生体を構成する元素にはどのような物があるか教えて下さい。
特にFe,Mn,Mgについて、どのくらい使われているのか、どれだけ重要なのかが知りたいです。
できれば植物もしくは光合成微生物についてそれを知りたいです。宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

植物の生命の維持や成長に対して必要欠くべからざるものを必須元素といい、次の16種類が挙げられます。

すなわち、C,O,H,N,S,P,K,Ca,Mg,Fe,Mn,Cu,Zn,B,Mo,Clの16元素です。このうち、前半の9つは特に多量に必要とされるため多量元素、残りの7つを微量元素といいます。植物体内にはこのほかにもSi,Al,Na,Iなどが比較的多量に含まれており、これらが欠けても正常な発育ができないという人もいます。ご質問のFe,Mn,Mgの生体内における割合については手元の資料に記載されていないため分かりませんでした。その役割について、まず鉄は葉緑素の生成に密接に関与しており、鉄が不足すると葉緑素の生成が妨げられます。また、鉄は植物体内の呼吸作用に関係のある酵素の重要な成分です。その2価と3価の荷電変化によって呼吸基質から分子状酸素に至るまでの電子伝達の中間体として働いています。次にマンガンは各種の呼吸酵素の賦活材として働いており、マンガンの供給により通気不良に対する抵抗性が助長されます。またマンガンは植物の窒素代謝や、光合成過程の中の水の光分解にも関係するといわれています。最後にマグネシウムは葉緑素の構成成分として全ての緑色植物にとって必要です。また、マグネシウムは種々の重要な代謝過程において、特にリン酸代謝に関係する酵素や光合成酵素の作用と密接な関係があるといわれています。加えてマグネシウムは植物体内でのリン酸の移動にも重要な役割を果たしています。
以上で大体のことは説明しましたが、更に詳細な説明は養賢堂の農学大事典等を参照してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。正直ここまで丁寧に回答いただけるとは思っていませんでした。それぞれの元素の含有量などは農学大事典に記載されているのでしょうか。早速参照させていただこうと思います。

お礼日時:2001/06/11 22:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が

一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が大きくなり,気体交換効率が高くなっているようです。それはどうしてか,くわしく教えて下さい。

Aベストアンサー

交換効率は鳥類が最も優れてますよ。
鳥だけが一方通行の呼吸をしてますから。

どうしてかというと必要に応じてであって、
なぜ必要に応じた機能があるかはまったく謎です。
淘汰説は適合するケースがきわめて小さな割合なので、
ぜんぜんまちがいです。正しいなら全部適合するはず。
個体差として現れない構造的な進化を説明できません。

Qmg protein /mg という単位

16.69mg protein /mgという濃度の試薬(RNaseA)があるのですが、これを100 µg/mlの濃度に薄めたいです。mg protein /mgという単位の場合、どのように計算すれば良いのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 16.69mg protein /mgという濃度の試薬(RNaseA)

 これは固体ですか? それであれば,その固体 1 mg 当たり蛋白(RNaseA)16.69 mg 含まれているという意味に取るのが普通でしょう。

 が,1 mg 中に 16.69 mg ??? 有り得ないですね。何か間違ってませんか? 16.69 micro g/mg とかじゃないですか?

Q遺伝学で Allelic with ,,,の意味は

生物好きの素人です。

先天的な奇形の話で、○○症候群は、□□症候群とAllelic であるという文がありました。 
## Syndrome is------- Allelic with $$ syndrome (103285), && malformation (605289), とか書かれています。
このAllelic withと言う意味は、、□□症候群と同じ、という意味なのでしょうか、だとすると()の数字が異なるのは不可解だし。
Allelic with ,,,の意味を教えてください。

Aベストアンサー

二つの遺伝疾患の原因が、同一の遺伝子の異なるタイプの異常であるということです。

Alleleは一応正式な訳語では「対立遺伝子」ということになっていますが、字面で理解しようとすると誤解を招くかもしれません。原意はともかく、現在では同じ遺伝子の異なるタイプ、異なるタイプの異常をalleleいいます。
むかしむかしは、遺伝子のタイプ、すなわちalleleは野生型(正常型)の形質を示すものに対して、ある突然変異型の形質をしめすもの、あるいはエンドウマメの丸型対しわ型、緑色対黄色のように二元論的に捉えられていました。

しかし、実際は同じ遺伝子にも多数のタイプ、異なる突然変異型が存在しうるもので、異なる突然変異型が異なる突然変異形質を示すこともあることが常識となっています。

Qなぜ,カエルなどの両生類は,子はえら呼吸で,親になると肺呼吸になるので

なぜ,カエルなどの両生類は,子はえら呼吸で,親になると肺呼吸になるのでしょうか? 教えて下さい。
両生類にとって,それが適応しているつくりになっているとはわかりますが,このしくみの科学的な根拠を教えて頂ければと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

適応しているからではなく未だ適応していない結果です。ですから残念ながら何故適応できないのかという科学的な根拠はありません。

生物は水中で発生進化しました。全ての動物が受精は未だ水中以外で受精できません。空飛ぶ精子やとことこ歩く精子が誕生しないで、精子の運動能力は皆水中を泳ぐものだからです。今後も精子の運動機能に変化はないでしょう。卵もそれに対応した変化をしなくてはなりませんから同時にと言うことは不可能なことと思います。

さて受精が水中で行われれば、当然そこから発生します胚は水中で発生することになります。陸上で卵を発生させます陸上動物は、この問題を解決するために胚を卵殻で保護し、人工的な水中環境で発生させるように進化しました。また、同時に胚が呼吸出来るように胚膜と呼ばれるものを作り出しました。胚膜の中で漿膜と尿膜を融合させました漿尿膜が臍に繋がっていまして呼吸します。それが発達したものが我々の臍の緒です。ですからヘビもワニもヒヨコも発生の過程では臍があったのです。

両生類は、残念ながら適応できずにそれらの卵殻や胚膜を持ちません。ですから名のごとく幼生期は水中生活をし、生体は陸上生活に移行します。カエルにはまさしく臍がないのです。何故カエルは臍の緒を作れないのか、これは永遠のなぞです。

適応しているからではなく未だ適応していない結果です。ですから残念ながら何故適応できないのかという科学的な根拠はありません。

生物は水中で発生進化しました。全ての動物が受精は未だ水中以外で受精できません。空飛ぶ精子やとことこ歩く精子が誕生しないで、精子の運動能力は皆水中を泳ぐものだからです。今後も精子の運動機能に変化はないでしょう。卵もそれに対応した変化をしなくてはなりませんから同時にと言うことは不可能なことと思います。

さて受精が水中で行われれば、当然そこから発生します胚...続きを読む

Q生体高分子の合成

生体高分子の生合成、人工合成におけるモノマー活性について。教えて下さい。

Aベストアンサー

rei00 です。

補足拝見しましたが,「大学の授業の課題」と言う事であれば,その講義の教科書なり参考書なりにのっているはずですが。

例えば,アミノアシル t-RNA はアミノ酸のカルボキシル基と t-RNA のリン酸との間で混合酸無水物を作ってアシル基を活性化しています。

DNA 合成のモノマ-はデオキシリボ-ス部分の5位にトリリン酸が付いて活性化されています。

この様に文章で書かれてもよくわからないと思います。生体高分子の生合成については「生化学」の教科書にのっています(今,図書館で確認してきました)ので,それを御覧になる事をお薦めします。


また,人工合成の方も様々な活性化があり,「ペプチド合成」や「核酸合成」で何冊も成書が存在します。それらを直接御覧になる方が理解しやすいと思います。ちなみに,次の様なものがあります。

生化学実験講座  14 日本生化学会∥編
出版者 :東京化学同人出版年月:1977.11
資料形態:507p  22cm  3900円
各巻書名:タンパク質の化学  4 化学修飾とペプチド合成  成田耕造,村地孝∥編集担当

ペプチド合成  泉屋信夫∥〔等〕著
出版者 :丸善
出版年月:1975
資料形態:281p  22cm  3200円
シリーズ名:合成化学シリーズ

プチド合成の基礎と実験  泉屋信夫∥〔ほか〕著
出版者 :丸善
出版年月:1985.1
資料形態:312p  22cm  6700円
注記  :『ペプチド合成』(昭和50年刊)の改題新版

核酸化学 上,下
著編者:水野義久
出版社:朝倉書店
刊行年:1970
大きさ等:上,22cm  302p \3,500
     下,22cm  275p \3,500

その他,「生化学実験講座」や「新生化学実験講座」等にも関連の記載があると思います。

rei00 です。

補足拝見しましたが,「大学の授業の課題」と言う事であれば,その講義の教科書なり参考書なりにのっているはずですが。

例えば,アミノアシル t-RNA はアミノ酸のカルボキシル基と t-RNA のリン酸との間で混合酸無水物を作ってアシル基を活性化しています。

DNA 合成のモノマ-はデオキシリボ-ス部分の5位にトリリン酸が付いて活性化されています。

この様に文章で書かれてもよくわからないと思います。生体高分子の生合成については「生化学」の教科書にのっています(今,図書館で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報