パソコンを使えない友人の代わりに質問します。

家族経営の休眠株式会社の取締役である友人が、その会社の清算を望んでいますが、
もう一人の取締役(友人の家族)は、会社の継続を希望しているため、清算に反対しているそうです。

友人はその会社の株式を50%所有しており、別の取締役が50%を所有しているそうです。

友人がその会社を清算するにはどうすれば良いでしょうか。

また、清算が不可能な場合、もう一人の取締役に株式の買取を請求し、会社を譲ることはできますか。なお、その会社は休眠状態で借金はなく、余剰金があるそうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

当初は仲の良い共同経営者だったのかもしれませんが、よろしくない状況を作り上げたものですね。



50%ずつでは、どちらも一方を役員から降ろすことはできませんし、出資額(株式)の買い取りの強制も難しいものです。

定款の定めがどのようになっているかはわかりませんが、半々の権利では、相反する考えでいる限り、清算はできないでしょうね。

定款の定めで出資(株式)の売買が認められるのであれば、購入してくれる人を探すしかないでしょう。
あとは、株主としての権利として、臨時株主総会を開き、何度も株式の買い取りなどの要求をするしかないでしょうね。根負けさせるしかないでしょう。

ただ、余剰金というものをどのようにとらえているかわかりませんが、時価評価での法人財産から債務を引いたものが現在の株式の評価と考えることができますが、元本割れをしている可能性もあるでしょう。

私であれば、経営責任などを将来持ち出されないようにするために役員を辞任しますね。そのうえで、株主の権利として、株主総会を正しく開かせ、経営状態の説明などを求めますね。それが嫌であれば、株式を買い取りあなたを株主から外すか、清算するしかありませんからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

友人の会社は、債務を引いた余剰金が数千万円あるそうです。ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2014/09/17 16:21

友人の真の目的をはっきりさせるべきかと。



取締役としての責任を回避したいというなら、取締役を辞任すれば済みます。その後のことは何があろうと一株主としての関係しかありませんから、最悪の場合でも株が紙くずになるだけでそれ以上の責任は求められません。

株主の立場も放棄したいというなら、株を誰かに譲渡することになりますが、おそらく譲渡制限が付いているだろうしそもそも買いたいという人はいないでしょうから、もう一人の株主に譲渡するのが一番現実的です。本来ならその株にいくらかの価値はあるでしょうが、休眠状態の家族会社ということなので0円ということにすれば話は早いでしょう。

清算については、他の株主が反対している以上手続き上はかなり困難でしょう。

ということで、その友人が本当はどうしたいのかによって対応が違ってきます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。その会社は休眠状態ですが、借金はなく、預金が余剰金として数千万円あるため、株にも数千万円の価値があるはずだそうです。友人は清算し、資金を回収したいそうです。

お礼日時:2014/09/17 11:40

もう一人の株主(50%所有)が反対する以上、清算はできません。

相手に買取を要求することはできますが、買い取るか否かは相手次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2014/09/17 08:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦死を定義付ける法律はあるのでしょうか?

戦死を定義付ける法律はあるのでしょうか?

戦死を定義付ける法律はあるのでしょうか?
二階級特進とか遺族年金とかいろいろあるので、多分自衛隊法とか防衛省令とかにあると思うのですが。

Aベストアンサー

現在の日本の法律には「戦死」という概念がありません。なぜなら憲法で戦争を放棄しているのですから、国家が戦争を行うという前提がないのです。
過去の戦争については「戦傷病者戦没者遺族等援護法」というのがあり、遺族年金について
「第23条 次に掲げる遺族には、遺族年金を支給する。」とあります。「次に」は11の項目がありますが、つまりこれのどれかの項目に該当すれば、その人は「戦没者=戦死者」であり、その遺族は「戦没者遺族」として年金を受給できます。
http://www.houko.com/00/01/S27/127.HTM

Q普通株式の株式買取請求権について

株式会社の普通株式の場合、株式の買取請求権はないと思いますので、もし株主から一方的に会社へ買取の請求を申し出てきた場合、会社としてはこれに応じる必要はないということで大丈夫でしょうか?
あくまでも、会社と株主の合意により自己株式を取得することが出来るわけですよね??
普通株式でも何か別の方法で株式の買取を請求出来る権利があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 株式会社では,株主の出資に対する回収は,株式を売却することで行うことが原則となっており,出資金の払い戻しは認められていません。
 そして,会社による自己株式の任意の取得は,株主間の公平に反する可能性や,会社支配の公正を害するおそれ,株式相場の操縦のおそれなどの弊害が考えられます。
 このため,株式会社が自己株式を取得できるのは,株式に特別な定めをする場合等の反対株主による買取請求の場合(116条)以外は,会社法155条各号に定められた場合に限られています。このうち,同条2号,4号,7号,13号は,法令又は定款の定めにより,株主の請求により取得することとされています。
 2号は,譲渡制限株式の譲渡を会社が承認しない場合
 4号は,取得請求権付株式
 7号は,単元未満株式
 13号は,無償での引き取りや他の会社からの現物配当等,自己株式を取得しても株主平等や会社支配の公正などの危険性がない場合など

 ご質問の「普通株式」の意味が,譲渡制限や取得請求権がないという意味であれば,請求により買取の必要があるのは,7号の場合ですね。

Q法律における「ウェブサイト」の定義

法律における「ウェブサイト」の定義は、どのようなものなのでしょうか?

<質問1>
契約書などでは、「ウェブサイト」の定義として「インターネット上のウェブサーバに保存されている各ウェブページの全体」などを良く見かけますが、特に定義されていない場、法律における「ウェブサイト」の定義は、どのようなものなのでしょうか?

「ウェブサイト」の定義には、「インターネット上のウェブサーバに保存されている各ウェブページの全体」に加え、その「システム」や「ネットワーク」も含まれる場合もあると思うのですが。

<質問2>
また、「インターネット上のウェブサーバに保存されている各ウェブページの全体」の「各ウェブページ」とは、厳密には各ウェブページの「プログラム」のことをいっているのでしょうか?そうではない場合、「各ウェブページ」とその「プログラム」はどう違うのでしょう?

このスレッドに関する情報が記載されているサイトのURL等もお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

>ウェブサイト制作の受託に関する契約書の作成において、甲が運営する甲の会社のウェブサイト(ここから乙はフォーム等でサポートを受けたり、ホームページの作成手順について知ることが出来る。)及び甲が作成する乙のウェブサイトに関してその定義を考えていたのです。

繰り返しますが、法律に「ウェブサイト」の確たる定義はありません。
なので、「ウェブサイトとは何なのか」そのものの定義は、
(法律から離れた)一般語による定義でいいのではないでしょうか。
たとえば、次の用語説明は参考になると思います。
http://e-words.jp/w/WebE382B5E382A4E38388.html
http://e-words.jp/w/WebE3839AE383BCE382B8.html

これで不安でしたら、W3Cの標準文書などを読むといいかも。
http://www.w3c.org/
(適切、公式な日本語訳があるのかどうかはわかりませんが)

ちなみに(繰り返しになりますが)上記の説明は法律とは何の関係もないです。

で、法的に肝心なのは、甲の提供するウェブサイトと乙の作るウェブサイトとでは法的な性格は異なる、ということです。

甲のウェブページは、言ってみれば乙が仕事をするための情報、サービスの提供手段ですよね。
契約上大切なのは「情報、サービスの提供手段をウェブサイトを使うと定める」ことでしょう。
あとは、甲がこのサービスを提供するに当たり「何をされたら困るか」を考えればいいのではないでしょうか?
たとえば、仕事以外の目的で使っちゃだめとか、情報を勝手によそにコピーすんな、とか
そのあたりはお互いの信頼関係とかどこまでセキュリティを守らなければならないかとか
いろんな条件があるでしょうから、一律には言えないです。

乙の「ウェブページ」は、言ってみれば請け負った仕事の成果ですよね。
そうなれば、プログラムも含めた知的財産権(主には著作権)をどう扱うかが契約では重要になると思います。

会社の社員が会社の仕事上作ったプログラムの著作権は
黙っていても会社のものになるという規定はありますが(著作権法15条)、
今回は請負契約でしょうから、そのあたりは契約ではっきりさせないといけないでしょうね。

ということで、言葉の定義よりもその性格を考えるほうが契約条項を考える上では重要だと思います。

>このスレッドに関する情報が記載されているサイトのURL等もお願いします。

うーん…
法律問題についてインターネットでの情報は数年前に比べればだいぶ洗練されてきているとはいえ、まだまだ信用するには危険なレベルだと思います。
このあたりの契約書の書き方とかのハウツー本は巷出ているのではないでしょうか?
法律的に掘り下げて調べたいのなら民法の解説書でしょうし、あるいは専門家に相談したほうが結局(手間、時間も含めた)コストは低く抑えられる、なんて可能性もあります。

No.1です。

>ウェブサイト制作の受託に関する契約書の作成において、甲が運営する甲の会社のウェブサイト(ここから乙はフォーム等でサポートを受けたり、ホームページの作成手順について知ることが出来る。)及び甲が作成する乙のウェブサイトに関してその定義を考えていたのです。

繰り返しますが、法律に「ウェブサイト」の確たる定義はありません。
なので、「ウェブサイトとは何なのか」そのものの定義は、
(法律から離れた)一般語による定義でいいのではないでしょうか。
たとえば、次の用語説...続きを読む

Q株式買取請求権について

昨年、知人4人と株式会社を設立致しました。4人とも役員です。
最近、そのうちの一人(仮にA氏とします)の経済状況が悪化したため、会社を抜け、A氏の株式を全て買い取ってほしいと言ってきております。

私を含め残りの3人は減資は困るので反対していたのですが、今度はそのA氏が株式買取請求権の手続きをとると言ってきております。会社法で調べたのですが、株式買取請求権はこの場合行使できないと思うのですが、私の理解は正しいでしょうか。ご教示願えれば幸いです。

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

会社が買い取る必要はありませんし、買い取ることはできません。

一方Aさんとしては、譲渡禁止株式でなければ、第三者に譲渡すること
は可能です。(もちろん価値があればという前提ですが)

均等持分として1/4であれば会社の経営に大きな影響はないでしょ
うが、情報閲覧請求など株主権利を主張される状況も考えられます。

残り3人で買い取ることを前提に価格を交渉して、折り合いがつかな
ければがまんして持っていてもらうということで進めたらどうですか。

Q法律での事業者の定義

法律の中で書かれている「事業者」とはどのような定義になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

>具体的には「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律」です。

確かに、この法律第4条で「事業者は・・・フロン類の排出の抑制のために必要な処置を講じなければならない。」とありますが、事業者の定義がありません。
でも、6条で「国民は・・・フロン類が適正かつ確実に回収され・・・努めるとともに・・・協力しなければならない。」とありますから、「駅前のお店、ビルの中の事務所は該当しないような気がする」は間違いで国民全てがオゾン層の破壊を食い止めるようにしなければならないと思います。
なお、何の法律でもそうですが、その目的がありますから目的に従って解釈すればいいと思います。

Q株式額面買取請求

以前もここでご相談させていただきました者です。
株式会社の取締役をしております。株式を過半数以上保有する社長と彼の愛人問題などで決裂し、その役を退くことに決めました。

そこで、私の保有する株式100万円分を買い取ってもらいたいのと、取締役を交代してもらいたいという請求を社長に伝えました。

「即答はできない」といなされています。
法的に、私の請求は理にかなうものでしょうか。
ご存知の方教えてください。

大変困っています。何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

株式について
原則的には買取請求権はありません.
社長と相談の上,買取金額を決めてください.
税金の関係もありますので,株式の評価額を参考に交渉された方がよいのではと思われます.
社長には額面で買取る義務どころか,株式を買取る義務もありません.


取締役退任について
現在の取締役が四名以上いれば,辞表を出すだけでやめられます.退任の登記だけはきちんと確認してください.
三名しかいないのであれば,辞表を出しても後任の取締役が選任されるまで取締役としての権利義務を負うことになりますので,ご注意を.

Q官報に破産者の情報掲載は個人情報の流出では?法律上の生存/死亡の定義は?

官報に破産者名、住所等が掲載されますが、次を教えてください。
1)破産者を官報に掲載する根拠となる法律は何ですか?
2)個人情報の保護に関する法律に違反しませんか?
3)破産者は、法律上死人と同じだと聞いたことがあります。個人情報の保護に関する法律では、「個人情報」とは、生存する個人に関する情報となっており、この生存の意味を教えてください。
4)法律上の生存、死亡の定義は、どの法律で決まっていますか?

Aベストアンサー

1)破産法第143条第1項、官報及び法令全書に関する内閣府令第1条
2)破産法で定められていますので違反しません。
3)法律上、死人と同じではありません。破産宣告により、破産者は、破産宣告時の債務者の財産(破産財団に属する財産)の管理処分権を失うだけです。破産宣告後に取得した財産は、管理、処分することができます。
4)死亡を定義した法律はありません。法解釈にゆだねられます。なお、臓器の移植に関する法律は、一定の要件で、脳死者からの臓器の摘出を認めていますが、臓器摘出との関係において脳死者を死体とするのであって、一般的に脳死を人の死と法律で定めたものではありません。

Q株式会社(家族経営)の取締役でも商品を私的に利用(お金を払わない)した

株式会社(家族経営)の取締役でも商品を私的に利用(お金を払わない)した場合、業務上横領になりますか? 経営難の会社でこれをやられると従業員はたまったもんじゃありません。 従業員私一人、残り3人が取締役役員です。

Aベストアンサー

なり得ます。

会社の取締役と会社とは法律上別人格です。
株式会社の所有者は株主であり
取締役は、使用人に過ぎません。
だから、会社の商品を私的に利用すれば、
刑法上の、横領、背任、場合によっては業務上横領
その他、商法上の罪に問われ得ます。

但し、小さな会社で、株主=取締役=会社
というような関係にある場合には、ならない
場合もあります。

事実関係を詳細に調べないとなんともいえませんが、
心配なら、専門家に相談されることをお勧めします。

Q法律に売春の定義はありますか。

 法律違反したくないので以下教えて下さい。
1.売春防止法等の法律で売春の定義条項はありますか。
 (以下男が客で女が接客業従業員の場合)
2.男が金を渡して女の手で射精するのは売春ですか。
3.2の場合で射精しなかった場合も売春ですか。

Aベストアンサー

>1.売春防止法等の法律で売春の定義条項はありますか。

売春防止法に言う売春は、同法2条にて
「対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交すること」
と定義されています。

>2.男が金を渡して女の手で射精するのは売春ですか。
>3.2の場合で射精しなかった場合も売春ですか。

2と3は結果が異なるだけで行為とその目的において何の違いもないですよね。

売春防止法に言う売春ではないでしょう。
(売春防止法における売春の要件には「性交」があるので、性交でないものは売春ではないでしょう)
しかし、いわゆる風営法における性風俗特殊営業に当たる可能性があります。

Q造作買取請求権は、契約満了後でないと、代金を請求できないのですか?

現在、家賃7万円の部屋に一人暮らしをしています。
そのエアコンが壊れてしまい、新しいものに変えたいのですが、このような場合、造作買取請求権を盾にして、その取り付け費用とエアコン代金を大家さんに請求することはできるのでしょうか?
それとも賃貸契約が終わってからでないと請求できないのでしょうか?
現状では、これからもその部屋に住み続ける予定ですが、エアコンを取り付ける費用がないもので。。。
なお、賃貸契約書には、造作買取請求権を無効にするといったような特記事項は書かれていませんでした。

Aベストアンサー

 造作買取請求権ということであれば,借地借家法33条の条文に「賃貸借が・・・終了するときに」とあり,終了が要件です。
 因みにこの理由は,借主の原状回復義務(もとの状態に戻して返さなくてはならない)と貸主の不当利得返還義務(エアコンをタダで丸儲けさせるのは変)の調整ということにあります。
 なお,同条には「賃貸人の同意を得て」という要件もあるので,まずは大家さんとエアコン取り付けについて話し合うことです。壊れたエアコンが当初から備付けのものであれば修繕義務は基本的に大家さんにあるわけですし(民法606条)。

参考URL:http://www.utopia-town.com/faq/106.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報