この二つの言葉はしばしばどちらを使ったらよいのか、迷うことがあります。どうもはっきりしないことが多く、気になっています。何かお考えをお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

主観、客観の相違、反対はしませんが。


こんな見方もあるのではと思います、表現の違いで結果は同じと思います。
自然現象の法則に基づく因果関係=原因。
自然の法則に縛られない、おもに人間の心理の影響で結果が表れているもの=理由(心理・考える個人が主=主観)。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お話も大変為になるものでした。存在理由というような言葉がありますが、フランス語では生き甲斐の意味もあると聞いたことがあります。自分なりに勉強してみたいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/09/24 17:58

私もターム、使用の用語としては区別しております。



【私の区別の仕方」

原因:事件や事柄、あるいは事実から因果関係的に何かが起因してくる場合、その事件や事柄、あるいは事実を原因と称しております。

理由:目的や動機、あるいは目指す価値理念をもって何かを起こさせる場合、その目的や動機、あるいは目指す価値理念を理由と称しております。

この区別を私文章から意識してもらえるかどうかは別にして、読み手が素直に抵抗なく読んでくれることを期待してこのように区別しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

見識のある方のご意見はどこか共通点があると感じております。やはり二つの言葉にはそれぞれの意味があるということでございますね。

お礼日時:2014/09/23 12:51

理由は主観的なもの、原因は客観的なもの、ではないかと思います。

とりあえず私はそう感じました。

「当社への志望動機は何ですか?」 → 「~が原因です。」

というのは非常に違和感があります。「原因」では悪い意味であったり、自分の意思ではない事を含んでいます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

伺ってみると二つの言葉はずいぶん違うものですね。ご教示ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/22 12:23

理由は、人間が考えて判断するときの起点で、



原因は、物が物理法則なりで何か変化するときの起点、

という程度のように思います。意識の存在の有無、という捉え方もできますが。

「私がこう判断した原因は」じゃなくて「私がこう判断した理由は」のほうがしっくりくるのし、
「機械が故障した理由は」じゃなくて「機械が故障した原因は」のほうがしっくりくるんですよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おっしゃる通りです。ご教示ありがとうざいました。

お礼日時:2014/09/22 12:22

面白いご質問ですね。

考えさせられました。
ANo.2のご回答が見事に定義していると思いますが、私なりの言い方でくだいて言うと、

・「原因」……人間の意思とは関係ない客観的事象に焦点を絞りたい場合に用いる
・「理由」……その結果をもたらした人間の意思に焦点を絞りたい場合に用いる
となるのではないでしょうか。

(例文)
・「事故の原因は彼が会社から命じられた連日の長時間過密労働にあった。」
・「事故の理由は彼が配達指定時刻に遅れぬよう睡眠を取らぬまま運転を続けたことだった。」
    • good
    • 2
この回答へのお礼

適切な例を示していただきありがとうございました。今後の指針にさせていただきます。

お礼日時:2014/09/22 12:22

Q、理由と原因には決定的な違いがあるでしょうか?


A、主たる違いは・・・。

原因:分析と解明の対象となりうるもの。
理由:理解と納得の対象となりうるもの。

原因は明らかに分析と解明の対象となりうるが、理由は必ずしも分析と解明というプロセスを経ずとも解釈次第で理解と納得ができればよいもの。また、分析と解明とによって明らかになった原因は、理解するとか納得するとかという次元の問題ではなく認識の問題。まあ、「分析と解明の対象は原因、理解と納得の対象は理由」という使い分けでよいと思いますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほどと思います。ご教示を読み直しながら、じっくり考えさせていただきます。

お礼日時:2014/09/22 08:04

物事の経過において、事象の起こる前を指す言葉としては


類義語と言っていいかもしれない。ただ、原因は広義的な
意味合いで使われる事に対し、理由はある一定の価値観に
おいてのみ指し示される事象ではないかと思う。

端的に言えば、原因には理由付けを求められない。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

価値観が入ると客観的でなくてもかまわないということでしょうか。ご教示ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/22 08:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【日本語】電話の受け答えで「はい、どうも〜」の「どうも」って何の略ですか? 「どうも」ってどういう

【日本語】電話の受け答えで「はい、どうも〜」の「どうも」って何の略ですか?

「どうも」ってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

日本人じゃないのでしょうね。何でも聞いて下さいね。
「どうもありがとうございます。」
 の略です。目上の人には絶対に使ってはいけないです。

Q「どうも長い時間お邪魔しました」の「どうも」

 日本語を勉強中の中国人です。

 「どうも長い時間お邪魔しました」の中で、「どうも」はどういう意味でしょうか。それに似ている使い方の「どうも」の例文を挙げてください。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「どうも」は使われる状況によって多少のニュアンスの違いがあるようです。
お示しになられた例の場合は、「どうも ありがとう」という場合の「どうも」に近いものに思われます。
私の小さな辞書には「まったく。ほんとうに」という語義が与えられています。

「どうも」は日本人が日常生活の中でよく使う言葉(表現)のひとつです。
「どうも お疲れさま」
「どうも これはいけませんね」
「どうも お世話になりました」

Q必要以上に怯えたり心配しすぎていることを指す言葉を教えてください 何かありますか?

必要以上に怯えたり心配しすぎていることを指す言葉を教えてください
何かありますか?

Aベストアンサー

杞憂

Qあいさつ言葉「どうも」の詳しい使い方

日本語のあいさつ言葉「どうも」の詳しい使い方がわかりませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

はいろいろな場合に使われていらっしゃいますね。
1、例をあげて詳しく分類してしていただけないでしょうか。
2、「どうも」の広範囲使用の文化的原因は何でしょうか。
3、日本語学習者への使用アドバイス。
文化現象に対する説明は人によって違うかもしれませんので、返答者様なりのご説明をご期待しております。

追伸:海外日本語教育現場で頑張っている一新米日本語教師です。日本文化が大好きですが、日本文化の微妙な感受性をどう把握するかがわからりませんので、生徒さんの質問返答にも困ったりしております。ここの日本人の皆さんの知恵をお借りして優秀な日本語教師を目指して、日本文化を正しくお伝えいたしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。私の質問に対するお答えはそのまま私の日本語授業の読解文に活かさせていただきたいので、できるだけ「ですます体」の詳しいご説明をお願いいたします。

Aベストアンサー

1、例をあげて詳しく分類してしていただけないでしょうか。
(1)成人男性が使う慣用語です。
年輩の女性が使うこともありますが、その後に続く言葉も添えるのが普通です。
成人男性のように「どうも」で打ち切ることは余りありません。
女子高校生などが面白半分で使うことがありますが、親に叱られます。
子供が一人前のつもりで使って、周りの大人が苦笑します。
(2)最も頻繁に使われるのは、比較的近しい関係の人間同士が久しぶりに会った際の挨拶の際です。
(3)年齢あるいは社会的地位の低位者が上位者に使うと近親観よりも礼を失したことになります。
最近の若者が見境なく多用していて年寄りが嘆いています。

どうもお久しぶりです
どうも御無沙汰しています
等の後半部分を省略した言い方です。
どうもありがとうございます
など謝礼のさいにも、省略として使われます。
どうも失礼しました
など謝罪の際にも省略として使われます。
どうもご愁傷様です
などの意味で弔問の際にもつかわれます。

2、「どうも」の広範囲使用の文化的原因は何でしょうか。
「どうもありがとうございます」の意味の「どうも」もは、「どのようにしてもお礼を申し上げる以外に方法がない」という意味からきてきます。
同様に、弔問時にも「どうも・・・」など語尾を濁してつかいます。
「どのようにしても、おくやみを申し上げる以外に気持ちを表すことができない」という意思表示です。
「どうも」で打ち切ることによって自分の意志を曖昧に表現できることから多用されます。
自分の意志を明確に表現しないという日本人独特の習慣文化が背景にあります。

3、日本語学習者への使用アドバイス。
充分に日本の生活習慣になれてからでないと、相手を軽率に取り扱ったという印象をあたえますので、使わないことをお薦めします。

>日本文化の微妙な感受性をどう把握するかがわからりませんので
「どうも」はこの典型です。
後に続く言葉を濁していますので、よほど相手と場所と時を判断しないと非常に難しいです。

1、例をあげて詳しく分類してしていただけないでしょうか。
(1)成人男性が使う慣用語です。
年輩の女性が使うこともありますが、その後に続く言葉も添えるのが普通です。
成人男性のように「どうも」で打ち切ることは余りありません。
女子高校生などが面白半分で使うことがありますが、親に叱られます。
子供が一人前のつもりで使って、周りの大人が苦笑します。
(2)最も頻繁に使われるのは、比較的近しい関係の人間同士が久しぶりに会った際の挨拶の際です。
(3)年齢あるいは社会的地位の低位者が上位者に使う...続きを読む

Q「はっきりものを言う」と「はっきり言う」とはどんな違いがありますかね。

「はっきりものを言う」と「はっきり言う」とはどんな違いがありますかね。
教えてください。

Aベストアンサー

この場合の「もの」は「言葉」という意味のようです。
「自分の思っている事をはっきりと言葉にする」ということですね。
「はっきり言う」では何を言うのかまでは特定されていません。それと「言葉にする作業」にことさら触れていません。だからただ発音をはっきりする意味にも取れるのだと思います。

日本語の「もの」というのは、けっこうむずかしい概念だと思います。
近代の考えでの「物質」という意味とは少し違うようです。
「もの」とは独立して存在している「存在」であって、そういう「もの」の中にも魂があるというような考えがあるようです。
「ものを言う」というぐらいの言葉は言葉自体がものとして影響力を持っているような存在、ものの内、ものの数に入るもの、として認められるのでしょう。
だから「はっきりものを言う」のはただ言葉の発音をはっきり聴き取りやすく言うのではなくて内容に関わる意とわかるわけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報