技術商社に就職することが決まったのですが、数年後は起業して同じような業務を行いたいと考えております。

そこで質問ですが、起業して継続するために会社員のうちに学ぶべきことは何があるのでしょうか?

・資金力
・人脈
・商品知識
・信頼

などでしょうか??
特に資金力はどれぐらい必要でしょうか?

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>数年後は起業して同じような業務を行いたい



その会社が何十年もかけて、そして述べ何百人か何千人もの人たちが頑張って積み上げて築いてきた信頼を、社会人になったばかりの人がたった数年で追いつけるわけがありません。

>起業して継続するために会社員のうちに学ぶべきことは何があるのでしょうか?

あるような、ないような、ですね。サラリーマンとして働くことと、起業して経営者になるっていうのは「サッカー選手から野球選手になる」みたいな部分があるんですよ。
まず、サラリーマン時代の人脈なんてほとんど役に立ちません。サラリーマンが名刺を出して相手が尊重してくれるのは、会社名と役職名があるからです。相手が頭を下げてくれるとしたら、その会社名に頭を下げてくれるのか、役職名に頭を下げるかなんです。その人そのものに頭を下げるんじゃないんですね。だけどサラリーマンをやってるとどうしてもそれはピンとこないから、「俺は商社で何億円ものプロジェクトを動かしてきたから」と自信を持って起業をしても、その会社という看板がなくなったら途端に誰も相手をしてくれなくなるのです。
「○○商社の××です」といったら相手は二つ返事で会ってくれたのに、「××です。この度独立しました。ついてはご挨拶にお伺いしたい」っていうと突然「多忙につきお時間が作れず申し訳ございません」といわれてしまいます。独立起業した人でそういう目に遭ってない人はまずいないと思います。
あえていえば、業界ノウハウかな。どういう商売をやるにせよ、その業界でのしきたりやルールや様々なノウハウがありますよね。それはサラリーマンのうちに知っておいた方がいいと思うし、特に様々な管理ノウハウは会社の中じゃないと学べないというのはあります。

ただ、全体的には「思っているほどサラリーマン時代の人脈も何も役に立たなかった」という人は多いと思います。資金がいくら必要なのかは、入社してどのくらいの規模のお金が動いているのかを知ればだいたいの想像はできると思いますよ。一度の取引で数千万円単位でお金が動くなら、そのくらいのお金が必要なんだなってわかるでしょう?
独立開業すると、サラリーマンの人とは本当に付き合いがなくなりますよ。サラリーマンからすると、会社という組織に所属しない「やくざ者」と付き合っても何もメリットはないからです。
また起業した側からしても、サラリーマンて結局部長だろうが取締役だろうが自分の一存だけでは決められないんですね。会社組織というのはそういうものです。一存で決められるのはオーナー社長くらいです。だから起業した側としても「どうせお前にゴマを擦ってもお前の一存じゃ決められないんだから擦るだけ時間と手間の無駄」となります。だからみんなオーナー社長にはゴマを擦ります。それは擦るだけの価値がありますからね。
    • good
    • 3

よくある失敗するパターンですね。



AさんがB株式会社に入社して、同僚からも取引先からも信頼されるようになって、これなら独立してもやっていけるぞ、と思って独立したら、取引先はAさんと取引してくれない。実は取引先がAさんを信頼していたのは、Aさん自身を信頼したのではなく、そのバックにいるB株式会社を信頼していたのでした。B株式会社のないAさんだけになったら、それはただの人であって、信頼すべき要素が一つもなかったのです。

そんな失敗街道まっしぐらです。
    • good
    • 3

一番重要になるのは、人脈と信頼。



あなたがやろうとしている事は、これから就職する会社に対する裏切り行為だと言う事を、良く理解されて下さい。

そして、それと同じ関係の仕事をすると言う事は、その会社の取引先から見れば、
「あなたは自分の会社を裏切る様な事をする人だ!」
と言う状態からスタートする事になります。

これを覆せるだけの人脈と信頼が無ければなりません。
つまり、既にあるライバル会社以下からのスタートになるのと同じです。
そこが気が付いて居なかったのであれば、最初から失敗しますよ。

資金力は、人脈でかなり解決できますが、その様な裏切者でも、支持してくれるだけの信用があれば可能です。

それが出来ないと、夢物語でしかありませんからね。
    • good
    • 0

取引先の開拓能力。



インターネットの出現で流通形態が激変しています。また商品サイクルは短く今日まで売れていた商品が突然売れなくなります。よって、変化に対して素早く仕入れ先と卸策を変化できる能力が重要です。BtoC商材なら、自分で販売できるアウトプットがあれば、なおよし。今は中抜きの時代ですから。

資金力は取り扱う商品によって規模が違いますが、普通に会社員やっていて貯められる金額など知れてます。悩むまでもない。人脈はムダです。たとえば、異業種交流会などで名刺交換しても「助けてもらいたい人リスト」しか集まりません。信頼も重要ですが、信頼でビジネスは動きません。能力があり利益が与えることができる人の周りには自然と人と情報が集まります。
    • good
    • 0

信頼です。



古巣の商売を取るようなことをしては、古巣にもその手を出した先にも信用なくしますから。
    • good
    • 1

取り扱い商品によって、ピンからキリまでですが、


人脈と信用で、資金の不足をフォローという形になればいいですね。
足の早い商材を仕入れたら売り仕入れたら売りで回転させれば、その時の手持ち資金でもなんとか足りるでしょう。いわゆる自転車操業ですけどね。

商品知識は並以上に必要でしょう。
商品知識がないと、信頼も無くなりますし、人脈も役にたちません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卸売業の事務職

卸売業の事務職に応募する際の志望動機が思いつきません。
明日、急遽決定した中途採用の面接なので企業訪問の時間も有りません…。
ちなみに全国的に業務を拡大しているなど将来性はある会社なのですが、それだけで志望動機というのは甘すぎる気がして…。

卸売業の素晴らしさを教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

卸売業というより、
事務職だから応募したのではありませんか?
事務職を希望する理由と、
受ける会社が目にとまった理由を正直に述べれば良いのでは。

業界のことは、業界に入らなければイメージだけで、
わからないことだらけでも不思議ではありません。
むしろ無理して用意した答えの方が主体性のなさを露呈しまい、
マイナスポイントになります。

Q通関士の資格で独立事務所に就職もしくは独立事務所を

 こんにちは。僕は現在、海運業で働いています。早速ですが質問があります。
 
 通関士の資格をとり独立事務所で働いたりはできますか?
 弁護士や税理士の独立事務所があるように通関士にもそういうのはあるのでしょうか?

 いま僕は仕事との関連で通関業を目指そうと思っています。ですが、ゆくゆくは転職も考えています。
 そこで通関業を活かしたいと思っていて社員数の少ない独立事務所で働きたいと思っています。
 そこでこういう質問をさせてもらいました。
 知っている人がいたらよろしくお願いします。
 
 

Aベストアンサー

通関業の起業について調べてみましたが難しそうです。

まず、通関業は免許制で起業するには税関の審査があります。経営基盤の弱い起業したての会社に免許が下りるか疑問視されるところです。
つぎに、免許が下りたとしても取り扱える地域が指定されてしまいます。後発企業にどれだけのシェアが取れるでしょうか?
それに、輸出入には国際運送、国内運送、荷役、倉庫などその他の業務が絡んできますが、これらについてはどうしますか?先発企業はこれらも兼業しているところもありますが、通関業のみではこれらを専門業者に任すしかありません。

通関業者ではないので実際にどれだけのパイが残っているのかわかりません。可能性もゼロではないと思います。コネと営業力次第でしょう。

Q卸売業社の小売進出の事例を教えてください

卸売業に勤めるものです。卸売業の活路として、小売に進出することが挙げられると思いますが、実際の例としてはどのようなものがあるのでしょうか。成功例でも失敗例でもご存知でしたら教えてください。できれば大手企業の事例がよいですが、中小企業のものでも構いません。また、そのような事例を紹介している本がありましたら、それを教えていただいても大変うれしいです。

私自身、SUPERVALUというアメリカの卸売業社が小売に進出し、一定の成功を収めているという話を聞いたことがあります。そのような海外の事例もあれば教えてください。

Aベストアンサー

アスクルの事例はどうでしょうか?
通常は卸経由での商売が基本のBtoBで小売として
成立しています。

元々は文房具メーカーですが、そこからスピンアウトして
法人向け通販会社として上場を果たしています。

カタログとWebを媒体として商品を展開し、
販路の拡大は既存の小売である文房具店を販売代理店として
協働するアスクルモデルは卸売から小売への転換として
モデルを構築しても共通するところがあるとおもいます。

・既存の卸売の形態からエンドユーザーまでの距離をどの
ように縮めるか
・ロングテールに伸びる販路をどうやって拡大するか
・エンドユーザーに商品を魅力的に伝える媒体はどのようにして
作り上げるのか(卸と違って全て営業でというわけにはいかないので)

という3点が卸から小売への転換で肝になる部分かと思います。
仕入れ部分は元々のサプライヤーとの関係が基盤として
使えるのでまずはその点を参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.askul.co.jp/

Q起業するに当たり企業で学ぶべきことは?

はじめて質問させていただきます、4年生の大学生です。

将来、国産の木製品(雑貨等)をネット販売する事業を起ち上げたいと思っています。
事業計画を考えた結果、卒業してすぐに起業するのは生活の面でも難しくもあり、フルタイムでバイトに入りながら起業するよりは、せっかくの新卒なので就職してお金を貯めつつ、5年ぐらい働いてビジネスを学ぶというのも選択肢の1つとして考えています。
(組織をまとめること、部下を持つことを学んだ方がいいと先輩起業家にも言われています。)
ということでネットショップ開設などの起業準備とともに就活も始めたのですが、どういった業界・職種につけばいいか、悩んでいます。
できれば副業として少しずつ販売を始められたらいいなと思いますが、ビジネスをより深く、たくさん学べる、修業できるのであれば俗にいう労働時間の長いブラック企業でもいいかな・・・とも思います。
せっかく就職するならバリバリ働き、企画・製造・仕入れ・販売など、たくさんのことを学びたいです。
今はとりあえず小売・流通、商社あたりで調べています。就活性としてはかなり遅めのスタートラインであるため、焦ってもいます。

皆さんのおすすめ業界や職種・企業を教えてください。
よろしくお願いいたします。

はじめて質問させていただきます、4年生の大学生です。

将来、国産の木製品(雑貨等)をネット販売する事業を起ち上げたいと思っています。
事業計画を考えた結果、卒業してすぐに起業するのは生活の面でも難しくもあり、フルタイムでバイトに入りながら起業するよりは、せっかくの新卒なので就職してお金を貯めつつ、5年ぐらい働いてビジネスを学ぶというのも選択肢の1つとして考えています。
(組織をまとめること、部下を持つことを学んだ方がいいと先輩起業家にも言われています。)
ということでネットショ...続きを読む

Aベストアンサー

そうですね、木工製品に関わるような仕事を正社員でやれば、その業界の幅広い意味でのノウハウを知ることにはなると思います。どんな業界でも、その業界ならではの内情やしきたりなどがありますから、それを知らずに新参者がやってくるととんでもない恥をかいたりします。

しかし、ネットショップとなるとそれはそれでのノウハウが必要です。例えばSEO対策とかね。これはIT系の人たちが詳しい。ネットで活動している人たちを何人か知っていますが、集まるとSEO対策の話ばかりです。「いかにしてネットで目立つか」というのが最重要課題なんですね。人によってはそれに毎月数十万円単位のお金をつぎ込んでいる人もいます。

ただ、サラリーマン社会は分業化されていますから、企画から仕入れから販売まで全部知るなんてのはよっぽど恵まれないと無理です。それに、分野によって求められる能力は違います。企画には発想力豊かな人が求められますが、在庫管理なんかの場合は発想力なんて皆無でいいわけです。そしてすべての才能を持ち合わせている人はいません。プロスポーツ選手だってポジションで役割は違うでしょ?

あともうひとつアドバイスとしては、いわゆるブラック企業というところにいると、自分が消耗してしまうので何も学べません。例えばユニクロで店長して、1日のうち14時間くらい働いて、そこからまたなにか勉強する気になるかっつったら、無理。

最後に覚えておいてほしいのは、「独立したら、直接関わる相手ではない限り、サラリーマン時代の人脈は役に立たない」ということです。サラリーマンというのは、個人事業主のような「野良犬」と関わるメリットって、ないんです。よく異業種交流会なんてのを頑張ってる人とかいますけど、あれはお互いにサラリーマンだから意味あるのです。つまり、会社という肩書あってこそなんですな。
サラリーマンをやったことがあったほうがいいかどうかと聞かれれば、やったほうがいいと思いますよ。

そうですね、木工製品に関わるような仕事を正社員でやれば、その業界の幅広い意味でのノウハウを知ることにはなると思います。どんな業界でも、その業界ならではの内情やしきたりなどがありますから、それを知らずに新参者がやってくるととんでもない恥をかいたりします。

しかし、ネットショップとなるとそれはそれでのノウハウが必要です。例えばSEO対策とかね。これはIT系の人たちが詳しい。ネットで活動している人たちを何人か知っていますが、集まるとSEO対策の話ばかりです。「いかにしてネットで目立つか...続きを読む

Q卸売業、商業で有望な銘柄を教えて下さい。

 明けましておめでとうございます。昨年中は色々なご指導ご鞭撻大変有難うございました。本年も引き続きご指導のほどよろしくお願い致します。
 さて、昨年までの投資はメーカー中心(鉄鋼、金属、機械、電気機器)に25社位取組み、情報サービスで5社取組んで来ました現物オンリーの初級者です。今年は、卸売業、商業の部門にもチャレンジをしようと思って銘柄探索をしていますが、新ジャンルでは注目候補のリストアップがなかなか出来なくて困っています。
 そこで、東証1部で卸売業、商業の部門のなかでどんな切り口や観点でも結構ですので、注目候補と理由を紹介していただければと思います。あつかましいお願いとも思いますが、よろしくお願い致します。
 云うまでもないことですが、投資は自己責任であることは承知しています。
 
 

Aベストアンサー

卸売業の代表格である大手商社は当分ダメですね。
世界で原油や金などの天然資源が急落していますので・・・

商業というのは小売業のことだと思いますが、百貨店などはそこそこ堅調のようです。
お正月の人出も多く(初詣に出掛けた人も)初売りも順調で、そろそろ出始める決算もそれなりに良さそうです。
ただ、昨年のコンビニ売上・スーパー売上・百貨店売上はあまり冴えませんでしたので過剰な期待もまだ早いです。

そんな中ですが、金曜引け後に好決算を出してきた銘柄がありました。
7453の良品計画です。無印良品で有名な会社ですが、商品開発力があるのと同時に
販路も多彩(百貨店・西友・ファミリーマート・駅売店など)で面白い企業です。

株価もかなり堅調に推移しており、チャートも良い形状になっています。
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=7453.t&d=c&k=c3&a=v&p=m130,m260,s&t=5y&l=off&z=m&q=c&h=on

ただ人気がある分、割安感はないので買い時が非常に難しいです。
相場全体が過熱していますので、急いで買うと高値を掴まされる可能性があります。
昨年の6月や10月のような全体相場が急落→リバウンドの場面を待って買いたいですね。

参考URL:http://www.traders.co.jp/stocks_info/kokunai_stocks/kokunai_index/kokunai_index_list.asp

卸売業の代表格である大手商社は当分ダメですね。
世界で原油や金などの天然資源が急落していますので・・・

商業というのは小売業のことだと思いますが、百貨店などはそこそこ堅調のようです。
お正月の人出も多く(初詣に出掛けた人も)初売りも順調で、そろそろ出始める決算もそれなりに良さそうです。
ただ、昨年のコンビニ売上・スーパー売上・百貨店売上はあまり冴えませんでしたので過剰な期待もまだ早いです。

そんな中ですが、金曜引け後に好決算を出してきた銘柄がありました。
7453の良品計...続きを読む

Q独立起業

現在の会社を退職し独立起業を考えています。
会社に在職中でも代表取締役として会社を立ち上げ、開業することは可能なのでしょうか?
また、可能な場合でも会社役員になっていた場合はどうなんでしょうか。どなたか詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社の規定で禁止されていないなら可能です。確認を・・・

Q卸売業での仕入れ原価とは?

小規模卸売企業の経理に配属され、色々勉強中の者です。さて、卸売業で仕入れ原価とは、仕入れたものそのものの価格でしょうか? それとも、仕入れに付随して発生した運搬料、手数料なども含めなければいけないのでしょうか? もしその両方が考えられる場合、それぞれのプラス点、マイナス点はどういったことでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 小売・卸売業を問わず、仕入れのための付随費用〔引取運賃・荷役費・運送保険料・手数料など〕は仕入れ原価に含めます。
 仕入れのための当方負担の費用を「仕入諸掛」といい、仕入れ原価に含めて考えます。別途「仕入諸掛費」として処理することもありますが、処理がめんどうなので一般的ではないと思います。(仕入れ原価であることにかわりありません)

 1)単価1000円の物を10個買って送料1000円払った場合
    1000円×10個+送料1,000円=11,000円
 2)単価1000円の物を20個買って送料1000円払った場合
    1000円×20個+送料1,000円=21,000円 
仕入単価は 1)の場合 1,100円、2)の場合1,050円 という考え方です。

Q独立起業で借入

会社を設立して、借入を考えています。
しかし、過去に個人として任意整理をしており今も返済中です。
開業の借入に影響するでしょうか?
自己資金だけでは、足りないので借入できないと開業は厳しい状況で悩んでおります。

どなたか詳しい方が、いらっしゃれば教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

普通は、金融機関は中小企業への融資には、連帯保証人を要求してきます。

任意整理(債務整理)と言う事実は、個人信用情報に登録されていると思われます。

『個人信用情報』を見に行こう! [お金を借りる] All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/12314/

なので、ご質問者様自身が連帯保証人になるつもりなら、残念ながら融資審査を通過するのは困難だと思われます。

Q建築金物卸売業の簡易課税事業区分

建築金物卸売業を経営しています。マンションのベランダや非常階段の手摺の販売が中心です。売上の事業区分が分かりません。作業工程はアルミパイプを仕入れて設置場所に合わせたサイズに切断し、ビス止めをしそれを納品するか又は設置場所まで行って取り付けるところまでです。問題は切断工程を軽微な加工とみなすかどうかですが、これは性質及び計上の変更になりますか?本で読むと建築材料卸売業などで板金の切断などは単に縦・横の切断は軽微な加工とみなされ1種又は2種ですが、注文等により特定の形に切断する行為や縦横以外に縁を丸めたりひし形に切断したり穴を開けたりすると性質及び計上の形状の変更とみなされ3種になるそうですが・・・・

Aベストアンサー

単にパイプを切断するだけなら「軽微な加工」ですが、「現場にあわせて」切って穴をあけて、更にビス止めまでするとなると「軽微な加工」とはいえないと思います。

>作業工程はアルミパイプを仕入れて設置場所に合わせたサイズに切断し、ビス止めをしそれを納品するか又は設置場所まで行って取り付けるところまでです。

ということは、納品分も自分で取り付けにいく分も「第3種」事業でしょうね。(納品分は「製造業」、自分で取り付けにいく分は「建設業」に該当すると思います)

Q独立・起業について…

住宅の耐震補強事業で起業を考えています。
こういった職業で起業するにあたって、何か必要な許可などはあるのでしょうか?仕事に関しては必要な知識・経験を持っているのですが、起業に関しての知識が全くありません。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

財務面ですが、税務署などに開業届を出す必要がでてきます。また税務上有利な制度として青色申告制度がありますので、その承認申請書も出されればよいと思います。

後、国民生活金融公庫などから融資を受けるために、事業計画書を作成しておくことが大事だと思います。地域の商工会に加入して、6ヶ月間経営指導を受けると「マル経融資」などが受けられたりするのでご加入をおすすめします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報