利用規約の変更について

こんにちは。
欧米の植民地支配について調べたり、教えていただいたのですが、もっと知りたいです。
田母神氏は、欧米が植民地を犬猫のように扱っていた記録があったが、文書焚書でほとんど焼かれてしまったと言い嘆きます。
欧米人の残虐性、恐ろしさをもっと聞きたいです^o^
欧米人が残虐なのか、害人全般残虐なのか、平和を愛するのは日本人だけなのかも知りたいです。
あとこういうことを描写した映画や漫画があれば見てみたいです。
アドバイスいただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

ここまでの日本は必然の流れで


太平洋戦争の後で日清、日露戦争の総括があって
悪いことと見なされたりしたけど
当時の世界は日本の領土拡大は理由あっての正当性があり、批判はなかったのですよ

朝鮮半島を維持しないと日本の維持も難しいという
観点からの世界観ですからね

なお、日本は
その後の満州経営においてもそうだけど、日本は朝鮮半島を植民地扱いにはしませんでした。他国と著しく違う点は開拓をしたということです。満州も開拓したのですよ。特に韓国においては、国家予算の四分の一、つまり日清戦争で勝って清から支払われた賠償金を含めてそれ以上をまるまる朝鮮半島に投資したのだから、日清戦争つうのは考え方を変えたら、日本が大韓帝国の独立のために清からお金を引き出して大韓帝国にまるまるあげたようなもの。

それなのに、あの民族性でその事実は全く国民に知らせないから
日韓関係は埋まらないのだけどね

太平洋戦争中は
戦争中ということもあり、新しい領土に対しては開拓は出来ませんでしたけど
大東亜共栄圏構想と言うアジアの独立プランを掲げて各国に当たったから、植民地政策において二百年以上も不平等な立場であった現地民は
一部では解放軍として日本に協力的だったし、これらの動きが戦後の植民地からの脱却である独立を果たしていくことになります

それらは元をたどれば薩長の侍がみた上海で中国人が奴隷としてヨーロッパ人につかえてきたことからなんです

最後に日本は中国にも進出しますけど、これは中国が中華民国と中国共産党の間で内乱があり国として機能してなくて各地で暴動が起きる。これを鎮圧しないと中国国内に住む日本人の生命が危ぶまれるわけ

南京大虐殺(犠牲者数いい加減の事実不透明)の前に通商大虐殺(犠牲者数判明の事実)つう日本人が大量に殺戮された事件があるんだよ

中国国内が沈静化しないことには
ヨーロッパ列強が中国を食い物にしてしまう

そしてアメリカが中国進出を狙っていてアメリカは日本に対して中国からの撤退を要求するんだ

しかし、この要求は今まで日本が世界の合意のもと進めてきたことを全否定し、さらに石油を売らないときたんだ。ハルノートと言いますけど
当時、石油はアメリカ頼みだった。こんな大国の身勝手な要求なら
小国のルクセンブルクも牙を向くだろうと言われた
最後通牒でした

そして石油枯欠を逆算して石油のあるインドネシアまでの進撃を計算して1941年12月上旬に開戦しなければ、日本は破綻してしまうので米英に宣戦布告するんだよ

でも、これ
アメリカの陰謀なんだよ
アメリカは日本に戦争するしか選択肢がないような
ハルノートを出して開戦させ
アメリカは軍需産業を振興させて
国力増長を目指すわけ

日本は敗戦して
今ではアメリカの属国みたいな扱いだし太平洋戦争の悪者扱いされるけど

強いが正義の
世界に唯一挑んだ国なんですよ

戦前は国際連盟に民族の平等を訴えてますが、これが当時、黒人を奴隷にしてきたアメリカの反発を招いて、アメリカは日本を憎むようになるんだけどね
    • good
    • 3

続きます。

イギリスを割と正義の味方っぽく書いたけど、そうじゃない部分もあります。例えば、アヘン戦争。中国にアヘンと言う麻薬を売りつけるんですが
中国は断った。したら、軍隊を発動させて戦争。中国は負けて上海や香港をイギリスに取られてしまいます。
上海はヨーロッパの貴族の社交場。上海バンスキンスという映画にあるように、貧乏な中国人を札束を武器に顎で使っていた。まさに奴隷

これを見た明治維新前の薩長の武士たちは、日本は富国強兵をしないと中国の二の舞になると決心

この決心が後の太平洋戦争まで日本の国是となっていきます。ヨーロッパ列強からの侵略を防ぐが日本の国是でした。

この薩長の武士たちの報告が間違いないと感じる事件が江戸時代末期の日本でも起きた。生麦事件と言います。

江戸時代だから
大名の皆さんは
江戸に出向いて
交代で政治にあたらなくてはならない。この時の大名の行列を大名行列と言います。

この大名行列の前では、みんな道路に伏して、通過させなければならないのですが、そんな決まり事を外国人が知るわけがない

外国人が大名行列の目の前を横切ったものだから
お付きのお侍さんは、当然
「無礼者!」
つうことで
外国人さん斬られてしまった。

日本のルールだから、郷にいっては郷に従えで
現代的価値観なら外国人が悪いのですが、これ
お侍さんが悪くなった。

幕府は、平身低頭で外国人家族にあやまり、以降、外国人は、大名行列のルール適用外とするお触れを出すわけ

なぜなら、怒らせて今、喧嘩(戦争)して勝てる相手じゃない。下手に抵抗すると、攻めこまれてしまうつうことです。

それでも、薩摩や長州は、勝手なイギリスに喧嘩(戦争)をしました。当然、日本の一部の地域と紛争になれば日英戦争なんだけど、負けが確定的なので
薩摩と長州の勝手な行動とイギリスに説明して日英戦争は避けるわけ。薩英戦争とかいう
日本は、アメリカのペリーがでっかい黒船できて開国を迫ります。

なんで、黒船一隻で言うこと聞いたかと言えば、この黒船だけで、日本の武士が持っていた水軍が全滅するのが必至なくらい当時としては
桁違いにでかい
船で、しかも砲弾が江戸に放たれたら、それで日本は降参という有り様だったから、言うことを聞いたわけ
薩摩や長州がイギリスと戦争した時も、ものの数時間で薩摩や長州は降参している。それだけ圧倒的な軍事力の差があった

で、鎖国をやめて開国しましたて
通商条約と言う
貿易の覚え書きをかわすのだけど
すっげえ不平等な条約なんだよね。
でも逆らえない。そこで、明治政府は富国強兵しなくてはならなくなったわけ

んで、あとは強いものに味方してもらうこと

そこで、イギリスを味方にした日英同盟を締結したのね

この日英同盟は
日本が植民地支配されなかった
ひとつの原動力になった

朝鮮半島がひ弱な地域だったわけ

放置しておくと
いずれヨーロッパ列強が足場にされちゃうと日本から近いので困るわけ
そこで宗主国である中国(当時は清)に朝鮮半島を開拓すべきと注文だしますが、清は
ヨーロッパ列強にあちこち浸食されていて国として成してないから
断るわけ

日本は、そこで清と戦います。そして下関条約で朝鮮半島を清から独立させました。

朝鮮半島を自立させようと日本は大韓帝国に提案しますが、大韓帝国は国力がない。そこで日本が併合して朝鮮半島を開拓するのです。一応、この併合はヨーロッパ列強やアメリカなどからも、文句ない併合と言われていて大韓帝国も望んだことでした。

次にロシアが朝鮮半島を狙ってきて満州地域に進出してきたから、日本はロシアも退治しました

次に第一次世界大戦がおこり、日英同盟の関係から日本もドイツに参戦してドイツの中国領山東半島と南太平洋を占拠して日本は領土拡大をはかります

続く
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。日本人はもっと歴史をまなばなければいけませんね。海外の怖さを知らずに海外旅行する人たちは哀れに思います

お礼日時:2014/09/11 16:16

植民地経営は、16世紀くらいから19世紀なかばまで



これを一色単に書くと、わけがわからなくなります。
時代、時代により植民地との接し方が変わってくるので

植民地経営が脚光を浴びるのは、そこにヨーロッパにないもの、あるいは稀少価値なものがふんだんにあったので、それを売って儲けようという船乗りたちが
はじめで、船乗りたちは、胡椒をはじめとする香辛料や、緑茶(船の中で発酵してしまい、偶然に紅茶が出来上がる)や、タバコ。中には、野菜なんかもあります。
ところが、今のように、貨幣がない物々交換の世界ばかりだから、ヨーロッパから、それらの物を手に入れるには、銃とかと交換するわけ

そして、ヨーロッパ人をひいきにして取引してくれる人や部族に銃をたくさんあげる。その部族は他の部族より力を得るから勢力を拡大する。日本も織田信長が銃をいち早く取り入れて全国制覇に向かいます。

最初は、こんな動き

次に、各国は東インド会社てのを作って、これらの貿易を国営化する。すると、植民地の奪い合いがはじまるわけ

ヨーロッパ各国は有力部族を仲間に引き入れたりしながら、貿易上の派遣争いをしていきます。

そうやって、世界は、イギリス、フランス、スペイン、ポルトガル、オランダが植民地にしていきました。国家統一の遅れたドイツやイタリアが植民地経営をはじめるのは18世紀後半からでドイツはスペインからお金で南太平洋を購入したりしました。

さて、それらの
植民地では、ヨーロッパの別の国に植民地を取られまいと軍備を増強して、その国自体を統治していきます
話しが違うじゃないかと現地民は
思います。商売相手だったのに
国の統治者に
なってしまうのですから

スペインなどは
マヤやアステカやインカなどの文明国を力づくで滅ぼしてしまいます。

すると次第に
ヨーロッパ人が
一番で現地民は
二番という差別化をはかりだします
この頃は、差別が顕著で確かに
植民地は奴隷化していきますし
アフリカの黒人は奴隷として
売られていきました

ところが、差別を繰り返していますと反発が当然湧いてきます。植民地支配を狙う他国はそれらの不満分子に協力して、植民地内で内戦を企てます。その内戦に乗じて理由をつけて植民地の支配者になりかわろうというわけです。

そして、先の支配者支配をしていた悪の国を追い出した正義の国として迎えいれてもらい植民地の支配者になり、統治をします。前の支配者よりは、幾分、不公平を是正はしますが、それでもヨーロッパ第一、現地人第二というのは変わりません。

日本は太平洋戦争の大義名分としてアジアの独立を
掲げ、アジア各国に義勇団を作り上げて、敗戦しても独立運動に協力するなどして、
ヨーロッパ列強を次々にうち破る日本軍に刺激されて世界中で独立運動が盛んになり

大戦で疲弊していたヨーロッパ各国も手におえなくなり、世界中で独立がはじまります。

という流れなんです。で、奴隷化は各国により対応が違います。

奴隷化がひどかったのはオランダやポルトガルで

オランダは近年まで南アフリカでアパルトヘイトという人種差別があったように、差別意識が高い奴隷化を打ち出しています
イギリスやフランスは、早くから
植民地経営をプランテーション経済に置き換えて、つまりは農場をこしらえて、港を作り馬を移植して道路を作るなどインフラ整備にも力を入れたので
現在でも、英連邦やフランス語圏国の結びつきは強いのです。
ですが、全ての地域で、ありがたく受け取られたわけではなく、インドなどは、カースト制度のある中、ヨーロッパの迷惑な異文化が混入したために、イギリスの植民地経営は必ずしも良好ではなかったのです。
    • good
    • 2

 いろいろな話がゴッチャになっているようですね。



 少なくとも日本軍が占領した東南アジアの欧米植民地では、経済的な収奪はありましたが、宗主国による鬼畜とか残虐といわれるような行為はほとんどありません。

 もちろん、独立運動など軍事的な作戦で原住民に多くの犠牲が生じた場合は別です。通常の植民地経営で、残虐な行為があった例はよほど異常な場合でしょう。

 植民地支配は、キリスト教の布教を含む西欧文化や制度への教化という形を取りました。そこへ現地の風習やキリスト教に無知な日本軍が支配者として登場したので、日本軍人の残虐さがかれらの記憶に焼き付けられたのです。
    • good
    • 0

長くなったので二つに分けました。




>欧米人が残虐なのか、害人全般残虐なのか、平和を愛するのは日本人だけなのかも知りたいです。

世界で日本人は~。などは、私は世界を知り尽くしているわけでないので知りませんが、ヨーロッパ人と日本人の比較なら出来ますのでやってみます。

欧米人(昔の)と日本人の残忍性の決定的な違いは、「人間」の考え方です。
これは宗教が影響しています。


ローマ帝国末期、ヨーロッパでは宗教勢力が台頭し、30年戦争まで宗教価値観が支配する身の毛のよだつような残忍な時代を迎えます。


これは宗教の「人間」の考え方に原因があります。

日本では古くから、人間は皆「同じ命」と言う価値観があります。(仏教、ヒンズー教なども近い考え方)
キリスト教では、「キリスト教徒しか人間ではない」と言う価値観です。

つまり、「異教徒は人間ではない」と言う事です。
ですので、異教徒を自分たちと同じ人間扱いすると言う概念がありません。


これは、キリスト教、特有の考え方で、ユダヤ教、仏教、神道などの多くの宗教にはない考え方であり極めて危険です。

(イスラム教は、当方良く知らない。少なくともキリスト教は、カトリックでもプロテスタントでも異教徒で人間じゃなく悪魔なので「殺さないといけない」存在である。イスラム教は、ユダヤ教徒とキリスト教徒は同じ人間扱いする価値観が存在する。)


