あなたの感覚でいいのですが
長期トレンドを判断する場合、移動平均を利用するとすれば、何日に設定しますか?

また、あなたが長期のポジションを保有するとしたら、どのようなテクニカル指標を参考にしますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちわ。



テクニカル指標より、ファンダメンタル指標の方が良いですよ。というのも、「物価が下がる国の通貨は上がる」というのが、経済学の基本知識だからです。

たとえば、ガリガリ君が日本で100円、アメリカで1ドルで売られて、1ドル=100円が適正レートとします。日本不況・アメリカ好況で、ガリガリ君が日本100円のまま、アメリカで1.5ドルに物価上昇としましょう。日本でガリガリ君を仕入れ(100円払う)、アメリカで売り(1.5ドル貰う)、日本円に換金すると150円(=1.5*100)になります。投資額は100→150なので、仕入れて売るだけで50%も儲かります。「こんな美味い話は他に無い!」と、多くの投資家が飛びつきます。その結果、沢山のドルが売られて円が買われます(=1.5ドルを売って150円を買う)。よって円高になります。この場合、1ドル=66.67円が適正です。1.5ドルが100円になるレートですから、アメリカ物価上昇による旨味が消えて適正レートとなります。

為替の動きは、長期的には、物価の動きと連動します。だから物価上昇率というファンダメンタルを見るが賢明です。なお、物価は政治的な影響を受けますので、財務大臣や中央銀行総裁の発言が重要です。アベノミクスで物価上昇率を年2%にしたところ、野田総理時代に70円台後半だった日本円が、110円に向けてどんどん下がって行ったのは記憶に新しいです。

2000年~今日の物価の変動は、アメリカが1.41倍、日本は1.03倍です。根拠は下リンクの表18。

http://www.oecd.org/economy/outlook/economicoutl …

結論。為替の長期トレンドを判断する場合は、物価上昇率を参考にする。

健闘を祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/10/03 09:31

http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi

20年のチャートです。

個人投資家が勝のは長いトレンドを理解する事です。
2011年に75円で買える訳です。
    • good
    • 0

値ごろ感。


安くなるまで待つ。
安くなったら買う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明言ですね。ありがとうございます。

お礼日時:2014/10/03 09:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマイナスポジションの長期保有について

FXを初めて半年の初心者です。
取引はドル、ポンドが中心で1万通貨程度で売買していました。
昨年末まではそこそこ利益が出ていたので欲が出て
10通貨単位で取引し始めた所この所の円高で大きく含み損が出てしまいました。

現在 保証金1200万円 含み損220万円 スワップ@+12,000円
   維持率104% ロスカット30%に設定
   ドル、英ポンド、豪ドル 合計で L70枚ポジっています。

円安に振れて損が益に変わるのは暫くなさそうですし
すぐに使い道がある資産ではないので長期で所有してスワップを増やそうかと思っています。
皮算用で1年で438万円スワップが貯まります。
状況として
*資金的にはロスカットを防ぐ為に500万円程度の保証金の追加は可能です。
*短期で大きく儲けようとは思っていません。

その際、為替変動や利上げ&利下げによるスワップの変化以外に
注意することはありますでしょうか?
皆さんのアドバイスをいただければと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ポジションを持った時と見込が違って、すでに負けているのに認めようとしないと、将来、大きく負け越してしまう可能性が大きいと思います。自分なら、500万は追加しないで、枚数を半分か3分の1に減らします。あるいは、全部決済です。70枚は初心者が管理できる数量を超えていると思います。

自分は、スワップはおまけと考えていますが、スワップで損失が減った経験もあります。そういう立場からのアドバイスです。

QFXのテクニカル指標について

最近、FXに興味を持ち勉強していますがテクニカル指標について調べてもわかりません。詳しい方、教えてください。以下の文章はどのテクニカル指標について説明しているのでしょうか?まず「15分足では雲の上限と75MA付近で反発して下降、1時間足でも20MA~」「4時間足の20MA(フィボ50)付近で反発~」この説明はどのチャートを見ているのでしょうか?また75MAとか20MAとは何のことでしょうか?また「1時間足を見てみますとBBがスクイーズして」「三角保合いが上にブレイク~」これはどのチャートを見ているのでしょうか?また「8WMAと21WMAがクロスしたか~」「21MAの1(5)分足が下がる時」とはどのチャートを見ている時なのでしょうか?以上できるだけわかりやすく説明してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>「15分足では雲の上限と75MA付近で反発して下降、
この場合の75MAは、15分足の75本分の移動平均線を意味します。

>1時間足でも20MA~」
同様に1時間足の20本分の移動平均線を意味します。

>「4時間足の20MA(フィボ50)付近で反発~」
同様に4時間足の20本分の移動平均線を意味します。

WMAは加重移動平均線、MAは単純移動平均線を意味します。
見ているチャートは基本がロウソク足で、移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、フィボナッチを描画したものです。数画面を同時に見ているようです。

Qテクニカル指標など出せるリアルタイムツール

FX 先物会社が提供している ツールで テクニカル指標など出せるリアルタイムツールはありませんでしょうか?

会社に口座開設して使えるものがよいです。
例えば、株式ならマーケットスピード、カブマシーンとかです。

Aベストアンサー

外為どっとコムにあります。口座開設してあれば無料で使えます。

Qアナリストが利用するテクニカル指標について。

今晩のあるニュースサイトの記事の中で、あるアナリストの方が現在のUSD/JPY相場は、テクニカル的には底値を示しているとの見解がありました。アナリストの方は、どのようなテクニカル指標を使用して「底値」と判断しているのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アナリストの方のその言い方ではわかりません。

思いつくままにいくつかあげると
ダウ理論
移動平均線、例えば200日
例えば、月足で見たロウソク足チャート
例えば、月足で見た一目均衡表、
MACD
ストキャスティクス
フィボナッチ

QFX取引の際の指標とするテクニカルチャートについて

FXを始めたく、外為ドットコムのバーチャルFXを始めました。
今の所、まぐれですが万単位で利益があがってます。

買い時、売り時のタイミングを計る指標としてテクニカルチャートがあります。

Dr田平の「外貨で3000万稼ぐ方法」の本を教科書としてますが、それによると田平氏は、MACDとストキャスティクスを、丸山晴美氏は、Zai誌ではRSIを指標としたりと、人によってタイミングを計るテクニカルチャートが異なります。

皆さんは、どのテクニカルチャートを指標としてタイミングを計ってますか?

またテクニカルチャートを用いたタイミングの計り方に関するアドバイスも戴けたらと思います。

どうかご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

自分のこと
ロウソク足、移動平均線、MACDです。厳しいトレードはしませんが、IFDで20pipsくらいを狙います。買い主体です。

田平さんの本
タイトルは派手ですが、入門書としてはいまだに適切かなと思います。この本で3000万円稼げるのでなくて、FXとはどんなものか、どうしたら良いのか、口座の開き方など、結構、親切な内容になっています。

大きく動くときは、テクニカルより経済指標やG7やらと、ニュースで相場が動くことが多くあります。実戦になると、そういう要素を考えなければなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報