ドアーの ガラスですが(大きさ 75*45cm位)、
以前は ステンドガラスが入っていて、おさまりの溝の幅が 5mm 位あります。
普通のガラスに変えると 3mm で ガタが有ります。
このギャップを埋めたいのですが、バスコークだと、接着力が有りすぎて、次の何かの時に、困りそう・・・。
で、接着力のないパテ、伸びてくれないとこまるので・・・って 有りますか?

それと、これを見つけたのですが
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82 …
これって、隙間 2mm程度 深さ 5mm 長さが、全周・・・ ヘラで 入り込みますでしょうか?
お使いに成られた方、居られれば、感じをお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>ドアーの ガラスですが(大きさ 75*45cm位)、以前は ステンドガラスが入っていて、おさまりの溝の幅が 5mm 位あります。



 木製建具で、落し込みでガラスが入っていたか押縁で固定されていたようですね。

 その場合は、専用のC型桟があります。3mm用破損止め( https://www.google.com/search?hl=ja&q=3mm%E7%94% … )と言うほうが一般的です。
 それをはめて止めるか、細めのバックアップ材を周囲の隙間に入れてぐらつかないようにして表面だけコーキング材を使用します。

 接着しないパテはありません。ジェルのようなものでしたら垂れてしまいます。扉のガラスは開閉時に風圧がかかるのですよ。手で押し込めるという事はそれ以上の大きな力が加わると変形していくということ。
    • good
    • 0

バスコークでいいですよ。



よく乾燥すれば剥がれますから

それよりも3mmのガラスは、少しの振動や衝撃(直接ではない)で割れやすいですから、お勧めしませんよ


>ヘラで 入り込みますでしょうか?

ヘラで入れる技術はありますか?

技術のある人なら簡単です。
技術の無い人なら難しい

技術のある人はここで質問しませんから、あなたには難しいでしょう


で、URLの製品はガラスの固定はできませんよ(振動でジェルが圧迫して痩せるので、ガラスが浮きます、浮けば衝撃で割れます)

密着力(接着力)の無い充填剤を使うとすぐ割れます
    • good
    • 0

ガラスパテというのがあります。


アルミサッシが普及していない頃の木製の窓や
工場、学校の窓はこのパテでガラスを固定してました。
乾きにくいのですが、その反面手で押したらそのままです。

わからなければ、同じような物があります。
エアコンの配管の貫通穴に詰め込むエアコンパテです。
石鹸より2廻りほど大きいのがホームセンタで100円
程度で売られています。
多分ですが、ガラスパテと同じように思いますので
雰囲気(作業性)を試して見ても損はありません。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1123094.html
http://item.rakuten.co.jp/brico/01133318-501017/
http://store.shopping.yahoo.co.jp/seiko-techno/2 …
    • good
    • 0

パッキン(ゴム紐)などを入れては?



隙間2mmなら網戸用ゴム2.8mmのが使えるかも知れません。
    • good
    • 0

安全の面から見ても5mmのガラスにしたほうがいいですよ。

    • good
    • 0

隙間につま楊枝を入れてから歯磨き粉をヘラで充填する。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシリコンコーキングが接着しない素材

シリコンコーキングが簡単にはがせる素材を探しています。
例えばコーキングのノズル先端部分は固まったシリコンを取り除いて(簡単にはがして)再び充填に使えるとおもいます。
あのように固まったシリコンが簡単にはがれる素材は何なのか教えて下さい。
(言い方を変えるとシリコンがつかない・つきにくい素材ということです)
シリコンを接着剤としてではなく薄く延ばして素材として使いたいので
簡単にはがせる相手役(平面的なもの)を探しています。
具体的に100円ショップで買えるような商品で例えて頂けると助かります。

シリコンはシリコンシーラントやバスコーク等のホームセンターで買える物を使います。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

明確な回答でなく、うろ覚えや想像が多いのですが...

セメダイン社の接着剤でスーパーX、スーパーX2 という商品があります、
これは「アクリル変成シリコーン樹脂65%」とあり、
硬化するとシリコンゴムのようになります。
接着できない素材として
ポリエチレン、ポリプロピレン、フッ素樹脂、ポリアセタール
と明記されています。
即ち、シリコンコーキングも付かないのではないか、と推測します。

ポリエチレンはたしか食品を入れる「ポリ袋」として、
ポリプロピレンは弁当箱や箸などの食器、などに使われてると思います。
フッ素樹脂は、板材やシートを秋葉の店頭で少量購入できます。
板材は通販で見かけただけですが、シートは実際に購入したことがあり、
まだ手元に余ってます。感触では厚み0.3mmくらいかと思います。
必要でしたら、うろ覚えですが店舗紹介します。
あと、水道管をねじ込む時にネジ部に巻いてスキマを埋める白くて薄いテープを使うのですが、
アレもたしかテフロン何とかと書かれてたと思います。

ポリアセタールはたしか(うろ覚え)絶縁ワッシャに使われてるものもあります、
ポリプロピレンより柔らかい印象のアレがそうかな、という気が...

とりあえずテフロンシートに、古いですがコニシのシリコンコーキング剤を
載せてみました。
しばらく放置して固まった後、剥がせるかどうか書き込みます。

> ノズル先端部分の素材名が判れば良いのでしょうか・・・

ハッキリとはわかりませんが、子供の弁当箱や箸がポリプロピレンですが、
似た感じはします...

手元のシリコンコーキング剤はかなり古いものですが、
近頃のリサイクルブームで、フタにも材質のマークの表示があったりしませんかね?
それじゃ材質まではわからないのかな?

明確な回答でなく、うろ覚えや想像が多いのですが...

セメダイン社の接着剤でスーパーX、スーパーX2 という商品があります、
これは「アクリル変成シリコーン樹脂65%」とあり、
硬化するとシリコンゴムのようになります。
接着できない素材として
ポリエチレン、ポリプロピレン、フッ素樹脂、ポリアセタール
と明記されています。
即ち、シリコンコーキングも付かないのではないか、と推測します。

ポリエチレンはたしか食品を入れる「ポリ袋」として、
ポリプロピレンは弁当箱や箸などの食器、など...続きを読む

Qゴムの接着、セメダインで着きません。靴底の補修で画像の商品を靴底の減っ

ゴムの接着、セメダインで着きません。靴底の補修で画像の商品を靴底の減った部分に接着してからさらに釘を打ち込み固定させるものを使ってみたのですが、ちゃんと接着させるために100均のものではなく、セメダイン社のスーパーXを使ってみたのですが、一定時間置いた後にわざと剥がすように力を入れてみるとすぐに剥がれてしまいました。2、3回やってみましたが全てだめでした。ちなみに下地処理もきちんとしました。削れた靴底は軽く洗剤をつけてたわしで洗ったあとに乾燥させ、耐水ペーパーにて整えた後、粉が残らないように雑巾でふき取って乾燥させました。

なにか手順に不手際がありますか?個人的には接着剤が適していないような気がします。このようなゴム同士の接着に強い接着剤はありますか?ちなみに瞬間接着剤も試しましたが同じ結果でした。またセメダイン社の専用接着剤のコーナーを覗いてみましたがゴム同士の専用商品はありませんでした。

使った接着剤です↓
http://www.cemedine.co.jp/product/domestic/adhesive/various.html

Aベストアンサー

セメダインスーパーXはシリコン系接着材ですね、そりゃ接着剤の選択が間違ってるんだわ。
シリコン系は接着物の材質を選ばず、ほとんどのものが接着可能で、弾力性があり、しかも超透明なものがあり・・・・と至れりつくせりの万能接着剤のように思え、確かにそのとおりなんです。
でも、シリコン系の接着剤はシリコン樹脂の接着力だけで保持しているのであって、分子結合的に接着しているのではありません。
つまりご飯粒でくっつけているようなもので、靴底のようにある程度柔軟性があってもまれるような状況で使用されるゴムなんかはほぼ接着できないんです。
これはエポキシや瞬間接着剤でもダメです。

靴底修理には合成ゴム系の接着剤を使います。
合成ゴム系の接着剤にも幾つか種類があって、張り合わせる材質によってはこれもうまくいかない場合があるので、以下が絶対とはいいませんが、多分大丈夫と思います。

例えばコニシボンドからG17というのが出ていて一般にも広く普及し、ホームセンターにもあるでしょう。これで接着できると思いますが、G17は一般多用途を狙った接着剤ですが、パッキンなどの接着では気にならないのですが、靴底など水に濡れて「揉まれる」ところにつかうとはがれてしまうように思います。
同じコニシボンドからG103というのが出ています。見た目は同じようなものなのですが、靴底の接着ではあきらかにこちらの方が調子いいです。
G17がクロロプレンゴム系でG103がニトリルゴム系のようですが、それがためなのかどうかは良く分かりません。
G103も一般市販されている接着剤ですが、G17ほどには普及しておらず、また、多分170mlのものと缶入りで小さいチューブは無いと思います。

接着方法は商品に書いていますが、一般的なゴム系接着剤と同じです。
両面塗布で指触でベトつかない程度乾かしたあと張り合わせる・・・です。
ポイントは焦らず、しっかり時間を置くことと、張り合わせ後にハンマーでガンガン叩くとかプレスで挟むとかしてしっかり圧力を掛けることです。

この接着剤はウレタンにもつくようなのですが、スニーカーなどに使われている成形ソールは接着したことがありません。あれは何で接着してもダメだという話を聴いたことがあるので・・・

これでダメなら、ショッピングセンターなどに入っているリペアショップに持ち込んでください。ああいうところはベルトグラインダやホットプレスがあり、接着剤も違うものを使ってそうだし、ノウハウがありますから。

それにしてもスーパーXでは最初から無理でしたね、お店の人はアドバイスしてくれなかったのですか?
ホームセンターは安いけど商品知識なんて無いに等しいから、何を使えばいいか分からない時はちゃんとしたDIYショップか金物屋さんに言った方がいいですよ。

セメダインスーパーXはシリコン系接着材ですね、そりゃ接着剤の選択が間違ってるんだわ。
シリコン系は接着物の材質を選ばず、ほとんどのものが接着可能で、弾力性があり、しかも超透明なものがあり・・・・と至れりつくせりの万能接着剤のように思え、確かにそのとおりなんです。
でも、シリコン系の接着剤はシリコン樹脂の接着力だけで保持しているのであって、分子結合的に接着しているのではありません。
つまりご飯粒でくっつけているようなもので、靴底のようにある程度柔軟性があってもまれるような状況で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報