質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

部位は、添付写真参考にしてください。
30形のサークル用のソケットのようですが、そこに32形の方がセットされていて、外側が点灯しない不良品ということで貰ったものです。

5年ほど内側だけで使ってきましたが、外側が点灯しない以外の不具合はありませんでした。先週、その内側が点滅しはじめ、とうとう切れてしまいました。30形は近くのお店に置いていなくて・・

良く見ていると、大/小用のソケットが逆に取り付けられていた事がわかりました。クルットまわしてソケットを正しく付け直してみると、点かなかった外側が点いてくれました。

で、内側のソケットの通電確認をしたいのですが・・2点ならばコンセントの通電とか時々チェックしていたので、テスターで交流電圧チェックできますが、4点式なので如何していいか分かりません。

ソケットの配線は、一般の100v交流用に使われている2本1対のコードになっているタイプで、それが2つ出いて4pinになっています。

切れた30形を試してみましたが反応なしでした。簡単に教えてくれますと助かりますけど・・

「蛍光灯 4pinソケットの通電チェック方」の質問画像

A 回答 (1件)

>で、内側のソケットの通電確認をしたいのですが・・2点ならばコンセントの通電とか時々チェックしていたので、テスターで交流電圧チェックできますが、4点式なので如何していいか分かりません。



蛍光灯の回路は概略↓のような回路です。

http://www.akaricenter.com/mame/mame_keikoto.htm

導通を調べるのであれば、コンセントからはずした状態でプラグとソケットの一端子の導通を調べることになります。
グローランプ方式なら、当然導通の無い端子もあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有難う御座います。
綺麗なすっきりしたものだったのでインバーターだと思ってたが、点灯管がついるので、スタータ式点灯回路になるんですね。3種類もあると思いませんでした(汗)。

おかげさまで回路は分かりました。

・・が、しかし、電力チェックはできなさそうですね~。教えて頂いた方法で導通チェックしてみます。

双方メーカーが違ってたのですが、内側暗かったのに、外側、結構明るいので、ダメでも、このまま使ってみおうと思います。省エネです。有難う御座いました。

お礼日時:2014/09/21 21:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直管蛍光灯について

お世話になります。
早速ですが質問です。
タイトルにありますように直管蛍光灯(直線型)についてですがテスターで使用できるか出来ないかわかりますか?
また、出来ないならば他に確認できる方法を教えてください。
蛍光灯の取り付けが困難な場所にあるため、グローランプなのか蛍光灯なのか付けたり外したりする確認作業の場合、効率がよくありません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「使えるか?」を調べるのは難しいですが、「壊れいる」可能性を調べる方法としては、
・グローランプ(電子式では無いタイプ)
テスターで導通チェック。まったく導通が無ければ壊れている。(グローランプはここに電流を通して発熱させてバイメタルをオフする仕組みなので、使用していないときは導通がある。)
・蛍光灯
直管の場合、左右に2端子づつ有りますが、右側(左側)の2本でまったく導通がない場合、壊れている。(蛍光灯はグローランプが点灯している時に左右2つあるフィラメントを加熱して放電を促している。フィラメントとして動作するためには断線していない必要がある)

ただしこれ以外にも壊れている要素は有りますので、「壊れていない」事の判定にはつかえません。

外したならばNo.1さんの様に呼びに取っておくのもアリかとおもいました。が、取っておく必要が有るのか無いのか(壊れているか否か)はいつか判断する必要がでてきますね。

Q白熱電球や蛍光灯をテスターで。

白熱電球や蛍光灯が使用可能か(つまり、俗に言う球切れじゃないか)をテスターで調べることはできますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

白熱電灯はテスターによる導通検査でほぼ間違いなく良否が判定できますが、蛍光灯はこれだけでは不十分です。

白熱電灯はフィラメントに通電することによりジュール熱を発生させて、フィラメント自体を高温の状態にして発光させるものですから、フィラメントが切れていない、または短絡していないのであれば、まぁ大丈夫と判断しても良いでしょう。しかし、蛍光灯は事情が異なります。蛍光灯にも確かにフィラメントがあり、そこに通電することで温度を高くしているのですが、これは発光のためではなく、フィラメントに塗布された物質を加熱し熱電子を放出しやすくするためのものです。実際の発光は管の両端の電極間で放電が起こることによって行われます。蛍光管の内部にはごく低い圧力でアルゴンなどのガスとごく少量の水銀が封入されていますが、このガス中で放電が起こると紫外線が発生します。そしてガラス管内部に塗られた蛍光物質にこの紫外線が当たると可視光線が出るという仕組みです。したがって、たとえフィラメントが正常であっても、熱電子を発生する物質の劣化があると正常に点灯しません。したがって、テスターでの検査だけでは良否の判定はできません。

おまけ、白熱電灯は単順にヒーターと同じようなものですから、テスターで抵抗値を見れば良否の判断ができますが、実際にテスターで抵抗値を測ってみると、W数と電圧から求められる抵抗値よりも低めの値を示すはずです。たとえば100V 100Wの電球なら計算上は100Ωの抵抗があるはずですが、実際にはそれよりも低い値を示すはずです。これは、金属が温度が低いほど抵抗値が低くなるという特性があるためで、実際に点灯して高温になったときに定格どおりの電流が流れるように設計されているため、テスターで測るときのようにフィラメントの温度が低いときは、定格から計算したよりも低い抵抗値を示します。この傾向はハロゲンランプやクリプトンランプのようにフィラメントの温度が高い状態で使う、効率の高い電球ほど顕著になる傾向があります。実際ににハロゲンランプなどでは温度の低い状態では計算値の半分程度の抵抗値しかないものも珍しくありません。これは、点灯した瞬間、フィラメントの温度が上がるまでは定格よりもはるかに大きな電流が流れることを意味しています。そのため、これらの電球では頻繁な点灯/消灯を繰り返すことは寿命に大きく影響を与えます。まぁ、ハロゲンランプの場合は温度が低いとハロゲンサイクルという現象(これが起こるためハロゲンランプはフィラメントを通常より高温にできる)が起こらないことも大きな要因ですが、いずれにしても明るい、光の色が白っぽい電球ほど点けたり消したりを繰り返すと寿命が大きく縮むということです。

白熱電灯はテスターによる導通検査でほぼ間違いなく良否が判定できますが、蛍光灯はこれだけでは不十分です。

白熱電灯はフィラメントに通電することによりジュール熱を発生させて、フィラメント自体を高温の状態にして発光させるものですから、フィラメントが切れていない、または短絡していないのであれば、まぁ大丈夫と判断しても良いでしょう。しかし、蛍光灯は事情が異なります。蛍光灯にも確かにフィラメントがあり、そこに通電することで温度を高くしているのですが、これは発光のためではなく、フィラメ...続きを読む

Q部屋の電球がつきません?

家の洗面所の天井の電球がついません。
電球を新品に交換しましたがつきません。
業者を呼ぶ前にどこか調べるところはないでしょうか?
スイッチ不良?断線?ソケット不良?
電気に無知なもので、どなたか教えて下さい。
一応テスターは持っております。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

電球のソケットにテスターをあて測定をしてください
(注意 短絡(ショート)などに気をつけて下さい)
スイッチ入れた状態で測定してみて 100v 付近にあれば 電球が悪いと考えられます。
来ないとなると ブレーカーも確認を ONになっているか 両方ともON状態で測定し100v付近が測れれば 問題なし だめなら 配電盤の中のブレーカーを探し出し 入力側をはかり 当然100v 出力側を測り出ていなければ ブレーカーの問題 出ていれば
スイッチの問題 もしくは 送電線の問題となります

Qテスターの使い方がよく分かりません

パソコンのACアダプターが断線していないか調べるために

デジタルのテスターを購入したのですが使い方がいまいちわかりません、

電池のプラスとマイナスにあてたのですが、いまいち反応が分かりませんでした。

もしご存知でしたら、簡単な使い方の事例と分かりやすいWEBサイトなどありましたら
教えてくださいよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

小学四年生からテスター(回路計)を使い始めて50年以上の者ですが、テスター初心者はアナログテスターでテスターの基本を覚えてからのほうがデジタルマルチメーター(デジタルテスター)を理解しやすいと思います。

そもそも、購入したテスターにも簡単な取説が添付されてたと思いますが、その取説すら理解出来ないとなると、簡単な使い方事例でも理解するのは難しいかも知れませんね?

なお、如何なるテスターも「測定レンジ切り換え」があります。
デジタルテスターなら、抵抗(Ω)レンジと直流電圧(DC・V)レンジ及び交流電圧(AC・V)レンジがあるはずです。

ですから、電池の電圧を測る場合は直流電圧測定レンジに切り換えて、電池のプラス側に赤のテスト棒、マイナス側に黒のテスト棒を当てると電池の直流電圧がデジタル表示されますが、オートレンジ機能のないデジタルテスターでは直流電圧レンジ切り換えも必要になります。

ちなみに、ACアダプターの断線を判断するにはアダプター出力に直流電圧が来てるかを確認する方法とACアダプターをコンセントに差し込まない状態でテスターの抵抗レンジまたは導通レンジでACアダプター・ケーブル線の電気抵抗を確認するか導通の有無を確認する方法がありますが、実際に正常なACアダプターで行ってみないと理解出来ないと思います。

http://as76.net/asn/tester.php
【テスターの基本的な使い方】
↑これが参考になるか分かりませんけど電池のプラスとマイナスにリード棒を当てても反応がいまいち分からないようでは、これすら難しいかも知れないですね?

従って、身近にテスターを使える人がいたら実践を交えて直接教えてもらったほうが「百聞は一見に如かず」で理解出来るはずです。

こんにちは。

小学四年生からテスター(回路計)を使い始めて50年以上の者ですが、テスター初心者はアナログテスターでテスターの基本を覚えてからのほうがデジタルマルチメーター(デジタルテスター)を理解しやすいと思います。

そもそも、購入したテスターにも簡単な取説が添付されてたと思いますが、その取説すら理解出来ないとなると、簡単な使い方事例でも理解するのは難しいかも知れませんね?

なお、如何なるテスターも「測定レンジ切り換え」があります。
デジタルテスターなら、抵抗(Ω)レンジと直...続きを読む

Q照明器具(電子安定器?)の電圧について

電子安定器の正常な状態の電圧を知りたくて家のデスクスタンドで
電圧を調べていたのですが不可解な数値が出たので質問させてください。

<状態説明>

安定器:インバーター式(電子安定器?) 定格AC100V 50/60Hz 21W
使用球:FPL27EX-N (金口:GY10q-4)
デスクスタンドは正常に点灯消灯します。(多分壊れていないと思います)

照明点灯したまま電球側のソケット電極(4本のうち手前2本)
にテスター当てて電圧測定すると60Vぐらいだった。

点灯状態で、奥の電極1本にテスターのリード棒と
電気的にどこにも当てていないテスターの反対のリード棒とで22V

電極 リード棒← テスター →リード棒(どこにも触れず)

*上記の片方だけのリード棒使用状態を(A)とします


(A)の状態で、さらに電気的に接続のない方のリード棒に指で触れると38V
(私自身は照明器具およびテスター本体には触れていない)

電極 リード棒← テスター →リード棒 手
 

(A)の状態で、両方のリード棒を接触させると0V
(アナログテスタなのでマイナス表示の可能性もあるかも・・)

電極 リード棒A← テスター →リード棒B (リード棒Aに接触)


<質問>

1 電気的に閉回路でないにも関わらずなぜ電圧があるのでしょうか?

2 例えば、電子安定器を使用している照明に、対応する電球を入れても
点灯しない場合、安定器不良と断定できる確認方法はあるのでしょうか?
(本来はこちらを知りたくてデスクスタンドの電圧値を測定していました。)


よろしくお願いします。

電子安定器の正常な状態の電圧を知りたくて家のデスクスタンドで
電圧を調べていたのですが不可解な数値が出たので質問させてください。

<状態説明>

安定器:インバーター式(電子安定器?) 定格AC100V 50/60Hz 21W
使用球:FPL27EX-N (金口:GY10q-4)
デスクスタンドは正常に点灯消灯します。(多分壊れていないと思います)

照明点灯したまま電球側のソケット電極(4本のうち手前2本)
にテスター当てて電圧測定すると60Vぐらいだった。

点灯状態で、奥の電極1本にテスターのリード棒と
電気的にどこに...続きを読む

Aベストアンサー

1 は誘導(電磁誘導)という現象で周波数が高い場合に顕著に表れます。なぜ、と言う質問にどの程度答えれば良いかわかりませんので上記の言葉で検索してみて下さい。
なお、デジタルテスターだと結構な数値で出る場合があります。アナログテスターだと出なかったり出方が少なかったり。

2 については動作状態での電圧はランプの状態で大きく変化します。点灯開始時は短時間高い電圧が出て点灯したら定格電流が流れるようコントロールされます。
安定器不良と確定するには対応する管球で他の器具で正常点灯するのを確認したり新品を取り付けて、安定器の入力側に定格電圧がかかっていれば安定器の不良と確定してかまわないと思います。


余計なことかもしれませんが、電子安定器と言えばインバーター式が多いわけですが高周波ですので普通のテスターでは正しい電圧は測れません。
それに点灯開始時は電圧、電流とも大きいので高周波電流を正確に測れる測定器がないと判断は難しいでしょう。

Q蛍光灯器具の安定期は素人でも簡単に交換できますか?

蛍光灯器具の内部にある電圧を一定に保つ安定器は素人でも簡単に交換できるのでしょうか?ホームセンターで入手できますか?

Aベストアンサー

安定器ですね。
照明器具の型番がわかれば、メーカーサービスから部品として入手可能です。でも高価です。平均6000円くらいです。新品を買い直したほうが安いくらいです。

それに発売から10年以上過ぎている場合は代替パーツになっていたりするので、付属する説明書をよく読んで作業しなくてはなりません。パーツが無い場合もあります。

ホームセンターで入手できるかどうかはそのホームセンターの取引先によります。常時置いてあることはありません。各社、各型番で違いますから、基本的にお取り寄せです。

作業は電気工事士の資格がないとダメです。その資格を持っている人の監督のもとで、無資格店員が作業することはあります。

素人でも手先の器用な人なら出来ます。でも有資格者に監督してもらわないとダメです。

Q蛍光灯を新しくしてもつかない

電気系統には、ものすごく弱いものです。

キッチンの電気が突然点かなくなり、新しく蛍光灯を買って取り付けましたが、まったく点きません。

40形1198mmを2本使用するタイプのもので、切れたものを持参し、店員さんが持ってきたものなので、間違ったタイプではないと思います。

自分で何かできないかと過去質問を見たのですが、疎いせいかドコを見てどうすればいいか全くわかりません(>_<)

そこで質問です。
1.考えられる原因は何でしょうか?
2.疎い私でも、できることがあるでしょうか?
3.自分で手に負えない場合、コ〇マとかで〇きちのような大型電気店でも出張で見てもらうなどの対応をしてもらえるのでしょうか?(近くに個人店がありません;)

たくさん質問してしまいましたが、何か一つでもアドバイスがありましたら、よろしくお願いします(人´∀`)

Aベストアンサー

まず照明器具の種別ですが、40形1198mmを2本使用するタイプとある所から
40wの直管を2本使用したものと思われます。
球の種類には大きく分けて、グロー式(FL-40○○と表示あり)のものと
ラビットタイプ(FPL-40○○と表示)の2種類あります。
間違うと点かないので要注意です。
ただ古い球を持参したとのことですので、間違いはないものと思います。
一般的に照明器具がつかない場合
 (1)その照明器具の電源スイッチが入っているかどうか調べる
   そんな初歩的な間違いはしないと思われる人ほど壁の奥にある切ったはずはない
   スイッチが切れてあると言うことが多いのでまず調べる。
 (2)普段に使うひもスイッチまたはリモコンスイッチを確かめる
   スイッチを何度か入れたり切ったりするとたまに点灯する場合はそのスイッチの不良。
   リモコンの場合は、電池の確認を忘れない
 (3)球の交換。(種類が多いので間違わないこと)
   グロー式の場合は球とともにグロー球も一緒に交換すること。
   球を交換する場合、落ち着いて完全にセットする。
   40W直管の場合、溝にそってはめ込んでから、球を90度回転させる(かちっと落ち着くところまで)
   球を受けるソケットの部分で無理をすると、内部の半田が外れることもある。
 (4).ここまでしてなお点灯しない場合は、内部の基板やトランスの不良が考えられるので
   修理に出すか買い替えを考える。(使用年数や、価格により修理より買い替えが安い場合もある)

まあ素人の方で出来ることはこんなことでしょうか?

まず照明器具の種別ですが、40形1198mmを2本使用するタイプとある所から
40wの直管を2本使用したものと思われます。
球の種類には大きく分けて、グロー式(FL-40○○と表示あり)のものと
ラビットタイプ(FPL-40○○と表示)の2種類あります。
間違うと点かないので要注意です。
ただ古い球を持参したとのことですので、間違いはないものと思います。
一般的に照明器具がつかない場合
 (1)その照明器具の電源スイッチが入っているかどうか調べる
   そんな初歩的な間違いはしないと思われる人ほど壁の奥に...続きを読む

Q蛍光灯FL、FLRとは?

いろんな本を探してもFL,FLRの意味を載せたものはいないです。FL,FLRの正式名称はなんでしょうか?教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用されている方式で、40ワット型がほとんどです。
 この方式は、安定器など点灯回路が点灯管式やインバータ式とは全く異なり、点灯管なしで、多くのランプが一斉に速く点灯する特徴を持っています。
 蛍光灯にはこのほか、「Hf蛍光灯」と呼ばれるものもあり、記号はFHFです。
 注意しなければならないのは、器具により適合するランプが異なるということで、ランプを交換する際には、必ず適合するランプを確認しなければなりません
 もし間違ったランプをつけると、短時間で端が真っ黒になって点灯しなくなったり、器具の故障の原因にもなります。
 一般家庭で使用されている蛍光灯は大抵スタータ型ですが、お店を経営されている方などで、店舗に40ワット型のランプを使用されている場合は、ランプ交換の際には必ず「FL」「FLR」の違いを確認なさるようにしてください。
 なお、「Hf蛍光灯」は、専用器具でなければ使用できません。こうした器具には必ず「Hf蛍光灯専用」と表示されたラベルが器具に貼られています。

参考URL:http://national.jp/product/conveni/lamp/flourescent/index_g.html

 FL、FLRは、蛍光灯の点灯方式の違いを表す記号です。
 FLは「スタータ型」と呼ばれ、一般家庭で主に使用されている方式です。
 この方式は、以前は点灯管(俗に言う「グローランプ」)と組み合わせて使用するのが一般的で、電源を入れてから点灯するまでに時間がかかり、特に点灯管が古くなるとさらに点灯が遅くなるといった欠点がありました。
 最近では、高周波で点灯するインバータ式が主流となっています。
 FLRは「ラピッドスタート型」と呼ばれ、主に店舗、電車内など業務用に使用され...続きを読む

Q蛍光灯の外側だけつかない

蛍光灯の内側だけついて、外側だけつかない状態が続いています。接続部分はしっかりつけたんですが、同じように内側だけはつくのに外側だけつきません。こういう現象でよくある原因ってなんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的なことですが…
それぞれの蛍光灯につなぐプラグを間違えてませんか?

大用のプラグを小の蛍光灯に…
小用のプラグを大の蛍光灯に…
と間違ってつないでしまうと片方しか点灯しません。
一度ご確認を!

プラグの差し間違いでなく、且つ点灯管がないタイプの照明器具ならば、本体の故障です。
(スイッチ、もしくはインバータ基盤)
この場合は実質的には買い換えでしょう。

Q蛍光灯がつかない原因

天井の蛍光灯がきれて(?)つかなくなり、新しい物と交換しましたが、スイッチを入れてもつきません。
小さい豆球はつくのですが、新しく買ってきた蛍光灯はつかないのです。
配線等は何も触っていないのですが、原因は何でしょう?修理するにはどうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

20W直管型でラピッドスタートやインバーター方式は私は
知らないので安定器タイプの照明器具だと思います。
どこかに必ずグロー球があるはずですけど・・・。
天井直付けの照明器具でないなら器具の横や上側を見てください。
カバーの中に隠れているとゆう事はないと思うんですけど・・。


人気Q&Aランキング