出産前後の痔にはご注意!

現在、精神疾患により傷病手当金を受給しています。

会社に在籍中の頃から受給しており、あと数ヶ月で満了します。
会社は「自己都合」という事で昨年退職しました。
(本当は、お局様からのイジメも一因ですが…)
退職後は、労務の指示に従って、
ハローワークに雇用保険受給延長の申請を行っています。
(11年勤務したので、120日支給されます)

体調は浮き沈みもありますが、退職時よりはだいぶ良くなり、
元々ハードワークだったのと、会社の環境に問題があったので、
あと数ヶ月休めば、バイトやパートくらいは大丈夫かと…
(医師ともそのような話をしています)
傷病手当金は満了時まで受給するつもりです。

こういう状況の場合、満了後に失業保険を受給する事になりますが、
ハローワークへ延長を解除しに行けば良いのでしょうか。
医師の診断書などは必要かなとは思っていますが、
経験者の方、お話お聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>ハローワークへ延長を解除しに行けば良いのでしょうか。


そうでっせ!
まっ!生活のこともあると思うんで、傷病手当満了前にハローワークに相談する方がえぇで!
でければ「間が空かず銭が欲しい」のが本音でっしゃろ。

この回答への補足

アドバイス通り、満了前にハローワークに電話してみます。
自治体によって違うかも?ですしね。

>でければ「間が空かず銭が欲しい」のが本音でっしゃろ。
そうですね(笑)
医療費がかかるのでなるべく早く頂きたいです。

補足日時:2014/09/26 20:41
    • good
    • 15
この回答へのお礼

回答有難うございます

お礼日時:2014/09/26 20:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q傷病手当金支給切れ後の生活をどうするか?

知人が、現在、うつ病のため、傷病手当金のみで生活しています。
ただ、それも09/3で支給が終了します(1年半のみのため)。
その後の生活について対策案を教えて下さい。

・36歳、女性、一人暮らし
・うつ病のため、終日自宅で過ごす。
 通常の生活は出来るが、仕事は難しそう。
 病院には週一回のペースで、本人ひとりでなんとか通院。
・生活費は現在、傷病手当金。
・現在、鎌倉市にて賃貸のアパート暮らし。

一般的には生活保護の手段があると思うのですが、
それ以外に何か方策はあるでしょうか?
是非、ヒント・参考情報を下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
回答#3の続きです。

まず、障害年金の裁定請求に関して非常に役立つ書籍が3点ありますので、
それを紹介させていただきたいと思います(以下のとおり)。

障害年金の請求の仕方と解説―精神障害者・知的障害者のために
http://www.amazon.co.jp/dp/4805824409

代理人のための障害年金の請求と申立書の書き方
http://www.amazon.co.jp/dp/4539720724

障害年金の受給ガイド
http://www.amazon.co.jp/dp/4434125621

いずれの書籍においても、実際に裁定請求を進めてゆくにあたって、
豊富な実例や、裁定請求書や医師診断書の記入例が掲載されていますので、
実に役立ちます。

裁定請求の代理は、法的には、
社会保険労務士(国家資格)でなければ行なえないことになっていますが、
これらの書籍を活用して準備を進めてゆけば、
社会保険労務士に裁定請求の代理をお願いしなくとも、
こちら側だけで進めてゆくことは十分可能です。
(社会保険労務士に支払う成功報酬等の額は、決してバカにはなりませんので。)

ただ、裁定請求の際には、戸籍謄本や収入証明等、
本人のプライバシーに大きく関与してくる書類を添付する必要があるため、
社会保険労務士や親族以外の第三者が直接的に代理で関与する、ということは
望ましいことではありません。
裁定請求書や病歴・就労状況等申立書(本人が記載する、参考資料としての添付書類)は
書き方などをこちら側がサポートできるとしても、
あくまでも、本人が一部始終をきちんと進めなければなりません。
ですから、「このような手続きは非常にイヤだ!」とおっしゃるようでしたら、
きつい言い方になってしまいますが、突っぱねるしかないのが現状です。
(本人が損をしてしまうだけです。そこまで面倒を見る必要はないと思います。)

精神障害による障害年金の受給が認められるためには、
国民年金法・厚生年金保険法障害認定基準にあてはまる必要があります。

具体的には、裁定請求時に用いる医師診断書「様式第120号の4」における
「日常生活能力の判定」が最も重視されます。
(併せて、原則として「労務不能(就労不能)」であることも要件となります。)

日常生活能力は、以下の6分野について、各4段階のレベルで評価します。

(1)適切な食事摂取
 レベル4:自発的にできる
 レベル3:自発的にできるが、援助が必要
 レベル2:自発的にはできないが、援助があればできる
 レベル1:できない

(2)身辺の清潔保持
 レベル4:自発的にできる
 レベル3:自発的にできるが、援助が必要
 レベル2:自発的にはできないが、援助があればできる
 レベル1:できない

(3)金銭管理と買物
 レベル4:自発的にできる
 レベル3:自発的にできるが、援助が必要
 レベル2:自発的にはできないが、援助があればできる
 レベル1:できない

(4)通院と服薬
 レベル4:自発的にできる
 レベル3:自発的にできるが、援助が必要
 レベル2:自発的にはできないが、援助があればできる
 レベル1:できない

(5)他人との意思伝達及び対人関係
 レベル4:自発的にできる
 レベル3:自発的にできるが、援助が必要
 レベル2:自発的にはできないが、援助があればできる
 レベル1:できない

(6)身辺の安全保持及び危機対応
 レベル4:自発的にできる
 レベル3:自発的にできるが、援助が必要
 レベル2:自発的にはできないが、援助があればできる
 レベル1:できない

この結果、障害年金の受給の可否は、おおよそ以下のとおりとされています。

(A)精神障害を認めるが、社会生活は普通にできる ⇒ 障害年金不該当
 ・上記の「日常生活能力の判定」の(1)~(6)のすべてがレベル4だったとき

(B)精神障害を認め、家庭内での日常生活は普通にできるが、社会生活上問題がある
 ・障害年金3級に相当
 ・直前に記した(A)および下記の「日常生活能力の程度」の(C)~(E)に該当しないとき
 ・障害厚生年金3級のみOK
 ・障害基礎年金は受給できない
 (「3級」という障害区分が障害基礎年金には存在しないため)

(C)精神障害を認め、家庭内での単純な日常生活はできるが、時に応じて援助が必要である
 ・障害年金2級に相当
 ・上記の「日常生活能力の判定」の(1)~(6)のうち、
  概ね、少なくとも2項目以上でレベル2があるとき

(D)精神障害を認め、日常生活における身の周りのことも、多くの援助が必要である
 ・障害年金1級に相当
 ・常時介護を要し、上記の「日常生活能力の判定」の(1)~(6)のうち、
  概ね、少なくとも4項目以上でレベル2があるとき

(E)精神障害を認め、身の周りのこともほとんどできないため、常時の介護が必要である
 ・障害年金1級に相当
 ・上記の「日常生活能力の判定」の(1)~(6)のうち、
  すべての項目でレベル1があるとき
 ・かつ、精神の病状が診断書できわめて重く記されているとき

要するに、ただ単に「うつ病」というだけで障害年金を受給できるものではない、と
いうことになります。
この点については、十分に承知しておくことも必要です。

3級の状態の場合、初診日において国民年金の被保険者でしかない場合には、
障害年金を受給することはできません。
障害基礎年金(国民年金)の受給権しか発生しない、ということがその理由ですが、
障害基礎年金は3級の障害への支給を想定しておらず、1・2級しかないため、
初診日以後に厚生年金保険の被保険者になっていたとしても、障害年金は受給できません。
(「初診日が国民年金か厚生年金保険か」ということによって、大きく左右されるわけです。)

逆に、初診日において厚生年金保険の被保険者(又は共済組合の組合員)であったときは、
1~3級のどれかに該当すれば、障害年金を受給できます。
1・2級では、障害基礎年金と併せて、障害厚生年金(又は障害共済年金)も支給されます。
(3級では、障害厚生年金(又は障害共済年金)のみ。)

生活保護との関連においては、
「生活保護の基準額 > 障害年金の額」となれば、その差額が生活保護として給付されます。
一方、「生活保護の基準額 < 障害年金の額」の場合には、
障害年金の活用を優先し、その他の経済的状況を勘案した上で、
生活保護の給付の可否をより厳格に審査します。
(生活保護の却下の可能性も大きくなる、ということ)

障害年金の支給額の概要等については、以下を参照して下さい。
社会保険庁のサイトです。

http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi03.htm
 

こんにちは。
回答#3の続きです。

まず、障害年金の裁定請求に関して非常に役立つ書籍が3点ありますので、
それを紹介させていただきたいと思います(以下のとおり)。

障害年金の請求の仕方と解説―精神障害者・知的障害者のために
http://www.amazon.co.jp/dp/4805824409

代理人のための障害年金の請求と申立書の書き方
http://www.amazon.co.jp/dp/4539720724

障害年金の受給ガイド
http://www.amazon.co.jp/dp/4434125621

いずれの書籍においても、実際に裁定請求を進めてゆくにあたっ...続きを読む

Q傷病手当受給中の各種保険、年金、所得税金、住民税はどうなるのでしょうか

傷病手当受給中の各種保険、年金、所得税金、住民税はどうなるのでしょうか?
また、財形貯蓄や持ち株会などの積み立て類の支払いはどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

補足された質問の考え方で合っています。

傷病手当金は、健康保険法
「第六十二条  租税その他の公課は、保険給付として支給を受けた金品を標準として、
課することができない。」
の適用となり、所得税で差し引かれることはありません。

傷病手当金の性質がそもそも所得が無い期間の最低限の生活保障ですから
そこに所得税を課す、というのは給付の目的に反するわけです。

Q病気で退職後の失業保険について

身体を壊してしまい、しばらく休職していたんですが、会社に迷惑をかけるので、退職しました。
この場合失業保険は待機期間なしでもらえるんでしょうか?
それとも医師にもうしばらくは働けないという診断書を書いてもらったほうがいいのでしょうか?診断書があれば直ぐに失業保険がもらえると聞いた事があるので…

病気の方はほぼ治りかけなので、医師に働けるか働けないか自分で伝える感じだと思います。
先週はそんな感じで聞かれたので。

全くわからないので、どうか皆様の知識をかしてください。
よろしお願いします。

Aベストアンサー

失業保険受給には資格が必要です。
離職日以前の2年間の中で、12カ月間の被保険者期間が必要になります。
※賃金支払基礎日数が、各月に11日以上必要
賃金支払基礎日数とは、賃金を支払う対象日のことです。1か月のうちに働いた日数はお金をもらえるわけですからその日をカウントします。有給休暇の日もカウントに入ります。

被保険者期間とは、簡単に言うと、雇用保険料を支払った月の数のことを指しています。サラリーマンの方であれば、加入しているはずなので、12か月働いていれば受給期間を満たしていることになります。

保険は、就職の意欲がある方に対して支給されますので、次の方には、資格があっても、受給できません。
(1)病気や怪我の為に、すぐには就職できない時。(労災保険の休業補償、健康保険の傷病手当金などの支給を受けている場合も含みます)
(2)妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できない時
(3)定年などで退職して、しばらく休養しようと思っている時
(4)結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができない時
(5)自営をはじめた時。(準備を開始した段階を含む。収入の有無を問いません)
(6)新しい仕事に就いた時(アルバイト、パート、派遣、見習い・試用期間、研修期間を含み、収入の有無を問いません)
(7)会社・団体の役員に就任した時。また、現在役員に就任している場合(事業活動及び収入がない場合(名前貸とか)にはハローワーク窓口で相談)
(8)学業に専念する時
(9)就職することがほとんど困難な職業や労働条件(賃金・勤務時間など)にこだわり続ける時
(10)雇用保険の被保険者とならないような短時間就労のみを希望する時
(11)親族の看病などですぐには就職できない時
このように、再就職に向けて前向きな活動ができない場合には支給してもらえないようになっています。

うつ病などが理由で会社を退職した場合にはどうなるのかというと、やはり支給はありません。
ただし、受給期間の延長を申請することができるので、うつ病が克服できて働けるという状況になった場合には問題なく支給してもらえます。

貴方の場合は、働く意欲があると、判断されれば受給できますが、自己都合退職ですから、手続き終了後、約4か月後に受給開始となります。ハローワーク紹介の事業所に就職されたなら、条件を満たせば、就職祝い金が支給されます。

失業保険受給には資格が必要です。
離職日以前の2年間の中で、12カ月間の被保険者期間が必要になります。
※賃金支払基礎日数が、各月に11日以上必要
賃金支払基礎日数とは、賃金を支払う対象日のことです。1か月のうちに働いた日数はお金をもらえるわけですからその日をカウントします。有給休暇の日もカウントに入ります。

被保険者期間とは、簡単に言うと、雇用保険料を支払った月の数のことを指しています。サラリーマンの方であれば、加入しているはずなので、12か月働いていれば受給期間を満たしている...続きを読む

Q傷病手当金受給期間終了後の生活費について...

こんにちは。
こちらをお借りして質問させて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

現在、私はうつ病にて傷病手当金を受給しながら生活をしております。
しかし、もうじき1年6ヶ月が過ぎますので、あと2ヶ月で受給可能期間が終わってしまいます。
今月、メンタルクリニックの担当の医師からは、『まだ完治は遠いです』と言われました。
確かに、まだ情緒不安定・不眠・意欲低下等、薬なしでは生活ができませんし、
睡眠薬を飲まなければ一切眠りにつく事はできません。

傷病金が貰えなくなったその後は、私は生活費はどうしたら良いのでしょうか‥。
路上生活をしなければならないのでしょうか‥。
とても不安に思っております。

義父とのトラブル(私の入浴中に覗いてくる・着替え中に部屋にノックをせずに入ってくる)等があり、メンタルクリニックの医師にも『実家は出た方が良い』と言われていますので、仕事を休職し始めてからはずっと親戚の家に居候しております。実家に帰れば生活費は問題ありませんが、母に相談した所、私の病気うんぬんよりも、夫(義父)との生活の方が大事 とあっさり言われてしまいましたので、帰る気は御座いません。

貯金も底を尽きてきました。
やはり生活保護という形になってしまうのでしょうか?
しかし、原付は持っていますし、携帯電話、パソコンを持っている場合、生活保護は受けられないとお聞きしました。

まだまだ『生活リズム保てず、就労困難』と医師から言われておりますので、
どうしたらいいのか全く分かりません。

どなたか、本当に小さな些細な事でも良いので、何かアドバイス等頂けないでしょうか‥。

どうぞ宜しくお願い致します。
必要であれば、どんな質問にも答えさせて頂きます。

こんにちは。
こちらをお借りして質問させて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

現在、私はうつ病にて傷病手当金を受給しながら生活をしております。
しかし、もうじき1年6ヶ月が過ぎますので、あと2ヶ月で受給可能期間が終わってしまいます。
今月、メンタルクリニックの担当の医師からは、『まだ完治は遠いです』と言われました。
確かに、まだ情緒不安定・不眠・意欲低下等、薬なしでは生活ができませんし、
睡眠薬を飲まなければ一切眠りにつく事はできません。

傷病金が貰えなくなったその後は、...続きを読む

Aベストアンサー

どうしても、気になったので、回答してみます(__)

生活保護については・・
>・・ずっと親戚の家に居候しております。
世帯単位での申告となるので、親戚が、それ相応の収入があれば、ダメ
質問者様、個人だけの申告はできません。

>あと2ヶ月で受給可能期間が終わってしまいます
医師と相談し、障害年金の申請をしましょう。
障害年金は、リンクを参照ください。
http://www.shogai-nenkin.com/gaku.html

年金の受給条件は、こちら。
http://www.nenkin.go.jp/main/individual_02/index4.html

参考になれたら、幸いです。
以上

参考URL:http://www.shogai-nenkin.com/gaku.html

Q傷病手当金から失業保険の切り替えについて

お世話になります。
一昨年の12月からうつ病で休職中で、現在傷病手当金を受給しています。
今年に傷病手当金が切れるのですが、復職せず退職する予定です。
傷病手当金が切れるまでに新しい職場が決まらなければ失業保険を受給したいのですが、失業保険は退職する6か月前の賃金がベースに算出されるようです。
私の場合、退職する6か月前が無給なのですが、その場合でも失業保険は受給できるのでしょうか?
お忙しいところ申し訳ございませんが、ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

その場合は休職する前の給与で計算されます。

Q傷病手当金 申請から何日後に支払われる?

10月末からうつ病で休職しています。
先月末、会社宛に傷病手当金の申請をしました。
昨日問い合わせしたところ、会社側は
「すでに社労士に渡してある。支払いまでに1~2カ月かかる」
と言われました。
これから1~2カ月かかるのでは、現状でも生活費に四苦八苦している
状況なのに…と思っています。
申請場所によってもまちまちだとは思いますが、
支払いまでこんなに時間がかかるものなのでしょうか?
早く支払われる方法
(担当の社会保険事務所に連絡して早く支払ってくれという等)
もご存じでしたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

会社側じゃなくて、担当の社会保険事務所に直接電話してみるといいですよ。
会社の処理が遅く、まだ受理されていない場合にあまりに遅いと催促をしてくれたりしますから。
問い合わせて受理されていればだいたいいつ頃入金になりますか?って聞けるのでやってみてください。
私はいつもそうしていました

Q『失業保険と傷病手当金』どちらを申請すべきか

3月中旬で会社を退職しました。
2005年12月から派遣社員をしており、その間に3企業での派遣契約をし、何れも自己都合退職です。(期間満了含む)
雇用保険は全て入っておりました。健康保険も、一ヶ月のみ国民健康保険に加入していた月がありますが未加入月はありません。
3月中旬で退職した企業も最後まで勤務したので、傷病手当の待機期間に当たるのは退職後(任意継続開始日から)となると思います。

精神的な疾患のため今後は治療に専念したいと考えておりますが、経済的負担を考えたときに、失業保険を受けるか傷病手当金(健康保険組合からのもの:現在は任意継続中)を受けるかで迷っています。

もちろん多くもらえるにこしたことはありませんが。。。
失業保険は、退職前6ヶ月間の給料の日額を元に支給されるようですが、ここ6ヶ月間は就業先を変えたりした期間が1ヶ月くらい発生したため平均としてはかなり安い給料となってしまいます。

健康保険組合に問い合わせたところ、任意継続しているのであれば標準月額報酬の6割は支給されると聞きましたが、国民保険に切り替えてしまったら傷病手当金の支給は打ち切られてしまいますよね?
私の場合、健康保険は任意継続よりも国保のほうが4千円くらい安いです。

どちらを申請したほうがいいのでしょうか?
また、リレー式に傷病手当金→失業保険を受けることも可能なのでしょうか?

3月中旬で会社を退職しました。
2005年12月から派遣社員をしており、その間に3企業での派遣契約をし、何れも自己都合退職です。(期間満了含む)
雇用保険は全て入っておりました。健康保険も、一ヶ月のみ国民健康保険に加入していた月がありますが未加入月はありません。
3月中旬で退職した企業も最後まで勤務したので、傷病手当の待機期間に当たるのは退職後(任意継続開始日から)となると思います。

精神的な疾患のため今後は治療に専念したいと考えておりますが、経済的負担を考えたときに、失業保険を受け...続きを読む

Aベストアンサー

まずご質問の場合失業給付金は受けられません。
というのも傷病手当金を受けるということは、病気では働けないということですよね?
働けるのであれば傷病手当金は出ませんから。

で、働けないのであれば失業給付金は受けられませんので(あくまで失業給付は求職活動をしている人が受け取れます)、雇用保険のほうは病気を理由にした延長申請をしてください。

そして傷病手当金の申請をしてください。
4月から任意継続での傷病手当金給付がなくなりましたけど、ご質問の場合には3月中旬から就労不能(病気のため)であればかろうじて経過措置により4月以降も傷病手当金は受けられるでしょう。

失業給付はまた働けるようになったら、傷病手当金を打ち切り、今度は失業給付の申請をして失業給付金を受けならが就職活動をします。

つまり、

>また、リレー式に傷病手当金→失業保険を受けることも可能なのでしょうか?
ということです。

Q退職した後に傷病手当金を請求できますか?

はじめまして。質問させてください。うつ病中に休職していたのですが、傷病手当の事を知らずに退職してしまいました。退職後には請求できないのでしょうか?

Aベストアンサー

中小企業で労務をやっている者です。

傷病手当金の時効は2年です。期間内であれば請求は出来ます。

ただ、医師の証明が必要になりますので、
病状によっては書いてくれない場合があります。

また、在職期間中から病気だったとの証明になりますので、
会社側の証明も必要になります。

うつ病を患っている貴方には大変労力のいる作業になると思います
無理せず体調の良いときに手続きを行って下さい。

Q傷病手当金はいつ入金されるの?

先日退院をして、会社から傷病手当金支給申請書を頂きました。そこで質問なんですが、この申請書をすべて記入し、郵送してからいつ入金されるのでしょうか?入院していたのでお給料はもちろんゼロ。生活が苦しいので出来れば早くもらいたいのですが…。分かる方教えてください。

Aベストアンサー

申請書は会社に郵送したのですよね?
まず、会社→健康保険協会(組合等)へいつ提出してくれたかです。
会社に到着後、2~3日うちに提出してくれていれば、概ね10日くらいで振込まれるのではないでしょうか。

ちなみに、政府管掌の都道府県健保協会へ最近請求したところです。
1/12に書類提出→1/24支給決定→1/27振込でした。
ただ、交通事故によるものなので通常より書類が色々と必要だったり確認が入ったりしたので
おそらく通常よりも日数がかかっているものではないかと思います。

なので、質問者さんの場合はもっと早いと思います。

健保組合だと、処理速度はわかりませんが、そんなに大きくはかわらないんじゃないかと思います。

Q傷病手当貰いながらのアルバイト

先月より鬱病で会社を休んでいます
薬により体調は良くなりました
原因はその会社のパワハラ、残業でした
本当に殺されるかもと思ってたので、休職したら楽になりました
すごく小さな会社なので、休むにあたりきちんとした制度はないです
形上は休職ですが、退職届を出して次を探すのも、体調と相談しつつそろそろかと思っています
しかし、今一番の悩みは収入面です
会社からは一切給料が支給されず、逆に保険支払いの督促
傷病手当も給料の六割知れているので家賃や支払いなど生活が厳しいです
幸い体調もまあまあなので、簡単なアルバイトをして生活の足しにしたいと思っていますが
会社を休職→傷病手当支給の状況で、アルバイトなんてしても大丈夫なんでしょうか
アドバイスをお願い致します

Aベストアンサー

> 形上は休職ですが、退職届を出して次を探すのも、体調と相談しつつそろそろかと思っています
> しかし、今一番の悩みは収入面です
> 会社からは一切給料が支給されず、逆に保険支払いの督促
残念ながら、この部分は当然の行為ですね。
何が世間一般なのかは人によって異なりますが、休職している間は次のようになるのが一般的と考えます
 給料
  有給休暇ではないのだから、給料は支払われない。
 健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料(40歳以上の方)
  休職中であっても労働の負担分は発生する。
  会社は保険料納付義務があるから、労働者負担分を労働者に請求する
 雇用保険料
  これは支払った賃金額に対して徴収するので、給料等が支払われない限り、発生しない。



> 会社を休職→傷病手当支給の状況で、アルバイトなんてしても大丈夫なんでしょうか
お手元にある健康保険証に印字されている保険者名は「協会けんぽ**支部」ですか?それとも、「**健康保険組合」ですか?
このように問うのは、「協会けんぽ」であれば厚生労働省からの通達が100%適用されますが、「健康保険組合」であれば必ずしも通達に100%準じているわけではないからです。

で、通達ですが・・・2つあります。
むかしの方[番号:3.12.27保規3176]は、文体が古いので・・・簡単に書くと『内職をした場合でも支給します』とされております。
最近の方[番号:平15.2.25保保発025007.庁保険発4]は、全文は↓をご参照いただくとして・・・次のように書かれております。http://www.itcrengo.com/tsuchi/120919.pdf

 『被保険者がその本来の職場における労務に就くことが不可能な場合であっても、
 現に職場転換その他の措置により就労可能な程度の他の比較的軽微な労務に服し、
 これによって相当額の報酬を得ているような場合は、労務不能には該当しないもので
 あるが、本来の職場における労務に対する代替的性格をもたない副業ないし内職等の
 労務に従事したり、あるいは傷病手当金の支給があるまでの間、一時的に軽微な他の
 労務に服することにより、賃金を得るような場合その他これらに準ずる場合には、
 通常なお労務不能に該当するものであること。
  したがって、被保険者がその提供する労務に対する報酬を得ている場合に、そのことを
 理由に直ちに労務不能でない旨の認定をすることなく、労務内容、労務内容との関連に
 おけるその報酬額等を十分検討のうえ労務不能に該当するかどうかの判断をされたいこと。』
 
と言うことは、短時間(又は1週間に数日)で軽易な労働をするアルバイトであれば、必ずしも保険給付の不正取得になるとは言い切れません。

> 形上は休職ですが、退職届を出して次を探すのも、体調と相談しつつそろそろかと思っています
> しかし、今一番の悩みは収入面です
> 会社からは一切給料が支給されず、逆に保険支払いの督促
残念ながら、この部分は当然の行為ですね。
何が世間一般なのかは人によって異なりますが、休職している間は次のようになるのが一般的と考えます
 給料
  有給休暇ではないのだから、給料は支払われない。
 健康保険料、厚生年金保険料、介護保険料(40歳以上の方)
  休職中であっても労働の負担分は発生する。
 ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング