理科系の事しかわかりませんが、高校生までの理科教育が年々すかすかになって行っているような気がします。
円周率が3っていうのは、流石にヤバイと思います。
円周の長さと円に内接する六角形の周の長さがおんなじだし、、、
この先教育はどこへ行くのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

円周率については、別の「質問」がありました。

(「3」でなくて「約3」ですね。)

理科教育の行く末については物理学会など、専門家の皆さんも不安に感じているようで、何度も警告が出ています。
「アルキメデスの原理」もなくなるらしい。(私もアルキメデスねたで「質問」したことがあるのですが、残念でたまりません。)

個々の知識の暗記、というのがメインになっていて、その中で何を削る、何を増やす、ということばかりやって、肝心の「科学的なものの考え方」ということがパスされているのが最大の問題です。簡素化してメリハリ・・はついていないと思います。「メリハリ」をいうと、「運動量保存の法則」なんか、要所で登場すべきものだと思いますが。

「分数ができない大学生」は、「テストに出ること」だけ覚えていることの結果です。
「1/2+2/3=3/5である。なぜなら、●○+●●○=●●●○○(5つのうちの3つが●)だから」なんてことを堂々と答える生徒や、その間違いをポイント押さえて指摘できず、「こういうときは通分するんだ」と教え込もうとする教師・・・。そりゃあ、テストがなくなれば忘れちゃうのが当たり前。
私は「そろばん」より「筆算」だと思います。

全体の授業時間が減る中で、同じように配分して理科を削ること自体の問題もあります。歴史など、小・中・高で同じように「○○年に○○があって・・」と教える必要はないと思います。「桶狭間の戦い」「本能寺の変」なんか、そんなに重要な事件(織田にとっては重要だけど)かなあ?「大化の改新」は「じつはウソだった」とも言われているし・・。私が大臣ならば、歴史を2時間削って、理科を2時間ふやすけど。

理科教育については、それについて研究している「科学教育研究協議会」のHPを紹介します。

参考URL:http://www.cc-net.or.jp/kakyoukyou/
    • good
    • 0

各種答申や、学習指導要領を直接ごらんになることが、重要だと思います。

テレビなんかだと、この問題に限らず、センセーショナルな部分が強調されて報道されることが多いですからね。
    • good
    • 0

>高校生までの理科教育が年々すかすかになって行っているような気がします。


恐らく誤解をされているのではないかと推察します。"円周率3"という方針等は、本来的に知的な部分、理科系にとって本質的な部分を、従来よりも一層重視しよう、そのために非本質的な部分は、この際、若干残念ではあるが、簡素化してメリハリをつけ、配分時間の重点化を測ろう、という方針が根底にある、と見ています。人間が一生の内につかえる時間は有限ですから、相対的に重要でないことを、重視しすぎていると、重要なことがおろそかになる、ということだと思います。例えば、例は悪いですが、昔運動部などでは、基礎トレーニングとして、常にうさぎ跳びを重視していたと思います。最近では、うさぎ跳びのようなあまり意味のない運動、(時には重視しすぎることできわめて有害な運動になりうる)よりも、もっと有意義なトレーニングや研鑚に時間を割く、のと似ていると思います。うさぎ跳びに疑義を提出する雰囲気が生じた際には、うさぎ跳びの重要性を信じる一部の指導者からはの異論が出ましたが、今もなおそのようにうさぎ跳びの重要性を勇敢にも主張する方はなぜかいらっしゃらくなったようです。信じているならどんなに少数派になっても言えばいいのに、そういう方は大勢があらかた決まるとなぜか急に静かになるのが不思議だなと思ったことがありました。
    • good
    • 0

小学校の算数の授業で4桁以上(だったかな?)の計算はさせないようになったのは本当みたいです。

(テレビで報道してました)
仮にそれより桁数の多い計算をする場合は電卓を使うとのことです。
「1100×3」という計算は4桁以上ですので電卓で計算するはずです。
もしかしたら小学校○年生以下が対象かもしれません。
    • good
    • 0

基本的には計算を導き出す方法がわかればよいのであって、円周率はπでも3でも


良いのではないですか?
大きなものを算出するのならば、小数点以下も必要となりますが、ミリ以下の
単位の世界では、円周率の小数点以下の数字などというものは、ほとんど意味
をなさなくなります。小数点の計算は、それとしてきちんと覚えればよいと思
います。
数学で一番大事なのは、四則演算と数式の使用方法を正しく行えることですから
あまり枝葉末節にこだわっても仕方ないような気がします。
ただ、数式が何故そのようになっているのかを、きちんと理解させないと本当に
なにも分からない子供が出来てしまうような気がしていて心配です。
今回、台形の面積の計算もなくなりましたよね。一番理解するのに適した例題だと
思うのですが、教え方が難しいのですかね。
私は個人的には、小学生にそろばんをきちんと使いこなせるようにすべき
だと思っています。(変かな?)
義務教育中の授業に電卓を導入するようなことは、あってはならないと思うの
です。
    • good
    • 0

円周率が3というのは



一時的な事らしいです。
結果的には3.14で教えるらしいです。

少数の計算を教える前に演習の学習とかをするときに
とりあえずは、3として教えて計算させるんだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!
知りませんでした。
3桁の掛算はしないとかいうのはほんとなんでしょうか??

お礼日時:2001/06/09 02:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教育大学の2年次です。卒論でゆとり教育について書いていこうと思うのですが、①ゆとり教育が始まった

教育大学の2年次です。
卒論でゆとり教育について書いていこうと思うのですが、
①ゆとり教育が始まった理由
②ゆとり教育を受ける前の世代と受けた世代の学力差はどうなのか
③社会科の授業においてゆとり教育で削られた物、増やされた物はあるのか

以上の3点について教えてください。

Aベストアンサー

1.いわゆる「詰め込み教育」の弊害からの反省ですね。
詰め込み教育は、「知識をひたすら頭の中に詰め込むこと」に力点を置いた教育で、それによって「学習意欲の減退」「知識の習得がその場限り・一過性になる」「激しい受験戦争に巻き込まれる」ということになって、そういう反省から生まれた教育理念です。

2.学力差については、以下に記述があります。
http://diamond.jp/articles/-/46988?page=2
http://www.jc.u-aizu.ac.jp/11/141/thesis/msy2009/01.pdf#search=%27%E3%82%86%E3%81%A8%E3%82%8A%E6%95%99%E8%82%B2+%E5%AD%A6%E5%8A%9B%E5%B7%AE%27

Q長さ400mの上りの電車と、長さ150mの下りの電車がすれ違いました。 出会って離れるまで、何秒かか

長さ400mの上りの電車と、長さ150mの下りの電車がすれ違いました。
出会って離れるまで、何秒かかりますか?
ただし、上りの電車は1秒間に76m、下りの電車は59m進むとします。
この問題を教えてください。

Aベストアンサー

上り電車が右へ、下り電車が左へ向かっている様子を想像します。

上り電車は、右向きに76m/sの速度で、
下り電車は、左向きに59m/sの速度で進んでいます。

ここで、相対速度を考えると、
下り電車が止まっていて、上り電車が76+59=135m/sで右向きに進んでいるのと同じことになります。

すれ違っているのは、上り電車の先頭と下り電車の先頭が出会ったところから
上り電車のお尻と下り電車のお尻が離れる瞬間までですから、
その間、上り電車は400+150=550m進むことになります。

時間=距離÷速度なので、すれ違っている時間は、550 [m] ÷ 135 [m/s] =110/27 [s]
となります。
4秒ちょっと、ということです。

Q長さ30㎝ろうそくに火をつけたところ、3分後にろうそくの長さが24cmになりました。χ分間にろうそく

長さ30㎝ろうそくに火をつけたところ、3分後にろうそくの長さが24cmになりました。χ分間にろうそくがもえた、長さをycmとする時、xとyの関係を求めよ。また、xの変域も、もとめよ。 を教えて下さい!

Aベストアンサー

3分で6cm短くなったから、1分間で2cm短くなる。
Y=2x

ロウソクの長さは30cmなので30÷2=15
0≦x≦15

Q上辺の長さがa、下辺の長さがbの台形がある。この台形の対角線の交点を通り、底に平行な直線が台形の他の

上辺の長さがa、下辺の長さがbの台形がある。この台形の対角線の交点を通り、底に平行な直線が台形の他の2辺によって切り取られる線分の長さをa、bで表せ。
という問題の解き方を教えてください!

Aベストアンサー

ちゃんと図を書いて考えましょう。

台形に、対角線を引きましょう。
すると、上辺の長さがaを底辺とする三角形と、下辺の長さが b を底辺とする三角形ができます。この2つの三角形は相似です。相似比は a : b ですね。
ということは、この2つの三角形の「高さ」も a : b です。
ということは、対角線の交点を通り、底に平行な直線は、この台形の高さを a : b に分割します。

次に、台形を、対角線で2つの三角形に分けます。
対角線は2本あるので、分け方は2通りありますが、どちらでもよいです。
そうすると、各々の三角形と、対角線の交点を通り底に平行な直線でできる三角形とは相似で、その相似比は「高さ」が a+b : b 、あるいは a+b : a になります。
ということで、対角線の交点を通り底に平行な直線の長さが求まります。

答えは、
 a * b/(a + b) + b * a/(a + b)
= 2ab/(a + b)

Q教育長と教育委員長

教育委員会の教育長と教育委員長は、どう違うのですか?どちらの方が偉いのですか?

Aベストアンサー

教育委員の中から一人、事務方の長として選ばれるのが教育長です。事務として自分が決められることは専決しますが、大切なことは教育委員の集まる「教育委員会」で決定することになります。
教育委員長はその教育委員の長ですから、組織としては教育委員長の方が偉いということになります。

しかし実際は、教育長が決裁することも多いし、教育委員会にかけられる議題もまず否定されることはない(ちょっと会議にしか出てこない人が否定する材料など持っていない)ので、何かを訴えるなら教育長へということになります。

教育委員、教育委員長は年額報酬ですが、教育長は一般職として給料、賞与をもらいますから、たいていの市町村で、もらってる額も教育長の方が多いはずですしね(たぶんケタ違い)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報