先日自転車同士の接触事故に合いました。
当方は自転車専用レーンを低速運転(上り坂の為)、相手方は脇道(坂道)を急降下してきた所接触。
当方、捻挫を含む多数の怪我+自転車故障。
相手方、無傷。
警察を呼び、今回は物損で良いのでは?と言われ、よくわからず取りあえず物損にしました。

後日、痛みも引かず、病院へ行き、相手から謝罪も無く、こちらからコンタクトを取ると、保険やに依頼してきました。

色々調べると、自転車も2年のってるので、相当償却されるため、修理費を満額とれる保証もなく、相手の誠意も感じられないので、人身に切り替える方がメリットが大きいのかも?と考え始めてます。

良きアドバイスをお願いいたします。

「【人身or物損】自転車同士の交通事故」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

お怪我の方大丈夫ですか、ます治療を優先してください。


過失相殺については、自転車同士なので車:車を過失割合を準用できますので
相談者様の走ってた方の道路は白線が切れていないので、優先道路となりますで
基本割合10:90となります。
相手方は、優先道路にでるのに、一時停止、坂道での減速をおこたったこととなりますので
1割以下を主張できるということになります。
通常は、事故では、保険効きませんので、自由診療となりますが、健康保険に、傷病届をだせば、健康保険での治療が受けられます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
現状は事故扱いになっていないようで、健保での治療になっております。
昨日診断書をもらってきたので、一両日中に人損手続きに切り替えたいとおもいます。

お礼日時:2014/10/02 09:18

#1,3ですが、まだ締め切っていないようなので


補足しますけど

#3で過失が無ければと書きましたが
通常、双方が動いている場合、追突で無い限り0:10という過失割合ではないので
貴方にもいくらかの負担はあると思います。
自転車対自転車の事故は類型化されていないので
1:9~3:7程度のことは考えられます。
交通事故では警察や保険会社はけがをしている方を被害者と呼びますが
けがをしていない方を過失割合とは関係なく加害者と呼んで区別しているだけで
両方けがをすれば被害者で加害者です。
過失割合とけがをしているかどうかは別です。

賠償保険で
支払われるのは貴方の過失分を引いた額です。
自動車の自賠責の場合はけがの場合、
7割未満の過失割合では減額はありませんが
任意の個人賠償保険の場合はあります。

#3で自分の健康保険は使えないと書きましたが
#7さんも指摘しているとおり
第三者が原因でのけがは健康保険は使えないので
第三者行為による傷病届を健保組合にださないとだめです。
それは人身事故として届けるかどうかは関係ありません。
貴方が健康保険に申告しないといけません。
交通事故でと医療機関で貴方が言えば
初めから健康保険では受診させなかったと思います。
治療費は過失割合に従って
相手が支払うものであって
健保組合は保険負担分を払う必要がないからです。
健保組合は賠償保険会社に請求しますし
自己負担分を賠償保険会社に貴方が請求します。

示談交渉は民事なので警察は介入しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
医療機関では間違いなく、自転車で衝突事故と申してますが、何故でしょうか?
兎に角、あとは警察に必要書類を提出して、色々動きます。

お礼日時:2014/10/02 17:56

確かにケガをされれば、被害者意識が高まるのは理解出来ますが、


一方的な過失によって起きた事故でない場合、過剰な反応をしないよう
冷静さが大切になると思います。
(国が認める)度を越した請求をしたら恐喝罪になることを忘れないでくださいね。

「その交差点を通過し終える直前に、後輪の軸より後ろに突っ込まれて転倒し受傷した」
くらいの状況でなければ、質問者さんにも過失(加害者の立場)が発生するので
双方に過失がある場合「お互い様」になってしまうのです。

まぁ、そうは言ってもケガをした相手に対しては、
(例えば電話で)見舞うことくらいはすると思いますが、
気の回らない老人なのでしょうか。

>修理費満額とれる訳ないと理解しているからこそ悔しいのです。
 これは、事故を回避出来なかった自分の乗り方に対する「やるせなさ」ですから
 矛先を相手に向けるのは間違いになります。

>私は自転車専用レーンを低速で走っており、前方不注意とは思えない(法律上はそうなるのでしょうが)
 今回の老人に限らず、脇道から二輪や子どもが飛び出してくることは予見出来るので
 その対処を怠った部分が過失になる訳です。

>相手方が、坂道を低速で注意深く走っていればこのような接触は無かったと考えられます。
「自分はどうすれば今回の事故を回避出来たのか?」を考え直すと
 少しは冷静になれるのでは。

>人身に切り替える方がメリットが大きいのかも?
 人身事故にしなければ保険金が出ない、相手に支払い能力が無い、
 という訳でなければ質問者さんにとって何らメリットは無いと思います。
 単に相手が行政処分を受けるか否かの対象になるだけですし、
 万が一「修理代を満額支払わなかったら人身事故に切り替えますよ」的なことをいったら
 質問者さんが恐喝罪・恫喝罪を犯すことになります。


質問者さんが通る代わりにクルマが通過していたらその相手は死んでいたかも知れないし、
相手が飛び出してきた幼児だったら質問者さんが踏み潰していたかも知れません。
事故は、お互いの予見が不足した時に起こるという認識を忘れないようにしましょう。
不足する自転車の修理代は、今後の予見に対する授業料で帳消しになると思います。

この回答への補足

補足日時:2014/10/02 12:07
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼日時:2014/10/02 12:54

交通事故に遭われたとのこと、お見舞い申し上げます。



さて、ご質問の内容で、理解できないことがあります。

「修理費を満額とれる保証もなく、相手の誠意も感じられないので、人身に切り替える方がメリットが大きいのかも」
というくだりです。

原則論ですが、物損事故で処理するのか人身事故に切り替えるのかを判断する基準として、修理費を満額取れるかどうかは無関係だと考えます。
「相手の誠意が感じられない」+「実際に怪我がある」=「相手に対する処罰意思を明らかにする」
という論理なら判らなくはありません。

しかし、他の回答者様への補足に書かれているように、質問者様も過失割合が10:0でないことはご理解されている様です。
例えば過失割合が7:3であった場合、ご自身の自転車の修理代の7割は相手が(保険で)負担することになるでしょうが、残りの3割は質問者様の負担になります。
相手方の自転車に修理が必要であったときは、その修理代の3割も質問者様の負担となります。
これが過失相殺の基本的な考え方です。

双方ともに過失があるとお認めになっている以上、質問者様の自転車の修理代を、「修理代として」満額請求することは無理だと考えます。
相手方の過失が大きいことなどを理由に慰謝料を上乗せしてもらい、それを差額分に充当するくらいなら出来るかもしれません。

今回の事故の相手方についての情報がありませんが、未成年の子供さんなど社会経験が充分でない方ではありませんか?
謝罪がない=相手が一方的に謝るべきだとお考えのようですが、交通事故は誰も起こそうと思って起こしているわけではありません。
ましてや双方に過失がある事故です。
謝罪など何回してもらっても、保険会社から出る金額に差が出るとは考えられません。

それよりも、相手方がちゃんと保険に加入しており、保険で対応してくれると言うのなら、僥倖というべきではないでしょうか。
自転車には自賠責のような制度がありませんから、支払い能力がなければ完全に泣き寝入りとなってしまいます。
怪我の治療費なども含めて、保険会社が提示する額があまりにも常識はずれなものであれば別ですが、保険がきちんと出るだけでも幸いではないかと思います。

「修理費を満額」は、少し強欲に思えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

相手方は初老の男性です。

修理費満額とれる訳ないと理解しているからこそ悔しいのです。
私は自転車専用レーンを低速で走っており、前方不注意とは思えない(法律上はそうなるのでしょうが)
相手方が、坂道を低速で注意深く走っていればこのような接触は無かったと考えられます。

確かに相手が保険に加入してくれていた事は、ラッキーな事かもしれませんね。

今後自分も誠意をもった対応をし、納得できる内容を求めていきます。

お礼日時:2014/10/01 17:43

事故というモノは、感情的になると示談が進みません。



「謝って欲しい」「挨拶に来て欲しい」などと言っても詮無いことなんです。
ですから多くの場合、当事者が示談交渉することは賢明ではありません。

こちらが保険会社に任せることは、大きく見てメリットがありますし、損をすることはありません。

相手方と直接接すれば接するほど、こちらの感情面でフラストレーションが溜まるばかりになりかねません。

ここはやはり保険会社に任せるのが上策と思います。

なお、警察は過失に関係ありませんので
警察官の発言は参考になさらないでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに、相手の事を考えると感情がでてくるので、自分にとっても宜しくないとおもいます。
損保会社と話し合いを進めていきます。

現状、皆様の意見を基にすると、人損にした方が良いきがしてきました。

お礼日時:2014/10/01 17:19

写真を見る限り貴方が優先の道なので多くても3割程度の過失で済むと思います。


しかし、貴方も保険会社に連絡を入れないと面倒なので必ず連絡してください。

相手からの誠意も感じられない(謝罪や経過の確認など)ので過失割合を減らしてくれ
などの交渉もして良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
取れる手はずを整え、進めていきたいと思います。

お礼日時:2014/10/01 17:17

>後々症状が出てきている事に不安になっております。



当日はショックで気がつかないだけで
翌日痛くなることはよくありますが
頭でも打っていなければ
打撲、捻挫では治療期間はそれほど長いことにはならないでしょう。
15日未満は軽傷とされています。

>納得のできる保障を受けられる様に動ければと思います。

保険会社によって概ね基準があるので
納得するしないは関係なく基準にしたがって
計算した金額が提示されます。
過失がなければ
治療費は実費相当額、入通院慰謝料は通院日数×いくら(自賠責基準だと4200円)
休業補償は勤め人の場合、休んだ日数×日割りの賃金、物的賠償は相当額
不満なら弁護士に依頼することになりますけど
そのような軽傷では対象金額が低いので法律相談で
指南を受ける程度でないと持ち出すことになるでしょう。
自転車と自転車の事故は
交通事故紛争処理センターでは扱わないので
弁護士に意見を聞くにしても交渉は自分でやらないといけませんね。

ちなみに
他人が原因のけがは自分の健康保険は対象外なので
もし自由診療で現金で支払ったのでなければ
第三者行為による傷病届を健保組合にださないといけません。
(国保なら自治体の担当課)
その場合、保険負担分は保険会社から健保組合への支払いになり
貴方は自己負担分の保険会社への請求になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
損保会社とコンタクト取りながら、上手く進めて良ければと思います。

お礼日時:2014/10/01 17:16

双方に過失の出る事案ですから


こちらも保険会社に任せてはいかがですか?

自己の個人賠償責任保険で対応して貰えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
双方に過失は理解できるのですが、警察確認の元、相手方の過失があります。
相手方の謝罪も無く、私からコンタクトしてから対応を始める誠意の無さから
今回、正しい判断を仰ぎたく、書き込みさせていただきました。

お礼日時:2014/10/01 15:17

物損事故か人身事故かの違いは


人身事故には
加害者(けがをしていない方)に刑事罰、行政処罰があることです。
しかし、自転車には免許がないので
反則点数制度も反則金制度も適用されないために
刑事処罰に対しては送検、起訴という通常の手続きになりますし
行政処分はありません。
貴方のけがが軽微であれば不起訴もあります。
貴方が交通事故でけがをしたという
医療機関の診断書を警察に提出しないと人身事故にはなりません。
保険上は人身でも物損でも変わりません。
治療費、入通院慰謝料、休業補償、物的賠償です。
自転車は修理してくれと言えば
100万円もするような高額のものを除いて
同程度の新品を保険屋が用意するでしょう。
貴方が受診した医療機関宛の情報開示に同意するという
書類が保険会社からくるのでそれをださないと
治療費の支払いと治療内容が確認できないので
支払われません。
治療が終わらないと示談の話にはなりません。
治癒ということは
治療効果がないという状態を言うので(症状固定)
事故の前の状態に戻るまで治療費を支払うということではありません。
症状固定の段階で治療は終了し
後遺症があれば基準で認定して後遺障害補償を支払うということです。
痛ければ何時までも治療できるということではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。
後々症状が出てきている事に不安になっております。
納得のできる保障を受けられる様に動ければと思います。

お礼日時:2014/10/01 15:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転車同士の事故 双方での示談に関して

お世話になっております。
お詳しい方おれば回答お願いいたします。

長くなりますので、詳細は割愛しますが数日前自転車同士(双方、走行中)の事故にあいました。
警察も介入しており、私は2日の通院をし既に治療は終えております。
相手とは連絡先を交換しており、3度電話で話をしました。
ここ数日、その件に関係した人たちの発言の簡単にまとめると。

・警察:自転車同士の事故の場合、過失の大小は決めず事故としての処理をするだけです。告訴する場合は6ヶ月以内に行ってください。
・保険組合(国民健康封建):第3者行為での怪我は、保険料の適用は出来ず全額相手に請求してください。
・相手:
(1日目)悪いのは100%自分なので、全額払います。出来れば健康保険適用で支払いをして欲しい
(2日目)よく調べたら入っていた保険があった。保険屋に問い合わせたら過失割合(80:20の主張)というものがあり、自分だけが悪いという認識は間違いだ。保険に入っているので健康保険適用はお任せします。
(3日目)保険屋に書類を請求している。医療費もあなた(ここでいう私)が払って後は保険屋に書類を送って欲しい。過失分を差し引きされて口座に振り込まれます。

相手の任意保険は簡易的なもので示談には介入しないようですが、相手は保険屋が言っている事を私に伝えるだけで、それ以上の事は分かりませんで話が進みません。
現在約7万円の医療費(自由診療(自由診療から3割負担に切り替えると1万弱との事です))が発生しております。
以下質問です。
Q1.相手からは医療費、修理代については一度清算して領収書を保管してくれ。保険屋から書類が届いたらすぐ渡すと言われています。しかし、7万円という医療費自体が私にとって高額で払えません。保険組合は相手に請求しろ。相手は自分で払え、払わないと事が進まないといった感じで私は板ばさみです。保険組合に申し出て3割負担にしてもらう事は可能なのでしょうか

Q2.相手方曰く、書類に領収書を添付し、私の過失分を引いて口座に振り込まれるとの事ですが、そもそも相手と保険屋はやり取りがあるのでしょうが、示談に介入しなのですから私とのやり取りはありません。したがって、いくら戻ってくるのか、その根拠はどこなのか、またいつ戻ってくるのか全てが不鮮明です。
私が保険屋とやり取りをして全て明瞭であれば、私が支払うという事も理解出来ますが、不鮮明のままでは支払った後が不安です。私は相手方が全て支払い(領収書は相手保管)相手が保険屋とやり取りすれば良いと思ってしまうのですが、間違っていますか?

