最新閲覧日:

はじめまして。

私は今度パソコンを買い換えることになり、今までWindowsのノートパソコンを使っていたのですが、前から欲しかったMacbookを中古で買うことに決めました。
ネットで探したところOSが未導入品で38000円ほどのものと、OS Xが導入済みの54000円ほどのMacbookを見つけました。

そこで質問なのですが、OSが未導入品のにはもちろん別売りのMacのOS Xをいれなければならないのですが、そのOS Xなどはどこで、どの価格で売っているのでしょうか?;_;
また、OS Xが入ってないだけでかなりの価格差がありますが、前者を買ってOS Xを別で買うにしろ、54000円するものにしろ、どちらがお得なのでしょうか?

Mac初心者なので困ってます…
Macに詳しい方だと嬉しいです!
回答よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

Macユーザーです。



Macの中古品をMac初心者のかたが購入することは
私はお勧めしませんが。

購入を希望されているMacBookの
OSXなしの¥38000のもの、OSXありの¥54000の方のどちらも
それぞれ何年製の機種ですか。
OSXありの¥54000の方のOSXのバージョンは何ですか?

2008年以前のMacBookなら最新OSXである10.9Maverickが
インストール出来ない物もあります。

また、OSなしの機種ですと別にリテール版のディスクを購入
しなければならなくなります。
一応10.6であればインストールできるかもしれませんので、
下記で購入してください。WindowsOSと違い、OSXの価格は
安価です。
http://store.apple.com/jp/product/MC573J/A/mac-o …

尚、すでに10.6はAppleでのサポートも終了しています。
なのに何故10.6をインストールするかというと、
購入希望の機種が10.9にアップグレードできる機種であっても、
10.6.8がすでにインストールされてないと
アップグレードできないからです。
下記は10.9Maverickが対応する必要条件です。
2008年発売以前のMacBookには10.9はインストール出来ません。
https://www.apple.com/jp/osx/specs/

購入希望の機種が(どちらの機種も)対応しているのなら
まず10.6を購入後インストールし、ソフトウェアアップデートから
10.6.8までアップデートするとMacAppStoreが
インストールされますので、起動しAppleアカウント、パスワードを
登録後、10.9Maverickをダウンロード/インストールになります。
10.9Maverickは無料です。
尚、上記しましたように2008年発売以前のMacBookには
10.9は対応していませんのでインストール出来ません。

何故最新OSX10.9にアップグレードしなければならないかというと、
10.7、10.8は10.9同様ダウンロード販売であり、
ディスク版がありません。
そしてAppleではすでに販売終了しているからです。

10.9にアップグレードできない機種ですと、
サポートの終了した10.6で使用しなければならないことになります。

尚、購入希望のMacBookのメモリは何Gですか。
10.9Maverickにする場合、最低でも4Gないと
使いづらいですよ。

Macは元々その機種購入時にOSXがすでにインストール
されていることが前提のパソコンです。
特に10.7からはそれ以前のOSXがインストールされている
機種に対して、ネット経由で新OSXにアップグレードする
方法を取っています。

どうしても中古品を購入されるのでしたら
販売時期が新しい方、OSXが導入されている方を
お勧めします。

それでも機種によっては次期OSX10.10Yosemiteには
対応しない可能性があります。

今安価にMacBookを購入してもマシンスペックによっては
快適に使うことが出来なかったり、遠からず新しいOSXが対応しない
機種になることがあります。
ですので、Macを初めて購入されるのでしたら最新機種を
購入されることを強くおすすめします。
    • good
    • 0

>そのOS Xなどはどこで、どの価格で売っているのでしょうか?



ヨドバシなどの大手家電量販店などで、定価で売っています、割引価格はありません。

ところで、MacBookの型番は?

機種によっては、市販のOSが入らない物もありますし

OS入りのを買っておくのが無難ですよ
    • good
    • 0

どういった、使用をされるのでしょうか。



通常だと、最新OSを導入して使用する事を考えますが。
Macはプリインストール以前のOSはインストールする事ができません。
リテール版のバージョンも飛び飛びですので、最悪インストールできるディスクが無いという事も発生します(10.6.3~10.6.8が付属の機種とか)。時期違いや他機種用の付属のグレーのディスクではインストールできませんので注意を。
また、リテール版だと、iLife系のアプリケーション等はインストールされませんので、別途購入になります。これも、インストールするOSのバージョンによっては入手できません。
古いOSだと既に販売中止で、オークション等での入手になります。
今現在Appleで入手できるのは
ディスクでは10.6
http://store.apple.com/jp/product/MC573J/A/mac-o …
後はダウンロード販売になり、いずれも10.6であることが必須です。
http://store.apple.com/jp/product/D6106Z/A/os-x- …
http://store.apple.com/jp/product/D6377Z/A/os-x- …
次の現状最新10.9は無償ですが、これも10.6が必須です。
http://www.apple.com/jp/osx/how-to-upgrade/
それぞれ、ハードウェアの条件があるので確認を。
また、10.6は既にセキュリティアップデート等のサポートはされていないようですので、10.7以降の使用をお奨めします。
古い機種だと、基本OSのバージョンが上がるにつれ、ハードウェアへの要求が高くなりますので、速度が遅くなったり、メモリも最低条件では当然遅いですし、増設が必要になるかもしれません。

私も少しでも安価にという事でしたら、保証もサポートも新品と変わらない整備済み製品をと思います。
    • good
    • 0

たいていの機器器具は、それに詳しい人ほど


お買い得品を見つけ出すことができます。

自分にとって、必要なものがなにかを把握し
売られているものが、何であるのかを把握する。

そういった知識が無い人は
それを誰かに補ってもらう必要があります。

その方法の、もっとも有力なものが
いい中古店で、それなりの価格のものを買うというものです。


たしかに、Macの中古品は、仮にWindowsを動かしてしまえば
MacOSXが動かないパソコンに比べて、けっこう割高感があります。

その分が、MacのそしてMacOSXの特別な魅力ということです。

それを認められない人だけが
その価格を認めないものと考えていいでしょう。
認めないことには、Macを買うことが間違いということにもなりかねないのです。
安いからと、古いものや難有り品を買うことは、複雑なリスクを負うことになるかもしれません。


中古品を買ったとして、それが故障したときに
保証がどうなるか?とか、修理代はどのくらいかかるものなのか?
そういったことまで、充分に考えることをお薦めします。


Macは汎用部品が少なく、その辺の修理業者が修理できる部分はほんの一部です。
部品取りのための中古品すら安くは無いくらいです。


Macの魅力は、ファッション性とApple流のサポートと、MacとMacOSXのデザインと設計
いろんなところにあります。
ですが、中古ではサポートは充分に期待できませんし、古い機種に今のファッション性を問うことは困難。
(古くても良いものは良いと論じられる機器器具は、けっこう限られたものです)
あげく、最新のMacOSXが動かないような機種であれば
Macとしての魅力自体が小さなものになってしまいます。


MacBookと言っても、ProやAirなどの修飾子が付くのが現行品です。
ProもAirも付かないものは、2006年から2010年までの製品です。

たしかにSofmapの店舗ニュース(実際の前日閉店時在庫を紹介した記事)では
MacBook2010年モデルは、5万円前後で売られているようですし
3年保証を付与して買うこともできたりします。
運が悪くなければ、これでも悪くない選択肢かもしれません。
(運が悪い人は、新品買っても中古買っても、故障に悩まされるものです)

ですが、最新のソフトが、その機種で動くのか?
そもそも最新のMacOSXが動くのか?

そういった条件については、その機種ごとによくよく確認する必要があります。
これが、それなりの知識が無い人には、お買い得を見つけることは困難ということなのです。


なお、初代のIntel Macbookは、たとえばWindows付属PCで言えば
ThinkPad X60sなどと同世代のノートPCと言えます。

X60sはとっくに魅力の少ない旧式ですし、付属のXPも終わってしまいました。
しかし、現行のWindows7を入れられますし、Linux系OSなら5年後でも最新版を導入できることでしょう。

しかし、初代のIntel Macbookは、既に最新のMacOSXを導入できなくなっています。


2010年のMacBookであれば、現行のOS X Marvericksを導入することもできますが…

発売時のOSが付属していても、導入可能の最終型OSは
既に入手できなくなっているような状況もありえます。
(一時期はたしかにそういう状況がありました。今はどうだか知りません)


個人的には長めの保証無しでも「安ければ良い」と言えるパソコンは
せいぜい1万円くらいじゃないかなぁ…と思っています。
2,3ヶ月で、致命的に壊れても、泣かずに買い換えて
笑い話にできる金額はそのくらいと思っています。
    • good
    • 0

Macの場合 OSはMac本体のライセンス契約なので 無い事態おかしな話です


OS付属の54,000円をお勧めします
OSは10.6で¥1,852 (税別)
販売はアップルストアで販売したます
 
アップルストアで整備済製品をお勧めします
新製品の保証や延長保証(AppleCare延長保証制度)も受けられます。
http://store.apple.com/jp/browse/home/specialdeals
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qmac.os.xの仮想マシン上でwindowsxpの復元をしたらmacHDの容量が減った事について

こんにちは。
私はMac OS X 10.6.8を使っている者です。
下記について教えてください。
仮想マシンVMwareでwindowsXPを使用しているのですが、XPの状態を過去の復元ポイントに復元をしたところ、Macintosh HD、Mac本体のハードディスクの空き容量が減りました。元に戻せば回復するものと思い、復元の取り消しをしたのですが、そうしたら更にMacintosh HDの空き容量が減りました。
インターネットで調べて、復元を無効化して過去の復元ポイントの削除もしてみたのですが、それでもMacintosh HDの容量が回復することはありませんでした。
どのようにすればMacintosh HDの容量を元に戻すことができるのでしょうか?
ご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仮想ディスクの最適化を行えば元に戻ると言うか、今よりは小さくできます。

やり方
http://qiita.com/gogonosmarty/items/f13fd3f20c2fffd531d3

VMWareに限らず、エミュレータ上で動いているOSが入った仮想ディスクの大きさは、仮想ディスクの利用状況を見てエミュレータが決定します(固定サイズにして、変わらなくすることも可能)。なので復元ポイントからの復元のような、大規模なファイルの移動があったことをエミュレータが認識すると、仮想ディスクの大きさを変えて備えようとします。この時に大きさを拡大するか縮小するかのどっちに転ぶかで、MacOS側のHDD使用量が増減します。今回は拡大方向だと判断されたため、仮想ディスクを入れたファイルがでっかくなってMacの空き容量が減ったことになります。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報