この二つの言葉はしばしばどちらを使ったらよいのか、迷うことがあります。どうもはっきりしないことが多く、気になっています。何かお考えをお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

主観、客観の相違、反対はしませんが。


こんな見方もあるのではと思います、表現の違いで結果は同じと思います。
自然現象の法則に基づく因果関係=原因。
自然の法則に縛られない、おもに人間の心理の影響で結果が表れているもの=理由(心理・考える個人が主=主観)。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お話も大変為になるものでした。存在理由というような言葉がありますが、フランス語では生き甲斐の意味もあると聞いたことがあります。自分なりに勉強してみたいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/09/24 17:58

私もターム、使用の用語としては区別しております。



【私の区別の仕方」

原因:事件や事柄、あるいは事実から因果関係的に何かが起因してくる場合、その事件や事柄、あるいは事実を原因と称しております。

理由:目的や動機、あるいは目指す価値理念をもって何かを起こさせる場合、その目的や動機、あるいは目指す価値理念を理由と称しております。

この区別を私文章から意識してもらえるかどうかは別にして、読み手が素直に抵抗なく読んでくれることを期待してこのように区別しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

見識のある方のご意見はどこか共通点があると感じております。やはり二つの言葉にはそれぞれの意味があるということでございますね。

お礼日時:2014/09/23 12:51

理由は主観的なもの、原因は客観的なもの、ではないかと思います。

とりあえず私はそう感じました。

「当社への志望動機は何ですか?」 → 「~が原因です。」

というのは非常に違和感があります。「原因」では悪い意味であったり、自分の意思ではない事を含んでいます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

伺ってみると二つの言葉はずいぶん違うものですね。ご教示ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/22 12:23

理由は、人間が考えて判断するときの起点で、



原因は、物が物理法則なりで何か変化するときの起点、

という程度のように思います。意識の存在の有無、という捉え方もできますが。

「私がこう判断した原因は」じゃなくて「私がこう判断した理由は」のほうがしっくりくるのし、
「機械が故障した理由は」じゃなくて「機械が故障した原因は」のほうがしっくりくるんですよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おっしゃる通りです。ご教示ありがとうざいました。

お礼日時:2014/09/22 12:22

面白いご質問ですね。

考えさせられました。
ANo.2のご回答が見事に定義していると思いますが、私なりの言い方でくだいて言うと、

・「原因」……人間の意思とは関係ない客観的事象に焦点を絞りたい場合に用いる
・「理由」……その結果をもたらした人間の意思に焦点を絞りたい場合に用いる
となるのではないでしょうか。

(例文)
・「事故の原因は彼が会社から命じられた連日の長時間過密労働にあった。」
・「事故の理由は彼が配達指定時刻に遅れぬよう睡眠を取らぬまま運転を続けたことだった。」
    • good
    • 2
この回答へのお礼

適切な例を示していただきありがとうございました。今後の指針にさせていただきます。

お礼日時:2014/09/22 12:22

Q、理由と原因には決定的な違いがあるでしょうか?


A、主たる違いは・・・。

原因:分析と解明の対象となりうるもの。
理由:理解と納得の対象となりうるもの。

原因は明らかに分析と解明の対象となりうるが、理由は必ずしも分析と解明というプロセスを経ずとも解釈次第で理解と納得ができればよいもの。また、分析と解明とによって明らかになった原因は、理解するとか納得するとかという次元の問題ではなく認識の問題。まあ、「分析と解明の対象は原因、理解と納得の対象は理由」という使い分けでよいと思いますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほどと思います。ご教示を読み直しながら、じっくり考えさせていただきます。

お礼日時:2014/09/22 08:04

物事の経過において、事象の起こる前を指す言葉としては


類義語と言っていいかもしれない。ただ、原因は広義的な
意味合いで使われる事に対し、理由はある一定の価値観に
おいてのみ指し示される事象ではないかと思う。

端的に言えば、原因には理由付けを求められない。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

価値観が入ると客観的でなくてもかまわないということでしょうか。ご教示ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/22 08:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q友引の葬式?火葬場は休み?

普通友引にはお葬式をしてはいけないと言いますがなぜですか?
また、神式やカトリックでもそうなのでしょうか?友引の日は火葬場は休みと聞いたことがありますが本当でしょうか・

Aベストアンサー

kyaezawaさんが既にお答えの通りです。
仏教でもキリスト教でも友引にはお葬式をしてはいけないということはありません。
「葬儀日程」を決めるときに、「友引」の日に葬儀をすると、語呂合わせで「友を引く」との連想から葬儀をしない習俗がありますが、宗教的な根拠のないまったくの迷信です。もともと「友引」は古い中国の「六曜」(「六曜」は仏教と関係がない。)の中で「共引」、共に引き合う、つまり勝負なし、引き分けを意味する日だったのです。長い歴史の中で「共」の字が「友」に変化したのだす。ですから、友引の日に葬儀を行ってもまったく問題はありません。子供でも笑いそうな漢字の語呂合わせ出しかありません。
ただ、火葬場や葬儀関係者の休業日が友引の日となっている場合も多く、火葬場が休みの場合、現実的にできないのが現状です。
私の地区では、共引の日も火葬場が運営されていますので、共引の日にも葬儀を行っています。しかし、檀家さんの中には気になさる方も多く数的には少ないのも事実です。仏教会では、こう言った迷信を払拭するために、自治体に友引の日に火葬場を運営するように働きかけたり、住職の葬儀を友引に行ったりとかして、払拭しようと努力しています。
以上amida3@坊さんでした。

kyaezawaさんが既にお答えの通りです。
仏教でもキリスト教でも友引にはお葬式をしてはいけないということはありません。
「葬儀日程」を決めるときに、「友引」の日に葬儀をすると、語呂合わせで「友を引く」との連想から葬儀をしない習俗がありますが、宗教的な根拠のないまったくの迷信です。もともと「友引」は古い中国の「六曜」(「六曜」は仏教と関係がない。)の中で「共引」、共に引き合う、つまり勝負なし、引き分けを意味する日だったのです。長い歴史の中で「共」の字が「友」に変化したのだす。で...続きを読む

Q賜杯の意味が二つあります どちらが普通使う意味ですか?

賜杯 1 臣下にさかずきをたまわる
   2 天皇や皇族から競技の優勝者にくださるカップ
とのってますが、どちらが多く使いますか? 

Aベストアンサー

お示しの定義に従うなら、現代の用法では 2. だけで、1. はないです。
理由は、今日では、「臣下」を持つ「殿様」が存在しないから。
従って、今日の用法においては、2. 以外の用法は誤りということになります。

Q葬式欠席理由について

葬式欠席理由について

一般に「無宗教だから」や「他宗教だから」という理由での葬儀参列の断りは失礼に当たりますか?

Aベストアンサー

一般的には失礼に当たるでしょう。

お葬式はふつうは故人や喪主の宗派や希望に添って営まれるもので
参列者の都合に合わせるものではないからです。
なのでキリスト教式のお葬式にお数珠を持って参列した方が大勢いたこともありましたが
こちらでは誰も非常識とは受け止めていませんでした。
故人を悼む気持があればどのような形式でも参列できると思いますが、
断固たる決意があって関わりを持たないのであればそれも生き方の一つかと思います。

もし欠席なさるのでしたら、具体的な理由を伝えるのも大変失礼なことになります。
慶事や弔事が重なったり、行楽など自己都合での欠席の場合は
先方を慮ってや『むをえない都合で欠席いたします』と伝えるのが一般的ですから
欠席の場合も理由を伝える必要は無いと思います。

Q「させていただく」はあまり使わない方がよい理由・原因

文化審議会答申の<敬語の指針>(平成19年2月2日)では、40ページに「『させていただく』を余り使わない方が良いと聞いたが,実際には,見聞きすることが多い」と書いてあります。
http://keigo.bunka.go.jp/guide.pdf
私にはあまりにも唐突で、どうしてそのような問題が生じているのか、どこからそのような議論が始まったのか、などがわかりません。
私も日常的にそのような表現をよく使っていて違和感を覚えていないものですから、どうしてもピンときません。どなたかご説明いただけませんか。
ちなみに下記の動画では、<敬語の指針>の記述内容よりも厳しく制限(禁止に近い)しているような気がします。
http://keigo.bunka.go.jp/chapter3/index.html

Aベストアンサー

最近よく耳にする、させていただく症候群ってやつですね。

慇懃無礼になったり、使い方が間違っていたりするからでしょうね。
「させていただく」をつけるととりあえず丁寧になると勘違いしている人は多いと思います。
文法的に間違っているってことはほとんど無いんですけど、聞いている方としては耳障りだし、回りくどいし、めんどくさくて、あまり良い印象を受けないのは確かです。
メールでも無駄に長くなるし、読みにくいし、やはり良い印象はありません。