Q3.告訴する事で私にメリットはありますか?

Q4.今回、医療費、その為の交通費、自転車の修理代、休業補償、この4点は請求したいのですが、過失割合の考えが適用されるのは医療費と修理代の2点でしょうか?
また休業補償は、治療の為に休んだ日以外に保険組合に出向いたり病院に説明を受けに行ったりとした半休は請求できるのでしょうか?

Q5.正直、相手方が疑わしく、医療費を払ったら音沙汰なしなんて事も考えてしまいます。今、私が他にやっておく事はありますか?親しい知人は、内容証明を作成し現在の請求額と私の希望(正直10:0で主張したく)をまとめた物を送付しろと言うのですが、とるべき対策はあるのでしょうか。
また調べてみると示談書なるものがあるようですが、相手方に請求した方が良いのでしょうか。

長くなってしまいましたが、お詳しい方いらっしゃいましたら回答お願い致します。

お世話になっております。
お詳しい方おれば回答お願いいたします。

長くなりますので、詳細は割愛しますが数日前自転車同士(双方、走行中)の事故にあいました。
警察も介入しており、私は2日の通院をし既に治療は終えております。
相手とは連絡先を交換しており、3度電話で話をしました。
ここ数日、その件に関係した人たちの発言の簡単にまとめると。

・警察:自転車同士の事故の場合、過失の大小は決めず事故としての処理をするだけです。告訴する場合は6ヶ月以内に行ってください。
・保険組合(...続きを読む

Aベストアンサー

状況を読んで
保険屋から一切連絡がない事が不自然だと思います。

貴方から示談書をだしたら弱い立場だと思います。
示談してほしい側は相手じゃないですか?

請求は自由なので
自宅や働いてる所が判れば少しは安心です。

Q自転車同士の事故で加害者です。刑事処罰について教えて下さい。

高齢の方と、自転車同士の事故を起こしてしまいました。その際の刑事処罰について教えて下さい。

経緯は、見通しの悪い交差点で、私は車道左側走行直進、被害者の方は、歩道左側から出てこられ、私の自転車の後輪にぶつかって転倒されました。私は足がついたので、こけもせず無傷です。

被害者の方は、青信号で渡ったと仰られていたので、実況見分の際、怪我が心配だったのと気が動転していたこともあり、

『自分は信号を確認していなかったので、赤だったのかもしれないです』と言ってしまいました。
供述書にはまだ同意しておりません。

被害者の方は救急車で運ばれ、戻って来られた時には骨折無しとの事だったのですが、後日改めて診断をしたら、手にヒビが入っていたようで、診断は、全治3週間でした。
医療費、交通費は全額こちらがお支払いさせていただく事で和解してもらえ、1、2週間に1回ぐらいの割合で、もう6回程ご自宅にお見舞いに行っております。

穏便に事が進むのかと思っていたら、後日警察から連絡があり、人身事故扱いになったので、重過失障害罪で書類送検するからと出頭命令がありました。

被害者の方に警察との話を聞いて頂いたところ、『警察へ行ったときに告訴しますか?と言われたが、刑罰は望んでないからやめてあげてと言ったら、その担当警察は、通常なら重過失になるが、重は付けずに送検するといっていたから安心していいよ』と聞いたので、
再度警察へ連絡したら、重い怪我は重過失になるの一点張りでした。

また別の日にお見舞いに行った時に、状況を説明したら、被害届を取り下げてくれると言って頂いたので、私の携帯から警察へ電話をし、直接話をしてもらいました。

その際、警察からかなりの罵声を浴びせられました。
『お前が刑罰逃れたいだけやろーが。お前が今やってる行動はどんだけ日常識なことかわかってんのか』と、ヤクザのような巻き舌でとても恐ろしかったです。

とりあえず、こっちからまた連絡するからと一方的に電話を切られ、
再度連絡がきたのは、被害届は取り下げないように家族を説得したから出頭するように。との連絡でした。

実況見分してくださった担当の方が、この春で移動になったようで、新しい担当の方に変わっており、その方はかなり高圧的な態度で、出頭するのが非常に恐ろしいです。

調書にどういった内容のものが書かれてあるのか、確認したわけではないので、わからないんですが、犯罪者扱いな酷い態度で、
重過失障害罪などと言われて、今、私はどうするべきなのか途方に暮れております。

私の反省も汲み取って、平等な立場から事実のみを記録してくれるのが警察のはずなのに、被害者へは過失傷害にするから安心してと言い、
私へは重過失障害になるから罪を償えと言う警察官の事が、信用できないですし、
できれば担当を変えていただきたいです。

このやり取りをしているのは新しい担当警察です。

出頭して調書を取られるときにも、高圧的な態度でこられるんだと思うんですが、
赤信号で渡ったと書いてあれば、印鑑は押さないつもりです。
青か、赤か、確認できていなかったと書き直してもらうつもりです。

被害者の方へは、賠償金はお支払いさせてもらいますし、もちろん信号を確認していなかったのは反省していますので、今後も今までと変わらずお見舞いに行かせてもらうつもりですし、絶対に逃げたりしません。

被害者の方も幸い良い方なので、被害者が出頭せずに出来る方法があるのなら、被害届も取り下げてくださると思います。

しかし、まだ今も怪我は完治されておらず、リハビリ中なので、私の都合でお願いに伺うのは心苦しいので、お話はしていない状況です。

自転車の信号無視なら、罰金は5万円らしいので、このまま出頭して、書類送検されても仕方がないのかと思っていたんですが、
調べてみると、自転車でも重過失障害罪になると、50万以上の罰金と書いてあったので、詳しい方に教えていただけないかとご質問させていただきました。

嘆願書を書いていただけると、罰金もなくなるのでしょうか?

被害者が出頭せずに、被害届を取り下げる方法はあるのでしょうか?

長文になり申し訳ございません。

因みに私は保険未加入でした。

宜しくお願いいたします。

高齢の方と、自転車同士の事故を起こしてしまいました。その際の刑事処罰について教えて下さい。

経緯は、見通しの悪い交差点で、私は車道左側走行直進、被害者の方は、歩道左側から出てこられ、私の自転車の後輪にぶつかって転倒されました。私は足がついたので、こけもせず無傷です。

被害者の方は、青信号で渡ったと仰られていたので、実況見分の際、怪我が心配だったのと気が動転していたこともあり、

『自分は信号を確認していなかったので、赤だったのかもしれないです』と言ってしまいました。
...続きを読む

Aベストアンサー

警察の間違いです。

刑法犯にはならないでしょう。

起訴猶予処分です。
この程度で、裁判をしていたら裁判所はパンクです。

Q自転車同士の事故、示談交渉で困っています

 半年ほど前に自転車同士の事故を起してしまいました。
今回の事故に適用される保険に加入していなかった
(TSマーク付帯保険には加入)ために、
相手方と直接交渉することになったので相談させて下さい。 

 ある川沿いのサイクリングロードを走行中、
前方の歩行者を追い越した直後に、
向こうから来た自転車(女性)を避ける為にブレーキを
かけたところ、こちらの自転車がスリップしてしまい、
相手の斜め前から滑るように突っ込んでしまいました。
 傍にいた親切な方がすぐ救急車を呼んでくださり、
相手の方(この時は旦那様も一緒)と共に病院へ行き診察、
そこで警察にも来てもらい事故処理もしました。
 幸い診察後の様子や、医者の話から
相手方には大きな怪我もなかったようなのですが(こちらは
左手甲を骨折)、後日改めて診察を受けたいとのことでしたので、
その日の診療費を支払うともに後日かかるであろう費用に
ついても支払う旨を伝えました。また、相手の自転車に関しても
点検して壊れているようなら(こちらの自転車はほぼ無傷)
修理代を支払う旨も伝えました。
一週間ほど後には相手の家にお見舞いに行き、何かあれば
連絡を下さいと重ねてお伝えしました。  

 その後半年ほど何も連絡はなかったのですがある日突然、
相手の旦那様から「後遺症が残ったので補償して
欲しい、告訴期限も近いので場合によっては訴訟も考えている」
との電話があり、会って話すことになりました。  
 相手方が言うには両手の親指を曲げると痛みがあり、事故後は
月1回ほど病院に通い湿布薬などをもらっているが治らない、
これが後遺症等級の14級にあたるから75万+通院費が欲しい。
また事故以来怖くて自転車に乗れなくなったので自転車を
買値で引き取って欲しいとのことでした。その日は相手の言い分
を聞くだけにして、後日返答することにしました。

 いきなりこういった話になり多少驚くと共に、相手に対して
かなり不信感を抱いてしまったため、ネットや書籍で調べ、
専門家の意見も仰ぎ、2回目の話し合いにおいて

1.治療期間の診断書、領収書などの書類の提示をお願いする
2.後遺症と事故との因果関係の証明をお願いする
3.自転車の引き取りには応じられない

以上をお伝えし、「形としてはこちらに非がある話なので
支払うべきものに関しては支払うつもりでいるのですが、
そうでないものにまで支払うつもりはありません。ですから
それを確認するためにも1と2の要求を満たしてもらいたい」
とお願いしました。
 しかし相手方には納得してもらえず、誠意がない、
(お金を)払う気がないからそんなことを言っているんだとか、
診断書などは個人情報だから提示できないとか、
後遺症を証明する方法が分からないとか、
それらの取得にお金がかかるから嫌だとか、
自転車は買値で絶対引き取ってもらえるはずだとか、
こちらが告訴すればあなた犯罪者になるんですよなどと言われ、
結局ほとんど話し合いにならずに相手方が警察に行き、
刑事告訴(慰謝料云々ならば民事だと思うのですが?)
するということになってしまいました。そして翌日警察
から連絡があり、後日現場検証をすることになっています。 

 こういった経験が初めてなので、正直少し参っています。
警察への対応や今後の相手への対応に関して、
アドバイスや助言がいただければとてもありがたく思います。
長文になってしまいましたが、よろしくお願いします。

 半年ほど前に自転車同士の事故を起してしまいました。
今回の事故に適用される保険に加入していなかった
(TSマーク付帯保険には加入)ために、
相手方と直接交渉することになったので相談させて下さい。 

 ある川沿いのサイクリングロードを走行中、
前方の歩行者を追い越した直後に、
向こうから来た自転車(女性)を避ける為にブレーキを
かけたところ、こちらの自転車がスリップしてしまい、
相手の斜め前から滑るように突っ込んでしまいました。
 傍にいた親切な方がすぐ救急車を呼んでくださり、
相手...続きを読む

Aベストアンサー

1.治療期間の診断書、領収書などの書類の提示をお願いする
これは、訴訟になっても請求側(相手)が証明しないとならない名目です。
治療経過・診察証明・支払い証明(領収書)を請求してください。

2.後遺症と事故との因果関係の証明をお願いする
後遺症は、認定医の診断が無ければ通用しませんので、その診断と診断書を要求して応じない場合は相談者は認めないで拒否してください。

3.自転車の引き取りには応じられない
事故以来怖いから、引き取れというのでしたら「破損での廃車」ではありませんから「無料でなら引き取りますが、買い取る正当な理由がありませんから認められません」で拒否してください。

 しかし相手方には納得してもらえず、誠意がない、
(お金を)払う気がないからそんなことを言っているんだとか、
診断書などは個人情報だから提示できないとか、
後遺症を証明する方法が分からないとか、
それらの取得にお金がかかるから嫌だとか、
自転車は買値で絶対引き取ってもらえるはずだとか、
こちらが告訴すればあなた犯罪者になるんですよなどと言われ、
結局ほとんど話し合いにならずに相手方が警察に行き、
刑事告訴(慰謝料云々ならば民事だと思うのですが?)
するということになってしまいました。そして翌日警察
から連絡があり、後日現場検証をすることになっています

上記内容ですが、相手は何も証明をしていません。
訴訟でも、相手が請求の裁判を起こした場合「原告立証責任」というのがあり、証拠(診断書・通院証明等)で証明しないと認められません。
また、治療費請求では診断書は「個人情報」に該当しませんから、証明無き請求には一切応じることはできませんと強く弾いてください。

警察には、人身事故で届けがされているので現場検証ということになりますが、多分相手は何も補償されていないといいますから、相談者さんは「治療費もきちんとした領収書や診断書が提示されないのに払えません」と捜査員には正論で弁明してください。
また、破損していない自転車を「怖いから」と言う理由で購入金額で買い取ることはできませんし、新車でもない自転車の買取は減価償却の面からも訴訟でも認められません。
事実、その怪我が当該事故で発生したのかも疑わしく、通院の詳細も聞かされず半年も経ってから治療費だの通院費の請求も納得できない内容ばかりです。
今迄に、1回でも通院経過や請求があれば判りますが、正直この人身事故は納得できません。

上記内容で、警察官には強く言ってください。

1.治療期間の診断書、領収書などの書類の提示をお願いする
これは、訴訟になっても請求側(相手)が証明しないとならない名目です。
治療経過・診察証明・支払い証明(領収書)を請求してください。

2.後遺症と事故との因果関係の証明をお願いする
後遺症は、認定医の診断が無ければ通用しませんので、その診断と診断書を要求して応じない場合は相談者は認めないで拒否してください。

3.自転車の引き取りには応じられない
事故以来怖いから、引き取れというのでしたら「破損での廃車」ではありませんから...続きを読む

Q自転車同士の事故(どこまで払う?)過失割合

友人(女性)が自転車同士の事故の加害者になりました。

幹線道路の歩道を走行中、すれ違いざまにぶつかり、友人は無傷。
相手の女性は全治1か月の骨折しました。

友人は感情的には被害者にできるだけのことはしてあげたいと言っているのですが、個人賠償責任保険等に加入しておらず、賠償金の支払い能力もあまりありません。

被害者から医療費や移動のための交通費等の支払いを要求されているようなのですが、私は過失相殺の必要があると思っています。
しかし、被害者は自分の過失は認めていないようで示談が行き詰まっています。
賠償金の支払い能力のない友人が、罪悪感から全部払うと言い出しかねず、友人として心配しています。

事故状況は
日中。
自転車通行可の歩道。
友人は左側の歩道の建物側を走行。
接触地点の歩道上道路側に障害物(街路樹)があり、障害物をよけた被害者と接触。
お互いのスピードに関しては友人曰く、「(相手が)結構なスピードで来るなぁとは思った」とは言うものの、「自分も予定があったので、自覚はないがスピードが出ていたかも」と曖昧。
ハンドル同士は通過し、肘に強く当たったので、振り返ったところ相手が倒れていた。
友人はよろけてもおらず、本人、自転車とも無傷。
相手は全治1ヵ月の肩の骨折と、自転車のギアチェンジ部が折れ、服も破れた。

今現在提出された領収証は、これまでの骨折の治療費、病院への交通費、介護者の交通費等。
今後の治療費、自転車の修理代や服の代金も要求される見込み。
被害者は仕事はしていないようなので休業補償等は発生しないと思われ。

友人は「相手側に障害物があったので、(相手が)スピードを落とすだろうと思っていた」と自身の過失も認めています。

過失割合だとどの程度になりますか?
また、介護者の交通費も請求対象になるものでしょうか?

友人(女性)が自転車同士の事故の加害者になりました。

幹線道路の歩道を走行中、すれ違いざまにぶつかり、友人は無傷。
相手の女性は全治1か月の骨折しました。

友人は感情的には被害者にできるだけのことはしてあげたいと言っているのですが、個人賠償責任保険等に加入しておらず、賠償金の支払い能力もあまりありません。

被害者から医療費や移動のための交通費等の支払いを要求されているようなのですが、私は過失相殺の必要があると思っています。
しかし、被害者は自分の過失は認めていないよ...続きを読む

Aベストアンサー

ここで過失割合のアドバイスをしたところで、双方の意見に食い違いが出たり、交渉ごとがスムーズに運ぶとは思われません。
早急に弁護士等に仲裁を依頼するように働きかけたほうが良いと思います。

※個人的には歩道内での対面通行同士の事故ですから、50:50からスタートだと思います。

Q「自転車」同士の衝突事故は「交通事故」ではない??

友人の女性が、自転車同士の事故を起こしました。

【状況】
大通りから一本入った、住宅地内の交差点。
友人(女性)が、一時停止せずに10km/h位で交差点に進入。主道を30~40km/h程度で走ってきた相手(男性)のクロスバイクが転倒。相手が激怒して収拾がつかず、警察と救急車を呼んだ。診断は1週間の打撲、相手方は治療費と、自転車を買い替える費用を請求。
友人には怪我なし。自転車に傷なし。衝突の衝撃は感じなかったが、相手が転倒したことからして、軽く当たったのだと思う、とのこと。
相手は当日中に、自分で(事故にあった)自転車で約10km先の自転車屋へ行き、新しい自転車とパーツ類を購入。事故時の自転車は友人にあげるので、乗るなり売るなりしてくれとのこと。(友人側の「自転車屋まで車で送る」との申し出は断った。)

【警察の対応】
現場に計6名の警察官が来た。炎天下の現場で1時間半、相手と警察官に怒鳴られて、友人は相手の顔も覚えていないとのこと。
★警察官に「自転車同士の事故は、交通事故にならない。傷害事件になるので、相手が告訴を取り下げない場合は検察に行くことになる。」と言われた。

警察署に移動した後、友人は事故の状況を一切説明させてもらえなかった。何か言おうとすると、「一時停止を怠った側が100%悪い。その事実は変えられない。」「黙って大人しくしていなさい。」「相手の言う通りにしないと、検察に行くことになるよ。」と言われた。
調書はすべて警察官が書き、間違えがなければサインするように言われた。虚偽は書いていなかったが、すべて友人の過失によるという前提で書かれていた。友人曰く、「ドラマで見る状況のようで、怖くなってその後はすべて『はい』としか言えなかった。」とのこと。
警察官に、相手の言う通り示談にするか、検察に行くか選べと言われ、示談として治療費と自転車の買い替え費用を支払うことにした。

【質問】
(1) 自転車同士の事故は交通事故として扱われない、というのは本当でしょうか。
(2) 一時停止無視とはいえ、過失100%があり得るのでしょうか。
(3) 警察が加害者に、示談を強く勧めるのは通常のことでしょうか。

友人の女性が、自転車同士の事故を起こしました。

【状況】
大通りから一本入った、住宅地内の交差点。
友人(女性)が、一時停止せずに10km/h位で交差点に進入。主道を30~40km/h程度で走ってきた相手(男性)のクロスバイクが転倒。相手が激怒して収拾がつかず、警察と救急車を呼んだ。診断は1週間の打撲、相手方は治療費と、自転車を買い替える費用を請求。
友人には怪我なし。自転車に傷なし。衝突の衝撃は感じなかったが、相手が転倒したことからして、軽く当たったのだと思う、とのこと。
相手は当日中に、...続きを読む

Aベストアンサー

> 自転車同士の事故は交通事故として扱われない、というのは本当でしょうか。

間違いなく交通事故です。相手がけがをした場合に問われる罪は、刑法209条の過失致傷罪です。(状況により211条の業務上過失致傷罪が適用されることもあります)
傷害罪(刑法204条)は相手をけがさせようという意思がないと成立しません。刑法犯は原則として故意犯が対象で、過失犯は条文に「過失により」「注意を怠り」といった文言が明記されている場合だけに限られます。(刑法38条)
過失致傷罪の起訴率は5%前後です。統計では平成21年に起訴された人は139人、不起訴は2,915人です。自転車同士の事故は21年中3,910件発生していますから、送致すらされていない事故も少なくないと推測されます。検察へ送致されたからといっても95%の確率で罰金なしというのが実態です。
(だからといって、自転車の無謀運転を擁護しているわけではありません)

また、平成22年中に警察へ届け出があった交通事故は72万5千件で、自転車運転者が関係した事故は15万1千件、うち自転車同士の事故は3,796件です。届け出があれば、警察は交通事故として処理しています。
政府統計局、平成22年中の交通事故の発生状況http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001070719
(PDFの31ページに掲載)

>警察の言う通りに、治療費と自転車の「買い替え」費用を支払うことにしたが、正しいか。

正しくありません。人的損害については、自転車には自賠責保険がありませんから、民法709条に基づき過失相殺が原則です。
また、物的損害については、原状回復費用、つまり修理費用が原則で、その費用が時価額を上回る場合は、時価額を損害額とします。判例では、納車後、わずか2時間で損害を受けた新車であっても、購入価格が時価額とは認められていません。(購入すると、評価額は下がる)
さらに、警察は示談解決をすすめるアドバイスはできても、どういう形で示談するかについて具体的な指示はできません。したがって、警察が指示したとしても、拘束力はありません。

正しい賠償は、(1)事故状況から双方の過失割合を決定する、(2)双方の損害額を確定させる、(1)(2)が合意できれば、相手の損害額に対し、自分の過失割合分を賠償するということになります。

過失割合は、道路の状況、道交法や標識標示による規制、速度などを勘案して決定します。
一方に一時停止区規制があれば規制がある側80%、ない方20%が基本割合です。
一方の道路が明らかに広い道路(幅員がおおむね2倍)であれば、狭い道路側70%、広い道路側30%が基本割合です。
ほぼ同幅員であれば、相手車を左手に見る側60%、右手に見る側40%が基本です。
また、相手自転車の速度は、一般的な自転車より相当高速度ですから、過失修正要素に採用できます。

人的損害額は、治療費のほか、休業損害、慰謝料となります。それぞれの認定基準は、自賠責保険支払基準を目安に考えれば十分です。
物的損害額は、前述したとおり、修理費用か時価のいずれか低いほうとなります。修理するかどうかは、所有者の自由ですが、修理しない場合は修理相当額または時価額を損害額とすればよく、賠償義務者が新車を賠償し、古い自転車を引き取る義務はありません。

> 自転車同士の事故は交通事故として扱われない、というのは本当でしょうか。

間違いなく交通事故です。相手がけがをした場合に問われる罪は、刑法209条の過失致傷罪です。(状況により211条の業務上過失致傷罪が適用されることもあります)
傷害罪(刑法204条)は相手をけがさせようという意思がないと成立しません。刑法犯は原則として故意犯が対象で、過失犯は条文に「過失により」「注意を怠り」といった文言が明記されている場合だけに限られます。(刑法38条)
過失致傷罪の起訴率は5%前後です。統計では...続きを読む

Q自転車同士の事故の慰謝料(加害者側です)

先日、自転車同士の事故を起こしてしまいました。
赤信号で交差点に進入したところ、青信号で進んできた自転車が接触して転倒。乗っていた方が全治10日の打撲を負いました。
今回の事故でかかった治療費、自転車の修理費、自転車に乗れないからとのことで通勤にバスを使った交通費などすべて(1万円強)を相手方に支払う以外、慰謝料はどのくらい払えばよいでしょうか。
通院は1回、仕事は休んでいないそうなので、4200円×2×1日=8400円程度でよいのでしょうか。
この事故で使えるような保険に入っておらず、自分で交渉するので相場など教えていただければと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自賠責の算定基準がおっしゃるとおりに4200円×通院日数×二倍、となっているのでそれを基準に提示するのがよいかと思います。相手が「自賠責基準じゃなくて弁護士基準で払え」といってこないことを祈るばかりですね。いってきたら、「その基準でとおっしゃるなら弁護士さんを立ててください。弁護士さんから請求されれば弁護士基準で支払います」というしかないと思います。
時々「10万円払え」みたいなことをいってくる人がいますが、そういわれたら「その10万円というのはどういった根拠の数字でしょうか。根拠があるものなら支払いますが、根拠がないものなら支払えません」といえばいいです。というか、むしろそういう相手の方が結果としては楽です。そういわれたら相手に黙って通話を録音しましょう。そのうち相手は興奮してきて「いいから払え!」などといってくるのでそうなったら脅迫罪、恐喝罪で刑事告訴できますので俄然こっち有利です。向こうから「そんなことをしたらこっちも刑事告訴するぞ」といわれたら、「どうぞお好きなように。私も同じことをするだけです」といえます。
具体的な金額を言わずにひたすら「誠意を見せろ」というのも同じです。「誠意とはなんですか。私は私なりに誠意を見せているつもりです。お金を払えってことですか」といって、後は同じ。誠意を見せろの繰り返しでも恐喝未遂は成立します。

こういったときに使えるのは個人賠償責任保険ですが、損害保険なら割と何にでもつけることが可能です。一番多いのは火災保険で、一般的には住宅総合保険に加入しているならほとんど付帯されていると思うのですが・・・。他には傷害保険などについている場合もありますし(自転車保険なら必ずついています)、自動車保険の特約でついていたり、場合によってはクレジットカードについている場合もあります。
今回は相手がまともな人っぽいですが、自転車って基本的には貧乏人の乗り物なので本当に気を付けたほうがいいですよ。無職が乗る自転車がいちばん危険です。残念ながら外見で無職かどうかは分かりませんからね。今回の教訓を胸になにがしかの個人賠償責任保険に加入しておくことをすすめますよ。お金を払うことより、相手との交渉がキツいでしょ。年間千円かそこいらの保険料と思えば安いものです。
あと非常に面倒くさいですが、示談書は交わしておいたほうがいいですよ。言いづらいですけどね。「個人間でそんなものを交わすのか?」といわれますが、今後のトラブルを防ぐためにも交わしておいたほうがいいですよ。保険会社ならそこらへんをぬかりなく全部やってくれるのですけどね。

あとよくある誤解ですが、今回は民事の補償です。民事でちゃんと責任を取ったから刑事責任が逃れられるわけではないのでそこはわきまえておく必要があります。例えば飲酒運転で事故を起こしたとして、壊した物やケガした人の補償をちゃんとしたら飲酒運転がチャラになるかというとそういうわけではないでしょ。だから最悪の場合、治療費などの補償をちゃんとしたのに相手から刑事告訴される、って可能性はあります。
・・・でもね、今回の事故、事故直後に警察を呼んでないでしょ。だからはっきりいって質問者さんがしらんぷりしても逃れられるのですよ。警察も相手側から「1ヶ月前の事故なんですけど、今から事故の届け出をしたいです」といわれても、「今頃おせーよ。受理しません」といわれてしまいますし、「じゃあ実況検分をするから相手と一緒に警察署にきてください」といわれるのですが、その相手からの呼び出しを「仕事が忙しい」とかいって無視できちゃうのですよ。大抵相手が警察に「相手(質問者さんのこと)が応じてくれないので警察から出頭するように命じてください」とお願いするのですが、警察は「そもそも事故直後に届け出をしていないのだから事故が本当にあったかどうか警察は把握していない。それなのに相手に出頭は命じられない。本人同士で話し合ってきてください」となるのです。

自賠責の算定基準がおっしゃるとおりに4200円×通院日数×二倍、となっているのでそれを基準に提示するのがよいかと思います。相手が「自賠責基準じゃなくて弁護士基準で払え」といってこないことを祈るばかりですね。いってきたら、「その基準でとおっしゃるなら弁護士さんを立ててください。弁護士さんから請求されれば弁護士基準で支払います」というしかないと思います。
時々「10万円払え」みたいなことをいってくる人がいますが、そういわれたら「その10万円というのはどういった根拠の数字でしょうか。根拠が...続きを読む

Q自転車同士の事故 示談交渉について

・妹(35歳、自転車)出勤時、信号の無い交差点で一旦停止を無視して飛び出してきた高校生(17歳、自転車)と接触事故。
・妹は打撲程度で通院に至らず。
・高校生は出血していたため念のため救急車で病院へ。打撲と数針縫う怪我。事故当時本人曰く「自分が飛び出したのが悪い」と発言。
・救急車と同時に警察の事故検分も実施。「自転車同士なので示談で進めてください」と警察。

※翌日相手が怪我をしていたということもあり菓子折を持って容態伺いに訪問。相手祖母曰く「高校で入っている保険があるので~」と言いかけると相手母親曰く「そんなことを言わなくていい」と遮る。
(事故検分より一旦停止無視であるにもかかわらず)「あそこは優先道路なだけであり、こちらは悪くない」の一点張り。あまりに感情的になっていると判断、示談交渉せずこの日は退去。
先方もこちらも損害請求については一切談じなかった。
・今現在、こちらからの代金請求(妹の自転車修理代、薬代、欠勤日当)は一切おこなっていない。

・1ヶ月後高校生の母親より何の前触れもなく封書にて「以下を請求する」という書面が届いた。
 (1)通院費+薬代 (2)自転車購入費用(新品。¥2万) (3)母親通院につきパート欠勤日当 の総額約5万円の半額である¥2万5千を請求。

※過日話題にあった「高校で入っている保険?」については一切触れられていない。

金額が些少であるが、相手方総費用の5割をこちらに負担せよ、という一方的な態度が(正直少しでも多く金をとろうと)気になります。
話し合いになる相手でない場合、金額些少でも弁護士に相談するのが善策でしょうか。

長文大変失礼致しました、諸兄のご見識ご教授くださいませ。

追伸:警察に紹介された市の相談所を訪問したところ「自転車同士の事案は有料。無料では相談に応じられない」とのことで本末転倒と感じおいとましました。

・妹(35歳、自転車)出勤時、信号の無い交差点で一旦停止を無視して飛び出してきた高校生(17歳、自転車)と接触事故。
・妹は打撲程度で通院に至らず。
・高校生は出血していたため念のため救急車で病院へ。打撲と数針縫う怪我。事故当時本人曰く「自分が飛び出したのが悪い」と発言。
・救急車と同時に警察の事故検分も実施。「自転車同士なので示談で進めてください」と警察。

※翌日相手が怪我をしていたということもあり菓子折を持って容態伺いに訪問。相手祖母曰く「高校で入っている保険があるので~...続きを読む

Aベストアンサー

書き込みから過失相殺事故ですね。このことははっきりしています。
相手が半額50%払え ということは50:50の過失割合と言うことに法的にはなります。5割の過失を認めているということですね。
それが妥当かどうかは別にして・・・?
ということは、あなた側も50%の賠償請求できることになります。
書面の金額請求の根拠となる資料請求が必要です。
1については診断書 診療報酬明細書
2→領収書
3→休業損害証明書
これらは損害を立証するための被害者側の義務です。

あなた側もこのような損害を立証する資料を取って請求する権利(50%)があります。これら書類は自動車保険加入なら保険会社で無料で入手自賠責請求書類で代用できます。保険会社で相談されたらどうでしょうか?損害保険分野の関係ですから 代理店でも良いと思います。

場合によっては弁護士に委任することも必要でしょうが20万程度の弁護士費用がかかるかもしれません(手付け金10万前後+報酬金?)
費用対効果考えて最後の手段ですがね。

個人賠責加入ありませんか? 自動車・火災・傷害保険特約付帯ないかどうか確認して下さい。

書き込みから過失相殺事故ですね。このことははっきりしています。
相手が半額50%払え ということは50:50の過失割合と言うことに法的にはなります。5割の過失を認めているということですね。
それが妥当かどうかは別にして・・・?
ということは、あなた側も50%の賠償請求できることになります。
書面の金額請求の根拠となる資料請求が必要です。
1については診断書 診療報酬明細書
2→領収書
3→休業損害証明書
これらは損害を立証するための被害者側の義務です。

あなた側もこのよう...続きを読む

Q自転車同士の事故はどこまで請求して良いのか?

2日前に交通事故にあいました。
自転車同士の衝突事故で、掻い摘んでの話しですが私は救急車で運ばれるまでに至りました。
現在左手首と胸骨3本を骨折しております。
警察としては自転車の場合、事件扱いにしないのでれば当事者同士で話を解決して下さいと言われ連絡先を交換しました。
昨夜電話にて、当事者同士会いで今後どのように進めるか話をしました。
相手は自身から慰謝料の話を持ち出し、事後に対し誠実な印象も受けます。
私は相手の交通違反が事故の主たる原因であると考えている事を伝え、相手もそれに対し納得をしている様子でした。(互いにスポーツタイプの自転車乗りで、理解はあるようです)
それを踏まえて、私は
・治療費とそれの関わる交通費(電車代)
・会社の欠勤分の保障
・自転車の修理費
上記3点に関しては請求させて頂くと事、さらに全額払って貰いたいと伝えました。
この話の後、彼自身から慰謝料は請求しないのか(?)こちらが全面的に悪いので払う意思はあると言われました。
治療費が確定した後、一括で請求するが支払いの余力はあるかと尋ねましたが、相手より2万円くらいならと返答がありました。
恐らく、過失での10割負担などの認識は無いように思えます。

まとめると
・先に挙げた3点は漏れが無いよう回収したい
・相手方に支払い能力があるか定かでない。さらに過失の負担を正しく認識してない
・双方、無保険

以上を踏まえて、私としては、治療費の取りっぱぐれ(自己負担)も考慮して動きたいのですが、
Q1.緊急搬送時の治療費、さらに今後の治療費は10割ではなく3割に切り替える事は可能でしょうか。(相手の支払能力が心配で、自腹は避けたいです)
Q2.勿論ながら、領収書などは全て保管するつもりですが、他に何か留意する件はあるでしょうか。

こんな話ですが、経験者のアドバイス等を頂ければ幸いです、
よろしくお願いします

2日前に交通事故にあいました。
自転車同士の衝突事故で、掻い摘んでの話しですが私は救急車で運ばれるまでに至りました。
現在左手首と胸骨3本を骨折しております。
警察としては自転車の場合、事件扱いにしないのでれば当事者同士で話を解決して下さいと言われ連絡先を交換しました。
昨夜電話にて、当事者同士会いで今後どのように進めるか話をしました。
相手は自身から慰謝料の話を持ち出し、事後に対し誠実な印象も受けます。
私は相手の交通違反が事故の主たる原因であると考えている事を伝え、相手もそれ...続きを読む

Aベストアンサー


あなたの健康保険の保険者に第三者行為の傷病届けという手続きがあると思いますので、それの申請をして下さい。
それで病院で健康保険の適用を受けられます。
7割の支払いについては、保険者が第三者行為の加害者に請求すればよいことで、そんなことまで被保険者が気を使う必要はありません。
被保険者の当然の権利の行使です。

とりあえず、とりはぐれのないようにするには相手の勤務先を把握することです。
最悪、給料の差し押さえという手段を考慮することですね。

Q自転車同士の事故の加害者です

先月の25日の朝 自転車同士の事故を起こしてしまいました。

私が右走行していたので過失があります。相手にも非があり、横断歩道前なのに一時停止なし 猛スピードで走行。出会い頭にぶつかり相手が転倒してしまい ました。怪我は あたしは無傷でしたが、相手が顔面打撲などで 全治10日です。
検証後に、慰謝料とかとらないので保険はいらないので示談でと言われ、あたしも了承しました。当日、病院に行き終わってから、治療費と 休日保障をして下さいとのことでした。2週間後示談書が届き、内容をみたら慰謝料も含まれていて計44000円でした。慰謝料が3000×10=30000はどういうことですか?通院して ないのですが、迷惑料?でしょうか。口約束だといえども納得できません。
主人が自動車保険に入ってますので保険にお願いとか今からは無理ですか?

示談書と言っても、示談金の金額とか内容 名前口座番号だけですし、示談書にならない気がします。ハンコもないですし、請求しないということすら書いてないです。
書類も、当日病院に行った領収書と怪我の写真 だけでした。

保険使われると 相手にも過失があるから貰える金額が減るから示談にしたかったのと思ってしまいます。

嘘が多くて信じれません。警察で過失割合は教えてもらえますか?

先月の25日の朝 自転車同士の事故を起こしてしまいました。

私が右走行していたので過失があります。相手にも非があり、横断歩道前なのに一時停止なし 猛スピードで走行。出会い頭にぶつかり相手が転倒してしまい ました。怪我は あたしは無傷でしたが、相手が顔面打撲などで 全治10日です。
検証後に、慰謝料とかとらないので保険はいらないので示談でと言われ、あたしも了承しました。当日、病院に行き終わってから、治療費と 休日保障をして下さいとのことでした。2週間後示談書が届き、内容をみたら慰謝料...続きを読む

Aベストアンサー

自転車で犯しがちな違反行為 - 右側通行
根拠となる法律の条文は道路交通法 第 17 条と道路交通法 第 18 条です。
車両は、道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。以下第9節までにおいて同じ。)の中央(軌道が道路の側端に寄つて設けられている場合においては当該道路の軌道敷を除いた部分の中央とし、道路標識等による中央線が設けられているときはその中央線の設けられた道路の部分を中央とする。以下同じ。)から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならないと定められ、ま車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあつては道路の左側に寄つて、軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない
と定められています。
なお、罰則は道路交通法 第 119 条にて3月以下の懲役又は5万円以下の罰金と定められています。
http://hxxk.jp/2006/03/29/2357#sub-20060329-09より抜粋
貴方の過失割合が大きく加害者であるのは間違いなく、へたに警察に行くと罰金を取られたり藪蛇になりかねません。
又、慰謝料(迷惑料?)も最低限が2~3万円です。
相手の方もそれなりに調べての請求みたいです。
>>計44000円でした
妥当なところと思います。
悪質な相手なら、自転車の保障も求めたでしょう。

自転車で犯しがちな違反行為 - 右側通行
根拠となる法律の条文は道路交通法 第 17 条と道路交通法 第 18 条です。
車両は、道路(歩道等と車道の区別のある道路においては、車道。以下第9節までにおいて同じ。)の中央(軌道が道路の側端に寄つて設けられている場合においては当該道路の軌道敷を除いた部分の中央とし、道路標識等による中央線が設けられているときはその中央線の設けられた道路の部分を中央とする。以下同じ。)から左の部分(以下「左側部分」という。)を通行しなければならないと定められ、...続きを読む

Q自転車同士の人身事故

去年6月17日に人身事故で私は被害者になりました。事故当日は私は優先道路を走行左車線を走行し前方に路駐してた車を避け車の横を止まる寸前のスピードで進み車の運転席側からフロントガラス側に暴走する自転車を発見!!私は危険と思いその場で足をついて停止。相手は止まる事なく道路の中央付近迄きて左をチラリ見て漕いだまま右折!!つまり逆走した形で正面衝突!!自転車に付いてたチャイルドシートが壊れ相手の自転車は部品が飛び散りました。加害者はその場を逃げようとしました。私は明らかに怪我したので救急車と警察を呼んでとお願いしましたが応じてくれませんでした。自分が悪いのでごめんなさいと言ってやはり逃げようとしました。その後私が救急車を呼んでます。現在は過失障害で起訴。後半請求になり先日裁判にいきましたがまさかの無罪宣告!!今まで謝罪などはなく裁判が決定してから謝罪文を送りたいと加害者側の弁護士から連絡がありましたが断りました。後半が終わり帰り際に私に近寄ってきて謝罪してきたので焦りました。無罪宣告した後に謝罪、全く意味がわかりません。現在加害者側保険の話し合いの決定過失割合は相手100です。私は後遺症が残りCRPSと診断されてます。親指が全くうごきません。今後、後遺症認定申請予定ですが過失割合が変わるとこまります。相手は速度10キロで左右確認して曲がり私にびっくりしてジャックナイフし、転んだから私にはぶつかってないと出張!!検察側からの出張は40キロでぶつかってると出張してくれてます。私の自転車は全損でぶっ損は示談してます。安全にできてるチャイルドの骨組みが真っ二つになるくらいの衝撃はあったと思います。加害者は長所では全面認めたのに今になって嘘を言っています。今後、過失割合が変わる事はあるのでしょうか?裁判に勝てる確率はありますか?加害者には一生許す事はないです。きちんと反省して頂き罰を受けて頂きたいと思ってます。

私は一生痛みに耐えて生きていかなくてはなりません。


事故に詳しい方がいましたら回答、もしくはアドバイスをお願いします。

去年6月17日に人身事故で私は被害者になりました。事故当日は私は優先道路を走行左車線を走行し前方に路駐してた車を避け車の横を止まる寸前のスピードで進み車の運転席側からフロントガラス側に暴走する自転車を発見!!私は危険と思いその場で足をついて停止。相手は止まる事なく道路の中央付近迄きて左をチラリ見て漕いだまま右折!!つまり逆走した形で正面衝突!!自転車に付いてたチャイルドシートが壊れ相手の自転車は部品が飛び散りました。加害者はその場を逃げようとしました。私は明らかに怪我したので救急車...続きを読む

Aベストアンサー

★お気の毒です・・・。過失割合は予測では変わらないと思いますけど やはり加害者の言い分では最高裁まで行くと思いますので1年以上~数年かかるかもしれません。この様な現実に驚いています。頑張って下さい!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング