ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

32歳女です。
現在貯金が1,200万あり、資産運用をしたいのですが、何をどう始めたらいいのかわかりません。
とりあえずネット証券口座とNISA口座を開設しました。
今あるお金はなるべく銀行に残し、今後稼ぐお金を投資しようと思っています。年収は400~500万程です。
金融商品にもいろいろあり、正直何を購入していいかわかりません。
堅実な商品があれば、貯金を切り崩してもいいと思っています。
何でもいいので、アドバイスがありましたらよろしくお願いします。

*自分に投資するなどのアドバイスは、今回はお断りさせていただきます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

本 投資初心者」に関するQ&A: 株式投資の初心者はウォーレン・バフェットの本は読むべきですよね?

A 回答 (7件)

32歳で1200万円の貯金はすごいですね。


きっと貴方は倹約家なんでしょう。

投資にはいろいろありますが、ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンです。
株はうまくいけば大儲けできます。
今後、日本株は東京オリンピックに向け、上昇傾向にはあります。
ただし、株に”絶対”はありません。

また、売買による利益を目的とするのではなく、「配当狙い」で持つのも”あり”です。
配当利回りがいいものは、銀行の定期預金の金利の100倍くらいあります。
某大手メガバンクは配当利回り3%くらいあり、NISAなら配当に税金かからないし株価も安く変動もあまりなく狙い目でしょう。
私は、その銘柄を配当狙いで1万株持っています。

>堅実な商品があれば、貯金を切り崩してもいいと思っています。
銀行の定期預金は、ノーリスクで普通預金より金利はいいです。
また、ネットバンクの定期預金は、店舗を構える銀行より金利がさらにいいです。

参考
http://www.woman110.com/200807/

また、MRF,MMFは投資信託ですが、安全で元本割れはまずありません。
なので、利回りは大したことありません。
店舗を構える銀行の預金よりはいい、というくらいですね。

参考
http://www.nikkei.com/money/savings/mmf.aspx

”堅実”でいくなら、この2つでしょう。
また、ひとつに集中させるのではなく、分散して預金・投資という方法もありでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても参考になりました。
ハイリスクハイリターンも少しやってみようと思います。

お礼日時:2014/09/24 18:43

私も同じように余剰資金を投資してみたいと考えて、「お金は銀行に預けるな」など


初心者向けの投資の本を3冊ほど読んだ後、実際に始めてみました。

本に書いてあった通り、コストの安いネット証券の口座を作り、
ノーロード(購入手数料無料)で分配金再投資型(分配金を受け取らず自動的に買い増しする)の
インデックス投資信託(人間の読みは入れず経済の流れに乗って機械的に投資する)の中から、
信託報酬(運用手数料)ができるだけ安いものを選び、
これまた本に書いてあった通り国内株式と債券、海外株式と債券の4本の投資信託を購入し、
以後、各投信に毎月1万円ずつ積み立てています。

最初の購入は、各投資信託50万円ずつ、計200万円。
その後、年2回のボーナス月に、投資信託口座に24万円を移し、
毎月自動的に1万円×4投信=4万円ずつ買い増ししていく運用を続けています。
最初の購入が2009年2月なので、ここまで5年半続けてきたことになります。

その結果、現在4本ともプラスで、最大プラスは海外株式で+120%超。
4本合わせた時価評価額約770万円、評価損益約+300万円という運用状況です。

私の場合、始めたのがたまたまリーマンショックの底だったことも幸いしましたが、
基本的にはボーナスが出るたびに24万円を口座に移すだけの手間で、
あとは放っておくだけで、これだけプラスが出ています。

まずは、本を読んで勉強すること。
ローリスク・ローリターンの投資信託を、とりあえず始めてみること。
あとは、アタフタせず放っておくこと。
投資は、ギャンブルではありません。
きちんと勉強して、欲を出さずにそれを実践していけば、高い確率でリターンを得られるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。まずは勉強しようと思います。

お礼日時:2014/09/26 20:37

資産運用を行うにはリスクが伴いますから、どの金融商品に


どの程度のリスクがあるか、知っておいた方が良いです。

例えば、株投資は95%の人が損をしています。
FXは約90%が損、投資信託も約90%がマイナスです。
外貨預金のパーセンテージは分かりませんが、ハイリスク・
ローリターンなのは確かです。

現在預貯金の1200万円を銀行に残すのは、賢明な考え方です。
新たにお金を貯めながら、資産運用の勉強されるのが最も良いと
思われます。
資産運用の勉強をしないで投資を行うのは、地図を持たずに
航海に乗り出すのと同じぐらい危険です。

それでも何かに投資したいと言う事であれば、「純金積み立て」
をお勧めします。
興味があれば、一度、調べてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。しっかり勉強してから始めようと思います。

お礼日時:2014/09/25 20:41

こんにちわ。

手短にお手伝いします。

貴女は32歳とお若いので、受身運用・分配ゼロ・低コスト・全サイズ・全業種の株モノの投資信託を購入し、毎月や毎年に定額をひたすら追加し、30年間は一円も引き出さない投資法が最適と考えます。

世間では「銀行預金は安全。国債も安全。社債もまだ安全。株は危ない」とか言います。しかしこれは全くの勘違いなのです。事実は真逆で、一番安全なのが株で、最悪に危険なのが銀行預金なのです。国債も危なすぎる。理由はインフレです。インフレは目に見えませんので、多くの人がその恐ろしさに気が付かない。

アベノミクスで物価が年2%上昇する今、銀行預金では預金の購買力が減る一方です。国債もインフレに完敗です。日本に限らず、世界中のほぼ全ての地域で物価は上がり続けています。

今10,000円のモノは、年2%の物価上昇により、10年後には12,190円(=1.02の10乗)になります。10年国債は0.34%の利率なので、今10,000円の投資は10年後に10,345円(=1.0034の10乗)になります。今買えるあのモノは、10年後には1,845円(=12,190-10,345)足りずに買えない。国債に投資した人は345円儲けたと思うでしょうが、実は1,845円も損しているのです。名目損益はプラス345円で実質損益はマイナス1,845円です。MMFなどの擬似現金投資はさらに酷い。

MMFや国債で儲かったと言う人は、負けているのに勝っていると勘違いをしているお気の毒な人なのです。

アメリカにSP500指数という平均株価指数があります。日本でいうところの日経平均株価、のアメリカ版です。下サイトのS&P500 Total Annual Returns表の下部にCAGR 10.40%とあります。1970年~2013年の約40年間における単年度換算利率が10.40%という意味です。年10.40%で40年間運用すると、投資額は52倍(1.104の40乗)になります。

SP500の1970~2013:
http://en.wikipedia.org/wiki/S%26P_500

ちなみに、2004年~2014年の10年間は、年8.38%でした。投資額は2.2倍(=1.0838の10乗)になりました。リーマンショックやギリシャ危機など、いろいろあった10年でしたが、株価は何事も無かったかのように普通に堅調。リーマンショックの暴落すら、2年後にはリーマン前の水準に元通り。暴落しても、慌てる必要など欠片もありません。放置しておけば勝手に元に戻ります。これを買い持ち戦略(Buy&Hold Strategy)と呼びます。「買った+昼寝した+起きた=金持ちになってた」とかいうウソみたいな本当の戦略、戦略と呼ぶのに気恥ずかしさすら感じる戦略です。

お薦めの投資信託は、Vanguard社が運用するVTI(アメリカ株・全サイズ型)若しくはVT(世界株・全サイズ型)です。下のリンクで情報が収集できます。VTIはSP500(大型)・SP400(中型)・SP600(小型)を時価総額比率で混ぜ合わせた投信で、まるでアメリカ合衆国株式会社です。

https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/investmen …

32歳・年収400万円で財産が1,200万円とのことで、貴女はトーマススタンリー教授(ニューヨーク大学)が提唱する蓄財優等生(=年齢×年収÷10)です。1,200万円もキャッシュで保管するのは、インフレに喰われるだけですので勿体無いです。1,200万円を2~3年かけて少しずつ株に変えて、その間も、毎月の稼ぎから一定額を株に入れ続け、最終的には全財産に占めるキャッシュの割合を一桁にするが良い。ちなみに小生の現金比率は2.4%で、97.6%が株です。リーマンショックの時は、、、良い思ひでです。

「株は危ない。国債は安全」とか頻繁に巷で言われますが、勘違いもここまで酷いと、他人事ながら可哀そうだと思いませんか?最後に、チャールズエリス「敗者のゲーム」、ジョンボーグル「マネーと常識」を読むことをお勧めします。

健闘を祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。すごいですね。私はそこまでの勇気はありませんが、株は非常に興味があります。

お礼日時:2014/09/25 20:39

貴方のリスクは日本は破綻する事です。


金融機関では2018年問題と言われてます。
一般では2025年問題と言われてます。
YAHOOで2025と入れて下さい問題の内容が解ります。
金融機関での2018年と早いのは市場は先取りするからです。

リスクは自分(円)から遠くに取る事です。
リスクをとる割合の基本は100歳-自分の年齢です。

投資効率が高いのは1.世界のGDPの割合で投資することです。
2.世界の市場規模で投資する。
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF【VT】
世界8,000銘柄が入ってますのでこれ1本でいいわけです。
ただアメリカのETFですので配当がある事(複利のほうが投資効率が高い)取引手数料が高くつきます。
日本では、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF【VT】から日本を除いたeMAXIS 全世界株式インデックス、SMT グローバル株式インデックス
があります。
SBI等のインターネット証券では購入時手数料なし、信託報酬Emaxis0.63% SMT0.53%
分配金もほぼありませんから複利効果が高い。

アメリカがQE3から出口戦略に入るので株価は下がるかもしれません。
毎月定額で買って対応するのがいいと思われます。
基本2018年までに

貴方の運用で日本の割合が8%(世界における日本のGDP割合)なら正常な感覚です。
自分がアメリカ人として自分の資産運用みたら変ではありませんか。
投資とゆうのはどの国の人が運用してもおなじようになるはずです。
それが世界のGDP割合(及び市場規模)が合理的とゆう事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。いただいたコメントを調べてみます。

お礼日時:2014/09/25 20:38

証券会社にお金を 預けて、何もしない。



で、そのうち 日本発で無い暴落が 必ず起きるから まあ、長くても4年もたてば・・・・

そのとき、日本株式会社を買う それは「日経225連動型上場投資信託・ETFなど」を 買う

暴落してますから、若干勇気が要りますが、日本発でない限り 長くて 3年までに 元のベースに戻る。
まあ、倍の200%、最低 150%位かな?
で、売り払って、また、現金を握り、また、次のショックを待つ。

銘柄株っても、JAL 東電・・・いずれも、過去は鉄板だった・・・
投資信託っても、ファンドマネージャーの才覚で稼いでいるのは ほとんど皆無(ゼロとは言いませんが)。日経平均に連動して上がってるだけ。

お手持ちの、1/3 位突っ込んでもいいんじゃないですか、ハイリターン狙うなら
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。壮大な考えですね。

お礼日時:2014/09/25 20:36

 私も退職金が3000万ほどあります。


どんな投資もリスクがありますので、一番安全な国債を2000万買いました。
それ以外は定期預金です。堅実が一番です。
 それだけ金を持っているならマンションを買えば、家賃を払う必要がないので実質的に確実な投資になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
今のところ実家ですが、マンション購入もいいですね。

お礼日時:2014/09/24 18:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q対内直接投資と対外直接投資は英語で?

対内直接投資と対外直接投資の英語が分からなくて困っています。
英語ではなんというのか、また、このような単語が載っているオンライン辞書などあれば教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

wikipediaにはこのように定義されています
日本では、日本企業による海外の企業に対する直接投資を対外直接投資、海外の企業による日本企業に対する直接投資を対内直接投資というが、これらは法律上の用語で、一般にはそれぞれ海外直接投資、対日直接投資といわれることが多い。
自国資本が外国に向かう対外直接投資(outward Foreign Direct Investment,outward FDI)と,外国資本が国内に入ってくる対内直接投資(inward Foreign Direct Investment,inward FDI)の双方向があり,この両者を合わせて統一的に把握する場合には,国際直接投資(International Direct Investment,IDI)と呼んでいる.


http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_3359.html

Q株式投資以外の資産運用

株式投資を7年しています。
サブプライム・NHK職員のインサイダーを聞くと
個別銘柄に投資するのが馬鹿らしくなりました。
そこで質問です、個別銘柄への投資をしないで資産運用をして
なおかつ実績を上げているかたが居たら具体的に教えてください。
例えば、投資信託の分散投資、外貨の定期的な売買、実績年利5%
などです。

インデックスファンドに関する抽象論など、屁理屈はいりません。

Aベストアンサー

FX(外国為替証拠金取引)
経験例です。
USドル円、106.55買1万ドル、107.07売り、為替差益5200円スワップ432円合計5632円。保証金は20万円。
1月16日12時35分から1月17日9時50分、所要時間21時間25分。

補足要求
外貨を定期的に売買するって、どういうこと?

Q初心者におすすめの投資方法

はじめまして。
投資に興味を持っていますが、投資といっても種類が多すぎて何をやるのがいいのかよく分かりません。
やってみたい投資の条件としては
・初心者にもとっつきやすい投資である事。
・軍資金は30万円なので、30万円で出来る投資である事。
・負けても最大30万円しか損しない投資である事(30万円が0になるのは諦めがつきますが、マイナスは勘弁してもらいたいです・・。)

このような条件に合うおすすめの投資とはなんでしょうか?
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

株取引でも、信用取引をやらなければマイナスになることはありません。たとえば、会社が上場廃止になっても、損は現金取引のみでやれば30万円までです。
投資信託でもよいですね。何がよいかは勉強の必要ありです。
債券に投資しているものがローリスクです。
後は、日本国債がローリスクです。国がつぶれれば紙切れでしょうが、そんなことは数十年ないでしょう。
マネー関係の雑誌が何種類かありますね。あの手の雑誌でちょっと調べてみたらいかがですか。

Q5年後に住宅購入の頭金にするための資産運用方法アドバイスください

こんにちは。よろしくお願いします。

30の会社員で嫁、子供1人持ちです。
このたび、5年後の中古住宅購入に向けて資産運用を
自分なりに勉強し考えました。

貯める目標金額は1250万円です。
【月々運用可能額】
(1)財形貯蓄:\70,000-
(2)個人国債:\20,000-
(3)外貨MMF豪:\10,000-
(4)投資信託:\10,000-(グローバル・ソブリン・オープン)
半年ごと1回のボーナスを国債:\250,000- 定額貯金:\250,000-

1年後:232万円+α
5年後:1160万円+α
α=90万円必要。増やすには利回り3~4%必要になります。

今回初めて投資を行うのが月1万円の投資信託です。
長いスパンで投資を見たほうが良い場合、今ある貯蓄分500万を
資金に回してもいいかとも考えております。

これから短期5年、貯蓄の運用方法の方向性を決めたいので、
賢い運用の仕方アドバイスお願いできないでしょうか。
何でも構いませんのでアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>5年後に住宅購入の頭金にするため
なのであれば、少ししか増えなくても元本保証の商品、定期預金中心がよろしいでしょう。

商品性を勉強というか、把握すべきです。
>(2)個人国債:\20,000-
個人向け国債は3ヶ月に1度の発売です。また、満期が5年か10年です。5年後に必要なお金なら、来月募集の5年物が最後では?中途解約すると、利回りが低下します。5年後を考えると向きません。

>(3)外貨MMF豪:\10,000-
今、豪ドル安になりつつあります。アメリカの景気減速が世界中に波及して、金利の低下が起きています。豪ドルは高金利通貨なのですが、その魅力が薄れると通貨自体が安くなって、為替差損を抱えることになります。可能性としては、5年後、回復もあるかもしれません。

(4)投資信託:\10,000-(グローバル・ソブリン・オープン)
この投信、毎月分配型なら、別な商品が良いです。積立しながら分配金をもらっても資産運用からは無意味です。また、この投信はドル安には耐性があるのですが、ユーロ安には弱いと思います。今、ユーロ安が始まったところです。

>利回り3~4%必要になります。
ざっくり言って投資額全体の30~40%を株式に回すと達成できると言われますが、価格変動がある資産ですので、5年後にプラスするかどうか、保障はありません。

アドバイスとしては、財形はOK豪ドルMMFをやめて財形を増やす。投資信託はできればやめること。定期預金の利率が高いネット銀行で1年定期を繰り返すこと。国債は利付き2年物を償還まで保有すること。資金を減らすと、夢がかないませんので、増えなくても手堅くいくことをお勧めです。たぶん、元本割れを経験したことがない方は、耐えることができにくいと思われます。
また、本業の年俸、ボーナスを上げるような仕事をするのが、もっとも有効な資産運用です。これは、ほとんどノーリスクです。

>5年後に住宅購入の頭金にするため
なのであれば、少ししか増えなくても元本保証の商品、定期預金中心がよろしいでしょう。

商品性を勉強というか、把握すべきです。
>(2)個人国債:\20,000-
個人向け国債は3ヶ月に1度の発売です。また、満期が5年か10年です。5年後に必要なお金なら、来月募集の5年物が最後では?中途解約すると、利回りが低下します。5年後を考えると向きません。

>(3)外貨MMF豪:\10,000-
今、豪ドル安になりつつあります。アメリカの景気減速が世界中に波及して、金...続きを読む

Qあすすめのモバイル機器(株式投資用)は?

自宅のPCでネット株式投資をやっております。外出先でネット株式投資を行いたいのですが、PDAでも不便はないか、ノートPCがよいのか、果たしてザウルス(シャープ)か?
経験者の方、お薦めのモバイル機器、注意すべき点なども併せてを教えて下さい。

Aベストアンサー

Windows+IEの組み合わせでなければ使えないサイトがあるかもしれません。

私は、Zaurus SL-C860ユーザです。最新機種の場合はわかりませんが、860の標準のブラウザでは利用できない証券会社がたくさんあります。料金的にはbitwarpPDAがお勧めなのですが残念です。

ただし、もしLinuxに詳しければOSをpdaXromに替えてFireFoxを使えば、多分、たいていの証券会社が利用できます。当方ではこの環境で、野村證券(電子証明書方式)、イートレード証券、楽天証券で取引した実績があります。

参考URL:http://pdaxrom.sourceforge.jp/wiki/

Q資産運用について

例えばの話ですが余裕資産が2億くらいあれば、株や投資信託の運用に回してしっかり管理すれば生活する分には十分な収入になるのでしょうか。

Aベストアンサー

私見ですが、なると思います。

30~35万円/月くらいあれば、ちゃんとした生活はできると思います。
そのために必要な利回りは1.8~2.1%です。
2%くらいの運用なら、素人でも十分可能ではないでしょうか?

極論ですが、外貨なら普通にこのくらいの利回りの国があります。
そこの通貨で貯蓄し、利息は為替の動向を見ながら円に換金し、最悪、当該通貨が暴落するようなことがあればその国に移住してしまえば為替リスクはほぼ解消できます。
ちょっと趣旨からズレるかも知れませんが。

Q「株は投資、FXは投機。」

「株は投資、FXは投機。」という意味がよくわからないのですが
投機を調べたら
「投機(とうき)とは、短期的な価格変動の目論見から、利ざやを得ようとする行為。 」
とのことですが、
株は長期、FXは短期という意味が、「株は投資、FXは投機。」なのでしょうか?

Aベストアンサー

株式投資の場合は事業に出資している訳で、利益がでれば理屈の上では儲かります。
また、経済成長も長期的に右肩上がりだと考えられるので株式投資の場合は世界に適切に分散していけば理屈の上では長期的には利益になる筈です。

FXはどうかと言うと、USD/JPYを考えると、100万円分をロング(ドル買い)にすれば、丁度100万円分をショートする人がいて、それで為替レートが決まってきます。ロングにする人はドルを買えば儲かると考えていますが、ショートする人は円を買えば儲かると考えています。
つまり、為替リスクの本質は見通しの違いにかけているリスクです。
だから、どちらが有利とはいえない。
また、金利差に伴うスワップポイントは、スワップポイントが受け取れるポジションは長期的に為替で損をするだろうと考えているから金利の高い通貨はそのまま放置されています。
為替の基本常識として「高金利通貨は長期的に下落する」・・・

誤解しないで欲しい点は株式もやり方を間違えば投機になります。
FXは個人レベルでは投機と考えて良い。
なぜならば、FXの場合は個人では情報弱者だからです、もしも疑うのならば為替ディーラーの仕事を5年間やってみる事です。
FXでは状況判断ができない人は必ず負けます。
結局は情報弱者だから、闇雲にやっているのです、それでは投資とは言えません。

期待リターンの考え方については、こちらをじっくり読んでみてください↓
http://www.tsurao.com/archives/1637194.html

http://plaza.rakuten.co.jp/isyamazaki/diary/200605190000/

相場は相場に聞け↓
http://blog.livedoor.jp/takachan1968/archives/12670039.html

FXは、世界最上級、最高級のカジノだと考えておきましょう。
要は、FXは資産運用の場では無いって事。
スワップポイント狙いも単なるカジノです。
FXは短期であろうと長期であろうと投機です。

最後に、株式は投資のやり方を間違わなければ多くの人は投資になる筈です。
デイ・トレーダーや信用取引でのレバレッジをかけるのならば株式の本質価値では無くて値動きから利益を得ようとすれば投機だと思います。

最終的な判断は自己責任です、質問者様の方でも考えて慎重にご判断ください。

参考URL:http://www.tsurao.com/archives/1637194.html

株式投資の場合は事業に出資している訳で、利益がでれば理屈の上では儲かります。
また、経済成長も長期的に右肩上がりだと考えられるので株式投資の場合は世界に適切に分散していけば理屈の上では長期的には利益になる筈です。

FXはどうかと言うと、USD/JPYを考えると、100万円分をロング(ドル買い)にすれば、丁度100万円分をショートする人がいて、それで為替レートが決まってきます。ロングにする人はドルを買えば儲かると考えていますが、ショートする人は円を買えば儲かると考えています。...続きを読む

Q資産運用について

現在、資産運用をしようかと考えています
ローリスク、ローリターンのものがいいと考えているんですが
株やFXなどいろいろ種類があってイマイチどれがいいのか分からず
迷っています。
また、今まで資産運用をしたことはなく、今回が初めてです。

初心者向けのローリスクローリターンの資産運用にはどういうものがあるのでしょうか。
教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

>初心者向けのローリスクローリターンの資産運用にはどういうものがあるのでしょうか。
 ローリスクローリターンでの資産運用であれば国債か金利が比較的高い定期性預金になるかと思います(資産運用なのと思われるかもしれませんが双方とも立派な金融商品ですので資産運用と言えます)。ただ何も考えずに固定金利の国債、定期預金等に長期預入してしまうと物価上昇時に元本割れする可能性があります。

 なので変動金利の個人向け国債もしくは預入期間を短期間(1年、金利がある程度上昇すれば複利を狙い3年)の定期預金を自動継続で利用されてはと思います。ただ個人向け国債は最近利息計算が変わり、高金利時の利息設定が悪くなりましたので定期預金をおすすめします。

 預ける金額が多いようであれば幾つかに分けて預入時期や期間を変えてみるのも良いかと思います。なお定期預金であれば大手銀行よりもネットバンクのほうが高めで、キャンペーン等で金利が高い時期もあります。ただペイオフには気をつけてください。

 ただ定期預金では利息があまりに少ないと考えられるのであればリスク資産である株式や投信が資産運用先の候補として上げざるおえなくなります。

 損失から考えると株式は無価値になる可能性があり、投信は市場平均に連動するインデックス投信やETFであればおおよそ半額程度になる可能性があります。なのでご質問者様の中でこの額は損失になっても構わないという額を決め、その額の範囲内で株式を購入するか、その倍程度の額でインデックス投信やETFを購入されれば良いかと思います。

 また投信には投資する対象で国内外の株式や債券、不動産、コモディティ、それらを組み合わせたバランス型など様々な種類がありますので分散して購入されても良いかと思います。時間を分散して購入するのも良いかもしれません。

 ただリスク資産を購入する場合はリスク資産の知識をある程度得て組み合わせをご自分で考え納得されるようでないといけないのではと思います。自分には難しそう、理解出来ないのであれば安定資産の中で工夫を考えられたほうが少なくても大損はしないと思います。

参考になれば幸いです。

>初心者向けのローリスクローリターンの資産運用にはどういうものがあるのでしょうか。
 ローリスクローリターンでの資産運用であれば国債か金利が比較的高い定期性預金になるかと思います(資産運用なのと思われるかもしれませんが双方とも立派な金融商品ですので資産運用と言えます)。ただ何も考えずに固定金利の国債、定期預金等に長期預入してしまうと物価上昇時に元本割れする可能性があります。

 なので変動金利の個人向け国債もしくは預入期間を短期間(1年、金利がある程度上昇すれば複利を狙い3年...続きを読む

Qネットからインド株の投資信託をするには?

ネットからインド株の投資信託をするにはどうしたらよいのでしょう?
投資の額は始めは10万円くらいからにしようと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1. ネット銀行やネット証券について情報を集めましょう。
  インド株式型投信を扱っているかもそのときに確認しましょう。
2. 使えると思ったネット銀行やネット証券に口座を開きましょう。
3. その口座にお金を振り込みましょう。
4. あとはインターネット経由でログインして投資信託を買うだけです。

たとえばイーバンク http://www.ebank.co.jp/ では
http://efantasia.ebank.co.jp/toshin/fund/index/FC/9R31106C
http://efantasia.ebank.co.jp/toshin/fund/index/FC/83311049
http://efantasia.ebank.co.jp/toshin/fund/index/FC/3431104C
http://efantasia.ebank.co.jp/toshin/fund/index/FC/5131104B
を買うことができます。

問題は投資できる資金のうちどれだけの割合をインド株式型投信に投資するかです。

私ならばインドだけに投資するのは怖いので世界の新興国全体に分散投資したいと
考えます。さらに過去のデータを見ると新興国株式は非常にリスクが高いので(後述)、
投資できる資金のうち新興国に投資するのは10%以内に抑えておきたいと思います。
10月26日現在私のポートフォリオの7.7%が新興国株式型投信になっています。
その投信はインドに2%程度投資しているので、私のポートフォリオのうち
インド株式が締める割合は 0.15% 程度に過ぎません。これならインド一国で
何が起こっても大丈夫です。

新興国株式のリスクがどれくらいかを調べるために
過去の世界の新興国株式市場の動きを調べてみました。
ここ数年のあいだ世界の新興国株式は素晴らしい上昇の仕方をしていますが、
1997年7月から1年かけて60%近く下落しています。
そして1997年7月の水準に戻るのは2005年2月です。
(MSCI Emerging Markets インデックスより)

世界の新興国ではなく、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)
に制限しての動きを見てみると、
やはり1997年7月から1999年1月にかけて63%程度も下落しています。
そして1997年7月の水準に戻るのはその2005年8月です。
(MSCI BRIC インデックスより)

ここ10年に起こったことさえ調べずに
主として新興国株式型投信だけに大枚はたいている人たちが
たくさんいるのは驚くべきことだと思います。
tyukon さんは大丈夫でしょうか?

投資の定跡は国内株式、国内債券、海外株式、海外債券の伝統的4資産への
長期分散インデックス投資です。海外株式に投資する場合もまず先進国株式を
押さえてから、新興国株式への投資を考えましょう。

1. ネット銀行やネット証券について情報を集めましょう。
  インド株式型投信を扱っているかもそのときに確認しましょう。
2. 使えると思ったネット銀行やネット証券に口座を開きましょう。
3. その口座にお金を振り込みましょう。
4. あとはインターネット経由でログインして投資信託を買うだけです。

たとえばイーバンク http://www.ebank.co.jp/ では
http://efantasia.ebank.co.jp/toshin/fund/index/FC/9R31106C
http://efantasia.ebank.co.jp/toshin/fund/index/FC/83311049
http://efantasia.eb...続きを読む

Q資産運用について

初心者です
3年のチャートを見て現在ほぼフラットなのを確認後、1年チャートで確認したこのたびの震災3日後に他の投信を全部売ってこの(日興・CS世界高配当株式ファンド(毎月分配型))信託を400万位買いました。さらに今回、米債務引き上げ法案での値下がりをみこして景気懸念で主要国の株が大幅続落になるだろうと先週9割売ってその分を昨日、今日と買いを入れました。
作戦としてはうまくいったと思うのですが図の様に純資産総額が大分少なくなっています。
この先、問題はないでしょうか。少し不安な気もしますがとんなものでしょうか。初心者に分かるように教えて下さい。

Aベストアンサー

週明け迄は最低限待つべきでした(或いは債券のファンドに乗り換え)。あの8/1の基準価格を使う為7/31にタイミングを合わせたらベストでした。
その後米国国債も急騰し、かなりのリターンが残せた筈。投信も株と同様タイミングで短期売買も必要かと(長期投資でじっくり成長を目指すのはさわかみファンド位しかありません)。


人気Q&Aランキング