人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私は幼少の頃から、弾んだり揺れたりするものに対する恐怖心があります。
弾むものの具体例では、ドリブルしているバスケットボールや、ゴムヨーヨーなどです。
揺れるものの具体例では、揺れる風呂の水面や、振り子などです。
他には、大きな鐘の音や、これを突く様子や、弾むようなリズムの楽曲なども怖いです。
(今こうして怖いものを考えて文章を打ち込んでいる間も、手汗が止まりません)

時計の振り子など、穏便に正確に動くものに対しては恐怖心は弱くなります。
が、例えば子供が紐のついたものを滅茶苦茶に振り回していたりなどすると、恐ろしくなります(単純に危ないから怖いという範囲を超えます)。
ちなみに、スキップも体が制御の範囲を超えて弾むような感覚があるため、怖くて出来ません。

かなり永い間苦しめられているのですが、これは有名な病気なのでしょうか。
そうであってもなくても、この症状を治すことはできそうですか。
皆様のお考えをお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

恐怖症って難しいんですよね。


高所恐怖症・閉所恐怖症・先端恐怖症などが
知られていますが……私の妹は
西瓜や向日葵の種の配列に恐怖感があります。
私も恐怖とまでは言いませんが~~~2年くらい前から
向日葵はともかく西瓜の種が気になってきました。

そちらの地域の
こころの健康(相談)センター
保健所、
保健センターを訪れて
恐怖症治療で評判のいいドクターを
教えて貰うようにしませんか。
(無料です)
そうした所の人たちに顔と名前を知られるのが
嫌ならば、精神科医師会に電話して相談して
みませんか。

まちBBS
の、そちらの地域のスレッドで
質問してみるのも
1つの方法ではないでしょうか。

有力な回答にならず、
ごめんなさい。
早期に、戻れると
いいですね。
Good Luck!
    • good
    • 0

間違いがありました。



尖端恐怖症です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

無料の窓口があるのは知りませんでした。
これを活用しない手は無いと思います。

本筋とは外れてしまいますが、尖端恐怖症という書き方があるのは知りませんでした。
勉強になりました。

お礼日時:2014/09/15 23:43

たとえばバスケットボールを自分の手でドリブルするのも怖くて出来ませんか。

蛙がぴょんと跳んだりするのも怖いですか。あるいはスポーツの三段跳びなどは。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

バスケットボールをドリブルするのは、かなり嫌です。
ボールの重量があるので、あれをドリブルするのは恐怖心があります。
カエルが飛ぶのは、怖いとは思いません。
三段跳びも、意識的に思いをめぐらせない限りは怖いとは思いません。

補足日時:2014/09/15 23:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q揺れるものに対しての恐怖?

私の彼女は揺れる物が苦手です。
しかし詳しいことは聞いても本人さえよく分かりません。
「どういう風に嫌なの?」と聞いても「よく分かんないけど逃げたくなる。」とかです。
分かっていることは苦手なものはブランコやシャンデリアなどが揺れていることで、試しに催眠術みたいに目の前で小さな吊ってあるものを揺らしてみても大丈夫なようでした。
どうやら大きいもの(大小にきっちり線を引くことはできませんが)のみが苦手なようです。
トラウマということも考えたのですが、彼女自身にそのような記憶はないようです(その部分だけ記憶が無いということは否定できませんが)。
また小さい頃はブランコも平気で普通に乗っていたようですので、ある程度成長してから苦手になったそうです。

このようなことに心当たりのある方、何でもいいですのでこのことについて教えてください。
また、治り得るのでしょうか。

長くなってしまってすみませんでした。
ここまで読んでいただきありがとうございます。

Aベストアンサー

恐怖症の原因は色々考えられますが(過去の恐怖体験も本人の記憶にない場合がありますし)治療法であれば…
恐怖症の代表的な治療法としては行動療法が挙げられると思いますが、それには拮抗条件づけ・反対条件付け(counter conditioning)や、系統的脱感作法(systematic desensitization)、トークン・エコノミー(token economy)、暴露療法(flooding)などが含まれています。
それぞれに共通することは、彼女が少しずつゆれている物が本当は安全・怖くないということを自覚する手助けをする、という点です。
彼女がリラックスできる範囲で、少しずつ恐怖対象に慣れる訓練をしてみて下さい。そして、少しでも進展があれば誉めてあげて下さい。催眠術の振り子が大丈夫なようであれば、揺れているブランコをちょっと離れた距離から一緒に眺め、段々と距離を縮めて(慣れてきたのなら質問者さんの付き添いなしで)いくなどするのもひとつの手段だと思います。
下記に参考URLを挙げておきます。
http://www.shinridock.com/IPPANN.HTM
http://www.sky.sannet.ne.jp/mikeneko/psychology/clinical05.htm

恐怖症の原因は色々考えられますが(過去の恐怖体験も本人の記憶にない場合がありますし)治療法であれば…
恐怖症の代表的な治療法としては行動療法が挙げられると思いますが、それには拮抗条件づけ・反対条件付け(counter conditioning)や、系統的脱感作法(systematic desensitization)、トークン・エコノミー(token economy)、暴露療法(flooding)などが含まれています。
それぞれに共通することは、彼女が少しずつゆれている物が本当は安全・怖くないということを自覚する手助けをする、という点です...続きを読む

Q揺れるものが怖い

揺れるものが怖い

私はなぜか、振り子のように揺れるものを見ているとすごく不安になり、気分が悪くなります。
ブランコやバイキングはもちろん、お寺の鐘(つく時に揺れるような錯覚を感じます)やドラなどまでダメです。
お寺の鐘やドラに至っては、音を聞いているのも苦手です。
お風呂の水面が揺れているのを見ても軽い不安を感じます。

不思議なことに、飛行機の揺れや地震の揺れは大丈夫なんです。
ずっと同じように揺れている、と感じさせるものがダメみたいなんです。

これって何かの恐怖症なんでしょうか。
また、私と同じような感覚の方っていらっしゃいますか?

Aベストアンサー

共感覚の一種だとおもいます。共感覚とは、例えば、聴覚で感じるものが光として見えたり、味覚で感じるものが音として感じられたりといった状態を指します。
あなたの場合は、視覚や聴覚で感じた刺激を身体のバランス感覚で受け取っているものと思われます。
飛行機や地震の揺れが大丈夫なのは、それが直接バランス感覚に影響するため感覚の混乱を起こさないためです。
ここまで書いてきましたけど、対処法となると今一つ良い策が浮かびません。混乱を引き起こす原因となる、それぞれの感覚を個別に鍛錬するぐらいでしょうか。それぞれの感覚を峻別する能力を鍛える方法があればそれが一番いいのですが、さすがに思いつきません。まずはバランス感覚を養うのが有効であろうと思います。
恐怖症ではありませんね。ご心配なく。

Q音が怖いんですが・・・

こんにちは。私はうつ病です。精神科にも通い、カウンセリングを受け始め
ています。

実は、私は非常に音に敏感なんです。情緒が安定しているときは、生活して
いて、お家の中で聞こえてくる音は何でもないのですが、改造車のエンジン音や
バイクの音(ハーレーなんか最悪)など、人の話し声まで気になってしまって、
気持ち悪くなったり、気分が落ち込んでしまって、なんだか気後れして、
「どうして私はこんなに、へなちょこなんだろう・・・」とか落ち込みまくって
しまいます。そんな状態で買い物(主婦なんです。)から帰ってくると、ドアの
閉まる音から歩く音、流し台で水を使う音やガスの音まで全てが気になって
気持ち悪くなるんです。
耳という器官がなければいいのに、と思い何度も耳を切り落とそうと考えました。
けどそれもできなくて、耳栓もしてみましたが、今度は電話の音や郵便配達の
呼び出し音(これらも怖いのですが。)が聞こえないので、困り者です。
とくに水の音が怖くて、お風呂にお湯をはるのは主人に話してやってもらって
います。
こういう症状は、精神病になるのでしょうか?
忘れてしまった記憶のどこかにトラウマとして残っているのでしょうか?
それとも、肝炎だからうつ病になって、それが引き金になっているのでしょうか?
専門知識のある方、教えてください。

こんにちは。私はうつ病です。精神科にも通い、カウンセリングを受け始め
ています。

実は、私は非常に音に敏感なんです。情緒が安定しているときは、生活して
いて、お家の中で聞こえてくる音は何でもないのですが、改造車のエンジン音や
バイクの音(ハーレーなんか最悪)など、人の話し声まで気になってしまって、
気持ち悪くなったり、気分が落ち込んでしまって、なんだか気後れして、
「どうして私はこんなに、へなちょこなんだろう・・・」とか落ち込みまくって
しまいます。そんな状態で買い物(...続きを読む

Aベストアンサー

なんだかしつこいようですが、
私の“音に対する恐怖”も、すごかったですよ。
水の音がしている時は「いや~っ!!」と叫んだし
食器のカチャカチャという音も鳥肌がたっているし、
風で窓がガタガタいう時はお布団をかぶってました。
外出中、やはり気分が悪くなり、タクシーで帰宅した事も多々ありました。
家の中にいても怖い、
外出しても怖い、
もうどうしていいのか分からない状態でした。

水の音はまず、シャワーではなくしました。
食器やフォーク、ナイフ等、プラスチック製のモノに変え、
ドアにはパッキンを取り付けていました。
周りやご近所の目が気になってしょうがなかったですね。。。
ruu_kunさんもそうなのでは、と思ってしまうのですが、
両親や親しい人に心配される事すら苦痛(申し訳ない気分)でした。

それでも、やはりお医者さんで処方された薬で
本当に“何であそこまで・・・”となりましたよ!
そこでまた問題がでるとも思うのですが、
もしかするとご相談なさって処方された薬が効かない場合もあります。
でも、そうしたら決して諦めず、『効きません』と相談してくださいね。
うつ病でご通院なさっていらっしゃるので薬に関しては
相当な知識、経験がおありとは思いますが、
本当に沢山の薬があるので、私も『効く薬』に出会うまで
いろいろな薬を試しました。

その薬は私も“お守り”としていつも持ち歩いてますよ(^-^)
飲む抵抗もありますが、飲まないで辛い思いをするよりは何倍もいいですし。

長くなってごめんなさい。

P.S.私も「典型的A型」と呼ばれてます(・・;)・・・つまり、
異常に神経質、らしいです。でも、
「しょうがないでしょ!!いいじゃんか、女の子っぽくてっ」
とかワケ分かんない反発をして吹き飛ばすようにしてますヽ(´▽`)/へへっ

なんだかしつこいようですが、
私の“音に対する恐怖”も、すごかったですよ。
水の音がしている時は「いや~っ!!」と叫んだし
食器のカチャカチャという音も鳥肌がたっているし、
風で窓がガタガタいう時はお布団をかぶってました。
外出中、やはり気分が悪くなり、タクシーで帰宅した事も多々ありました。
家の中にいても怖い、
外出しても怖い、
もうどうしていいのか分からない状態でした。

水の音はまず、シャワーではなくしました。
食器やフォーク、ナイフ等、プラスチック製のモノに変え、
...続きを読む


人気Q&Aランキング