当期の9月末まで耐用年数38年で会計処理していたものが耐用年数が18年であることが判明しました。9月末時点の簿価が実際の簿価より多くなっているのですが、この差額はどのように仕訳処理すればよいのでしょうか?

臨時償却費/固定資産

という会計処理でよいでしょうか?

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(平成21年12月4日付 企業会計基準第24号 )の適用により、「臨時償却費」勘定も「過年度損益修正損(益)」勘定も使用することがなくなり、かつてそれらの勘定科目を用いていた会計処理は、上記会計基準により処理方法が変わりました。

ご質問の件は、かつては「過年度損益修正損」勘定を用いて処理していたものであり、「臨時償却費」勘定で処理していたものではありません。過去の減価償却費計上が間違っているからです。本件は、上記記載の会計基準に規定する会計上の「誤謬」(上記基準4(8))に該当します。当期首までの減価償却費過少計上額については、過去の損益計算書を通じて繰越利益剰余金の過大計上へと繋がっており、会計処理としては、

繰越利益剰余金(期首)/固定資産

と処理します(同基準21.)。こうすることで過年度の誤計上による訂正額が当期の損益計算書に経由されることなく、株主資本等変動計算書や貸借対照表へと反映されます。尚、当期首から9月末までの分については、当期中にすでに外部報告している(半期や四半期など)のでなければ単なる内部処理ですので、

減価償却費/固定資産

とすれば済むことです。


会計上の「誤謬」の訂正は注記等が必要になりますので、上記基準及び、「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用指針(平成21年12月4日 企業会計基準適用指針第24)巻末の設例などを参考ください。

https://www.asb.or.jp/asb/asb_j/documents/docs/k …


また、税務上の処理については、国税庁が「法人が「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」を適用した場合の税務処理について」という参考資料を提示しています。この中の問6・7辺りが参考になると思います。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/28 19:39

当期に購入して、まだ事業年度の途中であるということでよろしいのでしょうか。

そうだとすると、社内のルールに従って計上してくださいとしか言いようがありません。「臨時償却費」などという科目は聞いたことがありませんが、御社のルールがそうなっているのならそうしてください。
税務上は減価償却費は期末に一括で計算するものなので、年度途中の計上の仕方は関係ありません。その年度内に合計いくら償却費を計上したのかだけが問題になります。したがって、年度の途中がどうであれ、期末時点で正当な額が計上されていれば問題ないはずです。

過去の年度に購入して、決算が済んでいるものであれば、それを修正するためには、過年度損益修正処理が必要です。決算を組みなおす必要はありませんが、今期分の正当額だけを減価償却費として計上し、過去の償却不足であった分については
特別損失(過年度損益修正損)/固定資産
として計上します。
また、税務上は、確定した決算書に償却費として計上した分と税法で決まっている限度額のいずれか少ない金額だけが損金になりますから、臨時償却のようなことはできません。
過年度決算内容の修正については、税法上は当期の損ではなく間違った年度の損となるので、会計上過年度損益修正損を計上したら、その分は税務申告で所得金額に加算する必要があります。過去の間違った決算をした年度の申告については、更正の請求をして税金計算を税務署に修正してもらうことになりますが、減価償却費の場合には会社が決算で計上した分しか認められませんから、後になって過去の分の償却費を追加するというようなことは一切認められません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/28 19:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法定耐用年数を超えたアパートの耐用年数は

築21年の中古アパート(軽量鉄骨)を購入しました
簡便方によりますと、法定耐用年数を超えていますから
法定耐用年数×0.2=19×0.2となって3年となります。

あと10年は十分に持つアパートなので、何とか耐用年数を7年以上にしたいのですが見積法(使用可能期間として見積もられる年数)というのは、どのようにしたらいいのでしょうか。

「税務上、簡便法による耐用年数よりも長い場合には全く問題ありません」といいきる方もおられます。
適当に7年あるいは10年で減価償却を計算して申告しても、税務署で指摘をされないのでしょうか。

3年で減価償却を計算すると0.333になってしまい、賃貸収入より減価償却費の方が多くなります。

Aベストアンサー

法人ですか、個人ですか。

個人の場合は減価償却は強制ですので、耐用年数表によって算出されるそのまま記載するしかありません。
しかし「3年のものを5年で償却してる」者について、違ってるという指摘はまずないです。
節税には反対の方法を選んでる方に、教える必要はないからです。

法人の場合は減価償却が任意で経費計上できます。
例えば耐用年数が10年のものを20年で計算してもよいです。

いずれにしても、簡便法による耐用年数よりも長い場合には全く問題ありませんと言い切る方は正しいです。
税務署では指摘をするのは「耐用年数が、5年のものを3年にした」場合です。

Q会計監査後に判明した請求を、どう会計処理すべきか

当社は3月期決算の公益法人で先日、会計監査が終了しました。ほっとしていたところ、ある会社から昨年度の広告代が未払いなので、至急支払うよう求められました。調査したところ、こちらの手落ちで請求書が書類に埋まっているのが判明しましたが、昨年度の未払い金計上はしていません。
この場合、会計上どう処理すべきなのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

その金額って大きいのでしょうか?
もし、金額的に重要性がないのなら今年度で処理をしても問題ないと思います。
どちらか判断がつかない場合は、監査法人の担当の先生に連絡してどうすべきか質問してみてはどうでしょうか?別に隠していたわけではないので正々堂々と聴いてみたらいいと思いますよ。
まぁ、監査法人にもよりますが、私がお世話になってる先生は凄く懇切丁寧に指導してくれます。解らない場合は何でも相談してみましょう(高い監査報酬を支払ってるわけですから(笑))。あまり悩まずに素直に質問する方が良いと思いますよ。

Q青色申告 耐用年数が過ぎた車を廃棄したときの処理

こんばんは。
素人の質問で申し訳ありませんが、どうぞ、教えてください。

青色申告の処理で困っています。

18年11月に耐用年数が終わった車を19年5月に廃棄しました。
未償却残高が21000円残っています。(事業割合が50%)

今年の帳簿上の処理はどのようにしたらよいのでしょうか?
この21000円をなくすにはどういう処理をしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「除却損」という経費です。

【除却損 21,000円/車両運搬具 21,000円】

Q(減価償却)厩舎と食肉処理場の耐用年数

鶏肉の生産者です。鶏の厩舎と処理場の減価償却について質問です。それぞれの税務上の耐用年数が何年かお分かりの方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

◆鶏の厩舎:(追加)
・鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄筋コンクリート造のもの38年
・れんが造、石造又はブロック造のもの34年
・金属造のもの(骨格材の肉厚が四ミリメートルを超えるもの)31年
・金属造のもの(骨格材の肉厚が三ミリメートルを超え四ミリメートル以下のもの)24年
・金属造のもの(骨格材の肉厚が三ミリメートル以下のもの)17年


減価償却資産の耐用年数等に関する省令の別表第一「機械及び装置以外の有形減価償却資産の耐用年数表」の「建物」の区分の箇所をご覧下さい。
http://kokuzei.hourei.info/kokuzei36.html

Q耐用年数が間違っていた場合の処理。

3月決算法人です。
H10年3月に取得した装置の耐用年数を、他の機械装置と同じ11年としていました(安易すぎた)が、実は、7年でよかったことが判明しました。
こういったケースの場合は、税務上は償却はどうなるのでしょうか?
H9度まで、さかのぼって償却費を計算し直してもいいのでしょうか?
それとも、今年度からの変更と言うことでH14度の簿価に対して、7年の償却率で計算すればよいのでしょうか?
また、税務上はどうなりますでしょうか?
どなたかよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

製造業者における製品倉庫内のラック等に関しては、やはり7年ではなく、別表第二369の「前掲の機械及び装置以外のもの並びに前掲の区分によらないもの」17年を使用するのが原則ですが、耐用年数通達1-4-9で、製造設備の耐用年数を適用できる旨の記載がありますので、貴社の該当する267、11年のままでよろしいかと思います。
ご参考までに通達を下記に掲げておきます。

1-4-9 工場の構内にある倉庫(当該工場に係る原材料、製品等を保管するものに限る。)に設置されているラック(機械装置に該当するものに限る。)、エレベーター、スタッカー等の倉庫用機械設備については、当該工場に設置されている別表第二に掲げる機械及び装置の耐用年数を適用することができる。(昭50年直法2-21「1」により追加)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報