痔になりやすい生活習慣とは?

風呂場の天井一箇所以外に点検口がありませんが、最近の住宅では一般的ですか?床下収納も人通口ないから、付けても点検口代わりにならないといわれました。せめて水周りあるとこには付けた方がいいですか?あと、人通口は耐震に問題がでるというのは本当ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>>最近の住宅では一般的ですか? 



 点検・補修ができるように、床下全体を人が通れるようにするのが今の流れです。長期優良住宅では必要項目となっています。

>>せめて水周りあるとこには付けた方がいいですか?

 給排水管の通っているところは点検できるようにしておいた方が良いと思います。点検口がなければ床板をはがさなければ確認できません。

>>人通口は耐震に問題がでるというのは本当ですか?

 人通口によって基礎そのものの耐震性がなくなるということはありません。ただし、人が通るための開口部は基礎の強度を損なうため、補強のために配筋を増やした方が良いでしょう。設計責任者である建築士に、開口部の補強をどうするのか確認してみましょう。配筋を増やすだけなので費用はほとんどかわらないと思います。
    • good
    • 1

>>風呂場の天井一箇所以外に点検口がありませんが、最近の住宅では一般的ですか?



「できるだけ安い値段にして、売りやすく・買いやすくしたい」というのが最近の住宅だと思います。
ですので、雨戸・シャッターが無い家、回り縁が無い家が増えているそうです。
雨戸・シャッターは、「通常の場合、ほとんど使わないよね?」という考え方もありますが、台風時は、無いと心配です。
周り縁なんて、これこそ無くても、家の機能としては、全く問題ないけど、大工さん的には必要だし、住む人にとっても美的感覚から欲しいと思うでしょう。
そして、点検口もこれらと同じ考え方で、「無くてもいいよね?安くすませたいから。」という流れなんでしょう。

ちなみに、私の家は、天井への点検口は用意してあります。また、床下は、人通口がないから、行けない部分があります。なので、全部の点検が可能になるように、何カ所か床下収納が作られています。
    • good
    • 0

点検口は「有ったほうがいい」という程度ですよ。


万一のことがあった場合に「入れる」というだけです。
万一のことが起きない家の方がはるかに多いです。
施工業者は点検口がなくても工事はできます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q点検口について業者側の説明をどう思われますか?

新築(ベタ基礎)です。2階にキッチン、ユニットバス、トイレ、洗面所があり、1階 は洗面所とトイレがあります。ユニットバスの天井以外は、点検口がありません(床下収納なし)。工務店に確認したら、電気の配線はユニットバス側にひとまとめになってるから、他の天井点検口は必要ない。床下については、地下室を除き、通常は要望が無い限り設置してない。床下点検口を設けると床下の湿気や匂いがあがってくるし、断熱性も失われるから勧めない。一箇所だけつけても全体を見れるわけではないから無意味。何を目的につけたいかによる。
床下につけるのは常識では?と言ったら、
現在、何件か設計事務所の施工を請負ってるが、その図面に点検口は存在しない。今までも設計施工もしてきたが、点検口がないという事を指摘されたことはない。との説明でした。
床下点検口をつけてもらうように話を進めてますが、腑に落ちない気分でいます。
建築関係者のご意見聞けたらありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

建築関係(工務店)の人間です。
現在、長期優良などでは義務化されている点検口ですが、本来床下へ潜れる手段は有るのがあたりまえです。最上階の天井点検口もしかり。無いなんて無責任の極みです。床下の匂い?湿気?断熱?笑わせないで下さい。素人ですか?そうならないものがあるし、そうさせないのが我々の仕事です。そもそもひとつの点検口から全部見て回れるように基礎設計されていないのですか?(間取りにもよりますが)

言いたいことはたくさんありますが、何かあったときに我々プロが天井裏や床下へ入るための手段を作らないなんて、可笑しいですよね。【何かあっても知りません】と言っているのに等しいと思います。

どういう経緯での建築か分かりませんが、無償でつけてほしいものですね。高気密高断熱仕様の物は少ししますが通常の点検口なら数千円で買えますし。畳の部屋があれば下地合板に切り込みをいれてもらい改め口としてもOKですが。

以上ご参考までに

Q点検口が全くない家

築五年の中古住宅に引っ越してきました。
物件巡りをしているときは必ず点検口チェックをしていたのですが、この家には床にも天井にも点検口がありませんでした。しかし、場所も値段も物件自体も、点検口チェックができない事以外はおパーフェクトに近い物件だったので購入に至りました。

そこで、これからの為に床と天井に点健康を付けておきたいと考えています。瑕疵担保責任が有効なうちに床下、屋根裏のチェックもしておきたいと言うこともあります。

しかし、以前リフォーム屋さんにお会いする機会がありそのことで相談すると
『ベタ基礎の築5年でそこまで神経質になる必要はない。へんによく歩く場所に床下点検口を付けてしまうと、逆に家の痛みの原因にもなる。』と言われました。

最初は1階のクローゼットの床に点検口を作るつもりでしたが、どうもその下から水場の下には行けないようで、仕方なく脱衣所の床に作ろうとしていました。

経験者の方やプロの方から見て、今急いで点健康を設置することについてはどう思われますか?
瑕疵担保責任が有効なうちに、なんて考え過ぎでしょうか。

床下、屋根裏も見ておきたいですが、リフォーム屋さんの言うようにそれが切っ掛けで別の不具合ができてしまうのも困り者です。
みなさんならどうしますか?

築五年の中古住宅に引っ越してきました。
物件巡りをしているときは必ず点検口チェックをしていたのですが、この家には床にも天井にも点検口がありませんでした。しかし、場所も値段も物件自体も、点検口チェックができない事以外はおパーフェクトに近い物件だったので購入に至りました。

そこで、これからの為に床と天井に点健康を付けておきたいと考えています。瑕疵担保責任が有効なうちに床下、屋根裏のチェックもしておきたいと言うこともあります。

しかし、以前リフォーム屋さんにお会いする機会が...続きを読む

Aベストアンサー

床下点検口も天井点検口もあったほうが良いと思います。

2階の部屋のクローゼットの天井が外れたりしませんか?

>瑕疵担保責任が有効なうちに床下、屋根裏のチェックもしておきたいと言うこともあります。

自分で確認したいのであれば早急に対応したほうが良いと思います。
見えない所にいろりろと不具合が隠れていますので
なんでもなければ安心して住む事ができると思いますが。
点検口を造る出費より今後の不具合の補修費用ほうが掛かる場合もあると思いますが。

>しかし、以前リフォーム屋さんにお会いする機会がありそのことで相談すると
『ベタ基礎の築5年でそこまで神経質になる必要はない。へんによく歩く場所に床下点検口を付けてしまうと、逆に家の痛みの原因にもなる。』と言われました。

その業者の言っている意味が解かりませんね。
最近のシロアリ対策の薬剤にしても効力が弱い為
5年程度で再施工が必要になります。
給排水などの設備にしてもいずれ補修が必要になりますので
結局その時に点検口を造らなければならなくなると思います。
半年や年に一度、床下や天井裏を点検する事で家を長持ちさせる事ができると思いますが。

我が家は建売でキッチン及び洗面所に床下収納兼点検口があり
グルニエの中にも屋根裏用の点検口が付いています。
購入時からいろいろと発見し直してもらってます。

床下点検口も天井点検口もあったほうが良いと思います。

2階の部屋のクローゼットの天井が外れたりしませんか?

>瑕疵担保責任が有効なうちに床下、屋根裏のチェックもしておきたいと言うこともあります。

自分で確認したいのであれば早急に対応したほうが良いと思います。
見えない所にいろりろと不具合が隠れていますので
なんでもなければ安心して住む事ができると思いますが。
点検口を造る出費より今後の不具合の補修費用ほうが掛かる場合もあると思いますが。

>しかし、以前リフォーム屋...続きを読む

Qべた基礎の人通口の配置について

 設計の初心者です。木造2階在来工法の基礎伏図を描いているのですが、人通口の位置をどこにすればよいか悩んでいます。
 ドアなどの開口部の直下に設けたほうが良いのか、それとも他の場所がよいのか…。
 先生方どうぞよろしくご教授ください。

Aベストアンサー

river1さんの説明に「補足」をすれば、
基礎のスパンの外側から1/4の位置に「貫通口」を
設けてください。

間違っても「スパンのど真ん中の位置」は避けてください。

ご存んじの通りで“基礎の立ち上がり部分”は
言わば「梁成」なので、モーメントが反転する部分に
穴を開けるのが「一番安全」なのです。

この時、開口部補強の為の「配筋」については
多目なぐらいで「配筋」してください。

Q天井点検口がない!

今年オール電化のリフォームをしたのですが、一階の天井点検庫が
ないんです。業者に聞くと「不細工になるから造らなかった」との事。
前は押入れにあったので、そのことを伝えると「不具合が出た時に、その部分に穴を開ければいい。点検庫から離れた所が不具合になったら意味がないから」と言われました。床下もコンクリートをはられて、以前は床下収納庫から点検が出来てたのに(シロアリ業者など)高さがなくなったせいで入れなくなったと言われました…お風呂に点検口があるので私はそれで他の部分にも行けると思ったらお風呂専用みたいで…ちなみにお風呂の点検口を見たら柱に長いネジが半分もささってないのですが、そのようなものなんでしょうか?点検口がないって違法ではないのですか?素人なのでわかりません。教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

ANo.1です。

質問文からは読み取れなかったいい加減な業者の実態がどんどん見えてきましたね。

残念ながら、なめられてしまったんでしょうか、やりたいようにやられてる、そんな状況ですね。

ANo.5さん同様証拠を整理しましょう。
請負契約書、約款、見積り書・・・(増築等無いですね?確認申請には絡みませんよね)

素人の方では悪徳であれば尚の事、業者のあくなき利潤追求のマジックを見抜く事はとても難しいです。
書きたくないですが、かなりかすめとられたでしょうね。

合い見積もり(何社かに見積りを取り、比較した上で業者選択)されましたか?。
もしくは業者は知り合いの方?どういう関係でしょうか、参考までにお聞きしたいですね。

恐らくまだまだおかしいと思われる事が出てきましょうから、役所の行政相談等も頭に入れておいて下さい。

出来れば少し詳しい知人でもいれば相談される事をお勧めします。
(建築士とかおりませんか?)

又、今後の業者の対応をこのコーナーで問うてみるのも良いでしょう。

拙宅も先月増改築が終わりましたが、放って置くと何するか解りません、本当に怖いです。

私が建築士で隠居してる義父も詳しい人間でしたがそれでもしょっちゅうケンカ(不正を正す意味での叱責です)してました、疲れ果てましたね。
無資格の現場代理人でどうにも対応が悪かった。
ただ、ぎりぎり絞ってやりましたから何とかかんとか納得行く状況にはこぎつけました。

とまれ、設計士や第三者監理の無い現場は無法地帯となります。

まだ工事は完成して無いんですよね、気を引き締めてかなり疲れるでしょうが頑張って下さい、強気で、極端な話ケンカする位の気持ちで。
状況によっては出る所に出る、匂わせましょう。
相手も焦るかもしれません「訴訟ざたは困る」。

取り急ぎご参考まで。

ANo.1です。

質問文からは読み取れなかったいい加減な業者の実態がどんどん見えてきましたね。

残念ながら、なめられてしまったんでしょうか、やりたいようにやられてる、そんな状況ですね。

ANo.5さん同様証拠を整理しましょう。
請負契約書、約款、見積り書・・・(増築等無いですね?確認申請には絡みませんよね)

素人の方では悪徳であれば尚の事、業者のあくなき利潤追求のマジックを見抜く事はとても難しいです。
書きたくないですが、かなりかすめとられたでしょうね。

合い見積もり(何...続きを読む

Q床下 1階全部へ潜れるようにした方がいいのか?