30年戦争までは、この価値観がヨーロッパ人を支配し、「異教徒は殺さなければならない」「楽に殺してはならない。苦痛を出来るだけ与えて殺さなければならない。見ているものはそれに歓喜しなければ異端である」と言う、身の毛のよだつ常識がありました。




このような「宗教価値観による殺戮の歴史」は、日本の歴史に置いてレアケースしか存在しません。
(そのレアケースを後で説明します。)



誰もが思い浮かべるのは、織田信長の弾圧でしょうか。あるいは、天草四郎か。
織田信長は、特定の宗教を弾圧し、虐殺したと言う歴史がありますが(それを否定する説もあるが)、これはその宗教の行動が、信長の利害に反していたのが原因です。

天草四郎も、当時のカトリックは民を強制的に改宗させ、仏像を破壊するなどの問題行為が横行していました。これは、後にカトリック国との禁輸に繋がります。(プロテスタントは何故禁輸しなかったかと言うと、プロテスタントは布教しなかったから。つまり、日本は鎖国していない。カトリック国を禁輸し、プロテスタント国のオランダや他外国とは貿易していた。)




しかし、ヨーロッパの30年戦争では、利害ではなく「異教徒」と言う原因で残忍に殺さなければならないのです。そして、異教徒と「交渉」する事すら許されていませんでした。これは悪魔の取引を意味し、異端扱いされます。その為、和平交渉も、戦争回避の外交もプロテスタントとカトリック、その他宗教とは行なえません。つまり、殺戮だけしか選択肢は無いのです。そして、敗者は悪魔として「根絶」されます。



本質的に違うのは、「害のある存在だから粛清した」と言う殺戮と「悪魔だから殺さないといけない」と言う殺戮の違いです。信長の弾圧も天草四郎の殺戮も、彼らが指導者に協力的だったら、その殺戮は免れたでしょう。よって、信長の弾圧も天草四郎も「宗教戦争」には入りません。



ウエストファリア体制以降、ヨーロッパではそのような残忍な価値観は軽減していきますが、非ヨーロッパに対しては相変わらずでした。その為イギリスはタスマニア人を絶滅させたりと、キリスト教徒は、壮絶な事をアジア・アフリカ各国に繰り広げていきます。




日本人の残忍性と、前近代的なキリスト教徒の残忍性の根本の違いはこれでしょう。







*日本の宗教価値観による殺戮の、レアケースの歴史

6世紀、神仏崇拝論争による蘇我・物部の争い。
ただし、7世紀には律令国家建国課程で解決している。

つまり、日本の歴史で本格的な宗教戦争は無い。
    • good
    • 0

うってつけの本があります。



『嘘だらけの日米近現代史』
http://www.amazon.co.jp/%E5%98%98%E3%81%A0%E3%82 …




>欧米人の残虐性、恐ろしさをもっと聞きたいです^o^

ヨーロッパでは30年戦争と言うのがありまして、これは「異教徒は殺さないといけない」と言う恐ろしい「常識」によっておぞましい殺戮が行なわれていました。しかし、この30年戦争は「異教徒は殺さなければならない」と言うような、宗教的価値観が支配する中世の原理主義派と、反抗派の戦いでもありました。結果的に反抗派が勝って、その後、宗教と政治を区別する思想である「近代思想」がヨーロッパに芽生えます。


アメリカの建国の父と呼ばれているピルグリム・ファーザーズですが、彼らは、その30年戦争で宗教的価値観から脱しようとするヨーロッパに居場所を失った者たちです。その為、宗教的価値観をそのままで先住民と接します。



アメリカ大陸にたどり着いた彼らは、先住インディアンに助けられます。その時、彼らは「神が、このモノ(先住民)を使いに出して救ってくれた。おぉ・・・神よ感謝します。」と思ったそうです。恩知らずですね。

それどころか、略奪をし、騙し、殺し、女を犯し、最終的に西海岸にたどり着きます。この西に向かう行動を「明白の天命(マニュフェスト・デスティニー)」と呼び、主に与えられた聖なる試練と呼びます。

30年戦争以前の宗教価値観とはそう言うものだったのです。そして、彼らは、その宗教価値観と抵抗勢力の30年戦争で抵抗勢力が優勢になる中、居場所が無くなってヨーロッパを脱した人たちなのです。

その人たちが、30年戦争のようなおぞましい殺戮方法を先住アメリカ人にしていたと言うのは想像に難くありません。だって、そう言う価値観の人たちなんだから。


現在のアメリカも実は、宗教価値観の国です。

これは、ウェストファリア体制を、経験していないのが原因です。
イラク戦争は石油の戦争と呼ばれますが、キリスト教原理主義者のネオコンの影響力はかなり強いものでした。イラクの国教がプロテスタントだったら、結果は変わっていたかもしれません。
    • good
    • 1

×平和を愛するのは日本人だけ



中国へアヘンを輸出していた事で悪名高いイギリスですが、イギリスがアヘン貿易から手を引いた(?)後、それを引き継いだのが日本関東軍@rz
    • good
    • 0

 残虐性ということとは違うように思います。



 欧米の植民地支配は、少人数の本国人で支配しつつ、経済的利益を上げるため、植民地の人々の恨みを買うことが少なくなるように、間接支配(インドでは、元々の支配階層である藩王をそのまま残して支配。ビルマやマレーシアでは、インド人を官吏としてインドから連れて来るなど。)を行いました。

 基本的に、植民地に住む人々は「人間の格好をした家畜的な財産のようなもの」として、人道的ではないが、ある意味大切に扱う(牧場では牛を大切に扱うという考え方に近い。)考え方であったようです。

 第一次世界大戦中、欧米の植民地管理が緩くなり、インドでは、イギリスがインドに戦後の自治を約束してインドの協力を求め、インド側は、120万の兵員を動員し、物資を供給してイギリスに協力ことで、独立の機運が盛り上がりました。(第一次対戦後、イギリスの認めた自治は、形ばかりで実質が少なく、独立運動の激化を招いた。)
 このような情勢下で、アメリカは1934年、フィリピンの独立(1944年の予定)を承認しました。
 

 フィリピン独立法(ウィキ)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3% …


 
    • good
    • 0

1。

色々あると思いますが下記等も一例でしょう。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~yappi/tanosii-sekais …
    http://park.looktour.net/national-park-info/%E3% …

2。  欧米人が残虐なのか、害人全般残虐なのか、平和を愛するのは日本人だけなのかも知りたいです。

    とてもいい御質問ですが下記等もご覧下さい。
    http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20091101/12570 …
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 0

