自分のお店を開く時の心構えとは? >>

海外旅行に行った際、添乗員から
「この辺りでは○○人がよく悪さをしているので、
○○人が近づいてきたら、たとえ優しそうに見えても
相手にせず逃げて下さいね。」
と言われたら、あなたはどうしますか?

普通は人種差別・民族差別に当たりそうな物ですが、
自分や家族の身を守るためなら背に腹は代えられないかなと
思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

その様なことを言われることがあるとするならヨーロッパでしょう。

中欧、東欧にはジプシーが沢山いて、スリ、置き引きなど、凶悪ではないですが、盗みをやります。バッグの中の現金、パスポートをやられて帰国が遅れる場合もあります。パリでは観光地にジプシーの子供が出没して、数人でスリをやります。ポリスもたまには捕まえることもありますが、日本の感覚とは随分違った対応です。もし日本に外国人を狙う犯罪者がいたら、警察や国民は「日本の恥」と言わんばかりに犯罪者逮捕に躍起になるでしょうけど、ヨーロッパだと犯罪に遭う方に問題があるくらいの対応というと言いすぎでしょうけど、やられたら終わりと思った方が良いですね。

親しい現地人なら「あいつに気を付けて!」て言ってくれることもあります。つまり、現地では面が割れているということです。然もそういう人たちが「放置」されています。すべてのジプシーが悪人というわけではないし、ジプシーでなくても犯罪者はいますけど、犯罪率が高ければ用心するのは当然です。

日本でも被害に遭いたくなければ犯罪率の高い人種には気を付けて当然です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ヨーロッパでは警察の対応も違うのですか!
やはりなんだかんだと言われても、自分や家族を危険から
遠ざけるためには、差別もやむなしですよね。

お礼日時:2014/09/20 13:32

まあ、他の方の回答は妥当なものばかりなのですが・・



ただ、実際に外国に行って添乗員が「○○人には注意しろ」という人種差別的な言い方はほとんどしないのではないか、と思います。

ひとつには、海外のほうが人種差別に敏感であり、ナイーブな問題であることから、一般的な人ならそのような言動には最新の注意を払っているからです。

また、そのような差別を避けるためにも「場所」に言い換えたり、特徴に言い換えたりすることもあります。

「○○広場の周辺の子供たちが集団で寄ってくる場合は、スリ集団だからすぐに逃げるように」これは実際に現地で言われている注意で、子供たちとは(多くの場合)ロマ人の集団なのですが、人種問題を避けるために「○○人」とはあえて言わないのです。(言ったとしても日本人には見分けがつかないでしょう)

また、アメリカの大都市などでは「○○ストリートよりも北には行かないように」というふうに危険な場所として教えられることがよくあります。
実質的に、そこから先はスラム外になっていて、黒人しか住んでいないとか、ヒスパニックしかない、というような人種問題もあるのですが、そのような人種に関わる言い方は「慎むべきもの」とされているからです。

個人的な差があって、「○○人は悪いやつらばかりだ」ということをはっきりという人も中にはいますが、それが正しいとも限りませんし、どちらかというとそういう人は、その国の社会ではあまり尊敬されていないひとであったりもします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、言い方にも微妙なところがあるのですね。
ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/20 13:40

私も他の回答者さん達と同意見ですね。



米国 New York に 10 年余住んでいましたが、帰国後は体重が 10kg 以上増えました(笑)。

帰国した友人達の全員が帰国して数年も経たないうちに 10kg 以上も肥え太ってしまう現実を私も身をもって体験したのですが(笑)、米国での独り暮らしでは身の安全を図る警戒心が日本に住んでいる者には想像できないほど高いものであることからか、毎日 Beef Steak や Hamburger などを食べる高 Calorie 食生活でも全く太りませんでした。……それが帰国したら、友人達も私も布袋様みたいな柔和体型になってしまって(笑)……。

海外で生まれ育った者ならばその環境が普通なので逆に「日本ってなんて良い国なのだろう」と感激することでしょうが、日本で生まれ育った者が海外で長期に渡って独り暮らしをすると想像を絶する体験を幾つもするものですよ(笑)。

New York 以外の都市に行った時は更にピリピリと警戒しましたね。

New York では何処が、どんな人種が危険なのか、10 年も住めば良く判るものですが、他都市となると街の雰囲気とか人の様子が全く変わりますのでそれらから危険を感じ取る術がないのです。

だから、仲良くなった Greyhound Bus の運転手さんや旅行客から「あそこら辺は危険だし、こんな奴が寄ってきたら例え柔和に見えても無視しろよ」と教えられた事は頭に叩き込んで行動していました。

それでも銃で撃たれたことが (しかも警官が犯人に向けて撃った流れ弾を喰らいました(T_T)) あるし、Hold Up (銃を突きつけて金を奪うこと) 喰らったこともあるし、射殺された遺体を 2 度跨ぎ越したことがあるし、家の窓に銃弾撃ち込まれたこともあるし(^_^;)……中国と独逸と Indonesia に住んでいた親族知人も似たような経験をしていますので、海外は何処でもそうでしょうね。

New York 在住時の体験を Web で面白可笑しく公開していたら、あまりの内容に出版依頼が来たことがあります……売れるよう、恣意的に偏った内容にするよう頼まれたので断りましたが、この Site でほんの少し体験談を書いたら質問者さんに「そんな体験、僕なら泣いてしまいそうです。」と御礼欄に書かれました(笑)。

長期海外生活経験があると日本って本当に異常なほどに平和な国だと思いますし、日本人の平和呆け度は呆れるほどのものだと痛感します。

因みに日本人の多くは「大きくて有名な Hotel ならば安全」なんて考え方を持っているような気がしますが、欧米人は全く逆です。

私が居た頃も New York を代表する大 Hotel の Elevator で筑波大の教授が刺殺される事件が起きましたし「Hotel 内で盗難に遭った」とか「金を騙し取られた」などの Trouble で友人知人を助けに行った経験は数え切れないほどあります。

New York 在住の友人達の間では「Front の係員が全ての宿泊客の顔を覚えられるぐらいの小さな規模で、Front 前の通路が狭く、Front 前以外に部屋に到達可能な通路は普段は鍵が掛けられている非常通路しかない Hotel」が安全という認識でしたね。……今ならば通路に防犯監視 Camera が設置されている事も重要でしょう。

「JFK 国際空港から Manhattan 内の Hotel に Taxi で行くと必ず往復料金とか払いもしない Toll (橋や Tunnel の通行料) を上乗せした上に Tip をふんだくられるので Shuttle Bus を使え!」とか「快速の地下鉄は遠くの貧民街から直通で来る悪者がいるので必ず鈍行に乗れ」とか「歩道は車道側を歩け。簡単に物陰に引っ張り込める建物側には寄るな。」とか「Bag はひったくられないように幼稚園掛けにしろ」とか、日本から初めての観光で来る友人知人達に事前に Lecture しておかなければならないことは山ほどあります(笑)。

>海外旅行に行った際、添乗員から……あなたはどうしますか?

勿論、守ります……絶対に忘れないよう何度も反復して頭に叩き込みます(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなりの体験をされているのですね・・・(笑)
ドイツでも中国と同様に警戒すべきであるとは意外です。

お礼日時:2014/09/20 13:36

公の場で、影響力のある人が演説してるわけではなく、パッケージツアーの添乗員からツアー参加者への注意を、人種差別や民族差別と結びつけた受け取り方はしないと思います。



単なる事実として受け止めるでしょう。

○○人かどうか、見分けることが可能かどうかは分かりませんが、自分たちに近づいてくる人には、警戒するようにします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり警戒は必要ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/20 13:38

仕事で、しばらく中国にいました。



海外では日本の感覚は捨てないと、命が幾つ有っても足りません。
これが実情です。

親しげ=下心。と思っていても過言ではないくらい。

警察(公安)も信用できなかったし。
普通に通勤車両に乗り込んでパスポートを取り上げ、賄賂を渡すまで返さない。というのも聞きました。

スリも多く、貴重品は、常にガードしてましたね。
具体的にはウエストポーチに入れて、身体の前に固定、ファスナーはカラビナでロック、当然、表からは見えないようにしてました。

サインするときは、平仮名かカタカナ。
漢字は、向こうも使いますから偽造される可能性がありますが、平仮名やカタカナは読めない場合が多いので。

上記は、中国だから。ということてはなく、世界中どこでも同じと考えた方がいいです。

日本人は呑気で金持ち。は、世界中で知れ渡ってますから、カモになりやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中国はやっぱり怖いなと思いましたが、
日本以外ならどこででも気をつけるべきですね。
ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/20 13:39

>普通は人種差別・民族差別に当たりそうな物ですが、



それは違うと思います。

地域によってルールが違いますので、ルールを知らないのに入ってはいけないという事です。

マスコミがブラジルワールドカップに行った初日に盗まれたって話を聞きましたが、それはルールを知らなかっただけだと思います。

ですからレイプを恐れて女性アナウンサーが行かなかったのは正解だと思います。

決して人種差別ではありません。

善意の国の日本に住んでいるとなかなか分かりづらいとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと書き方が悪かったですね。すみません。
すぐに「差別だ!」と喚き立てる人たちがいますが、自分や
家族の身を守るためなら仕方が無い面もあるよね、ということを
言いたかったのです。
ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/09 22:48

こんばんは。



現地のことをわかっている添乗員さんが言うのであれば
素直に従います。

なお、友人が海外に住んでいますが、
警戒心や対応の仕方には驚きました。

日本人にとっては、そこまで冷たくしなくてもいいんじゃない?とか
このくらいなら大丈夫でしょ…と
とくに観光気分でいってると思ってしまうのですが、
その感覚がダメみたいです。


下手にオシャレしたら
お金をもっていると思われて狙われたり、
また、追い剥ぎに合うこともあるみたいです。

加えて日本人は、財布を堂々と出して支払うクセがあるので
それもあり得ないそうで、
わたしは、リール付きでバッグのマスコットにしか見えないであろう
トトロのポーチを財布代わりにしてました…^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそうですよね。
私の家族は「差別はどんなことがあってもだめだ!」
などと甘い事を言っていましたが、海外旅行によく行く母に
上記の質問をしたところ、あっさりと「その添乗員の言う通りにするよ」
と答えました。胡散臭い反差別教育とやらのせいで脊髄反射で「差別だめ!」
となっていましたが、自分の身に関わる事になるとさすがに洗脳が解ける
ようです。偽善的な考えを持っていたものだなあと思いつつも、素朴な
感覚を残してくれていてほっとしておりました。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/09 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング