ネットが遅くてイライラしてない!?

接骨院の集客についての相談です。
知名度がなくてははじまらないと思い、チラシの投函などを考えているのですが、どのくらいの集客が見込めるのか、お分かりの方教えてください。

若い方も多い街なのですがなぜか来てくださる方は男性が多く、女性の方にも来ていただきたいとも思っています。
ご意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

チラシは手配りとか投函をお考えなんですよね?



手間の割りに、戻りは0.01とかそういう世界ですよ…。

チラシも魅力的に作る必要があるので、業者に相談してなんとかかんとかしていたらいくらかかるか分かりませんよ。

女性客が少ないとのことですが、外観や内装を入りやすくする、女性向けのメニューを作るなどが先だと思います。

女の人は敏感に総合的に選んでいますから、まずは入りやすい雰囲気を作ること、それから女性が興味のあるメニューを用意しないとダメですね。

耳ツボなんかはどうですか?人気あると思うのですが。
私達のような店は、広告よりサービスだと思いますよ?

勉強する必要はありますが、一ヶ月弱でメニューにできますし、うちの地域では月一技術講習があるので早いからと言って中途半端というわけでもないです。

初期費用も可能な範囲だと思いますよ。

接骨院さんのようなので、耳ツボを看板メニューにして、骨盤ダイエットとかダイエット接骨を掲げるとかね。

検討される場合のために、うちが研修うけたところのURLを貼っておきます。
http://www.soushin-igaku.org/index.html

あくまで私の一案ですから、質問者さんの状況でどのくらい見込みがあるか等は、くれぐれもきちんとご自身で検証されてから検討してください。
    • good
    • 1

新聞折込チラシは1000枚撒いて3件反応があるくらいだよ。

”せんみつ(千枚で3だから)”と言うんだよと昔、先輩が言ってました、ネットの無い時代です。今ならもっと低くなるかもしれません。他に媒体がいっぱいあるから。

新聞折込を頼まずご自分で投函するということですが、1軒1軒投函するのは大変でしょうがやってみてください。あれこれ試行錯誤しなければ見えてこない個々の状況がありますから。たぶんせんみつより低いでしょうが。

チラシの完成度も影響します、プロにデザインを頼むと1点3万円から5万円くらいは必要でしょう。それプラス印刷代。隅に割引券などを印刷するといいかもしれません。

接骨院はリラックス系と違って本格的なイメージがあるので、リラックスコースのメニューも入れたらとっつきやすいかと思います。治療というより単にちょっと楽になりたいだけ、の需要もあると思いますので。

女性客については、私が女性だから思うことですが、施術には体を触られるわけなので、変な所や変な人だったらいやだな、とまず考えます。店の外観とか施術室とかイメージの良い写真があれば載せるといいかもしれません。もし写真がなくても自分で撮った写真は載せないように、必ずプロに撮影を頼んでください、仕上がりのちょっとしたことで、見る人の深層心理に与えるものは全然違います。

手書きの割引券などは手渡しで配らないように。なんか節約してる感が出て、使うのをためらいます。

最寄の駅に看板を出すのもいいでしょう。駅に看板が出ている店のチラシは信用できるイメージがあります。

ホームページも必須ですね、もう作られているかも知れませんが、これもプロに頼んでください。ホームページないと始まりません。

以上は現役の女性広告やさんの意見でした。我田引水って?いやいや、多くの商売の失敗成功を見てきて感じたことを書いたまでです、大切なのはあきらめずに試行錯誤、客の心理を研究しつくすことです。頑張ってください。
    • good
    • 0

街行く人に手渡しでチラシを配るのも


ポスティングの一種と考えても
レスポンス率は先に回答された方と同じで
おそらく0.1%とかそんな数字だと思います。

ポスティングのレスポンスは元々の知名度が低いと
見るも無残な結果になりますけど、
誰でもそういうところから始めます。
(正しい方法かどうかは別として)

これを多いと見るか?少ないと見るか?が問題ですね。
チラシを見て来店してくれる数少ない客を株として
育てていくしかないです。たとえ0.1%でもゼロではないのですから、
どう増殖させていくかは内容次第なんですよね。

女性にも来てほしいなら、チラシの内容は女性向けに作る必要あるし、
施術内容のみならず、施設もそういう方向で見た目や内装、
サービスなどもそういった内容にしないといけません。

知名度の問題もありますが、集客の本質は実はそこ(チラシ)じゃないんですよね。
    • good
    • 0

チラシへの好感度にもよると思います。



ですので、素人作成ですと、プロ作成よりも反応が悪いと考えるべきです。
プロは、見る人の印象やデザインについて学び、多くの経験を持っているものです。

私の会社で素人作成をしたところ、反応は数千分の1の反応でした。

割引なども重要であり、接骨院・整骨院は技術の評判次第のところがありますが、まずは来てもらうことが大切ですからね。

接骨院などの場合には、国家資格者対応であることや健康保険対応を記載して目を引かせることも大切です。
私の言っている接骨院では、交通事故対応についても学び、損害賠償保険対応をめいいっぱい前面に出していますね。そして、通常の治療と交通事故の治療では大きく診療時間を変え、交通事故の予約診療には、休診日を作らず、予約可能な時間も深夜までOKにしています。

健康保険診療は厳しいところがありますが、損害賠償保険での治療では健康保険より厳しくないことでしょう。柔道整復師の健康保険診療は例外的なものでしょうからね。地域によっては、部位数が多いと健康保険団体からのNGもありますでしょうからね。

あとは、柔道整復師による鍼灸は、健康保険対応にできる場合があるでしょうから、あなたが鍼灸の資格もお持ちであれば、明確に出されることですね。

接骨院・整骨院も多くなりましたし、リラクゼーション目的の無資格マッサージ・民間資格マッサージも多いでしょう。他と違うところなどを明確にしたチラシをプロに作ってもらうことですね。

新聞折り込みですと楽ではありますが、手渡しですと顔を合わせることも増え、その場の言葉でのアドバイスなどを行いつつ、簡単な営業トークもできるかもしれません。
チラシの内容、配り方でも大きく変わるものだと思います。
    • good
    • 0

 こういう類についての常識的な数値を言えば、無差別にチラシを配れば反応があるのは1千件のうちよくて数件です。

ただし、反応を示したうちで実際に来院につながるのは、さらに1/10になります。1万枚のチラシをばら撒いて、集客できるのは数人でしょうね。
    • good
    • 0

新聞の折り込より、自分で各家に、投函する、直接手渡し体調伺いも、出来ますよ。

    • good
    • 0

配布枚数を分母にして「来店者」が分子で「率」を出すなら、0.1%程度あれば上出来だと思います。


つまり1000部配って1人来るか、ですね。

明確に効果が分かるように「チラシ持参の方は」としておけば「来客数」は把握できますが、認知してもらうとか問い合わせとか、機会があればいつか、のような潜在的な効果ははっきりしません。そこまで入れると広告会社の言う「数%程度の効果」はあるかと思います。

昔、物販で試験的にポスティングしたことがあります。日頃はCMでは観るけど個人宅へ営業が来ることは無い商品です。営業所で1万枚配って1台売れました。バブル時代ですが。
当時、大手広告代理店に勤めていた親族も「そんなもの、0-1%の間だよ。でも0%と言うと商売にならんからね」と言われました。
もし手作りコピー印刷なら1000枚も刷ったら大変でしょう。広告代理店に1万部単位でも頼めば結構かかりますね。でも、直接的な「集客数」にこだわらず、広く長く知ってもらうつもりにされてチャレンジしてはどうでしょうか。
    • good
    • 0

チラシのポスティングをしている友人に聞きましたが


1000件ポスティングをして反応は1件、
運良ければ数件だそうです。

女性に直接手渡しするときは
バッグを持っていない方の手に
下から差し出すと、だいたい受け取ってくれるそうです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング