▽例えば、作編曲家や作家などで一人で株式会社を設立し、誰も雇わず社長である
自分一人で経営している人って、(少数派だとしても)おられるのでしょうか?
出来るだけ人を雇いたくない、出来れば一人も雇いたくない人です。
千住明先生は、(有)千住明事務所を一人で経営しておられるのではないかと
思われるのです。(秘書の女性を一人雇っているのかな?)
ご存知の方、教えて下さい。ご回答宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

一人」に関するQ&A: なんだか一人冷めている

A 回答 (5件)

会社というのは所有(出資)と経営を分離するための制度です。

ですから、設立者が一人であることと経営者が一人であることとは別問題です。もっとも、一人で経営するつもりの会社なら一人で設立するのが一般的でしょうが。
有限会社の場合は設立には最低二名が必要とされていましたが、現行の会社法では、株式会社は発起人一人がいれば設立できます。経営については、有限会社でも現行の株式会社でも一人取締役も認められていますし、制度がどうであれ、実態として一人で経営しているような会社は山ほどあります。ただし、一人で全部ができるというのは実情として取引数が少ない場合でしょう。
実際問題として、その会社の仕事が一人で十分に実行できるもので、かつ年間まとまった金額の取引が数件しかないような仕事なら、一人でも十分に経営できると思いますが、千住氏のように売れっ子な方は一人ではちょっと難しいと思います。マネジメントから経理まで一人でやってたら本業がまともにできないでしょう。もちろん、マネジメントや経理などの本業以外の業務を外注にすることで、会社の社員としては一人だけ、という形態はあり得ますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

▽-9L9-様ご回答有難うございました。
べスアンにて御礼申し上げます。

お礼日時:2014/10/11 14:02

一人会社では、社長はなのれます、、、代表取締役の場合はもう一人必要なはずです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

▽yasuto07様ご回答有難うございました。
感謝いたします。

お礼日時:2014/10/11 13:59

私は1人で株式会社を経営しています。


何の問題もありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

▽P0O9I様ご回答有難うございました。
感謝いたします。

お礼日時:2014/10/11 13:59

 大分前に商法が改正となって株式会社の取締役が1人で設立できるようになりました。


従業員を雇うかどうかは経営者の経営判断ですから取締役1人、従業員0は特に珍しいことではありません。
人手を必要としない小規模な企業なら一人で営業している会社はたくさんあります。
 ご質問の有限会社については私は知りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

▽aahanako様ご回答有難うございました。
感謝いたします。

お礼日時:2014/10/11 14:00

自分ひとりだけでは株式会社は興せません。


あくまで個人事業主。ひとり親方ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

▽bullbear36様ご回答有難うございました。
感謝いたします。

お礼日時:2014/10/11 14:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今は有限会社はなく株式会社しか設立出来ないようにな

今は有限会社はなく株式会社しか設立出来ないようになりましたが、昔に有限会社で設立した有限会社は昔の有限会社の法律が適応されるのでしょうか?

有限会社ということは責任が有限だったはずです。今も有限会社と名乗って看板を出している会社はどちらの会社法?が適用されるのでしょう?

Aベストアンサー

 有限会社の経営者です。
いまでも有限会社の独自の法律が施行されていますよ。

 特例有限会社で検索してみてくださいね。

Q会社設立につき、有限会社と株式会社で迷っています。

みなさん、こんにちは。
現在個人で仕事をしているのですが、数年以内に法人成りを考えて
います。
当初は確認有限会社を設立しようと思っていましたが、来年の商法
改正で有限会社が株式会社に一本化されると聞き、今の内に有限
会社を設立するか、改正後に株式会社を設立するかを迷っています。
よきアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

現時点で言えば有限会社のほうが登記料は安いです。

ただ、当分動かないならあえて今作る必要ないかと。
損失控除できるし。

Q有限会社の取締役の競業避止による損害賠償

有限会社○○社の取締役をしていたAが、以下の様な行為をしました。

・取締役在任中に、密かに、有限会社○○社と競業する会社を設立する事を企てた。
・取締役在任中に、勝手に有限会社○○社の複数の取引先に、有限会社○○社の電話番号が変わったとして、自分が新しく設立する競業会社の電話番号を知らせた。
・取締役在任中に、競業会社である有限会社××社を設立した。
・有限会社○○社の取引先が多数、有限会社××に移動した。
・Aは、有限会社××社を設立後、1週間後に有限会社○○社の取締役を辞任した。
・有限会社××社は、他に取締役は存在せず、Aがただ一人取締役の会社である。

上記の様な場合、訴訟にて、どんな請求が出来るでしょうか?
例えば、競業避止を理由に、有限会社××社の営業の差し止めなどを請求出来るでしょうか?
有限会社の場合、取締役にどんな競業避止義務があるのかも、良く分かりません。

Aベストアンサー

酷い人がいたものですね。

有限会社における取締役の競業避止義務は、有限会社法29条、同30条2に規定されています。
基本的に株式会社における競業避止と同等の責任です。

社員総会決議を受けず競業行為を行い、その結果元の会社に損害を与えたようなケースの場合、
その損害の立証が困難なため、競業行為によりその取締役が獲得した利益を損害額とみなすこと
が出来る、という規定です。

在任中のAの競業行為(営業活動・従業員の引き抜き)について、証拠を集めて、弁護士と相談しましょう。

Q有限会社で働きながら、株式会社設立にあたって

現在有限会社に勤務しているのですが、このままの状態で、自ら株式会社を設立したいと思っています。
(勤務先の有限会社には、念のため許可をとっています。)

●自ら設立する株式会社は、しばらく自分一人が代表取締役という形で、社員やバイトを雇うつもりは今のところありません。

●現在、労災保険は勤務先が全額支払ってくれており、
雇用保険は、勤務先と自分で半額づつ支払っています。
勤務先は、社会保険には加入してない会社なので、
自ら国民健康保険・国民年金に加入して支払っている状況です。

ぜひ知識のある方にお聞きしたいのですが、
(1)自分一人で株式会社を設立する場合、社会保険への加入は義務なのでしょうか。入る事は可能なのでしょうか。

(2)もし、自ら立ち上げた株式会社が、社会保険に加入する際、会社の売上げが0円の場合の保険料は、1等級の料金の支払いとなるのでしょうか。
(その際、有限会社の社員として働いて貰っている給与は、別ものとなるのでしょうか。合算して等級を決めるのでしょうか。)

(3)株式会社設立後、かかる税金(法人税・消費税・事業税・法人住民税など?)は、どのように計算して決められるのでしょうか。
もし、参考になるホームページなどがありましたら教えていただきたいです。

長々申し訳ございませんが、お分かりになられる方のアドバイスをお待ちしております。

現在有限会社に勤務しているのですが、このままの状態で、自ら株式会社を設立したいと思っています。
(勤務先の有限会社には、念のため許可をとっています。)

●自ら設立する株式会社は、しばらく自分一人が代表取締役という形で、社員やバイトを雇うつもりは今のところありません。

●現在、労災保険は勤務先が全額支払ってくれており、
雇用保険は、勤務先と自分で半額づつ支払っています。
勤務先は、社会保険には加入してない会社なので、
自ら国民健康保険・国民年金に加入して支払っている状況で...続きを読む

Aベストアンサー

(1)社会保険は、義務ではないですが、入ることは可能です。
今の仕事を続けるならば、状況を整理することが必要ではないかと。

(2)1の回答の最後に書いた、「状況の整理」というのはここに来ます。現在お勤めの会社の給与が、そのまま「会社の利益」となる再契約をされた場合は、当然その収入によって決まると思います。
ただ雇用保険もなくなってしまうわけですから、メリット、デメリットは考えてからでないとダメですが。
それ以外の場合は、1等級だと思われます。

(3)登記の後に税務署に開業届を提出することになっているので、決算期までの売り上げを持って税金が決まります。
法人市民税は、均等割があるので必ずしも0にはなりません。
イータックスで確認してみては?

Q特例有限会社の商号変更

新会社法が施行されましたが、当社は有限会社のままで、存続するつもりです。そこで質問ですが、有限会社のままで、商号変更は可能でしょうか。例「山田有限会社」→「田中有限会社」
株式会社に移行しないとできないのでしょうか。
お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなた様の会社は、いわゆる特例有限会社ですね。会社法上は、有限会社は存在しない事になり、株式会社となっていますが、商号中に「株式会社」を使用する変更をしない限り、今までの有限会社のような特典(例えば、決算公告不要、取締役の任期なし等)を受け、今までとほぼ同様な規律を受けます。「有限会社」を使用する限り、その他の部分を変更するのはOKです。「株式会社」を使用する変更をすると、今までの特典は受けれず、また元の有限会社に戻れなくなります。

Q(?_?) 有限会社と株式会社のおもな違いは? 設立するのに、さいてい必要なおカネは?

 有限会社と株式会社のおもな違いを教えてください。あまりデキがよくないもんで……わかりやすくお願いします。
 起業、設立するには、それぞれ、さいていどのくらいおカネがかかるんでしょうか?
 事務所は、かならず必要なんでしょうか?

Aベストアンサー

会社の登記には本店所在地を必ず記載しなければなりません。
ただし、登記所で実態を調査するわけではありませんから、実際には架空の事務所でも登記はできます。アパートでも勿論結構です。大家との関係は別問題ですが。
資本金は既に回答があるとうりです。
資本金は銀行に入れますので現金で必要です。
以下、株式は資本金1000万有限は300万として話します。
この他定款に9万円(公証人報酬5万印紙4万)
これは有限も株式も同じ。
登記のときの登録免許税(印紙代)株式で15万円、有限で6万円。
銀行に資本金を入れますがこのときに保管料を取られます。額は銀行によって異なりますが資本金の2.5%位
以上設立までに資本金の他株式で27万くらい、有限で
16万円くらいかかります。
この他司法書士に依頼すればあ株式で8万から15万
有限で6万から10万。これは事務所によって違いますから、何件か当たって見た方が良いでしょう。
日本法令の法令様式を買って自分でもできます。
設立後は株式の場合は2年に1度役員変更の登記をしなくてはなりません。これはメンバーに変更がなくても再任の登記をしなくてはなりません。これを怠ると過料に処せられ、長期間放置すると職権で解散登記をされてしまします。
有限会社では役員変更の登記はメンバーに変更があるときのみすればよいので負担は少ないです。
また、資本金が3000万円と1000万円では税務上交際費の落ち方が違うとかあるそうですがその辺は専門外です。

会社の登記には本店所在地を必ず記載しなければなりません。
ただし、登記所で実態を調査するわけではありませんから、実際には架空の事務所でも登記はできます。アパートでも勿論結構です。大家との関係は別問題ですが。
資本金は既に回答があるとうりです。
資本金は銀行に入れますので現金で必要です。
以下、株式は資本金1000万有限は300万として話します。
この他定款に9万円(公証人報酬5万印紙4万)
これは有限も株式も同じ。
登記のときの登録免許税(印紙代)株式で15万円、有限で6...続きを読む

Q有限会社のメリットは?

現在、父親が有限会社を経営(何年も休眠中)しています。
そこで質問なんですが、来年から有限会社を設立できなくなりますよね。しかし、現在経営中の有限会社はそのまま継続できると聞きました。
又、ある人からも「有限会社は続けたほうが良いよ」と言われました。
簡単に株式会社が設立できる様なのに、何故 有限会社を続けたほうが良いのでしょうか?メリットはあるのですか?

Aベストアンサー

皆さんが書いている通りですね。


【設立】
新しく会社を設立するのに、費用がかかります。
(ご自身で登記されても、印鑑代などを含め約30万円ぐらい)

ただ、有限会社を継続したとしても、役員登記として、ご自身が行っても、1万円かかります。
この場合では、出資者は、父親になります。有限会社の社員(株式会社の株主に相当します)

yo3ro1さんが、出資者になるには、出資金を買い取る必要があります。
毎年、少しずつ贈与してもらうなども考えられます。

【維持】
No.2の方がおっしゃる通り、有限会社は、役員が変更した場合のみ、登記すればよいので、長く続ける場合には、若干のメリットがあります。
(30年で3万円ほど)

【資本金】
私は、株式でも有限でもあまり変わらないと思います。
大手と取引する場合は、過去3年間の売上、利益など提出したりします。資本金だけでなく、業績の方が大切です。

【有限を継続する一番のメリット】
それは、創業年数だと考えます。
会社を経営すれば、登記費用等は、大した事ありません(設ければ、十分吸収できる/お金で買えるという意味です)
しかし、継続年数は、お金で買うことができません。
リースなどを組む場合、創業年数以上のリースを組めません(大手の子会社は別です。個人で創業した場合です)
創業2年では、3年以上の与信をもらえません(でした)

【公告】
新会社法では、ホームページで公告が可能です。
費用面では、新聞に出さなきてもかまわないので、それほどデメリットには、ならないと考えます。

【最後に】
会社を経営して、株式の方がよければ、今年の4月以降、いつでも株式にできます。
4月以降、有限から株式にする場合、費用面でもメリットがあります。
私も、会社を経営しておりますが、有限、株式にこだわるより、いかに経営していくが大切です。今までは、持っている資金、運営形態などから、どちらが有利か?などありましたが、形はあまり関係ないと考えます。

有限だから儲かる、株式だから儲かるという事はありません。しかし、創業当時は、資金繰りに苦しむと思います。そのような時に、無駄な経費は使いたくないので、有限を継続するメリットは、高いと考えます。

yo3ro1さんの、事業計画で、組織形態を決めればよいのではないでしょうか?

皆さんが書いている通りですね。


【設立】
新しく会社を設立するのに、費用がかかります。
(ご自身で登記されても、印鑑代などを含め約30万円ぐらい)

ただ、有限会社を継続したとしても、役員登記として、ご自身が行っても、1万円かかります。
この場合では、出資者は、父親になります。有限会社の社員(株式会社の株主に相当します)

yo3ro1さんが、出資者になるには、出資金を買い取る必要があります。
毎年、少しずつ贈与してもらうなども考えられます。

【維持】
No.2の方がおっしゃる通...続きを読む

Q個人経営と株式会社と有限会社のメリット、デメリット

現在個人経営で塗装店を営んでいます。しかも利益は完全折半の共同経営です。
社員は僕と共同経営者を含め4人です。

現段階は小さな規模なので経営上問題はありませんが、先の事を考えると共同経営をやめたいと思っています。

独立する際には法人としてか今のような個人でやるか迷っています。そこで個人と有限と株式のメリットとデメリットを教えて下さい。

法人になるとすると手続きなど大変でしょうか?また制限などもあるような気がします。そこら辺も含めてよろしくお願いします。

売り上げは2000万円前後です。

Aベストアンサー

税金面で、家族構成や事業専従者の人数によっても違いますが、一般的には個人事業での課税所得(収入ではありません)が500万円を超えると、法人の方が有利だと云われています。

その他に、法人の方が知名度が上がることや、将来、事業を子供に継承する場合に税金対策として有利である等があります。

法人にした場合のメリットやデメリットについては、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.kaneko-j.com/hojin1.htm

又、お近くの商工会議所へ行くと、このような問題について無料で相談や指導を受けることが出来ます。

参考URL:http://www1.ttcn.ne.jp/~yao/jigyouma/houjinna.htm

Q有限会社と会社法施行後の株式会社それぞれのメリット

06年施行予定の新会社法で有限会社が撤廃されるためか
有限会社の設立数が増えているらしいのですが
今の有限会社にあたる規模の会社を設立すると仮定した時
会社法施行前に有限会社を設立する場合と
会社法施行後に株式会社を設立する場合
それぞれのメリット、デメリットは
何が考えられるでしょうか?

自分でも調べてみましたが
新会社法施行後なら取締役は1人で行けますし
監査役も譲渡制限のある会社なら任意なので必要なさそうですし
現在の有限会社と殆ど変わらない条件だと思うのですが…
施行後だと有限会社規模の会社でも役員の任期が
10年になるのが嫌われているのでしょうか?

Aベストアンサー

私も新会社法は読み始めたばかりなので、よく分からないというのが正直なところですが、メリットとしては、kintetsuさんのおっしゃるとおり役員の任期をはじめ、みなし解散規定の除外などなど・・整備法の第2節(有限会社法の廃止に伴う経過措置)で定められている相当数にのぼる「特例有限会社」に対する会社法の除外規定に起因するのではないでしょうか?

また、仮に有限会社という表示が気に入らなくなったら、組織変更ではなく、単なる商号変更で株式会社に変更できるようですから(会社法施行後は、有限会社という名の株式会社なわけですから当然と言えば当然かもしれませんが・・)、その辺の身軽さもあるのかもしれないですね?

デメリットは・・会社法施行前までは、資本金規制がかかることでは?・・確認有限会社にすれば、資本規制がかかりませんが、経産省の許可を受けないといけなかったり、施行後に、5年の解散事由があることなどでは?(もっとも、この解散事由については、取締役の過半数の決議で簡単に定款変更できるようにしているようですが(整備法448条)、自動的になるわけではないみたいですから、その辺が面倒そうですよね)

私も新会社法は読み始めたばかりなので、よく分からないというのが正直なところですが、メリットとしては、kintetsuさんのおっしゃるとおり役員の任期をはじめ、みなし解散規定の除外などなど・・整備法の第2節(有限会社法の廃止に伴う経過措置)で定められている相当数にのぼる「特例有限会社」に対する会社法の除外規定に起因するのではないでしょうか?

また、仮に有限会社という表示が気に入らなくなったら、組織変更ではなく、単なる商号変更で株式会社に変更できるようですから(会社法施行後は、有限会...続きを読む

Q株式でも有限でもないのに、会社設立って?

むかし、聞いたことがあるのですが
株式会社でも有限会社でもないけれど
会社として届ける方法があると・・。
あるとしたら、どのようなメリットがあるのでしょうか?
説明不足かもしれませんが、よければお知恵を拝借したいです。

Aベストアンサー

「会社」ということであれば、「合名会社」「合資会社」「合同会社」の三種類があります。これらの三種類は、大雑把にいって、無限責任社員と有限責任社員の構成が違います。

メリットですが、以前は最低資本金の制約がなかったりしたのですが、現在は株式会社でも制約がなくなったので、設立や運営が簡単なことかと思います。


人気Q&Aランキング