVBAが途中で止まります

以前別のカテゴリで質問したのですが、そちらでは解決出来なかったので、こちらで改めて質問します。
下記のマクロで、一つのブックからSheet1だけをコピーして来て、少し処理をし、元のブックを閉じるというもので、ブックの数は多くて3000程、少ない時は300位です。
で、このマクロだと900位までですと最後まで行くのですが、それを超えるとリストが95位で止まってしまいます。
自宅で別データを作ってやってみるとうまくいきました。
コピー元のブックにはテキストデータのみで、200文字から500文字程度の大きさしかありません。
ファイル名も50文字程度の物を全部20文字程度まで短くしてもみましたが、ダメでした。
どうかお知恵をお貸しください。

Sub ★1★ブックの結合()
Dim sFile As String
Dim sWB As Workbook, dWB As Workbook, aWB As Workbook
Dim dSheetCount As Long
Dim i As Long
Dim SOURCE_DIR As String

'エクセルデータに変換されたファイルのあるフォルダを選択します。
MsgBox "エクセルに変換されたデータのフォルダを選択"
With Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
If .Show = True Then
SOURCE_DIR = .SelectedItems(1) & "\"
End If
End With

Application.ScreenUpdating = False

'指定したフォルダ内にあるブックのファイル名を取得
sFile = Dir(SOURCE_DIR & "*.xls")

'フォルダ内にブックが無ければ終了
If sFile = "" Then Exit Sub

'集約用ブックを作成
Set dWB = Workbooks.Add

'転記マクロの中のDMリストシートをコピーする
Workbooks("転記用マクロ.xlsm").Worksheets("DMリスト").Copy Before:=dWB.Worksheets("Sheet1")
Application.DisplayAlerts = False
Worksheets(Array("Sheet1", "sheet2", "sheet3")).Select
ActiveWindow.SelectedSheets.Delete
Application.DisplayAlerts = True

'集約用ブック作成時のシート数を取得
dSheetCount = dWB.Worksheets.Count

Do
'コピー元のブックを開く
Set sWB = Workbooks.Open(Filename:=SOURCE_DIR & sFile)

'コピー元のsheet1を集約用ブックにコピー
sWB.Worksheets("sheet1").Copy After:=dWB.Worksheets(dWB.Sheets.Count)

シート転記

'コピー元ファイルを閉じる
Application.DisplayAlerts = False
sWB.Close
Application.DisplayAlerts = True

'セルA2の名前を変更する


'シート名をセルA2の値に変更
'ActiveSheet.Name = Range("A2").Value


'次のブックのファイル名を取得
sFile = Dir()
Loop While sFile <> ""

'集約用ブックを保存する
'dWB.SaveAs Filename:=DEST_FILE


Application.ScreenUpdating = False


End Sub

以前別のカテゴリで質問したのですが、そちらでは解決出来なかったので、こちらで改めて質問します。
下記のマクロで、一つのブックからSheet1だけをコピーして来て、少し処理をし、元のブックを閉じるというもので、ブックの数は多くて3000程、少ない時は300位です。
で、このマクロだと900位までですと最後まで行くのですが、それを超えるとリストが95位で止まってしまいます。
自宅で別データを作ってやってみるとうまくいきました。
コピー元のブックにはテキストデータのみで、200文字から500文字...続きを読む

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8750372.html


例えば、30ファイルあっても10ファイルしか読み込まれない事があり、
エラーメッセージもない、何事もなく終了するが10ファイルしか処理されていない、
常に発生する訳ではなく、マシンが変われば同じデータでもOKだったり、
データが少し変わればOKだったりする。
なので、昨日までOKだったのに、今日データが変わった為、急にダメになったりする。
もし、10ファイル目で発生した場合、何度実行しても必ず、10ファイル目までしか処理されない。
そのファイルがおかしいかと思い、その前後の2~3ファイルを削除しても、
やっぱり、10ファイル目(さっきとは違うファイル)までしか処理されない、
という恐ろしいバグがExcel VBAにありますが、それじゃないですかね?

While文などのループの中に、ワークブックのオープンがあると、
何度目かでオープンが実行されず、エラーなしでスルンと終わります。

回避方法は、Open 文の前に DoEvets の1行を書く事。
だいたいこれで直りますが、これで直らなかったマクロもあったので、
Open 文の後ろにも DoEvets の1行を書いて、前後を DoEvets ではさむと直りました。
安全(?)の為、前後をはさんでおいた方が良いと思います。

こんな感じ:
DoEvents
Workbooks.Open aaa
DoEvents

かなり前(1年くらい?)にハマりググりまくったところ、ほとんど情報はなかったですが、
1人だけ、自分の質問に「直った」と自己回答している方がいて、Open文の前にDoEvetsをつけたら直ったそうです。
半信半疑で真似たら私も直りました。
何故、これで直るのかはわかりませんが、DoEvetsを外すと見事に再現し、DoEvetsではさむとピタッと直ります。

ググりまくった際、とても情報が少なく、こんなに顕著に再現するのに、
何故、情報が少ないのかは不思議に思いました。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8750372.html


例えば、30ファイルあっても10ファイルしか読み込まれない事があり、
エラーメッセージもない、何事もなく終了するが10ファイルしか処理されていない、
常に発生する訳ではなく、マシンが変われば同じデータでもOKだったり、
データが少し変わればOKだったりする。
なので、昨日までOKだったのに、今日データが変わった為、急にダメになったりする。
もし、10ファイル目で発生した場合、何度実行しても必ず、10ファイル目までしか処理されない。
そのファイルがおかし...続きを読む

QVB上で実行中の無限ループの止め方

今まで、CUIベースのBASICでのプログラムの経験はあるのですが
Visual系のBASICは初心者です。
原因はわかっているのでプログラムの修正はできるのですが
VB上でコンパイルして実行したときに無限ループに陥ってしまって
どうにもプログラムをとめられなくなります。
そんなことがないように、実行前に全てのプロジェクトを保存して
いますので、そんなに実害はないのですが、どうすればとめられるのでしょう・・
今現在は、タスクマネージャーから強制終了させています。

Aベストアンサー

無限ループの一番内側に
DoEvents
を入れておくと、ウィンドウ切替え->デバッガ終了操作が出来ますよ

危なそうなとこにも入れておくと、何かと安心です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報