「説明させていただきます」って言うなら「説明いたします」の方が解りやすいし、スッキリします。
今日受け取ったメールにも「資料の方、拝見させていただきました」と書いてありましたが、「拝見しました」でじゅうぶんですからね。

Q葬式をする理由(仏教的な葬式)がわかりません。

 そもそも、日本人の大半は仏教の事を勉強してない(筈)なのに、
坊さんに念仏を挙げてもらい、線香を炊き、仏壇に祈るのでしょうか?
 つい最近親戚が亡くなったのですが、僕はそんな葬式には参列を拒否しました。
 世間体で葬式にでる事がいやなのです。
 そうした、仏教の勉強などした事のないやからに、
 「私はこうだから世間体のためだけにやる葬式にはでない」
 という方法を相手が納得する回答を教えてください。
 もしくは
 「こうこうこう言う理由で坊さんは念仏をあげ、線香をあげるのだから、葬式には
 参列すべきだ」という回答でも結構です。

 それなりに宗教(仏教、キリスト教)については勉強してます。詳しくはしてませんが。
 
 

Aベストアンサー

#8です。補足ありがとうございます。以下追加です。

>私は、その亡くなった親戚の人があんまり好きではありませんでしたし、親しい中でも無かったのです。
 そんな人間(私)が、亡くなった親戚の人の葬儀に来て、仮に、霊魂の存在を肯定するとして、亡くなった人の魂が喜ぶでしょうか? 喜ばないと思います。

それでいいんじゃないですか。結局葬式の形式の問題ではなく「心の問題」ということでしょう。

逆にどうしても見送りたい大切な人なら、その人が望むやり方で送る、という意思表明もなされていますよね(お父様の場合は嫌々らしいですが・・)

ここから先は私の経験です。

実をいうと私自身も宗教に対する考え方は質問者様とほぼ同じです。しかし、現在40代でこの歳までに全ての祖父母・叔父叔母数人・実母・友人4人を見送ってきました。友人は病気1人事故3人です。

特に実母の葬式のときに強く思ったのは「葬式というのは生きている人のためのものだな」ということです。

どういうことかというと、生きている人が亡くなった人のことを諦めて「もういないんだ」という気持ちを得るために行う儀式ということです。そこには「救い」という意味も在るのです。

この「救い」を考えたときに、宗教の必要性が高まります。亡くなった方をどうしても忘れることができない、1年経っても3年経っても悲しい・・
そういう場合に「心のより所」として必要なのが宗教で、葬式はきっかけでありそれから仏教なりキリスト教なりを「心のより所(必ずしも信仰しているわけではなく、故人との結びつきのツール)」として宗教を利用する人が多いのだと思います。

質問者様に大切な人を亡くした経験がおありかどうか分かりませんし、質問者様のような方であれば宗教により所を見出す必要もないのでしょうが、普通の人の心はもっと弱いものなのです。
たとえば子供を亡くした母親に、教会の牧師が「あの子は神が望んで天にお召しになったのですよ。あなたはつらいかもしれませんが、あの子はきっと神様のお側で幸せにしていますよ」といえば、それだけでも救いにつながっていくのです。

ですから一般的に葬式をなんらかの宗教形式で行うことに私は違和感を感じません。

質問者様が葬式に出たくないのは「弔いの気持ちがない」からでしょう。逆に弔いの気持ちがあれば形式には拘らずに参加されるのだと思います。

あの人は好きじゃなかったから「葬式には参加しない」それでいいんじゃないですか。

#8です。補足ありがとうございます。以下追加です。

>私は、その亡くなった親戚の人があんまり好きではありませんでしたし、親しい中でも無かったのです。
 そんな人間(私)が、亡くなった親戚の人の葬儀に来て、仮に、霊魂の存在を肯定するとして、亡くなった人の魂が喜ぶでしょうか? 喜ばないと思います。

それでいいんじゃないですか。結局葬式の形式の問題ではなく「心の問題」ということでしょう。

逆にどうしても見送りたい大切な人なら、その人が望むやり方で送る、という意思表明もなされていま...続きを読む

Q続【「させていただく」はあまり使わない方がよい理由・原因】

以前、下記のスレッドが立ちました。
【「させていただく」はあまり使わない方がよい理由・原因】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8968843.html

 興味深い問題だと思いましたが、コメントが1つであっという間に終わってしまいました。
「敬語の指針」の記述ではもの足りないのは同感です。結局どう考えていいのかはわかりません。下記が〈<敬語の指針>の記述内容よりも厳しく制限(禁止に近い)している〉とは当方には思えません。皆さんはどうお考えですか。
http://keigo.bunka.go.jp/chapter3/index.html

 質問者は「させていただく症候群」をキーワードにネット検索して〈詳しく勉強すること〉ができたようです。当方は何がなんだかわかりません。
【させていただく症候群】の検索結果
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%95%E3%81%9B%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%81%8F%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4&ie=UTF-8&oe=UTF-8&gws_rd=cr&ei=De49VdC4OKXUmAXuzoH4DQ

「させていただく」に関して、どのように考えればよいのでしょうか。
 可能であれば、典拠をあげてください。

 ちなみに「敬語の指針」の記述はP.40〜41の下記でしょう。
 基本的には「ア)相手側又は第三者の許可を受けて行い,イ)そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合に使われる」とのこと。
http://www.bunka.go.jp/bunkashingikai/soukai/pdf/keigo_tousin.pdf
================================
1)相手が所有している本をコピーするため,許可を求めるときの表現
「コピーを取らせていただけますか。」
2)研究発表会などにおける冒頭の表現
「それでは,発表させていただきます。」
3)店の休業を張り紙などで告知するときの表現
「本日,休業させていただきます。」
4)結婚式における祝辞の表現
「私は,新郎と3年間同じクラスで勉強させていただいた者です。」
5)自己紹介の表現
「私は,○○高校を卒業させていただきました。」

 上記の例1)の場合は,ア),イ)の条件を満たしていると考えられるため,基本的な用法に合致していると判断できる。2)の例も同様だが,ア)の条件がない場合には,やや冗長な言い方になるため,「発表いたします。」の方が簡潔に感じられるようである。3)の例は,条件を満たしていると判断すれば適切だが,2)と同様に,ア)の条件がない場合には「休業いたします。」の方が良いと言えるだろう。4)の例は,ア)とイ)の両方の条件を満たしていないと感じる場合には,不適切だと判断される。5)の例も,同様である。ただし,4)については,結婚式が新郎や新婦を最大限に立てるべき場面であることを考え合わせれば許容されるという考え方もあり得る。5)については,「私は,卒業するのが困難だったところ,先生方の格別な御配慮によって何とか卒業させていただきました。ありがとうございました。」などという文脈であれば,必ずしも不適切だとは言えなくなる。
 なお,ア),イ)の条件を実際には満たしていなくても,満たしているかのように見立てて使う用法があり,それが「…(さ)せていただく」の使用域を広げている。上記の2)~5)についても,このような用法の具体例としてとらえることもできる。その見立てをどの程度自然なものとして受け入れるかということが,その個人にとっての「…(さ)せていただく」に対する「許容度」を決めているのだと考えられる。
================================

以前、下記のスレッドが立ちました。
【「させていただく」はあまり使わない方がよい理由・原因】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8968843.html

 興味深い問題だと思いましたが、コメントが1つであっという間に終わってしまいました。
「敬語の指針」の記述ではもの足りないのは同感です。結局どう考えていいのかはわかりません。下記が〈<敬語の指針>の記述内容よりも厳しく制限(禁止に近い)している〉とは当方には思えません。皆さんはどうお考えですか。
http://keigo.bunka.go.jp/chapter3/index.h...続きを読む

Aベストアンサー

>「もらう」の謙譲語以外に使うべきでない、と言うのがわたしの主張です。
 「あの人に(から)いただきました」という言い方は、むしろいい感じの言葉ですね。過去のことに使うと、本当に抵抗のない言葉ですね。
 こう言いましたが、食べ物を出された時の決まり文句(挨拶の言葉かな)「いただきます」を忘れていました。ただし、自分でつくって自分が食べる時も言うのだろうか。
 
>「お贈りさせていただけますか」
「贈らせてください」
「お贈りいたします」
 これは「お贈りいたします」でしょう。いっそ「贈ります」がイチバン素直なような……。

「お贈りさせていただけますか」の可能動詞での疑問形は、商用語として使われることが多いし、意味が分かっているのかどうか怪しいので好きな言葉ではありませんが、分かっていて聞いているなら、許可を得ようとしている感じがはっきりしますね。

 話がそれますが、「○○様にご出席いただきました」「○○様がご出席くださいました」この二つの違いは謙譲語と尊敬語との差であるが、前者は「こちらから頼んで来てもらった」と、後者は「向こうから来てくれた」という違いであると、「敬語講座」などには書いてあります。「ほんとかナ?」と考えてみると、そういう気がしないでもない。すると、頼んでいないのに来る「くださいます」と、頼んだから来る「いただきます」とでどちらが有り難いかというと、後者の方かな。やはりこちらの思いが強く出るのが「いただく」なのだな。殺し屋から「お命をください」より「お命いただきます」と言われる方が凄みがあるなあ。

 埒もない話が続きますが、「ください」より「いただきます」の方が使われるのは、現代日本人の「命令形」嫌いに由来するらしい。「ください」の外に「いらっしゃい」「なさい」「おっしゃい」などは、もはや敬語的な言い方ではないと感じる人が増えているのでしょう。大正から昭和初期にかけて使われた「召し上がれ」という言葉は本当に過去のものになり、「お上がりください」、いや「召し上がっていただきます」が上品な言い方になってしまったのかな。
 原節子などが映画の中で使っていた「召し上がれ」「こちらへいらっしゃい」「嘘おっしゃい」のような命令形はもう聞けないのか。

 言葉遣いからわかるように、これは愚痴にも似た感想です。

>「もらう」の謙譲語以外に使うべきでない、と言うのがわたしの主張です。
 「あの人に(から)いただきました」という言い方は、むしろいい感じの言葉ですね。過去のことに使うと、本当に抵抗のない言葉ですね。
 こう言いましたが、食べ物を出された時の決まり文句(挨拶の言葉かな)「いただきます」を忘れていました。ただし、自分でつくって自分が食べる時も言うのだろうか。
 
>「お贈りさせていただけますか」
「贈らせてください」
「お贈りいたします」
 これは「お贈りいたします」でし...続きを読む

Qお葬式休みを取ってよいものかについて。

お葬式休みを取ってよいものかについて。
親戚ではないのですが、親戚同然で小さい時から可愛がって頂いた人が病気のため今危篤状態です。いつ亡くなられてもおかしくない状態です‥。
そこで、もし亡くなられたら‥お葬式には参列したいと思っているのですが、親戚ではないので会社を休んでいいものか悩んでいます。私はどうしても参列したいのですが。。会社には親戚というこにしておこうと思っています。親戚ではないというとややこしくなりそうなので‥(いけない事でしょうか‥)
こういう場合、会社を休んでいいものなのでしょうか?
困ってます。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「親戚の葬儀」ということでよいのではないでしょうか。
正直に「知り合いの葬儀」というと上司の方も会社への手前休暇を認めずらいかもしれません。あなたの方から「親戚の葬儀」といってもらえれば、上司の方も許可を出しやすいかと思います。

それとどうしても葬儀に参列できない場合は、お通夜へ出席するという方法もあります。
また、葬儀はせいぜい2時間程度ですので、もし会社から近隣の場所であれば、半日だけ休んであとは出勤するという形もあると思います。あるいは、1時間だけでも会社へ顔を出すという形をとれば、あなたの気苦労も少しは軽減できるかもしれませんし、会社側もあなたの誠意を組んでくれるように感じます。

Q私個人としても と 個人的にも ではどちらな書き言葉として綺麗ですか?

私個人としても と 個人的にも ではどちらな書き言葉として綺麗ですか?

Aベストアンサー

綺麗、という基準が難しいです。丁寧かどうかに置き替えると、・・

私を「わたくし」と読んでもらえるなら、前者が丁寧に聞こえます。それに較べて後者は簡略で事務的に聞こえます。

Q葬式で饅頭が出る理由

どうして
葬式で饅頭が出るのでしょうか

”ようかん”や”おはぎ”でもいいような気がしますが

どうして葬式に饅頭が出るのでしょうか
あと葬式で使用する饅頭ですが
葬式饅頭ではなく薄皮饅頭はだめなのでしょうか

教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仏教的にみると葬式饅頭を配るのは、「故人の所有していた財物を、広く喜んでもらえる形にして社会に返す」ことが目的である、と言えます。

ひとは生前にはなかなか物欲を断ち切れないわけで、その結果として死後に財物が残るわけですが、遺族はせめて死後にその財産を広く世間に返し、それによって故人の滅罪を図って成仏の因としようとしているのだ、と言えます。こういう行為を仏教では「布施」と言うのですが、その手段のひとつとして饅頭があるに過ぎないので、この目的に合致すれば別に羊羹でもおはぎでもよい事になりますし、実際に地方によっては実際に行われていると思います。

例えば、葬式に際して小銭を入れたおひねりをたくさん準備しておき、墓への道すがらこれをまいたり、あるいは訪れた乞食に施したりする、といった事なら昭和40年代ごろまで全国どこでもやっていました。あるいは、葬式にたくさんご飯を炊いて、村中の人間に食べさせる地域もたくさんありました。
これらは全部「葬式饅頭」と同根の行為で、「喜ばれながらたくさんの人の手にわたる」という共通の目的のためのものです。今でこそ饅頭はさほど珍しくも有り難くもありませんが、時代を遡れば甘くおいしい饅頭は貴重でとても喜ばれたはずですし、日保ちもするしハンディに取り扱うこともできますから、大変重宝したわけです。

※ 以前、似た質問に回答していますのでご参照ください:
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=285355 「お葬式にキャラメル?」

念の為に付け加えておきますが、ただ、このような行為がまるきり仏教の唱導で始まったわけではありません。上に述べた事は、ある程度まで「民俗の仏教的な説明」です。
実際には近世以来、例えば厄年にあたる年齢の人が神社でのお祓いの際に饅頭をたくさん準備して参詣者に配るとか、漁師町でどうしようもなく不漁が続いた時に呑めや歌えやのどんちゃん騒ぎをする、などといったように、ケガレというか一種の危機的状況の逆転を狙ってふるまいや散財をする、という伝統があります。葬式に限らずいろいろな非日常の事態、広義の「ハレ」の折りに我々日本人はふるまいを実践してきた下地があって、そういう精神性があったからこそ、布施としての葬式の布施一般がやすやすと根づいたと言えると思います。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=285355

仏教的にみると葬式饅頭を配るのは、「故人の所有していた財物を、広く喜んでもらえる形にして社会に返す」ことが目的である、と言えます。

ひとは生前にはなかなか物欲を断ち切れないわけで、その結果として死後に財物が残るわけですが、遺族はせめて死後にその財産を広く世間に返し、それによって故人の滅罪を図って成仏の因としようとしているのだ、と言えます。こういう行為を仏教では「布施」と言うのですが、その手段のひとつとして饅頭があるに過ぎないので、この目的に合致すれば別に羊羹でもおはぎで...続きを読む

Q生理的に・・・は男性でも使ってよい言葉?

goo辞書より
生理的
(1) からだの機能や組織に関するさま。「―な現象」
(2) 理屈ではなく本能的であるさま。「―に嫌悪する」

突然すみません。
女性が「生理的に受け付けない」は自然な拒否語と思います。
生理は多くの女性が面倒!?邪魔!?な「月経」の認識が強いので、
男である僕からすると、男性がたまに「生理的にダメ」と言っている
のを聞くと、「ん?」と思ってしまいます。

女性の月経の大変さは男には分かりづらいですが、友人の女性が、
「今日、生理!」と言うと気を使います。

僕もこれまで、男に嫌悪感は持っても、顔見るのも嫌・・・までは思った
ことがありません。
ですが、女性に対してはこれまで職場など身近な所で3人位はそう思う
人がいました。

TVの世界でいえばAKBのリーダーじゃない方の同名の人が出てくると、
チャンネルをかえます・・ご本人に失礼ですね。
すみません、実際会えば大丈夫かもしれないです・・・

男性が「生理的に・・・」はやっぱり、変な感じがします。
皆さん、どう思われますか?
男が言うのであれば、どんな言い方がありますか?

goo辞書より
生理的
(1) からだの機能や組織に関するさま。「―な現象」
(2) 理屈ではなく本能的であるさま。「―に嫌悪する」

突然すみません。
女性が「生理的に受け付けない」は自然な拒否語と思います。
生理は多くの女性が面倒!?邪魔!?な「月経」の認識が強いので、
男である僕からすると、男性がたまに「生理的にダメ」と言っている
のを聞くと、「ん?」と思ってしまいます。

女性の月経の大変さは男には分かりづらいですが、友人の女性が、
「今日、生理!」と言うと気を使います。

僕もこれまで、男に...続きを読む

Aベストアンサー

「生理的」というのは生物一般に使えるもので、女性特有のものではないです。
生理現象は睡眠や食事、排せつなど生きているなら必ず必要となる行動のことで、女性の月経のことではないので、男性が使うのもおかしなことではないです。

意味としては「何か原因(過去に嫌なことをされたなど)はないけれど、嫌い(好きになれない)」ということで、ものすごく毛嫌いするという意味とも違います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング