仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

9月下旬か10月初旬に5歳の娘と天狗岳登山を以下の通り計画しております。

(1日目)
11:30 渋の湯
14:30 黒百合ヒュッテ(宿泊)

(2日目)
06:30 黒百合ヒュッテ
(中山峠)
08:00 東天狗岳
08:30 西天狗岳
(天狗の奥庭)
10:30 黒百合ヒュッテ
14:00 渋の湯

娘との登山は7回目で、宿泊は塔ノ岳の尊仏山荘で1回経験しております(大倉尾根往復)。

親子ともども、まだ初心者の域を脱していない状態なので、諸先輩方に
 (1)上記のプランに問題が無いか
 (2)天狗の奥庭は行きと帰りどちらに通った方が良いか
 (3)悪天候等で登山を中止した場合、近隣で代替できる観光プラン等(娘は温泉好き)が無いか
 (4)その他注意点等
につき、アドバイスをいただきたいです。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>こどもの場合で言われているのと同様に背負っ


て下山すべきという認識で正しいでしょうか。

初級者以上の同伴ならともかく、
初心者を連れていく場合はその覚悟と準備で行きます。
(別段、全員がそうでなければいけない。というつもりはありませんが。)

ちょうどそのルートを昔12月の初旬に初心者を
連れて往復したことがあるのですが、
少し太めの女性を連れて行くために
山行前までにトレーニング量を増やして備えた
ことがあります。

ある程度慣れてくれば、ツェルトと水、食料さえあれば
その場でもう1泊して回復するか様子を見るとか
あれこれやりようはあります。
(簡単な山でツェルト泊体験なんかをさせておくわけです)

それなりの体力の持ち主二人がいれば
交代でそこそこの登山道なら下ってくることは可能です。
1人だと荷物を全部デポしても、担ぐ側の体力次第。
という感じかな。

先ほどのお礼を見ている限りでは、子供さんの体力は十分だし、
質問者さんの体力も十分そうです。
こればかりは一緒に1日歩いてればわかるんですが、
ネットのやりとりだけではわからないので、どうしても
回答が安全側にふられがちです。

実際、普段は十二分な体力の持ち主なので、とりあえず
大丈夫だろうと連れていったら、けっこうへろへろになる
大人の例もみてますので。

あとは当日の天候と子供さんの体調次第かな。

この回答への補足

行ってまいりました。
登ってから、ベストアンサーを決めたかったため、回答が遅くなりました。

1日目
渋の湯→黒百合ヒュッテ 03:30

2日目
黒百合ヒュッテ→(中山峠)→東天狗岳 1:50
東天狗岳→(天狗の奥庭)→ 黒百合ヒュッテ 2:40
黒百合ヒュッテ→渋の湯 2:35
計:7:05

時間の制約から、東天狗岳の頂上で、温泉と稜線を歩くのどちらがよい?と娘に聞いたところ、温泉ということでしたので、登山口の温泉につかって帰宅しました。

御嶽山の噴火を目の当たりにし、やはり、今後は暫く、非常事態を想定した登山をしていこうと思います。

補足日時:2014/10/01 22:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当たり前のことを確認してしまい申し訳ありません。
同行者の安全確保のための準備は大前提ですね。

今回は、子供には天狗に会おうをテーマにしていますが、
親としては、引き返すことを学ぼう、を目標として持って行こうと思います。

>簡単な山でツェルト泊体験なんかをさせておくわけです
なるほど。今後はしばらくこういう方向での登山経験を積みたいと思います。
帰りは、子供を背負って下るなど、怪我を想定した登山もやってみようと思います。

お礼日時:2014/09/16 22:08

No2です



40年以上前私の友人で有る医者が私自身の身体を見て先の内容を告げたのです。
勿論、仕事上で無く世間話としてです。

戦後間もない頃5歳年下の双子の弟を、事有る毎に背負い母と出かけたのです。
友人は扁平足、O脚、短足(これは確率は低いと言っていました(笑))幼年期に掛けた負担で成った事と思うと言っていました。

当時幼年で満州から引き上げてきた人達の90%以上が扁平足と言っても居ましたよ。
日本に帰るために子供を歩かさざるを得なかったのです。
当然当時と今では食糧事情が悪かったのも起因していると思いますが・・・
とは言え現在でも栄養失調の人が現実に居る事も見逃せませんね。
私は医者でも何でも無いです、自分の体験からアドバイスをしただけです。
結論を出すのはあなたです。

もしあなたが私の意見に真偽を持つならば、私に再質問では無く専門家に尋ねる方が回答に説得力があるのでは無いでしょうか?
あなたのたとえの様に、××の調査によると・・・・××%の云々は科学的見地でも何ともないです。単なる統計学です。

科学的見地とは『発育盛りの幼児に長時間の負荷を掛けると成長を妨げる』、と言う事で、これは私の様な素人も納得出来る事です。
私にとっても娘さんが心身共に成長して欲しいから保護者に会えて苦言を呈したのです。

幾つかの資料を案内しますので、読んでみて下さい。(今回の私の言っている事がフォローされているか解りませんが、少なくとも娘さんのために成る事と思います)
(リンク先には許可を取っていません、接続には迷惑を掛けない様注意して下さい)

くどいですが私はWeb上の単なるアドバイザーです。
仰る通り真偽に関して納得出来ない事ならば専門家の意見を聞いて下さい。
アドバイスをしていながら大変失礼な話ですが、これ以降のお返事は出来ませんので悪しからずご了承下さい。
どうぞ娘さんに健康的で楽しい登山が大人に成っても出来る様努力して下さい。

長文失礼しました。


http://www.asics.co.jp/walking/shoes-foot

http://tiryo.net/sports.html

http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/undousisin/1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういうことだったのですね。

胆略的に虐待という言葉を使ってしまったり、
子育てに対して過度に懐疑的になってしまったり、
子供を背負うことにこだわられていらっしゃっていて、
ただ頑固なだけの人ではないようですし、おかしいなぁ、と思っていました。

真に知りたかったことのために、くどい質問をして申し訳ありませんでした。

娘が頑張りすぎてしまう性格であったことを思い出しました。
娘には拒否されると思いますが、週末出かける際は、できれば長い時間おぶってみようと思います。

登山は基本的に一緒に歩きます。無理を感じれば引き返します。必要に応じて背負います。

それと、再現性のない事象について、統計学は有用です。

ではでは。

お礼日時:2014/09/16 22:00

1 5歳の娘さんの脚力体調次第ですね。


 また子供は早朝からの登山に身体がついてこない場合もあり、
 2日目の長時間の行程に身体がついてくるかどうか。

最悪、お父さんが子供を背負って下山できるとか、
黒百合ヒュッテでもう1泊できる程度の日程を組めるなら
なんとかなるんじゃないでしょうか。

9月下旬は降雪などはないにしても、早朝は気温も低く、
ルートタイム通りに歩けないと、日暮れも早くなってきますから、
精神的にも焦りが出てくるなど、子連れで行くには条件的には
あまりよくないと思います。お父さんが体力的に十二分で、
このルートを何度も歩いたことがあるとかならいいんですが。

2 帰りでいいと思います。
 寄るかどうかは子供さんの体調次第で臨機応変に。

3 渋温泉や横谷渓谷散策などでもいいのでは。
http://www.tateshinachuoukougen.com/yokoyakyo.html

4 自分なら未経験のルートに初心者や子供を連れていくのは
 控えますね。そこまで体力もありませんし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

娘が4歳の時に塔ノ岳の上り下りそれぞれ6時間づつ歩け、金時山の往復タイムが昨年はコースタイムの2倍だったものが、今春は1.5倍程度になっていたので、ついステップアップを考えてしまいました。

西天狗まで行くと2日目はぎりぎりになってしまうようなので、中山峠に到着した時点で、タイムや体調、天候等からある程度折り返し地点の目安をつけたいと思っています。

過信と言われればそれまでなのですが、子供を背負うことについて、体力的には問題ないと思います。
担ぐことを想定して、最近は毎回、水を10kg余計に担いでいるので、それを捨てれば(というと、語弊がありますかね)下山できると算段しています。毎日ではありませんが、40階のオフィスまでの階段を登ったり、筋トレ、水泳、自転車等で体力は維持しています。
これまでの登山の最中に、登山歴30年のベテランのかたに話をうかがったりして、さらしなどをつかった担ぎ方など聞いてます。トライアスロンよりもきつかったり、担いだ下山をする場合、経験がものをいうのであれば、技術的には未熟ですし結論がまた変わってきますが。

※ちなみに、状況にもよると思われますが、基本的には大人2名のグループでの登山において片方が動けなくなった場合、こどもの場合で言われているのと同様に背負って下山すべきという認識で正しいでしょうか。

精神的な焦りが発生することや、未経験のルートに子供を連れていくことについき、避けるべきということは、おっしゃる通りだと思います。この質問で、その点を埋めることができるだろうかと思っておりました。

お礼日時:2014/09/15 21:54

No2 です



> 娘が心配ですので、骨の湾曲について、具体的な症例をお示しいただけますか。
一般的には『O脚』でしょうか・・・?

足の2つのブリッジをダメにして扁平足、外反母趾にも成りやすくなります。
二度の登山でそうなる事は無いと考えると思いますが、間違い無く起因要素だと思います。

> これまでのように娘が行きたいといっても拒否しなければならない、
そこで聞いたのです、あなたは娘さんを背負う覚悟は出来てますか?
真に山の良さを見せたいのなら殆どを背負って行くべきでしょう・・・
要は長時間歩かせなければ全く問題無いんですから(子供が歩けるでは無く)。
しかし、此処は娘さんの将来を考えて親の権限を行使しては?

子育てはその子が大人になって花咲く様に育てる事です。
親は大変ですが、あなたのご両親もそうしてきた筈です、・・・と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の周囲にいる、幼少期に頻繁に登山をしていた3人の女性に聞いてみたところ、足に異常はなく、むしろ、どなたも真っ直ぐのびていましたから、痛みや違和感を訴える(休憩の都度、娘にきいている)などしない限り娘の将来の足の状態についてはあまり問題視していませんでした。とはいうものの、身近なヒアリング程度では母数の極めて少ないアンケート調査のようなものですがから、mrclimberのように10年登山をされてきた方のおっしゃることのほうが正しいでしょう。

ただ、ネット上の顔の見えないやりとりですから、ちゃんとした論拠をもって判断したいです。

たとえば
平成XX年のXX大学医学部の調査によると、幼少期にXX時間の歩行を継続する登山をXXの頻度で行っていた場合、XX%の割合で骨の異常な湾曲が見られたなどの内容がつづられた文献を紹介いただく
など、科学的見地に基づいた論拠をお示いただきたいです。

とるにたらないことかもしれませんが、私と娘にとっては重要な事項ですので、科学的なデータの提示をお願いいたします。

お礼日時:2014/09/15 22:29

まず渋ノ湯からのコースですが、


展望コースの分岐までひたすら登る単調なコースで精神的にきついです。
多分4時間以上かかると思います。
唐沢鉱泉からのコースは沢沿いで変化が有り足元はすこし悪いですが精神的に楽です。
条件が良ければ、こちらの方が早く登れると思います。
ただ雨の後は増水している所があるので注意が必要です。

東天狗岳は一部ガレ場がありますが、慎重に行けばそれ程危険ではありません。
天狗の奥庭コースは中山峠経由より距離は短いのですが、
風を避ける場所が無いので風が強い時は使わない方が良いです。
またガスが掛かると迷います。
使う場合は下りで使った方が良いですが、
前述のように風が無く晴れて穏やかな天気という条件付きです。
コースタイムですが、中山峠経由で東天狗岳2時間半~3時間。
出発は7時以降にして下さい。朝早いと岩や木が濡れていて滑ります。
西天狗岳はガレ場を下って登るので30分では無理だと思います。
小屋から東西天狗を回って小屋に戻る、6時間は見ておいた方が良いと思います。
そこから下山だと、その日は休憩を入れて9時間くらいの工程になり厳しいと思います。


9月下旬から10月上旬はまだ初冠雪は無いと思いますが、
日陰は氷が張っているかもしれません。
天候の条件が良ければ小屋までは問題無いと思いますが、
天狗岳はちょっと厳しいかも知れないです。
5才の子供でも十分登れるとは思うのですが、
親子共々初心者というのが気になります。
中山峠から少し登ったところに開けたところがあります。
とりあえずそこまで行って引き返した方が良いかも???
天候の事など、詳しくは黒百合ヒュッテのオーナーに聞いて見て下さい。
事情を話すと親切にアドバイスしてくれると思います。


悪天候の時の代替えプランですが、
渋ノ湯は幾つか温泉があるのですが、
どこも湯治場といった感じで子供向きでは無いかも知れません。
設備が整っているのは茅野にある日帰り温泉で4ヵ所くらいあります。
登山口に一番近いのは縄文の湯です。
茅野で登山中止にした場合、白樺湖に行ってみるのも良いかもしれません。
かなり廃れてしまいましたが、最近少し盛り返してきています。
温泉もあり良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な説明、ありがとうございます。

僕も、唐沢から登りたいと思っていたのですが、
公共交通機関でアクセスしようとしていまして、渋の湯までバスのルートしか見つけられませんでした。

塔ノ岳と大菩薩嶺や金時山、大山等の所要時間、勾配、距離から天狗岳登山をシュミレートしてみたのですが、甘かったようです。

二日目はだいぶ厳しいようですので、初日の所要時間と、
黒百合ヒュッテから『中山峠から少し登ったところに開けたところ』までの所要時間、親子の健康状態、天候から、どこまで行くのか判断したいと思います。そこまで行けなくとも、つねに、引き返すことを考えっぱなしなのですよね。早すぎる出発にも気をつけないといけませんね。

天狗の奥庭ですが、ご指摘の通り、天候が問題なさそうな場合に限って、通りたいと思います。
いつも、登山ごとに金太郎だったり、山小屋の猫だったり、山で料理だったりテーマがあるのですが、今回は天狗に会えるかな?です。

写真目当てで紅葉の高尾山に登ったころは、親子で登山にはまるとは思っていなかったのすが、娘が行きたい行きたいというので、いつの間にか、定期的にのぼるようになってしまい、そして魅せられてしまいました。登頂するたび、娘はやり切った感満点の笑顔をするので、登山のリスクをとるかとらないかいつも迷うのですが、登ってしまっています。

登山だけのためではないのですが、コンスタントに筋トレをしたり、毎週末水泳2時間、自転車5時間やっているのに、登山の度に、筋肉痛になるのは、何とかしたいです。多分、僕は下り方に問題ありと思って、歩幅や足のおろし方などいろいろやってみるのですが、なかなか。
もしもの時のための水や食料、簡易トイレ、救急箱などをしょいすぎというのも原因かもしれませんが・・・。

代替プラン、なぜか、娘は綺麗なところよりも、湯治場のような"渋い"温泉が好きなようでして、これまでも、そういったところに寄って帰ってきました。悪天候(程度にもよりますが)でも楽しめそうです。
それにしても、白樺湖が少し盛り返してきているという点、気になります(笑)。

お礼日時:2014/09/12 20:17

初めまして、山歩きを始めてから10年のジジーです。



 > (1)上記のプランに問題が無いか
専門家では有りませんが問題有りと思います。
未だ身体の出来ていない幼児に3時間も歩行させるのはほぼ虐待に近い行為、いや虐待です。
あなたは娘さんを全コース背負って歩く覚悟は出来ていますか?
連れて行きたい気持ちは分かります、しかし幼年期には幼年にでしか出来ないことが沢山有るはず。
年頃になって、関節が痛い、扁平足、骨の湾曲等でお洒落も大人の楽しみもろくに出来ない身体になってしまいますよ。

娘さんのことを考えるなら、今では無いです、将来あなたの手が届かなくなってからの事を考えて下さい。
是非娘さんの将来を考えて計画を変更して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

子供との登山については、自分なりに調べてきたつもりでした。

娘が心配ですので、骨の湾曲について、具体的な症例をお示しいただけますか。

それをもって、子供との登山に対する、考え方を改めたいと思っております。

これまでのように娘が行きたいといっても拒否しなければならない、

重要な事項ですので、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2014/09/12 19:21

(1)天狗岳は大人でもきついです。

特に上部の岩場や急斜面が。幼稚園児が登るには少し無理があるのではないでしょうか。特にその時期はそろそろ秋の終わりです。下手すると雪が降ります。麓に山小屋を持っていて、あのあたりは何度も歩いていますが、私なら幼稚園児は連れて歩きません。せめて黒百合ヒュッテから中山往復ぐらいにしておかれた方がいいのではないでしょうか。

(2)前述の点はさておき、登る醍醐味と眺望の点から言えば、後にされた方がいいかと。

(3)ピラタスロープウエーで坪庭散策
  車で麦草峠と稲子湯。もしくは小海リエックスの露天風呂。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中山往復が目途ということで理解いたしました。

天候が悪い場合は、ゆっくり温泉につかって帰りたいと思います。

お礼日時:2014/09/12 19:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日帰りで行ける涼しい山(東京から)

 山には行きたいのですがまとまった休みが取れません。
今の季節日帰りで行ける東京近郊の山は登るに暑そうですが、その中でも割合涼しそうなお勧めの山はございませんでしょうか。

Aベストアンサー

日光は中禅寺湖周辺は、下界より10度気温が低いです。
標高を調べていくと、目的地の大体の目安になります。用意する上着を選ぶのも楽です。

日光白根山などは如何でしょう?近くに立ち寄り湯もあります。

QGWに子連れで行ける山小屋のオススメを教えて下さい

2才4才7才13才の四人の子連れで日帰り中心に時々山へ行っています。GWに子供達連れて初めて小屋泊まりの山行きをしたいと考えていますが、四人連れて行ける山小屋など、オススメの場所がありましたらアドバイス願いたいです。

