先日靖国神社で海軍コーヒーを飲みました。海軍カレーの方は景色が変わらない海上で曜日を忘れないようになど諸説ありますが、コーヒーの方はどのような由来なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1858年当時には、米海軍は自前のコーヒー焙煎工場を持っていました。

(今は閉鎖)
当時の豆=アメリカの生産可能域での栽培は主にロブスタ種で
アラビカ種よりカフェインが多く、苦味と渋みが強かった為、
ほんの少量の塩を粉の上に置きお湯を注ぐことで
香りを変化させず苦味を軽減するという役割がありました。
時間の経った焙煎豆をおいしく飲むコツだったのかもしれません。

大体カップ5杯抽出で、塩ティ-スプーン1/8程度が適量です。
なので塩味は全くしません。

海軍の艦上の最強飲料はコーヒーとなったのは、
飲酒が約100年前に禁止された為です。
    • good
    • 0

ネット使えるなら少しは調べよーぜ



海軍風コーヒー
アメリカ海軍に伝わる塩コーヒーの一種。通常の1.5倍量のコーヒー粉に食塩少々を混ぜ、ドリップする。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。もちろんそれも見つかりましたが、カレーの方は海軍割烹術参考書に載っていますと言う証拠がありますがコーヒーの方はレシピや向こうの小説に載ってたというものばかりで確たる証拠がこちらでは見つからなかったのと、靖国神社でアメリカ由来の物を出すか?と思い靖国神社の喫茶店のコーヒーには当たらないと思いました。あと自分の体感で塩味も濃くも無かったので。こればかりは自分は普段エスプレッソのなので当てにならないかもしれませんが

補足日時:2014/09/12 21:20
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本日天気晴朗ナレドモ波高シ……は何故名文なのか?

東郷平八郎が丁字戦法を使ってバルチック艦隊を破った時、
秋山参謀という人が東京にこんな打電をしたそうです。

「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

高木彬光先生の歴史小説の中で「名文中の名文」と謳われていましたが、
どうもしっくりきません。

だって、単なる指令と天候を伝える平叙文じゃないですか。
これだけシャープに必要なことをまとめた、ということが
賞賛されているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。砲撃戦に理想の天気である。しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。

ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連...続きを読む

Q公務員の兼業農家

先日テレビでもあったのですが、法律では認められているという事ですが、なぜ公務員の兼業農家が認められているのでしょうか。確かに知っている人も、田植えや収穫時期は仕事を休んで農業に励んでいます。収入は分かりませんが、公務員の収入以外に利益があるというのはおかしくはないのでしょうか。確定申告さえすればいいのですか。また、親の名義でしている分には何も問題なく、家事の手伝いとして済まされるのでしょうか。もちろん、親よりも本人が主に農作業をしており、親はほとんど動けない状態になっているから手伝っているようです。法律で認められているからいいという意見があるでしょうか、それならば上司の許可がいるはずではないのでしょうか。詳しくご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

家業の手伝いや著作活動などは上司の許可を得てできます。
「田植えや収穫時期は仕事を休んで」といいますが、公務員にも有給休暇はありますから、その範囲内で行っている分には何ら問題はありません。


人気Q&Aランキング