真剣に悩んでいるので質問させてください。
うつ病で太ってしまい死にたいです。

うつ病になり46キロだった体重が71キロにまで増えてしまい、
アパレルに勤めおしゃれが生きがいだった私が好きな洋服を
一切着られなくなってしまい死にたいです。
胸の下からでっぷりと出たお腹を見るたび死にたくなります。

街でスタイルの良い女性とすれ違うと羨ましすぎて辛いです。
病気で生きがいだったおしゃれを奪われ毎日が地獄のようです。

おしゃれできないくらいなら死んだ方がましです。
持っていた洋服も全部入らなくなってしまいました。

醜い自分を晒すのが嫌で、趣味の集まりにも顔を出すのが
苦痛になってしまい孤独です。

どのような心の持ち方をすればよいでしょうか。
アドバイスください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

お気持ち良く解ります。


自分もうつで、47キロだったのが72キロまで
太ってしまいました。
また、病院でもうつは治らないと言われていました。
でも自分は、「腸もみ」という治療を受けて、体重も15
キロ減り、うつも良くなってきました。薬もピーク時の半
分以下にまで減らせました。医師もびっくりしていました。
食事は、生菜食をしました。生の物は、酵素が含まれ
てて身体にとても良いそうです。
主治医の先生に言われたのが、体重が減ってきたの
は、脳が整理出来るようになったからだと言われました。
脳が整理されないと、体重も減らないそうです・・
主治医には黙って、腸もみは受けていたのですが、腸は
第二の脳と言われているそうで、その腸を揉んだことによ
り、脳が整理されて、体重が減って行ったのかな・・と
思っています。
腸もみに関しては、本屋さんなんかでも売られていると
思います。試されてみる価値はあると思います。
    • good
    • 17

心の持ち方ですかー。



私は太り始めたころ、やはりあなたのように気にしていて先生に何度も言いました。

先生はそれぐらいがいいんだけどね、治りかけてる証拠でもあるし(この時56kg)

それでも嫌なものは嫌なんですよね。


私もお洋服が大好きで体重が40~43キロが普通でした。

鬱になってからは30キロ台に減り、その頃は痩せてるとか太ってるとか

考えた記憶もありません。


高かったし気に入ってたのにな~と思いながらも古着屋さんに売ったりしていました。

もちろん、昔の私を知ってる人は驚いていました。

でも、今の方がいい!!という声が圧倒的でした。

前は痩せすぎてて心配なくらいだった><と。

その頃は痩せてるなんて自覚もなく太ってから、ああー私って痩せてたんだなと思いました。

結婚して半年ぐらいに挙式を上げる話が出て5か月で47kgまで落としました。

相手の親戚は驚いてましたよ。

10キロちがいますからね^^;


しかし!維持してましたが約1年半でリバウンド。

しかも65kgです。。。

その頃はまた鬱を再発していて、基本的に家の中にいることが多かったので

無駄なカロリーを摂取しないようにしていたんです。


結果、半年で現在51キロです。

ややぽっちゃりしてますが、年齢的にも痩せすぎると余計に老けてみえるし

MAXに買ったお洋服、特にパンツをベルトでごまかせるのには、この体重が

限界なので増やさないよう、減らせないよう現状維持を保ってます。


今はお薬のせいで自分の理想のボディではないかもしれません。

でも、またあのお気に入りのお洋服を着るんだ!と目標を持ってください。

そういう目標はとてもエネルギーになります。

ただ頑張る=目標とは限りませんので今は体調第一に^^

もし、過食気味かな?と思うのであれば多めのサラダ・野菜沢山のスープに

メインは少しにするのが私のダイエット法です。

外に出れればお散歩もしますよ。
    • good
    • 14

統合失調症11年です。



わたしは発病前53キロ、
発病して拒食になり43キロ
今度は過食になり65キロ
今は食事や間食に気を付けて58キロ台を維持しています。
からだが動きやすくなりました。

少しずつ痩せていきましたよ。
今は太りすぎる前に買った服も着ています。

わたしはひたすら毎朝体重を計ることをしていました。
NHKの「試してガッテン」の測るだけダイエットです。
入院中も測ってましたよ。体重計が置いてあるので。
    • good
    • 9

先ず、薬を変えてもらうことじゃないでしょうか。


今の薬を飲むと太るということが解かっていて、それで鬱々としてしまうなら、その薬は相談者さんには合っていないということになりませんか?
他に似たような効き目があって、太りにくい薬もきっとあると思うんです。
幾ら相談しても先生が頑なに処方を変えてくださらないのなら、思い切って転院して良いと思います。それと、精神科では漢方薬に詳しい先生もいらっしゃいますので、そういった病院を探すのも良いのではないかと。

それと申し上げにくいですが、もとがスリムであっても25キロオーバーは太り過ぎですよね…。
それって、健康にもよくないですよね。
そのことに対して何も手を打たない今の先生って、女性の気持ちに無頓着すぎませんか?
心と体は密着に関係しあっていますから、闘病中の今、理想体重になるのは難しくとも、患者が健康体重を維持できるよう、心砕いてくださる先生の方が心強いと思います。
何もかも先生の所為にしてはいけないけれど、先生も真剣に患者の要望に応える努力をして欲しいものですよね。


ともかく、この際、相談者さんが自分から先生に働き掛けたり、自分で工夫するよりないです。それには、

1)処方を変えてもらうこと。

2)食事内容を見直すこと。

3)ウォーキングなどの体を動かす習慣を付けること。

4)座っているときも立っているときも、なるべく姿勢をよくすること。
  (姿勢をよくすればスタイルがよく見えるし、
   腰を痛めたり、筋を違えるなどで、
   疲れて横になりたくなることも幾らか防げるので。)

5)できれば、ソファーやベットなど気軽に横になれる家具を置かない、
  もしくは、近づかないようにする。

 といった行動をとることじゃないでしょうか。


食事に関しては時間をきちんと決めて、バナナやリンゴ、カボチャやゴボウ、コンニャクや海藻のように、甘みがありながらもカロリーが低めで腹持ちの良いものを沢山とったり、イライラや不安を抑える効果が期待できる煮干しや牛乳やヨーグルトなどのカルシウムを多く含む食品をよくとるようにしては如何でしょうか?
食事の回数が少ないと、お腹がすき過ぎて、ドカ食いになり胃が大きくなてしまうので、もし、時間に融通が利くのなら、午前10時と午後3時に果物やお茶やヨーグルト、煮干しなど、おやつの感覚で何かつまめると良いのですが。

牛乳を飲むときはそのまま飲むのじゃなくて、すりゴマやきな粉、はちみつを混ぜて飲むと腹持ちが良いですし、食事の前に飲めば、ごはんを減らすことも出来ますよ。
私の場合、胃の調子がいまいちで、朝ご飯があんまり食べたくないときなんかでも、飲めば調子が良くなりましたし、お通じが良くなりニキビや吹き出物が出来にくくなりました。
他には、食事の時にハト麦とかウーロン茶などがブレンドされた健康茶を飲むと肌の調子もよくなったし、食欲も抑えられたので、積極的に水分を取ることもお薦めです。
水分が取りたりないとむくむ体質の人っていますよね。
私はまさにそれで、お茶をよく飲んでいた方が体調が良いです。


それと女優の秋野暢子さんが仰っていたことですが(発端は産後太りを解消するためだったかな?)、「私はバービーになる!!」と部屋にバービー人形を飾って、バービーそっくりのプロポーションになろうとシェイプアップに励んだそうです。
シェイプアップしたいと真剣に考えているのなら、そんな風に、具体的な目標が見えている方が励みになると思うんです。

大好きだった洋服をクローゼットにしまい込まないで「再び着るんだ!!」と、思い切って部屋の目につく所に飾っても良いと思います。
色あせや汚れが気になるなら、透明なスーツカバーを掛けて日に当たらないところに置くとか、お気に入りの服を颯爽と着こなしていた頃の自分の写真を飾ってみるとか。
ともかく、目標を明確にして目に焼き付けるのが効果的だと思います。


こちらは一般人のお話で、テレビで紹介されていた外国人の高校教師の男性ですが、この男性、日本に来てからというものお寿司に嵌ってしまい、夜食に食べてしまうのが習慣化してしまい、折角イケメンだったのに、あれよあれよという間に太ってしまったということです。
…で、自分で何とかしようと思ってしたのが、ブログに毎日自分の全身写真と体重とサイズの記録をアップするということ。人から見られているという緊張感があったので、それが励みになったし、少しずつだけれど引き締まっていく自分の写真を見ていると、それがまた励みになったとか。


流石にブログに自分の姿をアップするのは、女性の相談者さんには抵抗があると思いますし、今は闘病中なので心無いことを見ず知らずの人から言われたら凹んでしまうと思いますが、ここは思い切って、ご家族とか、ごく親しい人に協力してもらって写真や記録をメールで送るのもいいかもしれませんよ。
そこまでしなくても、写真や記録を携帯に収めて、自分でチェックしておくのも良いと思います。

脳科学者の茂木健一郎さんが仰っていましたが、ときめく気持ちがあれば、人って気力が湧くものなんだそうです。ワクワクやジーンとする気持ちが人の脳を活性化させるものなのだと。ときめきやワクワクの対象は人じゃなくて、植物や物でも構わないのだそうです。相談者さんの場合は、それが、おしゃれなんですから、おしゃれを通して鬱も克服できるんじゃないかなって思います。

再びおしゃれを楽しみたいと思っていらっしゃる相談者さん。
最初は体重は思うようには落ちないかもしれませんが、髪飾りとかバックや靴、スカーフなど、小物からだっておしゃれは楽しめます。
太ってしまったからと諦めないで、少しでも日々に潤いを与える意味でも、おしゃれを楽しんでくださいね。
目標がハッキリしている方が鬱の治りも良いと思います。

  長文、申し訳ございませんでした。陰ながら応援しています。
    • good
    • 8

何年か前に薬剤師の方から、ウツ病の改善方法の相談を受けました。



その方は、薬の知識も豊富なので、処方される薬を飲むと甘い物が食べたくなり、体重が増えると判っていましたので、体重が増え始めたら、薬を止めて、精神療法を用いました。
ほぼ一年近く、毎日書き込みの繰り返しで、色々な悩みごとを聞いたり、衝動的な行為のコントロール方法などの話をしました。

一年経てば、環境を変えられるから、と始めた話でしたので、その時が来るまでには衝動的な好意も収まっていましたし、医者からの薬も貰わなかったので、ウツ病が良くなったのかは不明のままでした。

あなた様も、遣りたい仕事があるのですから、必ずウツ病を改善出来ますので、太らないで済む薬に変えて、精神療法を用いた方が良いのではないでしょうか。
25キロの増加には一年近くは掛かっているのでしょうから、精神療法を併用していたら、もっと早くにウツ病は改善していたと思います。

精神療法は、あなた自身でも実践できますので、「必ず良くなる!全てが良くなる!」と呟きながら仕事をしても、改善していくと信じて下さい。それが心の持ち方です。

その他に、体形を元に戻す方法とか、ダイエットの無理のない方法なども知識を入れねばなりませんね。
ウツ病よりも、太ってしまったことの悩みの方が大きくなる様な方法とは違う治療方法を先生にお願いして下さい。
    • good
    • 4

薬の副作用で太ってしまったということで、とてもお辛いと思います。

私も今、目のアレルギーでまぶたがはれてしまっていて、鏡を見て腫れがひどいときは本当に嫌になります。でも、他の回答者さんが書いておられた通り、薬を飲まなくてもよくなったらやせると思いますよ!うちの母も昔躁鬱の薬を飲んでいた時、一時太っていましたが、特にダイエットすることもなく、薬を飲まなくなったらやせました!

私の座右の銘は、『転んだらタダでは起きない!』です!

まぶたの腫れがなおったら、というかもし治らなくても前よりもキレイになってやろうと考えております。もちろんそんな風に考えられない日もあります。最近も荒れました。でも、その様に考えないと、やっていられなくて。。

主さんは心療内科の先生を信頼しているからこそ、そのお薬を続けていらっしゃると思います。でも副作用があるお薬がどうしても不安でしたら、似た成分の副作用がないお薬に変更してもらえないか相談してみるか。。(難しいですかね?!(-""-;))
もし、別のことが、原因てでしんどくなってしまったのに、今のしんどい原因が副作用でのことが大きいのでしたら、それも先生に伝えてみるのはどうでしょう?(既に伝えていらっしゃったらすみません。)

でもですね、主さんは『オシャレしたい』っていう目標があることが、鬱病なおるモチベーションになると思いますよ!そのモチベーションがあることで、絶対に早く良くなると思います!

今はお辛いと思いますが、私は主さんに死なないでほしいです。私もアレルギーと闘いますので一緒に闘いましょう!!
    • good
    • 2

おっと、ご自身を嫌いにならないでくださいね。



嫌いになったら良いことありませんから。

どんなに改善策を練ってもやる気が起きないですから。

これも厳しい!先生やデイケアーのスタッフの言うことは聞いても、

メンバーさんのいうことが信じられなくなりますから。

あーあ、そうなれば自然と人間関係に亀裂が生じます。

みんなが傷つきます。もう、傷つきたくないからみんな離れていきます。

これ本当です。あと、「しかたがない」という口癖がもしあれば、言わないほうがいいです。

努力してご自身の良い部分を全面的に出すようにしてください。

長い文章も長すぎたらよくないと思うのでここら辺で終わりたいと思います。good luck!
    • good
    • 1

処方された薬の副作用が原因でしょう。


私も、躁鬱の範囲を狭める薬(デパケン)で20キロ以上太りました。今はその薬は止めたので元の体重に戻りましたよ。
先ずは、心身健康を取り戻す事が肝心と思います。お大事になさってください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。2種類の太る作用のある薬を飲んでいます。g-plan様もお薬を飲んでいたのですね。お辛かったですね。止めたら元の体重に戻られたのことですのでなによりです。私も早く薬を辞めたいです。温かいお言葉ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/24 23:39

わかっていらっしゃるとは思いますが、


うつ病は人によってはあなたのような人も居れば、
外に出る事も出来なかったり、拒食症・過食症になったり、
喋る事も人を避けたりと、人それぞれです。

おしゃれが趣味と言う事でしたね。
では、おしゃれをしましょうよ。

細い人だけがおしゃれをして良いなんていうルールはありません。
太っていようが、おしゃれをする人はたくさんいます。

意図せず太ってしまったのなら、
うつ病で大変かも知れませんが、
細くなる努力をしたらいいのではないでしょうか。

うつ病になった経緯はわかりません。
けれど、それを取り除けたからすぐに痩せたり、
好きな服を着れたりするわけではありません。

確かに、現状であれば「可愛い」と思った服が着れないかも知れません。
逆に、「可愛くない」服を「可愛く」着こなす事は出来ますよね。
「ダサい」服を「可愛く」見せる事は出来ます。

そう言う工夫を楽しんではどうでしょうか。

そして、醜いとおっしゃいますが、
誰かがそれを言ったのでしょうか。

それは自分の思いこみですよね?
誰かに言われたのであれば、そうなのかも知れません。

なら、それを見返す事を糧に、やれる事をやってみてはどうでしょう。

最近は太っているからと避ける男性は少なくなりました。
昔から日本は、太っている人、ふっくらしている人の方が好まれていたりもします。
その風潮がぶり返しているのでしょう。

これは個人の意見ですが、
近年の若者は細すぎて逆に気持ち悪いです。
当方はむしろ太っている方のが好感を抱きます。
まぁ、自分が太っているからと言うのもありますが、
細い人は骨と皮しかないイメージなので、近付きたくないです。

体系の感覚も人それぞれ。

あなたが太っているからと、あなたを嫌う人はいますか?
うつ病だからと関わりたくないと言う人はいますか?

友人がいるじゃないですか。
家族がいるじゃないですか。
あなたを心配してくれる人は、あなたを孤独にさせません。

ここで悩みを打ち明けるより、
友人や家族に打ち明けた方が実は楽になるかも知れません。

だって、声が聞こえるじゃないですか。
こんな文字だけの羅列、読んでいて嬉しいですか?

温かい声を聴いて、服屋に行って買い物して、
好きな服を見立てて、好きな食べ物を食べて飲んで、
笑う事が出来たらなんだって良いんです。

泣くより笑顔。
悩むより未来。

楽しいと思える事を思い出し、
これから楽しい事を増やせば良いんです。

死んでしまったら、好きなおしゃれも出来なくなります。
死なないでください。
あなたが死ねば、今は気付いていないかも知れませんが、悲しむ人が沢山います。

太っている事を武器に変える事も出来るんです。
悩み過ぎないでください。
うつ病だから…などと言わず、前を向きましょう。
後ろばかり見ていたら、見えるはずの先が見えません。

顔を上げて、笑いましょう。
嘘でも良い、作ってでも良い。
最初は辛いかも知れませんが、笑いましょう。
次第に、いつの間にか自然と笑う事が出来ていますから。

アドバイスになったかはわかりませんが、
これは個人的な意見です。
あなたに合わない考えなら無視して構いません。

少しでもあなたの何かに響いたのであれば、幸いです。

これからもうつ病と闘い、おしゃれをして笑いあう事の出来る日が来ますように……。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

温かい回答ありがとうございました。yuma_osamura様のお言葉で前向きになれました。
病気はすぐには治らないけれど、今なりにおしゃれして、前を向いて、一日を大切に生きたいと思いました。

お礼日時:2014/09/24 22:39

なぜうつ病で太るのですか。



もし、処方薬のせいで食欲だけ戻ってるけど、行動意欲は戻っていない、というならば、そんな薬はあなたに合っていないのです。

それを主治医に言って、意欲が取り戻せるような別の薬に見直してもらえないか、多少体重が減っても行動量が増えるのを優先できないか、と相談してください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。薬は下の方のお礼にも書いたのですが太る作用があるものを飲んでいます。医師にも伝えているのですが今は必要な薬ということで減らしてもらえません。根気強く医師とコミュニケーションをとっていきたいと思います。

お礼日時:2014/09/24 22:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕事が原因でうつ病っぽい。転職すべきでしょうか?

最近うつ病っぽい症状があり、いくつかのHPでうつ病の自己診断をしたところ
どの自己診断でも中程度のうつ病だという結果が出ました。
近いうちに病院に行ってきちんと見てもらおうと思っているのですが、
本当にうつ病だとすれば原因は仕事だということははっきりしています。

自分で調べてみたところ、うつ病は薬物療法と十分な休息で直るということでした。
ただうつ病の原因が仕事なので、病院に行き、治ったとしても、
今の仕事を続けていれば、再びうつ病になるのではないかと思います。

そうなるとやはり転職をした方がいいのでしょうか?
今の仕事ではストレスも多いですが人間関係はよく、
また転職もそう簡単ではないことを考えると、
どちらがよいのか(転職すべきかどうか)分かりません…。
どなたかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは^^
私は今macumacuさんと全く同じ状況から仕事を休職して鬱病を治そうとしているところです。
私も仕事ではすごくストレスがあり、それが原因で感情のコントロールができなくなり涙が止まらないといった症状が出てきたので、心療内科を受診し、今はお薬を飲んで毎日ゆっくり休んでいます。
まずは、一度病院に行ってみるのはどうでしょうか?
私は4月になって初めて心療内科というところに行きました。
そこで先生にゆっくりと日ごろのストレスの話や、自分の性格、毎日憂鬱になる時間帯はいつか・・・などお話して、そこで先生がどういったお薬で治していったら1番いいかというのを判断してくれます。
私は典型的な鬱症状だということで、鬱の症状をじょじょに治していくというお薬を毎晩飲んでいます。
抗不安薬というものを生まれて初めて飲むのでドキドキしましたが、特にひどい副作用などもなく、日々を過ごしています。
そして、まずはお仕事を休職されることだと思います。
仕事をしながら薬を飲みながらでは全然治らないと先生に言われました。
まずはストレスの原因となるものを切り離して、のんびりと生活していくことが鬱病完治への道らしいです。
私は今休職2ヶ月目ですが、一応調子が良くなってきたら復帰してみるつもりです。
ただ、私もmacumacuさんと同じで人間関係はいいのですが仕事でのストレスが激しい職場なので、復帰してみてどうしてもやっぱりダメだと思ったらその時に辞めるなりの判断をしようと思っています。
まずはお休みすることが1番みたいですよ^^

全く参考にならなかったかもしれませんが。。。
あまりに境遇が似ていたのでコメントさせて頂きました。
どうぞお大事にされてくださいね。

こんにちは^^
私は今macumacuさんと全く同じ状況から仕事を休職して鬱病を治そうとしているところです。
私も仕事ではすごくストレスがあり、それが原因で感情のコントロールができなくなり涙が止まらないといった症状が出てきたので、心療内科を受診し、今はお薬を飲んで毎日ゆっくり休んでいます。
まずは、一度病院に行ってみるのはどうでしょうか?
私は4月になって初めて心療内科というところに行きました。
そこで先生にゆっくりと日ごろのストレスの話や、自分の性格、毎日憂鬱になる時間帯はいつ...続きを読む

Qうつ病の薬を止める時期は?彼女がうつ病です。真剣です。

私の彼女がうつ病です。彼女とは付き合ってまだ1ヶ月程度なのですが、3年前までよく遊ぶ仲でした。なのでお互いを良く知っています。その後彼女に彼氏が出来て3年間の間全く会わない期間がありました。

彼女がうつ病になったきっかけはその彼氏と別れたことです。彼女はその彼氏との結婚を本気で考えていたのですが、何度も浮気されたり、うそをつかれたりで別れる決心をしました。別れてから精神的ショックが大きかったみたいで動悸と不眠などの症状が出て病院行ったらうつ病&パニック障害&睡眠障害と診断されました。薬を初めて現在2ヶ月程度です。

3年ぶりに会い、付き合うことになりました。そしてお互い本当に愛し合っていて、もちろん将来的に結婚も考えています。

質問の本題ですが、彼女は私と付き合うことで本当に今幸せを感じていて、元気も出て、仕事も再開しました。うつ病も、もう克服したかと感じました。そのことを病院の先生に伝えると、うつ病の薬は急にやめると副作用がひどく、最低でも半年~1年かけて徐々に減らしながら続けなければならないと言われました。

確かにここで検索して薬を急にやめることは危険だとの意見を見ました。しかし精神的な病で、現在本人が大丈夫と思っていても本当に半年~1年も続けなければならないのでしょうか?2~3ヶ月ではだめなのでしょうか?逆に健康体なのに薬を続けることは副作用につながらないのでしょうか?他の病院でセカンドオピニオンをもらったほうがいいでしょうか?

ちなみに飲んでる薬ですが、「ソラナックス0.4mg」、「ジェイゾロフト25mg」、「レスリン25」の3種類とのことです。

真剣に悩んでます。宜しくお願い致します。

私の彼女がうつ病です。彼女とは付き合ってまだ1ヶ月程度なのですが、3年前までよく遊ぶ仲でした。なのでお互いを良く知っています。その後彼女に彼氏が出来て3年間の間全く会わない期間がありました。

彼女がうつ病になったきっかけはその彼氏と別れたことです。彼女はその彼氏との結婚を本気で考えていたのですが、何度も浮気されたり、うそをつかれたりで別れる決心をしました。別れてから精神的ショックが大きかったみたいで動悸と不眠などの症状が出て病院行ったらうつ病&パニック障害&睡眠障害と診...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。

減薬等に関して,詳しい説明を他の方が十分にされていますので,若干うつ病についての補足をいたしますね。

・うつ病は,原因が取り除かれれば完治するのか?
答えはNOです。
今回のような“失恋”や,例に出されていた上司からの叱責やいじめなどがうつ病発症のきっかけになることはあっても,原因となるわけではないです。原因なら,失恋した人,叱責された人,いじめを受けた人の多くがうつ病になっているはずです。でも,実際はそうではないですよね?
うつ病は精神的な問題ではなく,脳内分泌が症状の原因にあります(だから薬が効くのです)。ですから,新しい恋をしたり,職場を変えたり,いじめが終わったりしたら完治するわけではないのです。治療のひとつとしてありだとは思いますが,それは症状の低減や再発予防に意味があるというくらいだと自分は思っています。
また,うつ病発症やうつ病が長引く原因のひとつに,うつ的な物事の考え方というのがあります(ちょっとした失敗で絶望してしまうとか。“全か無か”とか)。このような考え方を認知行動療法という心理療法などで修正していくことで,“うつになりにくく”する治療も行われています。
このように,うつ病の治療や完治にかんしては,うつ病発症の原因を探すし改善することが有効なのではなく,うつ症状への対処やうつに陥りやすくさせる考え方を修正することが有効であるとされています。

・以前,似た状況で自然治癒したのだから,今回も大丈夫なのでは?
こちらもNOだと思います。
まず,失恋で半年間もひきこもりになってしまったという点を重視するべきだと思います。どのような状況でそうなったのかはわかりかねますが,一般的に失恋だけが原因でひきこもりになるのは異常(一般的なものから外れるという意味で)だと思います。
失恋がきっかけになってそれまでの精神的苦痛や負担が爆発したのか,失恋というつらいイベントを受け止める余裕がなかったのか,失恋という一般によるあるできごとを人よりも重く受け止めすぎてしまったのか。いろいろ考えられますが,まずは,失恋で半年もひきこもりなったこと,そして,今の状態よりもその時の方が症状としてつらかったことを重視するべきだと思います。自然回復したことではなく,失恋という一般にありがちなことでそうなったことを重視しましょう。
ちなみに,このことは主治医の先生には報告したのでしょうか。もしまだならば,ぜひとも報告することをお勧めします。
なぜなら,半年間もうつ状態が続いていたのなら(主治医がうつ病だと診断した症状が以前にもあったのなら),その時にもうつ病と診断してもいい状態だった可能性があるからです。だとすると,今回のことは“似たような刺激によりうつ病が再発した”ということになる可能性が高くなります。
うつ病が再発しやすいというのはもう他の回答の中にあったと思いますが,再発の場合,症状が重くなり,回復しにくくなります。
今回軽症なのは,早期に薬物療法を行ったことによるのかもしれません。
(詳しい前後関係がわからないので当てはまるかわかりませんが。うつ病では一般的にこう言われています)
他の方の回答で,今後も様々な出来事のときにうつ病が再発するというのがありましたが,たぶん,このうつ病の再発のしやすさが念頭にあったのだと思います。
うつ病はこころの風邪と言いますが,実際はインフルエンザとか,もっと重いものだと受け止めてください。ただ,あまり患者本人が思うのもどうかと思うので,そこはサポーターである質問者さんが肝に銘じておいてください。


最後に,楽しいことがあればうつ病は完治するのであれば,こんなにもうつ病患者はいませんし,回復せずに苦しむ人は少ないと思います。
薬や通院を止めたいという彼女さんの気持ちもわかりますし,大丈夫なんじゃないかという質問者さんの気持ちもわかります。
しかしここは,専門家である主治医の意見に従う,治療というより再発可能性を低くすることを重視して,取り組んでいってみてはどうでしょうか。
もし不安が強かったり,納得いかなかったりするのであればセカンドオピニオンも考えてみてもいいと思います。しかし,自分はそこでも今の主治医と似たような方針になると思いますが。

No.2です。

減薬等に関して,詳しい説明を他の方が十分にされていますので,若干うつ病についての補足をいたしますね。

・うつ病は,原因が取り除かれれば完治するのか?
答えはNOです。
今回のような“失恋”や,例に出されていた上司からの叱責やいじめなどがうつ病発症のきっかけになることはあっても,原因となるわけではないです。原因なら,失恋した人,叱責された人,いじめを受けた人の多くがうつ病になっているはずです。でも,実際はそうではないですよね?
うつ病は精神的な問題ではなく,脳内...続きを読む

Qうつ病っぽいです。カウンセリングって効果あります?

ここ何ヶ月ずっと気分はさえず、
やらなければならないこともあるのにろくに進まず。
やらなくちゃ、と思うのにほかの事をしてしまって、だらだら時間を浪費して自己嫌悪に陥る毎日です。

うつ病かなとは思っていたのですが、寒いからなのか、冬季うつ病なのかとも思って様子見していたのですが。

さっきオンラインうつ病チェックで自己診断してみたら、ほとんど当てはまっていて、まともにうつ病っぽそうです。

カウンセリングを受けてみたいと思うのですが、外出したくありません (これも症状でしょうか)

電話やメッセンジャー、スカイプなどでカウンセリングを低価格かできれば無料で受けられるところはないでしょうか。


にしたところで、カウンセリングを受けるのはうつ病対処に有効なのでしょうか。


なんとなく自分のことを吐き出したい気持ちはすごくしますが。

なにを話したいのか自分でもよくわかりません。


よろしければご助言下さい。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

僕に相談した方の例で答えますと、冬季うつ病でアルバイトに出掛けられそうも無いのですが、アルバイトに行くべきなのでしょか、と言う質問には、「シャワーを浴びて、薄化粧をして出掛けて下さい」と答えました。
アルバイトは学習塾の講師です。授業時間中に自分のすべきことを思い出せなくなる問題と併せて、次のようなアドバイスをしました。
 「一点凝視法」を通勤時間中行うことと、授業時間中は出来たら歩く瞑想を行い、自分の行動に意識を集中するようにと、具体的な遣り方を教えました。
 普段の年だと4ヶ月ほど回復に必要なのが「一点凝視法」を毎日続けていたら、2ヶ月で回復したそうです。

強迫神経症は同居人もしくはあなたのお母さんとの関係に不満を持っていることが多いので「外的コントロール」を働かせないようにしてみることが必要だと言います。
母親の方にアドバイスしたら、自分では意識していなくともその様な力を働かせていることに気付き、注意することで、以前よりは仲の良い親子に成れたそうです。
こちらは「選択理論」の基本になる「外的コントロール」に就いての説明をしました。
それぞれの親子の間で色々な過去があり、思いも異なっていると思いますので、親子の事情を聴いた上でのアドバイスでした。

心理療法は脳内ホルモンのことなどは「気分が良くなる」の言葉で代表させるくらいで、脳内ホルモンを増やすことなど教えたりしませんよ。増やしたい人には教えることが出来ても、ホルモンが少なくなったから「ウツに成る」のか「ウツに成った」から少なくなったのかは分らないと考えています。
薬で治したい人は、ホルモンが少なくなるとウツに成ると考えるのでしょうが。

気分が能動的に成るのも、あなたの普段の行動を聞かないと、何が良いのかなどは答えられないのです。
ある人にはジョギングが良くても別の人には家具を磨くことが合っていたこともあります。
憂鬱になったら、歩きなさいやオーブンの掃除をしなさいは、大昔から言われていることです。

母娘二人での住まいでしたら、出来るだけ言葉を交わすようにした方が良いと思います。
その様の事情の人の話もよく聞かされました。僕も母子家庭育ちですし。

僕に相談した方の例で答えますと、冬季うつ病でアルバイトに出掛けられそうも無いのですが、アルバイトに行くべきなのでしょか、と言う質問には、「シャワーを浴びて、薄化粧をして出掛けて下さい」と答えました。
アルバイトは学習塾の講師です。授業時間中に自分のすべきことを思い出せなくなる問題と併せて、次のようなアドバイスをしました。
 「一点凝視法」を通勤時間中行うことと、授業時間中は出来たら歩く瞑想を行い、自分の行動に意識を集中するようにと、具体的な遣り方を教えました。
 普段の年だと...続きを読む

Qうつ病と自称うつ病(擬態うつ病)

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったことがある、このままでは再発してしまう
 ・最近は死ぬことも考えいてる
 ・食欲が無い。体重は一ヶ月で10kg減った(ふっくらした体型でしたが、確かに最近痩せたようです)
 ・便秘がひどくなった
  (元々便秘症で下剤を常用。先日、内科で摘便&薬を処方してもらった)

このようなことを言い出したのはここ一ヶ月くらいです。
本やネットで得た浅はかな知識ですが、本当にうつ病を患っている人とは少し違う気がしました。
でも、収入が安定しない&以前と同じくらいまで増える見込みが無いことは確かなので、落ち込んだ気分の
うつ状態ではあると思います。
心配なのは、実際にはうつ病じゃないのにうつ病と診断されることで、うつじゃない人が抗うつ剤を飲むことの
リスクを考えると不安です。

そこで、専門家の方や経験者の方にお聞きしたいのですが
 1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?
   その場合、受診科目は心療内科で構わないですか?
 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
   また、見分けが微妙なときに処方するお薬はどのようなものですか?
 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

お医者様によって対応が違うということは重々承知していますので、「私の場合は」という内容で構いません。
お医者様選びの参考にもさせて頂きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったこ...続きを読む

Aベストアンサー

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診断の指標もあるはずです。
ただし、客観的に計測できる方法は今のところ存在しないため、医師の腕に依存するところが大きいのが実情です。受診する側が巧妙に鬱の症状を演出すればうつ病の診断を受けてしまうこともあります。
ただし、抗うつ薬は健康な人が飲んでも危機的な副作用はでません。
種類にもよりますが、のどが渇いたり排尿が出にくくなったり太ったりと、何らかの症状を伴います。副作用が出ない薬は今のところ存在しません。


> 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

不安感を感じる対策として軽度の抗うつ薬を服用するケースは割と一般的に存在します。
抗うつ薬ではなくて睡眠薬だったりすることもあり、診断結果から判断されます。
ただ、うつ病と診断されることを希望して抗うつ薬の処方箋を書くと、昨今事件になっていますから医師の側はわりと慎重になると思われます。


どうも質問文の様子からだと、相当ストレスを抱え込んでいるようです。
長期にわたって過剰なストレスを抱え込むとうつ病などの精神疾患にかかります。
現状、あなたがネットから得たうつ病の症状と違うからと言っても、うつ病なのかもしれませんし、一歩手前の危険な状態なのかもしれません。
まずは医師の診断を受けることをおすすめします。
未病のうちに手を打てるならそれに越したことはありません。

また、うつ病かどうかは結果でしか無く、根本的な解決方法は、本人が家計のやりくりで執着的に問題を抱えこんでしまっていることのようですので、このストレスから解放させてあげる必要があります。

何が原因で何が結果なのか一度整理すると本人もあなたも落ち着くんじゃないでしょうか?
医師やカウンセラーは病気そのものの対処は出来ますが、根本的な原因となっている家庭の問題はが踏み込めない領域です。

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診...続きを読む

Qうつ病は自然治癒するのでしょうか?

自己診断をしたところ軽度うつ傾向と出ています。(結構上位のギリギリですが)
少しづつ感覚が悪くなっている感じがありますが、後2年ほどで退社し趣味を中心にした生活を計画しています。(50を越えて蓄えもあります。退社はうつ病とは関係ありません 若年からの計画です)
原因は仕事ですが何とか会社へは出社しています。
うつ病と決めた(決まった)わけではないのですが、
(1)退社し原因が除かれれば自然回復するのでしょうか?
(2)病院へ行った方が楽になるのでしょうか?
 その場合精神科で、「うつの診断」をお願いします、と言うのでしょうか?
以上 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えが適切かどうか判りませんが。
なかなか理解されませんが脳のかぜのようなものです。
精神だけでなくホルモンのバランスが狂っています。

自然治癒する人もいますし放っておくとひどくなる人もいます。
ひどくなれば自殺する人もいます。
受診して治療するのが完治の早道です。

ホルモンバランスを調整するためには薬(本人に合った薬)が近道です。
あとカウンセリングと時間が補助的に有効です。

わざわざ「うつ」とかいう必要は有りません。聞かれるままに自覚症状を説明するだけでいいです。
診断は医師が下してくれます。

私は休職11ヶ月で復帰しました。
お大事に。

Qうつ病で悩んでいます。うつ病を乗り越えた方や専門家の方の御意見を伺いたいです

うつ病を克服された方、専門家の方にお聞きします。

昨年12月に「うつ病パーソナル・不安障害」と診断され、就寝前にアナフラニール25mg、リボトリール0.5mgを服用していました。

その後、不眠、自殺願望、イライラ等々が出て、今月から現在、朝食後にサインバルタ10mg、就寝前にルネスタ3mgが追加されました。

ですが、気分が上がることは稀で、ずーっと落ち込んでいて、食事も味がしません。

イライラして、落ち込み、大声を発したくなってます。

何をしても楽しくないです。

たまぁ~に今日は1日楽しかったな。って思う日もありますが悲観的な考えしか浮かびません。

担当医は「サインバルタ」を増やすことも出来る。と言っています。

毎日が辛すぎて、通勤も苦痛です。

辛い時期をどう過ごせば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

#3です
以前、主治医に聞かれたことが「音に敏感でしょう?」と
あって、メンタル系の患者さんには、珍しいことではないようです。
詳細は知りませんが、あまりその現象自体に、気を取られないよう
にするに越したことはないかもです。最後に、付け加えますと、
肉体的な病にしろ、心の病であろうと、自分自身に直接降りかか
っている現象には間違いないので、今回の場合、逆に肉体をいたわ
ることも大切です。

半身浴を長めにとって、心身ともに安心して、体を触れ言葉を
投げかけてあげると、肉体もプラスに反応して、原理はわからない
ですが、精神的にも安定します(経験です)

人生は長い、できないときは出来ない。それでいいし、
「こうしなくては(焦り)」という、間違いではなくとも、
一方ゆっくりと、長い目で見ることも、決して悪く有りません。
何が正しいとか、善悪も大切ですけれど、一番の優先順位は
ご自分自身にあってしかるべきかな?と、思うようになりました。
ゆっくりと治して行きましょう。

Q単なる「うつ病」ではなく、もっと細かい分類をして欲しいのですが

タイトル通りの質問なのですが、私は半年ほど前に心療内科に通い始め、うつ病と闘っています。
主治医は毎回2、30分時間を取ってくれ、私の話をきちんと聞いて下さるので、相性はそこそこよかったのだなと思い通院を続けています。
(ただ、休職を進められるのですが、休職すると間違いなく
将来の昇進等に響くため、私自身は休職を断り週1回の通院と服薬をしながら働いています。残業時間は月平均60時間ほどなので、世間一般では残業時間は軽いほうですよね。あと、20代で研究職やってます)

具体的な症状としては、発作のようなもの(胸が激しく締め付けられる感じ、ひどい息苦しさ、根拠の無い不安感など、言葉に表しにくい感覚)が不定期に来ます。最近は食欲もなくなり、休日はほとんどひきこもり状態です。
それで、主治医に何回か病名を聞いたのですが、毎回「やっぱり、うつ病なんじゃない?」としか答えてくれません。
よくテレビやインターネットなどで「○○性△△障害」や「○○型うつ病」など、細かな分類がされているのを見るたびに
単なるうつ病と診断されていることに、ちょっと疑問を感じるようになりました。

次に通院するときに、詳しい分類を聞きたいのですが
なんて聞けばいいのか・・・。
また、単なるうつ病なんて存在するのでしょうか?
もしかしたら、自己診断に過ぎませんがパニック障害とかかもしれませんし。
あと、金銭面でちょっときついので、セカンドオピニオン等は考えていません。
実際にうつにかかったことのある方などに質問なのですが、どんな風に症状を診断、分類されましたか?教えてください。

タイトル通りの質問なのですが、私は半年ほど前に心療内科に通い始め、うつ病と闘っています。
主治医は毎回2、30分時間を取ってくれ、私の話をきちんと聞いて下さるので、相性はそこそこよかったのだなと思い通院を続けています。
(ただ、休職を進められるのですが、休職すると間違いなく
将来の昇進等に響くため、私自身は休職を断り週1回の通院と服薬をしながら働いています。残業時間は月平均60時間ほどなので、世間一般では残業時間は軽いほうですよね。あと、20代で研究職やってます)

具体...続きを読む

Aベストアンサー

現在の精神疾患の分類は、アメリカ精神医学会のDSM-IV-TRか、WHOのICD-10です。

それで、うつ病性障害は、大うつ病性障害と気分変調性障害にしか分類されません。

昔は素質などからくる、内因性うつ病、心因からくる心因性うつ病と分けたのですけど、両方の集団は有意に分離されないし、抗うつ薬で一様に治療で着てしまったのでした。
ですからDSMではある程度重いうつ病を大うつ病性障害に、内因・心因に関わらず分類します。
だって、本当に内因か心因かなんて分からないでしょう?
http://homepage3.nifty.com/kazano/dsm.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85

ICD-10 は軽症うつ病を認めています
http://www.hosp.go.jp/~kamo/psy/icd-10f3.htm

あんまり、細かく分類しても意味がない可能性がありました。
一方、気分障害(うつ病と躁うつ病)と不安障害は合併しやすいので、その併存は記載されるべきです。
同様に人格障害の合併があればそれもです。

現在の精神疾患の分類は、アメリカ精神医学会のDSM-IV-TRか、WHOのICD-10です。

それで、うつ病性障害は、大うつ病性障害と気分変調性障害にしか分類されません。

昔は素質などからくる、内因性うつ病、心因からくる心因性うつ病と分けたのですけど、両方の集団は有意に分離されないし、抗うつ薬で一様に治療で着てしまったのでした。
ですからDSMではある程度重いうつ病を大うつ病性障害に、内因・心因に関わらず分類します。
だって、本当に内因か心因かなんて分からないでしょう?
http://homepage3.n...続きを読む

Q【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。昔はうつ病=色白=

【うつ病と地黒の関係性】すぐに日焼けする色黒の人はうつ病になりにくいそうです。

昔はうつ病=色白=日に当たってないからという図式だったと思うのですが、最近の研究によると地黒の人はそもそもうつ病になりにくい性質なのだそうです。

うつ病だから色白じゃなくて、色黒はうつ病になりにくい。

この研究結果はどこが出典なのでしょうか?

これは本当ですか?

Aベストアンサー

違うと思います。色が黒いと言うことは太陽の下で働く人が多いという意味でしょう。
農業、建設業そんな人たちは肉体的には疲れるけど、精神的には疲れないので鬱病などになりにくいのだと思います。
 当然鬱病の人たちのデータを取ったらあまり日焼けしていない人が多いのだと思います。

Qうつ病の薬の止め方

2年ほど前に口論となり、その間にうつ病になって音信不通になっていた友人からつい最近連絡がありました。
その中で「薬を飲むのを止めた、止めて2~3ヶ月経つが変わりはない」と治ったかのように言っていました(本当に治ったならいいのですが)。
私は「それは医者の判断か?」と聞いたら、
「あの手の医者は薬を切らせてくれない、もっともその手で儲けているんだろうけど」と主治医を馬鹿にしたような発言が返ってきました。
少々話し方がハイテンションなのが気になりましたが、うつ病の治る時ってそんなものなのでしょうか?
勝手に自己診断して悪化しなければいいのですが。

Aベストアンサー

私も以前、うつの薬を勝手にやめてしまったことがあります。
その結果、1年後更に悪化してしまい、2年近くの休職をしています。

主治医に注意され、「私の患者で、自分の判断で薬をやめて自殺した人が何人かいる」と聞かされ怖くなりました。

うつの治りかけって結構元気になるようです。でもその治りかけが一番危ない時期でもあります。
私の妻の友人もうつで、段々薬の量も減ってきていい調子だねって思っていたら、自殺未遂ってことで緊急入院した人がいます。

自己診断は危険です。薬は序々に減らしていかないと、後で大変なことになりますよ。

Q【医学】「うつ病」と「適用障害」 適用障害はうつ病の中に含まれますか? うつ病と適用障害はまた別物で

【医学】「うつ病」と「適用障害」


適用障害はうつ病の中に含まれますか?

うつ病と適用障害はまた別物ですか?

適用障害って治る病気なんですか?

タダのバカってこと?

バカだから仕事を全う出来ない。

適用障害はバカっていう産まれつき運がない頭が悪く産まれてきたので諦めるしかない?

Aベストアンサー

「適用」障害ではなく「適応」障害です。確かに遺伝的になり易い人となりにくい人が居ますが、それは巨大な脳の能力のほんの一部で、人間の能力全体から見ると些細すぎる。なお適応障害は「対人障害」ですので、あなたの周囲に「原因が居ます」。そいつを潰すか自分が逃げるかすると治ります。配偶者だと悲惨だなー。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報