大学院に入りたいのですが、あまりお金がありません。そこで出来るだけ安くはいれる大学院を紹介してほしいです。日本文学を専攻したいです。ちなみに具体的にいうと学費が1年間で70万円位が限度です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=87076
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済学部から法学の大学院へ

私は今大学3年生で、経済学部に在籍しています。しかし、私は専門の経済学よりも法学のほうに興味があり、他大学の法学部の大学院に行き、憲法を専門にしたいと思っています。
私の受験したい大学院は旧帝大で、私の今在籍している大学は私立大学でレベルは偏差値56ぐらいです。
法学部の大学院を受験する際、試験科目である英語の内容も法学に関する問題が出るはずなのですが、その対策はどのようなものが一番いいでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現役の経済学部の大学院生です。
学部が違うので違うかも知れませんが、大学院入試ということであれば、

1.まず基礎固めをきちんとする
2.過去問を解く
3.(可能であれば)進学先の教授にアドバイスを貰う

をやっておき、自分がなぜ法学の道に進みたいのか、どういう勉強をしていきたいのかを具体的かつ系統だって説明できるようにすれば良いでしょう。

英語の試験より、その他の面接や学科試験の方がウェイトが相当大きいほうが普通です。普通に読めれば大丈夫だと思うので、トピックについてはあまり心配しなくともよいと思います。

Q九州大学大学院入試について教えてください

こんにちは
私は今年大学院受験を考えてる大学4年生です
九州大学大学院工学府機械系専攻修士課程への進学を考えています
私は九大生ではなく外部の学生なので,自分なりにできることのすべてを尽くして、過去問が内部の学生にも非公開なので、過去の試験問題の記録や九州大学の学部講義で使っている教科書などを手に入れて一年間勉強してきました
院試まであと3か月となって、もっと何かやらなくちゃいけないんじゃないかと不安です

もちろん私は、九大にただ行きたいというわけではなく、大学院でやりたいことがあるからなのですが、
今皆さんにお聞きしたいのは院試の対策のことでして、実際九大大学院に在学中の方や卒業された方の院試の勉強のしかたや、勉強に使用した本、科目別の必修項目など、九大院試にかかわることでしたらどんな些細なことでもかまいませんので,よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは.
私は現在九州大大学院の機械系修士1年の者です.院試については昨年受けたので色々な知識がありますが,全部は書けないので簡単に説明します.
まず,ご存知かもしれませんが九大の機械系は非常に厳しいのが現状です.希望者の割に定員が増えないからです.昨年は学内の受験者は4分の1が落ちました.学外から受けた人での合格者は1割以下です.しかし,力があれば大丈夫です.1年も勉強していれば大丈夫でしょう.
学内の人間と学外の人間を差別することはないと思います.ほとんどの科目は過去問はあまり当てになりません.ただ,機械工作法と機械設計法という科目は少し内容がマニアックらしく学外者はここで苦戦するようです.だから,この2科目に関しては,できれば友達の九大生に頼んで資料を集めて勉強したほうがいいでしょう.
そのほかには英語と数学が配点が2倍なのでがんばってください.しかし,英語は長文読解のみなのでそんなに難しくないでしょう.
あとどうしても九大!というなら総理工の機械系も併願することをお勧めします.

Q経済学の大学院進学に必要な知識は、どの程度でしょうか?

海外(アジア)の経済系の大学院(修士課程)進学を考えているものです。

大学では薬学を専攻し、今は社会人をしています。

海外の大学院に進学するために必要な経済学の知識を得るためには、最少量でどの程度の経済の知識が必要でしょうか?受験対策ではなく、経済学の学部生なら、このくらいは身につけてて当然というような知識レベルはどの程度でしょうか?

今のところ、(多少の偏りは承知の上で)スティグリッツ入門経済学、およびスティグリッツのミクロ、マクロ経済学を和訳版、英語版両方使って読み進めています。内容は全部理解するつもりです。

独学が主になるので、その他にお勧めというか、必修の教科書がありましたらご推薦お願いします。どこの大学院に行くにせよ、このくらいは絶対に身につけておいた方がいい、というような教科書がありましたら教えてください。

経済学に必要な数学、統計の基礎知識と英語は問題ありません。英語の教科書でも(日本で手に入るのなら)問題ありません。

スティグリッツと多少内容がかぶっていても、エキサイティングな教科書があればご推薦お願いします。

ちなみに経済学の知識はまったくゼロでしたが、スティグリッツを大変面白く読んでいます。最高に面白いですね、経済学って。

皆さまどうかご教授よろしくお願いします。

海外(アジア)の経済系の大学院(修士課程)進学を考えているものです。

大学では薬学を専攻し、今は社会人をしています。

海外の大学院に進学するために必要な経済学の知識を得るためには、最少量でどの程度の経済の知識が必要でしょうか?受験対策ではなく、経済学の学部生なら、このくらいは身につけてて当然というような知識レベルはどの程度でしょうか?

今のところ、(多少の偏りは承知の上で)スティグリッツ入門経済学、およびスティグリッツのミクロ、マクロ経済学を和訳版、英語版両方使って...続きを読む

Aベストアンサー

経済学のどの分野を専攻されるのかわかりませんが、いずれもミクロ・マクロ・数学・統計学・計量経済学の基礎は必須ですね。スティグリッツなどは内容はいい物ですが学部レベルなので、数式を使った表現のものがいいですね。以下は必ずしも「最低限」ではありませんが、いずれも定評があるものです。独学しようとすると挫折の危険はありますが・・

1.ミクロ
西村「ミクロ経済学」
岡田「ゲーム理論」または鈴木「ゲーム理論」
伊藤「契約の経済理論」→英語の文献案内あり
難しいのが好きならマスコレル・ウィンストン・グリーン(D向け)

2.マクロ
・斎藤誠「新しいマクロ経済学」(第二版)
・ドーマー「上級マクロ経済学」→英語版の方が最新
※難しいのがスキなら高田訳「マクロ経済学講義」(やや古いけど、この分野で一番難しいテキスト)

3.数学・統計学
数学・統計学が得意ならなんでも可

4.計量経済学
森棟「計量経済学」、田中「計量経済学」
広松・浪花「経済時系列分析」
難しいのが好きならHayashiかGreene
※統計学と計量経済学は違うものです。コンピュータソフトに習熟しているならそのソフトで分析できる計量のテキスト。Eviews、TSP、Rats、SPLUS、C、R、マトラブなどいろいろ

経済学のどの分野を専攻されるのかわかりませんが、いずれもミクロ・マクロ・数学・統計学・計量経済学の基礎は必須ですね。スティグリッツなどは内容はいい物ですが学部レベルなので、数式を使った表現のものがいいですね。以下は必ずしも「最低限」ではありませんが、いずれも定評があるものです。独学しようとすると挫折の危険はありますが・・

1.ミクロ
西村「ミクロ経済学」
岡田「ゲーム理論」または鈴木「ゲーム理論」
伊藤「契約の経済理論」→英語の文献案内あり
難しいのが好きならマスコレル・...続きを読む

Q生クラスの法科大学院の予備校

伊藤塾もwセミナーもlecも辰巳も生講義(適性試験の)がないので困っています。他の所で、生講義があるところはないのでしょうか?ちなみに、関西地方に住んでいます。

Aベストアンサー

法科大学院対策を行っているのは、その4つの予備校が大手ですから
多分他の予備校はないと思います。
もしあったとしても、受講生の母体数が少なかったり、講師の質が低かったりするのであまりオススメしません。

生講義で聞きたい!という気持ちもよく分かりますが、
正直いって受講スタイルによる学力の差はないと思っています。
生講義の方が、モチベーションを維持できるという人がとても多いですが、そう言う人は結局生講義でもモチベーションを維持できていません。
本気でやる気があれば、生かビデオかなどどうでもいいことです。
それよりも講師の質(自分に合う講師かどうか)や、予備校のフォロー制度が充実しているかどうか、実績を出しているかなどで判断すべきだと思いますね。

さらに適性は、授業云々よりも自分でどれほど多くの問題を解いたかにかかってきますので、受講スタイルはより一層関係なくなってくると思います。
質問内容からずいぶん脱却した話になってしまいましたが
参考になれば幸いです。

Q理系とはいえ、農業経済学の大学院から企業の研究職に就くのはむずかしいのでしょうか? 私は、現在国立大

理系とはいえ、農業経済学の大学院から企業の研究職に就くのはむずかしいのでしょうか?

私は、現在国立大学の農学部四年で農業経済学を専攻しています。
就職活動をする中で研究職に就きたいと思うようになりました。
特に種苗会社で植物育種の研究職に就きたいと考えています。

しかし、農業経済学は農学部の分野でもほとんど文系に近い内容であるため、このまま農業経済学の大学院に進学して研究職をいざ受けるとなると、他の実験を行う研究をしている大学院生に比べて不利になるのでしょうか?

現在、大学院に行くにもこのまま農業経済学の研究が将来の自分の進路を狭めてしまうのか心配です。

農業経済学の修士課程で就活をしている方、企業の人事の方などがいましたら意見をいただけると幸いです。

Aベストアンサー

院に進めば研究者として貴殿は養成されます。
就職で当然ジャンルは変わても研究職教育を受けてるのですから今よりは道が開けます。

Q学費が払えない時は

現在、私の妹が専門学校のような学校に通っています。
大学でも専門学校という名前でもないのですが、
れっきとした学校ではあります。

ですが、私が予想していた通り
学業に追われて、バイトどころではない状態です。
学校への交通費もままならないのに、
俄然として辞めるつもりは無いと言い張ります。
今のバイトも、もうすぐ辞めるようです。

私は社会人として働いているのですが、
学費を貸してくれと言ってきています。
もちろん断りましたが、続けさせてあげたい気持ちもあります。
こんな時、学費を貸してくれる場所はないでしょうか。
新聞奨学金制度などは当てはまらない学校なので、
そういうものに頼ることはできません。

何か御存知の方がいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

国の教育ローンの1つに「教育一般貸付」があります。
保護者名義で申し込めるようです。
・融資の対象となるのは保護者(年間収入の制限あり)。
・融資額は200万以内。
・使いみちは、学校納付金等。
・返済期間は10年以内。
・在学期間以内で元金のご返済を据え置可能(利息のみ返済)
・教育資金融資保証基金の保証(保証料が必要です。)または連帯保証人が必要。
・利率 年1.7%(平成17年3月11日現在)
・取扱窓口 「国民生活金融公庫の各支店」

参考URL:http://www.kokukin.go.jp/kyouiku/ippan/index.html

Q卒業大学により留学可能な大学院(経済学)が異なることがあるのでしょうか?

 大学卒業後すぐに海外の大学院(経済学)に留学する場合、卒業大学(早慶/上智/立教・同志社・明治など)により進学可能な海外の大学院が異なることがあるのでしょうか?
 名の通った海外の大学院に進学するためにはどのようなことが必要なのでしょうか?
 

Aベストアンサー

やはり外国の大学院に永年に亘って優秀な留学生を送つた大学の実績と有名教授の推薦が大きな決定要素になるでしょう

この大学の優等生でこの教授の推薦なら信用出来ると言う事です

例としてアメリカの有名なH大学院のビジネススクールには東大と慶応出身者が多いと言われます、慶応とは大学同士の昔からの繋がりがあるのですが

Q高専専攻科と大学の違い

高専の専攻科を卒業すれば大学と同じ「学士」が取れると聞いたのですが、専攻科と大学ではどう違うんでしょうか?メリット、デメリット等詳しく聞ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

高専の専攻科のメリットは、環境が変わらないことですが、学位授与機構への提出論文や修得単位など、厳格です。多くの高専がJABEEを導入している関係で、JABEEを取得していない大学よりはよっぽど責任ある教育をしています。ただ、大学に比べると閉鎖的だったり、今のところ社会の専攻科への認識が薄いなどがデメリットでしょうか。
大学に併合されることはないでしょう。高専間の統合はあっても。
高専専攻科から大学院は、すごいですよ。
いわゆる有名大学の大学院が、推薦でOKってたくさんあります。旧帝大の中にもあります。

でも、5年生卒業から大学3年への編入学に関しても、旧帝大ですら推薦になってきているところもありますから、いずれ専攻科から大学院へのうまみは消えていくかもしれませんね。

Q今は経済学科の三年生ですが、これから医学の大学院に入りたいですが、難しいですか?いろいろ教えてくださ

今は経済学科の三年生ですが、これから医学の大学院に入りたいですが、難しいですか?いろいろ教えてください!

Aベストアンサー

T京大学、K沢医大とか5千万円程度寄付すれば入れる医学部があるから、大学院も金さえあれば入れるのでは? それにしても大学3年生の質問とは思えないけど、どこの経済学科?

Q博士課程って学費ってかかりますか

博士後期課程って学費ってちゃんと学生は払っているんでしょうか?それとも博士まで行く人はほとんど全員奨学金か何かを貰っているので、実質学費がタダとかになっているんでしょうか?

Aベストアンサー

博士後期課程の学費はあります。だいたい修士と同額くらいだと思います。
ただ博士課程になると高額な貸与額の奨学金を選択できるようになります。

第一種(日本育英会)の貸与額は
博士>修士>学士
のようになっています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報