もう、予約するには遅すぎるかもしれませんが夏にアルプスデビューをしたいとも考えており、今から少しづつ慣れていけたらなんて思ってたりもしているので、GWが無理でも夏に行けるアルプスの情報でもかまいません。


二才の子は出来るだけ歩かせつつ、ぐずったり大変な場所はベビーキャリーで、四才から上の子達は基本的に全て歩くことを想定しています。

調べてはいるのですが色々ありすぎるうえ、実際行ったことがないのでどんな感じかイメージもしづらく困っています。GWで小屋泊まりするのでしたらやはり大山周辺でしょうか。しかし、子連れでなるべく迷惑にならないように個室などがある小屋などあるでしょうか。。

小屋に泊まる時点で迷惑にならないなんてないような気もしますがなるべく周りに気を遣わず泊まれて山も楽しめる環境があればな~と考えては悶々としております‥

何でも良いのでご存知の方、アドバイスいただければと思います。よろしくお願いします。

2才4才7才13才の四人の子連れで日帰り中心に時々山へ行っています。GWに子供達連れて初めて小屋泊まりの山行きをしたいと考えていますが、四人連れて行ける山小屋など、オススメの場所がありましたらアドバイス願いたいです。

もう、予約するには遅すぎるかもしれませんが夏にアルプスデビューをしたいとも考えており、今から少しづつ慣れていけたらなんて思ってたりもしているので、GWが無理でも夏に行けるアルプスの情報でもかまいません。


二才の子は出来るだけ歩かせつつ、ぐずったり大変な場所はベビーキ...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に出発地点はどこら辺りになるのでしょうか?
文中にあります「大山」が丹沢の入り口の「オオヤマ」なら首都圏でしょうが、「大山」が伯耆大山「ダイセン」なら首都圏発という事はなさそうですので、気軽に出かけられる範囲がまるで違ってきますよね。

それと普段はどのくらいの登山をされているのでしょうか?
「夏にアルプスデビュー」といわれると少なくとも中級以上の方かと思いますが、質問文全体を見ますと全くの初心者ではないかとも思われますし? 若し、全くの初心者であれば、2歳や4歳のお子さん連れでのアルプスデビューは「お止しなさい。」となると思います。

判らないことだらけですが、取り敢えず首都圏初の幼児(乳児?)連れの初心者と判断して話をさせていただきます。

一口に山小屋といっても営業小屋と避難小屋に大別されます。このうち避難小屋は雨露をしのぐだけのものですので、テント山行からテントを除外した装備が必要になります。日帰り装備にプラスして炊飯装備、シュラフ、マット、日数分の食糧等が必要にないますので、御夫婦の内の一人がベビーキャリーを担ぎ、後の一人と13歳のお子さんが4人分の装備を担いで歩くとなると、初心者では全く無理な相談だと思います。
ですからkiyumumさんの場合ですと、営業小屋に2食付き又は2食プラス翌日の昼弁当付きで泊まるという事になると思います。
個室に関してですが、山小屋は基本的に相部屋が原則です、個室付きの小屋も北アルプスや八ヶ岳周辺には有りますが、小さなお子さん連れの初心者ではリスクが大きいと思います。又、山小屋は、救護施設としての役割も持っており、宿泊を拒否すると生死にかかわりますので、個室予約があっても相部屋になる可能性はあります。
それに山小屋は基本的にキャンセル料は発生しませんので、個室予約があったとしても、先着順で部屋割をすることになり、小さなお子さん連れでは個室予約があっても個室にはありつけないと思います。従って余り個室にはこだわっても仕方無いように思います。
尚、キャンセル料が発生しないのは、登山の性質上途中で断念せざるを得ないことも有るからです。従って、行かれない場合には小屋は遭難の可能性を考慮しますので、周辺の登山者に連絡を託した上で、下山後に連絡を入れるのは当然のマナーです。
次に山小屋も営業として行っている以上、ある程度の宿泊客が見込めなければなりませんので、殆どの人が日帰りで帰ってしまう様な所では商売として成立しません。4歳のお子さんが日のある内に登山口から小屋まで辿り着けるような場所ですと、大抵の登山客にとっては楽に日帰り可能な範囲となってしまいますのでそれなりに入山者の多い山域でないと成り立ちません。
そのように考えると健脚とは言えない一般の登山者でも日帰りできる範囲を小屋泊まりの一泊山行とすると考えてプランニングするのが無難かと思います。
そのような前提で考えると、表丹沢(西丹や北丹は無理)で大倉尾根か表尾根上にある山小屋のどこか好きなところ、又は鍋割山頂の鍋割山荘。但し、大倉尾根では塔の岳の尊仏山荘が限界で丹沢山頂の深山山荘は辿り着けない可能性大。
奥秩父入口の笠取小屋。
大菩薩峠の介山荘。等が候補でしょうか。
個室にこだわりたいのでしたら、山小屋ではありませんが高尾山や御岳山の宿坊に問い合わせてみてはいかがでしょうか。
それと、必ずしも山頂を踏むことにこだわらないのであれば(要するにトレッキング)範囲はかなり広がると思います。
たとえば尾瀬沼や尾瀬ヶ原周辺に沢山ある小屋のどこかに泊まって尾瀬のトレッキング、ゴンドラ利用でホテル千畳敷に泊まって千畳敷カールを散策し、行かれそうなら木曽駒まで(無理かな?)同じくゴンドラ利用で北八の縞枯れ山荘に泊まって縞枯山(こちらは可能だと思います。)等も考えられます。

基本的に出発地点はどこら辺りになるのでしょうか?
文中にあります「大山」が丹沢の入り口の「オオヤマ」なら首都圏でしょうが、「大山」が伯耆大山「ダイセン」なら首都圏発という事はなさそうですので、気軽に出かけられる範囲がまるで違ってきますよね。

それと普段はどのくらいの登山をされているのでしょうか?
「夏にアルプスデビュー」といわれると少なくとも中級以上の方かと思いますが、質問文全体を見ますと全くの初心者ではないかとも思われますし? 若し、全くの初心者であれば、2歳や4歳のお子さ...続きを読む

Q10月の八ヶ岳はどんな感じですか

ずいぶん先の話ですが10月20日頃に八ヶ岳の赤岳に登りたいと思っています。その頃の気温などを教えて下さい。どの程度の装備が必要か参考にしたいのです。

登山経験は数十年ですがどちらかというとのんびりと登る方です。北八ヶ岳には数回行きましたが赤岳は初めてです。

Aベストアンサー

紅葉の季節ですね。朝夕はそれなりに冷えますが、日中は天気がよければ比較的温かです。(リックを背負ってあるけば山シャツ一枚で汗が出る。)

小屋泊まりならまだダウンは必要無いでしょう。私はセーターとウィンドブレーカーかマウンテンパーカー。あるいはフリースとブレーカーかパーカーでした。

一応小屋泊まりでも3シーズンシェラフは持参しました。

Q登山の登りだけがどうしても苦しい

今年から登山を始めようと思い立ちました。
ちゃんとした軽登山靴やザック等も揃えて気合は充分なのですが、実際に登り始めるとすぐに苦しくなってしまいます。

その症状は
(1)歩き始めて数分もしないうちに脈拍が1秒間に3連符の速さになる。
(2)我慢して歩きつづけるとキ-ンと耳鳴りがする。
(3)立ち止まって1~2分の休憩を取るとすぐに元気に戻る。
(4)足が重くなって持ち上げにくくなる。
といったもので、常に酸欠な状態です。

先日、初めて御嶽山に挑戦しましたが、この調子なので同行者の方には申し訳なかったのですが、細かく休憩しながらも(数分から10分間歩いて1・2分立ち止まって息を整える)王滝小屋に到着してみれば標準所用時間の約3時間でした。
後半は標高が高くなったせいかどうか、脈拍が不整脈っぽくなったり(急に心臓がキュッと締め付けられるような状態が1~2秒ある)、呼吸の息がヒューヒューしたりしました。

実は子供の頃から喘息気味で、二十歳で喘息を発病しました。
10年前に引越してからはすっかり発作も起きなくなったのですが、そのような経緯で子供の頃から持久ものは苦手で、ジョギングや登山などは滅多にしませんでした。

山を降りる時には全く快調そのもの。休憩らしい休憩も2回ほどで、登山口まで2時間で降りてこられました。
日頃、トレーニングした効果か、膝も笑わず翌日の筋肉痛もほとんどありませんでした。
問題は登り時の酸欠気味な呼吸困難状態だけのようです。

私は呼吸器に何か悪いところ(または欠陥)があるのでしょうか?
登山は続けたいのですが、普通の人達のように30分~1時間歩き続けられるようになるには、どのような事(トレーニングや療法等)をすれば改善できるのでしょう?

今年から登山を始めようと思い立ちました。
ちゃんとした軽登山靴やザック等も揃えて気合は充分なのですが、実際に登り始めるとすぐに苦しくなってしまいます。

その症状は
(1)歩き始めて数分もしないうちに脈拍が1秒間に3連符の速さになる。
(2)我慢して歩きつづけるとキ-ンと耳鳴りがする。
(3)立ち止まって1~2分の休憩を取るとすぐに元気に戻る。
(4)足が重くなって持ち上げにくくなる。
といったもので、常に酸欠な状態です。

先日、初めて御嶽山に挑戦しましたが、この調子なので同行者の...続きを読む

Aベストアンサー

とり急ぎご連絡します。
私の山仲間へ連絡し、(喘息を患っている仲間の方に)
>脈拍が不整脈っぽくなったり(急に心臓がキュッと締め付けられるような状態が
>1~2秒ある)、呼吸の息がヒューヒューしたりしました。 との
貴方の話しをしたところ、やはり同じ症状であるとの事でした。
一度、やはり、ピークフローにてその呼吸状態の記録をつけて、ご相談された方が
よいとの事でした。
しかし、彼は自慢気にこうも言っておりました。
「多分、くだりがそのように元気であれば、殆ど心配ないヨ」
これは、子供の頃から、その病気と長く付き合った人間がいうのだからと。
でもここいらで、自分自身の事を知っておくのは、良い事だと。
多分、心のどこかで、無理するな、無理するな、と言っているのじゃないかと。
但し、貴方の表現で、呼吸の息がヒューヒューというところで、彼は
太鼓判を押してくれました。
(失礼しました、そんな事に太鼓判を押さなくてもよいと思うのですが‥)

Q夏の登山はキツイですか?

今月、登山に行く予定なんですが夏の登山って
暑さの関係できついですか?

今日みたいな暑い日には避けて行こうと思ってるんですが、
ちなみに山は都内から近い低い山です。

暑さに弱いので、分かる方教えてください

Aベストアンサー

 非常にきついです。朝晩は涼しいですが、日中は非常に暑いです。一般的に標高が100m上がると気温は0.6℃下がると言われていますが、その分運動しているのでやっぱり暑いです。

 暑い日を避けるといっても夏ですから、たいして変らないと思います。曇りの日を選ぶと山は雨が降ったり・・・。

 水は飲みすぎると汗ばかり出て、かえってバテますが、どのくらいがちょうど良いかは経験を積まないとなかなか判りません。

 でも、下山したあと温泉でも入って、冷たいビールでも飲めば暑さも吹っ飛びます。がんばって下さい。

Q子供と北アルプス おすすめは?

夏休みに小学校6年生の息子を連れて、北アルプスへ1泊登山(山小屋泊)を考えています。具体的には、常念岳、燕岳の2つですが、おすすめはどちらでしょうか。また、それ以外にもおすすめの山があれば教えてください。
息子は日帰り登山の経験は数度あり、体力的には問題ありません。ただ、山小屋泊(もちろんテント泊も)は初めてです。
さらに、子供が山小屋を利用する場合の注意点なども合わせて教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

《小屋泊の混雑について》
混んでいる小屋とは、全員がそうという訳ではありませんが「酔っぱらい」や「ゆずりあいの心を忘れた」大人達の足が自分の顔の左右にある状態で寝るという事。最悪それを覚悟しなければならないという事です。隣に寝る人とのスペースはなしです。イビキもあります。悪臭もあります。たまに高山病で吐いている人もいます。
これが最悪の状態です。混雑が和らぐ=利用者が少ないとその分、スペースができマナーの悪い人の数も減り、酔っぱらいも減り、快適に近づきます。海の日とお盆は避けましょう。

《山について》
室堂~立山はスケールは壮大な景色を望めますが、ほとんどガレ(石)の山ですので、単調に見えるかもしれません。お子様には「緑」を見せる方が良いかと思います。

常念~蝶までの縦走は槍を見ながら歩けるコースですが、アップダウンが結構あり、真っ正面(同じ高さ)に次のピークが見えるけれど「一旦下ってまた登る」の繰り返しです。途中に岩場もあります。気力も十分なお子さんでしたら大丈夫でしょう。景色は最高です。
ただ、私は常念よりかは燕をオススメします。

折立~薬師は良いコースです。樹林を抜けた後の開放感は抜群です。
問題点は関東にお住まいでしたら、折立が遠い事だけです。折立P手前のゲートは朝、開門待ちで渋滞となります。早めに行きましょう。(私はゲート横の駐車場で車泊しました。)

燕は昨年、小学3年生と登りました。オススメの山です。頂上付近の見たこともないような奇岩(イルカ岩など)、槍穂の眺め、合戦小屋のスイカの甘さなど夏休みの思い出として、ガッチリ心に残ることでしょう。私たちはテント泊で登りましたので小屋の細部はわかりません。
ナイスセレクトです!

上記以外では、北アにこだわらなければ、八ヶ岳の赤岳~硫黄岳縦走はいかがでしょうか?
美濃戸から歩けば1泊で帰ってこれます。樹林から岩稜へと変化がある良いコースです。景色も抜群です。高度感があり、アルペンムード満点です。ただし、稜線部は痩せており、鉄ハシゴやクサリがあります。初めてでしたら十分注意してください。悪天の時は避けてください。
天候・体調さえ良ければ6年生でしたら自分の身の確保はできるでしょうから大丈夫だとは思います。危険箇所も楽しめるかと思います。

長々と書きましたが私のお薦めは、(1)赤岳、(2)燕岳、(3)薬師岳の順です。危険一切なしをご希望でしたら赤岳は外してください。

いずれにしても、晴天に恵まれるといいですね。
では、お気をつけて・・・。

参考URL:http://www5e.biglobe.ne.jp/~mizuo/trek/yatsu/html/aka(060805).html

《小屋泊の混雑について》
混んでいる小屋とは、全員がそうという訳ではありませんが「酔っぱらい」や「ゆずりあいの心を忘れた」大人達の足が自分の顔の左右にある状態で寝るという事。最悪それを覚悟しなければならないという事です。隣に寝る人とのスペースはなしです。イビキもあります。悪臭もあります。たまに高山病で吐いている人もいます。
これが最悪の状態です。混雑が和らぐ=利用者が少ないとその分、スペースができマナーの悪い人の数も減り、酔っぱらいも減り、快適に近づきます。海の日とお盆は...続きを読む

Q北岳のテン場では、肩の小屋と北岳山荘ではオススメはどっち?

北岳のテン場では、肩の小屋と北岳山荘ではオススメはどっち?

7月の3連休で白峰三山をテン泊したいと思います。
1泊目は肩の小屋か北岳山荘を考えていますが、どちらか決めかねています。
登山道、テン場からの景色、その他いろいろな面から、おすすめはありますでしょうか?
このコースは2度目になりますが、前回は右俣から肩の小屋泊まりでした。

ぜひご意見をお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは

北岳山荘はこんな感じです。
■ テン場は北岳山荘の方が広くて快適です。(人も多いけれど)
■ 水は肩の小屋は雨水、北岳山荘は下の沢からポンプで汲み上げです。(どちらも有料)
■ 北岳山荘には郵便局があり、絵はがき等出せます。ただし7月の連休に開設しているかは不明。
■ お花畑は断然肩ノ小屋の方が綺麗です。ただしその時期は行ったことがありません。

初日に北岳に登頂して、翌日に間ノ岳、農鳥岳を回って奈良田温泉に降りるのが一般的でお薦めです。
■ 奈良田温泉に泊まる場合には、連休でしたら予約が必要かもしれません。
■ 恐ろしいのは雷です。稜線は途中農鳥小屋以外は避難できる場所が無いので天候判断は慎重に。
■ 朝の四時に北岳山荘を出発すれば、15時前には奈良田へ到着するはずです。

一泊目は御池小屋、二泊目は農鳥小屋に泊まるのもありです。ただし雨だと「草すべり」が・・・

>前回は右俣から肩の小屋泊まりでした。
根性がありますね^^

Q八ヶ岳縦走 オススメのルートは?

今秋、甲斐大泉と蓼科間の八ヶ岳縦走を計画しています。
北行と南行と考えられますが、
どちらがオススメでしょうか。

また、オススメのルート、山小屋などはありますか?
一応、ツェルト泊基本で
夕食など特徴のある小屋があれば、小屋泊も、と考えています。

Aベストアンサー

>どちらがオススメでしょうか。

北行きは登り、南行きは下りがメインになりますので、
膝が悪く、下りが苦手な自分なら北行きにします。

こちらのサイトが参考になります。
http://www.japanesealps.net/yatsugatake/

>オススメのルート、山小屋などはありますか?

編笠、権現、赤岳から硫黄へ

やまびこ荘は是非泊まってみたいですね。
http://www.yamabikosou.com/index2.html

個人的には、北八の黒百合とかしらびそ小屋の
まったりした感じがとても好きです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報