現在、建築設計事務所に設計を依頼し、工務店に合い見積もりを依頼中の段階です。まだ、多少の設計変更はききます。
平屋で布基礎です。

今の設計では、点検口から床下に潜れる範囲が、水回り関係とリビングの下だけになっています。
平屋なので、水回りに関係ない区画も結構有り、寝室・子供部屋・和室の水回りに関係ない所は、潜っていけない形になっています。

設計側は、基礎に横移動の通路を作ると基礎耐力が落ちる。点検口のフタは見た目が悪くなる。何かあったら床を切ればいい。という話をしていました。

水回りに潜れることは当たり前ですが、床下全部に潜れるようにした方がいいのか?それは大げさなことなのか?
なんでもいいので、意見を聞かせてもらえないでしょうか。

自分としては、隣の畑でシロアリを見たこともあり、水回りに関係ない所でも、床下は定期的に見た方が良いと思っています。また、点検口の無い区画の異常を、どうやって発見するのか?という疑問もあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 基礎はできるだけ欠かない方が強いですし床の出来上がりも良いです。空洞の上の床は、歩くと反響しやすいものです。
 基礎を切ることを前提で強くしろというご意見もありますが、確かに数値上の強度は簡単に出せます。ただしあくまで数値上、書類上のはなしですので、理想の形がある以上、そこから遠ざけるのはナンセンスです。また、不自然な形で強度を上げるのは無駄なお金がかかりますし、予期せぬ問題を併発しやすいので通常は避けます。

 最も簡単で強度の高い解決法は、点検口をもうひとつ作ることでしょう。

Q基礎の人通口について

人通口について教えてください。

建築中の自宅をチェックしていると、基礎の人通口がなく、
点検でも もぐれない箇所があることに気づきました。

下に情報をまとめますと、
 ・基礎はべた基礎(ベース部下に防湿シートを敷設済み)
 ・床下断熱で、基礎通気パッキンを設置済み
 ・960mm×1820mm(約1畳分)の広さの、
   四方向を立ち上がりに囲まれた箇所がある
   (その部分は床が張られると床下にもぐれなくなる。)
 ・そこは、人通口もなければ水抜きスリーブもない
 ・そこは、外壁に面しておらず、
   外壁から1820mm離れた内陸部(?)にある
 ・狭いスペースのためか、その下には床束も設置しない設計
 ・その上は、小さな廊下+階段の上がりだし3段となる部分
 ・土台は105mm角、大引は90mm角@910
 ・床は根太レス合板24mm
 ・合板の上にはPB9.5mm+床仕上げ材20mm

上記のような条件のもと、質問は下記です。
 1.もぐれない箇所を設計することは一般的なことか
 2.もぐれない箇所があることの考えられる問題点
   (メンテナンスなど長いスパンの視点も含む)
 3.問題があるとすると、事前にできる対策
   (現在、大引・断熱材・床合板は未施工の状態)

また、ご意見として伺いたいのは、下記のとおりです。
 4.もぐれない1畳程度の箇所に床束を設置してもらうべきか否か
 5.大引のスパンを@455にしてもらうことへの賛否
   (床鳴り等の修正ができないことの対策として)


設計士に問題ないか質問しても、本人も人通口を設けなかったことを後悔しているのか、明確な回答を得られません。

皆様のご意見をお伺いしたく、よろしくお願いいたします。

人通口について教えてください。

建築中の自宅をチェックしていると、基礎の人通口がなく、
点検でも もぐれない箇所があることに気づきました。

下に情報をまとめますと、
 ・基礎はべた基礎(ベース部下に防湿シートを敷設済み)
 ・床下断熱で、基礎通気パッキンを設置済み
 ・960mm×1820mm(約1畳分)の広さの、
   四方向を立ち上がりに囲まれた箇所がある
   (その部分は床が張られると床下にもぐれなくなる。)
 ・そこは、人通口もなければ水抜きスリーブもない
 ・そこ...続きを読む

Aベストアンサー

1、もぐれない・・・一般的ではありません。
2、通気はパッキンで流通しますが床が下がったり、再度防蟻処理する時などはその部分で対処が出来ないということになるかもしれません。極端なことを言えば床上浸水しても水がそこだけなかなか引きません。
3、人通口をあけるには補強が必要だし、今からではふさわしくはないでしょうね。構造に問題のない部分に水抜き穴を開けたらどうでしょう。また、階段の位置にもよりますが、階段下側に点検口があればのぞける事になりませんか?
基礎の位置が階段上なら基礎のほうに力が伝われば床鳴りの問題はない部位のように読めました。階段がなっても段板1枚ごとの問題でササラや力桁で受けるので今回のつくりとは関係ないでしょう。
4、不要だと思いますが。
5、別にやらなくていいとおもいます。

基礎の平面計画は、構造ブロックに沿って作りパッキンがあっても風の流通がよいように作るのが基本ではないでしょうか。島基礎に近いとは思いますがベタ基礎なのでモーメントは少ないと思われます。構造ブロックから階段下への基礎はつなげて作るべきであったとも思いますがその構造ブロックの広さにもよるので形状は一概に言えません。人通口を作ることは構造が弱くなり補強の必要なことですから四角く完結していることは構造上強いともいえてしまうのです。でも、湿気がこもったら抜けにくいのは確かなので対策をしてもらうのがいいでしょう。床束などがひつような案件ではないように思います。

1、もぐれない・・・一般的ではありません。
2、通気はパッキンで流通しますが床が下がったり、再度防蟻処理する時などはその部分で対処が出来ないということになるかもしれません。極端なことを言えば床上浸水しても水がそこだけなかなか引きません。
3、人通口をあけるには補強が必要だし、今からではふさわしくはないでしょうね。構造に問題のない部分に水抜き穴を開けたらどうでしょう。また、階段の位置にもよりますが、階段下側に点検口があればのぞける事になりませんか?
基礎の位置が階段上なら基...続きを読む

Q家の点検口がありません。

先月初旬から1階天井にねずみがいるみたいなので、捕獲器を設置しようと思うのですが点検口がありません。家は築15年です。
2階にはクローゼックの上にあります。床下も見当たりませんが、多分台所の床下収納の容器を外せば入れると思うのですが・・・。

唯一ユニットバスの天井に点検口がありますが風呂場は家の隅にあり、全体を見渡せませんし、柱とか板とかが打ち付けてあって、そこからはとても進入できません。
詳しい人に聞くと、押入れの天井に穴を開けろと言われました。
ふたは穴より大きめの板を入れて、その上に重りを載せておけばいいとアドバイスを受けました。

2階の屋根裏には入ったことがあるのですが人間が移動する空間がありました。
ですが風呂場の点検口から除くと、1階の天井と2階の床の間のスペースは50センチ程くらいしかなく、とても人間が入れませんし、移動も出来ません。
それに梁も無いので乗ったら抜けそうです。

そこで質問なんですが

1 どの家も1階の天井に人間が入って歩くスペースは無いのですか?
 また、こんな状況のときは、どうしたらいいのですか?

2 押入れに穴を開けるのは正しい方法なのですか?
 
3 2の質問が正しい方法としたら、和室の点検は、目に付かない押入れの上を開ければいいのです が居間、廊下も穴を開ける必要があるのですか?
 

先月初旬から1階天井にねずみがいるみたいなので、捕獲器を設置しようと思うのですが点検口がありません。家は築15年です。
2階にはクローゼックの上にあります。床下も見当たりませんが、多分台所の床下収納の容器を外せば入れると思うのですが・・・。

唯一ユニットバスの天井に点検口がありますが風呂場は家の隅にあり、全体を見渡せませんし、柱とか板とかが打ち付けてあって、そこからはとても進入できません。
詳しい人に聞くと、押入れの天井に穴を開けろと言われました。
ふたは穴より大きめの板を入れて...続きを読む

Aベストアンサー

1にだけ回答します。
天井は人が乗れるようにはできていません。吊り木と野縁という部材で天井は構成されています。
どちらも細い材料で天井板を支えるだけです。絶対に乗ってはいけませんよ。抜けちゃうよ。

一般には天井点検口は1.2階とも設けますが、全くない家もあります。前に家の点検を依頼されて
新たに新設させた経験があります。

ネズミの捕獲ですが、粘着テープの<ネズミほいほい>が良いですよ。毒で殺すと家のどこかで死んだ際
ネズミのダニが家中に拡散します。金網の捕獲機は中で死んだネズミを出すのが面倒です。
その点粘着テープはそのまま捨てられます。(水で殺してから)

Q床下点検口の位置について

 初めて質問します。よろしくお願いします。
 床下点検口の位置についてです。現在新築建築中で、大工工事の後半です。建物を見学に行って、ふと気付いたことがありました。それは床下点検口の位置についてです。
 床下点検口が洗面所内の洗面台の足下付近にあります。つまり、毎朝・毎晩立つ位置の足下にあるわけです。長い目で見ていくと、当然ゆがみや変形が出てくると思います。それが原因できしみや床鳴りの原因になることを恐れています。そこで、現場監督に相談した所、隣接した和室の押し入れ内の床下に点検口を設置してはどうかということになりました。ですが、床下からの湿気が押し入れ内にこもるのも心配です。
 そこで、皆様にご意見を頂きたいと思い、質問させて頂きました。セキスイハウスで建築中で、来週からクロス張り予定という段階です。早めに決定しなければならない段階にあります。どうぞ良いご意見をお待ちしています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

我が家も洗面所に設置してありますが
施工状況が悪く枠が割れた為、交換補修しました。

押入れに設置する事は特に問題無いと思います。
気密・断熱タイプなどを選べば良い訳ですし、
湿気に関しては洗面所でも押入れでも同じですよね。
床下が自在に通れる形なら何処でも良いですが、
孤立している場合は、水廻りの維持管理の出来る洗面所などが良いと思います。

単純に点検目的なら押入れ床でも良いですが
洗面所床なら収納庫を入れることで床下収納として使えます。

Q防蟻処理必要ですか?

現在、住宅新築に向けて、工務店と最終調整中です。
工務店からの減額案で防蟻処理を無くす案が提案されています。
色々調べて見ましたが、防蟻処理の有効年数は5~10年程度みたいで、
有効年数を過ぎても、外壁の仕上げを外したりする必要があるため
新たな防蟻処理をすることはまず無い様です。
そこで、質問です。
有効年数が過ぎたときに、新たな処置をしないのであれば、
最初からしなくても良いのではと思ったのですが、通常は
どのように考えられているのでしょうか。
たとえ最初の5年だけでも、処置をした方が将来的にも効果がある
のでしょうか。
現在の仕様では、土台に桧、柱に杉、筋交いに米松となっているため
公庫の防蟻不要の規定はクリアしています。
御助言よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

シロアリに関しては建築業界では色んな正しくない話しが出回っており、更にいうといかがわしいシロアリ業者はもちろんのこと、まともなシロアリ業者でも誤った知識が氾濫しているというのが現状です。(詳しくは「床下が危ない」でも読んでください)

>最初からしなくても良いのではと思ったのですが、
大正解です。

>通常はどのように考えられているのでしょうか。
間違った常識としてはやるという考えのようです。

>たとえ最初の5年だけでも、処置をした方が将来的にも効果があるのでしょうか。
ないです。

>現在の仕様では、土台に桧、柱に杉、筋交いに米松となっているため公庫の防蟻不要の規定はクリアしています。

であれば必要ないです。

ちなみに、シロアリ対策として本当に有効なのは床下定期点検だそうです。
もちろんベタ基礎も適切に施工されれば効果はあります。
まあ詳細は紹介した本をご覧下さい。

Q床下点検口からすべての床下にいけない!

家を新築中です。

今基礎工事をしているのですが、
見てみると家の北側と南側が基礎(ベタ基礎)で
分断されています。

床下点検口は北側に一つついています。
(ちなみに水周りもすべて北側です)

つまり南側の床下は、床板をはがさないと
点検できません。

営業の人から
南側に点検口をつけるとすれば、
和室に収納庫をつくるプランを
提案されたのですが、
けっこう追加費用がかかります。

他に安くあがる点検口のつくりかた(?)
があれば教えてください。

Aベストアンサー

床下点検口は主に水周りの点検のためのものです。
ですので、南側の和室にもぐることはあまりないかもしれません。
何がなんでも点検口というよりは、点検の時は畳を上げて、荒床(畳の下の板:大抵コンパネになっています)に45センチくらい入れるようはずした部分をつくってもらったらどうでしょう。
費用はただですし。
畳をあげることは専門家でなくともできますし、頻繁に見ることもないと思いますので…。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング