【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

舞妓さん芸妓さんは、仕事の時はお引き摺りの着物を着るので、
外を移動するときには
下の赤い襦袢が裾から見えてますよね。
この襦袢は、絹でできたものなんでしょうか?
だとしたら、洗えませんよね。

いわゆる下着としての襦袢は更に下に着てるんでしょうか?
花街のドキュメンタリーで、下着のようなものを干している場面がありましたが。

この画像で舞妓さんが着ている下着のような襦袢と、黒襦袢から見えている赤い襦袢は別のものなんでしょうか?

舞妓さん・芸妓さんに詳しい方、和服に詳しい方、よろしくお願いします。

「舞妓さん芸妓さんの着物の下の襦袢」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

舞妓さんについては知りませんが通常は一番下は洗えるパンツの代わりでいえば腰巻になると思います。

上が肌襦袢、その上に上下の長襦袢をきて最後に着物になるのではないでしょうか。

 赤い腰巻はパンツの代わりですから毎日変えるのではないでしょうか。そうなれば絹ではなく綿になると思います。

 明治のデパートの火事で着物を着た女の店員さんが火事で取り残されてビルの上から下の消防などの大きな天幕のような広げているところへ飛び降りて助かる道を 裾がはだけて丸裸になるのを恐れてみなさん死亡したことから女性のパンツ着用が盛んになったのは有名な話です。
    • good
    • 1

赤い長襦袢は、一般的には絹ですね。


別に芸妓さん、舞妓さんでなくても、素人向けでも、洗える長襦袢もありますけれど、したててもらうものは正絹が多いです。

絹=洗えないというのは間違いです。
頻繁には洗いませんけれど、単だったら手洗いでも洗えますし、袷の物でも、丸洗いとか洗い張りといって、ある程度着ると手入れをしますよ。
夏ものだったら、最低でもシーズンの終わりには洗わないと、汗でいたんでしまいます。

下着は上半身に肌襦袢か半襦袢、下半身は裾よけをつけます。
もっと気楽に着たい人は、着物スリップと呼ばれる洋服向けの下着に近いものをつけます。
これも素人でも同じです。

長襦袢は正確には下着ではないんですよ。
お引きずりの着物でなくても、袂からも見えますし、階段を上がったり、少し強い風が吹いたりすれば裾からも見えます。
    • good
    • 1

こんにちは



基本的には肌襦袢をつけます
そうしないと男しさんの前で真っ裸ですからね

http://ameblo.jp/myuzu11arisu/entry-11076268414. …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芸者さんの着物 

私、仕事で着付けをやっています。
時々、ホステスさんにも着付るのですが、今回、黒い訪問着に、赤の帯締めと帯揚げをコーディネートしました。
「まるで芸者さんみたいですね」
と申し上げたところ、
「何で芸者って赤なんでしょうね?」
と聞かれ、分からなくて答えられませんでした。

なぜ芸者さんは、赤いお腰で、赤い帯揚げをしたり、赤を使うのでしょうか。

黒い着物に赤い差し色って本当に美しいなと思います。
日本を感じさせる色の組み合わせだとも思いますが、一体どのように生まれてきたのでしょうか。

Aベストアンサー

女性の色として日本では伝統的に「紅」が
使われていたようです。
お雛様の女びなや三人官女に代表される宮廷女性も
紅い長袴を穿いてますよね? これらは宮廷女性の
象徴であるとともに女性の体を保護するものでも
ありました。
紅い色の染料は体を温める効果があったんですよ。
ですから、紅い袴を穿くことには婦人病予防に
つながる効用もあったらしいです。

当時の色彩は当然植物染めですが、紅色に染める染料に
主に使われたのは「紅花」(ベニバナ)。しかし、高価な
ものだったので、平安時代くらいまでは貴族女性や
裕福な女性しか身につけられませんでした。
ちなみに口紅やほほ紅の原料もベニバナでした。

江戸時代くらいになると、相変わらず貴重なものでは
ありましたが、もう少し大衆化が進みます。
上流階級にくわえ、
ちょっと経済的に余裕があり、おしゃれな町人や
玄人女性達(芸者や遊女達)が着物や下着に
紅染めを使い始めます。
若い娘達も紅い布を髪飾りに使ったりし始めています。

あと、民俗学的には紅は「魔よけ」の要素が
あったようで、江戸時代火事が起こると
女性の紅い腰巻きを振ると火事がおさまる と
信じられていました。
玄人女性の間に紅い下着がいまだ用いられるのも
多くの男性を相手にすることで起こる様々な
「魔」を除ける意味もあったのかもしれません。

ただ、黒い着物に紅を用いるのは戦前は
素人女性にも行われていたようで、戦前までは
若い奥さんは黒留袖に紅い帯揚げ・帯締めを用いていた
こともあったことが、中谷比佐子さんか石川あきさんの
著書のどちらか(どちらだったかあやふやです・・)に
書かれていたのを読んだことがあります。

紅い下着を黒い着物に合わせるのは東京の芸者さんなど
全国区で行われていますね。
京都の芸妓さんは黒紋付きを含め、下着は常に薄紅色を
合わせています。舞妓さんは黒紋付き含め、下着は
常に紅です。そんな地域差もあるかも・・・。

女性の色として日本では伝統的に「紅」が
使われていたようです。
お雛様の女びなや三人官女に代表される宮廷女性も
紅い長袴を穿いてますよね? これらは宮廷女性の
象徴であるとともに女性の体を保護するものでも
ありました。
紅い色の染料は体を温める効果があったんですよ。
ですから、紅い袴を穿くことには婦人病予防に
つながる効用もあったらしいです。

当時の色彩は当然植物染めですが、紅色に染める染料に
主に使われたのは「紅花」(ベニバナ)。しかし、高価な
ものだったので、平安時...続きを読む

Qだらり結びの結び方

だらり結びとはどうやって結ぶのですか?

また舞妓さんがしているような画像をよくみますが、普通の半幅帯か名古屋帯でもできますか?

Aベストアンサー

結び方だけなら、あれは普通のヒモをかた結びしたようなものですから、簡単です。
ひもの両端をブランとさせる、結び目を隠すように上げヒモをして・・・と。
帯がとても重たいの長いので、実際に、結ぶには腕力が要りますが。

ただ、よーっく、ダラリの帯を見てください。
裏表、同じ柄がついているはずです。(だから重たい、袋帯2本分以上重たい)

ぶらぶらさせているのに、裏表がない。
ソレと、胴体にぐるぐる巻いている帯の幅が、半分(4寸=20cm?)におってないでしょう?

立体構造として、腰骨から、胸まで、しゃんと、帯幅で「柱」にしないと、どうやっても腰骨のうえまで、帯が落ちてくるから、
帯幅いっぱいまで胴体にへぐるぐる出来るだけの「柱」が必要。

今は、帯というと、「結び」を見せますが、昔(江戸時代それ以前)は、帯そのものをみせるの本筋だったのです。
ぴらんとみせるように、反物を見せる様にです。
だから、浮世絵を見ても、みんな後姿では帯を幅いっぱいに、びらんびらんでしょう?

ぴらんぴらんだと、みせるにはいいけど、動くに不便。
それで、もっと「結ぶ」様になり、結びをアレンジするのが、いわば、あまりたいしたことない帯でも見せる、魅せる、手法になりました。
それから出来たのが、結びの部分の帯だけをみせる節約バージョンとして出来た、けち臭い帯・・・だから名古屋(俗説かもしれないですが、ふんどしの簡易バージョンを越中というのと同じでしょう、コレも本来の長さの半分ですむ)といいます。
ハンハバも普段使いの、節約帯ですから、元から長さ、幅ともに不足です。

帯、そのものをぴらんぴらんと、これ見よがしに、スゴイだろう、全部に柄がゴージャスにある・・・
・・・とみせるために、最低限の結び=だらりです。

帯を見せるものじゃない、半幅や、けち臭い目的が生まれの名古屋では元から、役不足なんです。
というか、舞台裏が全部見えるでしょう?
幅がぜんぜんない、長さがない、道中が半分しかないとか。

ちなみに、いまどきの袋帯(振袖用)なども、見えるとこだけ柄があるので、同での2重巻きの部分の下に相当するところには柄ナシで、裏にも柄がないです。
コレも、節約帯のパターンだから。

結び方だけなら、あれは普通のヒモをかた結びしたようなものですから、簡単です。
ひもの両端をブランとさせる、結び目を隠すように上げヒモをして・・・と。
帯がとても重たいの長いので、実際に、結ぶには腕力が要りますが。

ただ、よーっく、ダラリの帯を見てください。
裏表、同じ柄がついているはずです。(だから重たい、袋帯2本分以上重たい)

ぶらぶらさせているのに、裏表がない。
ソレと、胴体にぐるぐる巻いている帯の幅が、半分(4寸=20cm?)におってないでしょう?

立体構造として、腰骨か...続きを読む

Q着物の下着について教えて下さい。

 お世話になります。今回は着物の下着(和装用ブラジャーとショーツ)について教えください。
 先日、着物を着た時は、普通のブラジャーではダメみたいな事を言われ、ノーブラで着物を着ました。しかし、(それぞれ着付けた方が違いますが)成人式や結婚式の時には、そこまで言われなかったのですが。
 あまり、着物を着る機会がないのですが、やはり和装用のブラジャーやショーツは用意した方がいいのでしょうか?また、皆様は着物を着る時の下着で気をつけている点(例えばショーツのラインが出ない様にするコツとか)などあれば教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私は、スポーツブラ(カップのついてない前が2重になっているような)と、
3分丈のショーツをはくようにしています。

母に着付けてもらうのですが、初めて着た時普段のランジェリーをつけていると
「着物の時は、そんなメリハリせんでいいねん」と言われました。(笑)
和装用のブラがあるとその時聞いたのですが、そんなに頻繁に着るわけでもないから買うのももったいないと思い、
手持ちのスポーツブラにしました。
ショーツも最初は気づかなかったのですが、普通のだと意外とラインがでることがわかったので、
それ以来夏はひびき難いショーツ、冬は防寒も兼ねて3分丈にしています。

ご参考になれば幸いです。(*_ _)

Q和服の時にパンツを履かないのはおかしいですか?

 中学3年生の女子です。

 私は茶道を習っているし、家庭環境の事もあって、和服を着る機会が多いです。
それで友人達に、「和服の時はパンツを履かない。」って言ったら、変人扱いされました。
 
 変な噂ほど早く伝わるもので、あっと言う間にクラス中に広まって、私はクラスの変人扱いです。
下手したら、学校中にまで広まるかもしれません。

 「優等生なのに意外」
 「おしとやかでお嬢様っぽいのに大胆。」
 「美人でスタイルが良いのに、凄くイメージダウン」

 なんて言われました。

 先にも言ったように、私は和服を着る機会が多いです。
自分で着付けができるようになったら、 本当にパンツは邪魔だと思いました。
 普通にしていたら、デリケートゾーンを見られる事なんてありません。

 「襲われたらどうする?」って言われても、襲われたのだったらパンツを履いていても同じ事だと思います。
 百貨店で買い物をしていて、火事になって高い所から飛び降りなくてはならなくなったら
その時は諦めて見られる事を覚悟で飛び降ります
 でも、そんな事はまず起こらないでしょう。

 和服にはもともとパンツなんて無かったのですから、履く方が不自然だと思うのに


 和服の時にパンツを履かないのはおかしいですか?

 
 パンツ、パンツってはしたない言葉を連呼して失礼しました。 

 ※湯文字は着けてますし、ブラジャーは和装ブラをしています。

 中学3年生の女子です。

 私は茶道を習っているし、家庭環境の事もあって、和服を着る機会が多いです。
それで友人達に、「和服の時はパンツを履かない。」って言ったら、変人扱いされました。
 
 変な噂ほど早く伝わるもので、あっと言う間にクラス中に広まって、私はクラスの変人扱いです。
下手したら、学校中にまで広まるかもしれません。

 「優等生なのに意外」
 「おしとやかでお嬢様っぽいのに大胆。」
 「美人でスタイルが良いのに、凄くイメージダウン」

 なんて言われました。

 先にも言...続きを読む

Aベストアンサー

遊びで着物を着ている者です。

他の方も書かれている通り、質問者さまの理解は正しいですよ。
ただ言い方が、相手に誤解を招く言い方だったんじゃないかと思います。

「着物の時には湯文字っていう専用の下着があるの。洋服用のパンツよりも、そっちの方が便利なんだよ。」と言えば、良かったんじゃないかな、と思います。
パンツを履かない=下着を付けない、という誤解をしてらっしゃる方は結構いますしね。

人の噂は七十五日と言います。
忘れられると思いますけれど、また言われたら、「私の言い方が悪かった~?」と笑い飛ばしたうえで、先のように仰ったら、誤解も解けるのではないでしょうか。

もっとも、着物の時にパンツを使うか否かも人それぞれで、私はヒップハングタイプのショーツをつけます。
質問者さまのお年だと実感は少ないかもしれませんが、湯文字だと汚す可能性があるもので、万一、上に響くリスクを考えるとヒップハングが一番便利なんですね。
そのかわり、腰ひもの位置が少し上になります。
今の着物の着付けは、「昔はなかった」ものばかりです。
あまり、「昔はなかったんだから不自然」と固定観念には嵌らない方がいいと思いますよ。

遊びで着物を着ている者です。

他の方も書かれている通り、質問者さまの理解は正しいですよ。
ただ言い方が、相手に誤解を招く言い方だったんじゃないかと思います。

「着物の時には湯文字っていう専用の下着があるの。洋服用のパンツよりも、そっちの方が便利なんだよ。」と言えば、良かったんじゃないかな、と思います。
パンツを履かない=下着を付けない、という誤解をしてらっしゃる方は結構いますしね。

人の噂は七十五日と言います。
忘れられると思いますけれど、また言われたら、「私の言い方が悪かっ...続きを読む

Q総絞りの着物って、格が低いのですか?

よろしくお願いいたします。

先日友人の結婚式に『総絞りに職人の手作業による日本刺繍をふんだんにほどこした・・・』着物を着用してゆきました。
この着物は祖母が嫁ぐときに実家につくってもらった着物で、もとは振袖でした。のちに事情があって袖を短く切って訪問着として仕立て直したものです。
とてもものがよく、親族一同の中でも有名な着物で、『そこいらの訪問着よりもよっぽど格上』ということになっており、私は安心してその着物を着ていったのですが、とあるHPで『総絞りは格が低いので、披露宴等には着用してはいけない』とあり、びっくりしています。また、従兄弟は総絞りの見事な振袖を持っており、これも親族の間で有名なお着物です。有名な演歌歌手の方も総絞りの着物で紅白歌合戦に出場されたりしています。そんなこんなで、私の中では、総絞りは友禅などに並ぶ上等の着物だとおもっていたのですが、私の勘違いなのでしょうか?

着物に詳しい方、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
 
と言った訳で、それから礼装正装になるかどうかですが、、。絞りに限らず訪問着、江戸小紋でも、紋の有無などそれはその時と場合によってかわります。
主催者との兼ね合いです。
着物は良くも悪くもまだ決まりを重んじていますので、
それに逆らわないあるいは、決まりを破ろうと言う
覚悟がないと、引けてしまいます。
親族の格からは、(黒留、色留、紋有りの訪問着→)
どうしても外れてしまうのですよね。
自由な服装でという場合はもちろん着てください。
友人(紋付訪問着、訪問着、つけ下げ→)のばあいは
その範囲ですからOKです。

うまく書けませんが、、、少し理解していただけたでしょうか

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
...続きを読む

Q着物と長襦袢の袖丈の違い、許容範囲はどれくらい?

最近着物に興味を持ちだしたものです。
わたしは背が低く、プレタ着物では大きすぎるため
中古の着物を求めることが多いのですが、自分サイズで誂える甲斐性はありません)
欲しいな~と思う着物と手持ちの長襦袢の袖丈が合わなくて困っています。
和装関係のサイトをのぞくと、
「長襦袢の袖は着物の袖の中でだぶつかないよう少々短めがよい」ともあるし、
「長襦袢の袖が着物より短いほどみっともないことはない。少々長めがよい」ともあるし、
ともかく「だいたい」同じぐらいなら良い、ぐらいのことは分かるのですが
その「だいたい」がどれぐらいまでを言うのかが分かりません。
たとえば、着物の袖丈が50cmだとすると、
長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
また、長襦袢の袖の方が長い場合、何cmぐらい差があれば
ぐし縫いで折り上げた方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いのは、着物の袖口が汚れ安くなりますが、他人には、わかりにくいですよね。

2部式についてですが、装道とかニッセン着物カタログがいいですよ。
裄が、短いそうですが、どれくらいでしょうか?
装道は、ランジェリータイプ、2部式タイプ、長襦袢タイプそれぞれ、マジックテープで裄の長さが調整(62センチから67センチくらい?)できるタイプがあります。変え袖は、白、ピンク、水色、黄色などがそろってます。ニッセンも、今のカタログは持って無いのですが、いつも、2部式で裄丈調整可能なマジックテープ袖がありました。
それに、洗えるからファーマル以外は、洗える襦袢がいいですよ。

そして、袖丈は、今は、だいたい49センチが基本になってますので、今後のため中古でも袖丈は49センチを選んだほうが面倒が無くていいと思います。(または、49センチと、普段着用に45センチの2通り)

全く個人的な意見ですが、私なら、購入時に、袖丈は49cm位に統一、裄丈は2.3センチなら許容範囲でマジック式の袖で誤魔化す。が一番簡単かと思います。

そして、着付けですが、せっかく襦袢と着物の丈をピッタリに誂えていても、着付けで台無しの人が結構います。襦袢が着物のなかに食い込んでいるというのかな?着付けた後は、袖の付け根、着物、襦袢それぞれ4点をそろえておかないと、当然、袖の下の所でも揃いません。

参考URL:http://www.nissen.co.jp/c_item/2004fal/sho_index/f_ld_12.htm

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いの...続きを読む

Q単のきものにあわせる帯について

袷の時期には毎週、着物を着ています。
(着物も帯もいろいろそろっています。)
これまで単はあまり着なかったのですが、今年は着てみようと思っています。
一応、頂き物で、単の着物2枚と帯1本があります。
着まわしの点から言うと、後1本帯があればと思っています。
袷の時期に締めている帯で、色柄が丁度良いものがあるのですが、単の着物に合わせても良いのでしょうか。また、帯締め、帯揚げなどについてもアドバイスをいただけないでしょうか。
呉服屋さんで相談すればよいのでしょうが、「買え」といわれてしまいそうで。。。
出来れば手持ちですませたいと思っているものですから。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第という時代になっています。
春先は気候の変化も激しく年によっても差があるし、梅雨時には一時寒さが戻るような梅雨寒の日もありますね。
そのような気候の変化に合わせて着る物を選ぶのが面倒でもあり楽しみでもある時期です。

さて、本題ですが白っぽい袷用の帯、もちろん使えますよ。
6月も中旬を迎える頃には夏帯(絽や八寸)を合わせると程良いでしょう。
単衣に夏帯を合わせて一足先に夏姿というわけです。
もちろん真夏のように暑い日にはもっと早くでもいいですよ。
もっとカジュアルに着る場合は木綿の半幅帯なども重宝します。
冬のウールなどに合わせてもいい季節を問わない素材です。
ただし色柄や織り方で季節のあるものもあります。
ちょっと変わった物では櫛織り帯というのがあります。
レースのように透けているので夏物と思われがちですが夏帯ではありません。
袷用のものですが透け感が軽やかな感じで単衣向きの帯と言えます。
綴れ八寸も代表的な単衣向きの帯で普段着向き、フォーマル向きがあります。
絽綴れという絽目の入ったものは単衣から盛夏まで使えます。

帯締めは夏向きの色であれば袷用で結構です。
夏はレースでなければいけないと思ってる方も多いようですがそんな事はありません。
帯揚げは夏帯を締める時には絽のものを使いましょう。
半襟も同時に絽を使います。
それ以前で単衣に向く素材としては楊柳や絽ちりめんです。

着物は帯が要のファッションなので春単衣には早めに夏帯を、秋単衣には早めに袷用の帯を締めるのがお洒落です。
ちなみに秋口、薄物から単衣への切り替えは9月中旬からが適当です。

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第...続きを読む

Q着物を着付けてもらうのですが、普通の下着でいいんですか?

成人式用の着物写真を前撮りしてもらうのですが、
着物を着るのは七五三以来なので、ちょっと教えてください。。

襦袢などの、着物の中に着るものはすべて付いてくるのですが、
その下は普通の下着だけでいいのでしょうか?

私の母が「それじゃ着付けの人にパンツ見られちゃうじゃない。ガードル履きなさい」などと言っています。
ただちょっとガードルは・・・という気持ちなんです。
ガードルではなくても、パンツの上に何か薄いものをはいたほうがいいんでしょうか?

Aベストアンサー

着物の下に着るもの、つまり長襦袢のほか肌襦袢、裾除けも揃ってるという事でしょうか?
それならその下は普通のショーツ一枚でいいです。
和装ブラがあれば装着してください。
ガードルはやめた方が無難ですよ。
ただでさえ慣れない紐や帯で締め付けられて大変なので。
着付け師さんは女性でしょうから、パンツ見られてもいいじゃないですか?
また、自分で裾除け、肌襦袢を着る場合が多いと思います。
それだともろにパンツ見られるわけではないですね。
着方が悪かったら直してくれますから大丈夫です。

Q50代からの着物の色

50代になって、色無地か訪問着のいずれかを作ろうと思っています。
着物の色は、どんな色が良いでしょうか?

着る機会は、さしあたって無いのですが、これを、今後、最後の着物として着るつもりなので、出来れば、地味な色合いでいいのですが、
年配の人は、どんな色の着物がいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶色の着物に同系色の帯・小物
肌色がくすんでいく年齢にくすんだ色を重ねると
+10歳効果だそうです。(怖っ)

きれいな若草色に、茶色の染め帯、半襟は鳥の子色にベージュの刺繍、帯揚げが焦げちゃに白の染め抜き模様、帯揚げはピンクのとび模様入りの山吹色、しかも鼻緒は赤!

めちゃくちゃかわいくないですか?
先日、友人の奥方が米寿のお祝いの席で着ていらしたのですが、もう、死ぬほどかわいかった!
(って、自分のおばあさんだとしてもおかしくないくらい年上なんですが・・・)

色無地もいいですが、私自身が「おばあちゃん」になっても着ようと思って作ったのは、渋い黄緑、東雲色、京紫の江戸小紋です。
(紫だけは極行儀なので祝儀・不祝儀兼用で紋を入れましたが。)

色は実際にあててみないとわかりませんが、見てて
好ましいなと思うのは顔色が良く見える、クリーム色や東雲色のかわいいきれいな色です。

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶...続きを読む

Qたんす屋で着物を買ったことありますか?

着付けを習いはじめました。着物は母からのお下がりしかありません。で、”洗える着物”が一枚あると便利だよ、と聞きますので、購入を考えています。着付けの先生に相談するときっと自分の教室の経営する呉服屋を紹介されるので、相談はしていません。
ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
近頃は、デパートでも売っているようなのですが、安いものでいいので、ネットで調べてみると、”たんす屋”というお店があることを知りました。浅草まで行ってみようかと思っていますが、実際、どうなんでしょうか?古着がほとんどで、新品はあまりない…とか。
たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出かけにはもってこいです。

>教室の経営する呉服屋を紹介される
あはは。
賢いですね。
そうです、おっしゃる通りですよ。

ほとんどの着付け教室は呉服屋さんとつながっていますから。

呉服屋さんの売値+教室(または先生)のリベート=質問者さまの購入金額

ちなみに私も暇なとき、たま~に教室の助手に入ってますが、その教室の出の呉服屋から言われますよ

「先生と同じ金額にしときますよ。」って。
生徒さんより確かに若干安い金額提示されます。

>ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
はい。
一番間違いの無い買い方です。
色や手触り、柄の見え方など、ネットの画像とまるっきり同じなんて
まずみかけません。

ネットで「こういうのがいいいな」というものを見つけて、実際に取り扱っている店舗に行く、という手もあります。
撫松庵などはデパートや問屋、小売にもおろしていますね。

>安いものでいい
もちろん、安いにこしたことはありませんが、一部外国製の粗悪品を販売しているお店もありますので、あまりに安いようなら少し気をつけてみてくださいね。

たとえば、袖幅、肩幅、おくみ幅が左右で違う。
背中心でたたんでも、襟先の位置が違う。
片方だけ八掛がついてなかった。など・・・

>古着がほとんどで、新品はあまりない
古着率はそのときのそのときの在庫状況によりますよ。

>たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。
一度だけお付き合いで伺ったことがあります。

正直言って、あまりお奨めできるような商品はその時はなかったように記憶しています。

ただ、現在は去年の大型呉服屋の連続倒産の連鎖倒産によって、
ポリでもまともな商品(たとえば東○のシル○ールなんか)も色々なリサイクル店に新古品として流れていることもありますので、そういうのを見つけられたら、ラッキーです。

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出か...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング