今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

屋外で何年か育てているカーネーションについてお教えください。
何年も前に、母の日にもらったカーネーションが元気に育ってはいます。
しかし、普通、カーネーションの茎は緑色で真っ直ぐ上に伸びていると思うのですが、我が家のカーネーションは、茎は茶色でうろこ状、くねくねと曲がり、先端に花はつきますが、開花後切り取ると茎の途中から、またうろこ状のわき目が出て花を咲かせます。花の勢いは特にないというわけではないと思います。
どうしたら、市販のような真っ直ぐ伸びた緑の茎のカーネーションに戻るのでしょうか。また、何がいけなくてこのようになってしまったのでしょうか。よろしくご教授ください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

真っすぐ伸びるカーネーションは、農家さんの作り方を参考にされると良いですね。



1.種まきから、ある程度の高さまで伸びたら植え替えします。

2.20~30センチ程度の高さになったら、ネットをはります。

朝顔やヘチマのネットは地上から空に向かいますが、カーネーションはそれとは違い、ハウスの壁から壁というようにカーネーションにかぶせるようにはっています。

ネットで、カーネーションに棚、段を作るような感じです。

3.ネットの網目に、カーネーションを入れて伸ばしてゆく形にします。

4.少しでもわき芽が出たら、その都度わき芽を摘んで消毒します。

5.成長に合わせて、ネットの高さを上げてゆきます。

カーネーションの上部が、常にネットの網目に入っている状態にすることで真っすぐに伸びます。

少しでもネットからはみ出す、隣の網目に入るなどすれば、もう曲がってしまいます。

6.曲がった茎は、もう元には戻りません。

7.茶色くなるのは、乾燥によるものです。

8.カーネーションは暑さに弱い為、夏枯れします。夏枯れすると、枝が茶色くウロコ状になります。

農家さんのハウスは、夏は風通しを良くして、天井に直射日光を避けるシートが張られます。

9.9月~10月に、ごく短くなるまで「切り戻し」をします。

参考 香川県農業普及情報提供システム 2年目の切り戻し方が絵で丁寧に説明されています。

http://www.pref.kagawa.lg.jp/agrinet/dougubako/0 …

10.茶色くなった枝から伸ばすのも良いですが、カーネーションは差し芽で増えますから、差し芽から伸ばすと伸ばしやすいです。

11.切り戻した茶色の枝のまま冬を越し、翌年、春にはそこから緑の新芽が出てきます。

12.根腐りしやすいので、水の量に気をつけると良いです。

暖かい地方であれば、1年中、花が付きます。来年も綺麗な花を咲かせてくれると良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なアドバイスをありがとうございました。

夏に水やりは朝晩十分にしていたつもりですが、鉢に対して株が大きすぎたかもしれないと思います。

切り戻しの適期ですし、差し芽にも挑戦したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/26 18:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q下葉が枯れてきたカーネーション

カーネーションの鉢植えをいただきました。
かなりの大株で、つぼみもたくさん付いていますが、下葉が枯れてきています。
株に対して鉢が小さすぎるように思えるのですが、関係あるでしょうか。
また植え替えるとしたら、花が咲き終わるのを待ってからのほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

カーネーションはナデシコ科の植物で原産地は地中海沿岸ですので半耐寒性で高温多湿を嫌います。
盛夏の間は半日陰の風通しの良い涼しい所で夏越しさせます。
夏を越した株は9月頃に茎を半分ほど切り戻し肥料をあげます。
鉢が小さすぎるように思えるとの事ですので根が詰まっているかも知れませんので花が咲き終わるのを待ってから一回り大きめの鉢に植替えその時、少し石灰を施しておき晩秋になってから霜に当たらない様に室内に取り込みます。
冬場は明るい室内で保温すれば3月頃花芽があがってきます。
肥料は好むほうですので植替え時に元肥に暖効性化成肥料を与えます。
生育期には追い肥として10日に1回を目安に薄めた液肥を与えます。
花後、結実すると株が弱るので終わった花は摘み取ります。
カーネーションは下葉が枯れる性質がありますので枯れた下葉や傷んだ花弁は灰色かび病の原因になりますのでこまめに取り除きましょう。
なおカーネーションは一年草と思われている方が多いようですが管理さえ間違わなければ翌年以降も咲きますし挿し木でも簡単に増やせますので挑戦してみてください。
挿し木についてはここのサイトで色々と答えていますので回答者のHNをクリックして頂ければ探せます。
下記参考URLにナデシコの育て方のHPがありますが前述のように基本的に同じですのでご参照下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/na_00001g.htm

カーネーションはナデシコ科の植物で原産地は地中海沿岸ですので半耐寒性で高温多湿を嫌います。
盛夏の間は半日陰の風通しの良い涼しい所で夏越しさせます。
夏を越した株は9月頃に茎を半分ほど切り戻し肥料をあげます。
鉢が小さすぎるように思えるとの事ですので根が詰まっているかも知れませんので花が咲き終わるのを待ってから一回り大きめの鉢に植替えその時、少し石灰を施しておき晩秋になってから霜に当たらない様に室内に取り込みます。
冬場は明るい室内で保温すれば3月頃花芽があがってきます。
...続きを読む

Qカーネーションの蕾が開かず枯れる

前にも同じ質問が、有ったので実行したのですが、
日が当たる場所に、ずっと置いていて 水も肥料もそれなりに
与えてますが、蕾のまま枯れます。
枯れた蕾は、どんどんハサミで切り落としてます。
蕾は出来てくるけど カスカスになり開きません。
たまに開いても 色が半分枯れた色です。
どうか アドバイス下さい。

Aベストアンサー

我が家でも売れ残り、全滅です。
 家業は花屋です。 母の日に向けて鉢物のカーネーション毎年販売&売れ残りの。。。 
 何年も鉢植えのままでがんばっていますが、生産者や種苗メーカーが言う通りなかなか難しいようです。
 
数年ほど前に配達先で受け取ったおばさんが(苦笑) 受け取り伝票にサインする前にラッピングをベリベリ剥がして拳でポンと鉢を外して、プランターに植え込んじゃいました。「こうしないと、ずーっと咲いてkれないのよ」って。

すごいショックでしたが、それが正解みたいです。 一斉に開花させるため(生産者は)いろいろ手を加えています。 根もきつきつ限界?!肥料も出荷日を計算して開花時にはすでに限界に近いくらいにコストセーブしているそうです。

実に世知辛い世の中です(涙) でも植物として当たり前に作ってしまった農家、今日の市場にカーネーションの鉢物を出荷してました。ざんねんな事に、商品価値がないのでしょうか、ひと鉢50円で競り落とされていました。(きっと運賃を差し引くと請求額のほうが。。。)

カーネーションの祖母はナデシコです。本来は丈夫なはずなんですけれど、品種改良を繰り返してこんなに弱くなってしまったのでしょうね(泣)

我が家でも売れ残り、全滅です。
 家業は花屋です。 母の日に向けて鉢物のカーネーション毎年販売&売れ残りの。。。 
 何年も鉢植えのままでがんばっていますが、生産者や種苗メーカーが言う通りなかなか難しいようです。
 
数年ほど前に配達先で受け取ったおばさんが(苦笑) 受け取り伝票にサインする前にラッピングをベリベリ剥がして拳でポンと鉢を外して、プランターに植え込んじゃいました。「こうしないと、ずーっと咲いてkれないのよ」って。

すごいショックでしたが、それが正解みたいです...続きを読む

Qカーネーションを種から育てたい

これまで、簡単な花(パンジーなど)と野菜は種から育てていますが、次にカーネーションを育てたいと思っています。
よく難しいと聞くのでアドバイスお願いします。

関東で戸建てに住んでいます。冬に霜がおりることは時々ですがあります。
最終的には地植えしたいですが、カーネーションの場合、ポット苗状態で屋内か軒下で越冬させるほうが安全と聞きました。

お伺いしたいのは、

(1)カーネーションを種から育てるのが難しいというのは、1番にどの段階ですか?(芽が出ない、病害虫被害が多い等)夏の暑さに弱いのは存じてますが、正直な所、母の日周辺にキレイな状態でいてくれたら、以降は全部残らなくてもいいかな、と思っています。

(2)10.5cmのビニールポットなら大量にあるんですが、芽だし後の育苗&越冬にこのサイズでも大丈夫ですか?

(3)地植えよりプランターを推奨される記事を見たことがあるんですが、これは夏場の管理のし易さからでした。他にもプランターのほうが良い理由はありますか?

その他、ポイントやコツがあれば教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(1)何が一番難しいのではなく意外と気を付ける点が多いので難しいといわれているのかもしれません。
普通に種まきすれば発芽率は結構いい方です。
水はけよく、日当たりよく、肥料は結構多め、根腐れしないように水は控えめ、
花(蕾)に水をかけない、アブラムシ、ナメクジの防除、
耐寒性はあまりない、種まきは遅めになど注意点が沢山あります。
ちなみに当地では今頃から10月初旬に種を蒔きますが
開花は母の日が終わって暫くしたころなので母の日には間に合いません。
品種にもよると思いますが。

(2)大丈夫です。当地は雪も30cmほど積るので、
ポットに移植後は小さなビニール温室にいれて外で管理してます。

(3)地植えにすると雨で花が病気になりやすくなります。
プランターなら移動も可能ですので便利ですね。
あとは水はけが大事なので水はけの悪い花壇よりはいいです。

難しいからと尻込みするよりまずは挑戦です。
頑張ってくださいね。

Q鉢底の穴を塞ぐ。

こんにちは。
素焼きの鉢で観葉植物の水栽培(ハイドロコーン等)をしたいのですが、
いいなぁと思った鉢は、大抵、底に穴があいています。
この穴を塞ぐ良いアイデアが思いつかなくて、もし良い方法などご存知
でしたら、教えて頂けないでしょうか??
よろしくお願いしま~す♪ (*^^*)

Aベストアンサー

私もみなさんと同じ方法で穴を塞いで使っています。あと、素焼きだと、どうしても水が浸み出てきて白く、粉っぽくなるのが嫌なので内側を透明ラッカーで、目止めをしてます。これ、けっこう使えますよ。

Qカーネーションと菊の切花で挿し木(挿し芽?)の方法

カーネーションと菊(スプレーマダムと書いてあったと思います)の切花を購入しました。

挿し木で鉢植えを作ってみたいのですが、方法がわかりません。

とりあえず、水に挿してあります。

花だけ切り取って、アレンジに使いました。
ツボミは残っています。

かなり、丈があるのですが、下の方は、茎がとても硬くて、葉は切り取られているようです。

根が出るまで、水でよいのか、土に挿した方がいいのか、どの部分をどれほどの長さで使うのか、教えてください。

Aベストアンサー

お花のきれいな季節ですよね!
私はバラを中心に育てていますが、以前、アレンジに使う
ポンポン菊(ボールみたいに真ん丸い花)を花瓶にさしていたら
根が出て、今では鉢植えですっかり大きくなり、
花をつけるようになりました。
菊は本当に強いので、水差しでも十分根が出ると思います。

ただし、発根するには光を嫌うのでガラスのビンに入れた上で
日光のあたらない暗いところにおいておくとよいと思います。

なぜ、ガラス瓶かというと、陶器の花瓶だと光があたらないのですが
水のにごり具合とか、発根しているかどうかを確認できないからです。
バラもそうですが、発根中はデリケートで 土にさした挿枝を抜いて
見たりすると たとえ立派に発根していても必ず枯れます。

また、発根を促進する薬がホームセンターやお花屋さんに売っています。「メネデール」や「HB101」などを規定の希釈で使うと効果があがると思います。(ちなみに、私は発根させるつもりはなかったので、お水をきれいに保つクリザールという延命剤をお水に入れていただけでした)

また、蕾をつけたままにしていると 花は蕾にエネルギーを注ぐので
発根させたい枝からは蕾をつんだほうがよいと思います。

以上、偶然 菊の水差しで根が出た経験しかありませんが、
毎年 バラの挿し木をしている経験から書いてみました。
参考にされば幸いです。

お花のきれいな季節ですよね!
私はバラを中心に育てていますが、以前、アレンジに使う
ポンポン菊(ボールみたいに真ん丸い花)を花瓶にさしていたら
根が出て、今では鉢植えですっかり大きくなり、
花をつけるようになりました。
菊は本当に強いので、水差しでも十分根が出ると思います。

ただし、発根するには光を嫌うのでガラスのビンに入れた上で
日光のあたらない暗いところにおいておくとよいと思います。

なぜ、ガラス瓶かというと、陶器の花瓶だと光があたらないのですが
水のにごり具合と...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング