技術商社に就職することが決まったのですが、数年後は起業して同じような業務を行いたいと考えております。

そこで質問ですが、起業して継続するために会社員のうちに学ぶべきことは何があるのでしょうか?

・資金力
・人脈
・商品知識
・信頼

などでしょうか??
特に資金力はどれぐらい必要でしょうか?

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>数年後は起業して同じような業務を行いたい



その会社が何十年もかけて、そして述べ何百人か何千人もの人たちが頑張って積み上げて築いてきた信頼を、社会人になったばかりの人がたった数年で追いつけるわけがありません。

>起業して継続するために会社員のうちに学ぶべきことは何があるのでしょうか?

あるような、ないような、ですね。サラリーマンとして働くことと、起業して経営者になるっていうのは「サッカー選手から野球選手になる」みたいな部分があるんですよ。
まず、サラリーマン時代の人脈なんてほとんど役に立ちません。サラリーマンが名刺を出して相手が尊重してくれるのは、会社名と役職名があるからです。相手が頭を下げてくれるとしたら、その会社名に頭を下げてくれるのか、役職名に頭を下げるかなんです。その人そのものに頭を下げるんじゃないんですね。だけどサラリーマンをやってるとどうしてもそれはピンとこないから、「俺は商社で何億円ものプロジェクトを動かしてきたから」と自信を持って起業をしても、その会社という看板がなくなったら途端に誰も相手をしてくれなくなるのです。
「○○商社の××です」といったら相手は二つ返事で会ってくれたのに、「××です。この度独立しました。ついてはご挨拶にお伺いしたい」っていうと突然「多忙につきお時間が作れず申し訳ございません」といわれてしまいます。独立起業した人でそういう目に遭ってない人はまずいないと思います。
あえていえば、業界ノウハウかな。どういう商売をやるにせよ、その業界でのしきたりやルールや様々なノウハウがありますよね。それはサラリーマンのうちに知っておいた方がいいと思うし、特に様々な管理ノウハウは会社の中じゃないと学べないというのはあります。

ただ、全体的には「思っているほどサラリーマン時代の人脈も何も役に立たなかった」という人は多いと思います。資金がいくら必要なのかは、入社してどのくらいの規模のお金が動いているのかを知ればだいたいの想像はできると思いますよ。一度の取引で数千万円単位でお金が動くなら、そのくらいのお金が必要なんだなってわかるでしょう?
独立開業すると、サラリーマンの人とは本当に付き合いがなくなりますよ。サラリーマンからすると、会社という組織に所属しない「やくざ者」と付き合っても何もメリットはないからです。
また起業した側からしても、サラリーマンて結局部長だろうが取締役だろうが自分の一存だけでは決められないんですね。会社組織というのはそういうものです。一存で決められるのはオーナー社長くらいです。だから起業した側としても「どうせお前にゴマを擦ってもお前の一存じゃ決められないんだから擦るだけ時間と手間の無駄」となります。だからみんなオーナー社長にはゴマを擦ります。それは擦るだけの価値がありますからね。
    • good
    • 3

よくある失敗するパターンですね。



AさんがB株式会社に入社して、同僚からも取引先からも信頼されるようになって、これなら独立してもやっていけるぞ、と思って独立したら、取引先はAさんと取引してくれない。実は取引先がAさんを信頼していたのは、Aさん自身を信頼したのではなく、そのバックにいるB株式会社を信頼していたのでした。B株式会社のないAさんだけになったら、それはただの人であって、信頼すべき要素が一つもなかったのです。

そんな失敗街道まっしぐらです。
    • good
    • 3

一番重要になるのは、人脈と信頼。



あなたがやろうとしている事は、これから就職する会社に対する裏切り行為だと言う事を、良く理解されて下さい。

そして、それと同じ関係の仕事をすると言う事は、その会社の取引先から見れば、
「あなたは自分の会社を裏切る様な事をする人だ!」
と言う状態からスタートする事になります。

これを覆せるだけの人脈と信頼が無ければなりません。
つまり、既にあるライバル会社以下からのスタートになるのと同じです。
そこが気が付いて居なかったのであれば、最初から失敗しますよ。

資金力は、人脈でかなり解決できますが、その様な裏切者でも、支持してくれるだけの信用があれば可能です。

それが出来ないと、夢物語でしかありませんからね。
    • good
    • 0

取引先の開拓能力。



インターネットの出現で流通形態が激変しています。また商品サイクルは短く今日まで売れていた商品が突然売れなくなります。よって、変化に対して素早く仕入れ先と卸策を変化できる能力が重要です。BtoC商材なら、自分で販売できるアウトプットがあれば、なおよし。今は中抜きの時代ですから。

資金力は取り扱う商品によって規模が違いますが、普通に会社員やっていて貯められる金額など知れてます。悩むまでもない。人脈はムダです。たとえば、異業種交流会などで名刺交換しても「助けてもらいたい人リスト」しか集まりません。信頼も重要ですが、信頼でビジネスは動きません。能力があり利益が与えることができる人の周りには自然と人と情報が集まります。
    • good
    • 0

信頼です。



古巣の商売を取るようなことをしては、古巣にもその手を出した先にも信用なくしますから。
    • good
    • 1

取り扱い商品によって、ピンからキリまでですが、


人脈と信用で、資金の不足をフォローという形になればいいですね。
足の早い商材を仕入れたら売り仕入れたら売りで回転させれば、その時の手持ち資金でもなんとか足りるでしょう。いわゆる自転車操業ですけどね。

商品知識は並以上に必要でしょう。
商品知識がないと、信頼も無くなりますし、人脈も役にたちません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q起業/融資100万or1年後自己資金100万5年後 今後起業を考えていまして、ふと気になったのです。

起業/融資100万or1年後自己資金100万5年後

今後起業を考えていまして、ふと気になったのです。

A:自己資金0万+銀行融資100万で今すぐ起業。
仮説1:5年(=60ヶ月)で返済、金利は固定で3%
=初月¥22000/2ヶ月以降¥17900の返済
仮説2:収入30万、生活費10万、運転資金5万

B:自己資金100万+銀行融資0万で20ヶ月我慢して起業。
仮説1:自己資金貯まるまでは月収15万のアルバイト。
・〜20ヶ月収入15万、生活費5万
・21ヶ月〜収入30万、生活費10万、運転資金5万

Aパターン
1ヶ月目:30-(10+5+2.2)=12.8
2ヶ月〜:30-(10+5+1.79)=13.21
5年後:12.8+13.21×59=¥7,920,1900

Bパターン
20ヶ月まで:15-10=5
21ヶ月以降:30-(10+5)=15
5年後:5×20+15×40=¥7,000,000

Aの方が¥9,201,900プラス。

簡単にシュミレーションしてみたのですが、この計算は正しいですか?(税金など別途支払うものがあれば教えてください)
もし正しければ、やはりお金借りてでも早く起業するべきなのでしょうか?
※最初から30万の売上が経つのか不明ですし、自己資金調達の為にもっと割りのいい仕事して月々の貯金額を増やし早くお金貯られたらまた変わるとは思うのですが。。。

起業/融資100万or1年後自己資金100万5年後

今後起業を考えていまして、ふと気になったのです。

A:自己資金0万+銀行融資100万で今すぐ起業。
仮説1:5年(=60ヶ月)で返済、金利は固定で3%
=初月¥22000/2ヶ月以降¥17900の返済
仮説2:収入30万、生活費10万、運転資金5万

B:自己資金100万+銀行融資0万で20ヶ月我慢して起業。
仮説1:自己資金貯まるまでは月収15万のアルバイト。
・〜20ヶ月収入15万、生活費5万
・21ヶ月〜収入30万、生活費10万、運転資金5万

Aパターン
1ヶ月目:30-(10+5+2.2)=12.8
2...続きを読む

Aベストアンサー

No.1及び4です。

>てか、先ほど資格のアドバイスくださった方ですか??
はい、資格のご質問をさてた際にも回答させていただきました。

>今後失業手当は入るのですが
具体的な起業準備に入ったら失業手当は切られますので注意しましょう。

>前年度の給与に基づく市民税や健康保険料がけっこう大きく、他にも子育てのお金を考えると春までに60万あればいい方だと思います。
そうですね、おそらくもっと少なくなる可能性が高いかと思います。

>やはり春から副業始めて、60万を早く100万に増やせるようにコツコツやっていくのが一番ですかね?
正直なところ、100万ではかなり心もとないかと思います。
>道具さえあればできるものなので道具だけ揃えるには40万あればできます。
とのことですが、100万円から40万円を差し引いて残るのは60万円ですよね。
基本的に売上が全くなくても半年から1年は続けられるだけの資金を用意しておくべきです。
訪問美容のお仕事とのことですが、メイクとかそういった類のものかな?と想像しますが、使われる道具の中には消耗品もあるでしょうし、使用期限のある物もあるでしょう。
そういった物の買い替えサイクルや品質管理も考えましょう。
とても60万円で1年間売上なしで生活していけるとは思えないので、資金はもっと準備するか、それこそ運転資金を融資してもらうべきです。

あなたの行おうとしているビジネスの市場調査等はお済みでしょうか?
どの地域でどういった層をターゲットにするのか、そしてそのターゲットはその地域にどれだけいるのか、あなたの行おうとしているサービスの需要はどれほどあるのか。
そしてSWOT分析などをして、どのようなアプローチ方法でどのように営業をかけるのかなども決めているのでしょうか?
ご存知かもしれませんが、一応SWOT分析を解説しているサイトのリンクを載せておきます。
https://blog.kairosmarketing.net/marketing-strategy/swot-analysis-20131127/
こういった手法で分析して、戦略を決めて、戦術に落とし込みましょう。
様々な仮説を立てて、実証してみて、PDCAが回るサイクルを構築しましょう。

準備8割と言われますが、起業となるとそれが特に重要です。
綿密に準備して様々なリスクを想定してヘッジして、細かな計画を立てなければ失敗する可能性が非常に高いです。
特に質問者さんはお子さんの出産を控え、そこから乳幼児を育てながらの起業と営業ですから、ハードルはかなり高いです。

100万円という金額の根拠がちょっと解らないのですが、おそらく足りないというのが私の所見です。
アルバイトでも何でも良いので、もう少し自己資金は貯めた方が良いです。

>もう一度費用や売上の目処など計算してみます。
売上の目処は、現段階でこの人は確実に自分のサービスを買ってくれるという人が思い当たらないのであれば、皮算用を繰り返すことになるだけですから無意味です。
売上の目処を立てるのであれば、自分の提供するサービスが具体的にいつから稼働可能かを明確にして、必ず買ってくれるお客さんのところを回り、サービス開始時期をアナウンスして、買ってくれることを念押しして了解を得て、ようやく予定に入れるようにしましょう。

出産されることを抜いて考えて、今質問者さんがするべきことは、事業を運営していくために必要な最低限の知識を得ることと、質問者さんの進出しようとしている業界での法的な問題を知ることです。
法的な問題とは、例えばやろうとしていることを実現しようとした際に、何かしらの資格が必要なのか、行政などへの届け出が何か必要なのかなどなどです。

No.1及び4です。

>てか、先ほど資格のアドバイスくださった方ですか??
はい、資格のご質問をさてた際にも回答させていただきました。

>今後失業手当は入るのですが
具体的な起業準備に入ったら失業手当は切られますので注意しましょう。

>前年度の給与に基づく市民税や健康保険料がけっこう大きく、他にも子育てのお金を考えると春までに60万あればいい方だと思います。
そうですね、おそらくもっと少なくなる可能性が高いかと思います。

>やはり春から副業始めて、60万を早く100万に増やせるようにコツ...続きを読む

Q女性・中高年起業家資金の場合

担保及び保証人が必要とのことですが、特例はないでしょうか・・・?私はこの資金を利用したかったのですが担保も保証人該当者もなく断念するしかないのでは・・・と途方にくれています。この制度以外で担保も保証人も不要の融資制度はありませんでしょうか?自己資金もまとまった額が無い状況です。厳しいアドバイスを覚悟で回答お待ちしています。

Aベストアンサー

 自営業 男ですが、
 新規開業の場合、私の知る限りでは、
継続して所得があり、同業又は同職種(経験を生かせる開業)であれば、国金などにて借りる方法があります(私はその融資制度を利用した・新規開業資金とか)。ですが、金額は500万ぐらいが限度だったような・・・
 前年度まで継続した所得(収入ではありません)がなかった場合(主婦されてたとかパートで103万以下とか)は、思いつきませんね。
 私の経験上 税金を払ってない人は、一切融資が受けられない ということを身をもって感じております。

Q起業・開業にあったて、資金(生活費)について

はじめまして。
私は、まだ業種は決まっていませんが将来、自分で起業したいと思っております。
以前、ネットショップを自分で起業した事がありますが、
(1)その時は、資金(資本金)も少ししかなく、他にアルバイトで生活費を稼ぎながら、アルバイトが終わって本業をするというスタイルでした。
本業が軌道になれば、アルバイトを辞めるという予定でしたが、
一日の大半をアルバイトに費やされ、本業に打ち込めずに、結局、業績不振により閉店致しました。
(2)実際、上記のやり方は本業も中途半端しか時間とれないため、次に起業する際は、ある程度の資金を準備して、本業のみ打ち込むやり方が良いと自分で思いましたが、私の場合は、独身ですが実家もなく、どんなに切りつめても私の生活費に月15万円は必要です。
商売が軌道にのるまでに、1年間の生活費も準備するとなると、それだけで180万円かかります。その他にも開業準備やランニングコストにもお金は必要ですが、例えば資本金が300万円用意できたとしても、ほとんどが、自分にかかる生活費でなくなってしまいます。
私のような場合は、(1)では、本業にかける時間がとれず、
(2)でも資本金の大半が生活費に回され、その他の資金にあてれませんが、私のような環境の方はどのように成功されたのでしょうか?
実際、生活費15万円はこれ以上削れないのが実情です。
実家もありません。どうかお教えください。

はじめまして。
私は、まだ業種は決まっていませんが将来、自分で起業したいと思っております。
以前、ネットショップを自分で起業した事がありますが、
(1)その時は、資金(資本金)も少ししかなく、他にアルバイトで生活費を稼ぎながら、アルバイトが終わって本業をするというスタイルでした。
本業が軌道になれば、アルバイトを辞めるという予定でしたが、
一日の大半をアルバイトに費やされ、本業に打ち込めずに、結局、業績不振により閉店致しました。
(2)実際、上記のやり方は本業も中途半端しか時間...続きを読む

Aベストアンサー

事業資金とは別に、生活費を用意してから起業します。

用意する生活費の額は、事業特性により異なります。
私は歯科医師です。歯科医院は新規開店セールなどはできませんし、「新しいお店ができたみたいだから話の種に言ってみようぜ」
と言って新規の顧客が来るわけでもありません。
事業からの収入が「ゼロ」でも6ヶ月間生活できるだけの生活費を用意しました。

物品販売ですと、開店当日からある程度の日銭が入りますから、生活費として用意しておく費用は少なくなることが多いようです。

cabinotierさんが起業しようとしている業種では、事業が軌道に乗るまでどの程度の期間が必要になるかを考えた上で、事業のための資金とは別に生活費を用意しておく必要があります。

Q起業関連の人脈を増やすにはどうすればいいですか?

起業関連の人脈を増やすにはどうすればいいですか?ドリームゲートという団体に出入りしていますが、それ以外でないでしょうか?
サークル名か団体名を教えていただけると助かります
都内在住の30代前半男性

Aベストアンサー

前の回答者のと同じく、ビジネスパートナー探しのサイトで、アップルームというサイトがあります。
ビジネス誌にも掲載されてますし、メールマガジンも発行しています。
また、エンジェル・投資家の方々も見つける事ができます。
ビジネスパートナー、というキーワードで探せばすぐわかると思います。

参考URL:http://www.up-room.com/

Q起業資金調達について

個人で投資事業を始めたいと考えています。起業資金が無いので借金をしたいと考えています。どこから借りるのが一番良い方法でしょうか?ちなみに国金に問い合わせた所、投資事業への融資は行っていないと言われました・・・

Aベストアンサー

とりあえず、クレジットカードを複数枚契約をして、
キャッシングしてみてはどうですか?
10社ほど契約できたら300万円以上は出来ると思いますよ。
それで、ミニ株や1株で買える株などで始めてみて
軍資金を増やしてはどうですか?


ご利用は計画的に


人気Q&Aランキング

おすすめ情報