先日、横浜中華街の占いに行きました。

友人知人がそこの占いで言われた通りに事が進んだり結婚したりと言ったことがあったので、友人と共に試しにと。

手相と生年月日を見てもらいました。そこで言われたことの中に、「将来生む男の子があなたの守護神になるね~(さらり)」と言うものがありました。

私はまだ独身ですが、恋愛も結婚も通り越して将来の子供(しかも性別付き)についてサラッと言われたのでびっくりしました。

むしろ、「私、結婚するんだ」とそこからびっくりでした。

思わず「私、結婚するんですか?笑」と聞き返すと「するよ(さらり)」と答えました。

守護神ってどんな意味ですかね?
同じような事いわれたことのある方いらっしゃいますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まああなたの子供運が良いってことでしょうね


子供が育って将来大物になってあなたを
経済的に助けるとか・・・そういう意味じゃ
ないでしょうか。
    • good
    • 0

私も過去に中華街で占って貰った事あるけど


すっげーいい加減だよw

その占い師と 色々話したでしょ?
そういう会話の中から 
相手の事を探るのが上手なんだよね。

男性女性関係なく 年頃であれば まぁ結婚するだろう
というのは誰でも安易に想像がつくでしょw

でもって・・・おかしな事言うな
子供産んでその子が質問者様の守護神?
産んだ子は亡くなるんだね。

まぁ 字の如く 守ってくれる神って事。
質問者様を守ってくれるらしいよ。
でも死んじゃうけど・・・・ね。

結論として

中華街だけではなく 占いは統計にしかすぎない。
当たるも八卦、当たらぬも八卦
そして 手相は3ヶ月位だったかな?
変わるんだよ。
なので 良い意味で言われた事はふ~ん で
悪い事言われたら そうならないように気を付けよう 
という程度に思っておくと良いよ。

ここからは参考までに。

過去に 5回程 年齢・場所 占い師 が違うとこで
占って貰った経験あります。(マスコミでも有名なとこもあります)

質問の内容とは全く違うので
知りたければ 補足ください。
遅くなるかもだけど必ず書き込みますよ。
    • good
    • 0

守護神とは、特定のものを守る神様


守護霊とは違った意味合いです

その占い師の言ってることが正しければ・・・

将来産む男の子は死んでしまうと言うことになります

生きている状態で「神」にはなれないからね。


まぁ、インチキでしょうけど(笑)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q守護神について教えてください 生まれたえとによって守護神が決められてますがなぜその守護神となったので

守護神について教えてください
生まれたえとによって守護神が決められてますがなぜその守護神となったのでしょう?
星座だと生まれた月にその星座があったからとわかりやすいのですが
ご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください

Aベストアンサー

干支は12あるので、12種類あるものを割り当てる場合があります
例えば十二神将

http://www.shinyakushiji.or.jp/junisinsho/

Qある問題で、何年も悩んでいて、色々な人(家族、友人知人、占い師、カウンセラー)に相談しても、自分の思

ある問題で、何年も悩んでいて、色々な人(家族、友人知人、占い師、カウンセラー)に相談しても、自分の思いとは違う意見を言われたり、大したことないみたいな感じで笑って対応されたりする事ってありましたか?
何年も悩んでいた原因は、偶然とある方のブログをみて分かったのですが、なぜ臨床心理士のカウンセリングにも9ヶ月位通っていたのに、原因を見抜いてくれなかったのでしょうか?
今は解決できるように、動いてる最中です。それと心の持ち方も間違っていたので、意識改革のため半月前からアファメーションを唱えてます。
環境は変わってないけど、アファメーションのお陰で気が楽になった気がしますが、もしかしたら暖かくなってきたので気候のせいかも知れません。私は冬はウツウツとした気分に陥りやすいです。
占いも数ヵ所廻り、人生相談のプロなはずなのに、なぜ原因と対処法を的確に教えてもらえなかったのでしょうか?
まぁ占いは大抵しっくりくる答えはもらえないです。人それぞれ考え方も価値観も違うからですかね。

Aベストアンサー

No.5です。

30代で落ち着いてきたのなら、良い方だと思います。

皆、だいたい、そんなものですよ。

何事も、将来の事より、まず目の前の事、、にしっかりと対応していきましょう。

100歩も、200歩も先の事を考えるより、まず、目の前の「一歩」を

しっかりと考えていきましょう。

目の前の一歩の積み重ねが、将来なんですから。

不安ばかり思っていると、「その【不安の思い】の通り、不安の将来」が出てきます。

まず心を明るくしましょう。

心を明るくするには、努めて笑うことです。

人は「明るく」ないと大成しません。

明るい笑顔を人に与える事は、人に物を与えることより大事です。

明るい表情を人に与えると、自分の人生も何事もスムーズにいくようになります。

これから周囲の人、両親、兄弟姉妹、お隣さん、駅員さん、道で出逢った人に対しても

「明るい笑顔」を与えるようにしましょう。

明るい笑顔、、といっても、ニヤニヤする事ではありませんよ。

コンビニとか行った時、店員さんにお釣りを貰ったりしたら、にっこりと

ありがとう!!と言葉を返しましょう。

相手が気持ちよくなるような笑顔をあたえましょう。

そうする事が、貴方の人生を開いていく鍵になるのです。

No.5です。

30代で落ち着いてきたのなら、良い方だと思います。

皆、だいたい、そんなものですよ。

何事も、将来の事より、まず目の前の事、、にしっかりと対応していきましょう。

100歩も、200歩も先の事を考えるより、まず、目の前の「一歩」を

しっかりと考えていきましょう。

目の前の一歩の積み重ねが、将来なんですから。

不安ばかり思っていると、「その【不安の思い】の通り、不安の将来」が出てきます。

まず心を明るくしましょう。

心を明るくするには、努めて笑うことです。

人は「明るく」...続きを読む

Qソフトバンク馬原の守護神について

ソフトバンク馬原の守護神について

ソフトバンクホークスの守護神と言えば馬原投手と言われていますが、

正直安心して見られる投手では無いと思います。
 
「9回馬原が打たれ同点、その後逆転負け」なんてことはそんなに珍しくなくなってきました。

個人的には守護神と言えば昔の大魔神佐々木のような絶対的存在のことであり、

今の馬原は守護神では無いと思います。

そこで馬原以外のストッパーにするとすれば誰が適任と思いますか?

※他球団や外国から引き抜いてくるのもアリです。

Aベストアンサー

これはひとつの考え方ですが、最終回に出てくる投手(守護神)が最も能力の高い選手である必要があるのか?というところがあると思います。

おそらくSBMのなかで信頼度をランク付けするならばファルケンボーグ>攝津>馬原だと思います。
ではファルを一番最後に固定した時、7,8回でどうしても凌ぎたい大ピンチが訪れた時、一枚劣る攝津or馬原でいかなくてはなくなります。
場合によっては彼らが打たれ逆転されてしまうと、最もよい投手であるはずのファルを使えずにゲームセットということすらありえます。

そういうことも含め、あくまで私自身の持論ですが、チーム内で最も良いブルペン要員は最終回に固定してしまわないほうがいいのではないか?とも考えられると思います。

馬原に関しては、もちろん大魔神佐々木ほどの安定感はありませんが、そこそこの安定性はあります。
私は最終回を任せるには、あれくらいの実力が「ちょうどいい」と感じています。

質問者様が「最も良い投手=守護神」と考えておられるのならば、ファルケンボーグこそが適任と思います。

Q自分の家族や友人、恋人が亡くなって泣いている人の本心はなんでしょうか? 僕は先日亡くなった親友の葬式

自分の家族や友人、恋人が亡くなって泣いている人の本心はなんでしょうか?
僕は先日亡くなった親友の葬式に行ってきました。驚いたことに親友とある程度仲の良かった人間や親友の家族が大泣きしていました。あまりにも不気味な光景で吐きそうになりました。
「泣く」という行為は利用したい相手を同情させて気を引いたり、油断させたりするためのものです。
僕がみる限りその葬式には将来的に利用できそうな人間は1人もいませんでした。
彼らはなぜ泣いていたんでしょう?不思議で仕方がありません...

Aベストアンサー

おじさんです。

「彼らはなぜ泣いていたんでしょう?不思議で仕方がありません...」
⇒それは、”「泣く」という行為は利用したい相手を同情させて気を引いたり、油断させたりするためのものです”という認識が間違っているからです。
単純に、”寂しい気持ちから泣く”のですよ!

Q巨人に来た守護神が並の投手に成り下がるのは何故…

ペドラザ…豊田…小林雅…マイケル…クルーン…

それなりに一流の守護神なのに巨人に来ると並の投手になってしまいます
巨人の何が守護神をダメにするのでしようか?

Aベストアンサー

 守護神と言われるような後ろを任されている投手は
私たちが思う以上に消耗度が激しいようです。
ピークはよくて3年くらいかと。
 ですから、他球団で実績を挙げたあと移籍しても
とうにピークを過ぎている場合が多いのです。

 かつては近鉄の石本、赤堀、ロッテの倉持、南海の
佐藤道郎、金城、巨人の角、石毛、阪神の中西など
昔ほど短命の投手が多いのは、かつての守護神は
回をまたぐことが日常茶飯事だったからです。
 中日の鈴木孝政や郭源治、広島の大野、佐々岡などは
先発→抑え→先発→抑えなど、ずうっと抑えではなかった
から永く活躍できたともいえます。
 それがゆえに、ルーキーから中継ぎ、抑えで
やり通している岩瀬の凄さはもっと評価されて良いかと。

 あと、ペトラザ、豊田、小林、マイケルは全て
パリーグからの移籍だったことも活躍ができなかった
理由のひとつといえるかもしれません。

 余談ですが・・・
パリーグからセリーグに移籍した投手(先発等も
含めて)で前のリーグ以上、あるいは同等の活躍を
した投手はあまり思い出せません。
古くは西鉄→巨人の加藤初、東映→阪神の江本孟紀、
南海→広島の江夏豊(抑えとして)
ロッテ→阪神の福間納、西武→中日の小野くらいでしょうか。
 ですから、今年のソフトバンク→巨人の杉内、ホールトンの
活躍は稀有な例といえます。

 逆に、セリーグ→パリーグだと
阪神→東京の小山正明、巨人→南海の山内新一、
中日→阪急の稲葉光雄、阪神→ロッテの深沢、
阪神→オリックスの野田、巨人→ダイエーの
吉田修司など活躍が目立つ投手が多いです。
わりとおとなしい印象の投手が多いのは
かつては人気が無かったパリーグの方が
マスコミや観客が少なく、マイペースで
過ごせたことが活躍できた要因かも?


 長文失礼いたしました。

 守護神と言われるような後ろを任されている投手は
私たちが思う以上に消耗度が激しいようです。
ピークはよくて3年くらいかと。
 ですから、他球団で実績を挙げたあと移籍しても
とうにピークを過ぎている場合が多いのです。

 かつては近鉄の石本、赤堀、ロッテの倉持、南海の
佐藤道郎、金城、巨人の角、石毛、阪神の中西など
昔ほど短命の投手が多いのは、かつての守護神は
回をまたぐことが日常茶飯事だったからです。
 中日の鈴木孝政や郭源治、広島の大野、佐々岡などは
先発→抑え→先発→抑えなど、ず...続きを読む

Q夢占いに詳しい方いらっしゃいますか? 先日、亡くなった祖母が頭突きをして?されて?祖母のおでこにたん

夢占いに詳しい方いらっしゃいますか?
先日、亡くなった祖母が頭突きをして?されて?祖母のおでこにたんこぶができたという夢をみました。
何かを意味してるのでしょうか?
ネットで調べてもいまいちマッチングする結果がでてこなく。。
わかる方いましたら教えてください!

Aベストアンサー

もしかして?なのですが、たまたま私のムスメも同じ内容の夢を見たらしく朝に言ってました。

登場人物が祖母ではなく、主人だったのですが。

その時の娘の近況的な真理はやらなきゃならない事を放し過ぎて、そろそろまずいぞ!と言う末期時期になり、焦りから主人に文句を言われるだろうと日々ビビっていました。


そこから想定すると、何か貴方に切迫する思いがありお婆ちゃんが居たらなぁーという癒しを求めたのかもしれませんね。

Q都市の守護神のついて

アテナはアテネの都市の神様ですよね。ギリシア都市国家にはそれぞれの都市の神がいたようですが、これはオリエントの先進文明(エジプトやメソポタミア)での都市の守護神という概念の影響があるのですか?隣保同盟などについても説明いただければ幸いです。

Aベストアンサー

 
  アテーネー(アテーナー)が、アテーナイ市の守護神であったことは事実ですが、ギリシア諸都市(ポリス)が、それぞれの都市の守護神を持っていたかと言うと、それはあまり聞いたことがありません。オリュンポスの十二神の秩序は、ホメーロスの辺りには大体原型があり、古典期には確立していましたが、ヅェウスが最高神であるとは言え、特にヅェウス信仰が顕著な都市があった訳ではないと思います。アテーナイと並ぶスパルタでは、都市の守護神が別個にいたかと言うと、浅学で聞いたことがありません。
 
  西アジア(オリエント)の古代文明の都市守護神は、都市の主神で、バビロンのマルドゥクなどは、これが最高神だったはずです。それぞれの都市の守護神が最高神で、最高神同士で力を競い合い、都市と都市の戦いで、或る都市が勝利すると、その都市の守護神が相手の都市の守護神をうち負かしたことになり、より高次の神・最高神だったという証明になったはずです。都市の戦いと興亡は、守護神の戦いと興亡と同じ意味で、もっとも強い都市の主神が、オリエントの最高神だったとも云えるでしょう。
 
  オリエントの場合、都市の守護神というのは、民族の神であった訳で、それは海の民ペリシテのバールや、ヘブライ人の神ヤハウェも、部族の守護神、主神であったと云えます。古代オリエントでの都市国家のあいだの戦争は、相互の主神のあいだの戦いでもあったと云えます。民族の主神はすべて、形や姿があり、像があったのですが、例外が、ヘブライのヤハウェで、この神は、像がなかったようです。彼らの神聖な神の像が、他民族に焼かれたので、それ以来、神の像がなくなったという話もありますが、真偽不明です。
 
  エジプトの神々は、イシス・オシリス・ホルスの系譜に纏められている他方、古くからある太陽神ラーや、新興のアメンなどが、勢力を持っていました。母なる神はイシスですが、他にハトホル女神なども平和と愛の神として崇拝されていました。エジプトは国家統合が古く、エジプト神王パラオの称号に「上下エジプトの王」とあるように、多数のナイル河畔とデルタ地域の都市がまず上下でそれぞれ統一され、その後、下エジプトが上エイプトを統一したのだったと思います。つまり、体系的なエジプト神話が古くから成立しており、他方、都市の守護神も色々に存在したということです。(というか、勢力のある神の中心神殿のある都市が、その神の都市となったようで、統一神王パラオを上に置く以上、神殿間の勢力争いはありましたが、オリエントの都市国家や、ギリシアの都市と違い、互いに戦争するというような状況ではなかったということです。エジプト統一前の紀元前3000年以上前なら、エジプト都市国家は戦争をしていたかも知れませんが、統一後、ヒクソスの侵略はあったものの、統一帝国内部での大きな内戦はなかったということです)。
 
  エジプトの神々は、頭が動物などで、身体が人間という奇怪な姿のものが多いですが、これは、幻覚薬草などの幻覚だという説と、信仰勢力の「トーテム生物」と人間の合成だという説と、こういう表現様式なのだという説など、色々あります。
 
  エジプトにもオリエントにも、守護神などと並んで、太母神・大地女神がいる訳で、エジプトでは、それはイシスやハトホルということになり、オリエント地域では、都市主神を越えて、広く、オリエントの太母神として、イシュタルなどの信仰があったことになります。
 
  アテーナイの守護神に戻ると、紀元前1500年か、それより古く、アテネーは、アテーナイのアクロポリスの守護神であったようで、かなり古くからの女神であったことになります。ギリシアへの印欧語族のギリシア人の南下は二度に渡り、最初は紀元前2000年頃から、アカイア人が先住民を押しのけて、この地に勢力を築き、これらの人々が、ミュケーナイ文明を立てました。アテーナイは最初の移住者と同じ祖先で、アカイア人は分化して、アテーナイや、アッテイカ地方で有力なイオーニア人が生まれます。トロイア戦争は、ミュケーナイ文明のギリシアのアカイア人と、小アジアのトロイエーのあいだの戦争で、紀元前1500年か、もう少し古い時代と考えられます。
 
  女神アテーネーは、アカイア人のギリシア南下以前に、先住民が信仰していた太母神・大地女神であったらしく、印欧語族のギリシア人固有の女神ではなかったことになります。それは、紀元前2000年頃には、ギリシア人の女神となっていたので、かなり広範囲な信仰を集めた、大女神であったことになります(ミュケーナイのアクロポリスにアテーネーの神殿があったことが知られ、また、トロイア戦争当時、アテーナイのアクロポリスに女神の有力な神殿があったことをホメーロスは歌っています)。アテーネーは、太母神であり、次にギリシア時代には、諸ポリス(ポリスは都市と訳されますが、元の意味は「城塞」です)の支配者のいる中心部アクロポリス(高台の城塞)の守護神であり、アテーナイに固有の守護神ではなかったことになります。
 
  アテーネーは、「支配者の守護女神」で、多数のポリスのアクロポリスにその神殿があり、ミュケーナイ時代より、戦いの女神であり、処女神であり、また、おそらく後に、技芸・芸術・技術の神という性格が、年代を追って付け加わったのだとも思えます。アクロポリスの女神であるアテーネーが処女神であれば、太母神のヴァリエーションとしてのデーメーテールやアルテミス、アプロディーテー、ヘーラーなどが、それぞれの役割を持つ、代表的女神として信仰を集めたとも云えます。偉大な母なる大地女神がデーメーテール、自然の処女神がアルテミス、誘惑する若い女としての女神がアプロディーテー、家庭の女主人・主婦としての女神がヘーラーということになり、これに対し、太母神で、洗練された文化・芸術・技術の処女神、支配者(戦い)の守護神がアテーネーということになります。
 
  アテーナイは、とりわけアテーネーを崇拝し、また女神の庇護を受けたポリスで、アテーナイの後の勢力伸長と共に、アテーネー女神の勢威もギリシア中に高まって行ったとされますが、女神は、ミュケーナイ時代より、諸都市のアクロポリスの守護神だったことを考えると、元々ギリシア人のあいだで有力な女神であったことになります。
 
  アテーネーの立場は、オリエントの都市・部族の守護神とは違っており、エジプトの諸都市の神殿勢力の掲げる守護神とも違っていることになります。何故なら、アテーネーは、ギリシア人共通の守護神で、ギリシアのポリス同士の争いで、どのポリスを守護する女神という訳でもないからです。無論、アテーナイは、その名前が女神から来ており、自都市の守護女神だという意識が強かったでしょうが、他のポリスもアテーネーを崇拝しており、これは、ギリシアは諸ポリスに分かれていても、自分たちを「ヘレーネス」と呼び、「バルバロイ」と区別したことからも明らかなように、ヘレーネス民族の一体感が強く、ヘレーネスの代表的な守護神がアテーネーであったということになります。
 
  アテーネーと梟の関係は、はっきりせず、梟が女神の聖鳥であることは間違いないのですが、何故そうなのか、複数の解釈・説があります。初期、ミュケーナイのアクロポリスで崇拝されていた時、女神は、梟の姿を取る、聖鳥神として表されていたのだという説があります。アテーネーに従う梟ではなく、アテーネーが、梟の姿の女神だったという説です。アテーネーに付く、「定型修飾辞」のなかの有名なものは、glaukoopis で、これは、「青緑の、灰色の、輝く眼の」という意味の「グラウコス glaukos」と、「眼」の意味の「opis」の合成語であるらしく、Glaukoopis Atheenee は、「青い眼のアテーネー」「輝く眼のアテーネー」の意味と理解されるが、これを、「梟の貌(眼)をしたアテーネー」と解釈しようとした例があり、女神が梟の貌を持っていたとすると、何かエジプトの頭部が鳥や動物で、身体が人間の合成形神のような印象になります。
 
  確認されていないのですが、説として、アテーネーを崇拝していた先住民の部族、または初期ミュケーナイ時代の部族が、部族のトーテム指標として「梟」を持っていたので、トーテム動物の梟と、守護女神が合成されたのだという説があります。
 
  「隣保同盟」は、元々、共通の神を崇拝し、共通の祭儀を持っていたポリスが友好関係を築いていたことから出発し、もっとも有名で有力な「隣保同盟」は、アッティカのイオーニアのデルポイを中心地=聖地とする、アポルローン崇拝の「隣保同盟」で、無論、デルポイが中心で、多数のイオーニア系ポリスが参加していたものです。しかし、アポルローンは、ホメーロスがうたうトロイア戦争の当時、つまり、紀元前1500年かそれ以前、イーリオンの都市守護神で、ギリシア方に敵対しており、明らかに小アジアの植物神であったと考えられます。デルポイ自体が、元々ガイアー(大地)の聖地であり、ガイアーの象徴としての大蛇ピュートーンが信仰されていたのを、アポルローンがピュートーンをうち破り、ピュートーの都市、すなわちデルポイを自己の本拠地としたと言う神話があります。
  
  明らかに、古い大地女神が支配していた神託の聖地を、外来のアポルローンが奪ったことになります。デルポイ=ピュートーは非常に古くから、全ギリシアが崇拝する特異な「神託の聖地」として知られ、主神がアポルローンに代わってからも、同じ習慣が続いたのです。このデルポイのアポルローン崇拝の「隣保同盟」はアッティカを中心とするイオーニアの隣保同盟で、やがて、イオーニア族共通の聖地デーロス島を中心とするデーロス同盟に発展し、アテーナイが盟主となり、全ギリシアの主導権をアテーナイが握ります(この後、紀元前12世紀頃の第二次南下ギリシア人であるドーリス人の都市スパルタが、全ギリシアの主導権をアテーナイから奪います)。
  
  なお、アテーネー女神は、ローマの同じような性質の女神ミネルウァと同一視され、ミネルウァの名で、梟も一緒になって、地中海世界に広まりますが、ミネルウァとは、どういう女神なのか、技術と職人の女神であったらしく、アテーネー女神に較べれば、大女神とは言い難い気がしますが、アテーネーの別名として有名になります。
  

 
  アテーネー(アテーナー)が、アテーナイ市の守護神であったことは事実ですが、ギリシア諸都市(ポリス)が、それぞれの都市の守護神を持っていたかと言うと、それはあまり聞いたことがありません。オリュンポスの十二神の秩序は、ホメーロスの辺りには大体原型があり、古典期には確立していましたが、ヅェウスが最高神であるとは言え、特にヅェウス信仰が顕著な都市があった訳ではないと思います。アテーナイと並ぶスパルタでは、都市の守護神が別個にいたかと言うと、浅学で聞いたことがありません。
...続きを読む

Q30代からの友人、知人の作り方

おしえてください。現在36才 男性です
うつ病、心療内科、臨床心理士のカウンセリング、何度もの転職を経て今にいたります

いまは、ウォーキングをしたり
カウンセリングをしたり、単発のバイトをしたり
体調を調整しながら次の仕事を目指しています。

ですが、さみしさを埋める時間があまりに乏しく思います。
人と接する時間、関わる時間があまりになくて 

次の仕事でまた失敗するのではと不安を感じています。

療養、転職中なので趣味、友達を作るのは今!だと思うのですが
これといって趣味に没頭する(できる)わけでもなく(ちなみにお金もありません)
飲み会お見合いパーティーに出席するわけでもなく

とにかく、親身になってくれる人親しくなんでもお話しできる人が欲しいんです。
方法を教えてください!!

Aベストアンサー

>とにかく、親身になってくれる人親しくなんでもお話しできる人が欲しいんです。

正直いうと、なかなか難しいと思います。なぜなら、社会人になってからの人付き合いというのは多少なりとも損得勘定が絡みます。損得勘定抜きのお付き合いというのは、何かを乗り越えないとなかなか難しいです。大人になると、正直いって何の得にもならない相手と付き合っているほどヒマではなくなります。ましてや、30代なら結婚している人も少なくありません。

自分に対して親身になってくれる人、というのは見つけるのは非常に難しいです。その人が質問者さんに親身になってあげる理由がないからです。長年の友人なら、「長い友達だから、放っておくわけにもいかない」となるんですけどね。
あえてそういう人が得られるとするなら、自分自身が他人にとって利用価値がある人になる必要があるかなと思います。利用価値というとちょっと表現が露骨ですが、要するに付き合うメリットがあるということです。付き合うメリットというのは、例えば趣味が合うとか、ねーちゃんの飲み屋に付き合ってくれるとか、そういうことも含みます。

ちょっと突き放したような回答になってしまいますが、それは「友達は作れないよ」という意味ではなく、「あまり他人に過剰に期待しない方がいい」という意味です。学生時代の感覚で友達を作ろうとすると相手とのギャップを感じてしまうと思うので、なかなか作りづらい環境だから、知り合いよりちょっと仲がいいくらいでもまあまあだと思っておいたほうがいいと思います。

>とにかく、親身になってくれる人親しくなんでもお話しできる人が欲しいんです。

正直いうと、なかなか難しいと思います。なぜなら、社会人になってからの人付き合いというのは多少なりとも損得勘定が絡みます。損得勘定抜きのお付き合いというのは、何かを乗り越えないとなかなか難しいです。大人になると、正直いって何の得にもならない相手と付き合っているほどヒマではなくなります。ましてや、30代なら結婚している人も少なくありません。

自分に対して親身になってくれる人、というのは見つけるのは非常...続きを読む

Q〓守護神〓

ある占い師に見てもらったところ、
あなたの守護神は『サン・ジェスカ』という神様です。
な~んて事を言われました。
”だれ、それ?”って感じです。

神様って人間と同じくらいいっぱいいるんでしょうか?

Aベストアンサー

日本には八百万(やおよろず・ちゃんと変換されました!)の神がいることになっています。
こんな狭い島国でさえそうなんですから
広い世界中にはきっとたくさんいることでしょうね。
でも、そんなたくさんいるんだったら、
値打ちとしては隣のオジサン程度のものかもしれませんね。
守護神なんて言われても、それほど有難くないみたいな・・・。

Qそこまで可愛くないのに可愛い扱いされる子ってなんなのでしょうか?

そこまで可愛くないのに可愛い扱いされる子ってなんなのでしょうか?

Aベストアンサー

アイドルやAKBでおわかりでしょう。
指原は今でこそ垢抜けてきたものの若い時代は「綺麗」とは到底言えませんでした。じゃあ可愛くないのか?と言われれば、愛嬌ありますし、色気もありますし、面白いですし、頼もしさもありますし、可愛いと思います。男性の見てるところってそういうものなのでしょう。

「女」にモデルみたいな美しさを求めるのは、むしろ女性だと思います。
女性にとって同性は恋愛対象でも性的対象でも結婚対象でもないので、「綺麗な顔で突っ立ってい」ればそれでいいんですよ。同性に対して何も責任が無いんです。

ところが男性はそういうわけにはいかない。女の子と一緒にいるのなら、日頃から馬鹿なこと言って楽しく過ごしたいし、色々面倒も見て欲しいし、時には引っ張っていってくれる頼もしさも欲しいし、楽しいセックスもしなければならない。男性はそれを直感的に察知してるから「ただただ綺麗なだけ」以上の女の子を「可愛い」って思うんだと思います。
女と男では見ているところが違う、簡単に言うとそういうことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報