車を購入しようと思っています。購入候補に旧型のプリウスの中古を上げてるんですが、プリウスは故障しやすく修理費が非常にかかるという話を聞きましたがそれは本当でしょうか?
ハイブリットカーだから燃費が良いのでプリウスにしようと思ってたんですが…
詳しい方、プリウスの長所と短所を詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

あーあ、また実際にPriusに乗ったこともなく使ったこともない人がデタラメを書いていますね・・



故障しやすく修理費がかかるというのはデマだと思いますよ。おそらく故障の度合いは普通の車と同じだと思います。一番古い型のプリウス(車体ナンバーは4桁です)に乗って6年たちますが、その間の故障は駆動用のバッテリー異常が一回とパンクが2回だけです。前者の場合は無償でバッテリー交換してくれましたし、後者の場合では確かにタイヤのサイドウォールが弱かったようですが、今では対処されています。

また、燃費についてですが、丁寧に走ればおそらく一度の給油で1000km走るのも無理ではないでしょうね。私の場合は短距離が多いのと燃費をさほど気にせずアクセルを踏みますし、フルエアコンで使います(エンジンストップをしないモードです)けれど、満タン(50リットルです)にして700kmぐらいで次のガソリンを入れるのでは走った距離が少ないと感じます。もっとも、燃費だけを気にするなら軽自動車の方が良いかもしれません。

その他にも走っていて静かなこと、モーターアシストによる意外なほどの加速力、ギアをまったく気にしなくて良いリニアな動き、センターメーターの見やすさなど良い所は沢山ありますよ。

最後に少し欠点を挙げておきますと、ブレーキ操作が下手な人だとカックンブレーキになりやすいこと。曲がる時にハンドルを回す量が多いこと。丸い車体のため、どこまで寄せられるかが判断しにくいこと(最小回転半径の小ささがカバーしますが)、でしょうか。

これらの点が気になるようであれば買わない方が良いでしょうし、燃費だけを求めるのも買わない方が良いかもしれません(確かに燃費は良いですが)。燃費だけではなく、その他にもさまざまな長所を判ってくれる人にだけ乗って欲しいものです。
    • good
    • 0

#1さんは、エンジンの特性とモーターの特性の違いを判っていないと


思います。
#2さんは、Fitがお好きなようですが、燃費に、車の価格を単純に乗せた
計算してる時点で、軽トラが一番良いと言ってるのと同じなので、
その数字に意味が有るかは、不明です。

その辺は、置いといて先代のプリウスですが、ハイブリッドシステムの
出来に関しては、かなり完成度の高い車と言えますので、
故障等に関しての輸入車と変わらないレベルで済むと思います。

ただ、マイナーチェンジ前のモデルは、ハイブリッドとしても、
初期のシステムですので、年と共に問題点が出てくる可能性は
有ります。
ですので、その辺を気になさるなら、プリウスに限らず先進技術を
搭載した車は全て手を出さない方が良いです。

後は、ハイブリッドシステムと言う先進技術を搭載した車を
所有する事が、貴方にとってプリウスの価格に見合うと思うなら、
買うべきですし、見合わないと思うなら止めるのが良いでしょう。
    • good
    • 0

旧型のプリウスの前期型は、バッテリートラブルが多い。


旧型のプリウスの後期型は、バッテリートラブルが非常に良く改善された。

すばらしい燃費です。

この回答への補足

そうなんですか!?解答ありがとうございます。それで補足をおねがいしたいんですが、後期型のプリウスって何年式ですか?

補足日時:2004/05/31 18:11
    • good
    • 1

プリウス 特有の問題として


バッテリーの問題があります
交換費用はかなり高く
 その問題さえクリアできていれば
他の車と単純比較できますが
クリアできていないのであれば
単純に比較できません

 バッテリー寿命については
乗り方にかなり左右されるらしく
予測つかないため なるべくなら
すでに交換済みで 交換後
あんまり距離を走っていない
物を探されることをお薦めします
    • good
    • 0

先日こんな記事が出ていました↓


参考になれば幸いです。
(直接回答でなくて申し訳ないのですが、運転する時の参考にはなると思います)

参考URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040524-00000 …
    • good
    • 0

プリウスの長所


みなさん知っての通り燃費が良い
これしかない
個人的に
デザインがカッコイイ 現行機種
モターアシストがあり同排気量より加速する

プリウスの短所

実際の燃費は良くない
すなわち値段が高いのハイブリットシステムを燃費から引くと実際の燃費となります
HONNDAのフィットが15KM/Lは走りますから
値段が約90万とします
1L=100円として
9000×15=135000KMとなり
軽く13万K走ればfit=プリウス
14万走ないとプリウスが燃費が良くなります
(バッテリー交換等は無視です)

ハイブリッと分だけ車が重い
ガソリン車より機工が複雑になり故障が多くなる
モターアシストが無くなると車の加速性能が非常に悪くなる
バッテリーなど消耗品の値段が・・・・

などですね

私ならfit がモデルチェンジするのでね・・・
    • good
    • 0

電動機とガソリンエンジンのハイブリットタイプが省エネなのはバッテリーに容量があるあいだだけです(理屈の上で)


発電と充電を繰り返して省エネになるとは思えません
唯一あるとすればアイドリングを止めている間だけです
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトヨタのプリウスとその他ハイブリッド車の違いは?

最近のトヨタはハイブリッド車のプリウスが人気も話題も独り占めの感がありますが・・
確かトヨタは他にもエステイマ、クラウン、ハリアー、レクサスにもハイブリッド仕様が現行プリウス誕生前から有ったにも関わらず
それ程話題にはなっていないように思います。

現行プリウスとその他ハイブリッド車はやはり違うカテゴリーなのでしょうか?
現行プリウスのほうがよりエコや省エネの能力が優れて居るのでしょうか?
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

現行プリウスはTHSII(トヨタハイブリッドシステム第2世代)というハイブリッドシステムを使っています。
これはエンジン・走行用モーター・発電用モーターという3つの動力を適宜エネルギー配分する遊星歯車を使った動力分割機構です。
いわゆるクラッチがありません。この機構がクラッチ代わりになります。
この仕組みを用いた車種が、プリウス、現行エスティマハイブリッド、SAI、HS250h、ほかレクサスのハイブリッドです。

過去にはTHS-CというCVTを使ったハイブリッドもありましたが、初代エスティマハイブリッドとアルファードハイブリッドで無くなっています。

話題性はともかくトヨタの現在走っているハイブリッドは全てTHSIIです。多くの台数が販売されている為コストも下がり、結果三代目プリウスの価格が安くなってます。

プリウスが特別なのは名前の通り「プリウス=先を行く」クルマのためです。新しいハイブリッド技術はプリウスから始まります。
燃費にこだわっているのもそのため。
他のハイブリッドは燃費以外のメリットを考えたスポーツモデルもあったりしますが、プリウスにブレはありません。
エコや省エネにこだわるクルマがプリウスです。

現行プリウスはTHSII(トヨタハイブリッドシステム第2世代)というハイブリッドシステムを使っています。
これはエンジン・走行用モーター・発電用モーターという3つの動力を適宜エネルギー配分する遊星歯車を使った動力分割機構です。
いわゆるクラッチがありません。この機構がクラッチ代わりになります。
この仕組みを用いた車種が、プリウス、現行エスティマハイブリッド、SAI、HS250h、ほかレクサスのハイブリッドです。

過去にはTHS-CというCVTを使ったハイブリッドもありました...続きを読む

Q新車購入を考えています。候補はウィッシュとプリウス。

新車購入を考えています。候補はウィッシュとプリウス。
使い勝手と燃費、あと補助金締め切り期限と予算の問題等もあり納車待ちのプリウスは今から買っても間に合うのか?コスト(燃費)を優先させるなら圧倒的にプリウスですが使い勝手が少し気がかり、家族構成は2歳の子供と妻の3人、子供の乗せ降ろしとスノーボードが車内に積めるのか気になるところです(現状レグナムのルーフキャリー付きに乗っているのでルーフキャリー使用でもよいですが)。また値引き面等で条件が出るのであればトータルコストでウィッシュが良いのか(10年以上乗るつもり)等々・・・悩んでおります。今の気持ちはプリウス:ウィッシュ=6:4ぐらい(詳しい見積もりなどはしていません)誰か詳しい方教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

プリウス(Sツーリングセレクション)、車体245万、燃費35.5
ウィッシュ(1.8S)車体209万 燃費16.4
ここから年間走行距離1万kmとしてのガソリン代を計算してみました。ガソリン代は140円とします。
-計算略-
ガソリン差額は年間で45,929円、ウッシュがかかる計算になります。
プリウスとウィッシュの車体差額は36万円。(ウィッシュは値引きが出るため実際はさらに開くはず)
36万円を燃費でペイするには7年10ヶ月かかります。
もし、ウィッシュの値引きをプリウスと比較して15万円以上引き出せれば、差額を燃費で取り戻すのに11年かかることになります。

現状の家族構成ならカローラフィールダーあたりがベストチョイスに見えます。
もしフィールダーならプリウスの燃費で差額を埋めることはほぼ不可能に近くなります。

結論としてはプリウスはトータルで安くないと言うことになります。
コストでプリウスを選ぶことは決して賢い選択とは言えないでしょう。
プリウスを選択する場合「ハイブリッドという技術の先進性を味わう」以外のメリットはありません。

私ならウィッシュを選びます。
お子さんが増える可能性もまだまだありそうですし、
長い目で見てプリウスで得をする時期も来るかもしれませんが、そのころにはプリウスじゃ狭くて買い換えるなんてことになりそうです。

プリウス(Sツーリングセレクション)、車体245万、燃費35.5
ウィッシュ(1.8S)車体209万 燃費16.4
ここから年間走行距離1万kmとしてのガソリン代を計算してみました。ガソリン代は140円とします。
-計算略-
ガソリン差額は年間で45,929円、ウッシュがかかる計算になります。
プリウスとウィッシュの車体差額は36万円。(ウィッシュは値引きが出るため実際はさらに開くはず)
36万円を燃費でペイするには7年10ヶ月かかります。
もし、ウィッシュの値引きをプリウスと比較し...続きを読む

Qトヨタのハイブリッドシステムについて… 右を見ても左を見てもプリウスだらけですが、プリウスとカローラ

トヨタのハイブリッドシステムについて…
右を見ても左を見てもプリウスだらけですが、プリウスとカローラフィールダーハイブリッドのシステムは同じでしょうか??
プリウスにはどうしても食指が動きません。
詳しい方お願い致します。

Aベストアンサー

フィールダーHV(2,195,345円~)は1.5Lエンジン(1NZ-FXE型)でシステム最高出力73[kW](100[PS])で、カタログ燃費は33.5[km/L]です。
※1NZ-FXE型はアクアと同じく2代目プリウスに搭載されていたエンジンと同じ型式ですが、モーターは2代目プリウスや3代目プリウスとは異なりアクアと同じ1LM型で、ハイブリッドシステムは3代目プリウスに準じた「リダクション機能付THS-Ⅱ」になっています。

プリウス(2,479,091円~※「E」は2,429,018円~)は先代型から1.8Lエンジン(2ZR-FXE型)になっていて現行型のシステム最高出力は90[kW](122[PS])で、カタログ燃費は34.0[km/L](4WD車)~37.2[km/L](2WD車)、燃費スペシャル(営業車?)とも言える「E」(←2WDのみ)は40.8[km/L]です。
※システム最高出力は先代型プリウスの方が100[kW](130[PS])と高出力でしたが、運転していて感じる出足(出だし)の力強さなどは現行モデルの方が勝っているそうです。

フィールダーHVや先代型までのプリウスでは2WDモデルしかありませんが、現行型プリウスでは4WD(リヤはモーターのみで駆動される「E-Four」)が選択できるようになりました。

リヤサスペンションが、フィールダーHVや先代型までのプリウスはトーションビーム式ですが、現行型プリウスはダブルウィッシュボーン式の独立懸架となりました。
※プリウスは現行型になって安定性や乗り心地が大幅に良くなったそうです。

毎年納める自動車税は1.5LエンジンのフィールダーHVは登録翌年度が9,000円で2年目以降は34,500円/1年となりますが、1.8Lエンジンのプリウスは登録翌年度が10,000円で2年目以降は39,500円/1年になります。

車検の時に納める自動車重量税は、どちらも1トン~1.5トン以下のクラスになりますので同じ税額になります。

ボディサイズはフィールダーHVは5ナンバー登録ですがプリウスは全幅の関係で3ナンバー登録になります。また、全長がフィールダーHVは4400mm~4410mmですが、現行型プリウスは4540mmになりますので、フェリー運賃のように長さで料金が変わるときに0.5m単位で区分されているとプリウスの方がひとクラス高い料金になる場合があるかもしれません。
※フェリー運賃は1m単位での区分になっていることが多いと思いますので、その場合はどちらも同じ運賃区分(4m~5mクラス)になります。

ホイールにつきまして、フィールダーHVはベースの非ハイブリッド車と同じく「PCD100・4H(4穴)」ですが、プリウスの場合は2代目以降「PCD100・5H(5穴)」という国産車ではちょっと特殊なサイズが装着されています。
※「PCD100・4H」は国産車のコンパクトカークラスで多く使われているサイズなので、オフセットとハブ径に気を付ければ流用が効きやすいと思います。(ホンダ車の純正ホイールはホイールナットの当たり面形状が異なるため流用できませんのでご注意ください)
※「PCD100・5H」はカムリ、ビスタ、セリカ、カルディナ、ウィッシュ、オーパ、ヴォルツなどの1.8L~2.0LクラスのFF車(&FFベースの4WD車)によく使われていました。他には、86&BRZを含むスバル車の多くにも「PCD100・5H」が使われていますが、インセット(オフセット)がトヨタ車とは少し違いますのでギリギリのサイズ(トレッド幅の広いタイヤの装着やホイールのツライチ化)を求められる場合の流用時にはご注意ください。

フィールダーHV(2,195,345円~)は1.5Lエンジン(1NZ-FXE型)でシステム最高出力73[kW](100[PS])で、カタログ燃費は33.5[km/L]です。
※1NZ-FXE型はアクアと同じく2代目プリウスに搭載されていたエンジンと同じ型式ですが、モーターは2代目プリウスや3代目プリウスとは異なりアクアと同じ1LM型で、ハイブリッドシステムは3代目プリウスに準じた「リダクション機能付THS-Ⅱ」になっています。

プリウス(2,479,091円~※「E」は2,429,018円~)は先代型から1.8Lエンジン(2ZR-FXE型)になっていて現行型のシステム...続きを読む

Qプリウス50系購入。 この度、プリウスを購入しようと思っています! できるだけ価格を抑えたいのですが

プリウス50系購入。

この度、プリウスを購入しようと思っています!
できるだけ価格を抑えたいのですが、
このオプションはつけておいたほうがいいという
ものがあれば教えてください!!!

Aベストアンサー

そんなもの無い。
あれば、どのグレードにも標準装備されています。

価格抑えたいのでしょ。
いるかいらないは、人それぞれですからね。

ちなみに、カーナビは純正派です。
安かろうが高かろうが、メーカーオプションしかいりません。

Q【トヨタの広告代理店が暴走】トヨタ自動車の広告代理店はどこですか?4代目プリウスのキャッチコピー

【トヨタの広告代理店が暴走】トヨタ自動車の広告代理店はどこですか?

4代目プリウスのキャッチコピーが「エロい」ですが、このエロいというキャッチコピーが出来た裏には4代目プリウスに搭載されたトヨタニューグローバルアーキテクチャの新構造の採用にあると言われています。

4代目プリウスのTNGAはToyota New Global Architectureの略は後付けで、若者の話題になるために男性向けアダルトグッズのテンガ(TENGA)に被せたティンガと命名したともっぱらの噂です。

要するにToyota New Global Architectureの略は後付けで、TNGA(ティンガ)とTENGA(テンガ)の響きが似ており、ドンキホーテでも巨大な登りが上がっており若者に知名度が高いオナホールのテンガに掛けて、4代目プリウス=ティンガ=テンガ?!=エロいという連想に至ったわけで、若者のSNSにヒットするように仕掛けたトヨタの広告代理店はクソだなと思いました。

トヨタの社長もこのエロいのキャッチコピーの源流がオナホールのTENGAとTNGAと似た響きによるマーケティングって知ったらブチ切れるのではないでしょうか。

【トヨタの広告代理店が暴走】トヨタ自動車の広告代理店はどこですか?

4代目プリウスのキャッチコピーが「エロい」ですが、このエロいというキャッチコピーが出来た裏には4代目プリウスに搭載されたトヨタニューグローバルアーキテクチャの新構造の採用にあると言われています。

4代目プリウスのTNGAはToyota New Global Architectureの略は後付けで、若者の話題になるために男性向けアダルトグッズのテンガ(TENGA)に被せたティンガと命名したともっぱらの噂です。

要するにToyota New Global Architect...続きを読む

Aベストアンサー

>TNGA(ティンガ)とTENGA(テンガ)の響きが似ており&略は後付け
そういうことはないでしょう。
誰がこじつけて噂したか分かりませんが、いやらしい発想の持ち主だと思います。
何かとそういう風に結び付けたがるという・・・
“TENGA読み”して騒いでいる人の方が、レベルの低さをうかがわせます。
そもそもTENGAなんて知っている人は相当少数だろうし(私も知りませんでした)、そういう人はプリウスなど買えないでしょう。
Toyota New Global Architectureは、トヨタのモノづくり設計思想・革命を表した言葉であって、マーケティングでも若者戦略でもなんでもないです。

Qハイブリット車の渋滞停車時の燃費について

ハイブリット車の渋滞停車時の燃費について
ハイブリットカー(トヨタ:プリウス等)は
渋滞で停車時にはバッテリーの電気を使用しているので
ガソリンは一切消費しないのでしょうか?

だとしたら、渋滞時やエンジンをかけっぱなしで停車中に
かなりの燃費効果があると思うのですが
如何でしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ハイブリッドに限らずアイドリングストップ機構の車は停止中には燃料消費はありません。厳密に言えばメータやブレーキランプ等の電力消費があり、この分を走行中に発電して充電する為に燃料が余分に要る事になります。停止中にエアコン・ナビ・オーディオ等を使えばバッテリは更に減る為、走行中のバッテリ充電に使う燃料の量も多くなります。停止中に電気を使い過ぎてエンジンが始動してしまう状態になると、充電の為にだけエンジンが回る事になり燃費は極端に低下します。停止中のエンジン始動を防ぐには、バッテリ残量は常に確認しておき、残量が少ない時はエアコンを送風だけにするとか、ヘッドランプをスモールだけにするとかの工夫が必要です。

Qトヨタ プリウス 

私は今、28歳なんですがトヨタのプリウスの購入を考えています。年齢的、将来的にプリウスってどうなんでしょう?
メンテナンスが高くつくとか、いろいろ聞くんですが。。。

Aベストアンサー

メーカーは戦略的にプリウスを
『普通の車』として売ろうとしています。
ですから、メンテナンスなどが極端に高くつくことはありません。

ただし、7~10万キロ毎に電池を交換した方が
燃費の悪化を防げるそうです。
現状は、工賃込みで12.8万円。
これを高いとするか安いとするかですが。

ちなみに私は今のあなたよりも若い年齢で
『京都会議に合わせてデビューした』初代プリウスを
衝動買いしてしまいました。

NEWTONでの紹介を見た瞬間に発注し、
ディーラー自身も実物を見たのは
私の納車分が初めてだったとか。

ただ、自動車としての使いやすさは、
現行プリウスよりも、初代の方が良かったです。

Qハイブリット車

早速ですがトヨタプリウスハイブリット車ですが、バッテリーの耐用年数は何年か又
取り替えるにはいくらかかりますか

Aベストアンサー

トヨタプリウスのバッテリーは二種類あり、

・ニッケル水素
・リチウムイオン

があります。ニッケル水素は従来型のバッテリーで、歴史が古く、リチウムイオンはプリウスα7人乗りから搭載された新型バッテリーです。なお、リチウムイオンはパソコンやボーイング787のバッテリーと同じです。

耐用年数は5年となっておりますが、実際には乗り方や運転の仕方、走行距離などによって変わってくるので、2~3年でへたる事もあれば、7年以上も問題なく使っている場合もあります。

交換費用ですが、バッテリー単体が20~30万円くらいで、交換費用なども加えると50万は超えてしまうようです。

交換は寿命だけではなく、事故等によって破損した場合も交換になります。なおプリウスが事故を起しますと、電気系統がガソリン車と比べ複雑な関係もありディーラでしか修繕できず、また費用が数百万になることも。

参考にされれば幸いです。

Qトヨタのプリウスを発電機代わりに使えますか?

近くに電源のない屋外で数台のパソコンとプリンタを動かしたいのです
が、トヨタのプリウスから100Vの電気を引いて、それらの電源とするこ
とは可能でしょうか?
必要ならプリウスのエンジンをかけても構いません。

Aベストアンサー

こんにちは。

新型の(現行)プリウスでしょうか?

それでしたら大丈夫ですよ。

私は今回震災にあってしまったのですが、電源が確保できなくて困っていたとき、近くの家にプリウスがあって、そこから灯光器で地域の避難所の光を確保したという友人を知っています。下の方でエスティマのことが書き込みしてありましたが、プリウスも同様に1500wまで取れるそうです。ホットプレートで焼肉が食べれますね。かなり大容量のようです。

Qハイブリット車での雪道走行

11月下旬にハリアーハイブリット納車予定のものですが、1月に志賀高原にスキーに行く予定をしております。
ハイブリット車はエンジンブレーキが利きにくいという話ですが、ハリアーハイブリットではまだ冬季走行のデーターがありませんので、プリウスオーナーのかた、雪道走行はどうでしょうか?またー40度近くまで気温が下がりますがその点はいかがでしょうか?

Aベストアンサー

全く、と言っていいほど問題ありません。
が、一つだけプリウスで極々稀に問題になるのがモーターTRCの存在です。
トラクションコントロールという名前は付いていますが実際はモーターの過剰回転での破損を保護するための機構なので普通のTRCより効果が悪いというか癖があります。
エンジンと違い、モーターにとってスリップは大敵なのでモーターでしかバックできない(バックギアが無くモーターの逆回転を使っている)プリウスはバックでスリップを検知してしまうとモーターが止まってしまい脱出不能になるという事例があったようです。(私は経験していませんし、経験したという人も実際には知りませんが)
まぁエンジン車でもこの状況では空転するだけだとは思うのですが。
また、プリウスタイプのハイブリッドは暖房を使うとエンジン廃熱を利用するためにエンジンが止まらなくなるので寒い地方では燃費が劇的に悪化します(ハリアーは元々あまりエンジンが止まりませんし、TRCの事例も当てはまらないと思います)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報