日本史の幕末ごろ、中国に対する西洋諸国の圧力。


アロー号や阿片戦争で検索を。
幕末のドラマでは、志士たちが上海を見て、植民地化、原住民の奴隷化のような印象を受け、危機感を持ったというような取り上げ方をしています。

アメリカの南北戦争前の黒人=奴隷の状態。「ルーツ」など。
風と共に去りぬのように、それ以後に描かれた作品のほとんどが、ゆるい扱いしかしていません。
人種差別禁止が強く作用しています。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q欧米人が行った過去の残虐行為について

教えて!gooで、みなさまに、過去に欧米人が下に書かせていただいたような数々の蛮行を先住民、植民地の人たちに行ったことを教えていただきました。

欧米人は過去に数々の残虐行為を行ったのだと思いますが、具体的にどのような残虐行為を行ったのか、代表的な例をお教えください。

よろしくお願いいたします。

・英国という国家が存在しなかったら、人類史はここまで凄惨なものにはならなかったであろう。
・コロンブス以降に西洋の白人が、世界各国に勢力を拡げていった。その時に殺人、誘拐、放火、略 奪…と、ありとあらゆる残虐行為に及んだ。
・白人が世界中で行った蛮行は、筆舌に尽くし難い。
・当時の白人にとっての有色人種とは、体の構造はヒトと同じだが、チンパンジーと同等の生き物という感覚。ヒトではないので、どんなに残酷な行為をしても差別という感覚はない。
・アフリカ先住民に対するモノが最悪。

Aベストアンサー

確かにいろいろやっていますが、白人だけでなくて全世界的に、今よりも大昔のほうがずっと残酷だった、というのも一応アタマに置いておかないといけないかな・・・と思います。

確かに白人は自分たちがエライと思っていた(今もか)フシがありますけれども、自分たちの国の中でも、今の感覚で言ったら残虐なことをしていました。
イギリスなどは、今は死刑制度反対と言ってますでしょ。イングランドの昔の刑罰には、今の日本の絞首刑よりもっと残酷なのがあります。
(日本も今の日本より昔のほうが残酷でしたが)

白人は船で遠くへ足を伸ばすことができたので他の土地でそういうことをしてましたが、白人以外も、内輪や近くの人に対しては今の感覚での残虐行為をしていました。
というか今もやってるところがありますが。

白人を擁護するわけではありませんが、いろいろな角度から見てみたらいいんじゃないかな、とも思います。

たとえば奴隷貿易の歴史。アフリカ人も加担しています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B4%E9%9A%B7%E8%B2%BF%E6%98%93#.E6.AD.B4.E5.8F.B2

一方で、ラス・カサスのようなインディオ虐殺を批判した白人もいまして(少数派でしょうけれど)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%82%B9

しかし、

>欧米人は過去に数々の残虐行為を行ったのだと思いますが、具体的にどのような残虐行為を行ったのか、代表的な例をお教えください

こういうのはヨーロッパ人の他大陸への進出とか移住とかの歴史を追っていけば、必ず出てくる話だと思いますよ。

とりあえずウィキペディアでも見てみて、興味を持った場所や出来事があれば、それに関する書籍を探して読んでみると良いと思います。ネットでは情報量が限られますので。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0

当時の白人、とはいつ頃の時代でしょうか。大航海時代から20世紀まで、いろいろあります。

確かにいろいろやっていますが、白人だけでなくて全世界的に、今よりも大昔のほうがずっと残酷だった、というのも一応アタマに置いておかないといけないかな・・・と思います。

確かに白人は自分たちがエライと思っていた(今もか)フシがありますけれども、自分たちの国の中でも、今の感覚で言ったら残虐なことをしていました。
イギリスなどは、今は死刑制度反対と言ってますでしょ。イングランドの昔の刑罰には、今の日本の絞首刑よりもっと残酷なのがあります。
(日本も今の日本より昔のほうが残酷でしたが...続きを読む

Qなぜ19世紀日本は植民地支配されなかったのか?

題の通りなんですが、なぜ19世紀日本は植民地支配されなかったのでしょうか?

植民地支配されてもおかしくない状況であったのに欧米が進出してこなかったのにはどんな理由があるのでしょうか?

どんな意見でもかまいませんので回答していただけると光栄です。

Aベストアンサー

とにかくヨーロッパから遠かった。
欧州各国は手近な順でアメリカ→アフリカ→中近東→南アジア→東南アジアと植民地化してきたゆえに、極東の島国は一番最後になった。
19世紀前半から中盤は欧米でゴタゴタが多く、各国とも勢力拡大に力が入っていなかった。(南北戦争、ボーア戦争、クリミア戦争、フランス第2帝政...etc)
また、隣国に中国と言う”おいしい”土地があるので、あまり日本が目に入らなかった。

植民地化の取っ掛りには、キリスト教の布教が使われるが、日本では禁教されていたため侵入がむずかしかった。
仏教、神道がの生活の隅々まで行きわたる一方、当時の日本人は宗教の”まやかし”の部分もちゃんと理解していた。

当時、日本の文明のレベル(特に底辺のレベル)が高く、西欧文明を日本流に取り入れることに成功した。
実は、他の植民地となった国々はこれが出来ず、欧米人の思うようにコントロールされてしまっている。
例えば、日本人はヨーロッパ人以上の識字率を誇っていた。
一部のインテリが欧米を見て知識を得ると、すぐに翻訳したり本を書いたりして、
それを印刷(江戸時代からの木版印刷、貸本屋のインフラがあった)し、あっという間に全国民に広めた。
寺子屋の伝統があったので国民皆教育の立ち上げも早かった。
市場経済のインフラもすでにあったので、欧米の商人と対等に渡りあえた。

明治維新が驚異的に早く終結した。
たいていの国々は封建制→中央集権制の変換に100年はかかり、
この間に国土は荒れ、富も消耗し、人材は消失し、国民の間に憎悪だけが蓄積する。
この間に先進国にいろいろな利権を奪われる。
これが最小限で済んでしまった。
また、幕府側も新政府側もそのことを熟知しており、さっさと手締めした。

とにかくヨーロッパから遠かった。
欧州各国は手近な順でアメリカ→アフリカ→中近東→南アジア→東南アジアと植民地化してきたゆえに、極東の島国は一番最後になった。
19世紀前半から中盤は欧米でゴタゴタが多く、各国とも勢力拡大に力が入っていなかった。(南北戦争、ボーア戦争、クリミア戦争、フランス第2帝政...etc)
また、隣国に中国と言う”おいしい”土地があるので、あまり日本が目に入らなかった。

植民地化の取っ掛りには、キリスト教の布教が使われるが、日本では禁教されていたため侵入がむずかし...続きを読む

Qなぜ日本は植民地にされなかったのですか?

19世紀、他のアジア諸国は欧米列強の植民地にされたのに
なぜ日本は植民地にされなかったのですか?
日本の教育水準が高かったからですか?
それとも単に運がよかったからですか?

Aベストアンサー

日本は鎖国していたとはいえ、オランダを通じて最新の科学、軍事技術もわづかに取り入れていました。
アヘン戦争の時、中国側の大砲は1600年代のヨーロッパ製だったという…
江戸幕府も同じなのですが。
ところが長崎に高島しゅうはん、という人が役人でいて、脇荷貿易の権限もっていて新式大砲を研究していました。それは出島にくるオランダ船が礼砲を撃つと威力、性能が進化しているのをしっていて、です。
幕府も国防上、江戸へ呼んで演習。一日でその平地は「高島平」(たかしまだいら)になりました。今もそう呼ばれてます。伊豆代官江川が引き継いで、青銅砲でない鋼鉄砲をつくる高熱の製鉄炉(反射炉)をつくろうとしたり(大砲、兵学などはなんとかヨーロッパの技術においつこうというカンジ)、日本人は形式・格式でガチガチのバカな武士社会の中でも一部の有能な、志ある人たちに助けられてなんとか西洋とわたりあえる学術・軍事・文化・行政制度をもっていたのです。
(ほとんどの藩はド貧乏、借金まみれ。一部の外様大名とかだけです。意識あったのは)

ペリーが来航した時も(一年前くるっていったのに来ないと思って内緒にしちゃったバカな幕府上層部のせいで大慌てしたが)、一年後返事をもらいにくる、といったあと年明け10ヶ月にきた時には、無防備だった江戸湾に砲台島を築かせて防衛体制つくった(江川が指揮)
これが砲台場、今の「お台場」です。
これにはペリーも驚いた。
あと吉田松陰みたいに単身(2人だったけど)黒船に乗り込んで
「我アメリカに行かんと欲す」と叫びまくって返ってきた若者とか。
こんな人他のアジアの国にはいなかった。

日本は天文、数学、測量でもヨーロッパの文献研究したり、和算でも微分積分できたらしい。水準高かったンですよ。富豪商人は学問する人たちが多いとか、そういうこともあったらしいし、町民文化も小説、演劇、レベル高かったです。

アメリカと国土交渉する際もペリーが小笠原はアメリカ人住んでる、国際的に通じる文書で証明しない限りアメリカ国土だ、といった時、フランス語版・林子平著三国通覧図説をだして、出版年からも日本領土だと証明。
松平定信が迫害した林子平の著作が、大黒屋光太夫一行のうちロシア日本語学校教師にのこった一人とドイツ人言語学者の手で訳されて、小笠原諸島をまもったわけですね^^

ま、そんなこんなで、日本は他のアジアの国より運がよかった。
・一応、統一国家でまとまってた。いくつか勢力が争ってるとかじゃなかった
・文化水準がヨーロッパと同程度だった(これは不思議なものである)
・一部の蘭学者のおかげで、外国の情勢なども在る程度はつかんでいた?!ジョン万次郎がいたといなかったじゃ、また違ったろうなぁ
江川さんがいなかったら大変だったと思うよ
・穏健バランス派の阿部が老中(筆頭?)だったのもよかった。水野忠邦だったらボロボロだったんじゃないかなぁ
最後は大分大胆に物事運んだけど。
・武士階級、常時帯刀武装してる階級が行政してる、というのはなかなかすごいかも^^
・シーボルトが日本の文化レベルを紹介する書物を発表してくれていた
(ペリーもちゃんと読んでた)→日本は交渉するレベルの国だと思ってもらえた。おそらく礼砲をちゃんと返せる国なんてアジアで日本ぐらいだったでしょう。

兵力でいえば、この前NHKでもやってましたが薩摩とイギリスの争い、中国のイギリス艦隊きた時は薩摩ボロ負けですよ。海戦は特に。
最初、不平等条約だったのもしゃーない。
しかし、交渉のテーブルがある、というのは在る程度、相手を認めてのことだし、全面開戦しなかった、というのはお互いのメリット、リスクも含めて必然だったのかも。
まぁ頑張りましたね、当時の日本^^

日本は鎖国していたとはいえ、オランダを通じて最新の科学、軍事技術もわづかに取り入れていました。
アヘン戦争の時、中国側の大砲は1600年代のヨーロッパ製だったという…
江戸幕府も同じなのですが。
ところが長崎に高島しゅうはん、という人が役人でいて、脇荷貿易の権限もっていて新式大砲を研究していました。それは出島にくるオランダ船が礼砲を撃つと威力、性能が進化しているのをしっていて、です。
幕府も国防上、江戸へ呼んで演習。一日でその平地は「高島平」(たかしまだいら)になりました。...続きを読む

Q何で日本は戦国時代に植民地にされなかったんですか?

大航海時代(日本では戦国乱世の時代あたりですよね?)、何で日本はポルトガルやスペインあたりの植民地にされずに済んだのですか?

すいません、もう一つ。

幕末の黒船来航の時は外圧に負けて開港させられ、不平等条約まで結ばされましたが、他のアジア諸国のように植民地にまではされなかったのはなぜなんですか?

私はまるで歴史ド素人なので恥ずかしい質問ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>大航海時代(日本では戦国乱世の時代あたりですよね?)、何で日本はポルトガルやスペインあたりの植民地にされずに済んだのですか?

イスパニア(現スペイン)とポルトガルは当時、世界で植民地獲得競争を繰り広げていた。

1539 年には、ポルトガル国王ジョアン三世の要請を受けて、キリスト教イエズス会のF.ザヴィエルらがアジアでの布教を始めた。目的は植民地支配である。最初から武力を行使すると味方に多数の犠牲者が出るので、先ず先兵として宗教者を送り込み、現地の人々の心を支配しておけば、植民地支配が容易になる、という目論見でした。この方法は成功しました。ザヴィエルらは、日本においても布教を行うべく1549年に来日し、布教を始めました。

ザヴィエルらが日本へ来て知ったのは、ほかのアジア諸国の人民に比べて日本の人民は教養が高く、さらに戦が強いことでした。

1467年に始まった応仁の乱以後、日本国内は乱れに乱れ、内乱時代(戦国時代)でした。戦国の時代は、武器の発達が進みます。さらに武士たちの武闘能力も向上し、剣術や砲術の力が向上します。戦国時代の日本は、世界で最強の軍事大国だったという学者もいます。

そうした事情を知ったザヴィエルらキリスト教関係者が、本国の王へ「日本を植民地にするのは非常に困難です」といった報告をしたものと思われます。

織田信長はキリスト教を公認しましたが、豊臣秀吉はキリスト教を禁止し、キリスト教関係者を国外追放しました。イスパニア王フェリペ二世の日本征服の野望を知ったからです。

徳川政権もキリスト教を禁止しました。その上、鎖国しました。西洋人は日本を征服するチャンスを失ったのです。


>幕末の黒船来航の時は外圧に負けて開港させられ、不平等条約まで結ばされましたが、他のアジア諸国のように植民地にまではされなかったのはなぜなんですか?

日本も植民地にされ、列強によって分割される危険がありました。それを避けられたのは、

(1)人民の教養が高かったから。西洋の外交官は、江戸の町の本屋の店頭で、女や子供が立ち読みするのを見て、日本は植民地にすることはできないとあきらめました。多くの人が文章を読めたのです。(日本よりも西洋の方が文盲率が高かった。)

(1)武士階級が支配していたからです。清(中国)は科挙に合格した文官が支配する国でした。西洋列強の手が隣国に及んできても危険を感じませんでした。しかし日本の支配層は武官(武士)ですから、清が英国との戦争で負けて香港を割譲したことを知り、さっそく日本もやばいぞと危機感を抱きました。武士の仕事は戦争ですから、国の危機には敏感なのです。

(2)徳川幕府の外交が巧みだったからです。大政奉還と王政復古の直後の慶応3年12月16日(1868年1月10日)、15代将軍徳川慶喜が大坂城に6カ国の公使を招いて接見し、「朝廷は王政復古を宣言したが、朝廷側に内部事情があり、依然として徳川幕府が主権者である」と説明し、政権承認の確認を求め、さらに内政不干渉を約束させました。欧米諸国の目にも、この段階では、三職をトップとする新政府の実力は甚だ脆弱であり、国際社会の承認に値する政権とは見えなかったはずです。しかし徳川慶喜が各国に内政不干渉の約束を取り付けた結果、その後の内戦(戊辰戦争)では外国の介入を招きませんでした。慶喜の側近に国際法を理解していた人材が豊富だったからこその成果と言えます。徳川幕府の大手柄と思います。

>大航海時代(日本では戦国乱世の時代あたりですよね?)、何で日本はポルトガルやスペインあたりの植民地にされずに済んだのですか?

イスパニア(現スペイン)とポルトガルは当時、世界で植民地獲得競争を繰り広げていた。

1539 年には、ポルトガル国王ジョアン三世の要請を受けて、キリスト教イエズス会のF.ザヴィエルらがアジアでの布教を始めた。目的は植民地支配である。最初から武力を行使すると味方に多数の犠牲者が出るので、先ず先兵として宗教者を送り込み、現地の人々の心を支配しておけば、植民地...続きを読む

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Q日本が戦争をした国を教えてください

日本が今までに戦争をした国を教えてください。
中国、アメリカ、ロシア、はわかるのですが、第一次世界大戦、第二次世界大戦の相手国ともすべて直接戦争していますか?ドイツとも戦っていますか?

第二次世界大戦終結は日本の降伏が最後となり、他の国はすでに降伏していたのですよね?最後は日本とアメリカのみが戦っていたのですか?
降伏日がちがっても世界的に第二次世界大戦終戦記念日は1945年8月15日と統一されているのですか?

また、世界大戦中は味方同士の国が一緒になって戦う事はあったのですか?別々に戦っていたのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

明治維新以後の日本の戦争の名称と”戦闘相手国”を古い順に書きます。

(1)台湾出兵(1874年):清 ←ただし、台湾の民兵(ゲリラ)との戦闘のみ
(2)日清戦争(1894-95):清
(3)日露戦争(1904-05):帝政ロシア
(4)北清事変(1900):清
(5)第一次世界大戦(1914-18):ドイツ帝国
(6)シベリア出兵(1918-22):ソ連(ボルシェビキ、赤軍)
(7)山東出兵(1927-28):中華民国(国民政府)
(8)満州事変(1931-32):中華民国(国民政府)、ソ連
(9)第一次上海事変(1932):中華民国(国民政府)
(10)支那事変(1937-45):中華民国(国民政府)
(11)ノモンハン事件(1939):ソ連
(12)大東亜戦争(1941-45):アメリカ、イギリス、オランダ、オーストラリア、ソ連

第一次世界大戦について:
日本は、日英同盟の関係で、ドイツとオーストリアの敵国となったが、戦闘した相手はドイツだけだった。

大東亜戦争について:
・インドなどアジアの諸地域は欧米の植民地であって独立国ではなかったため”戦闘相手国”としなかった。例えば、イギリスの植民地だったインドの人は宗主国イギリスの兵隊として日本兵と戦ったのでインドを”戦闘相手国”としなかった。同様にインドシアはオランダの植民地だった。フィリピンはアメリカの植民地だった。
・前記の5カ国のほかにも大東亜戦争で日本に宣戦布告した国は多数に上るが、日本側は宣戦布告しておらず、また、戦闘も行わなかったため”戦闘相手国”としなかった。

支那事変について:
支那事変は、1937年に日本と中華民国国民政府との間で行われた戦闘だが、初め、両国共に宣戦布告しなかった。1941年に至って相手は日本に宣戦布告したが日本は最後まで相手に宣戦しなかった。

大東亜戦争の名称について:
日本政府の正式名称である「大東亜戦争」には、1937年に始まった支那事変も含まれる。「支那事変を含めて大東亜戦争と呼称する」(1941年12月12日、日本政府閣議決定)

明治維新以後の日本の戦争の名称と”戦闘相手国”を古い順に書きます。

(1)台湾出兵(1874年):清 ←ただし、台湾の民兵(ゲリラ)との戦闘のみ
(2)日清戦争(1894-95):清
(3)日露戦争(1904-05):帝政ロシア
(4)北清事変(1900):清
(5)第一次世界大戦(1914-18):ドイツ帝国
(6)シベリア出兵(1918-22):ソ連(ボルシェビキ、赤軍)
(7)山東出兵(1927-28):中華民国(国民政府)
(8)満州事変(1931-32):中華民国(国民政府)、ソ連
(9)第一次上海事変(1932):中華民国(国民政府)
(10)支那事変(1937...続きを読む

Q日本は強かったの? 他国から歴史をみたら日本なんてなんてことない国だったの?

第一次、第二次世界大戦の時代
私は今まで、日本はアメリカに負けたけど、日本は戦争に強かった。と思っていました。零戦とか戦艦大和とか聞くし、神風特攻隊を出撃させたのは、作戦には疑問を持ちますが、とにかく日本は強かったんだと思っていました。でも、実際そうなんでしょうか?戦争に関して知識は豊富ではないですが、昔のVTRなどをみていると、簡単に言うと、ずるい方法をとったりしていたようにいわれてました。(約束破り?)
私は日本で日本の歴史を勉強するので日本は負けたけど、すごかった、強かった、というような感じを受けるものが多いですが、ほかの国から歴史を見たら、日本なんてなんてことなかった かのような存在だったのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

ご質問が「第一次、第二次世界大戦の時代、日本は強かったの」
ですが、
「アメリカには勝てないが、かなり強かった」といえます。

第二次大戦の時期の列強陸海軍ランキングを仮に作成してみます。

陸軍
1) アメリカ
2) ドイツ
3) ソ連
<この間、かなりの差>
4) 日本 4) フランス 4) イギリス
7) イタリア
(他はランキング対象外)

海軍
1) アメリカ
2) 日本
3) イギリス
<この間、かなりの差>
4) イタリア 4)フランス
6) ドイツ
(他はランキング対象外)

<陸軍について>
日本陸軍は弱かった、人命無視のムチャクチャな作戦をやって自滅して行った…という悪いイメージがありますが、仔細に見るとそうでもありません。

A) 支那事変は、蒋介石率いる国民政府が、上海周辺にドイツ軍事顧問団の指導で建設した第一次大戦型の塹壕陣地(第一次大戦の常識では『突破不可能』。ゼークトラインと呼ばれた)を建設した上で、上海に駐屯していた海軍の上海特別陸戦隊を襲撃し、救援にやってくる日本陸軍を、上海周辺の塹壕陣地に誘致して殲滅する、という計画で始まりました。

蓋を開けてみますと、上海特別陸戦隊は意外なほど頑強に戦って陸軍の援軍が来るまで持ちこたえ、杭州湾に上陸した日本陸軍3個師団は、国民政府が頼みにしていたゼークトラインを「浸透戦術」を巧妙に用いることで少ない損害で突破し、国民党軍を包囲殲滅しながら国民政府の首都である南京へ進撃しました。

これは蒋介石にとって全く予想外のことで、国民政府軍は総崩れとなりました。日本陸軍は、上記のランキングでは「ランキング対象外」の国民政府軍より「遥かに強かった」と言えます。

ウィキペディア 第二次上海事変
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E4%BA%8B%E5%A4%89

B) ポツダム宣言受諾の「後」に、ソ連軍が北方から千島と南樺太に侵攻しました。
千島列島の北端である占守島、日本領であった南樺太には、比較的装備が良く、兵員も充実した守備隊が残っていました。
8月15日以降のソ連軍の攻撃に対し、占守島と南樺太の陸軍部隊は善戦し、
「占守島においては、上陸したソ連軍をもう少しで海岸に追い詰めて全滅させるところまで戦う」
「樺太においては、ソ連軍の南下を食い止め、南樺太の日本人が北海道へ逃げる時間をかなり稼ぐ」
という戦いぶりを見せています。

<海軍について>
日本海軍については、アメリカに次いで世界第二位の戦力を持っていたのは異論がない所で、戦前においては、東太平洋は「日本の海」でした。

「空母機動部隊」はアメリカと日本だけが編成して運用できたものですし、18インチ砲搭載の戦艦を建造できたのは日本だけです。第二次大戦終結までに完成させた大型空母の隻数で言えば、アメリカが圧倒的に多いわけですが、次に多いのは日本です。第三位のイギリスにかなり差をつけているはずです。

無限の物量と高度な技術を持つアメリカと戦っては、昭和19年のサイパン沖海戦で日本空母機動部隊が壊滅し、レイテ沖海戦で航空機の援護のない「レイテ湾への特攻」を命じられた水上部隊がろくな戦果を挙げられずに甚大な被害を受け、「沖縄への大和特攻」(坊の岬沖海戦)で終わったわけですが、アメリカ海軍相手にここまで戦える海軍は日本海軍だけだった、というのは紛れもない事実でしょう。

ご質問が「第一次、第二次世界大戦の時代、日本は強かったの」
ですが、
「アメリカには勝てないが、かなり強かった」といえます。

第二次大戦の時期の列強陸海軍ランキングを仮に作成してみます。

陸軍
1) アメリカ
2) ドイツ
3) ソ連
<この間、かなりの差>
4) 日本 4) フランス 4) イギリス
7) イタリア
(他はランキング対象外)

海軍
1) アメリカ
2) 日本
3) イギリス
<この間、かなりの差>
4) イタリア 4)フランス
6) ドイツ
(他はランキング対象外)

<陸軍について>
日本陸...続きを読む

Q今現在でもイギリスの植民地である場所を教えて下さい

イギリス帝国時代随分植民地を得たようなのですが、現在でもまだイギリスの植民地となっている場所はあるのでしょうか。
ご存知の方がいましたら、是非教えて頂けると大変助かるのですが。
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

どういう意図でなにをしらべたいかによって、「植民地」という言葉のニュアンスがずいぶん違ってしまうと思います。ニュージーランドは現在もある意味で「植民地」ですし、アイルランドはどう考えるべきか、バミューダ諸島はどうか、チャネル諸島は…など悩ましい所です。

とりあえず、通常イギリスの海外領土として考えられる部分については下記にまとまっているようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%B5%B7%E5%A4%96%E9%A0%98%E5%9C%9F

Q運動競技の多くは、どうして男女別なのでしょうか?

運動競技(試合)の多くは、どうして男女別なのでしょうか?

思えば、現在の我が国における学力の競争は、殆ど男女の区別が無いのに、
運動競技の試合の多くは、男女別になっているという気がします。

一般的には、男子の方が運動?身体?能力が高いという風に謂われていると思うのですが、
この度の女子サッカー日本代表チームの世界大会優勝をみても、
素人目には、一般とは違って、一流の競技選手にもなると、
男女別にするほど男女の差が無いのでは?と考えてみたりもしたのですが、
そもそも根本的に、そういった理由で男女別ということでもないのでしょうか?
僕は文化系で、運動競技のことはサッパリ分かりません。

お詳しい方がいらっしゃいましたら、是非ご教示下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どんなスポーツでも男女の体力差は一目瞭然です。

今回のサッカーでも男女ではスピードが違います。たとえばマラソン。男子の世界レベルだと42.195キロのタイムで男子は2時間10分を切るスピードですが、女子は2時間20~25分です。同じレベルでレースになれば女子には不利です。

テニスでも同じですよ。

サーブのスピードでは男子は200キロ近いスピードですが、女子では180キロだったと記憶しています。決め球のスマッシュでも同じくらいですので球速の遅い女子が不利ですよね。

サッカーもそうです。ビデオなどで見比べればランのスピード、ドリブルのスピード、シュートの球速のいずれをとっても女子は男子に劣ります。男女のミックスチームで試合になればランのスピードについていけない女子では体力の消耗が激しすぎます。当然試合にはなりません。

技術的には男女の差はなくなってきているでしょうが、現実的には体力差はカバー出来ないでしょうからそれぞれの競技で男女を分けざるおえないでしょう。

比べれば解ることです。ゴルフでも水泳でも人力で競技するスポーツはすべて男女別です。

男女を分けていないのは、ヨット、モータースポーツ、乗馬等外部動力を使う競技だけです。

どんなスポーツでも男女の体力差は一目瞭然です。

今回のサッカーでも男女ではスピードが違います。たとえばマラソン。男子の世界レベルだと42.195キロのタイムで男子は2時間10分を切るスピードですが、女子は2時間20~25分です。同じレベルでレースになれば女子には不利です。

テニスでも同じですよ。

サーブのスピードでは男子は200キロ近いスピードですが、女子では180キロだったと記憶しています。決め球のスマッシュでも同じくらいですので球速の遅い女子が不利ですよね。

サッカー...続きを読む

Q高校2の娘の性と下着についてご相談します。

私は46歳の母親です。私には高校2年の娘(一人子)がいます。
夫と私は1階、娘は2階に部屋があり一人です。先日の夏休みに娘が遊びに行っている間に2階の掃除のついでに、娘の部屋の掃除をする為、部屋に入りました。少し綺麗にしようと細かいところまで掃除していると、『女の子の感じるオナニーの仕方』という本が出てきました。ショックでパラパラとめくっただけなのですが内容は具体的に書かれていたと思います。そのような本、雑誌が数冊出てきました。心配になっていろんな引き出しを見てみたところ、下着の入っているタンスの底の方からピンクローターと書かれた箱を発見しました。中にはピンク色をした卵より小さい物が出てきて線がありスイッチのようなものを押すと小さく振動します。ゴミ箱にティッシュが捨ててあったので見るとちじれた短い毛のようなものが付いたのが何点かありました。
いつも洗濯する娘の下着は上下お揃いで淡いピンクやブルーなどでショーツもセミビキニのどちらかと言えばおとなしいのばかりです。タンスのそのような下着の下に透けているのや派手な色でショーツも腰が紐見たいに細いのや結ぶようになった物がなんセットもありました。少し大きいダンボール箱があったので開けてみるとそのような下着が干しているように隠していました。いつも洗濯しているのは娘が持っている普通の下着を洗濯籠に入れているのだと思います。
普段買い物に一緒に行く時など下着も買いますが、普通のおとなしいのばかりです。
少し前から娘宛てに宅急便が時々届きます。勝手に開けると怒るので娘の部屋に置いています。
娘の部屋にはパソコンがあるのですがロックされていて見れませんでした。どうもネット通販で購入しているみたいです。
娘とは何時も話もしてくれて、服装も派手ではなく、普通に学校へも通っていてどちらかと言えばおとなしい方だと思っていました。
私の下着はごく普通のを履いています。
性を意識しだしたのも主人と結婚してからで、高校時代は全く興味もありませんでした。夫との夫婦関係も娘が小学生ぐらいまでで自然と無くなりました。今も普通に会話はあり仲も良いです。全くどちらも不自由していません。
今の高校生は当たり前なのでしょうか?
心配で人に相談もできず一人で悩んでいましたがどうすればよいか、意見をお願いします。
長い文になりましたがよろしくお願いします。

私は46歳の母親です。私には高校2年の娘(一人子)がいます。
夫と私は1階、娘は2階に部屋があり一人です。先日の夏休みに娘が遊びに行っている間に2階の掃除のついでに、娘の部屋の掃除をする為、部屋に入りました。少し綺麗にしようと細かいところまで掃除していると、『女の子の感じるオナニーの仕方』という本が出てきました。ショックでパラパラとめくっただけなのですが内容は具体的に書かれていたと思います。そのような本、雑誌が数冊出てきました。心配になっていろんな引き出しを見てみたところ、下着の...続きを読む

Aベストアンサー

パンドラの箱を開けてしまったんですねえ。
ショックじゃないと言ったらウソですよね。純真無垢のはずの我が娘のことですものね。
私にも娘がいます。大学一年です。息子は高1。

幸いにも?娘に性に関する具体的な兆候を目の当たりにしたことはありません。
でも漫画好きの娘は中学の頃からかなりきわどい漫画を見ていました。
知ってます?相当きわどいんですよ、今どきのマンガ。
小学生だって見ています。興味をそそられないのがおかしいです。
そういう漫画を娘の部屋で見つけた時も、黙って知らん顔してました。
心配じゃないと言ったらウソだけど、騒いでも咎めても仕方ない。
携帯の有害サイトから子供を守るために携帯を使わせないのが正しいと思いますか?
そうじゃなく正しい知識と共に携帯を与えるのが正しいのが今の社会ですよね。
性に関しても同じでしょう。

娘が高校になるとPCを欲しがり、プレゼントに与えました。
絵が好きな娘はPCを使って絵を描くのに欲しがったんです。
娘の描くイラストの女の子はグラマーでしたよ。
ああ、こんな絵を描くようになったんだなあ、と思いました。
そして娘の部屋にむやみに入ること、ましてやPCや携帯を覗き見ることは決してしませんでした。
だから私はパンドラの箱を開けずに済んだのです。

日常の会話のなかで男女交際やセックスに関する話題は時々してきました。
娘と二人きりの機会に、エイズ予防の話や避妊の話、本当に好きで信頼できる人としかそういう事はしちゃいけないとか。
自分の体は自分で守れと、そういう話をしました。
娘は「うん、わかってるよ」と冷静に答えてました。
子宮頚がんワクチンを受ける際にも、なぜ今受けることが大事なのかを話しました。
あとは、我が娘を信じるしかないじゃないですか。

おそらくあなたの娘さんも概ね心配ないと思います。
部屋に入ったこと、決して口が裂けても言わないように。
入って見てしまったあなたが良くなかったんですよ。
自分の胸にしまっておいてください。
ちなみにうちの息子に関しては中2の時にゴミ箱で使用済み避妊具を見つけました。
でも女の子を連れ込んだわけではありません。試しに使ったんでしょう。
ああ、来る時が来たなと、この時も黙っていました。

今の高校生は当たり前?いやいや、昔からそうですよ。
個人差があって、あなたにはそういう事がなかっただけです。
ちなみに私も今の夫が初めての相手で経験豊富ではありませんけどね。

パンドラの箱を開けてしまったんですねえ。
ショックじゃないと言ったらウソですよね。純真無垢のはずの我が娘のことですものね。
私にも娘がいます。大学一年です。息子は高1。

幸いにも?娘に性に関する具体的な兆候を目の当たりにしたことはありません。
でも漫画好きの娘は中学の頃からかなりきわどい漫画を見ていました。
知ってます?相当きわどいんですよ、今どきのマンガ。
小学生だって見ています。興味をそそられないのがおかしいです。
そういう漫画を娘の部屋で見つけた時も、黙って知らん顔してま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報