出産前後の痔にはご注意!

国立大学医学部再受験です。
苦労して、日本で一番難しい数学の教科書、数研の、灘やラサールが一応使うかどうか知りませんが、持たされる、数学の教科書を1年掛けて、全問、全練習、全節末問題、全章末問題、全発展問題、を頭に入れました。
次にやる問題集として、旧過程版寄りも、難問奇問が無くなり、敷居もかなり下がり、青チャートの様に、教科書Levelの例題の無い、赤チャートにするか、最近発売された、旺文社の、総合的研究数学、にするか、迷ってます。
赤チャートだと、問題数が多い過ぎるような気がしますし、総合的研究数学では、問題数が少ないような気がします。
どちらをやった方が宜しいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

医学部医学科に在籍する子供を持つ親です。



医学部志望する受験生に、私が親として、塾などを通して仕入れた知識、我が家の浪人時代をを含む受験体験(子供の周りに医学部、東大進学が多いのでそれらを見ていての経験)子供から聞く医学部の様子、等で度々このカテゴリを見たり、時に回答している者です。

我が家の子供達は皆大学受験を終えていますが、当時私は脇でサポートしていただけで、どうやって勉強していたか、具体的に何をしていたかは本人達が全部やっていたので、申し訳ないですが、どちらがいいいかというあなたの問いに対して明確な答えを持ち合わせていないことを最初に言っておきます。

文面から推測するに、現役で1度医学部受験をしているのですね?
No.5までの回答とあなたのお礼、読ませていただきました。
医学部志望の方の質問に関して、私が誠実な回答、尚且つ正しい回答をしているな、と思われるのは、記憶にあるのは現役の医学部生2名?ほどでしょうか。
学問教育のカテは優秀な方が回答していますが、やはり医学部受験を知らない、経験していないと、一般的なことを言えてもそれ以上の詳しいこと、実態をご存じないのだろうと、正直思っています。
極端な話、最近見かけない回答者ですが、医学部受験生の質問に対して、「国公立医学部100あります」から始まって「医学部は座学ばかり」等々どこで仕入れた情報かわかりませんが、しばしば無責任な知ったかぶりな回答者も見かけました。

医科単科大学とのこと。
全国数校しかありません。
その大学の過去問を見ていない(その大学の出題傾向を知らない)人間は安易に答えられないだろうと思います。
私はここでお見かけする医学生達くらいでないと、明確な答えは出せないのではないかという気がします。
塾(駿台市ヶ谷校)は、単科大学は一般的に奇問難問が多いと言われていると言っていましたが、例外もあるでしょう。
「総合大学は他の理系の学部と同じ問題」との回答がありましたが、医学科部生だけが解く問題がある大学もある、と子供は言っていました。
簡単に数字では測れない、比べられない部分でしょう。
3Cが範囲に含まない大学もあるし、範囲にあっても毎年でなかったり、数学だけでなく、志望校の個別の対策は不可欠だと思います。
私はある程度一般的な部分が終わったら、後は徹底的に志望校対策することが、医学部受験においては大事ではないかという気がします。
まず1校1校科目の配点も違うし、私は全国津々浦々の大学の問題を見比べていませんが、おそらく出題傾向、レベルも違うでしょう。
塾は「自分が難問奇問が得意なタイプか、平易な問題をミスなく解いていくタイプか?」と言っていました。
相性良い大学を受けることも合格への一つの策…というように私は解釈していました。

数学に関しては、我が家の子供達、塾に行きだしたのは高校からですが、数学中心です。
数学のみ、と言っても過言ではないです。
皆、英語は得意だったようで、好きな教科として取ったりして、他の教科は夏休みなどの短期集中講座でとったり自分で勉強していました。
子供は理系文系両方いますが、いわゆる難関大学と言われる国立大学なので、数学が出来ないというわけではないのでしょうが、模試の結果を見ていて、けして毎回安定して点数を稼げる科目とは言えなかったので、おそらく他の教科の足を引っ張らないレベルにすることが目的であり、得意な他の教科で点数を稼ぐ…そういう感じだったかと記憶しています。
が、間違いなく数学に一番時間とお金を費やしています。

結論としては、誤解をそれずにあえて言いますが、その医科大学に必要な数学の質と量、正確に判断できる人間、此処にはいないかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答誠に有難う御座居ます。
医学部受験の数学の重要性を良く御存知で、感服致しておる次第です。
医学部受験で一番大切なのは、5教科万遍なく揃えて来る事です。苦手科目を作ら無い事です。
また、医学部受験と他の一般社会人資格受験と大きく違う所は、医学部受験には、数学と言うマカ不思議な試験科目が有る事です。
この、特殊な試験科目、数学を味方に付けるか、付けないかが、まず医学部受験の第一の関門です。
次に、各大学の、数学の傾向です。
仰る通り、数学の傾向は、総合大学と、単科大学では大きく異なります。
この違いさへ知ら無いで、御回答されてる方もいらした見たいですね。
更に、都市部のまたは、伝統のある総合大学では、他の学部と同一の問題ですが、地方国公立、歴史の浅い医学部は、医歯薬だけ、問題が選択されたりして居ます。
ここで一つ謎なのは、単科大学の内、東京医科歯科大学以外の単科大学では、駿台の全国模試で、総合大学寄りも偏差値が低いのです。
一体、此れは何を意味して居るのでしょう?
駿台の全国模試は、問題も、標準的な物から、難問奇問迄出題されていて、難問奇問は、旧帝大医学部の総合大学医学部受験生のみが解答可能見たいですね。偏差値の低い単科大学では解答不能でも、A判定が出ます。
つまり、いくら、難問奇問の出題の多い単科大学でも、標準的な問題さへ解答出来れば、充分合格可能です。
難問奇問迄解いてやる!と言う意気込みは確かに買いますが、5教科綺麗に揃えると言う点から為ると、外れます。
其れは、センター試験の簡単な問題での、10点も、二次の難問奇問の10点も同じ価値しか有りません。
最初の僕の質問からだいぶそれてしまいましたが、今の所、赤チャートは避けようかな?と思ってます。其れはやはり問題数の多さですね。一番最悪なのは、尻切れトンボで終わる事です。赤チャートは其の可能性が非常に高い。
一方、数3がこの9月にやっと発売された、旺文社の総合的研究数学、は、問題数を絞り込んで居ります。もし、総合的研究数学を全部やり終えて、演習量が不足して居ると感じれば、他の問題集で継ぎ足せば良いだけの話です。

各大学の数学の出題傾向の研究も大切ですが、僕の調べたところ、どの大学も差して違いは無い様に感じました。出題傾向の研究は、英語や理科は必要でしょうが、数学は、余り得る所が無い見たいですね。志望する単科大学の難問奇問の含まれた、過去問を何年分も、分から無い、分から無い、と、うんうん悩んで、時間を浪費する寄りも、一般的参考書で、どんどん標準問題を頭に入れるのが、賢いと判断致しました。

お礼日時:2014/09/13 12:06

> 其れから、僕が受験する医学部は、総合大学では有りません。

単科医科大です。二次のボーダーは、英語、理科、が6割、数学が5割、と言った所です。

それから、じゃない、最初に書くことでしょう。
二次の出題レベルがどうなのかは大学によって大きく違う。国立医学部で一括りにできないはずです。

それに、現状学力がどうなっているのか、書けと言われているのに書いてない。
医師が、得点力は?と訊ねているのに、患者が、まるで関係ないことばかりしか話さないのです。
あなたならどうやって診察しますか?

つまり、状況の認識力や文章の理解力に難があるのです。
だから、ある教材をしゃぶり尽くした「つもり」でも、大穴が空くのです。理解できてないから、そこに穴が空く。
1番さんが普通のことをやっていればすんなり東大に受かるのに対して、私やあなたがあれやこれやしなければならないのは、一つにはそこの能力の違いです。
まずは現代文の能力に欠陥がありそうです。
ここ二年のものは除いて、センター過去問で、現代文が、安定して8割超えてますか?
超えていたところで、コミュニケーション能力が重傷であることに変わりは無いですが。医師としては相当拙いレベルだし、理系難関大学の学生としても拙いレベルでしょう。

数学に関しては、基礎、入試標準、難関、各レベルの学力がどうなっているのか。
それに対して何をすべきか考えなくてはなりません。
何を「やったか」では無くて、何がどれだけ「できているか」。
運動して血糖値を下げました、じゃなくて、どこまで下がったのか、という議論をするはずです。
例えば、基礎や入試標準レベルに穴があるが、応用力が抜群という人なら、黄色チャートで早稲田の理工かもしれない。
自分はどうなっているのか、それに対して適切な手段、です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答誠に有難う御座居ます。
聞かれる迄も無い、何が何処迄出来る様に成ったか、と言うのは、数学の力を問うのなら、当たり前の話でしょ?
やっただけと、出来る様に成ったの違い何て、中学入試の小学生でも分かってます。そんな基本的な事を知らずに投稿した訳では有りません。余りにも基本的過ぎて、問題に為る迄も無い。
僕が聞きたいのは、現在数学の勉強の主流と成って居る、チャート等の網羅系の参考書をひたすら暗記、つまり、インプットですね。其れから、やさ理等の応用問題集を使ってのアウトプットの訓練、この主流を取るべきか、はたまた、この暗記数学主流の時代に、一石を投じた、旺文社の、数学の本質が理解出来れば、暗記地獄から抜け出せると、著者が記述している、総合的研究数学に為るか、迷って居ると言う事です。
しかし、残念ながら、総合的研究数学が発売されて日が浅く、この参考書を熟知した人が誰も居無い見たいですね。
主流を取るべきか、はたまた、ギャンブル性は有りますが、総合的研究数学を取るべきか…。
総合的研究数学には、未だ、過去の実績が有りませんので、どなたかも解答不能でしょう。

お礼日時:2014/09/13 00:41

数学が弱いんだったら 青チャート



消化できないものは時間の無駄。
数学5割がボーダーなら 45%くらいでいいじゃん。

東大の理一はむかしから合否ラインが50%程度(2次試験)
だから、数学のできるやつは
数学 80
英語 70
理科 70
国語 30
合計 250 56%

私は文系みたいなやつだったので
数学 60
英語 80
理科 70
国語 40
合計 250 56%
くらいを目指して入っちゃいましたから。
    • good
    • 0

で、現状の数学の得点力は?



同じことを問うけど、やったことがどうなっているか、目標とするものとどれだけ差があるのか、それらが分からなければ何も判断できないよね。
もう合格ラインの点数が取れるなら、あとはゆるゆるやっていればいいんだし、全然ダメなら基礎からやり直し。
===
日本で一番難しい数学の教科書を隅から隅までしゃぶり尽くしたのですから、教科書Levelの問題が70%占める黄色チャートは無駄では無いかと思います。
===
しゃぶり尽くしても味わえない(=点数が取れない)なら意味無いじゃん。単なる消化不良だよ。



医学部受験をした事が有る方なら御存知と思いますが、医学部受験は、数学対他の全科目、と言っても過言では有りません。

そうなの?

数学ってのが高校受験あたりからの蓄積が大きく作用するのに対して、理科の方は、付け焼き刃でなんとかなるってことじゃないかなぁ。

以下の上記の推測の根拠
====


受験の時代も違うし、私自身国立の医学部は受験したことがないので、実体験ではないが、国立医学部の受験対策の問題点は「他の学部と同じ問題である」というと。
ベタな話、ベネッセの偏差値表で70以上の医学部と50程度の工学部・農学部とで同じ問題に取り組むことになる。その結果として

旧帝大の東北大
医学部 74%
工学部 58%

http://passnavi.evidus.com/exam_data_public/low/ …

金沢大
医学科 80%
工学部 70%(機械)

http://passnavi.evidus.com/exam_data_public/low/ …

どの科目でも大きなミスが許されないのが医学部医学科
強い科目があればなんとかなるのが(同一問題で受験する)他の理系
という構造になります。

受験層のばらつきが起こす事象となります。

受験層のばらつきが少ない東大の場合、理一、理二で個別試験 50%程度で合格です。

===
数学対他の科目
というよりは、すべての科目で高得点が必要というのが医学部受験なんじゃないの?

センター試験模試の得点傾向を見ると
医学部合格者は一年前から数学が高得点で理科が伸びるという感じ
※ 大学受験案内2014年版 東進ブックスで公表している
東北大 同日模試の点数と12月の模試の点数で比較すると
数学 80ちょっと → 85
理科 60切る   → 90超す

千葉大 同日模試の点数と12月の模試の点数で比較すると
数学 80ちょっと → 90
理科 60ちょっと → 90超す

要は、学習が進んでいない理科は三年生の一年間で伸びる
数学はそれまでの蓄積で良い成績のものが合格する

===
私は高校生の時、数IIと数IIIは独習というか、授業に先行させてやった。
数研の教科書でした

授業と平行では
http://resemom.jp/article/2013/06/30/14175.html
(廃業かよ)
大学への数学を、やろうとして半分もできなかった。

二年の時は赤チャートが高校の指定参考書だったが、三年の時はそんなものもなかった。
そこそこの点数は取っていたと思う。
そこそこってのは、共通一次の時代で満点で、一浪で東大理一に入れる程度ね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度重なる御指導誠に有難う御座います。
仰る通り、医学部受験で一番大切な事は、全科目、万遍なく勉強する事。苦手科目を作ら無い事です。
ですが、体感では、やはり個々人の数学的センスも左右するのかも知れませんが、医学部受験での、もしかして、理系全般に言える事かも知れませんが、もう一度言いますが、体感では、数学対他の全科目、の様に、少なくとも初めの医学部受験では、そう感じました。
数学以外の科目では、大問1題丸ごと白紙と言う様な事は有りません。ですが、数学では、当たり前です。数学の大問1題カバーするのに、英語や化学の細かな知識を何百と積み重ねても及びません。
其れから、僕が受験する医学部は、総合大学では有りません。単科医科大です。二次のボーダーは、英語、理科、が6割、数学が5割、と言った所です。

お礼日時:2014/09/10 23:54

両方やりましょう。

どうせ時間は沢山あるんだから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

余りにも親切さを欠いた御返答で、残念です。

お礼日時:2014/09/10 16:42

で 得点力はどうなったの?



「日本で一番難しい数学の教科書、数研の、灘やラサールが一応使うかどうか知りませんが、持たされる、数学の教科書を1年掛けて、全問、全練習、全節末問題、全章末問題、全発展問題、を頭に入れました。」

言葉通りに読むと、どんな大学入試も全問正解だ!
に、なっちゃうよ。

違うよね。

再受験ってことは
一回はどこぞの(国立医学部再受験なら、それなりの難度の)大学の試験は受けているんだから、感触はあるんじゃないの?どの程度になったのか。

こと数学に限れば、国立医学部の合格者の数学得点力も早稲田の理工の合格者の数学得点力も変わらんと思うのよね。
http://www.nhk.or.jp/hanamichi/index.html

このへんの先輩談を見ていたら、早稲田理工で「数学が苦手だから」「黄色チャート」という方針で合格している人がいた。

大学もそんなに数学のできるやつがほしいわけでないし
http://ishin.kawai-juku.ac.jp/exam/member/2012/s …

この回答への補足

日本で一番難しい数学の教科書を隅から隅までしゃぶり尽くしたのですから、教科書Levelの問題が70%占める黄色チャートは無駄では無いかと思います。青チャートでも無駄な様な気が致します。其処で登場したのが、赤チャート。赤チャートと言えば、東大でさへ必要無い様に思われがちですが、旧版のハードカバーから、新課程に移行為る時、数研は赤チャートを抜本的に改革致しました。新しい赤チャートは、敷居も相当下がり、Levelは、ハードカバー時代の青チャートに落ち着きました。ただし、其の問題数たるや、恐ろしい程の数です。下手をしたら、数学1Aだけで、受験を迎え無ければ成ら無いかも知れません。
一方、旺文社から新発売された、総合的研究数学は、読む数学、と謳って居ります。問題数も、最小限に絞って有ると明言致して居ります。果たして、数学を読む事に寄り、数学の本質を理解したからと言って、入試の数学の問題が解ける様に成るとは思えません。受験数学の時代の流れは、数学の本質を知る事寄りも、如何に解法パターンを暗記為るかが主流です。
赤チャートにすべきか、総合的研究数学にすべきか、分かりません。

補足日時:2014/09/10 22:37
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御返答誠に有難う御座いました。
僕が医学部再受験しなきゃ成ら無く成った原因は、ズバリ、数学です。数学だけがどうにも成らず、1回目の受験では、理科2科目で戦える、東京の理工系私大に流れました。
1回目の受験では、数学は、予備校の難しい問題ばかり解いていて、教科書Levelの解法パターンが抜けて居ました。数学だけがどうにも成ら無かったのは、其処に原因が有ったと思います。
其処で今回は、数学を基礎からじっくり固めようと、教科書しました。
医学部受験をした事が有る方なら御存知と思いますが、医学部受験は、数学対他の全科目、と言っても過言では有りません。
赤にするか、総合にするか…。

お礼日時:2014/09/10 09:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学受験数学、本質の理解か、解法パターンの暗記か?

皆さん宜しくお願い申し上げ致します!
教科書程度の学習が終わった段階の次のステップについてお尋ね致したいと思います。
今、旺文社から出ている、長岡氏の、旧本質の研究、総合的研究数学が、話題に成って居ります。数学の本質が理解出来れば、どんな入試数学にも、対応出来ると謳って居ります。総合的研究数学は確かに分厚い。しかし、精選された数少ない問題から、沢山の数学的本質が学べる構成と成って居り、最後の章末問題は殆ど全て東大からの問題構成と成って居ります。
一方、和田氏の唱える、解法パターン暗記の数学勉強方法も、古くから良く知られて居ります。
和田氏は、青チャートを勧めて居りますが、ネット上では、青チャートは挫折率が高く、もう一段下の、基本問題に的を絞った、黄色チャートの全ての問題の解法パターン暗記が良い、と謳って居ります。黄色チャート終了後は、1対1対応の数学の解法パターンの暗記に進みなさい。と、有ります。
果たして、数学の本質の理解か、数学の解法パターンの暗記なのか、どちらが正しいのでしょうか?
進学希望学部は医学部なので、大学に入れば、本格的に数学をする必要は有りません。
果たして、どちらが正しい大学受験数学勉強方法なのでしょうか?
是非是非宜しくお願い申し上げ致したいと思います!

皆さん宜しくお願い申し上げ致します!
教科書程度の学習が終わった段階の次のステップについてお尋ね致したいと思います。
今、旺文社から出ている、長岡氏の、旧本質の研究、総合的研究数学が、話題に成って居ります。数学の本質が理解出来れば、どんな入試数学にも、対応出来ると謳って居ります。総合的研究数学は確かに分厚い。しかし、精選された数少ない問題から、沢山の数学的本質が学べる構成と成って居り、最後の章末問題は殆ど全て東大からの問題構成と成って居ります。
一方、和田氏の唱える、解法パタ...続きを読む

Aベストアンサー

NO1さんに同意します。

公立進学校では、学校の夏休み演習をやるだけで
センター数学は満点取る子はたくさんいます。
一方、予備校には優秀な教師、優秀な教材を利用しつつ8割、9割しか取れない子は溢れています。この差は何でしょうか。


そういう状況を念頭に、2択にするのはおかしいと思います。
早い話、受かればいいのだからどういう手法でやるかは自由だと思います。
また和田さんの本はかなり偏りがあるので、割り切れないところはあると思います。
20年前はそういう話、勉強法の話は都市部の予備校や進学校の暗黙知でしたから
多くの人にとって新鮮でした。けれど今は映像もあり、色んなハイレベルな授業や勉強法が溢れています。推薦なども多くなりました。
そう考えると和田さんの手法は時代とマッチしていないと違和感を感じることも多いですね。
早い話が中学受験の手法をそのまま取り入れているわけで、
1つは偏差値主義で東大京大早慶の一般受験生を何より念頭に置いています。
それ以外の推薦や地方国立などの多くの受験生は考えられていません。
また大量の問題を解くことが前提です。
ですからイチイチ理解を軸にすると彼の求める分量はとてもこなせないんですよ。
「理解の大切さ」を教え込まれている生徒はアレルギーを起こすのは必至です。
しかしこの辺も「やってみないと分からない」ところで評論家よろしく他山で何をしてても、どっちにしろさほど理解には至らないわけです。

けれど時間は有限ですから、評論家やってると勉強時間がどんどんなくなる。
だからまずやる、続ける姿勢が大事です。
また理解を求めるのは大変です。
和田さんは偏りがありますが、ともかく解いていこうと言うことは受験ではたいへん有効と思います。
先に挙げた人たちも2次対策のことをああだこうだ言いますが基礎のセンターで8割台なんてことの方が圧倒的に多い。
そこがこのレベルならどっちにしろ勝負にならないだろう、と。

長岡 亮介さんの本はネット書評を見ているとほぼ話題に上がっていません。
内容もチャート式などの旧来な数学書に近いようです。
マニアックな本なんだろうなと推測されます。
好きな人が買えばいいよ、と言う気がしますね。
大学への数学とかもそうですが、数学好きが単に数学をやると言うのがこの手の本で、
進学校で数学が得意なんかって子がおススメです。
単に受験数学を必要としている子には???な本だと思いますよ。

NO1さんに同意します。

公立進学校では、学校の夏休み演習をやるだけで
センター数学は満点取る子はたくさんいます。
一方、予備校には優秀な教師、優秀な教材を利用しつつ8割、9割しか取れない子は溢れています。この差は何でしょうか。


そういう状況を念頭に、2択にするのはおかしいと思います。
早い話、受かればいいのだからどういう手法でやるかは自由だと思います。
また和田さんの本はかなり偏りがあるので、割り切れないところはあると思います。
20年前はそういう話、勉強法の話は都市部の予備校...続きを読む

Q赤チャートはそんなに難しい?

実際に赤チャートをやった方から回答を頂きたく思います。
赤チャートはハードカバー時代に余りにも難問奇問ばかりで全然売れ無くて、ソフトカバー時代に成って大改訂を行ったらしいです。
現在発売中の赤チャートはそんなに難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

子供が大学生で、久しぶりに赤チャートを見直していました。私たちのころは初級の緑チャートと応用の赤チャートだけ、緑を使っていた友人の多くが東工大クラス以上の大学に入学しました。逆に、赤チャートを高校現役時代に使っていた友人の多くは浪人して東大などへ入学、ちゃんとマスターした人たちの実績といえば実績だと思います。

さて、最近の白、黄、青、赤のチャートは昔の緑クラスが今の青チャート、昔も呼び方は緑でも青チャートと呼んでいたみたいです。さらに上級むけの大学への数学という別の出版社の通称黒チャートも存在していた、最近あるのかどうか未確認ですが、赤チャートよりも高度の問題を揃えていたものです。

手元にあるのは3年程度前に発売されていたものが残っている、今、中学の子が面白がって予習を兼ねて使っているのですが、基礎部分のものも充実している、応用の部分はかなり難しいものが多いのですが、赤チャートは最終目標に近いと子供は認識しているみたいです。

笑ってはいけないのですが、大学生の子、大学で某国立大学の理系なのですが、普遍教育の数学系の教科や専門教育の基礎物理などで数学の赤チャートを復習してどうにかやっと追試験を合格したみたいです。大学の指定した教科書が難しい、それをマスターするのに赤チャートの基礎部分の問題の解き方が参考になる、忘れていたのか、細かく理解していなかったのか、それで追試験を受けることになったのです。

私の多くの友人は青で十分、青を繰り返しマスターすれば大学受験の2次試験もかなり合格できる、特に現役で合格した人は多くの後輩も同じことを話していました。また、高校でも公立のトップレベルの進学校の数学科の指導でも、青で不足なら赤をいきなり解いてもいいと指導しているみたいです。

もっとも、現役での合格率がそれほど高くないトップ校では細かい指導はしない、基礎を確実に教える、解き方、数学なら公式を求める、自力で導き出すことを授業でマスターさせ、定期試験などでは高度な問題も多く出題しつつ基礎のセンター試験クラスの問題も半分程度出題しているところも多いみたいです。

余裕があれば、赤チャートでもいいのでしょうが、大部分の生徒には難しすぎる、やはり、青を先に購入し、全部完全に回答できるなら、もっと高度な問題へトライする、基礎はとても大事です。

いくつかチャート式のことをまとめたサイトというかネットで表示できそうなものを以下掲出します。

>高校数学の「チャート式」シリーズその魅力についてまとめました
http://matome.naver.jp/odai/2135918498558048801

>赤チャートの使い方、勉強法を徹底解説
http://exevo.info/red-chart/

>数学参考書で、数研出版チャート式というシリーズ
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1183434616

上記の3つを見て参考にしてもいいかも知れませんが、理系の参考書、問題集としては青で普通は十分に対応できる、青でも十分に難しいと思います。

私は赤を高校現役で使っていた、でも、大学の同級生で赤をマスターしたのはほとんどいなかった、驚かれたものです。大学の授業でも最初は高校の復習クラスから始まり、高度な数学を教える、他の科目でも似たようなものですし、教科書レベルを完全マスターするだけでほとんどの大学の受験はクリアーできると思います。かなり多くの高校生の家庭教師をした経験上、赤は難しい、できたら偉いと誉めるレベル、でも、赤チャートを自分で解ける人は予備校も家庭教師も必要ない、誰かに教わって理解するというよりも自分で考えて解く、その高度な領域の部分も応用問題で多いと思います。

子供もそうですが、どうしても理解できない問題は学校の先生に聞いている、私には苦労して解けなかった問題を理解してから、どう解くか聞いてきます。簡単に解くと悔しがる、わざと違う方法や苦労している様子を見せると喜びます。自力で解けるようになると、他の人にも教えることができるようになる、解説してあげると、余計に身に着く、赤チャートには解けた楽しみと教えたい楽しみ、それが沢山あると思います。

難問題とはいっても良問題も多い、テクニックだけ必要なものは最近は大幅に減っているみたいですし、余裕が無ければ赤チャートは無駄な時間だけ取られます。どんどん簡単な問題をマスターして繰り返し間違った部分を攻略する、それがチャート式の使い方だと考えます。

子供に与えるなら、私は青のつもりですが、勝手に買ったり解いているのを邪魔することはしませんし、私も赤を使っていたので、他の子にすすめるのは青でも別に赤を否定することはしません。

子供が大学生で、久しぶりに赤チャートを見直していました。私たちのころは初級の緑チャートと応用の赤チャートだけ、緑を使っていた友人の多くが東工大クラス以上の大学に入学しました。逆に、赤チャートを高校現役時代に使っていた友人の多くは浪人して東大などへ入学、ちゃんとマスターした人たちの実績といえば実績だと思います。

さて、最近の白、黄、青、赤のチャートは昔の緑クラスが今の青チャート、昔も呼び方は緑でも青チャートと呼んでいたみたいです。さらに上級むけの大学への数学という別の出版...続きを読む

Q総合的研究数学について。

皆さんどうぞ宜しくお願い申し上げ致します!
一応、数学1の教科書をやって、総合的研究数学1+Aをやって居るのですが、総合的研究数学1+Aをやってみて、教科書をやる必要性が無い様な気がしてます。
何方か、総合的研究数学1+Aをやった方で、其の様に感じる方がいらっしゃいましたら、御意見を賜りたいと存じます。
是非是非宜しくお願い申し上げ致します!

Aベストアンサー

総合的研究をやってはいないのですが、失礼して回答させてて頂きます。私は、理解しやすいを一通りやってみた

のですが、それほど教科書をやる必要性を感じませんでした。中には公式の証明は省略されていて教科書を参照す

るように書かれていたものもありましたが、公式集を持っていたのでそれを参照することで間に合いましたし、公

式集の解説では分かりにくいものやちゃんと証明されていなかったものに関しましては、ネットで調べると詳しく

出てきました。

Q大学入試での微積をつかった物理の独学法を教えてください!

大学受験において、物理の微積分は制限されていますよね(数学のカリキュラム上)
そのせいで、私自身も微積分をつかわない物理を学習してきました
しかし、微積分をつかうことが物理の本質なのであるのなら少し手を出そうかな?と考えました

そこで質問です

・物理のエッセンス、名門の森、難系統をつかってきたのですが、微積分をつかうやりかたはどのくらいで覚えられますか?

・受験物理で戦力になるまでにどのくらいかかりますか?

・どのような本を読めばいいのですか?(田原の本と駿台の物理入門という本を聞いたことがありますが…)

・秋の駿台の東大模試で高得点をとれるように間に合いますか?


物理の本質を学びたいという気持ちもありますが、目先の問題も解決しなければいけないので、独学が不可能(or難しい)のであれば今のやり方を続けます

回答お願いします!!

Aベストアンサー

質問者様の希望する回答ではありませんが、自分自身の経験から一つアドバイスを。

正直、大学受験物理において微積の知識は一切必要ありません。すべての入試問題はすべて微積なしで解けます。もちろん東大の問題もです。
大学受験だけに話を限れば、微積の知識というのは逆に邪魔をする物だと思っています。

駿台の青本にあるような、微積を使ったまどろっこしい解答はとても嫌いでした。
いちいち物事を複雑にとらえてこんな計算をしなくてももっと簡単に解けるだろう、と受験生時代はよく思いましたね。
受験で出されている問題なんて限られているので、慣れてしまえばいちいち微分方程式を解くよりは微積を使わない解法の方が断然早いと思います。

が、物理をこの先やっていくならば当然通らねば行けない道なので、今からやっておくのも良いと思います。けれども、問題の解き方を根本的に(といったら少々大げさかもしれませんが)変えてしまうので慣れるまでもの凄く時間がかかってしまい得点源として使えなくなってしまうかもしれません。
他の教科の勉強が今の時点でもかなり完成していて余力があるのなら挑戦してみては如何でしょうか。

変に数に限りがある高校レベルの微積の本を読んで小手先だけの技術を身につけるよりは、大学レベルの簡単な本を読んだ方が良いと思いますが、大学の本を読むと受験とはまるで関係のない話が載っているので使えるかは・・・
大学レベルの力学の教科書ならば、他の分野よりも多少丁寧に微分方程式の解き方が載っているかと思います。


>・物理のエッセンス、名門の森、難系統をつかってきたのですが
と書いてあることから察するに、物理は微積なしのやり方で随分慣れてしまっているはずですので、尚更無理にやり方を変えなくても・・・と私は思いますけどね。

別に一年ぐらい先に微積をやっていたからといって、この先もの凄く差が出るわけではありません。
そんなもの大学の勉強に比べればとてもちっぽけな物です。
大学入学後、高校知識では解けなかった問題でも微積を使うことによって解ける楽しみを味わいつつ、勉強に励むのが良いのではないでしょうか。

少しでも参考になれば幸いです。

質問者様の希望する回答ではありませんが、自分自身の経験から一つアドバイスを。

正直、大学受験物理において微積の知識は一切必要ありません。すべての入試問題はすべて微積なしで解けます。もちろん東大の問題もです。
大学受験だけに話を限れば、微積の知識というのは逆に邪魔をする物だと思っています。

駿台の青本にあるような、微積を使ったまどろっこしい解答はとても嫌いでした。
いちいち物事を複雑にとらえてこんな計算をしなくてももっと簡単に解けるだろう、と受験生時代はよく思いましたね...続きを読む

Q数学の参考書として、本質の研究という本を買ったのですが、どう勉強してい

数学の参考書として、本質の研究という本を買ったのですが、どう勉強していいのかわかりません。誰か教えてください。

Aベストアンサー

参考書はあくまで参考書。
問題集とは少し違いますね・・・

本質の研究は、青チャぐらいのレベルのはずなので、参考書としては最適。

勉強の仕方》の例

使うもの
・本質の研究
・大学への数学一対一対応の演習

下の問題集をやりながら、解らなくなったとき、本質の研究を用いて、自分なりの解法を作り出す(なんとしても)

それで、解答と照らし合わせて実力をあげたい。

もちろん他にもあるでしょうが、自分はこの作業を一問に何回もしています。
一回解いたからといって、また解けるとは分かりません。

参考になればうれしいです

Qフォーカスゴールドについて

僕は今高校二年生です。地元の国立大の医学部を目指しています。

今数学の偏差値は70くらいなんですが、
これからフォーカスゴールドで数学2Bを勉強しようと思うんですが、
全部やる必要はないですよね?

どんな感じで進めていけばいいですか?

Aベストアンサー

どんな参考書を使ったって同じだよ。
先ず例題を見て、最低でも20分くらいは考える。それで駄目なら解答を見る。
解答は、決して暗記してはいけない。1点の疑問もなく理解できなければならない。
それが理解できた“つもり”なら、それの演習題(大抵は、そのpageの下に載ってる)をやってみる。それができなければ、例題が完全に理解できていない、という事になる。
それで例題に帰り 完全に理解できるようにする。そして、再度演習題に挑戦する。その繰り返し。


フォーカスゴールドって、灘高で使ってるモノだな。ネットでそう書かれたのを、見た事がある。
全く知らないが、世間で評価の高いものは、そんなに違わないよ。大差はない。
要は、それの使い方。

Q高校数学のお勧め教科書は?

現在、医学部再受験を考えているモノです。高校が商業高校だった為に、数学ではなく、簿記を選択していました。

今、中学数学の分野を終え、やっと高校数学に取り掛かろうとしていますが、まずは、教科書とガイド選びで迷っています。

新課程になり、数研出版さんからは、(1)数学シリーズ(4stepなどに対応の難易度の高めらしい、青チャート対応)と(2)新編数学シリーズ(主に基礎編で白チャート対応らしい)が刊行されていますが、どちらが良いのか?

また、啓林館さんからも(1)詳説数学シリーズ(難易度高め)と(2)新編シリーズが刊行されています。

まずは、数研出版さんと啓林館さん、どちらがいいのか、また、難易度的に高めと基礎編どちらが良いのか、誰か、分かる人教えてください。医学部を受験すると言うことと、高校数学の基礎が全く未収であること、教科書と併用する問題集は、白チャートの予定であることを考慮して、どの教科書を選ぶべきかアドバイスいただけたらと思っています。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

もし、数学をまったくやったことがないようでしたら、難易度がやさしめのものをお勧めします。学校で数学の授業がないということでしたら白チャートレベルをお勧めします。もし、予備校や学校に行っているならば、そこで使っている問題集を使いましょう。
解法を定着させるために2~3回転ぐらいはしましょう。ですので、薄い問題集を使う、問題をピックアップするというのもお勧めします。とにかく、全範囲をまんべんなくマスターしていることが重要です。

後は、過去問演習をやるのですが、わからなかったら答えを見てください。解答がなぜこうなるのかを考えることが一番勉強になると思います。これを2~3回転ぐらいやりましょう。過去問がいっぱいあるオリジナルスタンダード演習(数研出版)を使うのも一つの手です。

数学は説いた問題量が命なので、根気よく解いてください。がんばってください。応援しています。

Q高校数学を独学で学ぶには、教科書は必要でしょうか。

こんにちは。いつもお世話になっています。
実は高校数学をゼロから学びたいのですが、教科書を中心に参考書等を活用しながら学ぶ方法と、
いっそのこと(全教科書に対応している)参考書だけで概念や解法を学ぶ方法、どちらを採るか悩んでいます。
もちろん問題集で演習もするつもりですが、、やはり参考書を教科書代わりにして、
教科書を使わないというのは危険でしょうか?
どなたかご意見お待ちしています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足有難う御座います。

>1)まず高校数学の基本的な概念や教科書レベルの問題の解法をモノに
この部分では、教科書+教科書と同一の出版社による「教科書傍用の問題集」(教科書ガイドでは無い)が良いと思います。
ボリュームはそれほど多くないのですが、その分全問題を繰り返し完全に解法を身につけることが出来るはずです。

医学部対策ドットコムにて複数の大学入試の数学のレベルが書いてありましたので参考にしてみましたが、総じて容易から標準レベルのようですので、全体を理解するまでは教科書レベルのみで十分と思います。

その後(2)の段階で、大学への数学の増刊号と過去問、模試が最短だと思います。

私は医学部(北大)狙いから、浪人禁止のためのリスク回避のために3年2学期に文転しました。
実は甘えがあると受かるものも受からなくなるため、親が思いつきで言っただけだと後で聞いたのですが、当時模試でもB判定の連続であったため、やむなく変更。
代わりと言っちゃなんですが、私の分まで医学部に確実に受かってください^^;

Q東大受験生って勉強何時間ぐらい

していましたか?
参考書とカ過去問とカどんな感じでしたか。
東大の理系の方でお願いします。

Aベストアンサー

<何回くらい繰り返しましたか?>
数学ですね。3冊の分厚い問題集を全問3回解くつもりでしたが、全問1回で時間切れとなりました。全部で何千題あったでしょうか。
すぐ答えを見ること自体はよくあることですね。「例題」といって答えを見るための問題もあります。でも同じページの似た問題を今度は答えを見ずに解ければ力がつきます。

<勉強時間何時間かどれくらい続けたかを教えてください。>
毎日16時間近く勉強することを少なくとも高2からは毎日続けました。記録が残っています。授業のある日は授業時間も勉強時間に入れます。週末、休日はフルに勉強出来ます。勉強していない時間は就寝と風呂以外はあまりないぐらいでした。食事中や通学中も勉強は出来ますから。ただし文化祭(クラブ活動)などで忙しい時期もあったわけで、集中したのは1年半でしょうか。「勉強」という中には哲学書(教養書?)を読むなども入っています。TVなし、ゲームなし、マンガなし。映画、読書、デートあり。現役合格です。

<勉強時間の総量は一週間やらなかったり一日5時間やってあとは週末までさぼったりしてました。予備校で一年浪人していま宅浪なのですが才能がなすぎるのではないかと落ち込んでいるのです。>
スランプということもありましょうが、「さぼる」とは一体何をしているのでしょう? ただ遊んでいるだけならもはや東大向きではないのかも知れませんね。自分が将来何になりたいかを見極め、自分の適性や希望と実力に見合った大学を目標にすることです。

<何回くらい繰り返しましたか?>
数学ですね。3冊の分厚い問題集を全問3回解くつもりでしたが、全問1回で時間切れとなりました。全部で何千題あったでしょうか。
すぐ答えを見ること自体はよくあることですね。「例題」といって答えを見るための問題もあります。でも同じページの似た問題を今度は答えを見ずに解ければ力がつきます。

<勉強時間何時間かどれくらい続けたかを教えてください。>
毎日16時間近く勉強することを少なくとも高2からは毎日続けました。記録が残っています。授業のある日は...続きを読む

Q1対1対応の演習

現在高2で横国の経済を志望しているものです。青チャートをやっていましたが、あまりにも量が多く、解説もあまり良くないので1対1対応の演習にしました。結構いいと思いますが、これだけで大丈夫なのでしょうか?また、レベルはどのくらいでしょうか?

Aベストアンサー

東京大学の理科類に在学する者です。
去年受験を経験したこともあり、最近の受験体系を多少は理解しているのでお話させていただきます。
僕の東大の知り合いに、物凄く数学ができる奴がいます。そいつ曰く、高校の時には一対一対応を6周解いたらしいです。後は過去問25年分。これだけで十分だとか。
僕の経験としては、塾の教材1000題を繰り返し解きまくりました。塾の問題集は様々な大学入試の過去問を収録したものです。3周は解きました。因みに僕も高校数学はある程度自信があります。
以上2つの経験を考察いたしますと、共通することは 繰り返し解く ということです。現存の受験ですと、如何に標準問題を確実に解くか が受験において要になります。これは文理関係なく共通する傾向だと思います。要するに標準問題を繰り返し解きまくって、こういうタイプの問題はこういった解き方をする というのを頭に叩き込めば日本の何処の大学であろうと合格点は確実に取れるということです。
時間などを考慮した上で青チャートがキツいというのなら 青チャートの例題か一対一対応を解法を暗記するくらいまでやりこむ事 を強くお勧めします。 ですが数学を武器にしたいのなら青チャート全てをやって所見で間違えた所のみを、受験本番まで何回も復習するのが一番確実です。ただし文系なので余裕がなければ、やらないほうがいいですね。

長々お話しましたが、大切なことは 繰り返し解いて、その問題を自分のものにする ということです。最悪なのは複数の問題集に手を出して
中途半端にしか吸収できないことです。網羅系問題集1冊をしっかりやりこむのが絶対に良いです。頑張ってください!

東京大学の理科類に在学する者です。
去年受験を経験したこともあり、最近の受験体系を多少は理解しているのでお話させていただきます。
僕の東大の知り合いに、物凄く数学ができる奴がいます。そいつ曰く、高校の時には一対一対応を6周解いたらしいです。後は過去問25年分。これだけで十分だとか。
僕の経験としては、塾の教材1000題を繰り返し解きまくりました。塾の問題集は様々な大学入試の過去問を収録したものです。3周は解きました。因みに僕も高校数学はある程度自信があります。
以上2つの経験...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報