過去の大震災がある前、確か、必ずと言って予兆が出てますよね?
変わった形の雲があちこちで見られるって言われてますよね。

地震観測で事前に異常を観測出来ない時でも、空の雲で予測出来れば、実際に災害が起きた場合、速やかな避難が出来ると思います。
実際に起きるかは別として、発見した市民らが雲の異常を知らせる→各都道府県の気象観測所(気象庁)【異常観測を報告】⇔気象庁・行政【緊急警報を出す】→各都道府県→警察・消防・自衛隊・地方行政機関【避難場所等を確保し、緊急体制に入る】→各自治体→施設や市民に避難場所を知らせる。【災害に備える】

これだと、災害発生時に役立つと思いますが…。ただ、予兆を示す雲を知って置く必要があります。

どこに言って良いものか(異常な雲の事)分からなかったのでお尋ねしました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

地震雲なるものが言われていますが。


同じような雲は、地震が起きなくて見られています。
一年中避難する必要が生じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにマヒしてしまいますよね。

備え有れば憂いなし。の気持ち程度でした。
確実に起きると断言出来なければ行政も動き様がないですよね。かえって「何でそんな曖昧なんだ」みたいに言われてしまいますよね。

有難うございました。

お礼日時:2014/10/01 23:23

地震雲って、よくいわれますよね。

個人的意見ですが、大地震が発生する前には何らかのエネルギーが地盤から放出されているはずであり、それが上空になんらかの形で放出されて雲などの自然現象の形で表現されることは充分ありうると思います。

だけどね、結構「ハズレ」てるんですよ。時々「どうもこれは地震雲ではないか」という写真がブログやTwitterなんかに上がるんです。中には「これは・・・」って思うものも見かけるのですが、どうもことごとく外れているようです。
そこから考えられるのはふたつです。地震雲というものに対して知識が充分でないせいもあって定義づけができず、単なる関係ない雲も地震雲と誤認してしまう、というパターン。
あともうひとつは、地震雲が発生したからといってそれが大地震を「予言」するものではない、というパターンです。それはあくまで「エネルギーが上空に放出されている」ことを示しているにすぎない、ということです。

考えてみれば、雲を見て「こりゃ雨が降りそうだ」と思っても振らないことってよくあるわけです。雲を見れば雨を正確に予想できるわけではありません。にわか雨で真っ暗になるほど雲がやってきて「これは雨。絶対降る」と分かっている場合、得てしてそれは雨の10分前だったりします。
雨が降る10分前に予報して「俺の雨予報は97%の確率で当たる」といわれてもあまり意味はありません。

そもそも自然災害を正確に予知・予測しようというのは困難な話です。必ず来ることが分かるのは台風くらいで、集中豪雨だって気温や風向きが少し変わるだけで大きく変化します。
ましてや地震や火山活動などに至っては、科学的データそのものがいいとこ過去半世紀くらいしかありません。大地震や火山噴火なんてのは何十年に一度しかなく、御嶽山からして大規模な噴火は40年も前、その間に小規模な活動が2~3回あった程度で、40年前の噴火より以前は「死火山」だと思われていた山でした。
私が子供のときは理科の時間に「火山は死火山、休火山、活火山がある」と習ったけど、「有史以来噴火の記録がないからといってもう噴火しないという理由にはならない」ということで、今は死火山、休火山という言葉は使っていないそうですよ。

そういえば、ちょっと前にテレビで過去の地震の記録から地震を予測するという人が紹介されていて、聞き流しちゃったけど確か10月下旬くらいに地震が起きるかもしれないといっていたなあ。
東日本大震災の後に富士山大噴火ブームがあったけど、だいたいこういう災害が起きたときって「私はこの災害を予言した!そんな私が予言する!次の災害のXデーはいついつだ!」って人が現れては週刊誌に記事を書いてハズレるんです。予想を外した人のことはみんな片っ端から忘れるからそういう人も毎度出てこられるのですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

地震観測機でも観測出来ない時ある。と、いうのも聞いた事があり、それならば雲を見て判断したら良いのでは?と簡単に考えてしまいました。
先日の噴火の起きる2~3日前の早朝、何か不自然な雲を見かけたのですが、その前には関東大震災の前にも、何回か、太長く伸びる雲や、周りとは違う雲を見てたんです。その後も度々、地震等が起こる前に、妙に気になる雲をみかけたり…。
確かに何も起きなかった時もありました(汗)。
私の考えだと、面白がってイタズラに「予兆雲を見た」と言う人も出てくると思いました。でも、市民→雲情報(微笑)を気象庁が確認し、低コストで災害に備える事が出来れば(様々な施設、場所があり、そこはクリアーしなければならない部分ですが、毎日パトロールしている警察や消防の車輌、町内アナウンスを使って市民に避難に備える様に伝える)被害を最小限に抑えられるかな~ぁ、と、アナログ的素人感覚で簡単に思ってしまいました。

反面、ご回答頂いた、科学的根拠がないと、情報周知や発令が難しいというのも改めて本当に感じました。
沢山のご説明有難うございました。知らなかった事もあり、凄く参考になりました。

お礼日時:2014/10/01 20:40

過去の事については事後検証ですし、冷めた言い方で言えばコジツケです。


予兆と言う事について、「何がどうなってどの様な予兆が発生する」と言う事が明確になって科学的にそれが証明されて
居るのであれば、予兆として公的機関が発表する事も可能でしょう。
現段階では科学的に解ってきている事についても、それが100%に近い確率で当て嵌まらなければ、「・・・思われる」と
言う様に言葉を濁す言い方しかできません。
ただ、外れると言う事が続けば童話の狼少年になりますので、公的機関は軽々とは言えないでしょう。
地震予知に於いても火山噴火予知に於いても未だ未だ入り口を少し入った程度の段階です。
「予兆を示す雲」と書いて居られますが、それを科学的に証明し、似た様な雲との違いも明確に示さない限り、研究の参考程度にもなるかどうかでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、確実(100%)な科学的根拠が必要です。
ご回答下さった様に、「災害が来るかも?(予測)」が何回も続く様であれば、狼少年にしかならないです。
災害はいつ起こるか分からないし、今は、起こりうる災害に対応出来る様にする事が現実的に必要だとも感じました。
参考になりました。
有難うございました。

お礼日時:2014/10/01 22:07

>どこに言って良いものか(異常な雲の事)分からなかったのでお尋ねしました。


とりあえず、地元を管轄する気象台や自治地に相談してください。

質問者が、空に現れる雲の中から地震につながるものを見抜けるという証明ができれば、その助言に基づいて何らかのアクションを起こしてもらえる可能制が見えてくるかもしれませんね。


しかし、世の中の人がどれ位雲や気象の事についての知識があり、的確な判断ができるんでしょうね?
ちょっと珍しい雲が出たからって、いちいち通報されていたら、それの対応・確認に追われ通常作業にすら支障が出るかもしれません。


>地震観測で事前に異常を観測出来ない時でも・・・・・速やかな避難が出来ると思います。
理想ではね。
でも、現状では雲と地震の因果関係は科学的には証明されているとは言えないでしょう。
個人が、雲を見てその人自身のために避難するなら問題ないけど、自治体などが避難勧告を出すには根拠乏しすぎでしょう。

> 実際に起きるかは別として、発見した市民らが雲の異常を知らせる→・・・・・施設や市民に避難場所を知らせる。【災害に備える】
>これだと、災害発生時に役立つと思いますが…。ただ、予兆を示す雲を知って置く必要があります。

"実際に起きるかは別として" ・・・・・実際に起きないのに、こんなことやってりゃ、そのうちだれも信用しなくなって、いざ実際に大地震が来た時には結局被害が甚大になるだけだよ。
もっと、確実に地震の前兆としてとらえられるものが根拠にならない限り、理想的な夢物語くらいにしかなりませんねぇ。

>過去の大震災がある前、確か、必ずと言って予兆が出てますよね?
はたして、そうでしょうかねぇ・・・・??
そりゃ、地震が来る!って言い続けてりゃ、いつかは来るよ。
毎日日本のどこかでユサユサ揺れているいるわけだから。
大地震の後に気象庁が、"今後も大きな余震に注意して"っ的なコメントを出しますよねぇ?
現状では、専門の研究家集団をもってしても、この程度のことしか言えないんです。

> 変わった形の雲があちこちで見られるって言われてますよね。
たしかに、そういう話は時々耳にしますが、それってほとんどが地震の後にこんな雲が出ていたってレベルの話であって、
地震の前に予兆の雲を観測したって話は、ほとんど聞きませんねぇ・・・・???
たまたま珍し雲が出ていただけなのかもしれず、地震の前兆現象と裏づけられるものが、果たしてあるんでしょうかねぇ??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何となく奇妙な雲をみました。では動き様がないですよね。
確かにイチイチ動いていれば浪費にもなります。
でも、その為に動く機関(警察は毎日パトロールしていますし)があるし、事前に分かっていれば、低コストで被害を最小限に抑えられると言った案意な考えをしました。
逆に、出さなかった(予測出来なかった)時、災害が発生する可能性もあり、この時のダメージが大きければ大きい程とやかく言われてしまいますしね。

いつ来るか分からない災害に備え、その時に対応出来る様にする事が、今のところ一番の理想だと思えました。
参考になりました。
有難うございました。

でも、社会問題となっているテクノロジー○○とかは、テクノロジー(科学)を悪用し、ターゲットにした人をコントロールするかの様に、確実に破滅へ導いているらしいのですが。機械を開発し、それを犯罪の為に使っている。何やってるんだろう?って話ですよね!

お礼日時:2014/10/01 22:56

最も 地震雲=地震の前兆 と科学的に解明されない限りは無理でしょう


日本の行政は科学で解明できていない事には取り合ってくれません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

事実、やっぱりそうですよね。
雲だけでは…。
雲を見てデータを出すのも出しづらいですよね。
雨、風(天気予報)位では当たらなくても何の支障も出ないしですしね。
全ては数字(データ、確率)
ご回答頂き有難うございました。

お礼日時:2014/10/01 23:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q各都道府県のお金持ちが住む都市名

東京なら田園調布、兵庫なら芦屋などが有名ですけど、
各都道府県にもそういう高級住宅街の有名な都市名があるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ。同じような事を思ったことがあります。でも結局そのときは日本全国津々浦々住んだことがあるって人はいないので結局分からずじまい・・・

地元の人に各都道府県で有名で認知されている高級住宅地をいろいろ答えてもらわないと結局分からないかもしれませんね。おせっかいでごめんなさい。

自分が分かるのは、神奈川県の鎌倉市、大阪府の帝塚山くらいです。あと奈良の学園前なんかも高級かな。

Q各都道府県による青少年の解釈について

各都道府県による青少年の解釈について

このサイトでこのような質問をみました。
http://www.bengo4.com/bbs/read/22695.html

多くの都道府県の青少年保護育成条例では、青少年は18歳未満と定義されており、その定義に加えて、高校生であるか否かに関しては言及されていないように見えるのです。
ここで疑問なのが、

・警察が条例を拡大解釈をして、高校生で18歳は青少年とするケースがありえるのか。
・高校生は、18歳であっても青少年と定める都道府県が存在するのか。存在するならば、どの都道府県なのか。

の2つです。後者に関しては、自分自身調べてみたのですが該当する都道府県が確認できませんでした。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただければと思います。

Aベストアンサー

 もし、条例を曲げて「満18歳でも高校生なら青少年である」と解釈した場合、定時制、通信制の学生(20-30代)を青少年として扱うかどうかの判断ができなくなるので、そのような解釈は許されるべきではありません。
 一方、高校生は高校という私的組織に属し、校則という内部規範に拘束されます。
 通常の高校では「卒業年度の3月末日までは籍を置く」と定められているので、例え18歳だろうが卒業式が終わろうが、3年次の3月31日までは校則違反は学校によって罰せられます。
 警察、教育委員、その他青少年を指導する立場の者は、高校生であることそのもので罰しはしませんが、各校と連携し、18歳であっても風俗上よからぬ行為があれば高校に連絡を取り、高校内部で校則違反にあたるかどうか判断してもらいます。

Q避難指示と避難勧告はどう違う?

今台風22号が家の真上を通っています。なんだか急に静かになりました。

 避難勧告と避難指示どう違いますか?

私のところではどちらも出ていませんが。・・・

Aベストアンサー

「避難勧告」と「避難指示」の違いは、居住者に対し立ち退きを勧告するか指示するかの違いで、「指示」は「勧告」より「急を要する」とされるる場合であるから「勧告」より「指示」の方がより重く、より命令に近いとされている。

Q避難所への避難訓練は必要なのでしょうか?

自治会長などに聞けば済むことですが、煙たがられると思うのでこちらに失礼します。

私の住む地域では、防災訓練の日に避難訓練と称して1キロほど離れた、
避難所になっている広場まで皆(各戸一人)でぞろぞろと歩きます。
そして、点呼して皆居るか確認します。

しかし、実際、地震などの災害が起こっても、その広場まで皆行くなんて考えられません。
なぜなら
・田舎なので、庭や畑など安全と思われる場所は沢山ある。
・家族が無事なら、知人と連絡を取ったり片付けたりすると思われる。
・足の悪い老人などを連れ歩く、または、老人を置いて避難所に行くとは考えにくい。
・避難所はただの広場なので雨風も凌げず長いも不可能
などです。

避難所への避難訓練はなぜ必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに一見すると無意味に思えますね。
それに各戸一人ずつだけで、残された人はどうなるの?という疑問も生じるでしょう。

ですが、災害時にはまず集まることが大切です。

訓練では一人ずつ集まるということですが、実際には動ける人みんなで行きましょう。
怪我をして動けない人や徒歩での移動が困難なお年寄りなどがいないか、そこで報告するのです。
誰一人来ていない家庭があれば、若い方々で捜索隊が結成されます。
最低でも一人、状況報告のために向かいましょう。そうしなければ、労力と人員を浪費して迷惑をかけてしまいます。

点呼で助けが必要な方の存在が判明すれば適切な人員で助けに向かいます。
残った方は情報収集し、皆が安全に過ごせる場所を探し、確保します。
このときに孤立してしまっていては、置いてきぼりになってしまい大変ですね。

この様に適切に情報を収集し、助け合うために集まるのです。
町内会の担当者は被害状況をまとめて支援を要請する必要があるので、自分勝手な判断や行動は禁物です。

質問者さんの仰る避難場所はこれらのための一次集結地と思われます。
訓練を重ねることで、あそこのおばあちゃんは膝が悪いなとか、あそこの家庭は小さな子供がたくさんいるなとか、
実際に被災した時に気にかけるべきことが分かってくるのです。

こういった意味があるのだと考えると、訓練に臨む意識も変わりませんか?
綺麗事を並べているわけではありませんよ。私は元陸上自衛官で、中越大震災にも出動しました。
団体行動には深い意味があり、とても重要なことなのです。

確かに一見すると無意味に思えますね。
それに各戸一人ずつだけで、残された人はどうなるの?という疑問も生じるでしょう。

ですが、災害時にはまず集まることが大切です。

訓練では一人ずつ集まるということですが、実際には動ける人みんなで行きましょう。
怪我をして動けない人や徒歩での移動が困難なお年寄りなどがいないか、そこで報告するのです。
誰一人来ていない家庭があれば、若い方々で捜索隊が結成されます。
最低でも一人、状況報告のために向かいましょう。そうしなければ、労力と人員を...続きを読む

Q都道府県名よりも県庁所在地名が有名な都道府県は?

私は、

仙台(宮城) 水戸(茨城) 宇都宮(栃木) 横浜(神奈川) 
金沢(石川) 名古屋(愛知) 神戸(兵庫)

です。

水戸(茨城)と前橋(群馬)と高松(香川)は悩みました。
札幌(北海道)は少し悩みました。

皆様は、いかがですか? 

Aベストアンサー

例えば神奈川県には神奈川市がなく、横浜市が県庁所在地(横浜市には神奈川区がありますが)ですが、山梨県山梨市、栃木県栃木市のように、同名の市がありながら、県庁所在地になっていないのは、ちと悲しいですね。その市の方があとからできたのかもしれませんが。
結局、県名と市名がイコールじゃないところは、みなそうなのでは? 北海道札幌市とかね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報