出産前後の痔にはご注意!

金属製アクセサリーなどによる金属アレルギーについてなのですが、一方で、宝石やガラスアレルギーと言うのは聞いたことがありません。 王水にしか溶解しないとされる安定した物質である純金ですが、日常生活ではまずイオン化もしない物質を、何故、免疫細胞が識別できるのでしょうか? 
分子構造レベルで識別している?100%純金でないためとのことでしょうか?

私は、「例えば、金属の場合は、皮膚の脂肪酸や汗に微笑溶解(イオン化)した物の電荷か何かで異物と識別するのかな?」との素人発想から質問しております。

どうか、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>宝石やガラスアレルギーと言うのは聞いたことがありません。



ガラスは、既に酸化物質なので、それ以上酸化しない=皮膚で酸化しないのでアレルギーが起きにくいということです。
(正確には99.99…%の割合で酸化しにくいのであって、0.00…1%程度は酸化する)

硝酸をガラスのビーカーに入れても、ガラスが溶けないのはこの為ですね。

>「例えば、金属の場合は、皮膚の脂肪酸や汗に微笑溶解(イオン化)した物の電荷か何かで異物と識別するのかな?」

ほぼ正解です。

金や白金が電子を失っても皮膚のタンパク質と結合しにくい(=アレルギーが起きにくい)ということです。
逆に、ニッケルなど電子を失うと皮膚のタンパク質と結合しやすいと、これが抗原となってアレルギーを引き起こしやすくなります。

金属だけでなく、抗生物質などの薬剤や食品添加物などでのアレルギーもこの類です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々かつ明快端的なご回答を有難うございます。
この質問をさせて頂いたのは、「個別金属アレルギー」の書き込みを散見したのがきっかけなのです。
ご回答より、「金属とタンパクの結合」の概念が欠落していることにきづかされました。 
 また推測なのですが、例えば「鉄アレルギー」の場合は、たまたま「鉄とタンパクの結合物」のみが抗原と感作されているために発症し、他金属結合タンパクは感作されないとの解釈になるのでしょうか?
お礼が質問になり、大変申し訳ございません

お礼日時:2014/09/10 10:32

金でもアレルギーを起こす人はいるそうです。


この下のサイトに、次のような記載(抜粋)があります。
~~~  ~~~  ~~~
http://www.dental-plaza.jp/gakujitu/magazine/con …
パラジウム、金、スズ、プラチナなど、ほとんど全ての金属元素に対してのアレルギーが報告されている。
金、パラジウム、ニッケル、水銀、プラチナ、亜鉛が原因となった掌蹠膿疱症、ニッケル、コバルト、クロム、水銀が原因となった皮膚炎や湿疹、ニッケルが原因となった紅斑、ニッケル、コバルト、クロムが原因となった汗疱状湿疹など多くの報告がある。
現在、比較的安全と言われている金属は純チタンであり、私どもはこの金属を金属アレルギー患者に臨床応用して良好な結果を得ているこれ以外にもまったく金属を使用しない、オールセラミックスや硬質のプラスチックを使用することもある。
~~~  ~~~  ~~~
原因は私にはわかりません。
http://jja.jsaweb.jp/am/view.php?pubdate=2010102 …
金属の陽イオンが、一種の触媒のような効果を現して、細胞に変化を生じさせてしまい、その変化した細胞が存在することがT細胞を動かすことになって、、、、、
その後は、通常の免疫反応が加速するということではないかと思います。
http://www.nihongo.com/aaa/jewelry/j4sonota/Pier …
http://www.oral-immunology.dent.tohoku.ac.jp/res …
「純金と金属アレルギーの機序について」の回答画像4
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
金属アレルギーは。その名前のとおり、金属であればなんでも起きてしまうみたいですね。以前、中国製の入れ歯?だったか、問題になっていたのを思い出しました。
アレルギーをお持ちの方の場合は大変なことになりますね。

お礼日時:2014/09/13 00:37

2です。

お礼ありがとうございました。再回答します。

>例えば「鉄アレルギー」の場合

簡単に言ってしまえば、個人の免疫機能により、特定の「モノ」に対して有意に上昇するから、ということです。

抗体には何種類かあるのはご存じかと思います。それぞれの抗体の違いと個人の持つ免疫の違いで、銀はOKだが、ニッケルはNGといったような個別のアレルギーとなります。

例えば、ニッケルNGの人は、ニッケルを含むアクセサリーのほか、ニッケルを含む食品のみ(特定の食品のみ)食べないように指導される、ということです。

例えば、インフルエンザの抗体を持っている人と持っていない人がいるが、その抗体を持っている人の全てが風疹の抗体を持っているとは限らない、とでも言えば分かりやすいでしょうか。

自分が持っている免疫に対して、どれが弱くてどれが強いか、ということです。

もう少し詳しくすると、アレルギー反応の仕方にも類があります。
例えば、Aという特定の金属のアレルギーと、Bという薬物のアレルギーとでは、反応するに至る過程も違うのです。
アレルギーを起こす細胞自体にも類があり、それぞれ受け入れる能力、反応する能力がそれぞれ違う…とでも言えば良いか、どこまで説明すれば良いか少々悩みますね…。

質問者様がどの程度、免疫学などをご理解されているかわかりませんので、このような曖昧な回答になってしまいました。(詳しく説明すれば最低でも丸1日はかかりそうです。)
もう少し詳しくとも良いのであれば、免疫学を少し学習されると理解できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

caf-caf教授(Prof)様
再度のご親切なご回答を有難うございます。 次回質問の機会がございましたら、ご教授の程、宜しくお願い申し上げます。

お礼日時:2014/09/10 15:04

こんにちは



本来の回答ではないと思いますが
通常のアクセサリーやジュエリーの金属部分は
K18やK10などプラチナ900やプラチナ850などで100%ではないです

K24でも処理をされていることも多いです
その時に混ぜ物をして割りますので
その割る素材に反応することが多いです

100%地金自身はアレルギーが起きないことが多いんですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答有難うございます。
やはり「」純金の場合はアレルギー反応が出にくい(出ない?)のですね。 アクセサリーの仕様についても参考になりました。疑問が1つ解消したようです。 大変参考になりました。

お礼日時:2014/09/10 09:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルコールが脳に及ぼす機序

毎日アルコールを摂取し続けると、脳の萎縮が起こると言われています。この萎縮の機序について伺います。
一度、萎縮が起きても、断酒することで、脳の萎縮が元に戻ると聞きました。アルコールがBBBを通過しても、BBBを通過した後の血液が再度、肝臓に流れていき、肝臓が血中にあるアルコール濃度を下げる働きをしているから。(肝臓によるアルコール分解?)という解釈で間違いないでしょうか?
もし、一定量のアルコールを摂取し続けると、肝臓のアルコール分解が終わらず、常に血中にアルコールが残り続けるため、BBB通過後の血中に含まれるアルコールが脳細胞を破壊しているということでしょうか?
つまり、BBBを通過したアルコールや異物(トルエンなど)は一定時間脳細胞の近くに存在していると脳細胞破壊のリスクが高まるとイメージしています。
どなたか、詳しい方、私にご教授願います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 脳の萎縮が元に戻る

 萎縮に可逆性があるとは言っても、完璧に元通りとは行かない。体積としての萎縮が回復しても、グリア細胞ばっかり増えたんじゃ機能は回復しないわけです。かんじんの神経細胞は、死ぬとそう簡単には再生しない。「全くない」と言われていた神経細胞の再生現象が発見されて、まだ20年ぐらいじゃないかな。それも、どんな部位でも生じるという訳ではない。

> BBB通過後の血中に含まれるアルコールが脳細胞を破壊している

 おおむね仰る通りかと。ただ、「BBB通過後」ってことは「血中」じゃないってことですけど。また、エタノールばかりかその代謝産物であるアセトアルデヒドがヤバい。急性症状として細胞体やらシナプスに作用して信号伝達を混乱させる。これが慢性的に繰り返されるうちに神経細胞が脱落していく。直接的な毒性のせいなのか、それとも体液や栄養などが絡んだもっと迂遠なメカニズムによるものなのかは諸説あるようで。


人気Q&Aランキング